2011年1月アーカイブ

スポーツは見るだけなら何でも好きである。やるとなると何もできないのであるが(笑)。
昔は格闘技が大好きだったし野球が大好きだった。
格闘技は三沢が独立したのを機に見るのを止めてしまった。熱がすーっと冷めてしまったのである。野球も、昔ほど熱が入らない。これは長嶋が引退したからでもあるし、何よりもTV中継がなくなってしまったから、自然に興味が薄れてしまった。
あんなに好きだったのに不思議なもんだ。
プロレスは3度の飯よりも好きってくらいで、プロレス興業が秋田であれば必ず観に行った。ブッチャーやファンクに英語で話しかけシェイクハンドしたものだ。ある日、キャッスルホテルに行ったら、ブッチャーとタイガージェットシンが仲良く並んでいるのを発見して、思わず「あっ、ブッチャーだ。ハロー」と手を振ったら、ブッチャーはあの大きなつぶらな目でウィンクしてくれた。歩み寄って「プリーズシェイクハンド!」とお願いしたら快く応じてくれてとても嬉しかった。ただ、シンには申し訳ないことをしたと後悔した。とても寂しそうな顔をしていたのである。声を掛けてシェイクハンドをお願いするべきだった。
ドリーファンクジュニアは見た目通りのとても紳士であった。タクシーに乗って帰ろうとするところを無理矢理お願いしてシェイクハンドさせてもらった。大ファンだったのでこれはとても嬉しかった。
恐かったのがウェスタンラリアットのスタン・ハンセン。秋田の試合だったのだが、天龍の攻撃を受けてスタン・ハンセンが気絶してしまった。
あまりにも危険な技で、スタン・ハンセンがマット上で死んでしまったのではないかと心配したくらいである。ファンからは、自然に悲鳴とも声援ともつかないスタンコールが巻き上がった。天龍も困った顔をしている。
気絶している時間はとても長い時間のように感じられた。祈るような気持ちである。
そして、スタン・ハンセンはようやく立ち上がった…ここからである、よほど恥ずかしかったのだろう、スタン・ハンセンは試合を投げ出し大暴れ!天龍をぶん投げ観客席になだれ込み椅子を放り投げ鞭をばしばしと観客にぶち当て始めた。
普通なら、場外乱闘は観客が大喜びのハズなのだが、この時のスタン・ハンセンはもの凄い殺気と狂気。観客は本気で逃げ惑った。
私は心配で通路まで追いかけたのだが、スタン・ハンセンは、そのまま控え室へ消えてしまった。
大丈夫だろうか?救急車を呼ぶ必要はないのだろうか…と廊下に立ち尽くしていると、事もあろうに、そのドアがバーン!と蹴飛ばされ、あのハンセンが!鬼の形相で舞い戻ってきたのである!そして、またあの鞭をバンバン振るっている!
「殺される!」
私は思わず目を閉じてしまった。
でも奇跡が起こった。スタン・ハンセンは、私に鞭を振る舞うことなく他の若者達にバンバンと鞭を当てて去っていったのだ。
そう、スタン・ハンセン、あの時いち早くハンセンの異常事態に気がついて「立ち上がれハンセン!」と叫び続けたのは私なのだよ。
猛獣、ブルーザー・ブロディの突然の訃報には泣いてしまった。私の夢の中では、ブルーザー・ブロディは今でも暴れている。
何でプロレスなのか、それは昨日のサッカーを見てまだ少し興奮しているからなのかも知れない。
Jリーグを見ることはないのだけど、国際試合は必ずと言っていいほど見る。
特に、今回のアジアカップは初戦から面白かった。
弱そうで強い。強そうで弱い。昔に比べると、日本サッカーも随分と上手くなったもんだと感心する。
本田がどうのこうのと騒がれているけど、その本田がそんなに目立つ訳でもない。とびきり、本田が図抜けている訳でもないくらい日本のレベルは上がった。
中田の頃とは大違いである。
中田の頃は中田だけが図抜けていて、周囲がそれについて行けてはなかった。中田自身も、その周囲の力量に合わせてあげることができなかった。中田は、日本でも孤高のプレイヤーだったけど、それは海外でも同じであったように思われる。
決勝戦。本来ならオセアニアエリアであり、アジアに入るべきでないオーストラリアとの大一番。
Wカップでの苦い敗戦が蘇る。
今回もそんなサッカーとなってしまった。
オーストラリアはでかくて大きくて速くて、でかいことがあんなにもアドバンテージになるものだとは思わなかったのだが、どんなシーンでも歯が立たない。
カウンターも速い。日本が相手ゴール付近に辿り着くスピードとは雲泥の差だ。
負けを覚悟するしかないほどの圧倒的なパワーの差。日本得意のパスさえもまともに通らない。足のリーチの差があり過ぎてリズムを掴みきれないのだ。加えてカウンターの恐怖。
そんな中、後半にバックス岩政の投入はザックの大ヒット!後顧の憂いがなくなって日本は攻めに転じることができるようになった。
五分と五分。戦術一つで、チームはこんなにも変われる物なのか!その事への驚きが大きかった。また、勉強にもなった。
リーダーの存在は余りにも大きい。
そんな中でヒーローが誕生する。長友とリーだ。
長友の素晴らしさは今更言うまでもないことだけど、リーはその人生の歴史を考えた時、本当に祝福してあげたい。
韓国も、余計なことを言わずとも、日本を優勝させたのは同胞のリーだ!と自画自賛でもすればいい。
日本人は、戦後60年以上も経って、今更恨む人も国も、羨む人も国もいないのだから。妬みも嫉みもない、そんな国民になってしまったのだから。多分、オールOK?
さて本日は、お昼頃目覚めて駅前にお買い物。娘が色々と買い物があるというので、先ずは西武デパートに向かった。案外混んでいるのでビックリ。
そこでちゃんちゃんと買い物を済ませて実家へと向かった。年老いた母親の為に、色々と食料を買い込んだ。先日のような骨折なんて事があっても困る。
大雪の中向かったのであるが…そのおばあちゃんがいない!皆大慌て!
あちらこちらに電話をしてみる。近所にも聞いて回る。もしかして、屋根から雪が落ちて雪の下に埋まっているのか!?雪深い家の周囲を回っても見たが、雪が落ちた後もない。
養老院には真っ先に電話してみたのだが、昨日は元気だったという。
娘は心配して、コンビニとかスーパーまで行ってみるという。ちょっと待て、探すにしても役割分担した方がいい。もしかしたら親戚のところまで歩いて行っているのかも知れない。
娘は小走りで家を飛び出た…その時「おばあちゃん?」と娘が言う。
えっ、と通りに出てみると、遠くから歩いてくる老人が。手を振ると相手も手を振り返す。
おばあちゃんだ!
