2010年12月アーカイブ

秋田は昨日から雪になった。
つくづく一昨日のうちに実家に行っておいて良かった。何が良かったって、おばあちゃんが氷止めを解除している事を娘が発見した事。あの時発見してなかったら大変な事になっていた。…まあ、この冬の間に何かは起こるんだろうけど。
そして昨日は少し鬱状態になってしまった。
病院の待合室にいると、おばさんが「2時間待って診察時間は3分だ!」とかなり不満そうな顔をして出てきた。
まあ、大病院はそんなもんだ。私にしたって、朝の9時に家を出てきて、昼の12時を過ぎた今、ようやく診察になりそうである。
しかも、私の診察は、診察してもらっただけで1万円以上もかかる仕組みになっているのだ。別に、医者に懇切丁寧に教えてもらったところで、何かが変わるわけでもない。いつもの薬をもらうだけなのだが、診察をしない事には、その薬ももらえないようになっている。
ようやく始まった診察で、先生は訳の分からない事を言い出した。
どうやら薬を変えてみようという事らしいのだが、
「7.0はそんなに悪い数字じゃないですよね」
「そうなんだけど、合併症が起こっている患者にとって、7.0が良い数字かというと良いわけでは決してない」
それはそうかも知れない。それは分かるのだが、医者の要求はきりがない。
薬漬けの体にして、あの数字、この数字とクリアすると、今度はこの数字だ、と言う。
最近は、真面目に薬を飲んでいる。その薬の副作用も出ている。2万円も出して2ヶ月分買って、3日で副作用で使い物にならなくなっている現状。
まあ、いいんだけどね。
そうこうしている内に歯医者の予約の時間が迫った。病院の計算書も受け取っていないのだが、それは社員に来てもらう事にして歯医者へと急いだ。
道路は雪道でガッチガチである。約束でもなければ運転などしたくはない。途中、車が派手に横転している現場を通り過ぎて、電話で社員には運転に気をつけるよう指示を出した。
約束の時間に遅れても良い。決して慌てるな、と。
案の定、自分の歯医者の予約時間は15分位も過ぎていた。
どういう訳か、その日の治療時間は異常に長く、終わったのは5時過ぎ。
いつもなら30分で家に着く距離なのだが、外はなんとも異常なかちんこちん。のろのろ運転で、着いたのは真っ暗になった6時過ぎ。
やれやれ、朝の9時に家を出て病院に行って、帰ってきたのは暗くなった6時過ぎ。
これでは憂鬱にもなる。
社長業をやっているからこんな事が許されるけど、普通のサラリーマンだったら、とてもとても申し訳なくって勤めていられるもんじゃない。
幸なのか不幸なのか。鬱鬱としてしまう。
こんな時、新事業の案件が本決まりとなりそうな雰囲気だ。
娘はやりたがっている。
良いのか本当に?…ちょっと鬱。
やるからには本気でやらなければならない。相当な資金が掛かってしまう。
こんな体で良いのか本当に?
まあ、置き土産と考えたら、体の動く内の今が最後のチャンスなのかも知れない。
やるとするか。
あー、めんど。
こんな経営者あるもんじゃないな(笑)。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


本日23日は、全国的にはなんかの祝日でお休みらしいけど、ウチらはお仕事。
でも、午前の10時頃から3時間ぐらいは時間があけられるので、男鹿にあるボンヌさんというケーキ屋さんに向かった。ここのフルーツがいっぱいのクリスマスケーキが美味しい。2段重ねで色とりどりのフルーツがいっぱいのケーキで、8号サイズという大きさ。
今日はそのケーキを予約してある。
自宅から1時間位もかけてそこのケーキを受け取り、30分弱もかかる実家へと向かった。一足早くおばあちゃんとクリスマスをやるためなのだけど、生憎とおばあちゃんはいなくて養老院に言っているようだ。
休日はディサービスは止めて下さいとお願いしてあるのだが、まあ、文句は言うまい。
あまり時間はなくて気は焦るのだけど、自宅から2分位も掛かる養老院へと迎えに行き、ようやっとクリスマスだ。
豪華な豪華な2段重ねのフルーツいっぱいの大きなクリスマスケーキが登場すると、おばあちゃんの顔はパッと輝いた。

20101223111600.jpg
そう、おばあちゃんは甘い物、特にケーキが大好きなのだ。
今日は、この豪華なケーキにチョコレートフォンデュを用意した。
多分、と言うか確実にチョコレートフォンデュなんてものは見た事もないだろう。
我々でも楽しみだ。
さあ、チョコレートを砕いてチョコレートフォンデュの準備…でも、おばあちゃんは、とても珍しい事なのだが、待ちきれずにケーキのつまみ食い(笑)。よほど好きなんだろうと思う。
準備もできて、ケーキは4等分。かなり大きめなサイズなのだけど、おばあちゃんはぺろりと一番早くに食べ終えた。
こちらはまだ半分位も残っているのにだ。そのこと自体オドロキだったのだけど、私の分をあげると、何と、それもぺろりと食べてしまった。
確かに美味しいケーキなんだけど、それにしても凄い食欲だ。
とても慌ただしいんだけど、仕事があるので1時過ぎには帰らねばならない。夕飯用のお弁当を買って、さあー、帰ろう…と玄関に向かうと、「ぽちゃ!」と水の音。
えっ!?水は氷止めしているはず。
確認すると水がジャアージャアーと。ダメだこりゃあ。
アルツハイマーなのに氷止めの解除の仕方は覚えていやがる。そして、氷止めをする事は忘れやがる。
ん…この前、一体何しに往復2時間もかけて雪の中ここに来たんだか。
まあ、何やっても無駄って事なのね。
無駄と言えば、私のゴルフ。
なんとも無駄なゴルフだ。
先日はせっかく佐藤先生に教えて戴いたのに、翌日には体が忘れてしまっていた。
頭ではしっかりと理解しているのだが、体がぎっこんばったんしてしまってうまくいかない。
「誰でも230ヤードは飛ぶんです」
その言葉だけを信じてやるしかないのだけど、先生の教えの総てを受け入れる事は、6年間の私の総てを否定する事にもなりかねない。
その事を、私の頭よりも体の方が知っていて拒絶しているような気もする。
なんて言うと、随分カッコイイのだけど、他人の話を聞くのが下手な人の論理は大体こんなモン。
下手くそのクセしやがって言う事を聞こうとしない。
なんやかんやとつべこべと自分の都合を言いやがる。
曰く、「だって運動神経違うし」「だって、あなたじゃないし」「頭も違えば、経験も違うし」。まあ、言い分は色々あるだろうけど、佐藤先生の体格は、ぱっと見、常人とそう違いがあるわけではなさそうだ。
腕相撲では負けるかも知れないけど、相撲だったら勝てそうだ。
先生が、あんなに軽く振ってあんなに飛ぶのだったら、それはいつか自分もそうなりそうだ。
おまけに、この先年老いたとしてもできそうな理論だ。
もう一つ、そのドライバーの理論は、まさに私のアイアンの打ち方そのもの。
アイアンで1/4の横振りを意識する事はあまりないのである。
どうにかなるのかも知れない。
でもなあ、6年かも自己流でやって来て、シングルにまでなって、今更!?
いやいや…まあ、当然葛藤はするわね。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


