2010年9月アーカイブ

医者に変な宣告をされる前にゴルフに行ってしまいたい。
今日は絶好の秋晴れ♪これはやっぱりゴルフでしょう。
混んでるかな?と思ったけど、世の中よほど不景気なのかガラガラ状態。まっ、平日だしね。
さて、今日のゴルフからはガッチガチのルールゴルフ。
娘と二人、ルールブックをがっちりと読んでの初プレイ。
ただ、
「ルール読んだけど、私達ってそんなにルールに左右されそうなシーンって無いよね」
「ん…ドライバー殆どフェアウェイだし、殆ど2オンだしなあ。まあ、林の中とか入れば、その時だね」
なんて話ながらの第一打。
つばきコースの第一打は狙い通りフェアウェイ左手に。
練習場と同じで、まあ飛んでない。しばらく休んでいる内に随分と飛距離が落ちてしまったもんだ。でも、あれだけ落ちると、フェアウェイど真ん中にそびえている木も邪魔にはならない。軽く頭を越える球を打てば大丈夫だろう…という計算があったのだけど、木は思いの外高い。
8番でちょうど良い距離なのだけど、どうにも木を超える球は打てそうもない。しょうがない、多少のショートは覚悟の上、9番で打つ事にしたのだけど…なんと、この9番でも木の頭を越える事が出来ずに木にぶつかってぽとりと落ちてしまった。
3打目は、今度はその木が邪魔して低い球しか打てない。…乗ってくれない。
4打目、、あろう事かダフリやがった……!?○×△!?
結局、5オン2パットのトリプル!?
終わったぁ…。いきなりのトリプルなんぞ、最近経験した事もない。
2番、やはりドライバーが飛ばない。180ヤードも飛んでない様な気がする。それにしても今日は風がなさ過ぎ。風の応援でもなければ、このドライバーではどうにもなりそうもない。2番もボギー。
3番ショートは1オンのパー。
うんうん、アイアンは良いのだ。ドライバーが悪すぎ。
4番のロングホールもドライバーが飛ばない。信じられない事に右バンカーの手前にぽとりと落ちた。「バンカー手前!?」愕然としてしまう。
それでも、2打目は起死回生の5番ウッドが火を噴き難なく寄せ1のパー。全く、5番ウッドの方がどう見たってドライバーより飛んでいる。
その後もどうにもならず全てボギー。但し、途中からドライバーは復活の兆しが少しだけ見えてきた。
なんの事はない、左肘を真っ直ぐに伸ばして、ヘッドスピードを出す様に心がけただけ。
結局、45のパット数18。娘は49のパット数16。今日の娘のパットはなかなか良い。第1パットを外しても、返しのパットがずばずばと決まる。
後半はさくらコース。実は、前半は6番で前の組に追いついてしまって、ダラダラしてどうしようもなかったのだ。そのため、空いているさくらコースを選択。
そのさくらコースもいただけない。
1番は、私がボギー。娘は3パットのトリプル。
2番は、ドライバーがあろう事か真っ直ぐに天ぷらって左の林の中へ。念のため暫定球宣言して打ち直したのだが、林の中のボールが見つからない!!!
で、今度は私がトリプル!娘はパー。
まあ、一日に2回もトリプルとは…。ドライバーは飛ばないし、飛ばないのにロストがあるなんて…こりゃあアカンワ。
でも、このトリプルで火がついた。次のロングをパー!そして、お次のショートをバーディ!うんうん、アイアンは絶好調なんです。
ついでに次のミドルもパー…なんだけど、ここで娘が痛恨のミス!なんと、第1パットを旗竿に当ててしまって2ペナ!うん、ルール通りね。これで少しは雑な性格も治るんでしょう(笑)。
少しからかってやったのだが、さすがにむすっとした顔をしている。
私の方は、急にドライバーが飛ぶ様になった。なんだか、昔の飛距離に近いものがある。
「なんだか飛んでるね。それで鉛張ったら、昔みたいに飛ぶ様になるんじゃない?」
「多分ね。左肘を伸ばしているだけなんだけど」
「あー、それで。なんだか、今日の最初の頃フォームが縮こまっていて変だったものね」
言ってくれ!…って、それはアドバイスで2ペナになるのか。
まあ、その後はずーっとボギー。
フェアウェイに芝がないので(本当にベアなんです。それでも産毛の様な芝が復活しつつある)、どうにもショットが安定しないのだ。
当たりが浅かったり深かったり。それで5ヤードくらいも違ってしまう。
後、今日難しかったのは、ラフに入った時に、今までならピタリとソールしていたのだけど、それでは球が動くというか揺れてしまうので、安全な場所に離してソール。これが、ショットの精度を欠く原因となってしまった。
慣れねば。という事で、後半は43のパット数16。娘は54のパット数19。(大笑)
トータル88のパット数34は、久々にしちゃあ、まあまあじゃないかい?
ガッチガッチのルール通りっていうのは緊張感があっていい。これからも続けよ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


ゴルフをやり始めて6年。5年目までは順調に成長した。
それはそうだ。毎日毎日、雪降る日も風吹く日も雨降る日も休まずに練習場に通って、天気が良ければゴルフ場に行って、道具も金に糸目を付けずに手を付けて、これで上手くならなきゃどうかしている。
運動神経があるだの無いだのという以前にただのバカだ。
順調ならば、今年は70台の前半が平均スコアになるはずであった。順調ならね。
もちろん、そんなに簡単にいくものではないと自覚はしていたのだが、現実はもっと厳しかった。
70台の前半どころではない。何がどうなってこんな事になってしまったのか?
別に、そんなに高望みしているとも思わないのだが、何故って、バックティでやっている訳じゃあるまいし、その時点でプロとは50ヤードのハンディが付いている訳だし、150ヤード以内だったらそんなに遜色があるとも思えない。同じ人間のやる事だし、50ヤードもハンディがあるのなら、似た様なもんで良いだろう…と、これはやはり図々しいのか。
でもなあ、75を連発した時は、自分はやっぱり素晴らしい!と自画自賛して、明日にでもアンダーパーが当たり前になるかと思ったんだけど。
思えば、あれが起点になってしまってメチャクチャになってしまったんだっけ…。
自分の当たりに自信を持ってしまった私は、先ずドライバーを変えて訳が分からなくなってしまった。そしてほぼ同時にアイアンまで変えてしまって、輪をかけてメチャクチャになってしまった。
まあ、新アイアンのvanquish vrを手にした事でアイアンの不安もなくなって、肉体へのアンバランスな負担もなくなって、その点ではほぼ元に戻ったと言える。
ただねぇ、ドライバーがどうにもならない。かつての飛距離がどうにも戻らない。

20100929163459.jpg
今日は久々に練習に出かけた。心臓の事があるので一人では余り行きたくないのだが、少しでもおかしくなったらすぐ止めるつもりで出かけた。
久しぶりだというのに、新アイアンはなかなか良い働きをしてくれる。
PWは芯を捉えて125ヤードといった所。本物のボールだったら130ヤードといった所か?練習場での距離は大体分かってきたのだが、本物のボールでの微妙な距離感がまだよく分かっていない。
心配された7番アイアンも案外振りやすい。これなら使えそうだ。
そして、最近スコアメイクが出来なくなっている元凶となっているPWでの寄せの練習。どうにもこうにも、以前使っていたクラブに比べて、球が高く出てくれないのだが、これは、そういうものかと諦めざるをえない様だ。緩いスウィングでは球は低くしか出ない様だ。
まあ、そうと分かれば、それなりにやるしかないだろう。
そんな練習をしていたら、後ろの席に体格のがっしりとした若い人が来た。
タバコを吸いながら一休みし、何気に彼の打球を見ていると、キレイに100ヤード地点を捉えている。上手いもんだ。無理のない軽いフォームで100ヤード地点の周囲2〜3ヤード以内だ。
アドレスを見ると、極端なハンドファーストになっている。かなり意識してやっているんだろうけど、まあ、上手い。
再び打席に戻って、私は80ヤード地点を狙って練習を始めた。彼と同じようにピタリと80ヤードの看板を捉える。
そのうち彼は、ドライバーを取り出したらしい。素振りの音がビュンビュンと気持ちのいい音を出している。
そして、バッキューン!とボールが潰れる様なひしゃげる様な凄まじい音を出して打ち始めた。
これは凄い所まで飛んでいったんだろうなあ…と、球の行方を追ったのだけど、これが見えない。えっ、見えない所まで飛んで行ったの?
確かにフォームはキレイだし、体幹は強そうだし、フィニッシュも良いし、そりゃあ飛ぶだろうけど、それにしても見えなくなるくらい飛ぶか?と、しばらく自分の打つのをやめて、彼の打球を追ってしまった。
すると、彼の打球はネットを超えて飛んで行っている。但し、それは引っかけ気味の打球。
もう一度見ていると、バッキューン!ともの凄い音を立てて今度は真っ直ぐに山の方へ…あれ?あそこって、去年辺り、自分が飛ばしていた場所じゃないか。
それを見て、私はガッカリしてしまった。何にガッカリしたかって、それは自分にガッカリなのであった。
彼の打球はキャリーで240〜250ヤードくらい。
そう、それくらいなら自分も飛ばしていた。なのに、何と言う事か、彼のパワーに驚嘆してしまっている自分がここにいる。
そう言えば、不調になった原因にインサイドアウトというかインサイドストレートの打ち方に変えた事も原因だった。
インサイドアウトの打ち方は、確かに方向感は安定するけど、私には、それでパワフルに打つというその打ち方が分からない。アウトサイドインの打ち方であれば、どんどんヘッドスピードを上げて距離も伸ばす事が出来た。でも、インサイドアウトの打ち方っていうのは、確かにフォームは美しくなるし、フィニッシュも美しいのだけど、パワーの伝え方が分からない。どうしたって、元々の体幹の強さが大きく影響する様な気がしてしまう。
まあ、そんな事言ったって、今更アウトサイドインには戻せやしないんだけどね。
彼の前では、どうにも恥ずかしくってドライバーを持つ事はとうとう出来なかった。
ん…老いたな。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