寒さのせいか、顔が真っ赤。
「どうした?」
「おめがだくるがどおもってむがえにいってみだげど、とじゅうであぎらめでかえできだあ」
そうかそうか、いやー、心配した。
年老いた人を怒ってはいけない。
先ずは暖かくしていた部屋に入れて体を温めた。そして温かいご飯だ。相変わらず食欲旺盛でバクバクと食べる。
見つかって本当に良かった。
こんな事ばかりだと、家の敷地におばあちゃん専用の家を建てて、そこに住んだらよいかとも思うのだけど、それは去年の正月に失敗している。はてさてどうしたものか。
毎週毎週、こうやって来るのもかなりしんどい。
老人の問題は全国どこにでもある問題だけど、他人は他人事のようなアドバイスを気休めのように言うばかり。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日は疲れてしまった。能代市へ行く仕事があって向かったのだが猛吹雪!しかも零下3度!これはかなり慎重な運転を要し疲れ切ってしまう。そして帰り、同じく猛吹雪!そして夜になったのでますます恐い。闇の中を白い雪が走る。道路を見てるんだか雪を見てるんだか訳分からん状態で、これはもう疲労感も倍増!
会社に辿り着いた時には、さすがにぐったりとなってしまった。
そして、珍しく夜食を取った後は風呂にも入らず寝てしまった。
朝起きると体のあちらこちらが傷み、特に背中の痛みは半端無い。その背中の痛みは、多分一昨日の雪かきの時のものなのだろう。
そして今朝の雪かき。心臓のこともあるので無理はしないようにしているのだが、みんな雪かきがヘタ!手よりも口が出てしまう(笑)。
軽い雪かき程度ならいい運動にもなるのだが、今年の雪は想像を絶する凄まじさ。皆さん、筋肉痛との戦いになってしまっている。
午前中は仕事も詰まっていて、ようやくお昼過ぎに時間が空いたのでゴルフの練習に行くことにしたのだけど、車に乗って外の気温を確認すると、なんと零下4度!秋田市で、連日零下というのは珍しい。
練習場に到着すると、こんな雪の中でも練習する人は意外に多くてビックリ。皆さん熱心だ。
おかげで、練習の場所はずーっと端っこの方。
そこだと、イマイチ自分の飛距離が分からないのだが、まあ、今のうちはそんなに気にすることもないだろうと打ち始めた。
冬は寒さ解消の為、いきなりドライバーを手にすることが多いのだけど、今日は珍しくPWから。
下半身の安定に気をつけて打つと、今日は初めから当たりがいい。但し、少し油断すると下半身がぶれてしまう。当然当たりも悪くなる。
まあ、原因と結果が同じなので、これは寧ろ安心。下半身の強化しかないのであろう。
PW、9番、8番と打って順調。7番が少しおかしい。
今年は、ドライバーの飛距離に問題がありそうだから、7番アイアンを使う機会も多くなりそうだというのに、今まで使うことがなかったせいで練習すらしたことがない有様の問題のクラブだ。
まあ、今のうちに慣れる為に必ず練習するようにしているのだけど、いつも3発撃ったらお終い。こんなんで練習と言えるのだろうか?まあ、そのうち本気になるんでしょう。ちなみに、7番8番はいつも3発のみ(笑)。
そんなに好きなクラブじゃないのだ。
さて問題のドライバー。
こいつさえ飛んでくれたら7番だの8番だの使う必要もないのだが、やはり、そんなに飛ぶものではない。まあ、180ヤード?
せめてもう50ヤードくらいは飛んでくれないと困るのだが、いきなり飛距離がアップする訳でもなく、それに、昔のスウィングなんて忘れてしまった。今は、地道に新しい縦振りスウィングを完成させていくしかないのだろう。
その縦振りスウィングがなかなか良い。
色んな事が分かってきた。
以前、ボールの位置は左足の踵付近より少し左気味だったのであるが、これを右、つまり中心よりに変更した。
その方が、縦振りから横振りへの変化が少なくて、よりスウィングが安定するからである。感覚的には、横振りのスウィング部分を意識しない方が楽。横振り部分はフィニッシュの動作に任せておきたい。
そんな感じで左手主導もそんなに意識することなく、寧ろ両手と上半身の動きを調和させるようにして下半身の回転スピードに合わせてやると、ボールの勢いが見違えたモノになってくれる。
まあ、それでも180ヤード近辺なのだから情けないんだけどね(笑)。
ただ、これで下半身が強化されれば自然にHSは上がってくるんじゃないか?という予感がある。
もう一つ、縦振りスウィングにコックは要らないらしい。
たまにグン!といった感じで左方向に飛んで行ってしまうのだが、これは殆どコックを作ってしまった時。
つまり、コックを作っちゃダメ!という事は分かるのだが、長年のゴルフスウィングでコックを作って打ってきていた為、それを作らないというのが、逆になかなか難しい。
まあ、全て素人考えなのだけど、私にはとっても楽で簡単なゴルフ理論。今年はこれでやっていこうかと思っている。
但し、娘には合わないみたいで四苦八苦してやっている。こんなに簡単なのに。
合う合わないって言うのがあるみたいだ。
まあ、今春の初ゴルフで、去年の暮れのような97なんてゴルフは二度とやりたくない。いやー、絶対にやりたくない。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


忙しくてゴルフの練習に行く暇もなかった。夜のお散歩はどうにかこうにか継続してはいるのだが、強い筋肉も鍛えないと、お散歩だけではかえって辛いものがある。
で、今日は夜になって都合を付けてなんとか3人で出かけた。問題が起こったのは、その練習から帰ってきた時、車が雪でスリップして車庫に入らない!何度かトライしたけど危険がいっぱい。やってやれない事もないが後ろのコンクリートに勢い余ってドッカ〜ンといく可能性もある。
仕様がない、雪かきするしかないか…と雪かきを急遽始めたのだけど、外の気温は零下、雪はガッチガチに凍ってしまっている。
何で車が車庫には入れなくなってしまったのかって、それは除雪車が道路の雪をどけてしまったから。
変な話し、秋田市の除雪車が通って雪寄せをされて、あまりありがたいと思った経験はない。寧ろ迷惑。
除雪車が通った後は、街のあちらこちらで大騒ぎになる。
妙な光景で、白い雪の上に蟻のように家々から人が出てきて、一斉に家の前の雪寄せを始めるのだ。
除雪車が通らなければ、なんの事もなくのどかなのだが、除雪車が通ると働かされる。
何で除雪車が通るのか?よく意味が分からない。
ちなみに、よく言われるのは、秋田市の除雪車が一番下手くそなのだそうである。
普段から下手くそな除雪ばかり見せられているもんだから、どんな除雪だとありがたいのかよく分からないのである。
一度、横手市役所の方にでも来て頂いて、直接指導をしてもらったらいかがなものかと。
だってね、雪のない国の人達にも考えてみて欲しいんだけど、除雪車って言うのは、道路にある雪を道の片隅に寄せていくだけのものなのだ。決して、雪を運んでいってくれるものではないのだ。つまり、道路にあるべき雪を、ぜ〜んぶ、道の片隅に寄せてしまうのだ。ご丁寧に。
という事は、家の前だったり駐車場の前だったりという、生活圏のど真ん前にこんもりとあるはずのない雪山が出現してしまうのだ。これが分かっているから、住民や商売人達は、それこそ蜂の巣を突っつくように外に出て雪寄せ作業となってしまうのだ。
だから、秋田市の人は大変なのだ。
朝起きて自分の家の前を雪かきし、会社に出勤してまた雪かき…しないと駐車場に入れないのだ。そしてまた、日中にあの迷惑な除雪車が走ると人災が起こり、またまた雪かきさせられてしまう。そして、またお家に帰ると人災の残骸を片付けないと駐車場が塞がっている。大変でしょ?