ここのところ毎日のように練習に行くようにしている。
練習をサボっていた為に、あちらこちらの筋肉が落ちてしまっていて、節々が痛い。おまけに飛ばない。
昨日の夜も、アイアンの調子は大分戻ったのであるが、それでも飛距離は一時と比べると1クラブ分位も落ちている。
ただ、真っ直ぐだし、打感はいいし、球筋も悪くはない…ので満足。
問題はドライバー。
娘と二人、ぶつぶつ言いながらドライバーを打っていると、
「毎日精が出ますね」
と言う御仁が。
振り向くとそこには、あの有名な佐藤春夫先生が。もちろん面識などあるはずもないのだが、同じ練習場で教室を開いている事から、よく見かける程度。
大体、こちらは前にも書いた事があるのだけど、大のティーチングプロ嫌い。
でも、先生は色々と話しかけてくる。
多分、私のドライバーの惨状を見て、見るに見かねての親切心なのだろうと思うのだが、即席的に先生の指導が始まった。頼んではいない(笑)。
先生が教えようとしたのは、三角形の原理。
アドレス時に、肩からボールに結ぶ真っ直ぐの線と、グリップから真っ直ぐに伸びるクラブの先にあるボールとの線。
この二つの線で作る三角形が大きければ大きいほどボールは飛ぶのだという。
へー。そうだったのか。そりゃあ注意したくもなるはずだ。
私と言えば、アイアンは確かにそう言う角度になるのだけど、ドライバーだけは真っ直ぐ。腕をピーンと伸ばして真っ直ぐ。
つまりは、三角形にはならず、肩からの線と被さって一本の線のようになる事がしばしば。
インパクトの瞬間、両腕が真っ直ぐに!と言うならば、アドレス時にそのインパクト型を作った方が良いだろうと考えたのだが、それは間違いだと指摘されたのである。
まあ、初めて話しをする他人に、あなた、その打ち方は間違ってますよ、とも言えずに、回りくどく説明してくれたのだと思うのだけど、まあ、これで長年の疑問は解消した…のだけど、その後も佐藤先生の解説は続く。
本当かどうかは分からないが、目の覚めるようなお話だ。
ゴルフのスウィングって言うのは、縦振りと横振りの二つで形成されているのだけど、基本的には、縦振りだけで十分230ヤードは飛ぶんだそうである。…誰でも。
横振り部分は、実際には1/4程度しかなく、飛ばす事にさほどの意味はないのだという。
トップに持っていったら、先ずはダウンスウィング。腰の辺までダウンスウィング。それまで右腰が動いてはいけない!そこから横の動きとなってインパクト!
ここで疑問。
「あれ?先生、今時の理論って、殆ど、ダウンスウィングが始まる前に体重移動が始まってますよね。石川遼君なんか明らかにダウンスウィングから始まってますよね」
「そんな必要はないんです。インパクト時に体重移動が起こっていればOKなんです」
な〜んだ、それなら簡単だ。運動神経のない人間にとって、体重移動を先に起こして、それからダウンスウィングというのが甚だ難しいんだけど、それを考えないで良いというなら楽なもんだ。
その後も解説は延々と続いて、まあ寒くて寒くて、おまけに言っている事の9割は分からないんだけど(笑)、
先生の理論は、今時のゴルフ雑誌に書かれている事の理論とはまるで別物!
例えば、ドライバーで打った時にボールが一番飛ぶインパクトというのは、ボールが8ミリ潰れる状態なのだという。それ以上潰れたらボールは飛ばなくなるのだそう。
実際に、それはプロの世界の事でHSが50を越えるレベルの人達の事で、一般の人には合うはずもないという。だから、石川遼君が普通に打ったら、ボールは潰れすぎて飛ばなくなってしまう。そのため、力を逃す為にクラブヘッドが最下点から上がってくるところでインパクトを迎える必要があるんだとか。
まあ、一通りのレクチャーを受けて、「じゃあ、打ってみて下さい」となった訳だけど、これがねぇ…嫌なのよ。教えられた通りに出来るのならいくらでも教えてもらうんだけど、それが出来る運動神経を持ち合わせていない。
ところが、できてしまった。
ホッと胸をなで下ろしたのだけど、さあー、これからが大変。
私はこれから何を信じてゴルフをやっていけばいいのだろう?
確かに、ゴルフ雑誌に書かれている事は、プロ感覚のものがあるかと思えば、100レベルとか90レベルのものが混在していて、参考にしてはならないのだなぁとは思うようになってはいるけど、佐藤先生の理論は今までのものとはまるで違うもの。
困ったもんだ。
でも、まるで力みもなく230ヤード軽く飛ばされるのを目の当たりにすると、羨ましくもある。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