心臓の検査日である。
成人病医療センターへ行ってきた。案外小さな病院である。
患者は成人と言いながらもジジババばかり。
仕事ぶりがテキパキとしていてスムーズに自分の番がやってきた。
CTスキャンは前にも経験があるので、そんなに大した事もないだろうと想像していたのだが、少々勝手が違っていた。先ず、点滴をしながらのスキャンである。
本格的な検査の前に噴霧状の物を舌下に噴射された。多分ニトロ?目の前が少し明るくなる感じだ。
その後、造影剤をぶち込むための先進的な機器が登場した。これがなかなか物々しい。
この造影剤が血管にぶち込む!という感じでシュパッと体に入って来る。結構恐いものがある。
右手の掌の血管がピクピクとする。少し恐怖感が出てきた。
そして本番だ。
予行練習の量の何倍もの造影剤がシュパッー!とぶち込まれた!
頭から顔からかーっと熱くなる。余りの熱さに飛び出したくなってしまうのだが、その直後!その熱さは下半身にも及び、自分のチンコ周辺が火がついた様にカッと熱くなった。
そんな状態で、「はい息を吸ってぇ」「はい止めて」となってようやく終了した。
造影剤には色んな副作用があるらしく、少し心配なのだが、とにかく水分を摂っておしっこをする事が肝心なのだとか。
気にかかったのは、それまで親切に話しかけてくれていた人が、終了後余計な話を一切しなくなってしまった事。
どこか悪い所が見つかったのだろうか?気にかかる。気にかかるけど、彼らは何も教えてくれるはずもない。聞いた所で「先生から聞いて下さい」と言うだけだ。
その彼は、「明後日頃には結果が伝わっていると思います」と言ってくれたのだが、受付では1週間後と言われてしまった。
まあ、長い1週間となりそうだ。
ちなみに、完全禁煙とはいかないが、タバコの量を半分以下に減らしたらすこぶる心臓の状態は良い…様な感じがする。
早めに完全禁煙したいものだ。
そんな病院通いの合間に読んでいたのが、先日買ったばかりの「ゴルフルール」の本。

頻度順ひと目でわかるゴルフルール

頻度順ひと目でわかるゴルフルール

価格:998円(税込、送料別)

 
これがなかなか読みやすくて理解もしやすい。
今度ゴルフに行く時はガッチガッチのルール通りのゴルフをやってやろうと思っている。
果たしていくつで回れる事やら。
少し楽しみ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


日曜日、朝の天気をみて少し迷ってしまった。
ゴルフに行ける体調ではないのだが、天気は恐ろしく秋晴れ!これってゴルフ日和だよね。
上さんにそんな事を言っても反応が鈍いままお昼時間を迎えてしまった。娘は東京にお仕事で出かけているし…夫婦二人でなんとも退屈な日曜日だ。
「お〜い、ゴルフに行こうや。御所野のショートゴルフで良いよ」
「え〜、体大丈夫?」
「ダメならハーフで終わればいいし、なんなら2、3ホールで終わってもいいやね」
「そっか、御所野だもんね」
御所野と言っても二人で6千円くらいはかかる。もし、本当に2、3ホールで終わってしまったらいかにももったいないのだが、本コースだったらもっともったいない事になってしまう。
ただね、月曜日の心臓の検査次第では、ゴルフ絶対禁止!なんて事になりかねない。
気分的には、そう宣言される前にやっておきたいのだ。
それに、自分の体調の悪さもあるが、最近の上さんの体の衰えも気にかかる。明らかに運動不足だ。
お昼ご飯は5年ぶりくらいにピザを食べた。歯が悪くなってからというもの、ピザは食べられなくなってしまっていたのだが、歯の治療途中の今、何となく食べられそうな気がしたのだ。これがバッチリで、久々にチーズたっぷりのジャンクフードとなって脳みそが大変喜んだ。
食事後、すぐに外へ出ると大変な秋晴れ!
御所野の1番ホール。練習も素振りも準備運動もめんどくさい。そのまま打つと案外良い当たり。1オンは出来なかったのだが、上さんは1オンしやがった。
二人ともボギースタート。
この1番ホールのパットはえらく難しいのである。
少し嫌な気分にさせられたのは、ティーショットに使った9番アイアンが、人工芝の溶けたものがべったりとソールに張り付いてしまった事。しかも、その人工芝の中に砂が混じっているもんだから傷が付いてしまった。
あ〜あ、そう言えば、ここはそういう所だった。クラブがもったいない。
昔、ここで1本20万円もするマジェスティのドライバーを使って一発で傷物にした事があった。コースの管理者も、せめて人工芝にもう少し気を遣ってくれたら嬉しいんだけど、まあ、ここはそんな所じゃないか。
2番もボギー。
ところが、3番でバーディがきて、続いてパー。そして5番のショート161ヤードで、アゲインストにも関わらず7番アイアンが目の覚める様な当たりでベタピンのバーディ。
つくづくクラブの相性というものがあるらしい。今の新クラブvanquish vrはろくろく練習もしてないのに、方向感がバッチリでピンをデッドに狙っていける。
続いての6番のショートはもったいない事をしてしまった。ピンに真っ直ぐ向かって良い所に落ちてまたしてもベタピンか?と思ったらバックスピンが2メートルもかかってしまって、逆にカラーまで落ちてしまった。そこからボギー。
でものこり3ホールを全てパーで締め括って、トータル1オーバーでハーフ終了。
幾らミニコースとはいえ、1オーバーというのは立派。
「心臓痛む?」
「少し痛いよ」
「もう止める?」
「ん…歩けないほど痛んだら止めるよ」
本当は1ホール目から怪しくちくちくとしている。上さんは、ずーっとカートを引いてくれている。そのせいか、上さんのショットの方が乱れてきている。上さんの体力も随分と落ちている。
4ホール目で止める事にした。前の前の組に中学生らしき3人組がいて、これがどうにもならないほど進行が遅い。我々の前の人も呆れて途中でリタイヤしていったのだが、我々もそれに倣ってリタイヤする事にしたのだ。
全く、下手くそのおかげで2組もリタイヤだ。ちなみに、前の組の人は我々が「お先にどうぞ」と譲った人。
まあ、早く終わってゴルフのTV中継を観るのも良いだろうな…と思ったのだが、そのまま実家に車を走らせる事にした。
実家にはしばらく行ってなかったので、気にはかかっていたのだけど、上さんが、「お母さん大丈夫かしら?お弁当買って行ってみない?」と言ってくれたので、「それもそうだな」と行ったのだけど、これが大正解。
老いた母親は朝からご飯を食べていなかったらしく、「良かったぁ」と夢中でご飯を食べた。
ん…もう、老老介護に近いものがあるな。近頃は、肩の激痛が首にまで来てしまって、左右に首が曲がらない状態。つまり、車に乗っても信号のない道路では左右の確認が出来ない状態。
今日は、ゴルフをした後なので首が回る様になって運転も出来たのだが、普段は、車の運転も余りしたくなくなってきてしまっている。
ん…自分の体は、実年齢プラス10才くらいは老いてる感じだなぁ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


尖閣諸島で逮捕した中国人船長の釈放をこのタイミングで決めるとは、なんとも驚いた。
元々、中国のこの件に対する対応には呆れるばかりだったので、うんざりしていたのだが、その割に毅然とした日本政府の対応には少しばかり感心もしていた。特に前原大臣の毅然とした姿勢には大いに共感を感じたものだった。
なのに、なんというあっけない腰砕け。
あー、あほらしい。世間に対してこれほど恥ずかしい思いをしなきゃならない国民も珍しい。国力云々がどうのこうのじゃなくて、正義とプライドを守れない国に正義とプライドのある国民なんて育つ訳がないな。
まあ、この件は余りにもあほらしいのでこの辺で打ち切り。あー、あほらし。
平和なゴルフのお話といきましょう。

頻度順ひと目でわかるゴルフルール

頻度順ひと目でわかるゴルフルール

価格:998円(税込、送料別)

 
どうやら、この週末はゴルフどころではないらしい。どうにも体がいう事をきかない。今まで、歯の手術をしようと臀部を痛めて再起不能と言われようと、構わずにゴルフをやって来たのだけど、これほど肩・首が言う事をきかないのであればゴルフどころではない。やりたくても出来そうにない。
ただ、薬局の薬剤師とお話をしたら、少し気が楽になった。気が楽になったら、病は気からなのだろう、少し痛みが緩和した様な気がする。
で、この週末はゴルフのルールをお勉強する事にした。
ゴルフのルールは多少大まかには知っているのだが、細かなルールが分かってない。
例えば、土中にボールが埋まってしまった時はどういう救済処置が出来るのか?とか、自分の作ったボールマークは直す事が出来るのか?とか、林の中に入った時に枯れ枝がスウィング軌道上にある時は寄せる事が出来るのか?とか…。
今までは、ルールがよく分からないため、めんどくさくって全てノータッチでやっていたけど、それではクラブを壊してしまいかねない。新しいクラブに変えたら、急にそんな事が心配になってきてしまった。
例えば、土中にボールが埋まってしまった事は、今まで2回ほどあるし、モグラの穴奥にボールが入り込んだ事もある。ボールマークに関しては、ボールがグリーン上に埋まってしまった事もある。
そんな時のルールが分からない。
そのルールに関して良さげな本を見つけたので、家族三人でこれから勉強する事にした。
男というのは、元々ルールという縛りの中で生きているので、ゴルフのルールに関してもマナーに関しても大して疑問はないのだが、どうも上さんと娘をみていると、なかなかルールに慣れてくれない。
それどころか、ルールなんて要らないのに、という態度が気になる。
まあ、ゴルフのルールを覚える事は、社会生活上も役に立つ様な気がするのだが。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