で、私の場合は、その雪かきを「してはいけません」と医者に止められている。その止められている理由が二つもあれば十二分なのだが、でも、雪かきは自分の方が上手い。人にああだこうだと言うくらいなら自分でやった方が気が楽。まあ、助かるのは、娘も相当上手になっている。見ていて安心だ。
ところでゴルフ。
五十肩が心配されたけど、今日の練習ではその影響は無し。
なかなか良い練習ができた。
縦振りのドライバースウィングは楽だ。何も考えなくてもいい。寧ろ、何かをするとダメ。
ついつい、昔のクセでコックを作ってしまうのだが、不用意にコックを作ると、ボールはフェースの手前側に当たり引っかけ気味に左方向に飛んでしまう。
なんとも分かりやすい。意を強くしたのは、高名な坂田氏が自分の縦振り理論を自慢していたから。
韓国の躍進振りを視察に行ったら、その正体は自分が以前から推奨していた縦振りにある!という自慢話。
まあ、それがどんな物なのか分からないが、先日教えて頂いた佐藤先生の理論とそう違わないことを言っているように感じた。
なので、自分なりの縦振りスウィング。
これと下半身の回転に腕の回転スピードを合わせてやると、ボールはいい感じの勢いと伸びで飛んで行ってくれる。
あまりにいいもんだから、娘にも「だまされたと思ってやってご覧♪」と推薦したら、これまたHSが段違いのいい感じ。
しばらくこれでやってみよう♪という事になった。
ちなみに、直ドラもこの縦振りでなければできないと坂田氏が書いていたので、実際にやってみると…ありゃりゃ、できてしまった。
考えてみれば、私のアイアンは、元々縦振りに近い。基本v字打ちのようなものだから、ドライバーが慣れるのも早いような気がする。
まあ、とにかく楽。
何も考えずに腕を上げバックスイングのトップを作って振り下ろす。ヘッドスピードはここで作ってしまう。後はインパクトに少しの距離向かいフォロースルー。そしてフィニッシュ。その際、下半身の回転スピードと腕の回転スピードを合わせてやるだけ。
楽なもんだ。
問題は、下半身の力が足りなくて、ともすれば上半身の方が早く回ってしまう事くらい。これは、突然良くなる訳でもないから気長に構えましょう。
まあ、ゴルフが楽になりそうだ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日の夜中、業者との打ち合わせをキャンセルして実家のおばあちゃんのところへと向かう事にした。仕事を放り出した訳ではない。ちょうど相手もヘルニアと痛風が悪化して朝からの打ち合わせ予定だったものが、午後の6時になって、まだ病院にいるとの連絡が入って、それなら明日にしようという事になったからなのだ。
まあ、これ幸い。
巷には病人が溢れている。病院へ行けば、病院はいつでも商売繁盛だ。老人人口構成が増えてしまった日本の縮図は病院へ行けばよく分かる。そして、その中に自分も入ってしまっているのだから、いやが上にも人生の終焉が近い事を覚悟してしまう。
という事で、昨日はゴルフの練習なんて行けるはずもない。途中、お弁当やらおばあちゃんの好きな物を買って、さながら病院見舞いのようにして訪れると…おばあちゃんは意外に元気。
夕食の用意をしていったのは、その方が長くいられると思っての事だが、これをおばあちゃんは殊の外喜んだ。
「痛かったででしょ?」「大丈夫?」と皆が声を掛けると、殊の外嬉しそうで、お弁当を食べ始めた。しかも、骨折している右手で食べ始めたものだからビックリ。指が動いている!
「えっ!?指動くの?大丈夫?痛くないの?」というと、まあ、指は難なく動くようだ。
一体、いつ骨折したものなのか?自分でもよく覚えていないようだけど、もしかしたら、日曜日に我々が行けなかった為にお弁当を買いに雪の外へ出てしまったのかも知れない。そこで滑って転んで…そう考えると少し心が痛む。
ただ、我々の突然の訪問はとても嬉しい出来事だったらしく、老人ホームでもご飯は食べただろうと思うのに、サーティワンのクレープアイスをぺろりと平らげ、ご飯のオムレツもぺろりと平らげ、更にはパンも食べ、チョコも食べ、フルーツゼリーも食べ…おいおい、大丈夫か?ってくらい食欲旺盛。
う〜ん、長生きしそうだ。老人だもの、骨折の一つや二つくらい経験するのも当たり前なのだろう。
そんな訳で実家から帰ってきてからまた一仕事。
そして風呂に入ろうとした時、事もあろうに服が脱げない!
えっ!またか!?
