2010年4月アーカイブ

つくづく無様な身体だ。
糖尿病になんかなるもんじゃない。もっと早くにゴルフに出会っていたらこんな事もなかっただろうに。
つまりまあ、今更詮無いことで、若い人は健康のために体を動かした方がいいし、年をとっている人でも、今からでもゴルフを始めた方がいい。健康な人は…健康な事に感謝しよう。それだけでも感謝感激雨霰ってなもんだ。健康だけでもあったら、人生どうにでもなる。
不遇な時にあっても、健康だけは維持しておいた方がいい。人生どうにかなる。
先日あるところで、
○○さんはいつでも遊んでるように見えるよ。毎日が悠々自適、遊びまくり、ゴルフしまくりの人生だね」
なんて事を言われた。
冗談じゃない。仕事はちゃんとしている。
人が見てないところでね。
つまり、真夜中とか休日とか…だから不健康なんだって。
そうなんだよね、40代の頃はパソコンの前で48時間位もぶっ続けで仕事してたもんだ。今でも、24時間くらいなら休み無く仕事できる。
だから不健康なんだろうけど。
という事で、今日は練習に行って体を鍛えるべきか、それとも御所野のミニコースにでも行くのか…まあ、身体を鍛えるつもりなら御所野のミニコースでしょう、と一人で出掛けた。

20100430150207.jpg
 
20100430150339.jpg

1番140ヤードちょいのショート。もの凄いアゲインストで7番を持ってマンフリ!…といっても身体が動かない!敢えなくシャンク気味のチョロ。
身体のあちらこちらが、油の切れたロボットみたいにぎしぎしいってる(笑)。
2打目もショートで、3打目でようやく3オン。そこから3パット。
ここの1番のグリーンは面白いよ。上りのパットを打つと、途中で止まってグリーン外まで落ちてくる(笑)。
そんな調子でトリプル!ダボ!トリプル!
こりゃあいかんなあ…とバーディ。
でも、すぐにダボ、トリプル。
まあ、最悪な状態のところに、前の組に追いついてしまった…これがジイ様と孫と、そのお母さんがゴルフを楽しんでいる。
最近藍ちゃんとか遼君の影響でこういうの多いけど、譲るくらいのマナーくらいは持って欲しいもんだ…とは言っても、平和な家庭の団らんを壊す気もなく、じっと我慢の子。
で、前半は42のパット数15。但しハーフ29ね(笑)。
後半は少し真面目にやりましょう…という事で、1番1オン!でも3パットのボギー。お次はバーディ。ボギー、パーと進んで、またまた前の組に追いついてしまった。
今度はジジババの3人組。
この人達も譲る気はないようだ。
どうあっても譲る気はないので、諦めて空を見ているしかない。
最近大人になったので、腹も立たないのだが、少しイライラは感じる。もし、昨日から禁煙していなければもう少し我慢が出来たのかもしれない(笑)。
で、8番ホールの200ヤード。
彼らがグリーンに上がるのを待った。普通なら5番ウッドで少しオーバーするくらい。なので7番ウッドを持った。
でもフォローなので軽く打った…なのにボールは風に乗って見事1オン!
ん…危険が危ない。
良い子の皆さんは絶対にマネしないようにしましょう。
という事で、後半は32のパット数15。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


身体が痛い。節々が痛い。
ここ数年は身体の節々が痛むようになってきた。
まあ、年なんですね。
家にはマッサージ機が2台もあるのだけど、これが案外効かない。
一番効くのが上さんにマッサージしてもらう事。
朝昼晩とはいかないけど、夜寝る前にしてもらうと大分身体が楽になる。
このマッサージは沖縄で教えてもらった沖縄式のマッサージ。
何年か前、初めて沖縄の地を訪れた時に出会ったマッサージのオバサンが素晴らしかった。
「あなたこれはWじゃなきゃ治らないよ」
「Wって?」
「2時間。本当はオイル式の方がいいんだけど」
また金稼ぎ女か…と、その美人でもない、確実に不細工な女性にガッカリしながらも、断り切れずに「じゃあ」とお願いすると…。
これが七転八倒の痛さ!後ろで何をやっているのかは分からないが、まるで足の指が千切れているのではないかと思うくらいの、思い切りの良い施術。
部屋中にこだまする悲鳴。
彼女の一生懸命マッサージする後ろ姿、背中には汗が滲んでいる。
文句は言うまい。任せよう。それでも部屋中にこだまする悲鳴。
なんとも凄まじいマッサージだったのだが、なんとなんと、これが効果抜群!糖尿病のせいで黒ずんで壊死寸前かと思われていた足の指はみるみる改善!
まあ、この女性のおかげで自分の命は救われたと言っても過言ではないほど感謝している。
この時、彼女は、
「あなたは、家に帰っても家族の人にマッサージをしてもらわないと治らないよ。簡単なマッサージの仕方を教えるから、家族の人に教えてやってもらって」
と、マッサージの仕方まで教えてくれたのだ。
今でも、色々と問題の多い身体ではあるのだけど、あの時のマッサージがなかったら、今頃自分の身体はこの世にないのかもしれない。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


北国の秋田にも花が咲き始めてきた。
桜の名所・千秋公園のサクラもようやく見頃を迎えたようだ。但し、お天気は最悪。
家の庭の木々も芽を吹き出してきている。
今年一番の注目は、去年の秋から仲間入りした「モクレン」。
庭のど真ん中にド〜ンと入れ替えた。

20100428154917.jpg
 
20100428154954.jpg

20100428154929.jpg
「初めからでっかいのを持ってきてくれ」と業者さんに頼んだら、本当にでっかいのを持ってきてしまって、
「これって根付くの?」
「いやー、危ないと思います」
そりゃあ危ないに決まっている。プロの業者さんは、そのでっかいモクレンの木をばっさばっさと遠慮なしに剪定して、なんと1メートル以上も短くしてしまった。
それでも咲くかどうか心配していたのだけど、これが見事に開花!
やはり白モクレンは美しい。
近くで先に咲いてモクレンが咲くのを待って散り始めたのがサンシュユの木。こちらは真っ黄色の小さな花が満開。
もう少しでドウダンも花を咲かせそうだし、ライラックの蕾もどんどん大きくなってきている。
その前に山吹が黄色い花を咲かせるだろう。白山吹も楽しみだ。
それ以上に楽しみなのが庭のあちらこちらで咲き誇る芝桜。
う〜ん、こんなモノに喜ぶとは完璧ジジィだな(笑)。
ジジィついでに心配なのが、モクレンと一緒にやってきた山ツツジ。
予定では、紫色の可憐な花を咲かせる…ハズなのだが、これは咲いてみないと分からない。
木肌、姿形は山ツツジのように見えるのだが、知り合いのところの山ツツジは既に花が咲き始めているというのに、家のはまだ小さな蕾も膨らんでいない。
一体これは何なんだろう?
業者には結構裏切られているからなぁ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