ゴルフカテだというのに、最近は病気の事ばかり。
昨日は尋常ならぬ肩痛と書いたが、今朝になると肩痛は更に酷い状態となっている。
右肩は痛すぎて動かせないばかりか疼痛を伴ってズキズキとしている。更に左肩にも広がっている。そして、その痛みは首にまで広がっていて、若干麻痺している状態。
こんな状態では車の運転すら出来ない。自分の人生で車の運転も出来ない状態など初めての事だから、かなり疑心暗鬼になってしまっている。
以前、胆嚢を手術した時も救急車を呼ばずに、自分の車を運転して病院に駆け込んだほどの人間が、車が運転できないほどの状態ってどういう状況?
加えて、明日は土曜日で主治医はお休み。今日中に病院へ行くしかないのか?
土曜日曜を悶々と過ごすよりは病院に行った方が良さそうだ。加えて、月曜日には心臓のCT検査が待っている。
何でこんなに不安なのかというと、それは高脂血症のための新しい薬がやっかいなのだ。ローコールという薬なのだが、この薬を服用して筋肉痛が出る様なら即刻薬の服用を中止する様に言われている。
この薬の副作用が恐ろしい。
少々話が難しくなるが、副作用の中で筋肉痛が起こったら、それは横紋筋融解症のサインだという事。そして、横紋筋融解症は急激に腎臓の障害を伴う事があって、横紋筋融解症が発生した場合、骨格筋が壊死を起こし筋細胞中の成分が血液中に浸出し、筋肉が障害されて筋肉痛や脱力感等の症状があらわれ、次第に疼痛や麻痺・筋力減退・赤褐色尿などの症状が発現する…とある。
こんな恐い副作用があるのなら、これは神経質にならざるをえない。
先ず病院へ主治医の勤務日かどうかの確認。
こちらは病院へ行く気マンマンだったのだが、薬局の薬の説明の中に、「筋肉痛などの症状が出た場合はご連絡下さい」と書いてある。
念のため、その薬剤師に電話してみる事にした。
電話して聞いたところでどうにもならないと思ったのだが、爽やかな声をした女性が出てきた。言葉遣いもしっかりしていて、かなり勘のいい女性だ。
症状の一通りの説明をしてから会話が始まった。
「このローコールを服用して5日しか経ってないのに副作用が出るって事あるんですか?」
「そのお薬は日数ではないんですね。合わない人には、すぐに症状が出る人もおります」
「じゃあ、私の場合は合わないんですね」
「多分そうかと。ただ、普通は下肢に出るんですけど、下肢っていうのは…」
「(下肢は)分かります」
この言葉だけで、相手の薬剤師はこちらの知的レベルが分かってくれた様だ。これで話がスムーズに運ぶ。
「一番心配な症状としては、横紋筋融解症になってしまう事なんですが、オウモン○×△と言うのは…」
「大丈夫ですよ。分かりますから」
「あっ、はい。それにかかってしまいますと、おしっこに出るんですね」
「おしっこですか。腎臓を痛めたらおしっこに出ると思って注目してますけど、今のところ変化ありませんね」
「じゃあ、まだ大丈夫だと思います」
「大丈夫とは?薬の服用を止めれば、症状の進行はないと?お医者さんに行かなくても良いと?」
「はい、通常は薬の服用を中止した段階で進行はなくなります。今の段階で,お医者さんに行っても、お医者さんは打つ手がないと思うんですよ」
「つまりは、対処療法としての薬品がないと」
「そうなんです。だから、とにかくおしっこに注目していて欲しいんですね」
「どんな色になるんですか?」
「コカコーラの様な色になると言われています」
「コカコーラ?」
「おしっこに血が混じるんですね。だから、水洗トイレにコカコーラをぶちまけた様な濁った色になると言われています」
「血が混じるんだったら鮮血になりませんか?」
「いいえ、この場合はコカコーラです」
まあ、この薬剤師の女性のおかげで話はよーっく分かった。
大変感謝である。
様子見するしかなさそうである。
余りに信頼できる物の言い様だったので、ついでに聞いてみた。
「月曜日には心臓のCTがあって、造影剤を使う事になるんです。そうすると、造影剤も腎臓を痛める可能性ありますよね。それでも、お医者さんに相談する必要ないですか?」
「それは、心臓の検査をして戴く先生にご相談をすれば大丈夫だと思います。専門の先生方ですから、そういう事にはとにかく詳しいですから」
またまた感謝感激雨霰である。この女性は素晴らしい。声の雰囲気ではかなり若そうであるが、かなりの人物だ。
という事で週末は少し静養してみる事にした。
まあ、やっかいな老後になりそうだ。
健康が一番だ。
私にとっては今更なんだけどね。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今日は筋肉痛がもの凄い事になっている。
特に右肩部分。五十肩とも違う響く様な痛み。それがどんどん広がってきてしまって、夕方頃には吐き気までしてきた。
恐らく、久々に練習に行って打ちすぎたためと思われるが…どうやら、私だけではなく家族全員が肩が痛いという。だとすれば、やはり調子に乗って打ちすぎたのが原因なのだろう。
でも、打ちすぎたといっても、私の場合はたかが70球程度である。そんなんで、こんな肩痛になったら練習なんてできやしない…とも思ってしまうのだが、殆ど練習をしなくなってしまったここ2ヶ月、筋肉がごっそりと抜け落ちているとも考えられる。その抜け落ちた筋肉でも、ヘッドスピードは感覚として覚えているもんだから、筋肉が過去と同じスピードで動いてしまう。
それがこの肩痛の原因になっているんだろう。加えて、翌日にはすぐにゴルフに行って、ぬかるみの中でのゴルフ。よほど体を酷使してしまったのかも知れない。
ただ、私の場合、もう一つ別の心配がある。
それは、今回から新たに加えられた「ローコール」という薬。高脂血症の薬でコレステロールの合成を抑える薬なのだが、医師曰く、
「副作用があって、腎臓を痛める場合があるんです。なので筋肉痛が起こったら、すぐに薬の服用は止めて下さい」
「止めたら大丈夫なんですか?」
「大丈夫です」
お医者さんは大丈夫といったが、この上、腎臓まで悪くはしたくない。不安だった。薬の注意書きには、「筋肉痛、脱力感の症状が現れたらご連絡下さい」とある。
そんな事言われても、一体どこに連絡すりゃあいいのさ。
ん…全く、つくづく難儀な体だ。
皆さん、糖尿病なんてなるもんじゃないですよ。
あー、そうそう。それから一つ訂正。
先日、写真付きで、新アイアンがどれほど真っ直ぐピンに向かって飛ぶのか、その証拠写真を示して紹介したけど、その中で、グリーン上に出来たボール痕をディボットと書いてしまったけど、正しくはボールマークと言うんだそうです。
ディボットはフェアウェイなどで芝を刈られて出来た穴の事を言うんですって。
穴は全てディボットなのかと思っていた…お粗末。写真の方も訂正しておきました。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日のゴルフは実に不思議なゴルフだった。
最初のうちは、練習場の通り快調なゴルフだったのだ。
ドライバーは真っ直ぐ!練習場と同じ手応えでいつもより飛んでいた。球筋も力強く手応えバッチリ。
2打目も、残りの155ヤードを9番アイアン。本来なら145ヤードなのであるが、フォロー風だったので敢えて9番で打つとこれがバッチリ!見事な2オン!楽々のパースタート。
こりゃあ素晴らしい。宣言通り70台の前半は無理としても、まあ楽々70台には違いなかろうと…思ったのだが。
それが次第に崩れていく。
先ず、雨のせいで下がぬかるんでいる。滑るのである。
本来、我々は雨の日のゴルフはやらない。まあ、全くない訳ではないのだけど、芝の生えていないゴルフ場で雨の中、足を滑らしてのゴルフ経験はない。
初めは、何となく当たりが悪い様に思えた。芯を微妙に外している。
そりゃあそうだ。ダウンスウィングに入ってインパクトのまさにその瞬間、ずるっと滑っているのだから、これはどうにもならない。
娘は?と娘のフォームを見ていると、娘もかなり苦労している。
いつも快調なフェアウェイウッドの7番の当たりが、見るも無惨!ゴロにさえなっている(笑)。
後半に入ると、もっと珍妙なフォームになって、超ミニスカートをはいて超がに股スタイルで打つ様になってしまった(爆笑)。
ただ、これで娘のゴルフは復活し始めたのだから、あながち間違いではないのだろう。
私の場合は、只今フォーム矯正中なので、雨でぬかるんでいるからといってフォームを改造したくなどない。したくはないのだが、靴底に草が絡まってきて、スパイクの意味が殆ど無くなってくると、ゴルフはますます酷いものとなった。
アイアンはフォームが安定しているので、さほどの影響もないのだが、ドライバーが特に酷くて、まあまあスライスの出る事。まあ、OBが出るほどは飛ばないんだけど、スライスになったんでは距離が出ない。
距離が出ないと2打目が長くなる。
となると、2打目に得意の9番やPWを使うというケースは殆ど無くなってしまって…こうなると、絶不調と何ら変わらない状況となってしまった。
もう一つ、草のないフェアウェイで新アイアンを使うのはもったいないんだよねぇ。どうやったところで傷が付きそうで恐い。知らず知らずにトップになっていくんだよねぇ。
あ〜あ、椿に早く草が生えてくれないかなぁ。ポヨポヨとしたものが見えてきたけど、あれが伸びて立派な草となってくれるのだろうか?
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今日は朝早くから心臓の検査のための病院だ。
まあ、憂鬱っちゃあ憂鬱。どんな検査結果が出てもありがたくはなさそうだ。しかもあの検査はキツイ。とにかくとことん走らされる。走って走って、心臓が破裂するくらいバクバクさせて、さあー、心臓に異常が出たぞー!これだー!ってやるのだから、やる方は大変だ。
で、行ってみると、その心臓検査の診察室に入ると、上半身裸にさせられて、器具を色々付けられて、そこにまったりと女医さんがやってきた。
この女医さんがまったりと喋る。
「ご親戚に脳梗塞とかでなくなった方おりますか?」
そりゃあこの年まで生きてりゃあ、色んな病気で死ぬ人はいくらでもいるだろうよ。
「糖尿病とか高血圧とかは?」
「糖尿病は家族殆ど全員ですね。多分、遺伝性のものでしょう。高血圧も、私だけがこの間まで無事でしたが、とうとう私もですね」
全くこの医者は、なんだってこんなばかばかしい事を聞くのか?…と、そう思いながらその女医さんを見ると驚いた。若い!孫とまではいかないが、自分の娘よりも若い。しかも美人だ。胸のプレートを見ると「研修医」と書いてある。
まるでロボットの様に体に色んなものをぶら下げながら、スポーツセンターにあるロードランナーみたいなものを走る事になる。
先ずは歩きから。徐々にスピードが上がっていく。
心拍数から血圧までリアルタイムで計測されている。
この3日間の禁煙で体調は大分良い。この調子ならかなり走れるんじゃ?…と思ったのだが、限界はすぐにやってきた。走る間もなく、速歩きになった途端に胸がぎゅーんと痛み出した。汗が噴き出す様に出始めた。
「あれ?胸が痛いなあ」
「大丈夫ですか?中止しますか?」
「いや、心電図はどうですか?変化は?異常は?」
「まだ出てません」
「じゃあ、もう少し頑張ってみましょう」
「余り無理はしないで下さいね」
「いや、ここで倒れてもあなた方が何とかしてくれるんでしょ?」
女医さんは「えー!?」って顔をした(笑)。それは困るらしい。確かに、研修医が患者を死なせたら拙いだろうなぁ。
情けない事に、走る前の速歩きの段階で中止になってしまった。
結果、心電図では異常が発見されずに…もっと面倒な事になってしまった。
今度は本物のお医者さんである。
「この検査で異常が判明するのは7割位なんですね。残りの3割は分からない。とすれば、心臓のCTか心臓に直接カテーテルを通すかなんですが、心臓のCTは、当病院にはなくて他の病院での検査となります」
「えっ、CTはこの病院にもあったんじゃないですか?」
「ある事あるんですけど、心臓用ではないんですね。心臓の場合は専用のものが必要なんですよ」
「ふむ、心臓にカテーテルって恐そうですよね」
「まあ、危険がない訳じゃないですね。入院も必要になります」
そりゃあもう、よその病院でのCTで決まりでしょう。…まあ、全くめんどくさいもんだ。
それにしても禁煙というのはよいものだ。心臓の痛みも、体のあちらこちらの不調もどんどん和らいでいく様な気がする。
という事で、病院から帰って昼ご飯を食べて、ゴルフに行く事にした。
スタートは1時半。
雨が降りそうでもあったが、まあ、降ってもいいやって感じ。
昨日の練習の状態なら、軽く70台であろうと思ったのだけど、これがとんでもない。
最初は、何故こんなにもひどいのかサッパリ分からなかった。前半のさつきコースが40のパット数15。
これはまあまあなのかな?ショットも良いのが出ているし、後半は良くなるのかな?と思ったのだが、調子はどんどん悪くなっていくばかりで、つばきコースに入ってからは最悪の状態になってしまった。
パーが来ない!
なんと5連続のボギー!6番ではとうとうダボ!
ん…いくら何でもこれは,と意地の連続パーだったのだが、最後はまたしてもダボ!
ダボといっても、むしろこれはよくダボで収まったな(ホッ)という感じで、最後に決めたロングパットには高笑い。
思うに、今日のゴルフは異常に疲れた。
ハーフ終了時点で1ラウンド回ったかの様な疲れ方であった。
それというのも、前日の雨で、そして今朝からの断続的な雨で、地面がぬかるんでいる。油断すると、スタンスを取った足がくるんと滑って回ってしまうのだ。特にティーショットはひどくて、芝がまるでない状態なものだから、足もとがずるりとくるんと回ってしまう。そうすると、左腰の壁がずるりと無くなってしまうものだから、フェースが開いて入ってしまって、大体がスライスボールになってしまうという訳だ。
それを抑えようと、足腰をしっかりと踏ん張るものだから、まあまあ異常に疲れる。
後半はどうにも抑えが利かないほど疲れてしまったという訳だ。
まあ、70台の前半などと、いかにも大言壮語。本日は85と80台の前半?でごじゃりました。
自信なくすなぁ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日今日の連休は珍しくゴルフのない連休となった。
医者にこの週末のゴルフは禁止されてしまったのである。
金曜日、散歩の時の心臓が痛んだ状況を説明していると、医者は突然叫んだ。
「それは病気ですよ!」
恐い表情となってわなわなとしている。
「倒れたら倒れたで、救急車で運ばれた方が病気がハッキリするかな、と思うんですが」
こんな人間なのだが、医者は、何を馬鹿な事を!という顔でうつろな目をしている。
パソコンに向かって何やらぶつぶつと専門用語をつぶやきながら激しく打ち込む。打ち込むのだが、興奮してしまって、打ち間違いをしては消してまた打ち込む。
かなり興奮している。
「心臓なんだか胃なんだかよく分からないんですよ。以前に胆嚢炎やった時も、痛んだのは胆嚢じゃなくて胃でしたし…」
「確かに、色んなところが痛むしね」
「それに、心筋梗塞になっても、そのまましばらく動いている人もいるって聞きますよね」
「うんうん、それもある」
「だから今日、病院へ来る前にゴルフへ行ってきたんですよ。まあ、倒れるなら倒れるで」
医者は思いっきり呆れた顔をしている。
「でも、この週末はやめて下さい。先ず検査をしてハッキリさせないと。一番可能性のあるのは狭心症だと思うけど」
「ゴルフはいけませんか?今日のゴルフでは、最初こそ心臓が痛かったんですけど、後半は痛みが全く消えたんですけど」
「それは運が良かっただけかも知れませんよ。第一、ゴルフ場で倒れたら救急車は入れませんよ。手遅れになる可能性もある訳だし。それに、もし発作が起きたら痛いなんてレベルじゃないですよ。ICUにしばらくぶち込まれるレベルですよ。軽く考えすぎです」
先生の興奮はまだ静まっていなくて、言ってる事が余り上手く伝わってこないのだが…心臓の検査は、休み明けにすぐにする事になった…のだが、あいにくと満員だ。それならばという事で、運動する事で心臓の機能を調べる事になった。
「あれキツイですよね」
「えっ?やった事あるの?」
「はい」
「なんで?」
「何でって言われても…先生が何となく気まぐれでやりたかったんじゃないですか?」
「そんな事はない…ん…確かに、取り立てて意味はないな」
ほらみろ。
とりあえずこの薬で対応しておきましょう。
画面を見てみると、えらく薬が増えている。
見ているだけで気が遠くなる。
「ニトロってニトログリセリンの事ですか?」
「そう、心臓に痛みが走ったら,これを舌下において溶かしてください。これで収まったら、間違いなく狭心症という事です」
「収まっても嫌だけど、これで収まらなかったら、それもまた恐いですね」
「まあ、危険は危険だから、対処しておかないと。頭痛もしてくると思いますけど、気にしなくて良いです。急激に血管が広がるから当然の事なので。後、こちらの薬は脂肪を落とす薬です。こちらは、筋肉痛が起こったらすぐにやめて下さい。副作用があって、服用が過ぎると腎臓を痛めてしまう薬なんで」
はあー。
「なんだか薬がどんどん増えていきますね。はあー。こんなもんなんですか?」
ちょっと、人生がやるせなくなってきた。
「あなたの場合、糖尿病を発病して16年。このくらい長いと、みんな色々出てきますね」
みんな色々…その言葉は慰めになった。
元々、そんなに長生きしたいとは思ってはいなかったが、苦しみながらの長い人生は嫌だ。
きりの良い所で安楽死なんて人生の方が助かりそうだ。
そんな訳で色々と薬が増えてしまった。
嫌なのは、この薬達とはずーっと付き合っていく事になりそうだという事。
はあー、ため息ばかりが出る。
最後に、医者から強制命令が出た。
「あと、タバコは絶対禁止です!ダッシュ3個です!」
と勢いよくパソコンに打ち込んで強調してくれた。
という事で、昨日から禁煙である。一日吸っていないだけで体調はすこぶる良好となってしまった。
こんなにも違うものかと…。
ところで、こんなゴルフ好きのオッサンなんて世間にいるのだろうか?
ニトロ持って、低血糖症のためにリポビタンDとウィダー持って、そんな用意しなきゃゴルフできないヤツ。
おまけに、今のところ歯もないぞ(爆笑)。
インプラントも予定をかなりオーバーしてしまっている。当初は夏頃には完成だと言っていたのに、今は来年の春頃と言われているし…なんだか、もっと延びそうな気もする。
あんまりゆっくりやっていると完成する前にこっちの身が滅んでしまいかねない。
という事で今週末のゴルフは中止。
でも、ついさっき練習に行ってきた。上さんのバッグにニトロ忍ばせてね。
これがバツグン!
まあまあ、新クラブは素晴らしい。真っ直ぐにグーンと!打ち慣れたら距離は更に伸びた。
娘にもハンドファストを意識させたら、これがバッチリ!上さんもガンガン打っているし、下手くそなパターの練習もさせたらかなり上手くなった。
今やったら確実に70の前半ですね。
でもまあ、明日の検査次第。ヤだなあ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


