50才からのgolfTOP 50才からのgolfTOP

秋田プレミアムあっぷる 秋田ポータルサイト



人気ランキングに参加しております。読む前にクリックお願いします!
↓↓↓


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


第277話 ドライバー160ヤードで轟沈。

今日は朝から不愉快な事が。
銀行にお金をおろしに行くと、本人の免許証が必要だと言われたそうな。自分は車で待っていたのだけど、やれやれまたか…と、珍しく銀行の中に入った。
一応説明しておくと、自分が銀行に直接行く事は殆ど全くと言っていいほどない。だから、自分が銀行に顔を見せに行くというのは大サービスのつもり。
「はい、当人が来ましたよ。これでイイでしょ」と帰ろうとしたら、なんとなんと、それでも免許証のコピーが欲しいという。
おいおい、この銀行は自分の金をおろすのも自由に出来ないのか!?
少し、イラッと来た。
そしたら窓口で応対していた男性行員に続いて支店長までやって来た。
おいおい、またまたイライラするぞー。
「自分で預けた金を自分でおろす事も出来ないのか!」
まあ、爆発。
そうすると、支店長は「先ず応接室へ」と…。
そんなにヒマじゃないんだけど、窓口であれやこれやと騒いでも始まらない。2人ともかしこまって恐縮しているし、ココは2人の顔を立ててやる事にした。
とまあ、つまんない事で時間が掛かってしまって、しかもイラついている。
金融庁のお達しでそうなったらしいが、たかだかの金額で免許証だの自筆のサインだの、まるで犯罪者にでもなった気分だ。銀行に金を預けるのも考え物だな、とも思ったのだが、自宅に金を置くのは危険すぎる。やはり、お金をただで預かってくれて、おまけに少しばかりの利息を付けてくれる銀行という存在はありがたい。
でもイラッ。
という事で、イライラ解消のためにゴルフに行く事にした。
全くこの忙しい時に、ゴルフなんかしてるヒマないでしょう。おまけに、月曜日にゴルフしたばかりで、昨日は練習に行って、今日もゴルフなんて3日連チャンだ。
おいおい、困ったヤツだ。お前は本当に心臓病なのか?と言いたくなってしまうけど、薬が効いてきてるせいか、最近は余り痛まない。痛まないというよりか、危険な痛みにはならない…ような気がする。
もしかしたら、このまま治ってしまう?いやいや、それはない。あの心臓の大きくて太い血管が塞がっている状態なのだ。しかも4本も。
それに入院日も手術日も決まっている。今更逃げる訳にもいかないだろう。
で、今日のゴルフは最悪の結果。
前半のつばきコースは41のパット数18。後半のさくらコースは47のパット数20。トータル88のパット数38は恐らく今期最低スコアかも。
何でこんな事になってしまったかというと、前半つばきコースでは早々に前の組に追いついてしまった。
4人組の歩き。その中に、恐らくコースを回るのは今日が初めてという若者が入っていた。
この若者がちんたらと歩く。待ち時間の間に1人ボールを打って遊んでは走り回る。ティーショットはドライバーではなくフェアウェイウッドで、左肘を折りながらのショットで、確実にスライスで隣のコースへ。キャディさんがその都度「ファー!」と叫ぶ。
無理矢理参加させられたのか、ちんたらちんたら、でもミスショットをするとしばらくその場で悩む。
2打目以降は、隣のコースを渡り歩くので、どんなゴルフになっているのかは分からないが、それほど酷いゴルファーのいる組を、なんと!その前の組は更に待たせる!と言うから、なんともスゴイ状態なのであった。
日曜ゴルフより酷い状態。
それにしても今日はこんでいる。そして女性が多い。
隣のコースを見ていると、超ミニスカートをはいたロングへアーの子がしゃなりとゴルフをしている。まあ、目の保養にはなるのかな。
まあ、とにかく待たせられないショットはない!
あげく、こちらのゴルフも意味不明なほど難儀なゴルフ。
まあマスコアがまとまっているのはアイアンのおかげ。アイアンが好調でどうにかなってしまうのだけど、パターがいけない。まあ、秋の椿台CCのパターはやたら難しい。
当たり前の事なのだけど、下りはどこまでも転がっていってしまう。かと思えば、上りはショート!下りをさわりと打ってもオーバー。こんのやろー!と上りを打てば大オーバーで、その返しも大オーバー。
でもまあ、アイアンのおかげで前半は41。兄ちゃんがいなければ30台だったとぼやきも出る。
本格的におかしくなったのは後半のさくらコース。
今日は初めからおかしかったのだけど、下半身の体重移動が上手くいかない。
後半になって、それが本格的におかしくなり始めた。
ドライバー開眼!なんて言ったけど、やはりゴルフは難しい。
何がおかしいって、下半身の体重移動とダウンスウィングがほぼ同時に始まってしまう。
あれ?あんなに上手くいってたのに…この手には、あの時の感覚が確かに残っているぞ…と思うのだが、どうにも言う事を聞いてくれない。
で、今日は新たな感覚。
下半身と上半身が同時スタートすると、ドライバーは160ヤードしか飛ばない!
もう、こうなると笑うしかない。だって、下半身がどうにもならないのだ。慌てるな!って言ってるのに、上半身は我慢もこらえようもなく勝手に動きやがる。
あのね、ドライバー160ヤードって、ゴルフにならないのよ。
やむなく3オンゴルフ。
でもパターが入らない。ダボを3つも叩いて轟沈!!!
最後は精も根も尽きた。アホクサ。ゴルフの才能まるでナシ。運動神経まるでナシ。
でも、アイアンだけは良かったんだけどね。どうでもいいか。


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。





プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア








このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このブログ記事について

このページは2010年10月13日 22:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第276話 開眼の感触は残っているけど...。」です。

次のブログ記事は「第278話 そろそろ老いのゴルフなのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】