10月から煙草が値上がりしそうだ。と言うよりもほぼ決定?
こうなったら煙草はもうすっぱりと止めましょう。
どうせ主治医にも「止めた方が…」と言われているし、歯医者の方にも「インプラントの手術の場合は煙草を止めていただいてます」と言われていたし。
インプラントの時は一大決心だったので、煙草は歯医者さんの言う通りに止めたのだが…あれもこれもと禁欲生活をしていると、手術に対する恐怖感が半端なく押し寄せてきてしまって、「これはいかん!」と、煙草復活!普段通りの生活をして手術に望むようにした。
案外意気地なしなのである(笑)。
ちなみに、どういう訳か煙草は上さんが用意してくれている。
1個300円が毎日2個で600円。それが30日だから、1ヶ月で18000円。結構な金額になってしまうのだが、何故か上さんが用意してくれている。
これが今度からは1個440円。毎日2個で880円。30日で26400円!
なんとも申し訳ない出費だ。
どうせなら1本1000円くらいにして、一箱2万円くらいにしてしまえばいいものを。
1本吸う毎に、払う税金が約620円。一箱吸えば12400円の納税額!これが二箱だから、毎日24800円の納税!30日で744000円の納税!うわおー!高額納税者の仲間入り確実!
その計算でいくと、年間の納税額は8928000円!
これはスゴイね。喫茶店で煙草を吸っているのは高額納税者の証となるわけで、1本吸う毎に、
「ねぇねぇ、あの人ちょっと凄いよ!また煙草を吸っている!これで3千円よ!納税額1800円!一体、一日何本吸うのかしら?…ああいう人ばっかりだったらねぇ、日本もいつまでも世界一の借金国なんて言われなくて済むのにねぇ」
なんて、煙草を吸って尊敬されるかもしれないのに。
まあ、そんな戯言妄想はともかく、今ある一箱と半分を吸い終わったらキッパリ煙草は止めましょう。
そんな妄想をしながらの練習。
筋力が付いてきたというのに、ドライバーの飛距離はちっとも回復しないのは相変わらず。
そこで昨晩見た雑誌・パーゴルフのドライバーの打ち方を実践してみる事にした。
アドレスを固定。トップを固定。フィニッシュを固定。
この3点である。
人に習ったゴルフではないので、どれもこれも自信はないのだが…取り敢えず、スウィングする前にこの3点をチェック。
チェックと言うよりはこの3点のフォーム固め。
やってみると、どれもこれも自信がない。特にトップの正しい作り方が分からない。フィニッシュはあまり意識した事もなかったので大変ぐらつく。
特にアウトサイドインではフィニッシュどころではない事が判明。
インサイドインでようやくフィニッシュらしき形になるのだが、すぐにぐらついてしまう。
でも、これはなかなか効果がありそうだ。しばらくこれをやってからスウィングする事にした。
結果は?
そんなに簡単に上手くいくもんではありません。滅多に出ないスライスが6割…。まあ、明日もやってみましょう。
名誉のために一言。
アイアンは抜群なんですよ。ピンポイントで打てるんです。
でも、絶好調だったフェアウェイウッドが、かなり崩れてきているのが心配。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日の夜1時半頃、さて寝ようかと布団に入ると…これがなかなか眠れない。
一生懸命寝ようと努力したのだけど、努力すればするほどいらつく。
その内、頭の後ろがゾワゾワしだし、耳鳴りがしだし、胸が苦しくなってしまって、寝るに寝れなくなってしまった。ついでに歯も痛み出してしまって、取り敢えず痛め止めを飲んだのだが、気になって血圧を測ってみると、これが見た事もないような数値。
205の105!
これはいかん!と医者から処方してもらっている血圧用の薬を飲んだんだけど、イライラは収まらない。
で、申し訳ないとは思ったけど、上さんを起こして足をマッサージしてもらうと…血のめぐりが良くなったのか、ようやく眠りにつくことが出来た。
なぜだか、最近五感が鋭くなりすぎているような気がして、少しばかり気色悪い。もっとバカにならねば。
そのゾワゾワ感が今日も続いていて、なんとも落ち着かない。
血圧が異常値だというのに、「ええい!血のめぐりをよくしよう!」とばかりに練習に出掛けた。
軽く日向ぼっこでもしながら…と思って出掛けたのだけど、風が強くて寒い寒い!日向ぼっこどころではない寒さ!
しょうがないので一生懸命打ち続ける事となってしまった。打ち続けていないと寒くてしょうがないのだ。
ん…風が強すぎて調子がいいんだか悪いんだかさっぱり分からない。
ただ、最近の運動のおかげで体幹は少し強くなっているようで、全身にバネのようなものを感じられるようにはなってきた。
そう!これよこれ!って感じ。
まあ、結果はまだ出てはいませんが。
年も年だしなぁ。諦めも肝心なのかもしれないし。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日のゴルフ76は明らかに出来過ぎ。
それは自分でも分かっているのだけど、何で良かったのかが分からない。なんたって180ヤードのドライバーである。
まるで5年前に逆戻りしてしまったかのような情けないドライバーなのに…。
その原因と理由が今日のゴルフで分かったので早速ご報告。
今日のゴルフは最悪。結論から言えば、場所は昨日と同じく椿台CC。コースはつばきコースから回って後半はさつきコース。
8時からスタートして11時には終わるという相変わらずの省エネゴルフだったのだが…結果は、前半が45のパット数17。後半が44のパット数13で、トータル89!のパット数30。
とまあ、昨日と同じ人間のゴルフとは思われないほどのスコア。
まあ、シングルと言ったって、片手シングルと違って10に近いシングルなんてこんなモノだ。体調は毎日変わるし、筋肉の付き方も毎日変わってしまう。そんな事に簡単に影響されてしまうほどの技術しかないから、スコアは様変わりとなっても当然。
さて、昨日と何が違ったのか?
それはつばきコースの1番、2打目の時に早速分かった。
それなりに飛んでくれた第一打は、残念ながら少しラフにかかってしまった。
ラフはまだ生えそろってもいなくて…これが打ちようのない状態!
ボールは草と草の間に入っていて、尚かつスウィング軌道上で、かつ、ボールの真後ろがぼこんと草で邪魔している。
どうあってもその草を刈り取ってからボールに当てるしかない状況。
…草を刈り取らないでボールに当てる技術は自分にはないし、その草ごとぶっ飛ばすだけの腕力もない。
打つ前からギブアップ状態であった。
思い返せば、昨日はラフからボールを打った記憶がない。
ドライバーは飛ばないけど、全てフェアウェイを捉えた。
対して今日は、微妙にフェードする。
飛ばないクセしてフェードするもんだから、ボールは2回に1回くらいの割合でラフへ。
この時期のラフは微妙に育ってきていて、微妙な長さ。
得意のフェアウェイウッドを持ってきても、ボールを打つ前に草を噛んでしまうのだから、どうやっても微妙な当たり。
飛んだり飛ばなかったり。
まあ、飛ばなければコントロールって事がよーっく分かった。
もう一つ、調子に乗って昨夜はビリーをやってしまった。調子も良く体が良く動いて、そのまま就寝。
ところが、これがいけなかった。
ゴルフの途中で低血糖症を起こしてしまったらしい。
その前から何かおかしかったのだが、さつきコースの4番ショートホール。
自販機で珈琲を買って、一口飲んで打席に立つと…頭がふらふらして立っているのがやっとの状態。それでもアドレスをとると、膝から下がプルプルしだした。腰はフワフワ状態。
多分、久々の糖分が口から入って、低血糖である事を身体が急に思い出したのかと思うのだけど、それにしても危なかった。
もしあの時自販機がなかったら、ゴルフ場に救急車を呼ぶ事になっていたかも。
まあ、今日の収穫は、
飛ばない時はコントロール!
低血糖症の状態がどんなものか分かった!
もう一つ、
快晴でもスコアがメチャクチャになる時もある!



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


つるやオープン、強い谷口が戻ってきた。藤田の安定したショットも素晴らしい。これに片山が復調して、石川や池田などとの若手が絡んだら、今年の日本のゴルフは去年以上に盛り上がりそうだ。
ただ、石川がちょっと心配。
前にも書いたけど、石川はマスターズで運を手放してしまった。そして予選落ち。日本の初戦でも予選落ち。
そして今日の17番はいただけなかった。明らかに精神の安定を欠いていて、ミスショットの後思わず「クソ!」と叫びクラブを地面に叩きつけた…さすがにTVもそこで場面をうち切ったけど、あんなに立派だった、どんなシーンでも立派に振る舞っている事の出来た石川遼は一体どうしてしまったのだろう。
まあ、元々18の少年、そんなに立派なわけもないが、だとしても、スポンサーのクラブを叩きつけてはいけない、小汚い言葉を唾を吐くように吐き出しては、数多くのスポンサーが青ざめる。ひねくれたマスコミがバッシングを始めるかもしれない。
そう考えただけで自重は出来ると思うのだが…。
まあ、石川遼がマスターズで得たものは、ビビルと言う人並みの感覚。
失ったものはゴルフの神様。
 
20100425111324.jpg

20100425111341.jpg

 
とまあ、戯言は終わって、本日は午前中快晴予定のゴルフ。
スタートはいつもの通り、秋田椿台の朝一スタート7時53分、さつきコースから。
とは言っても、今日は家族全員が眠い。「えー、今日ゴルフ行くのー!?マジですか!?」って感じ。でも行かねばならない。予約を取ってあるのだから、キャンセルなんてできるはずもない。
さつきコースの1番。
いつもだったら丁寧にストレッチをしてから立つのだけど、今日はなんだか面倒で、そのままティーショット。
どうせ何やったってそんなに飛ぶはずもない。先日の練習では180ヤードのドライバーだ。
あ〜、めんどくさい。何でこんな朝早くからゴルフだ。どうせ180ヤードなら…と、力むことなく、トップを押さえ気味に芯を食う事にだけ集中して振ると、あらら、真っ直ぐ210ヤードくらい。
それでも160ヤードくらい残っているので、情けないながらも6番アイアンでシュパッーと一閃!これがまぐれにもベタピンでバーディ。
ふん、どうせここだけだよな…と気持ちひねくれて2番のロングホールの第一打。これまたキレイに210ヤード、フェアウェイ。
第2打は5番ウッドでバッズーン。これはバッチリ。最近の救いの神は7番ウッドと5番ウッドなのだ。
3打目は失敗だったけど、寄せ1で難なくパー。
まあ、パーオンできなかったし…と思っていたら、3番で軽く2オン。おやおや、と思っていたら、なんと3パット!ボギー。
でも、その後はしぶとく拾いまくって全てパー。
なんとなんと、前半のハーフを36のパープレイで収めてしまった。
ちなみに、パット数の13は驚異的。
でも、基本今日はやる気はない(笑)。
後半戦へとさくらコースへ向かうと、前には4人組。しかも歩き!
「うん、ゆっくりやりましょう」と申し合わせ。
案の定、これがゆったりとした時の流れ。
これが寒いんだなあ。
後半はパーオンの連ちゃんで、なんと4ホール連続のパー。
あれ?やる気無いんだけど…と言いながらも、圧巻だったのが、4番のショートコース。普通なら9番アイアンなんだけど、今シーズンは自信がないので8番で軽く打って1オン。上さんも1オンだけど、こちらはベタピン。娘もカラーにオン。
で、上さんバーディの私と娘はパー。
この歓声を聞いてか、前の組が突然プレイが早くなってくれた。
でも今更。こちらはまるでやる気無し。もう、身体が凍えてしまっているし、休み休みで身体のあちらこちらが筋肉痛状態。
その後はボロボロで、結局40のパット数16。
トータル76のパット数29は今シーズン最高スコア。
へー、とっても意外。210ヤード程度のドライバーでこんなスコア出るんだ。
そう言えば、今日のティーグランドは完全日曜日仕様。要するに優しかった。
でも、早くもビリーの効果かな…と。
今日もビリーやるぞー(笑)。
実際180が210だもんね。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