kutu001.jpg
もう何年前に買ったかも忘れてしまった穴のあいた靴が私の愛用の靴だ。
かなりぼろぼろの靴で、本当にどこかに穴があいている。
雨の日などは歩けるものではない。水たまりを踏んだら最後、靴下にジ−ンとビショビショ感を感じてしまう。それでも好きなんだからこの靴を履いてしまっている。
もちろん、この数年間に、さすがに限界を感じて何度か新しい靴を買ってはいるのだが、どんな靴もこのぼろぼろ靴の履きごごちには敵わない。
数年前には、高い靴なら大丈夫だろうと、一足5万円位もするアルマーニだかの高級靴を買ったのだけど、その高級靴は2回履いただけでお蔵入りとなってしまった。
第一に重い。がっちりとした高級感漂う靴だから脱ぐのに苦労はないのだが履く時に必ず靴べらが必要となる。穴のあいた私の靴は、軽くて足に負担が無く、履く時も脱ぐ時も靴べらなんて必要としない。軟らかなフォルムをしているため、形が崩れても崩れた感がない。
その後もスポーツタイプだったり、登山タイプだったり、ジョギングタイプだったりと色々購入した記憶があるのだが、みんなこの穴あき靴に負けてしまうのだ。
別に靴にこだわりが強い訳ではないのだが、私の足はどうしても靴を選んでしまう。
10年くらい前、私の足は突然革靴が履けなくなってしまった。どんな革靴を履いても足が痛むのである。
この現象は自分でも不思議だったのだけど、要は持病の糖尿病がどんどん体を蝕み、体中の血流を悪くし、その影響が足に一番初めに出始めたという事。
足の筋肉が痩せ衰え、太ももも脹ら脛も細くなり、更に想像もしていなかった足の裏の筋肉まで落としていた。気がつくと、足の裏にクッションの役目をする肉はなくなり、地べたを踏むとすぐそこは骨という有様。
これでは歩けない。どんな靴を履こうと間に合うものではない。
話せば長くなるので割愛するけど、沖縄への一人旅で出会った沖縄式マッサージでこの状況は劇的に変わった。
その時出会ったマッサージのオバサンは、私にとって命の恩人の様なもので、足はふこふこと生気を取り戻し始めたのである。
そんな経緯があるから、どうしても靴は選んでしまう。
で、今の穴あきの靴は、確か東京に行く前に、沢山歩く事になるからと盛岡で購入したもの。
一度は5〜6千円のものを買い、でもやっぱり疑問で、店員さんに無理矢理探してもらったら、これがぴったんこ!但し、値段は2980円。
頑張ってもらった店員さんに申し訳ないからと、両方の靴を買う事にしたのだけど、どう考えても履きもしない靴を東京に帯同させる訳にも行かない。…という事で、高い方の靴はゴミ箱に捨ててしまった。
そんな事があったのでよーっく覚えている。
そんな思い出深い靴。役に立ってくれた靴。毎日の様にお散歩に付き合ってくれた靴。
この靴だったからこそお散歩も苦にならなかったのだ。
その靴もいよいよ限界の様だ。
娘には、事あるごとに「靴買ってあげるよ」と言われていたのだが…いやいや、実際に何度か買ってもらってもいたのだが、この穴あき靴以上の靴があるとはとうてい思われない。
実際に買うとなれば相当の諦めと妥協と覚悟が入りそうだ。
で、先日の雨の日のお散歩時、この雨じゃあねぇ、途中で降られたら(心臓に不安があるから)走れないし、そうだ、今日はスーパーのウィンドウショッピングを散歩代わりとしようか、という事になって、お散歩していると靴屋さんが…「買ってあげるから」と言われ、「買わせて」と懇願され、とうとう買う事になった。
その靴、今のところ気に入っている。
でもなあ、本音からすれば、靴の真ん中とかサイドとかに穴を開けて風通しの良い涼しげな靴にしたい。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