そう、また五十肩のようである。情けない事に上さんの手を借りて服を脱ぎ風呂に入ったのだが、まあ、考えよう。五十肩ならゴルフをすればいい。ゴルフをしながらじっくりと治せばいいだろう。
そもそも、私がゴルフを始めたのは五十肩がきっかけだったのだから、同じ事なのだ。
まあ、スコアは悲惨な事になってしまうのだろうけど、やらないよりはマシだ。
という事で本日。
ゴルフの練習をしに行く必要があるというのに、今日は朝から打ち合わせの連続。その間にもバンバン電話が掛かってきて、まあ忙しいったらありゃしない。
オープンまで1ヶ月を切って少しずつ戦争状態になってきた。
初めはそんなにやる気もなかったのだが、徐々にやる気も出てきた。
何よりも娘にとっては人生初体験。何から何まで一つずつ積み上げていくという経験は貴重なものとなるのだろう。まあ、踏み台になれたら本望なのかな。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


右肩の激痛は治まっていない。もしかしたらまた五十肩なのかも知れない。
前の五十肩の時は運転には差し支えなかったのだが、今回の五十肩は横斜めへの動きに弱いらしく強くハンドルを切る時に激痛が走ってしまう。つまりは運転が恐い。
今日はいい事と悪い事が一つずつ。
昼ご飯を食べていると養老院から電話があった。
おばあちゃんが骨折したという。
すぐ様でも駆けつけたいとは思ったのだが、生憎と予定が詰まっている。娘は一人でも行ってくる!と言ってくれたのだが、実は一番忙しいのが娘。おまけにこの雪道では、娘の運転では不安だ。
結局、何時に終わるのか分からないが、夜の仕事が終わってからみんなで行こう!という事になった。
良い事は、今日歯医者の予約があって、今帰ってきたところなのだが、突然歯が入った。
インプラントを始めて以来、ほぼ1年ぶりに仮歯とはいえ歯が入った。
これは唐突だったので驚きと喜びがない交ぜ状態。まあ、素直にとても嬉しい。
今のところ、なかった歯が突然口の中に入ったので、舌の置き場所がえらく落ち着かないが、そのうち慣れてくれるのだろう。
まあ、とにかく1年ぶりの歯。
喋るのも慣れないし食事も慣れないが、なんとか馴染んで欲しいものである。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今日は日曜日…なのだけど、我が社はお仕事日。朝早くからみんな頑張っている。
社員は全県に散り、会社のトップは新事業の詰めの話し合い。結構忙しいのだ。
スタートまで残り1ヶ月となったのでスタートまでのスケジュールの作成なのであるが、作ってみると意外に余裕がない事が分かって、少し焦りのようなものが湧いてきてしまう。どうって事もない作業のハズなのだが、今までにない不確定要素が多すぎてどうにもこうにもスケジュール通りいきそうもない。
まあ、なるようにしかならないのだろう…とは言っても、何もしなくても結果が出るはずもない。せいぜい悪あがきをすべく、この時間、今11時になろうとしているのだが、これから又検討会である。
それはともかく、忙しい合間を縫ってゴルフの練習には行ってきた。今日は上さんも加わって娘と3人である。
練習場について、上さんのゴルフバッグが車に積まれていない事に気がついた。あらら、なのであるが、しょうがない、娘と共用するしかないだろう。
とは言っても、娘の道具は全て男性用である。上さんが使うにはかなり無理がある。
実際に打ってみると当たり損ないのオンパレード。これでは下手くそになってしまう。
そこで、私のクラブを使ってもらう事にした。私のクラブはかなりのグースネック。実は、上さんのクラブもグースネックなのだ。多分打ちやすいはずである。
案の定、上さんの当たりはかなりまともになった。
ついでに、「長いからかなり短くもって!」と注意すると、普通に当てられるようになった。
全く、長い事ゴルフやっているのだから、そのくらい分かっても良さそうなものなのだが、残念ながら、上さんはそう言う事が全く分からない人。
練習場では、上さんはかなり上手く打てる。ドライバーもアイアンも。それなのに、コースへ行くとめためたになってしまう。
何故かと言うに、傾斜がまるで分からないからなのだ。大きく傾斜しているのであれば、そらあいくらなんでも分かるのだけど、小さな傾斜微妙な傾斜、どんな平坦なコースでも微妙な傾斜はあると思った方がいいのだけど、上さんは、それを全て練習場と同じく平坦だと思って打ってしまう。
となると、結果はトップだったりダフリだったり…それを傾斜のせいだと思えばいいのだけど、当人は、自分のスウィングがおかしいのだと考えてしまう。
この繰り返しだ。つまり、バカなんだろうと思うのだけど、ここで我々はルール違反してでも、上さんにアドバイスを送る事になってしまう。
「おい、下がりなんだからもっと膝を折れ!」とか、「上がりだから、少しクラブを短くしたら?」とか。
まあ、当人は意味も分からず言う通りにすると結果オーライという事になる。とても困ったヤツなのだ。
さて自分のゴルフ。
昨日サボったというのに、今日は格別に体が痛い。十二分にストレッチをしたのだが、体が思うように動いてくれない。
最初はアイアンを持ったのだが、どうにも体が動いてくれないので、ドライバーを振って強引に体を動かすようにした。元々、体に血を回す為にやっているのだから、大きく動かすドライバーの方がいいに決まっている。
…なのだけど、そのドライバーもまともに当たらない。なんだいな!?
笑うしかない状態なのであるが、当たりは悪くても体が動くようにはなってきた。そこでアイアンに持ち帰ると、ようやく良い当たりが連発するようになった。
で、またまたドライバー。やはり当たりが悪い。
ここでハタと思い出した。そうそう、先日佐藤先生に教えてもらった垂直落下式の打法、あれを忘れていた。
という事で、垂直落下式に打ってみると、これが良い当たり。
うんうん、なんだってこう毎日のように打ち方を忘れてしまうのか。
垂直落下式の打ち方は、今のところ距離は出ないのだが、方向感がバツグン。フェースのど真ん中で球を捉えてくれる。おまけに、下半身の回転と上半身、特に腕の振りと回転が合わせやすい。
回転がバッチリあった時は、球の勢いというか力強さが良い。
つまりは、下半身ができてきて、回転スピードが上がったら、自然にHSも上がってきそうな予感がする。
まあ、それを期待して待ちましょう。
娘に言わせると、「今日はパワフルだったよ♪」と言うし、これからだな、って感じ。
但し、帰りがけ、バッグを担ごうとしたら「ウグッ!?」と、右肩に抜けるような激痛が!