明らかに太りすぎ。
何故こうなってしまったのか。
実は、歯が悪い期間が半年以上も続いていたため、毎日の食事は殆ど雑炊とか湯豆腐とか、食べやすいものになっていた。
それでも痩せるという事はなく、体重は維持していたのだが、今年になって歯医者に通うようになると、少し状況が変わり始めた。
肉は食えないのだがハンバーグくらいは食べられるようになった。
そこで激変!
どうやら、半年間の間に随分と燃費効率の良い細胞、体質になってしまったようで、何を食べても太るようになってしまった。
これは、家族全員が私につき合う食事をしていたのだから、状況は一緒。
家族三人、揃ってぶくぶくと太り始めたからたまらない。
特に悲惨なのが上さん。
目も当てられない惨状。三段腹を通り越してまるで妊婦さんのようになってしまった。
という事で、全員一致。
2年前にやったビリー・ザ・ブートキャンプを再びやる事になった。
但し、長続きしたいために、ビリーの一番短い30分コース。
いやはや、30分でも大汗をかいてしまった。
思えば2年前。このビリーをやり始めてから、ドライバーの飛距離が270ヤードにも伸びたのであった。
…今回も少しは期待している。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


秋田の空は曇りが多い。
日本海側が裏日本と呼ばれる所以だ。
昨日も一日中曇っていて、今日は小雨模様だ。
確実に晴れるのは日曜日と月曜日。日曜日は絶対のゴルフ日和らしい。
基本雨の日はゴルフはやりたくないので今日は練習場へ。
手術の後の下顎の腫れも少し引いてきたような気がするので大丈夫かと思うのだが…。
なんたって、先日はドライバーで180ヤードも飛ばないと言う悲惨な状況。
いくら今シーズン全く練習をしなかったからと言って100ヤードも落ちてしまう?こんな事ってあるものだろうか?
まあ、明らかにヘッドスピードがガタ落ちなのは確か。
という事で、今日はヘッドスピードに気をつける事にした。
先ず、素振りの段階でヘッドスピードの上がりそうなフォームをチェック。うんうん、なかなか良いぞ…と確認して、さあー本番。
まあ、200ヤードは行かないけど190ヤードくらい。
ん…この間よりはマシか。
でも、そのまま練習を続けていたら、次第にドライバーがおかしくなってきて、その内フェード系になり始めて、本格的にスライスし始めて、こうなるともう笑うしかない。
やめやめ!やめ〜!
という事で、ドライバーはひとまずおいといてアイアン。
こちらは何故か絶好調。
何故かなんて考えるのはよしましょう。あんまり考えると、こっちまで悪くなりそうだ。
まあ、アイアンさえよければゴルフは何とかなるんだろうけど、それにしても今年のゴルフはつまらないゴルフになりそうだ。
やっぱり、ドライバーでガッツ〜ん!280ヤード!っていうゴルフの方が楽しいに決まっている。
という事で、今のところとっても憂鬱なゴルフライフなのだ。
ところで、この1ヶ月で体重が3キロも増えて74キロになってしまった。初めのうちは体力が回復して筋肉も付いてきた!と喜んでいたのだけど、どうもそうではないようだ。
これは明らかに太りすぎと言うもの。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


ゴルフはなかなか難しい。
昨日の練習では、またまたドライバーの飛距離が180ヤードに逆戻り。時に160ヤード…へっ!?って感じ。
一昨年はガンガンと260〜70ヤードも飛ばしていたというのに、いくら何でも100ヤード落ちって言うのは重症だ。
原因が分からないでもないのだが、
打撃開眼〜!
と言う明るい雰囲気はまるで無し。
これで今年はゴルフになるのだろうか?
100ヤードのアドバンテージというのはあまりにも大きい。
今年は少し7番アイアンとか5番アイアンとかの練習もしなくてはならないようだ。にしても、5番アイアンとなると相当なヘッドスピードが必要。今となれば、どうやってヘッドスピードを出していたのかさえ分からなくなってしまっている。
まあ、基本的には運動不足。昨日の夜のお散歩でも、後半はゼイゼイ言ってしまった。とは言っても、シーズンの始め頃から比べれば大分歩けるようにはなった。
調子に乗って、今日も練習に…と思っていたのだけど、生憎と手術後に運動してしまったせいか、下顎の手術部分がぶくっと腫れてしまった。まあ、インプラントの手術後は、必ずと言っていいほど人相が変わってしまうのだが、今回は下顎なので、人相の変化率が激しすぎてちょっと恐い。
ここは少し自重した方が良さそうだ。
一週間もすれば腫れも引くと思うのだが、素人には色々と心配な事ばかり。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


夜遅くまで続いた出血は、夜中の眠る頃になってようやく落ち着いた。まあ、大した出血でもなかったので、なるようにしかならないだろうと覚悟を決めて眠ってしまった。
朝起きると出血は止まっていたかのようだった。
手術後の消毒のために歯医者に行くと、「何の問題もなし」とのお墨付きを得て一安心。
まあ、簡単に言うとインプラントの手術なのだけど、手術は全部で4回。その内3回の手術が終わったところ。残りの一回は5月連休後の予定。インプラントの手術は何回やっても慣れるという事はなく、いつも恐い。だから、早いところ最後の4回目を終えてしまいたいのだが、歯を抜いた後の穴ぼことかあって、なかなかこちらの希望通りはいかないのが実状。
まあ、インプラントを考えている人は、左の方にある「問い合わせ蘭」で、ぜひご相談下さい。
なんでも知っている限りの事を素人的な体験でお答えします。
で、本日は調子に乗ってゴルフの練習へ。
本来であればこんな快晴の日はゴルフに行きたいのだけど、それは無理というもの。
いつものようにPWから打つと、これが抜群!飛距離も120ヤードでまずまず。方向性は文句無し!
次いでサンド。これまた抜群!計ったように80ヤード。方向性どころか狙い通りにピンポイント!
素晴らしい!
体力強化が少しずつ出来てきているような実感。
ところが!ドライバーを手にすると…芯に当たらない!
腕が急激に太くなっていてスウィングの邪魔!どうにもこうにも、右腕の二の腕付近が邪魔でいつものスウィング軌道になっていかない。
で、180ヤード。
おいおい、ドライバーで180ヤードだったら7番ウッドと同じだろうに…。
実際に、7番ウッドで打ってみると殆ど変わらないのであった。
ゴルフは難しいなぁ…と諦めて、今日は庭の手入れをする事にした。
庭の手入れがまた厄介。150坪位もある庭だから結構大変なのだ。
芝生の砂や肥料、化成肥料、おまけに芝桜40株位も買って、さあー大事だぁー。
ちなみに、芝生はゴルフのパットでもやろうかと思って張ったのだけど、これが全然。ゴルフ場の芝とは似ても似つかない代物でパットなんか出来やしない。
おまけに、色んな鳥がやってきては、色んな種を糞にまじえて蒔いていくので、毎年色んな雑草が花を咲かせてメチャクチャにしてくれる。
綺麗な芝を維持するって言うのは、田舎では無理って言うもんですね。
ここまでで夕方の5時。
さてこれからが本番。本日のお仕事をしなければ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 本日はゴルフのお話しは無し。
プレイも練習も無し。
何故って、今日は歯の手術の日。
歯ごときで手術って言うと、いかにも大袈裟に聞こえると思うけど、実際、私の場合は間違いなく大袈裟な手術。
なんたって、今年の初めから取りかかっている歯の治療は、総額4百万円!期間ほぼ1年がかりという大がかりなもの。
まあ、出来上がった頃は、殆どガンダムロボットのようなものなのでしょう。
でも、それで食べられるようになると思えば、早くすべての手術を終えて、人並みに食べられるようになりたい。
早ければ後6ヶ月の辛抱。
ちなみに、今出血が止まらなくてずきずきと痛んで、運動も出来なければお風呂に入る事も叶わないのです。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