前日に新クラブのvanquish vrを二木ゴルフの店員から受け取る時の会話。
「さあー、これで明日からはずーっと70台のスコアだ」
「すごいですね」
凄い事なんてない。凄いのは彼の方だ。彼のドライバーは300ヤードくらいも飛ぶという。ヘッドスピードは60を超えるというし、シャフトはXの上だと記憶している。
つまり、当方とは比べものにならないレベルなのだ。
「ああ、こっちはレギュラーティだからね。アンタみたいにバックじゃないから」
「いや、それにしても凄いですよ」
いや、だから凄くなんか無いんだって。アンタと張り合う気なんてサラサラこれっぽちも微塵もないのだから。
「あのね、220ヤードのドライバーにOBなんて出ないのよ。それで、9番アイアンで150ヤードもまっすぐに飛んだら、80くらいで収まって当然でしょ?むしろ、どうやって叩くのさ」
「そうですね。僕なんか下手すると、1ゲームで5回位もOB出す時ありますもんね」
「ねっ、そう言う事。ビッグスコアも出ないけど、大叩きもしようがないのよ」
とまあ、大口を叩いての初ラウンドだったのだけど、結果は80で70台にはならなかった。
まあ、70台は狙って狙えない事もなかったのだろうけど、今日はその気が全く起こらなかった。
先ず第一に、今日は朝から疲れていた。筋肉痛もあった。娘と二人、まるで老人性のボケの様な行動が多くて苦笑い。頭も体も思う様に動いてくれない。なんだかボーとしている。
そんな中の第一打後の心臓の痛み。ある程度覚悟していたとはいえ、穏やかでいられるはずもない。
静か〜に静か〜に、出来れば何事もなく終わらせたい。
スコアなんてどうでも良いのだ。
大体、スコアを考えるなら、一度くらいは試し打ちをしてからコースに出るべきだろう。
まっ、そんな状態であってもそれなりのゴルフにはなってくれる。
80程度のゴルフで良いのだったら、ドライバーはそんなに飛んでくれなくても良い。まっすぐでありさえすれば良い。ドローだのフェードだの200ヤードくらいしか飛ばないのに無駄な努力だ。
後はフェアウェイで得意なクラブが何本かあればいい。私の場合は、ショートなら9番、PW、AW、SW、58度、52度。ロングならフェアウェイウッドの7番、5番の2本。
こんだけ得意なクラブがあればどうにでもなってしまう。
8番、7番アイアンがちょっと不安で、これはまあ練習次第かな。
それだけ条件が揃っていて70台を出すっていうのは、やはり「気持ち」。
パープレイするぞ!って気持ちがあって、体がいう事さえきけば、まあなんとかなってしまう。
対して娘のゴルフ。
いつ80台に突入しても良いくらいのゴルフなのに、なかなか突入しない。
ドライバーはバツグンで、問題は、フェアウェイでのクラブ。
得意なのが7番ウッドだけというお粗末。笑えるのだが、150ヤードも110ヤードも全て7番ウッドで打ち分けている。100ヤード以内は、届くクラブがちゃんとあるのに距離が一定しない。
見てて、とっても歯がゆいのである。
スコアを伸ばしたいんだったら、100ヤード以内をちゃんと打ち分けられる様にすれば良いだけなのにね。
歯がゆい。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


20100917110001.jpg20100917110654.jpg
まあ、全くの五体不満足。新しいクラブが来たというのに練習にもいけやしない。
また、こりもしないで、そのままコースへ行く事にした。
体中のあちらこちらが痛む。体中が「いけないよ」と不協和音を鳴らしている。
果たして椿コースでの第一打、ドライバーは快音!なのだが、心臓がずきずきと痛み出した。
とっても不安。もしかしたら今日、ここで倒れるのか?
そんな不安がよぎりながらの新アイアンでの第2打。あんまり強くは打てない。私の場合、フルショットでないと芯を外してしまう傾向にあるのだが、果たして飛んでなくグリーン手前。芯を少し外したにしても、新クラブはPC66Xに比べると、少し距離が落ちる様だ。
そんな事よりも心臓がかなりキツイ。やはり心筋梗塞なのか?本気で心配になってくる。
そんな事とは裏腹にスコアは4連続のパー。
新アイアンのVANQUISH-VRのスキルを確認しながらの危なかしいゴルフにしては上出来。
ただ、やはり距離感がどうにもつかめない。でも、方向感はバツグン。グースネックというのは初めて使ったのだが、このネックのおかげでまっすぐ飛んでくれる様だ。
その後は、ボギー、ボギーと続けて、7番ではとうとうバンカーに入れ、脱出したと思ったら木が邪魔でグリーンが狙えずでダボ!
ところがその後のパー3では、ロングパットを決めてバーディ。結局40のパット数13。
うん、今日はドライバーがまあまあ。アイアンも実験しながらだけど、方向感バツグンでまあまあ。パターバツグン。フェアウェイウッドは、この間練習場で3球だけ打って復活。悪いのは体調だけ。
その体調、特に心臓の痛みは後半になってウソの様に消えた。
血が回って体調がスッキリとし始めている実感がある。もしかしたら運動不足が原因だったのか?
後半はちぐはぐなゴルフとなってしまった。それというのも新アイアンの距離がつかめない。
ボギー、ボギーと続いてパー、パー。またボギー。でも、その後ようやく新アイアンの飛距離をつかみ始めて3連続パーで後半も40のパット数19。トータルで80のパット数32。
どうやら、新アイアンは番手が一つ下回ると思った方が良さそうだ。
但し、方向感はバツグン!左右に1ヤード度くらいしかぶれない。
そうそう、こういうアイアンが欲しかったのだ。
さて、これから病院へ行ってくるのだ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日の日中、新しいクラブのマジェスティのVANQUISH VRが届いたと二木ゴルフから連絡が来た。

DSC_5870.jpg
DSC_5873.jpg
夜になって、仕事が終わってから二木ゴルフへと向かった。
娘が付いてくるのは当然としても、何故か上さんまで付いてきた。
金額は予定通り約2万5千円位。
下取りに出したPC66Xのおかげとはいえ、2万5千円で12万6千円のクラブが手にはいるとなると、随分得したような気になってしまう。
得した気分のまま、AW47度のものを1本追加した。
このAW47度が1本3万1500円。ただ、これも値引きで2万5千円くらい?合計で5万円ちょっとという感じであった。
2ヶ月前に20万円近くも出して買ったPC66Xを下取りに出して、更に5万円ちょっとも出したのだから、立派に大損扱いているのだが、何故か気分は上々(笑)。
この間、色んな事が勉強できた。
バランスは、C7〜D2まで打ってみて、大した違いはないのだと実感できた。大して重要とは思っていなかった総重量こそが影響が大きいのだと判明した。
そりゃあそうだ。ゴルフを始めてからずーっと381g(9番アイアン)のものを打っていたのだから、体がそれで慣れてしまっている。
クラブは軽ければいいものではないという事がよーっく分かった。
それにしても未だに不思議なのが、一番軽いはずのPC66X(374g)が何故一番重く感じてしまうのか?
まあ、それはともかく新クラブのマジェスティのVANQUISH VRは心配された極端なグースネックも、今のところ全く違和感もなく使えるし、飛距離に関してもPC66Xと遜色はなさそうだ。
9番で140ヤードと言ったところか。まあ、これは実際に本物のボールを打ってみない事には分からない。
PWなら130ヤード。
追加で購入したAWが、PC66XのPAと同じ47度のロフトなので多分120ヤード。
うん、まあまあのセッティングだ。
ふと横を見ると、私が下取りに出したPC66Xが用意されていた。
「このクラブは飛ぶから、使う人にとってはいいよね」
「人気ありますよ。私のお客様でも5人はいます。皆さん『飛ぶ!』って喜んでいますね」
「そうだよね。飛距離の欲しい人だったら大喜びだよね。いい人にもらわれて欲しいもんだ」
うん、本当に飛ぶクラブなのだ。
でも、私は飛びは求めていない…と言うか、期待以上に飛んでしまうクラブだった。
という事で帰ろうとしたのだが、上さんがずーっとウェアコーナーにいたのが気に掛かった。あれは、上さんの「買ってコール」である。
「欲しい物があったら買ったら?買ってあげるよ」
という言葉が運の尽き。
上さんは遠慮なく2万円以上もするパンツを買いやがった。
えっ!?それって、クラブより高いぞ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