大分以前に風邪のウィルスが見えるというオカルト的な話を書いた。
まあ、信じて戴かなくても結構なのだが、心臓の手術前にこの状態を改善する必要があった。
そこで、意識的にウィルスに体を晒すようにした結果、大分ウィルスへの耐性が出来た。
そして心臓の手術を迎えた訳なんだけど、不思議な事に、退院してからというものウィルスが見えない体になってしまっていた。
まあ、普通になったという事で喜ばしい限りなのだが、問題は、私も娘もほぼ同時に見えなくなったものだから、ウィルスに晒される機会がぐーんと増えてしまって、逃げようにも逃げ場もなく,逃げ場も分からず、よく風邪を引くようになってしまった。
まず、上さんは元々、年がら年中風邪を引いている状態。そして娘がよく風邪をうつされてくるようになってしまって、昨日はとうとうダウン!驚いた事に、前日の夜の9時頃から眠りに入って、お昼を過ぎても目が覚めず、死んでいるのかと心配して覗きに行った位。
こちらは12時ちょうどに田舎の年老いた母親の元へと向かった。
寒さが強くなって心配である。特に、トイレの氷止めをしてないのでどうなっているかが心配。去年は、このトイレの水道管が破裂して大変な事になったのだ。
「もしかしたら、トイレの水道管破裂しているかもなあ。覚悟した方がいいよ」
そう言って出かけたのだけど、この車中が大変。
何故って、上さんの持っているウィルスは、頭は痛くなるわ、喉は痛くはなるわ、鼻づまりはするわで、そんなウィルスキャリアと往復2時間も車中という密室に一緒にいるのはかなり辛い。
いくら、ウィルスの耐性が出来てきた体になったと言っても、これではうつらない訳がない。
去年までであれば、こんな体で年老いた母親に会いに行く事など絶対になかった。なぜなら、ウィルスをうつすに行くようなものだから。
でも、今は見えなくなってしまっている。
母親はもう、完璧アルツハイマーという診断が出た。アルツハイマーならアルツハイマーでかえって分かりやすい。そう言うものだと思って付き合えばいいだけの事だ。
何か覚えてくれたのなら、思いっきり褒めてあげよう。
着いてみると、何と!驚いた事にエアコンの電気がついていて、お部屋は意外な程暖かい!
思いっきり褒めてあげると、嬉しそうな顔をする。
心配したトイレも凍ってはいない。やれやれ一安心だ。
何かと世話をして家路についたのが4時過ぎだったのだけど、ふと、「おばあちゃん咳してたよな。風邪薬買ってあげて飲ませた方が良くないか?」と、急遽薬局を探して、買い求め、信号待ちをしていると…驚いた事に、そこにおばあちゃんがいる!はあー!?なんで?
声をかけると、更に驚いた事に、こちらに向かってくる!えー!赤信号!
「来るなー!」思わず叫んで危機一髪!
まあ、無事で何よりだったけど、何を考えてここまでやって来たのか?不思議な事もあるものだ。
風邪薬を飲ませて、娘に電話してみると、こちらはまだ寝ていた。
こちらもオドロキ。一体何時間寝れば気が済むのやら。既に、19時間は寝ている勘定になる。
家に辿り着くと、娘はまだ寝ていた。既に20時間も寝ている。
まあまあ、みんな疲れている。
そんな日曜日。ゴルフの練習に行こうかと想っていたけど、とてもそんな気にもなれず、もちろん夜のお散歩も出来ず、そう言えば、日曜日には、新規事業をする為に、現地に市場調査に行く予定もあったのだけど、それも出来ずじまい。
市場調査もしてないのに、明日には東京からのお客様と会ってお話をしなければならない。
こんな事でいいのだろうか?
良いわけないけど、どこかで帳尻を合わせないといけないんだろう。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 久々に新人クンを誘って練習に出かけた。

前日にも練習に行ったから、珍しく2日連続での練習である。
結構体が辛い。以前は毎日練習していたので辛いという事はなかったのだが、最近はあまり体を鍛えていないので、1日練習しただけで、体のあちらこちらが筋肉痛になってしまう。
まあ、もう少し練習しないとね。
私のゴルフは、娘の「I」字型のフォームというアドバイスのおかげで大分良くなってしまった。
スッパンスッパーンと気持ちよく飛んで行ってくれる。方向性もバツグンのものがある。
ところが…途中から妙な違和感を感じ始めた。
その違和感とは、アイアンのネック形状の問題。
新しく揃えた新アイアンのvanquishu vrは見事なグースネック。このグースネックのおかげでまっすぐ飛んでくれていたのだが…古くからのアイアンがあって、PW、SW、52度のAWなんだけど、こちらの方はノーマルなネック。
つまり、私のバッグには2種類のものが混在しているのだが、この2種類を使いこなすというのは、どうにも微妙…。
vanquishu vrが絶好調になればなるほどノーマルなフォーティーンのアイアンが合わなくなってくる。
ノーマルなフォーティーンのアイアンに合わせると、今度はvanquishu vrのグースネックが合わなくなってくる。
これって、実践で使い分けるのは無理だろう?
困ったもんだ。
実践で残り30ヤード位でピンを狙っていけるクラブとしては、どうしてもノーマルなネックのフォーティーンのPWを使いたいのだが…。
でも、無理だなあ。
ドライバーは、本当に芯に当たるようになってきた。これも娘様々のおかげである。
さて、娘はガンガン打ってるし、上さんもガンガン打っている、その前で新人クンは『考える人』をやっている。一向に打とうとしない。
「おいおい、打ちに来たんだから打とうよ」
と声をかけたらようやく第一打!
これが見事などスライス。
まあスライスが出るようになっただけで成長なのだけど、こんなに下手くそなヤツも珍しい。
とにかく当たらないのだ。ドライバーなんて1メートルも前の地面をバーン!跳ね返されて、なんとかかんとか奇跡的にボールに触ってあらぬ方向に飛んで行く。まあ、とっても危険人物なのだ。
しかも、そんな当たり損ないなのに、もの凄いパワー!強烈な打球が飛んでいく。とは言っても100%OB!
教えようにも言う通りにやってくれないもんだから教えようもない。せめて当たってくれさえすればあれやこれやとアドバイスも可能なのだろうけど、いかんせん当たる方が珍しいのだからどうにもならない。
私は放っておいたのだけど、娘は見るに見かねて色んなアドバイスを送り始めた。
でも、どうにもならない。
一つ教えるとどうにかなるのだけど、二つ教えると一つ目を忘れる。
三つ目を教えると総てを忘れてしまう(爆笑)。
なんだか、それはそれで凄いヤツだ。
今朝になって、その彼の無様なゴルフの話題になって、試しに一度もゴルフをした事のない女性社員にゴルフスウィングをさせてみると…これがなんとも素晴らしい!(彼女は元々素晴らしい運動神経をしている)
スムーズな体重移動が出来ているし、ほぼ完璧なフィニッシュ!
まあ、出来る人は初めから出来るんだな…と。
その彼女のスウィングの後、「ほれ、お前もやってみろ」…と、やらせてみると、なんと!彼女の真似をしてスウィングが別人のようによくなりやがった!?
おんまえなぁー!?
今までの我々の苦労は一体何だったの?って言いたいところだけど、練習場へ行ったら、また元に戻っているような不安が、しないでもないな。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 朝の8時半から病院に行ってお昼頃に帰ってきた。
全く、総合病院というのは時間が掛かる。
そういえば、昨日もインプラントの治療で歯医者。そして今日も病院。
24日にはまた歯医者。27日には、糖尿病の為またまた病院。
普通のサラリーマンだったら勤まらないな。とっくにクビになっている。
好きで病院に行っている訳ではない。うんざりだ。大体、病院に行けば病人ばかり(私も含めて)。病人のいるところに風邪菌はうようよいて、いるだけで病人になってしまう。
薬をちゃんと飲んでいるせいか、コレステロールの数値は100を切り80台になったようで良かったのだが…医者は難しい顔をして新たな要求をし出した。
「悪玉コレステロールは減ったんですが善玉コレステロールは増えてないんですよ」
「それはいつもの事です。増える方法ってあるんですか?」
「それはないんですけど…」
増える方法がない物をどうする事も出来ないではないか。…と思うのだが、善玉コレステロールが増えてこないと危険なんだそうである。
という事で、薬に青魚の油から取ったというサプリメントが増えた。
はー、また薬が増えるのか。
これもうんざりである。
糖尿病の薬と心臓の薬と歯医者の薬と…一体、私の体は大丈夫なのだろうか?
診察を終えて薬局へ行くと、薬の代金は2万円以上!?
心臓病の為の薬だけで2万円…これに糖尿病の薬が同じ位で、こんな薬代金、年金生活にでもなったら払っていけるのだろうか?憂鬱な気分になってしまった。
ところで昨日、久々に家族三人揃ってゴルフの練習に出かけた。
私の事もあるのだが、上さんの健康が少し気がかり。体を動かすべきと。
昨日は久々に、心臓の事を考えないで思いっきり振る事にした。どうもコントロールショットというのは性に合わない。
娘からのアドバイス「お父さんのフォームは、いい時は後ろから見ると、綺麗な『I』の字になっていた」と言う事を念頭に、ダウンスウィングでぶれないように注意して、下半身をどっしり構えて打つと、まあ、これがいい感じ。
80球位も打って、アイアンはほぼ完璧な状態に戻った。飛距離が1番手位も落ちているのは、これはまあ、練習不足による筋力不足。
練習不足による筋力不足の影響が一番に出てしまうのはドライバーで、どうしてもHSが劣っている分だけ振り遅れ状態になってしまっている。
まあ、それでもインパクト痕が、殆どフェースの中心に集まりだしたのは、娘のアドバイスのおかげ。
これからは、また練習する事にしよう。散歩もするようにしよう。




にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 一面真っ白の銀世界だ。

幾ら北国の雪国と言っても、秋田の12月でこの雪景色は珍しい。

もうゴルフは完璧無理。かえって覚悟が出来たというか割り切れた。

この雪の間にゴルフの練習をして体を鍛えよう。

それにしても、この雪景色を見ると田舎に住む年老いた母親の事を心配してしまう。

失敗した。冬の暖房を色々考えたつもりであったが、ふと思いついてしまった。

我が家と同じ暖房設備にしたら良いではないか。我が家と同じ物であれば24時間切れることなく暖かで、安全である。

失敗した。

こう雪が深くなってからではもう工事もできやしない。

我が家の隣に家を一軒建てるよりはずーっとマシ。安上がりだった。

取り敢えず、水道は凍っていないだろうか?

こちらも、この年になってしまうと、雪の車の運転は危険なのである。

雪のない國がいいなぁ…。




にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 本来日曜日はゴルフ。
のはずなのだが、仕事も忙しい、ゴルフをするべきか仕事をするべきか、迷ったまま目が覚めると、天の采配か、外は一面真っ白!
悩む必要がなくなった。
おかげで、朝から今まで仕事漬け。おかげで予定通り仕上がった。
さぁ、テレビでも見てゆっくり日曜日をしよう。
只今夜の9時ちょっと前。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


練習に行けばすぐに直るだろうに…なかなか行く気が起こらない。
行かなきゃ直らないだろうに…なかなか行く気が起こらない。
最近やる気ないなぁー。って、走っちゃいけないし、老いる一方のこの体、どうやって付き合っていったらよいのか見当もつかない。こんな体になる前に、もっとゴルフが上手くなっていれば対処方法もあったろうに、どう老いと対応したらよいのかが分からない。
でも、先日、ウチらの前を回っていた4人組のおじさん達は飛ばしてたなあ。230ヤード位から260ヤード位まで、あれくらい飛ぶとゴルフも楽なんだけど。まあ、OBもよく出ていたけど、こちらはOBにもなってくれないほどみみっちい飛び。情けない。
あのおじさん達は、自分よりちょっと上くらいの年代。
自分にまた260ヤードの飛距離が戻ることなんてあるのだろうか?あるとすれば来年がラストチャンスの年齢位…かな。
クソー、そう考えるとちょっと頑張らねばいけない気分になってくる、のだけど、最近は練習場へ行くのが面倒だ。
まあ、今日は徹夜してるしね、明日にしておこう♪
これからまだ仕事あるしね。
頑張っている訳ではありません。サボったから仕事が立て込んでしまっているのです。
そう、自分が悪い。
でも、いい事も♪
昨日アイスキャンディのガリガリ君が生まれて初めて当たった。
ガリガリ君は、上さんが好きで最近よく食べていたのだけど、「当たんないねぇ」「そりゃあそうだ。きっとコンビニのガリガリ君には当たり棒なんて入ってないんだよ」と言った翌日の大当たり。
そして…その当たり棒で、またガリガリ君を買ってきてもらったら、なんと!その1本が、またまたの大当たり!ビックリたまげた(笑)。
これは、何だろう…宝くじを買えという暗示ではないのか。そういえば、最近宝くじ当たってないし、そろそろ当たってもいい頃だ。
大体、これ以上年を取ってから当たってもしょうがないぞ。
今なら、当たったら全部使い切ってやる自信はある。
よし、明日は宝くじを買いに行ってやろう(笑)。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