日本全国、本格的な人口減少に悩まされているけど、秋田県の人口減のスピードはかなり深刻。
11年連続で全国一の減少率を記録中。
昨年の10月1日現在で、前年比1.1%減の109万6千人。これは前年より1万2千人の減少。
100万人切りも目前と言う状態。
成る程地方の過疎が目立つはずだ。田舎に行けば、老人しか歩いていない。
記憶になってしまうが…10年以上も前から、2035年の秋田県の人口は85万人位になると言われていたが、俄に現実味を帯びてきているような気がする。
しかも、そのうちの老人人口は50%近くにもなってしまうのだろうか?
その頃には自分はもうこの世にはいないのかもしれないが、80万人程度しか住まないこの広大な秋田の土地を考えると、何か有効な利用の仕方がないものかと考えてしまう。
さてゴルフ。
ゴルフは好きだけど、雨の日までゴルフをやりたいとは思わない。
当サイトのトップページには便利な天気図があって、その天気予報を見ると、雨の確率50%。更に詳しく、雨雲の位置を見ると縦長にどんと日本海にある。
これはどう見ても、雨の確率は100%!何時頃になるかまでは分からないが、一時的にどんっと雨がきそうである。いや確実。
という事で、今日はやるにしても練習か御所野のミニコースと思っていたのだが、朝早くは太陽ものぞいていて意外なお天気。晴天。
あれ?「お〜い、御所野のミニコースへ行くゾ〜!」と号令を掛けて、着替えて外へ出ると…雨。
どんどん雨。
じゃあ、しょうがない。ホームセンターへ行って芝桜とか芝生の砂とか肥料でも買ってきて園芸でもしよう!という事になったのだけど、雨はますます強くなって、ホームセンターに着く頃には土砂降り状態。おまけに雷。
これはアカンなぁ…という事で、部屋用のシンビジュウムを4個買って、「これでも飾ろう」と。
何となく諦めきれずに、その後もホームセンター巡りをして家路につくと、家に着いた頃には晴れ。
あれあれ、雨雲は過ぎ去ったのか?と、御所野のミニコースへ行くと、意外な混みよう。
でも、最近の御所野のプレイヤーはマナーが良くなったせいか進行もスムーズ。
以前は、一人で3球も4球も打つ輩がいて注意する事も多かったのだが、最近はあまり見かけない。そうそう、いくらミニコースとはいえ、マナーは守りましょうね。
それでも、途中で豪雨がやってきて、おまけにあられ混じりで、結局はびしょぬれ。
つくづく、今日は本コースでなくって良かった。もし行ってたら、何回雨に見舞われた事か。
結局、御所野のミニコースはハーフでヤメ。風邪を引いては元も子もない。
結局スコアは、私が34のパット数16。上さんが43のパット数18。
娘が38のパット数15。
但し、ハーフ29のコースだから5オーバー。
まあ、この間よりは、少しずつゴルフになってきている。
御所野のミニコースは山岳コースなので、足腰の鍛錬にはちょうど良い。
と、足腰を鍛えて、本日の午後からは家の大掃除。
みんな張り切ってやってます。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日のうちにゴルフに行っておいて良かった。
秋田に寒波は今日やってきた。朝からみぞれでとにかく寒い。
家の暖房も2段階上げて真冬に逆戻り。
う〜ん、今年は暖房代もいつまでも嵩むなぁ。
この分だと明日のゴルフは無理かも。
という事で今日は取り敢えず練習場へ。
少し回復基調にあるドライバーが楽しみなんだけど、不安もいっぱい。
取り敢えずPWを軽く振ってみたのだけど、あちらこちらに付いてきている筋肉が邪魔して上手く振れない。プラス、寒さで着込んで着ぶくれしている分、これもまた邪魔。
今は、失った筋肉をつける努力をしているのだけど、これがシュッと研ぎ澄まされた筋肉にならない限り、ショットの安定は望めそうもない。
但し、筋肉が邪魔するのは微妙な間隔を大事にするショートアイアンだけ。
そのショートアイアンが安定するまで20球くらいも打ち込んで、いよいよドライバー。
2〜3回も素振りするといい感じ。
ヘッドスピードの感じも出ている。これなら大丈夫!と一閃。
見事な当たり!方向性も抜群!
…でも200ヤードも飛んでない。
あの当たりで190ヤードしか飛ばないとは…まだまだ春は遠いなぁ。
午後からは住宅やさんがきて、屋根の塗り替えの見積もりをもってやってきた。
合計で75万円くらい。それでも10万円くらいは値引きしてくれている。ついでに、あれやこれやと頼んだのだけど、その見積もりはまた来週。
不景気なのに金は飛んでいくもんだ。
ちなみに、県の補助金制度でリフォームの場合は10%分補助金が出る事になっているんだけど、業者の本社が秋田県にある事が条件となっていて、家には当てはまらず。
…何だかなぁ、秋田県に税金払うのヤになってきたなぁ。
子供手当って言っても、家には当てはまる子供はいないし、日本に税金払ってもしょうがないような気になってしまうなぁ。
不公平感の強い税体制や公共サービスはいけませんね。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


体力に自信のないこの頃。
ゴルフに行くのが億劫だけど、そんな事を言っていたら。ますます体力を無くしてしまう。
今日は老骨にむち打って出掛ける事にした。
幸い、筋肉痛の最悪期は脱しつつある。背中から肩からどこもかしこも筋肉痛なのだが、同じ痛みでもこの間までの痛みと違って、これは回復途上の痛み。
調子に乗って、昨夜は娘と上さんにマッサージのサービスをし過ぎてしまって、肩が痛い。(苦笑)
さてゴルフ。寒波がきているという事で心配したのだが、思いのほか快晴!空は青く、時間が経つにつれ気温も急上昇して、絶好のゴルフ日和となった。
まあ、今の筋肉状態では、ゴルフも快晴とは行かないだろうけど…。
そんなに期待もしてないのだが、少し期待しているのは、先日の練習が良かった事。
ドライバーが少し回復してきている。
秋田椿台のさつきコースの第一打。
案の定、当たりは良い。
但し、ドライバーの設定を吹き上がるようにしたままなので距離は出ないんだけど。
2打目は残念ながら打ちそこなって、3打目も届かず…何やってんだろ?って感じのゴルフなんだけど、4打目チップインでパー。
あんまり良いゴルフではない、ちぐはぐゴルフだけど、まあ、シーズンの始めだし、飛ぶこと飛んでるし…パー、ボギー、パー、パーと進んでなかなかいい感じの5番ロングホール。
3打でグリーン20ヤードまできての4打目。サンドで軽く寄せようとしたら、ソールで打ってしまってオーバー。意味分からんけど、木の後ろに球が行ってしまって寄せきれずトリプル!
やー、トリプルなんてホント久しぶり。
まあ、こんなちぐはぐゴルフでも、7番でバーディをとって、ハーフ42のパット数15は立派。
すぐに後半に向かうと、さくらコースには4人組が2パーティも!
これはどう仕様もない…という事で、1ホールをスルー。スルーしたホールはボギー扱いとして43のパット数19。

201004161036582.jpg
 
うん、今日は身体が動く!という事で、嫌がる娘をなだめてつばきコースへ。
ドライバーが飛ぶようになっていて少し嬉しいのだ。去年の悪い時くらいまで回復している。しかも、ドライバーの設定を吹き上がりにしての話だから、設定を変えたら、かなり良い線になるんじゃないだろうか?なんて期待も大きくなる雰囲気。
でも、ゴルフはなんともちぐはぐ。
アイアンの微妙なコントロールと距離がイマイチ分かっていない。信頼できていない。しかも風も強い。
そんな中で、つばきコースは41のパット数19。
パット数が多くなってしまっているのは、グリーン上に砂がまかれていた事と、パーオンが多くなったため2パット3パットが出てしまったため。
うん、回復基調だ。
もっと体を作らねば。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


という事で、今回からは現在進行形。
この間、久々に上さんを誘って練習に出掛けたところ、なんとなく「おや!?」と思う事があった。
相変わらず飛ばないドライバーなのであるが、なんとなく「力」を感じる打ち方があった。
打ち方がアウトサイドインからインサイドインに完璧にシフトしたのが今年から。
右臀部を痛めてからの苦肉の策だったのだけど、インサイドインがクセになってしまった。
しかし、これがどうにも上手くいかなくって、アウトサイドインを試してみたりインサイドインに戻してみたりと落ち着きのないフォームを繰り返したのが去年。
結果は、アウトサイドインの場合は、飛ぶ事は飛ぶのだけど、方向が一定しない。
対してインサイドインは方向性が抜群。
それでいて飛距離が、10ヤードくらいしか違わなくなってしまったのだから、選ぶのはインサイドインという事になってしまう。
でも、いざインサイドインのみで振っていると、その飛距離はどんどん落ちてきてしまっている。
何がいけないのか?
どうにも釈然としないのだが、右利きの人間が左利きで打っているような心許ない感覚なのが気にかかる。
左でキャッチボールをしているような感覚、多分そう言う事なのだ。
自分の身体は、飛ばそうと思ったらアウトサイドインの方が合っている。
そういう風に筋肉が出来てしまっている。
つまり、インサイドイン用の筋肉なんて無いのだ。
そう考えたら分かりやすい。
だって、5年間もアウトサイドインでドライバーを振り続けていたのだ。そりゃあ、筋肉もアウトサイドイン用に発達していくだろう。
でも、だったら、今度はそのアウトサイドイン用の筋肉がインサイドイン用の筋肉をサポートしてくれるのではないだろうか?
という事で、もう迷わない。今年は明確にクリアにインサイドインで行くことにした。
でも、どうやってインサイドイン用の筋肉を作っていくかが問題。
正しいインサイドインのスウィングと言うものがよく分かっていない。
そこで、ある本で見た手順を試してみた。
右足体重でトップを作り…
左足着地!左足に体重移動!そしてダウンスウィング開始!
と、これがなかなか。
力の入りの存在が確認できる。
ちょっとインサイドインのコツが掴めたのかな?