ゴルフカテゴリーだからゴルフの事ばかり書いていて、毎日のようにゴルフゴルフ言ってるから、こいつは遊び人なのか?なんて思っている人もいるのかもしれない。
冗談じゃない。バリバリ現役の仕事人だ。
一昨日、夜のお散歩に出掛けると(もちろん健康のため)、胃がきりきりと痛み出した。実は、その前日のお散歩時にも同じように痛んだ。
ただ、その夜の痛みは尋常ではない。
脂汗は冷や汗に変わり、嫌な予感が漂い始めた。
休み休みのお散歩となった。
上さんも娘も心配そうに覗き込む。
この痛みは胃なのだろうか?なんだか心臓のような気もする。
前に胆嚢炎を起こした時も、痛みは胆嚢ではなく胃のような錯覚をした。心臓だとしたらヤバイ。心筋梗塞か?
心筋梗塞をおこしてもしばらく我慢してしまって悪化させる人も多いと聞く。
まあ、ようやく我慢我慢を重ねて家に辿り着いた。
その夜は徹夜で仕事の予定だったのだが、仕事は中止。取り敢えず寝ることにした。
開けて翌日。
仕事がいっぱいたまっている。今日はサボるわけにはいかない。
朝の9時に起きて軽い朝食を摂ってからお散歩。
これでまた痛むようなら病院に行かねばならない。
でも大丈夫だった。昨日に比べれば大幅に改善している。
よし!という事でお仕事。
朝の10時過ぎから始まって、そのまま夜中の12時過ぎまで14時間ぶっ通しのお仕事。
ねっ、お仕事してるでしょ。
このお仕事だって、昔なら今の倍以上はかかっていたお仕事。昔は3日間徹夜作業なんて事もあったくらい。
今は、殆ど徹夜はしなくて済んでいる。
仕事も大事だけど、体があっての事だもんね。
でも、今日は体が痛い。14時間も座り続けていると、腰から下の血液の循環が悪くなって、それが上半身にも悪影響して、体中が痛むのだ。
お散歩しよ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日は練習したその足で二木ゴルフに試打用クラブを返しに向かった。その時点ではまだ、新クラブの決定はしていなかったのだが、件の店員と話している内に話はトントン拍子にまとまってしまった。
今使っているPC66Xは、多分軽すぎて違和感が強いのだろうと言うこと。
だから多分、グリップを変えて、重さを380g位にすれば全てが解決しそうな気がする。
バランスの違いは、C7〜D2まで打ってみても、最初こそ違和感を感じても打っている内に全てのクラブが打ちこなせる。
バランスがどうあろうと、重さが380g以上のものであれば真っ直ぐに飛んでくれる。
今、狙った所にピンポイントで打てないクラブはPC66Xだけ。
えっ、ちょっと待てよ。それって、試打時点で一番に外されるクラブって事じゃないのか?
何もそんなもので苦労することないじゃないか?
要するに、困っているのは買ったばかりのクラブを諦めるのは忍びないと…しかも、20万円位もしたものを僅か2ヶ月で諦めるのはアホなんじゃないかと。
でもグリップを変えたらもしかして…いやいや、それでもダメだった時が恐い。
中古品として査定してもらったらどうなるんだろう?という事で店長さんに査定してもらうと、意外にも約7万円位。
買値の半額以下なのだが、まあ、充分な値段だろう。
試しに、それでマジェスティのVANQUISH VRを買ったら幾らの負担になるのか計算してもらったら、なんと2万5千円くらい!

iron_img_05.jpg
まあ、ちょうどキャンペーン中だとかで値引き値引き!がついてその値段。
計算はちょっとおかしいが、2万5千円で悩みが無くなり、体の怪しげな負担が無くなるというのだったら、これ以上悩む事もないだろう。
買った!
その場で決めてしまった。
これでゴルフが楽になりそうだ。
ただ、今日になってAW1本追加してもらうことに決めた。
VANQUISH VRは1本3万1500円もするクラブ。
少し迷ったのだが、100ヤードから130ヤードのクラブが無くなってしまった。
AWが無ければゴルフにならない。
まあ、ともあれ今は新クラブがくるのが待ち遠しい。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


ここ最近は一生懸命お仕事をしている。仕事が楽しいのだ。
ただ、私の場合は、余り一生懸命してしまうと周囲とペースが合わなくなるため適当にサボることも手を抜くことも必要なのだが、サボるのは得意でも手を抜くことが出来ない。
さて本日は、二木ゴルフから借りてきた試打用のゴルフクラブを返さなければいけない日。
返す前にもう一度試打してみる必要があるだろう。
仕事で忙しい最中、なんとか時間を見つけて練習場へ向かったのは既に暗くなりかけた夕方。
取り敢えず一番振りやすいのがマジェスティのVANQUISH VR。
いきなり打ってみると、打球は真っ直ぐ。
距離も出ている。今使っているPC66Xと殆ど変わらない飛距離。
それでいて方向がぶれないのは凄い。
目標地から1〜2ヤード程度のブレというのは凄い。
PWから9番と打ってみたが、その正確さには舌を巻く。
重量からバランスまで、自分の体に余程合っているのだろう。
念のため、7番ウッドを振ってみた。
今のPC66Xは、他のクラブに悪影響を与えてしまう。それが一番恐いのだが、7番ウッドは難なく振れていつもの快心の当たりとなった。
つまり、アイアンもフェアウェイウッドも同じ感覚で振れるという事の証拠だ。
続いて、もう1本の候補、前に使っていたクラブの姉妹クラブ、フォーティーンのTC550。こちらも、総重量が424gと重いにもかかわらず難なく振れて当たりがいい。方向のブレもなし。高さもあって、これなら止まる球が打てそうだ。
それぞれにバランスはまるで違うのだが、打つのに何ら支障は感じない。
それなら、今のPC66Xは何故あんなにも打ちにくいのか?
PC66Xが、明らかに他と違うのは、その重量。
他のクラブが皆380g以上あるというのに、PC66Xだけが374g。
たったの6〜7gだけの違いなのだが、この違いが大きいらしい。
一番軽いはずのクラブが一番重く感じて、一番振り難く感じるという事は一体どういう事なのだろう?
しかも、このクラブを使い始めてからと言うもの、右肩痛が起こり、左肩痛が起こり、首まで痛めつつある。
最後にドライバーを1球だけ打った。
試打したクラブで、またまたドライバーへ悪影響があったんでは困る。
果たして、ドライバーは快音を残して消えていってくれた。
決まったのかな?



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


秋田は今日も快晴。全く、余りの快晴で少し恨めしい気分になる。
ひと頃よりもかなり涼しくなったとはいえ、ゴルフにでも行ったら大汗をかく事になるのだろう。
練習などに行きたくはない。
でも今日は行かねばならない。せっかく、二木ゴルフが試打クラブを用意してくれたのだから。
という事で娘を誘って練習場へ。 
用意された試打クラブが多いんだこれ。うんざりするくらい(笑)。
先ず、マジェスティのVANQUISH VRが4本。
元々はフルセットだったのだけど、そんなには要らない。PW、9#、8#、7#の4本。
二木ゴルフでもこのVANQUISHはいい感じで振れていた。
練習場でも第一打からいい感じ。
真っ直ぐに飛んでくれる。しかも、飛距離も今使っているPC66Xと同じくらい…いや、それ以上か。
9#で確実に145ヤードは行きそうである。それでいて真っ直ぐとは凄い。まあ、全く無理なく振れるクラブだ。
総重量が380gで、前のTC660の381gと殆ど変わらないというのが良いのだろう。同じ感覚で振れる。
但し、バランスがTC660がC7だったのに対してVANQUISHはD2。
確かに意識するとD2なのだが、振っているうちに違和感はなくなった。
VANQUISHのPWもなかなか。きっちり130ヤードくらい。
これは使えそうだ。
試しに、娘にあげた前のクラブTC660の9#を振ってみると、こちらはこちらでいい感じ。いやー、しっかりくる。方向感抜群、距離は135ヤードと言ったところ。やっぱり、昔の女は良いわ。
女と言えば、VANQUISHの唯一いやなところ。
それは、ずんぐりむっくりのぶちゃいく女ってところ。どう見てもぶちゃいく女なのだ。こんな女とつき合うの?緑のフェアウェイで?こいつが?えー、無理〜!って感じが少々困る。
もう一つの候補。同じくフォーティーンのTC550。
こちらは生憎とスティール。カーボンシャフトは特注なので用意は出来ない。
手に持った感じが重い。総重量が424gと言うからそりゃあ重いはず。
こんなモノがまともに振れるのか?と思ったのだが、意外や意外、簡単にスムーズにスウィングできてしまって、方向感抜群、距離は姉妹クラブのTC660と殆ど変わらず。
スティールだけあってブレがない。バランスはD0・5。
一応今のクラブPC66Xも振ってみたのだが、こちらは今、調整のために鉛を2カ所も張っている。ん…打ってて、以前ほどの違和感はないのだが、今や、総重量もバランスも変わってしまっているためか、意味不明。
結論、VANQUISHは振りやすく、他のドライバーとかフェアウェイウッドへの影響も一切無し。距離も出る。左右の誤差も5ヤードくらい。
フォーティーンのTC550は、重いのだが、これも振りやすく抜群の安定感。距離はロフトの関係で(2・5度違う)10ヤード落ちなのだが、左右の誤差は殆どなし。つまりピンポイントで狙える。
つまり、私にとってはバランスよりも重さが重要らしい。
さて、どのクラブを選ぶ事になるのか?今のところさっぱり分からない。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


午後になって二木ゴルフへと出掛けた。
自分の今持っているクラブと新アイアン候補とを徹底的に比較してみたい。
自分が今使っているクラブがフォーティーンのPC66X。その前に使っていたのが、同じくフォーティーンのTC660。
どうあっても以前使っていたTC660の方がしっくりとくる。TC660であれば、いつでも完璧に打てる。
そんな想いが強いため、なかなか新しいPC66Xに馴染めないでいる。
それどころか、PC66Xを使いこなそうとして、知らず知らずに右打ちになってしまって、それがドライバーにまで影響してしまって、皆メチャクチャになってしまった。
まあ、今はなんとか左半身で打つように意識したことで、アイアンもドライバーもなんとか持ち直してはいるのだが…。
たかがアイアンで何故そんなに違うのかを先ず知りたい。同じメーカーのものだというのに、そんなに裏切られるとは想像もしてなかったのである(笑)。
しっかりと両者を調べてもらった。
 
TC660  
9#40度 ライ角62・5度 重量381g バランスC7 
PC66X  
9#37度 ライ角62・5度 重量374g バランスC8・5
 
意外と言えば意外な測定結果が出てしまった。
先ず、感覚的にPC66Xの方が重いと感じていたのだが、結果は全くの逆。
バランスもTC660の方がヘッドにあると思っていたのだが、これも逆。
全く、人間の体とはいいかげんなものである。
重いと感じたから右手を使って振ってしまっていた。右手を使わなきゃならない理由は何一つなかったのである。
目が覚めたと言えば目が覚めた。明日から心を入れ替えて練習してみよう。
ちなみに、二木ゴルフの店員さんは、新しいクラブに買い換えさせようと言う魂胆はまるでないようである。
クラブが軽すぎるようなので、グリップでバランスを取る方向で考えた方がいいのでは?という事なのだが、さてどうなる事やら。
クラブ選びは難しい。
ちなみに、VANQUISHVRも借りてきた。
こちらは、
 