その右肩は、今も動かす度に痛む。
困った体だ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


日本ブログ村というのがあって、そこのゴルフカテゴリーの中に一人だけ気になる人がいてよく見ていたのだが、自分がゴルフから縁遠くなってしまい、しばらくこのゴルフ記事もサボっていたもんだから、ついついその人の記事も忘れてしまっていた。
で、久々にその人の記事でも見てみようかと…探してみると見つからない。
いつも10以内の人気ランキングだったのですぐに見つかると思っていたのだが、ざーっと50位くらいも探してみたのだが見つからない。
年のせいか、今となってはブログ名まで忘れてしまっている。はてさてどうしたものか。
SAIKOさんという名前のご老体なのだが…昨年の夏過ぎに腰を悪くしてゴルフどころでなくなってしまっていたようだけど、それでも毎日の更新があったハズなんだけど…やはりゴルフカテであればゴルフのことを書かなければダメなんだろうか。
そう言えば、このゴルフ記事も随分とランキングが落ちていた(苦笑)。
まあしょうがないんでしょうね。そりゃあ、ゴルフに夢中になっている時はゴルフの奮闘記は何でも面白いのだろうけど、こちらも生身の人間。自分の人生の中でゴルフの占有率なんてものは10%もいくものではない。ゴルフも面白いけど、ゴルフ以上に面白いものや興味のあるものはいくらでもある。
ゴルフの問題点は、占有率が10%もないのに時間の拘束率がべらぼうに高い事だ。
元々、金を払ってでも時間を買いたいと思っている私からすれば、ゴルフほど無駄な事はない。
それなら何故ゴルフをやるんだ!とお叱りを多方面から受けそうだけど、なんの事はない、今回の心臓病の一件でもハッキリした事だけど、健康の為である。
元々、50肩にでもならなかったらゴルフはやってはいなかった。
筋肉ゴリラにむざむざと負けるのもいやなので、特に筋肉ゴリラにゴルフ場でデカイ顔をされるとムカつくので人並みに上手にはなった。
シングルにもなった。
それでも心臓病になった。
そうなると、途端にゴルフへの興味が薄れた。
こんなにゴルフをやっていたのに心臓病になってしまうのか、と言う裏切られた感。ガッカリしてしまったのである。
但し、何もやってないと体のあちらこちらが勝手に痛み出してくる。しょうがないなぁ…と夜のお散歩の再開。次いでゴルフの練習の再開となった。
すると体が生き生きとしてくるのが分かる。
それでゴルフの練習を本格的に再開し始めたのだけど、これがなかなか戻る訳でもない。
娘と二人練習して、あれこれと言いあいながら練習しているのだけど、周囲の人間がじろじろとこちらを見るケースが最近多い。
なんでかなぁ…と思っていたら、昨日ふと気がついた。
言ってる内容はまるでシングルプレイヤー、飛んでいくボールは90台のヘボゴルファー。フォームをみれば100台の素人ゴルファー。
心の中で笑っているか呆れているかのどちらかなのだろう。
クソーッ!とは思うけどしょうがない。現実が現実なのだから。
以前は100台のフォームで70台の打球だから誰も何も言わなかったけど、今は、世間の目の風当たりが強いなぁ。
ホントに、ゴルファーってヤな性格してるわ。放っておけっていうの。
今年の春までには何とかしてみせるから。
でもね、昨日の夜のお散歩はサボってしまったし、今日はゴルフの練習に行く気もなれないくらいぐったりしてるし、でもね、そんなまったり感の中で大発見してしまったのだ。いえね、だから、人生ゴルフだけじゃないんだって。
にしてもSAIKOさん、気になる。ブログ名が思い出せない。老人性痴呆症健忘症かな。
やはり今夜はお散歩しよ♪



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今日も午前中に練習に行ってきた。
朝、少し気温が弛んだことと前日の夜に降った雪が少なかったせいか、今日の練習場は少し混んでいた。
人の行動というのはなんとも分かりやすい。
今日の私は朝から少し疲れている。昨日の夜に1時間半近くもお散歩してしまったからなのだろうけど、珍しく早く寝てしまって、朝の5時半には目が覚めてしまったことが原因だ。
眠いのと筋肉痛と体の疲れがごちゃ混ぜになっている。あげくに、新事業の準備の混乱で頭が少し混乱気味なのがいけない。
こんなに難しかったっけ?と思ってしまうのだが、まあ、産みの苦しみが多ければ多いほど愛しさも増えてくれるのだろう。
まあ、久々に気合いが入っている。それがとても心地よい。
なのだけど、体のあちらこちらが痛むし、今日は腰痛だ。左足の土踏まずは相変わらず痛い。
例によって入念にストレッチを始める。今日はいつもより入念だ。
新たに痛みが出てきたところがあれば、逆に痛かったところが消えていきつつあるところもある。
その辺を確認しながらの入念なストレッチ。
今日はストレッチだけで疲れてしまった(笑)。
さて今日はアイアンから取り出した。
練習を再開してから、ずーっと気になっているのが、打点のばらつき。
なんのことはない。下半身に力がないから上半身の動きを支えきれずにぐらついてしまう、という事なのだが、これを何とかしないと打点の安定などありはしない。
ドライバーの大きな振りでは、その辺のチェックができにくいのでアイアンからとなったのだけど…足の裏に神経を集中する。そしてボールに集中!
すると、下半身がぐらつくこともなくスウィング!フェースがボールを捉える瞬間まで確認できた!フィニッシュにも気を配った。なんとも美しいフィニッシュ。
素晴らしく力強い当たりが出た。方向も距離も十二分!
…なハズはない。そんなに飛んだらおかしい。
クラブを確認すると、何を間違えたかPWのつもりが9番アイアン!?