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


なんとも残念な事に考えが及んでしまった。
この状況を打破するには何が必要か…というと、走り込む事。
毎日走り込む事。
体幹を鍛えるために。
そう言えば、ビリーをやった時は体幹が強くなって、ボールもよく飛んだ。
そう、ああいう、身体全体の隅々に行き渡るような体幹の強さがゴルフにも必要なのだ。
今更?
アスリートでもないのに?競技ゴルフなんてクソ食らえ!でしょ?
競技ゴルファーやアスリートの人には、この考えは理解不能と思われるけど、こちらから言わせてもらうなら、日中にジョギングしている人は理解不能。元々、ジョギングするくらいなら本を読んでた方がいい、というタイプなのだ。
そんな事分かり切っている事なのに、それでも少しは考えてしまった自分が傑作。
というのも、ゴルフに行くとたまに競技大会の最終組の後ろを回る事があって、その下手くそぶりにビックリしてしまう事が多かったからである。(大変失礼。ホントに失礼。本当は上手い人の方が多いんだろうと思うけど)
あんなんだったら、いますぐに参加しても、結構良いところまでいける、とそんな想いが少しはスケベ根性であったから、遅蒔きながらのデビューもありかな…とも思っていたのだけど、いやいや、自分にとって競技ゴルフなんて言うものは、やはりどう考えてもあり得ない。
それは、今までこのブログにつき合っていただいた方々にはよくお分かりの事と思われる。
という事で、自分のゴルフ史において、これ以上の進化は諦める事とした。
今まで通り、ゴルフは楽しくあればいい。
いや、今まで以上にゴルフを楽しむようにしたい。
という事で、これからは実戦ゴルフが中心のブログとなります。
今までのご愛読ありがとうございました。
自分と同じような運動神経0人間の少しの勇気になれば幸いです。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


ここからは仕舞いのための仕舞いのお話。
5年間も雨降る日も風吹く日も雪降る日も、毎日練習していた人間が、その努力の甲斐あってシングルにもなった。
虚弱体質の軟弱な五体不満足人間がである。
それはそれで褒められて良い事なのだろうと思う。
そんな自分がシングルにもなれたのだから、これは練習次第で誰にでもなれるものだという証拠を示す事が出来たのではないだろうか?と自負もしている。
もし、自分にはゴルフの才能がない…などと悩んでいる人がいるのなら、このブログを見て、勇気として戴きたい。
要は練習次第である事、そして頭を使う事であると認識する事が出来るのではないだろうか。
そんな自分が、何で5年目の最後のオフシーズンに練習を止めてしまったのか?
ガッカリしたのである。
自分に、これ以上のゴルフは望めない事を理解したからである。
自分の身体は、確かに一見丈夫そうにはなった。
だけど、実態は右臀部を痛めた事から始まり、右手首を痛め、腰を痛め、今では左臀部にまで爆弾を抱えてしまっている。
当初は、左肘も痛めた。
左肘は、練習している内にどんどん筋肉が付いてきて、今では肘周辺で筋肉がゴロゴロしている。
つまり、全ては右臀部も右手首も腰も左臀部も、今の自分のゴルフについて来れなくなってしまっていると結論づけるほか無い。
なんの事はない。元々アスリートでは全くないひ弱な自分には、ひ弱な体幹しかないのだ。
ヘッドスピードが増せば増すほど、自分の肉体は悲鳴を上げるだけなのだというこの現実。
仮の話、自分がヘッドスピードの60m/sを達成したとしよう…多分、その瞬間、自分の肉体の筋肉は千切れ、骨が砕けてしまう。
それに耐えられる体幹などというものはおいそれと出来るものではない。
自分がゴルフの練習で鍛えた体は、それはクラブを振るだけのもの。
そのクラブを振るための筋肉を支える、為の筋肉はおいそれと出来るものではない。
55才になって、そんな事に気づいてもそれは今更である。
とても残念なことに。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


朝起きると快晴であった。
快晴ならば、日曜日は家族ゴルフの日。
まだ眠っている娘を起こして「ゴルフへ行こう」と誘うと、娘は珍しく、
「行きたくない。眠い」と拒絶反応。
まあ、分からないでもない。
それほど先週の日曜日の手押しカートのゴルフは辛かった。
今年の冬はまるっきり練習をしていなかったので、助走なしに100メートルダッシュをいきなり5本やらされたようなもの。
家族全員が身体がきつい。
特に娘は、この1週間、仕事の方もハードだったので、身体がガタガタになってしまっている。
という事で、娘は寝かしてあげる事にして、上さんと二人で近くの御所野のミニコースへと出掛けた。
まあ、これはスコアを気にする必要もないので気楽なもの。
但し、山なのでアップダウンがきついから、本コースよりも運動になってしまう。

20100411113455.jpg
 
二人とも身体はガッタガタにきついのだが、まあ、逆療法。このまま身体が痛い痛い言っててもしょうがないだろうと出掛けた。
久々の御所野。今日は快晴で気持ちのいいお散歩になりそう…なのだが、風が異常に強い。
1番ホール142ヤードアゲインスト、7番で打ってまるで届かない。
しかも!グリーンが美しい!素晴らしいグリーンになっていて、下りのラインをチョンと打ったら、そのままグリーンの外へ転がって行ってしまうくらい素晴らしいグリーンなのだ(笑)。
上さんなんかは、上りのパットを打ったら、カップの前で反転!逆戻りしてきてしまったから大笑い。
結局、ここは自分が3パットのダボで5。上さんは4パットの7。
その後もハチャメチャなゴルフは続いて、上さんのスコアが傑作。ハーフ50で、パット数29!なんと、パット数だけで半分を超えてしまった。ちなみに、最高パット数が6!
自分の方も似たようなもので、ハーフ38のパット数19。
ちなみに、こちらはミニコースでハーフ29だから9オーバーという事になる。
途中、筋肉痛やら身体のバランスが崩れているため、ショットの際に首まで痛めてしまったが、どうにかこうにか1ラウンド終了。
自分のスコアは、まあどうでもいいのだが、後半37のパット数16でトータル75のパット数35。
ちなみに、パープレイが58だから17オーバー…。
上さんは95のパット数が52!…つまり半分以上がパットというのんびりゴルフ。
でも、終了後は身体がなまっている事を痛感。
これはいけません。ゴルフが出来なくなる事もあるけど、こんな体力では老後が心配。
夕方頃は、娘も誘ってお散歩に出掛け2キロ位も歩きました。
ん…身体がガタガタ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今朝も早くに起きた。
もちろんマスターズを見る為なのであるが、放送が始まって早々にガッカリしてしまった。
片山は既に競技終了していて、しかもどうしようもない予選落ちスコア。
池田にしても競技が終了していて+3。こちらも予選落ちしそうである。
どうせなら、片山の神経質なプレイが見たかった。一体どのようにして彼は落ちていくのか、そのどう仕様もない運のないゴルフにどう立ち向かっていったのか?そういう姿を見たかったのに…。
そしてその対局に位置する池田勇太のバンカラなゴルフも堪能したかったのに。前半パープレイで後半5オーバーのゴルフなんて、いかにもドラマなんじゃなかったろうか。
眠いマスターに拍車を掛けたのが13番パー5の見せ所。
石川のパーティでは、1番目が打ち、2番目が打ち、さあー石川の番だ!というところで画面が変わってしまった。
そして次に画面に登場した時には、石川が最後に打つというシーンだったから、えっ!?一番飛んでしかもフェアウェイ!?と少し心躍ったのだが、解説者が、「えっ!?何があったんでしょうか?石川がここから3打目ですか!?」と悲鳴のような声を上げる。
当然こちらには分からない。
そして分からないままに、解説者も半信半疑のままという雰囲気ありありのまま、
「石川、イーグルトライです!」
と叫ぶ。
どっちなのよ!?と、思わず突っ込みたくなってしまう。
なんだかなぁ…多分、この瞬間、とても不思議なことに、自分の中で石川選手はどうでもいい存在になってしまった。
結果的に、一番輝いていたのは、石川ではなく池田勇太。
「やってみなきゃわかんねぇよ」「緻密な計算してもなぁ」と面白いように本音が出てくる。
そしてラッキーにも、予選通過の報告が来た時には、
「もっとボロボロになるのかと思っていた。今の自分の技術でここまでやれるとは思わなかった」
という本音。
なんだか楽しいヤツだ。
思えば、昨年の暮れ。
JGTOの小泉会長の独断で、本来の正式なルール上のMVPが池田勇太だったのにも関わらず、石川遼が受賞する事になってしまった。
あの時から池田勇太は悲劇のヒーローとなってしまった。
マスター開催の前日、石川遼は妹と弟との3人でマスターズ会場となるオーガスタでゴルフを楽しんでいた。
ちょっと違うんじゃない?
その映像はとても奇異なものに見えてしまって何か釈然としない。
そりゃあ確かに、キミは確かに神の申し子のような強運を持った人間かもしれない。だからこそ、キミのファンがいっぱいいるんだろうと思う。
ゴルフスウィングが良いとかパターが上手いとか、礼儀正しいとか、そんな事じゃなくって、キミがゴルフの神様に認められた強運の選ばれた人間…そう思ったから、自分は長くキミのファンをやってこれたし、去年の最終戦までもつれた賞金王争いでも池田ではなくキミを応援した。
でも多分、池田勇太が悲劇のヒーローに仕立てられた頃から、自分の中では石川遼は少しずつ壊れてきている。
そして、決戦前に妹と弟に気遣ってラウンドしているキミを見た瞬間から、何か違和感のようなものがこみ上げてきてしまっている。
今の今、今までキミの口から出ていた、とても18才とは思えないほど立派だった言葉の数々が、突然砂の器に盛った果物のような気がしてならない。
多分、自分は今日から池田勇太ファン、そして片山晋吾のファンになってしまうんだろうと思う。
もうキミは、神の申し子ではなくなったような気がする。
まあ、キミにはどうでも良い事だ。どうせファンが一人消えただけの事。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今朝は朝の6時に目が覚めてしまった。
でも、眠い事には変わりない。
再び眠るべきか、それとも起きてTVをつけるべきか…迷った挙げ句にTVをつけた。
マスターズである。注目の日本人選手が3人出ているとあって、見ていて面白い。特に池田が期待感満点のゴルフ。
最後の池田のインタビューは下手くそ。どこかでべらんめぇ調が顔を出そうとするが、出し切れないのが無様だ(笑)。
この際、大人の口調を覚えた方が良さそうだ。
まあ、このおかげで今日は一日中眠い。仕事にならなくて困ってしまっている。日本中のゴルファーオジサンがこんな感じの一日になっているのかな?
 