シャンクを直すには下半身を鍛えるのが一番だと思うのだが、生憎と体がその事情を許さない。
まあ、そのうち直るだろう…という事で、今日も練習に行きたかったのであるが、今日は生憎と歯医者の予約が入っている。
そう、インプラントの治療が1年位も経つというのにまだ完治していないのだ。完治どころか、まだ歯は1本も入っていない不自由な状態。それどころか、生き残っていた歯まで抜かれて、私の歯は今、かなり悲惨な状態だ。来年の春頃までは何とかなるらしいが、歯が出来ても何年役に立ってくれる事やら。
今となっては、やって良かったのかどうかさえよく分からなくなってしまっている。
そんなインプラントも、今日が最後の手術。思いの外手間が掛かって、しかも4本と聞いていたのに5本あったらしく(笑)、これにはちょっと医者も慌てたらしい。
そういえば、以前治療した時に1本分料金が多く取られていたっけ(笑)。まあ、今回は1本分料金を少なくして帳尻は合わせていたけどね。
まあ、そんなことでかなり手術に手間取ってしまったので、途中で麻酔が切れたりして痛い痛い。
これは練習にはいけないな…と、せっかく車に積んでおいたゴルフクラブも役立たずじまい。
今夜はお散歩でもしよう。
さてゴルフ。
娘の指摘のおかげで、自分のフォームが乱れていることが分かった。
ここのところ、ずーっとドライバーが芯に当たらず、ヒールに当たってばかりで不思議だったのだが、その原因が解明されたように思う。
要は、スウィング時に体が前のめりになっているか、発達した胸筋が邪魔しているかのどっちかだ。
恐らく両方が原因しているのだと思うが、そうだと分かれば解決は早い…と言うよりも解決方法はある。
にしても、ゴルフってもう少し楽なスポーツかと思っていたんだけど、例えば自転車のように、一度乗れるようになったら、後はずっとスイスイと出来るもんだと思っていた。
だから、老人になっても運動が出来るよ、と家族を誘ったのだが、そんなに単純なものでもない。
運動したらしたで、余計な筋肉がつけば、その筋肉がスウィングの邪魔をして軌道がずれてしまう。
運動しなかったらしないで、筋力が落ちてしまって、同じスウィングがこれまた出来なくなってしまう。
要はいつでも同じ筋力で同じ体型であればいいのだろうけど、人間の体、そんなに都合良く出来てはいない。
自分の場合で考えれば、今年の1年間のゴルフの状態はまるでジェットコースターのようであった。
春を過ぎた頃にはハンディが6台になり、絶頂期を迎えた。
マイナスもあり得るな♪と思い、ドライバーのスウィング改造に着手。
ところが…このスウィング改造が大失敗。ほぼ同時期にクラブ変更も断行したのだけど、これも大失敗。
そしてインプラント手術の翌日、左あごが腫れている状態でゴルフ…これが一番良くなかった。左あごが左肩に乗せられずに、左肩を上げ、あごを上げてのスウィングを続けた為に、哀れにもフォーム崩壊!
それからはメチャクチャ。
75位で回っていた人間が、今では100に迫る勢いなのだから…ゴルフはなんとも気むずかしいスポーツだ。
まあ、来年は何とかしてやろう。また復活しなければ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