う〜ん、耄碌してきたなぁ(笑)。
まあ、クラブを間違えたのが分かるくらいには復活してきたということ。それに、9番アイアンが打てるんだったらPWはもっと楽だ。
で、本日のアイアンは、昨日までと打って変わっての絶好調。
まだまだ1クラブ落ちの飛距離だけど、それでも打点の安定は打っていて気持ちがいい。
そう言えば、フォーティーンのアイアンで打っていた頃はボール痕は見事に一カ所にしかつかなかった。
それが今のクラブといったら、ボール痕すらつかないのだから確認のしようもない。手に残る感触とボールの飛び方で判断するしかないのだ。
ボール痕といえば、去年の夏頃までは、ドライバーのフェースにボール痕がくっきりと残ったものだが、情けないことに、そのボール痕が残らなくなってしまった。
つまり、それほどヘッドスピードが落ちてしまったという証拠なのだろう。
43〜45あったHSが、今では多分40を軽く切っているのであろう。
早く、ボール痕が残るようなHSを取り戻したいとは思うのだが。
まあ、慌ててもしょうがない。
問題のドライバーを取り出すと、これが笑ってしまうくらい飛ばない。
せめて180ヤードくらい飛べよな…と思うのだけど、多分そんなには飛んでいない。
そんな現実を見せられてしまうと、だんだん目標も希望も小さくなっていってしまう。今は、180ヤードくらい飛んでくれ〜(笑)という感じ。
でも、今日はドライバーで一ついい感じがつかめた。
石川遼君のように下半身から動いて一瞬遅れて上半身始動!なんて打ち方ができるはずもない。去年やってはみたものの、上手くはまった時とはまらない時の差が激しすぎる。しかも、一日中はまるのは無理!何といっても、上手くできなかった時のリスクが大き過ぎたのだ。
なので、今日は両腕の動きと下半身を連動させることにした。これなら、いくら運動神経0人間の私でもできる。
すると!当たりが全然違う!力強いボールが出るようになったのだ。
但し180ヤードね。
最初、何であんなに力強いボールなのに180ヤードしか飛ばないのか…それがとっても不思議だったのだけど、それはそうだ。
だって、両手の振りのスピードに腰の回転スピードが合う訳ではない。
あくまでも、腰の回転スピードに両手の振りのスピードを合わせているだけなのだ。
という事はつまり、腰の回転スピードが上がるように、下半身強化あるのみ!と言う結論になる。
な〜んだ、慌ててもしょうがないじゃん♪
まあ、情けないけどじっくりとやっていきましょう。以前のように、下半身お構いなく上半身と腕の力で振り回す訳にもいくまい。
今のスウィングの方が楽だし方向性もいいし、打点が安定する。
と、本日は一つの方向が見えたような気がした練習となったのだ。
ちなみに、本日の練習が終わって風呂に入ってみると…驚いたことに胸筋が復活!
キュンキュンと動かせるようになっていたからビックリ。
春は近いかナ♪



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


秋田は大雪である。久々に「ホワイトアウト!」と叫びたくなるような吹雪を体験している。
毎日毎日、一体どこから雪がやってくるのだろうと思うくらい雪が降る。おかげで会社の周囲はまるで雪の要塞と化している。
問題は、自然に雪の要塞ができる訳でもなく、それらは全て人力だと言うこと。
社員が朝早くやってきて、雪寄せを始める。それは総出でやらないと間に合わない。時間もそうなのだが、少人数では体力がもたないのだ。
人によっては、自宅前の雪寄せもやっているだろうから、一仕事してから会社の雪寄せを始めることとなるから、毎日が筋肉痛だ。
大雪の後は、とても時間が間に合わずに、始業時間を過ぎても雪寄せ作業となる。そんなことが連日続いている。
そしてお仕事…となっても、もう体はへとへとである。大体、通常業務より疲れる大仕事をした後である、「頑張れ自分!」とハッパを掛けたところでどうにもなるものでもあるまい。
問題は、秋田の路面店はどこもかしこも似たような状況にあるという事。
商売をしに来たんだか雪寄せに来たんだか訳分からない状態の毎日。
路面で商売している以上、店の前をキレイにするのは当たり前の商売精神。そんなことは分かっている。百も承知。駐車場でお客様に何か問題が起こっても困る。そう考えれば、駐車場だってキレイに雪寄せしなければならない。
ところが、その肝心のお客様はやってこない。
なぜなら、お客様も自宅の雪寄せでへとへとなのだから。
かくして、雪国秋田の、大雪の今年は想像以上に不景気風が吹いている。
こんな時こそ、なんとか秋田の活力の一翼も二翼も担っている路面店に買い物に行ってあげたいとは思うのだが、免許歴30年を超える私でも雪道の運転は恐い。できれば運転はしたくない。ごめんなさい。
さてゴルフ。
最近は何もかも真面目にやっている。仕事は、昨日は朝から夜中の2時過ぎまでしまくりだった。
いつものように夜中の11時過ぎに、吹雪だというのにお散歩に出かけ、雪まみれになって帰ってきて、「やっぱりお仕事しましょう」と言うことになって、法律まみれの契約書を修正する作業を完了させた。夕方から始まったその仕事は5時間も掛かってしまった。
そんなに真面目にやっているというのに、どうにもならない事態というものが発生するもので、いやはや、人生とはいつも面白おかしくできているものだと感心する。
そんな忙しい最中であっても、ゴルフの練習と夜のお散歩は欠かさないようにしている。
2月の1、2、3日の3日間は、1日8時間以上も歩かなければいけない仕事があるから、今のうちから体を鍛えておかないと間に合わないからだ。
という事で、今日も午前中にゴルフの練習へと行ってきた。
体がちょっとしんどい。あちらこちらの筋肉が不協和音を鳴らしている。
できてきた筋肉の部位と、できにくい筋肉の部位のバランスが取れてないのだ。
その不協和音は、当然スウィングバランスを悪くする。
当たってはいるのだが飛びが悪い。
打点が安定しないのだ。HSもなかなか元に戻らない。
娘を見ると、娘の方も同じような状況である。娘の好調時には、体全体を使ってのパワフルなゴルフスウィングだったのだが、今は、上半身と下半身の動きが完全に分離してしまっている。
下半身の使い方を完璧に忘れてしまったようで、上半身だけで打ちにいってしまっている。
それではまともに当たるはずもない。
なるほど、私が心臓の手術で入院している時は娘もゴルフを休んでいた。という事は、筋力の落ち方は一緒ということなのだろう。
大体にして、全身を使ったスウィングなどと言う物は、全身が動いてくれるからできることであって、動いてくれないのであれば、いくら気持ちがあったってできやしないのだろう。
まあ、これは慌ててもしょうがない。
体を作っていくしかないのだろう。
HSの復活がなければ飛距離はどうにもならない。HSを何とかしたいのであれば下半身を鍛えるしかない。
それには走ることが一番なのだけど、心臓の関係で走れない。であれば、お散歩♪情けないけどお散歩♪
笑っている方々、お散歩しかできない心臓病の歯無しインプラントジジィに負けるなよ〜(笑)。
歯だって、3月いっぱいまでには仮歯くらいには何とかなるってさ。
でもなあ、本来なら去年の8月で完成予定だったのに、歯医者さんは嘘つきだ。
おっとと、またまたゴルフの話からそれてしまった。
肝心要、今年からは、今まで練習したこともない8番アイアンと7番アイアンの練習にも取り組んでいる。
去年までは練習する必要もなかったのだが、ドライバーが260ヤードから180ヤードに落ちてしまった以上、ロングアイアンの練習もしなければ間に合わないだろう(世間常識はどうあれ、自分の中では8、7番アイアンはロングアイアン)。
