50才からのgolfTOP 50才からのgolfTOP

秋田プレミアムあっぷる 秋田ポータルサイト



人気ランキングに参加しております。読む前にクリックお願いします!
↓↓↓


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


第269話 今年中にアンダーで。

CIMG0644.jpg昨日は松茸尽くしの夕餉。やはり国内産の松茸は良い。とにかく香りが良い。
2本は松茸ご飯にし、1本は土瓶蒸し。でも、松茸ご飯に2本では少し物足りなかった。
一膳目は松茸がいっぱい入っていたのだけど、二膳目には松茸が殆ど入っていなかったので少し不満。勢い余って、珍しく三杯目のお代わりとなってしまった(笑)。
松茸ご飯を食べると、やー、秋が来た!って感じがする。
もう一つ、我が家の庭にあるキンモクセイの香りが秋の訪れを毎年報告してくれる。
キンモクセイは、元々東京の方の木で、北限が福島辺りまで。
秋田で花を咲かすのは無理だろうと思っていたが、大事に大事に育てたため毎年花を咲かせ、あの独特の甘い香りを周囲に漂わせてくれている。今年は特に、夏が東京並に暑かったせいか花が多い様だ。
対して残念なのがモクレンの木。念願叶って大きなモクレンの木を植樹したのだが、この夏の暑さで葉が殆ど枯れてしまった。もしかしたら危ないのかも知れない…って言うか、今までの経験上は殆ど無理。また植え替える事になってしまうのだろう。大きいモクレンはダメなのか…もう少し小ぶりなものになってしまうんだろうな。
さて、昨日3時間も山歩きをしたら、不思議な事に肩の痛みがすーっと取れてしまった。少し体調が良くなった様な気がする。血糖値も大分良くなってきている。やはり運動するに越した事はないなと実感するのだが、多分に禁煙効果もあるのかも知れない。
午後になってからゴルフの練習に久々に出かけたのだけど、2〜30球も打ったところで足腰ががくがく。かなり疲れている。
そんな中、思うところあって古いレガシー(ロフト10・5度)を取り出して打ってみると、これがなかなか良い働き。一時は、鉛を2カ所も張ってあるので振り難くて使用を止めていたのだけど、難なくスムーズに振れている。
距離も出ているし、何よりも方向性がバツグン。
その後、今の自分の使用クラブ(レガシーエアロ、ロフト10・5度)でも打ってみると、これがなんだかおかしい。マジで7番ウッドよりも飛ばないのだから呆れるやら笑ってしまうやら。
もしかすると、アイアン同様ドライバーも重さに大きく関係するのかも知れない。
シャフトを取り替えるなりグリップラバーをもっと重い物にするなりの処理が必要かも知れない。
軽いクラブだからといって振りやすい訳ではなさそうだというのが、アイアンであれほど苦労してしまった私の感想だ。
ところで、笑ってしまうのがこのゴルフブログのブログ村での順位。どんどん落ち続けて、今では11位!ん…人気無いのね。それでいて、記事別の人気では、ベスト10に4個も入っているという状態。
でもまあ、最早老いらくのゴルフとなってしまったのは紛れもない事実。こんなよたよたしたゴルフなんかに世間は関心を示してはくれないのだろう。しょうもない。当人は、早いとこシルバーティでやりたいと思っているくらいだ(笑)。
ただその前に、アンダパーで回っておきたいし、ホールイン1もやっておきたい。エージシュートはまだまだ当分無理そうだから、先ずはこの二つが目標。
どちらも近々何とかなりそうな気がする…と、当人は図々しく思っているんだけど。
 


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。





プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア








このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このブログ記事について

このページは2010年10月 2日 14:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第268話 ゴルフより疲れる3時間のお散歩。」です。

次のブログ記事は「第270話 速っ!高速グリーン。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】