体がバキバキいっている。
そりゃあそうだ。1週間のうちに、1ハーフやって、その翌日に手押しの歩きでハーフやって、その3日後にはまたしても手押しで1ラウンドやっている。まあ、そんな体力なんてあるはずもない。
おまけにフォームもガタガタで思うような打球もない。
筋肉痛の体にむち打って練習場へと出かけた。
娘の新打法は徐々に形になり始めている。アイアンなのだが、時折強い打球が飛ぶようになった。その強い打球が100%出来るようになったら、スコアは格段に良くなることだろう。
対して私。よくもまあ、こんなんになるまで放っといたもんだ。
打点が安定していない。だから、方向がかなりぶれる。方向が良くても打点が良くても距離が出ないのは、足腰の安定感がないから。つまり上半身で打ってしまっている。
1クラブ落ちている。どうしたらよいのか分からない。
それでも、練習している内に何とか徐々に当たりを取り戻してきた…ような気がしたのだが、何と!シャンクし始めた!
いつもならすぐに直るはずのシャンクも、これがなかなか直らない。…なんで?
全くの意味不明。娘に、何で?と尋ねても「分からない」と言う。
本格的に後ろで見てもらったのだが、10発もシャンクが続いているというのに分からないと言う。
おいおい、困ったもんだ。
「何で?見てて分からないの?」
「分からないよ〜」
と困った顔。本当に分からないようだ。続けて娘が言う。
「見てすぐに分かるのは、お父さんの特殊能力だよ。私には分からない」
そんなもんかとは思うが忌々しい。
そのうち、
「あのね、いつものお父さんのフォームって、綺麗な[i]字型なの。真っ直ぐに立って、真っ直ぐに振って、真っ直ぐにフィニッシュって感じなんだけど、今日は、なんだか前後にぶれてる」
これで何となく分かった。
その後は、ストレートとシャンクを交互に打ち分けて見せた。
「どう?インパクトの瞬間にシャンクかどうか分からない?」
「えー、分かんないよ」
…バカめ。
まあ、娘のおかげでシャンクすることの意味が分かったのだが、だからといって、本番で矯正が簡単な訳でもない。困った原因なのだ。
何の理由があるのか分からないが、心臓の手術後、上半身がむくむくと大きくなってきている。運動している訳でもないのだが、勝手に筋肉がついてしまうのだ。
今では洋服もLサイズでは小さくなってしまってLLサイズになってしまっている。
まあつまり、それが原因と言えば原因。
下半身が貧弱なままに上半身だけが大きくなっているのだから、どうしても上半身のパワーに下半身がついて行けない…なので、上半身がぶれてしまうのだ。
プラス、胸筋が発達してしまってスウィングが微妙に遠くなってしまう。男に、急に女のオッパイが出現したようなものだ。
なのでその胸筋の分だけヒールになってシャンクしてしまうのだ。
そんなバカな!と思う人もいるかも知れないが、昔同じような現象が起きたことがあった。
急に腹が出てしまって、その腹のおかげで軌道が狂ってしまって、まるで当たらなくなってしまったことがあったのだ。あの時もシャンクばかりだった。そのシャンクを抑えようと無理するから引っかけも出たりして訳が分からなくなる。
なるほど合点。
これで、ドライバーが、全てヒールに当たるようになってしまった原因も解明できた。
うんうん、やっぱり練習って必要だね。
新しい体型に早く慣れないとね。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日の日曜日、もちろんゴルフへ行った。
但し、相変わらずカートが空いていなくて手押しだという。やな感じだ。
まあ、我々のようなゴルファーが増えてきたって事なんだろうけど、いくらでも安い方が良いのか、それともキャディが邪魔なのか。
私はハッキリ言ってキャディが邪魔。邪魔を通り越して嫌い。
キャディが嫌いだという人は、人それぞれ理由はたっぷりあるだろうし、キャディが好きという人は、まあ、好きな理由はあるんだろうけど、意味不明だ。
見ている限りクソの役にも立っていない。まあ、初めてのコースだったらキャディはいた方が良いのだろうけど、それでも、シングルクラスなら、初めてのコースでもキャディなんていなくても十分だ。
役に立たないどころか、口の利き方も分からない人間と一緒にいるのは苦痛以外の何者でもない。
見た事もないキャディにため口を聞かれるなんて事はしょっちゅうだ。うんざりしてしまう。
「田舎の言葉に敬語ってもしかしてないの?」と娘は言うが、言われてみて、なるほど、ないのかも知れない。朝一のスタート。
キャディが、「バッグの留め金が外れなくて、壊したら大変と思って、ちょっとかっこわるいけど、このままにしたんですが」と言われた。
「おー、そりゃあ気が利いたね。それで良いよ。無理矢理やられたら壊れるわ」
「ですよね。それでかっこわるいですが」
「うんうん、よくキャディさんに壊されるんだわ。何度も修理に行ってるよ」
「ですよね、それでかっこわるいとは思ったけど」
しつこいヤツだ。もう、これ以上相手にもしたくない。大体、全てが言い訳だ。うるさい。
すたすたと1番ティに向かうと、くだんのキャディは娘に向かってまだ言ってやがる。
娘は、まだそういう輩との対応の仕方が分からなく対処してしまうのだ。
それでいて文句を言う。
「あの人、同じ事を5回も言ったよ」
「馬鹿すぎて、自分の言ったことをすぐ忘れるんじゃないか。田舎のおばあちゃんみたいだな」
今日は上さんはいない。法事がある為で、一日ゆっくりとすればいい、と言ってある。
さてゴルフ、まあ、なんともつまらないゴルフ。シーズンオフに向けてどんどん下手くそになってくる。
なんたって、ドライバーは飛ばないし、アイアンは飛ばない、救いなのはフェアウェイウッドだけなのだが、そのフェアウェイウッドも怪しくなってきている。
自分のフォームの何かが壊れていることは確かだ。
そうそう、例えるならブリキのロボット。
ネジが一本弛んだだけで、カタカタと動きがおかしくなるあれによく似ている。
きっと、何かがずれているに違いないのだが、それが何かが分からない。
ドライバーは、今日もヒールに当たってばかりだ。これでは飛ぶ訳がない。
当たれば運が良いし、当たらなければ運がなかった…そんな運任せのゴルフだ。
という事で、最初から最後までかみ合わずに、手押しのカートで、よくも最後まで体力がもったものだと。
手押しのカートでも、最初のハーフが1時間半。後半のハーフは、前の組がいたので2時間半。合計4時間。スコアは、私が95、娘が107という悲惨なスコア。
気分も悪いので、コーヒーを飲みに喫茶店に行くと、そこに珍しく画商をやっているオーナーがいて、「ぜひ見せたいものがある」と言う。
見せられたのが、絹谷幸二の3号の小さな絵。
これは一目で気に入ってしまった。
多分、私の目は輝いたのだと思う。
「150万で仕入れて210万円で良いですよ」
と言う。
芸術会員にもなっている日本を代表する作家の絵だ。210万円は安い。通常の定価で言ったら510万円はする作品だ。
それが210万円。
安い…安すぎる。
相手は、もう売った気になっている。買っても良いのが、偽物に210万円も出したら天下の笑いものだ。日本を代表する作家の作品なら贋作も多いのだろう。
「出所は?」と尋ねると、それは笑ってごまかす。「私を信用してくれ」と言わんばかりの態度なのだが、いやいや、あなたに絹谷を見る眼力があるとは思えない。
一度でも、絹谷のアトリエで時間を過ごした経験があるならともかく、画商にとっても絹谷の作品を見るのは初めてか、とても珍しいことのように考えるのが普通だ。
「まあ、誰かに300万円で売って下さい。売れなかったら考えます」
と言ったのだが、
「気に入った人に買ってもらうのが一番なんです」
と言う。それは無理。気に入ったかどうかで買うなら、小学生の絵でも素晴らしいものはある。猿が書いたとなれば、それだけで感心するし、象が書いたという絵なら、それだけで感動できる。でも、そんな絵に2百万円は出せない。
プレミアムのプライスというのは、作家に対して出すものであって、作品に出すお金ではないのだ。
家に帰ってからネットで調べたのだが、本ものかどうかはやはり分からない。それで、準備されても困るのでお断りの電話をさせて戴いた。
家に帰ってからは、娘は仕事。上さんはまだ法事。私は田舎の年老いた母親のところに水道の氷止めに行くことにした。そろそろ冬支度が必要だ。
去年は、水道管を破裂させてしまって、数ヶ月間も水道代を数万円も取られてしまったという苦い思いがある。
ちなみに、私は家事という家事はしたことのない人。
まるで出来ないし、しようと思ったこともない。
家のことは全て上さんがやってくれる。
母親の所に行くと、母親は食事もせずに寝てしまっていたようだ。
母親は最早、一切の家事が出来なくなってしまっている。
居間に上がり込むと、相変わらずコンセントというコンセントは抜かれていて、寒々としている。
最早ストーブ一つ付けられないのだ。エアコンは付けっぱなしでいいんだよ、と言ってもコンセントを抜いてしまう。
先ずはストーブをつけてエアコンを回してドアを全部開けて、家中に暖房を入れる。全部暖まるのに3時間以上も掛かるだろう。
さてご飯の用意だ。
レンジでチンして…実は、レンジすら私は使ったことがないのだ。そのレンジは、今年以前から使っていたのが壊れてしまったので買ってあげたものなのだけど、そのレンジがうんともすんとも言わない。
あれれ?と、コードを見てみると、そのコードも抜かれている!
「母さん、コード抜くなって」
やれやれと、弁当を入れてスウィッチを押そうとすると…スウィッチがない!
困り果てて娘に電話すると、「その電子レンジは簡単なヤツで、ダイヤルを回すだけだから」と言う。なるほど、老人でも分かるように簡単なヤツを買ったんだった。
でも、これってかえって分かりにくくないか?
取り敢えずダイヤルを回すとランプが付き、動き始めたのだが、一瞬にして動かなくなってしまった。???
何?意味が分からない。もう一度娘に電話して聞いてみたのだが、これは娘にも意味が分からない。
全く、いくら家事をしたことがないからって、電子レンジ一つ使えないとは…次第に、かんしゃくを起こしてバンバンと、そのレンジをぶった炊き始めたのだが、半年で新品のレンジが壊れるとは…。一体どんな使い方をしたんだろう…と、途方に暮れて、居間を見ると、居間の電気が消えている!?
はあー!?慌てて居間へ行くと、電気どころか、エアコンもストーブも消えている!?
合点承知!つまり、居間と台所の電気は繋がっていて、つまり同じ配線で、これはブレーカーが落ちた!?
という事で、ブレーカーを見に行くと、この家にはブレーカーが3つもあるのだ。
まあ、後で継ぎ足し継ぎ足しでブレーカーを付けたのだろうけど、なんとも頭の悪い仕業だ。
だって、想像つく?今いる部屋の電気がついていて、レンジを付けようとしたら、奥の方の部屋の電気が消えるなんて!何のマジックだ?
まあ、無事お弁当は出来上がり、母親は嬉しそうに食べ、他のものは仏様にあげさせて、ゆっくりとゴルフ番組。
母親には意味も分からないだろうけど、パットのシーンだけは分かるらしく一喜一憂している。
今回の、賞金王を決める最終戦はちょっと感動的。
藤田が優勝して本当に良かった。涙が出そうになる位感動した。谷口、お前は少し文句言いすぎ。池田、ふてくされた顔をするな。自分に文句あるんだろうけど、石川を少し見習え。
石川はまだ19才だぞ。少し見直したのが、賞金王となったキム・キョンテ。流ちょうな日本語を話すんでビックリしてしまった。
それなら良い。立派なもんだ。これからも頑張れ。
去年、アメリカの女子ツアーが、アメリカ語を話せない女子プロ、もちろん多くの韓国プロを標的に追い出そうと画策したことが物議を醸したけど、あの心情分からなくはない。自分の国でツアー作ってやれ!と忌々しく思っていたのだけど、日本に来て、日本語の勉強して頑張った結果なら、それは素敵なことだ。立派なことだ。
単純にも、キムのファンになってしまった(笑)。
 