去年の暮れみたいに90台のゴルフだけは御免被りたい。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


新事業の打ち合わせで鈴木さんという人が来た。
よたよたしている。見るからに辛そうで哀れだ。
「どうしたの?」
鈴木さんは、今年初めに打ち合わせで会っているのだけど、その時も痛風になったとかで、随分と辛そうに歩いていた。
今日はその時よりも辛そうである。
「いやー、ヘルニアになってしまって」
弱り目に祟り目とはこのことである。
痛風で足が痛んでびっこを轢いて歩く、そこにヘルニアだから腰をかがめて歩かなければならない。まるで妖怪の様である。
ん…
「鈴木さんのようにはなりたくないなぁ」
と笑い飛ばしたものの、人間の体、痛風になるには痛風になる要因があるし、その要因はヘルニアにも及ぶのだろう。
そう考えれば、鈴木さんの様は決して人ごとではない。
私の場合、元々肝臓が悪かったところに糖尿病がやってきた。
糖尿病は合併症の病である。目に眼底出血が起こり、歯がおかしくなりインプラントだ。
そうこうしている内に心臓の手術である。
今度はどこに来るのだろう?と、そんなものを不安に思っていたら生きていくのが辛くなるだけだ。
できるだけ考えないようにしている。考えないようにはしているのだが、体のあちらこちらが不調だ。
鈴木さんとの打ち合わせは、本日の重要課題。なので、打ち合わせの前に気合いを入れるべくゴルフの練習へと向かった。
ちなみに、心臓の手術後は、何があるのか分からないので一人で行くことはない。必ず、娘か上さんに付き合ってもらっての練習となる。二人とも、私の為にニトロを常備してくれている。
さてゴルフの練習。
ゴルフが上手になりたいと言う練習とは少し違う。あくまでも、体の血流を呼び戻して正しく筋肉を付けるのが目的だ。だから、スウィング前のストレッチは入念なものとなる。
まあ、ストレッチだけで終わってもいいくらいなのだが、そう言う訳にもいかない。
寒い時は、いち早く体を温める為にドライバーから振ることにしている。
但し、どうしても寒さで体が縮こまってしまってスウィングフォームが小さくなりがちなので、できるだけ大きくするようにするのだが…今日は初めから驚くほど飛ばない。
確かにアゲインストなのではあるけど、それにしても160ヤードって事はないだろう。
昨日は楽々180ヤードは超えてくれていた。
しかも、若干フェード気味。
昨日の今日なのに、昨日とは体の痛みが違うし、何で昨日と同じ当たりにならないのか。
人間って不思議なもので、昨日上手くいったことは、今日も同じくできると考えてしまうのだが、実際には、昨日と同じにはならない。
昨日と今日では筋肉の付き方が変化しているのだから当たり前といえば当たり前。
そんなことは分かっているのだが、気持ちの方が昨日の延長線上にあるもんだから、筋肉と気持ちの不一致が起こってしまう。
特に、体を鍛え始めの頃にこの不一致は顕著だ。
という事でアイアンもガタガタ。
娘の方を見ると、娘もガタガタのようである。ドライバーが100ヤードしか飛ばない(笑)。
その娘は、30球程度も打ったところで早々にギブアップ。「腰が痛いのでストレッチでもしてる」と、ゴルフ練習場へ来たというのにストレッチを始めてしまった。
まあ、気持ちは分かるけど、こちらは黙々と練習。とは言っても、途中でストレッチをふんだんに織り交ぜる。ストレッチを途中に入れてスウィングすると、またまたスウィングがぶれてしまう。
まあ、.ここ数日練習するようになったからと言って、筋力が蘇る訳もなく、とにかく下半身が弱い。
上半身の重さに耐えきれずに下半身がぐらつき、上半身が前のめりになってしまう。
こうなると打点がバラバラ。一定したところに当たってくれない。
ん…時間が掛かりそうですね。
走れる人は幸せです。
下半身を鍛えなければゴルフスウィングはまともにはできません。
今夜もお散歩しましょ♪



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


お正月にサボってしまって…とお詫びしておきながら、またまた随分と更新をサボってしまった。
毎日のように更新していたこのブログなのに、なんと、今年に入って今日が2度目の更新である。
書くことがない訳でも時間がなかった訳でもないのだけど、なんだかものを言えば全部愚痴になるような気がして、書くこと自体をためらってしまった。
昨年の年末、突然新事業の話が舞い込んだ。
やるべきかやらざるべきか、随分と困ってしまった。
心臓の手術をして以来、自分の人生の先行きは短いように思えてならない。まあ、そんなに長くはないだろう。
そうなると、成功が約束されている訳でもない新事業に時間と体力を使うのはいかにもアホらしく思える。
どうしたってこのまま人生の終焉を迎えた方が人生左団扇だ。
何も賭に出る必要はない。
そうこうしている内に時間は過ぎ、話は進み、結局新事業はやる事になった。
今は、どう考えても負け戦のものを勝ち戦にすべく奮闘中である。
まあ、そんな状況の中、何を言っても愚痴になってしまう感があること自体、あまり楽しい状況ではない。
自分の人生の中で、負け戦と理解しながら臨む経験っていうこと自体がなかったのだから、なんとも不思議な違和感が漂っている。
そんな中でも、最近になってゴルフの練習は再開するようになった。
去年の暮れに97を叩いてしまったのだが、あのゴルフが自分の今の実力と解釈している。
1年の間に75から20以上も落ちて97になるなんてどういうゴルフ?とも思うのだが、どうだろう?普通に考えて、インプラントの手術で歯が無い状態は未だに続き、夏過ぎには心臓の手術で入院もした。
心臓の手術後は、恐くて思いっきり振ることはできなくなり、練習自体もすることがなくなってしまった。
こうなれば、元々基本も何もないゴルフ、垂直落下式に落ちるところまで落ちて当たり前だろう。
ところが、そうやって体を大事にするあまり、体のあちらこちらに不調が生ずるようになってきた。
まず、右足の付け根が動かなくなってきた。
心臓の太い血管が詰まるくらいだから、体のどこの血管が詰まっても不思議はない。
心臓にも、時折種類の異なる痛みが走る時もある。多分、心臓の違う血管が詰まり始めているのかも知れない。
体のあちらこちらが不調だらけだ。
医者からは山のように薬が処方される。それを全部飲む事を考えるだけで憂鬱な気分になってしまうのだが、新事業を始めるというのに、そんな体だからといういい訳を持つ事すなわち負け戦の始まりだ。
練習に行こう!体を動かそう!体にも頭にも活力を取り戻さねば何もできるはずもない。
という事で練習を再開してみると、体のあちらこちらの筋肉が落ちてしまっていることがよーっく分かる。
特に、お尻の筋肉。練習再開後は、お尻の筋肉がパンパンにふくれあがった。
左腕の筋肉も痛む。
まあ、随分とサボってしまったもんだ。
張りぼてのようにして作った筋肉は、少しサボったことで萎えてしまっている。
こんなんでまともなヘッドスピードが出る訳もない。つまりは飛ぶ訳もない。
それどころか、異常にシャンクが出る。
初めのうちこそ、シャンクの出る原因を色々と考えてみて、もっともらしい理由をつけてみたのだが、なんのことはない、下半身が萎えてしまって、スウィングがぶれているのだと分かった。
だから、下半身のバランスに気をつけて打つとナイスショット!ちょっと油断するとシャンク!