9#37・5度 ライ角62・5度 重量380g バランスD2
 
なのであるが、こちらは軽く打てた。
重量があっている事とバランスがD2なのがいいのだろう。
さて、どうなる事やら。
明日の練習次第だね。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日はショットがブレまくった。
下半身が安定せず、下半身がブレて、それが上半身のブレとなって、首振り人形のようになってしまったらしい。
おかげで、昨日の夜から首が痛む。
朝起きたら痛みは更に酷くなってきた。
そんな時に、二木ゴルフから連絡が来た。
頼んでいた新アイアン候補が2つとも用意できたという。

iron_img_05.jpg
tc55002.jpg
この首の痛みで試打?
ん…まあ、今日中に二木ゴルフには行くけど、果たしてまともに試打が出来るのか?…かなり不安。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


日曜日にゴルフに行って、2日休んで今日は3日目…だったら、今日は当然ゴルフでしょう。
お天気はスッキリと秋晴れ。気温もそんなに高くはない。いきなり涼しくなってきた。室内温度は、エアコンをかけていないのに28度くらい。
「よし、ゴルフに行こう!」
と娘を誘うと、
「マジで?バカじゃないの?」
と言われてしまった。
体が疲れ切っているらしい。言われてみればそんな気がしないでもないが、確かにそれはそうなのだが、自分の人生で元気にゴルフが出来るのも、そんなに長くはないような気がしないでもないではないか。
まともにパープレイだのアンダーだのを狙ってのゴルフなんて、後せいぜい2〜3年あるかないか。
とは言っても、今日はスコアを狙う気はない。
その逆、なんだか今日は100叩きとまではいかなくても、90くらいは叩きそうな気がする。
という事でお昼過ぎに急遽ゴルフ。
ただ、慌てていくことになったもんだから、まともに昼ご飯も食べてはいない。
ちょっと血糖値が気になったのだが、まあ、いいか…と。
先ずはさくらコースから。さくらコースは、余程相性がいいのか、調子が悪くても適当にパーが来てしまう。
1番から前にパーティがいるのでのんびりゴルフ。
パー6つにボギー2つ、ダボ1つで40のパット数17。
ん…ダボを叩いたのが7番のロングホール。
伝家の宝刀とも言うべき5番7番のフェアウェイウッドがまるで当たらない。この2本が使えなければ、私のロングホールは終わったも同然。
何故使えないのか?実は、ここ3回ほど当たっていないのだ。
3回前と言えば、アイアンを左手主導で打ち始めた時である。
アイアンとドライバーは左主導で打ち始めてから良くなった。
逆にフェアウェイウッドはまるでダメになってしまった。
困ったもんだ。あんなに絶好調だったクラブが今はお荷物と化している。
練習に行かなきゃいけないのかなぁ。嫌だなあ。
ところで、念願の100叩きは娘の方が可能性がでてきた。娘の前半が50のパット数18。まあ、やる気がなく疲れている体だったらそんな事もあるのだろう。
後半はつばきコース。
娘の50を盛んに囃し立てたものだから、娘が発奮!
1番をバーディに仕留めやがった。こちらはパー。
でも、その後はやる気もなくダラダラと…やはり気温が上がってきた。
ボギーを重ねて4番ホールのロング。
体がプルプルし始めた。下半身がいう事をきかない。
あれ?腕がプルプルしている…しまったあー!低血糖だ!
慌てて、普段から用意してあるトマトジュースを飲んでウィダーインゼリーをがぶ飲みしたのだけど、腕の震えは止まらない。爪先がジンジンと痛む。血が回っていないのだ。
トマトジュースだのウィダーインゼリーだのでは消化が悪すぎる。もっと即効性のあるものが欲しい!
売店でコカコーラとファンタを買ってぐいっとひと飲み。ようやく震えが止まった。足のジンジンとした痛みも消えていった。
危ない危ない。いつもだったら、血糖値のことを考えて生ジュースを飲むようにしていたのだが、今日は何故か娘と同じものを飲んでしまった。
この飲み物が今はやりのカロリーオフ飲料。
いやはや、危うく救急車を呼ぶハメになっていたかもしれない。
現金なもので、その後はパーを重ね、なんとか41のパット数18。トータルで81のパット数35は、まあ、こんなもんだろう。
でも、娘の後半は43のパット数15。
「なんだ、もう少しで勝ってたんじゃん」
だと。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今使っているアイアンがフォーティーンのPC66Xというヤツなんだけど、別に、このアイアンを使っているからといってスコアが落ちるわけでもない。
このアイアンにはこのアイアンの良いところがあって、とにかくよく飛んでくれる。
9番アイアンでキャリー145ヤード。ランを含めて155ヤードと言ったところ。つまりまあ、150ヤードの距離だったら9番アイアンでバッチリな訳だ。
左方向に行くクセも、左半身で打つようにしたら簡単に治ってくれた。こうなると、ゴルフにはそんなに苦労することもない。
幾らドライバーが飛ばないからって、200ヤードは飛んでくれる。
370ヤードのミドルだったら、残り距離170ヤード。まあ7番アイアンで間に合ってしまう。
ちなみに、私が飛ばし屋な訳ではない、このクラブがストロングアイアンで飛ぶように出来ているのだ。
ストロングアイアンって言うのは凄いよ。7番アイアンなのに、まるで5番アイアンのようにロフトが立っている。
それでいて振り易さは…まあまあ7番アイアン並なのかな。
こんなに有難いクラブなのに何がそんなに気にくわないのか?
まあ、相性悪いんだろうなぁ。
ピンポイントで狙えない。左主導が実感できない。ヘッドの重みが感じられない。バランスが違う気がする。スウィートスポットを外す時がある。バランスの違いがドライバーにまで影響する。ラフに入ると切れ味が悪く手も足も出なくなる。
という事で、買ってまだ2ヶ月足らずなのにも関わらず、今秘かに買い換えを考えている。
まあ、試打もしないで買ってしまった自分が悪い。調子に乗って、どんなクラブでも振れるわ!なんて甚だしい勘違いがあった事も素直に反省。
今度こそ、きちんと試打をして、納得の上で買おうと思っている。
その新アイアンの候補が、元々最右翼だったフォーティーンのTC550。
そしてもう一つ、マルマンのマジェスティ・バンキッシュ新アイアン。

tc55002.jpg

iron_img_05.jpg
今、試打用を二木ゴルフに頼んでいるのだけど、さて、どうなる事やら。
ちなみに、最近全く練習に行かなくなったのは、この新アイアンPC66Xに体を慣れさせたくないからである。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


先日所用で仁別方面に向かった。
山の中なのであるが、炎天下、外気温は30度を軽く超えているというのに、何故かジョギングをしている人が多い。
ヒャーである。
自分だったら無理!この炎天下、恐らく100メートルも走ったら倒れてしまう。
汗ダラダラ、頭のてっぺんから爪先まで汗まみれになって体中から汗が噴き出してしまうだろう。
全く、アスリートというのは何を考えているのかさっぱり訳分からん。これはきっと、人種が違うんだな、と思うしかないのであるが、仁別からの帰り道となったら、炎天下を走るアスリートの数はますます増えていたから驚き。
う〜ん、この人達がゴルフをやったらきっと凄いだろうなぁ…と思ってしまった。
まかり間違っても、自分にはそんな体力はないのだが、ゴルフをやるんだったら、下半身の強化は必須だなぁと最近つくづく思う。
なんたって、1番ホールでのフォームが後半に入る頃にはまるで維持できない。下半身が言う事をきかなくなってしまうのだ。
少し涼しくなれば、もう少しまともになるとは思うのだけど、この夏場は、ハーフを終わったところでゴルフが嫌になってくるから困ったものだ。
昨日の男子のフジサンケイクラシックゴルフは、遼君が勝って、自分的には万々歳だったけど、まあ、特に薗田は嫌いなタイプなんで、ざまーみろって感じなんだけど、ほとほと感心したのは薗田の美しいフォーム。
鍛えられた強靱な下半身から繰り出す安定したフォームは素晴らしすぎ。
まあ、プロなんだから当然なのだろうけど、この炎天下、4日間歩きのプレイをして汗一つかかず、更にプレーオフに入ってもフォームに微塵の乱れもない薗田選手は凄すぎ。
既に完成されている感じで、いずれ日本の代表選手になる予感はビンビン。…それだけにムカつくんだけど(笑)。
一方、女子ゴルフの方は、こちらもプレーオフの末に飯島茜が今期2勝目。いやー、嬉しい。
実を言うと、男子は遼君と池田、片山、女子は飯島、藍ちゃん、福島が優勝してくれると嬉しいのです。
話を元に戻して、運動能力のない私は、炎天下のジョギングなんて全く想像外だけど、夜中のお散歩を再開。
お散歩だけなのに足腰がヒィヒィいうんです(笑)。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