さて本題。
 
このゴルフの連載もそろそろ終わりに近づいている。
なんたって、右臀部を痛めたのは一昨年のお話しで、右手首を痛めたのは昨年の夏のお話し。つまり、ごく最近の話なのだ。
5年でシングルというのも達成したのだし、そろそろ終わって良い。
過去進行形と現在進行形の二本立てであったが、その両者の時間間隔がどんどん狭まっている。
昨年の夏に痛めた右手首は、医者に行くでもなし、放っておいたら自然治癒してしまった。
練習しないオフシーズンを過ごしたのが良かったのだと思うけど、練習しないオフシーズンはゴルフを始めてから初めての経験でもあった。
体力は相当落ちてしまっている。
キュンキュンと動かせるほどだった胸筋は、今では見る影もない。
張りぼての作られた筋肉はすぐに落ちてしまう。
今年の春先のラウンドはゼイゼイ言いながらのラウンドであった。
糖尿病の治療の一環として始めたゴルフではあったが、ゴルフを治療のためと考えると案外効果は薄いものであった。
これは経験則。
その間に、インシュリンの注射は2種類に増え、ゴルフ場のトイレで人に隠れて打たねばならなかった。
そんな事までしているのにも関わらず、糖尿病は悪化し、とうとう眼底出血までし、失明の危険すら出てしまった。
それが先日の検査では、一番重要な指標のグリコヘモグロビンが6・5と言う驚異的な改善を見せた。
何故改善したのか?練習もしてないのに?ゴルフもしてないのに?
つまりは、決め手となったのが食事。
主食だけにし、間食を一切やらなくなっただけの事。
ちなみに、グリコヘモグロビンの6・5に30を足すと36・5という数字になる。
これを体温と考えればよい。
36・5度なら平熱とさほど変わらないという事になる。
これが、以前は9・5だの9・8だのあったのだから、常に高熱ふらふら状態だったという事になる。
医者には、何があっても何が起こっても不思議のない状態ですと言われていた。
冬の雪下ろしなど、
「とんでもない!絶対ダメですよ!」
と釘を差される始末。
そんな、雪下ろしもしちゃあいけない人間が、「えいやーっ」とクラブ振り回しているのだから、こんなおかしな話もない。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


一昨日、親戚のお葬式が田舎であった。
そこで驚いた事が三つばかり。
一つは、煙草を吸う人がいなくなっていた事。煙草を吸う人は近年少なくなっているとはいえ、それでも去年のお葬式の時は、私を含め何人かはいた。
ところが今回のお葬式では、煙草を吸うのは私ただ一人。
…皆、健康を考えての事なのか、それとも不景気のせいなのか。
もう一つは、お葬式の参列者が皆年寄りだった事。
亡くなった方が98才という大往生なので、参列者も年配なのは理解できるのだが、少ないながらもいる20代の参列者は、皆県外在住の人ばかりであった。
明らかな過疎。そう言えば、街を歩く若者の姿は見た事もない。
田舎に行けば歴然と、そこには過疎の風景が目立つようになってきた。
「地方はどこでもそうだ」
と東京に住む隣席の人が言ったが、ここに生きる者として将来に著しく不安を感じてしまう。
ここ10年でいきなり過疎化が進んできたような実感がある。
最後に、今回のお葬式は、田舎では珍しい密葬という形式。
町の長老格の人にも関わらず、密葬という形は英断であったと思うのだけど、周囲の人達も慣れていなくて困惑する事が多かった。
そんな中、意外に思ったのが、年配過ぎるくらい年配者が多いにも関わらず、殆どの人がお葬式の流儀という形式を心得ていなかった事。
年をとれば、そういうものは自然に身に付くものと思っていたのだけど、案外そうでもないらしい事が分かって、妙に感心してしまった。
みんな、知っているフリをしているのね、と。
 
さて本題。ゴルフのお話しである。
 
沖縄ゴルフの二日間は絶好調のゴルフであった。
その好調ぶりは、秋田に帰ってきてからもしばらく続いた。
確かに、以前に比べればドライバーの飛距離は落ちているのだが、ちょうどいい落ち方と言うべきか、残り距離が120ヤードから140ヤードと言うのはありがたかった。
前は、残り距離が短すぎて困っていたのであるが、残りの120ヤードから140ヤードは、ちょうど自分が得意とするPWと9番アイアンの距離であった。
この2本はいかようにも打ちわけられる。
1ヤード刻みというわけにはいかないが、5ヤード、いや、3ヤード刻みくらいでなら打ち分けられる。
むしろ困ってしまったのが、ドライバーの飛距離で困っているクセに、この2本の飛距離だけは、55才になった5年目でも進化し続けていた。
この2本に限っては、左腕がクラブと一体になって、それこそ棒のような感覚でボールを捉える事が出来ていた。
そんな好調な時に事故は起こった。
夏の深いラフで2オンを狙って9番アイアンを振りかざすと、ザクッと妙な感覚で草の中にフェースが入ってしまった。
フェースが抜けていかない。
右手首に激痛が走った。
初めての経験であった。
その日は痛みを堪えてなんとか1ラウンド終了したものの、その痛みはなかなか治まらない。
ゴルフは、左で打つものだとはよく言われる事だけど、冗談じゃない。右手を使わなかったらボールの飛距離は格段に落ちてしまうし、方向性もままならない。
しかも、痛い!と言う恐怖感。
しばらく、そんな状態でもゴルフを続けていたら、その内、左手首までおかしくなってきた。
そして、腰までおかしくなってきた。
何やらおかしい。
健康のために始めたゴルフなのに、昨年は右臀部を痛め、その後遺症が未だにあるというのに、今度は右手首を痛め、しかも治らない。
そして左手首までおかしくなり、腰までおかしくなってきている。
えーっ、ゴルフって本当に健康にいいのか?
なんだか少し疑わしくなってきた。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今年はとにかく練習もしていなければ運動もしていない。
だからといって、そんなに体力が落ちるとも思っていなかったのだが…実際は、見る影もなく落ちてしまっている。
キュンキュンと動かせた胸筋も、寸前あばら骨が浮いて見えるくらいに落ちてしまっている。当然、キュンキュンと動かすなど夢のまた夢。
ところが、深刻なのはそういう鍛えた部分ではなく、鍛えてなかった弱い部分。
特に、腰にきていて、いつ爆発しても不思議がないくらい弱まっている。後は足腰。これは、この間の日曜日ゴルフで驚いてしまったほど衰えが激しい。
なので今は、毎日の散歩が日課となっているのだけど、その散歩でまたまた足腰の衰えを自覚させられてしまう結果となっている。
ヘッドスピードの38m/sも当たり前か。
これでは200ヤードだって難しいだろう。成る程、2打目で7番ウッドを持つ機会が増えるはずだわ。
それならそれでやりようもある。徹底的に3オンゴルフにしてしまいましょう。という事で椿台CCは10時15分のスタート。
まあ、腰を労って、などというゴルフをやっている状況でもない。なんたってHS38m/sは壊滅的。
上さんから譲り受けた腰ベルトを巻いて、とにかく思いっきり振る!振る!
それで腰が壊れたら、もうゴルフはヤメだ。こんな情けないゴルフなんてイライラするだけ。
そうすると、ドライバーは快音!まっすぐ!
天に向かうテンプラ!
でも良いのだ。そういうセッティングなのだから。とにかく、今日は気持ちよく振りたい。
という事で、前半のさつきコースを40のパット数12!
パットの12って凄くない?
これはもう、殆どが寄せ1という事。
なんたって、パーオンは1番ホールのみ!
恥ずかしい!
でもしょうがないのだ!なんたってHS38m/s!
続いて後半はつばきコース。
こちらも前半と同じく40!パット数は15!
パーオンはたったの2回!アホ!
でも、トータル80のパット数27は立派!
見事な老人ゴルフ…まあ、老いとの共生ですね。
ちなみに、プレイ時間はたったの2時間40分。
10時15分にプレイが始まって、12時50分にはゴルフ場を後にしてました。
今日も気持ちよくお仕事できそうです。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


少し思うところがあって二木ゴルフへと出掛けた。
ピンとか鉛とかの小物を用意する必要があったからなのだが、本来の目的は、ヘッドスピードを計測する事。
今年になっていくらスウィングフォームを変えたからといって、飛ばないにもほどがある。
そして飛ばないのは、ドライバーからアイアンへと伝染してしまっているから、基本的な何かがおかしいとしか考えられない。
で、計測してみて驚いた。
ヘッドスピードが38m/s…。
38m/s!?
まじかい!?と、何度か試打してみるものの、ヘッドスピードが40を越える事はなかった。
こうなると、今のフォーム作りが間違っていると言うしかない。
インサイドインでありながら、何かまがい物のインサイドインになっているとしか思えない。
で、練習場へ行って、先ずは鉛の装着場所を変えてみた。色々試した結果、一番落ち着いたのがここ。

20100407155357.jpg20100407golf.jpg
 
結果は必ずしも良くない。ボールが吹き上がってしまって、まるでテンプラのようなボール。まあ、当然と言えば当然なのだが、5グラムの重さが先端にあると、振りやすくはある。スウィングが安定するのを著しく実感!
結局、そんな吹き上がるボールは距離も出ないのだが、ここは振りやすさを採用。
とにかく、身体がスムーズに動かない事には、HSもどうにもならない。
ついでに、インサイドインのフォームを、若干アウトサイドイン気味に改良。
これで抜群にボールが吹き上がるようになった。(苦笑)
まあ、今はこれで我慢。
HSが改善しない事にはゴルフにも何にもなりゃしない。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