以前は、そんなこと気にする必要もなかったのだけど、萎えた下半身は気をつけないとどうしようもないシャンクとなってしまう。
まあ、下半身強化ですね。
下半身を強化すれば体全体の強化にもなるだろうし、ゴルフの練習をしていれば上半身の強化にもなるだろうし。
という事で、最近は、毎日夜のお散歩を継続中なのだ。
先ずは人並みの基礎体力ね。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


あけましておめでとうございます。
随分とこの更新をサボってしまった。それもこれも仕事なんてする気が起こらないほど穏やかな年末年始を過ごしてしまった。
順調に仕事を終えて迎えた年末。そろそろ養老院もお休みだろうし、今日辺り行かないと拙いかなぁ…と、養老院のカレンダーを確認して貰うと、なんと!まずい!養老院は30日で終わっていた!
慌てて実家に電話をしてみても、電話に出るなんて事は…あり得ない。きっとまた、電話線のコードを抜いてしまっているのだろう。
という事で、デパートへ行ってお正月用の食料品の買い出しに行って、注文してあったおせちを受け取りに行って…それから実家へと向かった。
実家へ到着すると、おばあちゃんは案の定、昨日から食事を摂っていなかったらしい。
ここからがびっくり!
買ってきたお昼用の「ガッツリ系天丼(海老フライトかが何本も入っているボリュームたっぷりのヤツ)」を、全部平らげ、いやいや、もうやめておいたらと言うのに、最後まで食べ、その後、我が家お気に入りのホールケーキを出してあげたら…おばあちゃんの目はきらん♪と輝いて、それも全部平らげてしまった。
「母さん、アナタは100才まで生きるよ。俺の方は、もう長くはないから、俺の方が先だな」
と言うと、おばあちゃんはもの悲しげに笑うばかりだった。
そんなおばあちゃんに、正月用のおせちやらパンやら果物やら3日間過ごせるように用意して我々は帰った。去年の大騒ぎの事があるので、秋田の家に連れて行くわけにもいかない。
ようやくお正月。
朝ご飯は、ウニとイクラと毛ガニのどんぶり。まあ、各々が好き勝手に盛りつけて食べるのだが、これがメチャクチャ美味♪

20110101112910.jpg
いつもなら、大晦日の真夜中に食べる年越し蕎麦は、今年はお正月のお昼ご飯となった。
夜は大晦日の夜に続いておせち。
おせちを鉄板で焼いて食べると意外に美味しいく食べられる。
まあ、とにかくゆったりとしたお正月。
ゴルフの練習は、例年元旦から行っているんだけど、今年は2日目に行った。
最近運動してないせいか、体の筋肉バランスが崩れてしまったみたいで、体中が筋肉痛になってしまっている。家族に聞くと、みんなが体が痛いという。まあ、風邪のせいもあるかとは思うのだが、これが、練習する事でスッキリ。
弱っていた筋肉が蘇った。
ゴルフの方は相変わらずと言えば相変わらず。
調子良い時は、どんなクラブでも打てると思っていたのだけど、今はどんなクラブも打てそうな気がしない。
大体、マジェスティのグースネックのアイアンで打つと、調子は良いのだが、その後、フォーマルなフォーティーンのPWを使うと、途端に調子が狂ってしまう。
シャンクが出てしまうのだ。そのシャンクを調整するのに4打も掛かってしまう。これって、実践で使えないだろう。
マジェステイのPWが寄せで使えればなんの問題も起こらないのだが、クラブの特性でパチン!と打たないと高く上がって飛んでくれない。
変なクラブ…。
一方。フォーティーンのPWはパチンと打って思い通りの高さだし、思い通りの飛距離が作れる。
いやはや、クラブの特性って凄いね。
今は、もう一度、昔から使っていたフォーティーンのアイアンに戻そうかとも考えている。
ドライバーは、年末に思いがけず佐藤先生に教えて貰った事が役立っている。
つまりは、私の場合、アイアンと同じ打ち方って事なのだけど、まあ、それだけ。
確実にヒットはするけど距離は出ない。
まあ、今のうちは確実にヒットするだけで良いか。
ゴルフのお話はここまで。去年は歯はなくなるし、心臓の手術はするしで、これでゴルフが相変わらず上手かったらその方がどうかしている。
例えば、石川遼君から歯を取って、心臓の手術をしたらどうなんでしょう。考えたら分かるよね。
2日目。
ようやく宝くじを見てみた。200枚も買ったというのに、かすりもしてない。当たりは全部末当…こんなのアリ!
昼ご飯はおせちとお蕎麦。
我が家はお蕎麦が好きで、三が日は大体はお蕎麦が主食となる。
上さんの作るお蕎麦が旨いのだ。…ところが、今年のお蕎麦は3~4種類位も買ってきたというのに、どのお蕎麦も不味い!どうにかこうにか、上さんの作るそばつゆと天ぷらの旨さで凌いではいるのだが、かなり残念。しょうがない、豪華にいきましょう!という事で、タラバ蟹の天ぷらをのせて食べてみる事に…まあ、豪華は豪華なんだけどね…これは明らかな失敗作。タラバは大味すぎる。

20110102114510.jpg
夜は松茸ご飯とした。京都の丹波の松茸2本入りという豪華な松茸ご飯。これが、今回は上さんの味付けも良くて大正解!

20110101210643.jpg
真夜中には、酒のつまみにと私が料理を作った。
アワビとホタテと海老、それに野菜を加え、最後に生湯葉をアレンジして出来上がり。これがなかなか美味♪
こんな感じで、まあ、今年の正月はとにかくよく食べた。
おかげで、血糖値が200を下回る日はなかった。
ちょっと心配。
それにしてもよく食べたお正月だった。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】