一昨日は左主導のスウィングが功を奏して75というスコアが出た。
ただ、違和感はまだかなりある。
アイアンは左主導でOK。何の違和感もない。
ドライバーはアイアンの左主導にシンクロしてかなりの改善となった。真っ直ぐ、今までの不調が嘘のように飛距離の改善もされた。
左主導とはこんなに大切なものだったのか…と痛感。
ただ、それもフェアウェイウッドを使うことによって、あっという間にドライバーのバランスも崩れてしまった。
そう言えば、私の場合フェアウェイウッドの打ち方だけが違っていたのだった。
フェアウェイウッドだけは右打ちだった。
まあ、意味分からんだろうけど、これは練習場へ行ってきっちりと確認しながらフォームを固めないとどう仕様もない…けど、今練習場へ行って汗まみれになるのは嫌…まあ、つくづくアスリートじゃないのだ。
という事で、練習もなしに再び家族三人で日曜ゴルフ。
日曜ゴルフは、上さんの健康のためにも絶対に欠かしてはならない恒例となっている。
朝の7時30分の朝一スタート。
何でこんなに早いのかって言うと、今日はホームコースの月例がある日なので、その前に終わらせてしまおうという魂胆。
前半はさつきコースから。
よりにもよって、その一番から右方向に打ち出してしまって久々の林の中。
大トラブルなんだけど、実は、こういうトラブルショットは大の得意。
木と木が重なり合ってグリーンが狙えない状態だけど、5番アイアンで鋭く木の間を抜いてフェアウェイ。難なくボギースタート。
難なくボギーという言い方も変だけど、こちらは100叩きゴルフで良いと思っている。100というなら、全部ダボでも良いくらいだ。ボギーなら貯金みたいなもんだ。
ましてや今日はファミリーゴルフ、楽しいゴルフが前提でしょう。
そんな訳で前半はパー4つにダボ一つで42のパット数17。
今日はパットが悪い。真っ直ぐは打てるのだけど、微妙にラインが狂う。
で、後半はさくらコース。
1番こそラフに捕まってボギースタートとなってしまったが、2、3、4、5と4連続のパー。
おやおや、今日も70台になってしまうのか?
と思ったのだけど…ハッキリ言って今日は疲れた。この連日30度を超える猛暑の中、1週間で3度のゴルフなんてバカげている。
こっちはアスリートなんかじゃない。
疲れ切った。
元気なのは上さんくらい(笑)。ニッコニコしてゴルフを楽しんでいる。
娘と私はグタグタ。腰が痛い、太股も脹ら脛も悲鳴を上げている。
6番からはパーを取るのがやっとの状態。
もう、作戦を変えた。ボギーゴルフで良い。
という事で、後半は6番以降全てボギーにまとめて41のパット数15。トータルで83のパット数32。
まあ、一言で言って体力無し。体力がなければフォームも後半は崩れまくり。
ちなみに、上さんは後半49のパット数17で大喜び。拍手喝采。トータル102のパット数37で、もう少しで100切りだったのだ。
まあ、あのゴルフで102なのだったら、私が100をオーバーすることは一生なさそう。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


最近は、クラブを変えたことが大きな原因となって、どうにも調子の上がらない状態となってしまった。
何が問題って、ゴルフが面白くない。
先ず、ドライバーが飛ばない。
娘にさえ簡単にオーバードライブされてしまう日常は、面白いわけがない。現実には、ランを含めても200ヤード位なのだから、2打目に苦労してしまう。長い距離が残ってしまうのだ。
その2打目。
クラブを変えたことで、長い距離が難なく打てるようにはなった。9番アイアンで145ヤードなのだから、ドライバーの飛距離の無さは、このアイアンで大分カバーできてしまう。
それはそれで良いことなのだが、このアイアンは方向が定まらない。
昨日光明が見えたのだが、クラブのバランスが今までと違っているために、えらく重く感じてしまっていた。そのため、右手の腕力を必要以上に使うようになっていたらしい。
だから右手主導でスウィングが起こり、右肩が下がり、インパクトの瞬間、フェースが幾分被り、その分左方向に飛んで行ってしまう。
それを避けようと、幾分右方向を狙い、右手で押さえつけようとしたもんだから、右肘が暴れ出し、本来気にもしないはずの右肘が表面に出てきてしまうという悪循環。
そのアイアンの悪循環が、ドライバーにも影響し、右手主導の打ち方になってしまっていた…という事なのだろう。
じゃあ、どうすればいいの?という事になるのだけど、多分グリップを軽いものに変えることで解決してくれるんじゃないかと…まあ、ある程度はね。これで、ヘッドに重みを感じられるようになってくれればいいのだけど…どうなんだろうなぁ。
最近は、早くもマジェスティの新アイアン・ヴァンキッシュに興味が湧いている。但し、こちらは極端なグースネック。グースネックのアイアンなんて使った事もないし、かなり違和感を感じてしまうんだろうなぁ。
まあ、今度はちゃんと試打してから決めることは絶対だね(笑)。
なんにせよ、自由の利かないアイアンは使っていて面白くも何ともない。
飛ぶから、スコア的には何とかなるのだけど、面白くないゴルフというのは、やっていてもつまらない。
こんな状態だから、スコアはいつでも自信なし。
いつ100越えするんだろうと思ってゴルフに出掛けるのだけど、どういう訳か100どころか90を越えることもない。
不思議だ。
まあ、200ヤード程度のドライバーでOBは出ないし、しかもストレートボールだし、アイアンは150ヤード程度だったら9番で真っ直ぐだし、200ヤードでも5番ウッドで真っ直ぐだし、アプローチは天才的に上手いし、パターも2パット以内だし…となると、80台は当然と言えば当然なのかも。これで90以上叩くことがあったらアホなんだろう。
まあ、バックティでやったら確実に90以上になるのかも知れないけど、ドライバーの200ヤードでバックティはあり得ないわね。それこそ笑いもんだわ。
余談だけど、今日は左肩が痛い。全く、ヤワな体だ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日、突然首が回らなくなった。
首も痛いが、特に右肩が痛い。五十肩の痛みともかなり違う。
普通なら、朝起きて痛み出したとかいう風になるのだが、日中にドンドンと痛みが酷くなってしまった。
多分、これはゴルフのせいなのだろうと考えた。
推論なのだが、恐らくクラブが変わって右半身で打っている。

2010090313210000.jpg
最近ゴルフに行くと右手にマメが出来るようになってしまったのが不思議でならなかったのだが、自分の打球の軌道のおかしさを考えると、全てのつじつまが合うような気がする。
恐らく、右半身と右手主導で打つようになって、右肩がかなり下がって入っている。
そのため、インパクトの瞬間にフェースが被って入り、左方向に飛んで行ってしまう。
新アイアンは、前のアイアンと同じ重さなのだが、恐らくバランスがかなり違っている。そのため、左腕にヘッドの重さを感じられなく、かなり不満足な状態となってしまっていたのだ。
よーっし、だったら今日は左主導でやってやろう。どうせ、この右肩の痛みも逆療法だ。
という事で、雨の予報にも関わらず、急遽ゴルフへ行くこととなった。
今、ホームコースはかなりグチャグチャ。フェアウェイは、芝が枯れはげ上がっている。
フロントには、「タッチプレイでお願いします」と書かれてあったが、6インチ動かしたところでどうにかなるものではないので、どうせならという事でノータッチでやる事にした。まあ、練習場のマットで打っていると思えば、そう違いがあるわけでもない。

2010090313280000.jpg
前半はさくらコースから。
ドライバーでの第一打に我ながらビックリしてしまった。
飛んでいる。しかも真っ直ぐ。しかも、打球が驚くほど早い。
早くも左主導の効用らしいが、久々に芯を食っている。
課題のアイアンもバッチリ。ヘッドの重みを感じることは相変わらずないのだが、右手を優しく握るようにして左主導で打つと、これが真っ直ぐ。
絶好調!と言う感じで、5番まで全てパー。
久々にゴルフが楽しい。今日は強風が吹き荒れていたのだけど、そんなもの気にもならない。
6番では2オンし、長いパットだったのだけど、これがカップのフチで止まってしまった。でも、いいライン。パットも寄せも今日は人が変わったように抜群の冴えを見せる。
「あー、残念」と球に近づくと、なんと!ポロリと入ってしまった。
まあ、それだけ風が強いって事なのだろうけど、こんな事は自分のゴルフ人生初!でバーディ。
でも、これで逆に緊張してしまった。残り3ホールはパー一つのボギー二つで、37のパット数14。
たかが37なのだけど、今日はゴルフの質が違っている。
でも、前半戦の6番辺りからからは臀部に痛みが走り、その痛みが背中にまで来たことで、無理はしないことにした。
後半はつばきコース。
案の定、スウィングがブレだした。
これは予想の範囲内。後半のゴルフはスコアを気にせずに楽しむことにした。
パー、ボギー、ボギーと前半とは比べようもないゴルフ。
ここで雨が激しく降り出した。
4番のロングホール。ドライバーは芯を捕らえられなくなっているのだけど、フォロー風のおかげで飛んでくれた。
第2打も風のおかげで軽く3オンをしパー。
ここで前に4人組の、しかも歩きのパーティを発見。
雨が激しく降り、風が強く、前には4人組、気持ちも萎えるのだが、なんと、前のパーティが「お先にどうぞ」と言ってくれた!
ラッキー!
これはやるしかない!がんばんべー!
という事で俄然やる気が復活!
怒濤のパー攻撃で、残り6ホールを全てパー。
終わってみれば、後半は38のパット数14。
トータルで75のパット数28と言う立派な成績。
左打ち大正解!とは言ってもね、後半はぐたぐた。
足腰ボロボロで、右打ちに逆戻りしていたし、結局最後には右手にマメできていたし。
まあ、でもきっかけは掴んだかな?
この間の男鹿は、何で78なのか訳分からないくらいだったけど、今日は、自信満々、堂々の75だ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


4日前、突然自分が善人であり続けることに嫌気がさしてしまった。
爆発し、罵り、罵倒し、取り返しのつかないことをしてしまった。
まあ、それも人生だ。自分の言動に責任だけは持ち続けようと思う。
人に期待してはならない。期待した分だけ馬鹿をみる。
 
その時、人生で初めてと言っていいくらいのバカ現象が起こった。
何も考えられないのである。一つ結論が出て、次のステージへと考えを移行すると、前のステージの考えを忘れてしまう。
なるほど、バカとはこうしたものなのか、と合点。
まるで頭の上にやかんを抱えているようなものなのだが、これは大変だ。ところが、これに慣れてくるともっと厄介なことが起きる。
思いつきが、そのまま言動となるらしい。
思いついて、それを元にして次のステージへと思考が移動できないのだから、思いつきこそが自分の思考と言う事になってしまうらしい。
なんとも厄介な頭だ。
世間では民主党の頭選びが賑やかだ。
まあ、どっちもどっち。
負い目のないヤツは自分の人品を問うことなくネガティブキャンペーンをやってくれるし、負い目のあるヤツは、なんとも歯切れが悪い。
普通なら、小沢の負け戦である。
それでも戦いに挑むというのは、ある意味清々しく天晴れ。
まあ、別に褒めちゃあいない。
疑問なのは、小沢って言うのは、世間で言うほどの強腕なのだろうか?
どうにもそうは見えなくて困っている。本当に強腕なのなら、存分に強腕ぶりを発揮して欲しい。
世間に媚びヘツラウような首相にだけは絶対になって欲しくない。
管はなぁ、頭の上に常に湯たんぽ抱えているようなもんだ。
幾らネガティブキャンペーンか知らないが、あの人品の落とし方は、自分のことを棚に上げ過ぎ。
とは言っても、どっちもどっち。
互いの政策論争を聞いていると、日本の現状を打開するのはこの二人じゃないなって気がしてしまう。
もっと、世界の中の日本の経済ビジョンと政治ビジョンを掲げて欲しい。
どういう日本にしたいの?



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】