さて、いよいよ氷止めして帰りますか…「母さん、氷止めするよ。場所教えて」と言うと、母親は???
「分からないよ」と言う。
はあ?何で?
「だって、去年『氷止めしておいてよ』って言ったら分かったって言ってたじゃない」
「知らないよ。そんなの、みんな父さんやってたもの」
…困ったもんだ。
私は、この家のことが何も分からない。相続はしたものの、こんな田舎の家に財産的価値がある訳もなく、興味すらないのだ。
途方に暮れた。
そして探し出すと、もっと途方に暮れた。
私よりは幾分知っているであろう姉に電話してみると、姉の答えも心許ない。
取り敢えず、姉から聞いた台所とお風呂場の氷止めはしたのだが、昔やっていたお店の調理場と、もう一つの調理場が残されている。
何だって、この家はこんなにめんどくさいんだ!?
なんだか知らないけど、何もかにもがつぎはぎだらけなのである。
父親は、そういう自分の不利になることは絶対言わないタイプであった。
まるで迷路のようである。
結局、店と調理場の水道は元々凍り止めされているらしかった。
やれやれと言ったところに、心配した姉から電話が来て、「気になるんだけど、トイレの氷止めの仕方を教えてやって欲しいの」と。
「無理無理!」
スウィッチ一つ扱えない母親に、そんな期待をしても無理だ。トイレが凍るなら凍ったでしょうがないだろう。
やっと帰れる…と思ったのも束の間!
玄関口にもう一つ水道の蛇口がある!
「母さん!この氷止めはどこ?」
当然分かるはずもなく、暗がりの中、懐中電灯付けてようやく発見。
帰ってから、家族でしみじみと。
このままでは、こっちの家族が崩壊する。
父親がおかしくなってから10年。ついこの間までは、家族に迷惑はかけられないからと、全て自分一人でやって来たのだが、自分の方がおかしくなってしまって、1年位前から家族の援助を受けている。
思えば、それから家はおかしくなっている。
なんたって、年老いた母親一人救う為に、3人が犠牲になっているのだ。
何も、3人揃って行く必要はないのだ。
3人が3人とも自分の時間を犠牲にしてしまったら、こっちの方が壊れてしまう。
「あのね、おばあちゃんよりも、俺の方が早く行ってしまうかも知れない。そうなったら、他人になってくれ。君らには関係ない」
そう、全く関係ないのだ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日最下位スタートとなった石川遼、今日は8アンダーの6位浮上だって。どこかでそんな爆発を望んでいたけど、まあ、凄いね。そんな夢のような物語を実行してくれちゃうんだから。
昨日までは、こうなったら池田が優勝して賞金王になって欲しいと思っていたけど、こうなってくるとホント分からないな。こちらの気持ちも分からなくなってくるわ。まあ、池田か石川か、どちらかが取ってくれたら嬉しいんだけどね♪
奇妙な事にどちらのファンでもあるのだ。でも、注目している度合いが高いのは石川の方。
ところで今日はうちの上さんの誕生日。まあ、あんまりめでたくもない年になってしまったけど、西武デパートに行って例の商品券7万円分をプレゼント用に受け取りにいって、ついでに地下食品売り場に行って食材探し。
上さんは蟹が大好物なので、大きな毛ガニを購入して、ご飯用にウニといくら。あんまりいいウニではないけど、まあ、何とか食べられるかな…と。後は果物にお魚。肉はあんまり良いのがなかったのでやめておいて、帰りにバースディケーキを買って、まあ、準備万端なのかな?
いつもの誕生日だと、私は大体忘れてしまっていて、「今日、実は私の誕生日だったんです」なんて言われていたのだが、今回は、娘が忠告してくれた。
誕生日の日くらい楽しく過ごしたいものだ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