疲れ切った日曜日のゴルフ。
朝、目覚めるとからだがむくんでいる。特に分かりやすかったのが手の平。普段の1・2倍くらいに膨れている。
これはまあ、普段血が通ってないところにまで通っているという事なのか?よくは分からないが、そう考えるようにした。
お昼過ぎの2時過ぎ、
「練習に行こう」
と、久しぶりに娘を誘った。自分一人でも良かったのであるが、多分娘の状態も同じようなものだろうと判断したのであるが、果たして、娘の身体もあちらこちらがむくんでいる状態。
練習中に、
「ちょっとお父さん!大変!私太っている!見て!見て!」
と。ふん、今頃気づいたか。
「むくんでるんだよ」
「えーっ!?これむくみ!?」
まあ、日曜の歩きゴルフがいかに大変だったかを物語っている。
なのに練習場とは、まあ、二日酔いの迎え酒のようなもの。体を動かした方が、かえって身体の回復には有効のような気がしたのである。
で、練習は昨日のゴルフと一緒。
娘は快調で、自分はダメダメ。
身体をほぐすんなら大きく振れるドライバーでしょうとドライバーから握ったのだけど、これがメチャクチャ。
まるで芯に当たらない。
一応用心にと、腰ベルトを装着しての練習なので、遠慮なく振れるのだが、その分、芯から外れてしまっているようだ。
なんだか、今年のゴルフはフォームを変えた分だけ面白くないゴルフになりそうだ。気分重いなぁ。
次いで持ったのが得意のPW。
これはいつでもきっちりと打つ自信のあるクラブのハズなのだが、なんと!いきなりのシャンク!
ん…あんまり面白いから5〜6回もシャンクを続けてみたのだけど、原因は、下半身が上半身に負けている事。
フォームが右半身主体になってしまっていて、右打ちになってしまっている事。
まあ、すぐに直せるのだが、こう頻繁に出てしまっては、いつ本番で出るとも限らない。
少し下半身強化をまじめに考えねば。
ちなみに、練習は70球程度でギブアップ。腰が疼いてきたので切り上げた。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


P6260741.jpg

3度目の沖縄ゴルフは宿題となっていたバックティであった。
しかし、コースのスタッフが見守る中での第一打。
何でこいつはいつまでもそこに立っているんだ!?と思うのだが、ここで弱みを見せるわけにもいかない。
おまけに、後ろのパーティまでがバックティの旗を立てて、しかも二人組ときている。
いやがうえにも緊張感が高まる。
第一打が全ての印象を決定してしまう。上手いのか下手なのか…。
くそー!負けてたまるか!?の第一打!
上手くいくわけがない。そんなに人間出来てもいない。
まあ、OBが出なかっただけマシ。
ここの第一打は、右に曲げるとほぼOB臭い事になってしまうのだ。
まあ、最初のホールはボギーでいい。そう思ってコース攻略。
みんながそう思っていたのか、偶然にも全員がボギースタートとなった。
何故か上さんはとっても嬉しそう。ニコニコしている。
そう言えば、ここ喜瀬CCのレディースは、さすがリゾートゴルフ!と感心するくらい短い。全長4490ヤード。これがどのくらい短いか椿台CCのレディースと比べてみるとよく分かる。
椿台CCのレディースは全長5545ヤード。
1000ヤードも短いのだから、そりゃあ楽に決まっている。
さて、後ろの組に追いつかれてはならない。同じバックティ同士意地も必要だ。相手が2人のパーティという事をさしおいても無様なゴルフを見られて良いはずがない。
リゾートゴルフのハズなのに、ちっともリゾートゴルフではなくなってしまった。
しかし、この日の自分のゴルフは驚異的なゴルフとなった。
スタートこそボギーだったものの、次からは、パー!パー!バーディ!パー!
残念ながら一休みのダボ!しかし、次からまたパー、パー!の連続パー!
最後がボギーで39!パット数15!
後ろのパーティは二人組のクセしてついても来れない。
後半のラウンドも40のパット数16で、トータル79のパット数31。
ちなみに、コースレートが72・1だから、正真正銘のシングルスコア!
喜瀬CCを見事3年目にして攻略!
いやー、嬉しいなんてもんじゃない。大満足なのであった。
ちなみに、男性用レギュラーティでやった娘がトータル94のパット数28は立派!
上さんは103のパット数39…これはいかがなもんなんでしょう、とは思うのだけど、嬉しそうな顔をしてニッコニコしているので、敢えて距離のことは言わないでおいた。
まあ、めでたしめでたし。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 昨日は日曜日。
日曜日は家族ゴルフの日。
家族の健康のためにもこれはずーっと続けている。
土曜日に椿台CCに予約を入れると、予約は難なく取れたのだが、もちろん朝一のスタート。終日混んでいるだろうけど、せめて前半のハーフだけでもスピーディにリズムよくやりたい。
ところが、カートが無いという。
ハァ?混んでるんだ?
日曜日は月例があるのだという。しかも、久しぶりの快晴予想。
ごそっと人が出るらしい。
普通、我が家では月例のある日は、プレイが遅すぎるため他のゴルフ場にするのだが、それもなんだか面倒だ。しかも、快晴の日曜日は、どうせどこも混んでるのだろう。
だとすれば、久々の手押しのカートもちょうど良いかもしれない。そう思ったのだが…体力的な不安が頭を掠めた。
今年に入ってからのゴルフは、冬の間練習をしなかったため、後半はばててしまってゼイゼイ言いながらのゴルフ。もちろんカートでのゴルフにもかかわらずである。
それが、手押しカートというのであるから不安がいっぱい。
加えて、今年になって腰の具合とか左臀部とか、老人性のガタがいっぱいきてしまっている現状。
ヘッドスピードを上げようにも、身体(特に腰)が爆発しそうで、思いっきり振る事も出来ない。
まあ、騙しだましのゴルフ。90を越えなければ良いや、というゴルフになった。
ところが、こういうゴルフそのものが苦手。
キレイに打とうとスウィングプレインをなぞるように打つと…第一打180ヤード。はあ!?180!?
おかげで、さつきコースの1番で、2打目は持った事もない7番ウッドを握るハメになってしまった。
ところが、これが見事なチョロ!
結局、3打目も寸足らずで、4オン1パットのボギースタート。
やれやれと、次のロングに進むと、こちらも似たようなもので5オン1パットボギー。なんともつまらないゴルフなのだが、前半でパーオンしたのが5番のロングのみで、ここだけパー。
結局、前半は45のパット数15。
これは90切りすら危うい。なんたって、後半は体力的にもっと疲れるだろうし、混んでいる事を考えればリズムもひったくれもないだろうし…。
う〜ん、目標は100切りに変更か?
ところが、前半好調だった上さんが、「これつけた方がいいよ」と腰ベルトを貸してくれた。
つけてみるとこれがとても楽。
という事で後半はさくらコース。
前の前の組は悲惨なゴルフだったけど、前の3人組はとてもお上手。
安心して後ろを回れそうな感じだ。
腰ベルトが功を奏してか、先ずは無難にパースタート。
ボギーボギーと続いて、4番のショートからは3連続のパー。
腰ベルトの効果で、前半は全くなかったパーオンも出るようになってきた。
上さん様々である。
心配なのはその上さん。腰ベルトを外したせいか、ショットに精彩を欠くようになって、後半のスコアはボロボロ状態。
う〜ん、二人とも年だなぁーと。
加えて、慣れない歩きはとんでもなく辛い。
前の組の3人はひょうひょうと歩くが、我々3人は悲鳴を上げながらのゴルフ。とにかく辛い。足首だの腰だのにとどまらず、脹ら脛も太ももも、特に足の裏がジンジンガンガンいって悲鳴を上げてしまっている。
7番のロングをひいひい終えて8番のショートへ行くと、前の3人組とその前の4人組が同じグリーン上にいる。
こんなに混んでいて打たせたって同じだろうに…と思うのだが、何の儀式だか、こっちにも打てと言う。(これかなり嫌いなゴルフの儀式)
手に持っていたのは6番アイアン。普通なら7番とか8番なのだが、今日は飛ばない。なんたって腰が回らないのだから。
そのまま6番を持って、軽く打つ事にした。
ちょっと緊張ね。
すると少し大きめであったが、見事に1オン。
続いて娘も1オンで、二人続けての1オンは面目躍如!格好いい!
上さんは、ご愛敬のグリーン側。
まあ…ふ〜んだ!って感じ。
で、いよいよ最終ホールなんだけど、着いてみてビックリ。
グリーンに乗っているパーティ。第2打を待っているパーティ。ティーグラウンドで待っているパーティが3組!合わせて5組!
その内後続もやってきて6組が最終ホールに集結状態!
まあ、これで終いだからとのんびり待っていたのだが、その間にも足の裏はジンジンと…腰も脹ら脛も足首も動かなくなってきて、もう、殆どびっこを引いて歩く状態。
最終がパーなら39なのだが、上さんは、「もう、早く終わりたい」とだだをこねる。
上さんがそういう事を言うのは本当に珍しいのだが、何故かみんなそんな気持ち。
という事で、最終ホールは、上さんが9!自分は3パットダボの6!娘が頑張ってボギーの5!
自分のトータルは、後半の腰ベルトのおかげで86のパット数31。
いやはや、8時にスタートして終わったのが4時間後の1時。
4時間7キロ以上をカートを押して歩き続けたのはえらい!
ちなみに身体はボロボロ。
帰って、買い物をして昼ご飯を食べて風呂に入って遅めの昼寝。
起きて夕ご飯食べて、「今日は9時には寝よう」という事になって、全員健やかに眠りに入ったのであった。
偉かったのは娘で、買い物で自分の欲しかった物を、私の財布を使ってゲットし、前から購入してあったパソコンをセットアップし、自分のお部屋のお掃除をし、きっちり9時には就寝。
身体が痛い。運動不足を痛感した一日だったのだ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


3度目の沖縄ゴルフ。
トラブルの対応が大変良かったために、我々は再び喜瀬CCに行く事にした。
例年と同じように海岸沿いの高級リゾートホテル・ブセナテラスを基本としたツアーを組んだ。このホテルの良いところは、喜瀬CCの真向かいにあるという事。
ゴルフ旅行なのだからブセナでの3連泊である。
ここで娘から提案があった。
「普通に予約すると、喜瀬CCって一人約2万円で3人で6万円。それを二日間だと12万円もしてしまうから、ネットで安いの探してみたいんだけど」と。
それは良い!同じやるのに安いに越した事はない!
という事で探してもらうと…なんとなんと、2ヶ月前の予約で一人1万2千円とあったからたまらない。
これだと、3人でも3万6千円。二日間連続でも7万2千円。
となると、5万円近くも得してしまうという事になるではないか。
いやはや、今時のネットというのは凄い。
便利で安くてスピーディ。
ちょっとネットを使うだけで5万円もお得!