世の中相当な不景気。こんな不景気な時にゴルフ遊びなんていていて良いのか?
なんて事はちっとも思わない。だってね、私の場合は、酒は飲まないし、女遊びは卒業したし、遊ぶ事といったら最早ゴルフ位しかないのだ。こんなに不景気であっても、そりゃあ私のせいじゃなくって民主党さんのせいだろうよ。
大体、不景気が極まってくるとろくな事がない。ただただ忙しくって儲けが薄くって商売にもならない。
仕事の量が2倍で利益は半分以下だ。
こんな時はじたばたしてもしょうがない。きちんと仕事して、無駄な労力を使わず、明日への備えをしておく事だ。そんでもってゴルフをやる(笑)。
大体、今週から雪になる予定だったのに、昨日も今日も12月とは思われないようなポッカポッカ陽気。
という事で、昨日は仕事が忙しいであろう娘を強引に引きずり出してゴルフへと出かけた。
まあ、スコアは二の次。どうでもいい。今年最後の球納めをしなければ。という事で、何と1ラウンドハーフ。
いやはや、暖かいし、気持ちのいい汗をかいてしまった。これにて無事球納め完了〜!と思ったのだが、意外にも本日も天気良好。昨日よりも快晴である。
そこで、またまた無理矢理娘を引きずり出した。お前の仕事なんかいつでも出来る。何なら徹夜でもすればいい。今日のこのお天気は神様の導きだ…などと説得するまでもなく、娘の返事はOK。
まあ、なんとも良くできた娘なのである。
ところが…ゴルフ場にはカートがないという!はあー、そんなに混んでいるのか!?
まあ、実際はキャディさんがシーズンオフなので集まらないっていうのが真相だとは思うんだけど、しょうがない、それなら手押しで3時間で回ってやろうじゃないか…と向かうと、いやはや、今年最後と思ってか、確かに混んでいる。
その時点で半分諦めた。
前の組の方々はご老体4人組。まあ、上手いんだけど、プレイスピードは月例風。前の組にはどんどん置いていかれてもへっちゃららしい。
さてこちら。スタートはさくらコースから。
第一打のドライバーは珍しく真っ直ぐ結構飛んでくれた。残り145ヤードを8番アイアンで楽々2オンの2パットパーと言う上々のスタート。
2番ホールへ行くと、前の組はまだ2打目を打っていない状態。ふ〜ん、手押しでも待たされるのか。
待つ事5分、ようやくドライバーを打つと、少し右へ流れたが、これもまあまあの状態。但し、2打目は傾斜でかなり打ちにくい。夏場頃ならともかく、今の弛んだフォームではかなりキツイ。
案の定トップしてしまって、ボールは低いライナーとなってコロコロとグリーン手前まで。
さて、残り30ヤードが今の状態ではかなり難しい。普通なら、寄せ1が当たり前なのだが、何しろ、フェースが真っ直ぐ入っていかないのだ。
私の場合、そんな距離でフェースを開いて閉じてなんて打ち方はしない。真っ直ぐ引いて真っ直ぐ打つだけなのだが、このところどうにもその精度が悪い。という事で、下手くそな寄せでボギー。
ちなみに、娘は2オンに成功して3パットボギー!
最近の娘は好調だ。ドライバーが少し戻ってきているし、何よりも私のあげたマジェスティの4番ウッドが素晴らしい!4番ウッドで160ヤードも真っ直ぐに飛んでくれるのだから、大体のミドルホールは2オンの可能性が出てきてしまっている。
但し、どこにでも乗ればラッキーという状態なので、スコアに直接的には結びつきにくいのだが…。
それでも、こちらがこれほど何もかも絶不調という状態なのであれば、二人のスコアは良い勝負!
3番のロングホールでは情けない事に、とてもパーオンできる状態ではなく4オン。
しかし、ロングパットを決めてパー!
3ホール終えたところで1オーバーなのだから、今日はなかなか良い感じ。娘の方は既に5オーバー(笑)。
4番のショートホールは、当たり損ないながらも1オン。でも、山あり谷ありのロングパットで3パットボギー。
娘もボギー。
まあ、前の組に待たされ待たされながらもよくやっている。トラブったのが5番ホール。
待たされ待たされドライバーは当たり損なって170ヤード位?目の前には枯れ木の枝がいっぱい。
まあ、最近は不調だからトラブルショットが多い。
嫌なショットが残ったなあ…と思いながら、待つ事10分近く(怒)。
その嫌な気持ちを引きずりながらの7番ウッド…大体、このホールは今年の夏頃までは、PWか9番で打っていたホールなのに、今や7番ウッド。待たされた後だけに慎重…過ぎて、掴まりすぎ!見事に引っかけて木の枝に!ボールは、あっちに跳ね返って林の中に!
3打目は、その林から出すだけで、4オン2パットのダボ。
今日はここまで、不調ながらもまあまあのゴルフをしていただけにがっくり。
しかも手押しというのは、やたらと反省する時間をくれてくれるもんで、5番から6番への長い道のりを反省しきり。
6番では、またまた待たされる。前日1ハーフやって、今日は手押しのゴルフ。足腰があちらこちらと痛む。娘もあちらこちら痛いという。
待っている間にも新たな痛みが発生してくる。
6番は私がボギー。娘はバンカーから見事なリカバリーで2オンに成功!2パットパー!
いやはや、恐ろしいゴルフをしてくれる。
7番のロングホールへ向かうと、珍しく待たずに打てて、2打目も快調。娘も快調。パーオンを狙って二人で待っていると…何故だか意味が分からないのだが、慌てたようにキャディとプレイヤーが一人やって来て、何かを探しているよう。そしてそのうちバンカーから打ち直しをし始めた。この間、我々はただただ待つのみ。
あのね、前の組の人達の姿はもう随分前から見えないのよ。急ぎなさいよ。
あほくさくて二人ともボギー。
8番のショートは、私が快打1オンの2パットパー。娘は絶妙の寄せでOKパー。
9番…最早2時間過ぎてしまった。時計を見ると12時30分。そしてまたまた待たされる。もういい!私は短気だ!絶対届かないクラブで2打目。娘も届かないクラブで2打目。3打目も待って待って、二人ともボギー。
終わってみれば、私が43のパット数18。娘が45のパット数19。
う〜ん、いい勝負だ!
もう少ししたら追いつかれるな。
 ところで、本日のゴルフはこれにて終了。
手押しの歩きもいいもんだとは思った。何より運動になるし、でもね、手押しで時間をかければ、そんなに待たなくても良いのかと…いう期待はもろくも砕かれた。
歩いて汗をかき、待たされて冷えるのでは風邪を引くばかり。
2時間以上かかるゴルフは勘弁して欲しい。下手でも走ってくれる人ならば我慢も出来るけど、今日みたいに上手くて遅いヤツは始末に負えない。「自分らは上手いんだ。お前ら我慢しろ」という傲慢さが見えるのは戴けない。
まあ、邪魔はしないけどね。
でも、2時間以内で回って頂戴。そんなに上手い訳でもないんだから。前の組に2ホール以上もあけられるのは、立派なルール違反かと思うぞ。
ちなみに、後ろの方々は立派でした。打ち込みはもちろんしないし、前が遅いと分かるやいなや、ティーショットは我々がグリーンに到着してから(それまでは普通にやってた)。その方が、自分たちのリズムを崩さないで済むし、こちらにも迷惑がない。
う〜ん、考え方変えてリゾートゴルフ風にした方が良いんだろうか?
今年最後かも知れないゴルフなのに、甚だ残念だったけど、本日はハーフで終了。もう時間がない。
お仕事だってしなきゃ喰っていけないしね。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】