これは、皆さんもぜひ利用してみるべきと…但し、田舎のゴルフ場は、あまり加盟してないので利用のし甲斐もないのだけど。
さて、沖縄ゴルフ。今年の宿題はバックティであった。
そのためにハンディも取得した。堂々とバックティでいけるハンディだ。
ちなみに、喜瀬CCのレギュラーが6230ヤード。コースレートが69・6。
ホームコースの椿台CCのレギュラーが、つばきーさつきコースで6459ヤード。コースレートが同じく69・6。
成る程喜瀬CCが短く感じるはずだ。
これが喜瀬CCのバックティになると6804ヤード。
ちなみに、椿台CCのバックティは7088ヤード。
但し、喜瀬CCにはチャンピオンティというのがあって、これは7168ヤード。
今回は、初めからバックティでのプレイをお願いする事になった。
そうすると、係りの男性が親切にも「チャンピオンティもございますが」と言う。
「何ヤードあるの?」
「7168ヤードでございます」
「やってやれない事もないと思うけど、沖縄暑いから疲れるからヤダ」
ふと後ろを見ると、朝一のスタートだというのに、既に後ろのパーティが待機しているではないか。
しかも、そいつらも堂々のバックティの旗!
嫌なことに、後ろのパーティは二人組ときている。対してこちらは、女性二人を従えてのバックティ。しかも、娘が男性用のレギュラー、上さんがレディースという超ちぐはぐパーティ。
彼らを黙らせるためには、自分の第一打にかかっている。
いやがうえにも緊張感が押し寄せてくるのをビシバシと感じてしまった。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


3度目となる沖縄ゴルフである。
舞台は相変わらずの喜瀬CC。
ここはゴルフコースも素晴らしいのだが、何よりも食事が素晴らしい。個人的には沖縄一美味しいと思っている。いやいや、美味しいところは、お金を出せばいくらでもあるだろうけど、コストパフォーマンスが素晴らしい。
お金持ちでもないのだから、やはりコストパフォーマンスは、一番の重要なファクターだ。
それと、スタッフの距離感もマナーも素晴らしい。文句のつけようもない。
それでも一度、ここのスタッフを怒った事がある。ある日、1ラウンド終わって、お風呂に向かったところ(ちなみに、ここはお風呂も素晴らしく、ラウンド終了後のお風呂は何よりの楽しみ、と言うよりもパンツまでぐしょぐしょ状態なのだから、一刻も早く風呂に浸かりたい)、なんと、風呂が沸いてない!と言うよりも水!
ところは観光地の沖縄。今後も二度でも三度でも訪れるであろう喜瀬CCである。
事を荒立てる気もなかったので、やんわりと若いスタッフに注意をした…のだが、この若いのが気が利かないと言うか、えらく反応が悪い。
「済みません」の一言がない。
ここでオジサンは切れまくり!
「こるらぁー!支配人呼べー!」
「大人しく言っている内に謝ればいいものを!」
いやはや、こうなればまるでヤクザ。
レストランでふんぞり返っていると、マネージャーが慌てて部下を従えて走ってきて謝りまくり。
ここで色々と諭したのだが、彼は、いちいち「ハイハイ、ごもっとも」と低姿勢。
こんな話、長く語ってもしょうがないのでまとめてしまうけど、帰り際、狙ったようにそのマネージャーはまた走ってきた。(実際、素晴らしい連係プレイと思う)
そして深々と礼をして、
○○様。本日は大変ご不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ございませんでした。出来ますれば、またのお越しを一同お待ち申し上げております」
と言う。
気に入った。
二度と来る事もないだろうと思っていたのだが、こうなれば話は別。
自分の方からマネージャーに歩み寄って、
「いやー、あなたはたいしたもんだ。来年も来るから宜しく」
そう言って別れた。

ん…長くなってしまったので、今回のお話しはここまで。 




にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


シングルの心構えって言ったって別に大した事があるわけではない。
今までと、そしてこれからもそんなに違いがあるわけではない。
大体、シングルのプラカードを下げてゴルフをやる訳じゃあるまいし、たまたまミスショットの場面を見られてしまえば、誰もシングルとは思うまい。
今までと何ら変わるはずもない。そう思って1番のティショットに立つと、何故か清々しい空気が流れた。
自分の身体の中を清々しいものが流れていく。
ゴルフが少し自分の中で変わった。
先ず、自分がメンバーとなっているコースが大事に思えるようになった。ディボットなんかを見ると気になってしょうがない。
他の人に比べて多少の余裕があるのだから、出来る限り直して歩く事にした。まさか、ディボット痕を探して歩く事まではしないのだが、見つけた範囲で直してあげた方が精神衛生上宜しくなってしまったのだ。
もう一つ、他のプレイヤーに対して寛容にもなった。
待たされる事がそんなに苦ではなくなった。
そうはいっても、雨が降った時などは、もっと早くやれないのかと不満は沸々とわくのだが、だからといって文句を言ってもしょうがない。
何故なんでしょうね?途中から雨が降り出すと、こっちはさっさと終わらせたいのに、大概のゴルファーは逆に遅くなってしまう。
まあ、そう言う時はさっさとプレイを止めて帰るようにしている。
イライラを貯めても精神衛生上宜しくないし、ろくな事にもならない。自分の運まで悪くなってしまいそうな気がする。
諦めて帰った方がスッキリするのだ。
もう一つ、色んな条件でのゴルフが楽しくなった。
待たされるゴルフは、未だにどうにも好きになれないのだが、四季折々のフェアウェイの条件の違いは楽しい。
美しく刈っている美しいフェアウェイも好きだが、ラフの芝が伸び放題に伸びる夏のゴルフも楽しい。
油断しているとすぐにロストボールになってしまうほどのラフ。そんなゴルフも攻略のし甲斐があって楽しい。
他のゴルフ場へ行っても、それぞれの特性そのものが楽しめるようにもなった。
なんだか、突然人間が出来てしまったような感があるけど、そりゃあそうだ。
なんたって55歳も過ぎた。人生の折り返し点なんかとっくに過ぎてしまって、後は老いとの共生なのだから。
という事で、次回は沖縄でのバックティゴルフ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


初めてのハンディを戴いて、正直「な〜んだ」とも思う。
だって、10枚中5枚がハンディの対象だというなら、自分はとっくの昔にシングルになってしまっている。
何も5年間もかけなくても良かった。正確には4年目でシングルにはなっていた。
な〜んだ、シングルってこんなもんか。というあっさり感?
こんなんでシングルになれるんだったら誰でもなれるんじゃない?とも思う。
なんたって、虚弱体質で五体不満足で運動神経0の自分が、毎日欠かさず練習して、週に3回位もコースを飛び跳ねていたら、シングルになれてしまうのだから。
だけど、それが難しいのだと言う。
あるシングルの人が今日自宅にやってきた。もちろん彼は、ゴルフの話ではなく仕事をしにきたのだが、途中からゴルフの話になった。
自分「えっ?ゴルフって何が難しいの?ある程度飛ばせるようになったら、ドライバーでポーンと打って、アイアンでポーンと打ってやれば2オンでしょう。後はパターでチャチャチャでパーじゃん」
彼「いや、普通の人にはそれが難しいんです」
自分「えっ、それがそんなに難しいの?だって練習場にいると、みんな上手いよ。ピシッ!パシッ!って、あんなにきちんと打てるんだったら、多分みんなシングルなんじゃない?」
彼「いや、シングルってそんなに多くないんですよ」
自分「でも、あなたは片手シングルでしょ?どの辺までいったの?」
彼「いえいえ、私は7.4が最高でした」
自分「えっ?そんなもんだったの?元アスリートだからもっといってるかと思った」
彼「いや、それは無理ですよ。あなたみたいに毎日練習できればいいんですけど、せめて週3くらいもできればいいんですけど、うちの労働条件の過酷さじゃそれは無理です。プレイも、週2くらいできればいいんですけど、ヘタすると月2回くらいしかできませんから」
自分「そりゃあそうか。それに比べれば、自分は毎日練習だし、実戦も週3回は出来るしね」
彼「そうですよ。その違いが大きいんです」
うん、確かにその違いは大きいかもしれない。
考えてみれば、この5年間の自分は、まるで中学生の運動クラブの少年のようなものだった。
いくら何でも、そりゃあそれなりにはなるだろう。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】