2011年5月アーカイブ

 大変な強行スケジュールだった。
朝の5時に起きて仙台へ。真っ直ぐに海岸沿いへと向かい、震災の爪痕を目の当たりにしてきた。
もちろん、報道の通りの見るも無惨である。次第に言葉を失った。
但し、被害は海岸線沿いのみ。
その海岸線沿いでも被害の大きかった所と小さい所がある。
そこは少し意外な感じがした。
報道は、悲惨な所しか報道しない。比較的無事な所は報道にかすりもしない。
我々が見せられてきたのは、そういう悲惨な状況ばかり。
道を走っていても、どこに避難所があるのかすら分からない。
だから、相応の努力をしなければ避難所の人々がどんな悲惨な毎日を送っているのかなんて目にすることも聞くこともできない。つまり、報道というのは、そういう所に行ってそういう報道をしているということで、我々はそう言うものばかりを見せられて、あたかも、宮城県全体がそんな悲惨な状況なんだろうという思い違いをしてしまっている。
仙台の駅前に行くと、そこは活況である。震災前と何ら変わらない活況がそこにはあった。
アーケード街には普段より人が溢れている。暗い顔をしている人等いない。
それが現実。

 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!

考えてみれば、震災の影響は大きかっただろうけど、直接的な大被害にあった人は人口比率からいっても面積比率からいってもそんなに多くはない。
宮城の人達はそんなに弱くはない。商店は既に修復する所は修復して商売をしている。いつも通りだ。決して、「復興のために買って下さい」なんて女々しいことは言わない。
国道沿いのお店も活況であった。
大きなショッピングモールなんかも復興に向かってバンバン工事している。もうすぐだ。
寧ろ、情けないのは公共機関の施設で、破損したままで手つかず。閉鎖したまんまだ。
盛岡市の街中も同じような状況であった。郊外店の活況ぶりに驚かされた。
こうなると寧ろ情けないのは秋田。被害という被害が殆ど無かった県なのに、いつまでも自粛ムードだ。
このままでは、他県との差は開くばかりだろう。
自粛なんて言っている人は、一度震災の地に行って、その明と暗をよーっく見て見た方が良い。
 
その日は何故か秋田に一度帰った。夜遅くにはなったが、やはり家に帰るとホッとする。
そして翌朝早くにまた出かけた。
今度は平泉中尊寺である。
今回訪れるのは多分10数年ぶり。今度世界遺産に認定されることが確実となったことから、その前にもう一度見ておきたいと思ったのだが、なんだろ?風景が随分と違って見える。今まで見えてなかったものが見えて結構面白い。
で、そこから盛岡へと回って夕方には帰ってきたのであるが、そこから一仕事。
いやはや、我ながらよく仕事をする。

 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!

で、今日はゴルフ。
久々のゴルフなのだが、体も神経も疲れ切っていて、どうにもやる気が起こらない。
体も動かない。
つばきコースの1番。
先ずは当たり損ないからスタート。
2打目も当たり損なって、まだ90ヤード。
3打目にようやく乗せて2パットボギー。
うん、パターもいけない。
まあ、何もかもダメ。ドライバーは芯に当たらないし、フェアウェイウッドは腰砕けで手打ちだし、アイアンを振れば、アイアンの重さに振り回される始末。なんと言っても腕力がこそげ落ちている。
いくらゴルフでも腕力は必要だ。腰が砕けたんではお話にならない。パターに至っては、目がかすんでいてどうにも落ち着かない。
まあ、それでもボギーは取れるんだな…と。
でも、2番ホールは早速のダボ。
と、そんな感じが続いてハーフは45の17。まあ、よくこんなんで収まったもんだなと。
ハーフで既にぐだぐだ。気力も体もついていけない。
後半はさくらコース。
見ると前の組がいる。いよいよぐだぐだゴルフだ。
まあ、お散歩に来たと思いましょう。
ところが、前半6ホール終わって5パー、1ボギー。
少し動いたらスウィングが少し様になってきてしまった。
でも7番ロングで、余りの芝の美しさに、2打目地点で寝っ転がってしまった。さぞかし気持ちいいだろうなぁと思ったのだが…なんともはや、芝の下はべちょべちょでズボンはずぶ濡れ(笑)。
まるでおしっこでも漏らしたような大きな跡があちらこちらに残って、そのまま2打目。
そういうゴルフを冒涜するようなことをやったんでは…その後は3ホール連続のボギーとなってしまって、40のパット数17。
トータル85のパット数34。
ん…まあ、筋力がない。気力もない。
お散歩もしましょう。ゴルフの練習にも行きましょう。
自分の実力では、練習も無し、トレーニングも無し(お散歩)では70台は無理ですね。
でもまあ、今日はつくづく疲れた。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今日はこれから仙台。
明日は盛岡平泉。




にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


本日もお天気快晴。
じっとしているのはいかにももったいない。
と言うことで今日は秋田の有名な秘湯巡りの乳頭温泉郷へと出かけることにした。
まあ、本日はゴルフは無し。
山を歩けば、それだけでも足腰が鍛えられる。今の自分に必要なのは強靱な足腰…とは言っても、今更強靱なんて望むべくもないが、せめて人並みの筋力が欲しい。
動けばそれだけ運動になる。
先ずは、有名な鶴の湯。
何年ぶりだろうか?随分と久しぶりで、10年以上は経っている。以前と雰囲気は変わらないのだが、昔来た時と違って、以前は見えなかったものが見える。
露天風呂は相変わらずの美しい白色だ。

 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!



 
続いて黒湯。
ここは野趣溢れる温泉場だ…と思ったのだが、なんだか昔来た時とは随分と趣が違う。
あれ?こんな感じだったっけ?
人間の記憶なんて案外いい加減なものだ。
最初に露天風呂なのだが、ふんふん…と。
まあ、こんなものなんだろうな、と思っていたのだが、若女将さんらしき人に内湯と露天が一緒になった所に案内され雰囲気は一変。
特に、男性用に入ると、そこは絶好の景観。眼下に先達川が流れ、滝のように流れるダムのようなものが見え、茅葺きの離れが見え、まあまあ、ここは素晴らしい。突然目が輝いてしまった。
そこの離れは、何人泊まっても3万円プラス諸費税なんだそうである。だから、6人位で泊まったら随分とお得感がある。
意外だったのは、その黒湯で沢山の映画のロケが行われており、記念写真がいっぱいあったこと。
若い頃の柴田恭兵とさんまの写真まで見つけた。佐久間良子や中野良子までいた。
まあまあ、懐かしい顔ぶれがあって、楽しい時間が過ごせた。
黒湯がこんなに感動的な温泉だったとは、来てみるもんだ。
続いて孫六温泉。
ここは黒湯からすぐに見えるのだけど、無理をせずにいったん駐車場へ戻って、そこから車で進むことにしたのだが、生憎と通行止めになっている。しょうがないので歩くことにしたのだが、これが意外に遠い。

 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!



 
いやはや、こんなに歩いたっけ?
しかも、以前来た時には、駐車場から絶景が望めたはずなのだが、今は、木が生い茂ってどこがどこだかさっぱり風景が変わってしまっている。
やっとの思いで付いて、さあ帰りましょうとなったのだが、帰りは登りで下りよりも遥かにキツイ。
同行の女性はヒールにもかかわらずスイスイと登るのだが、私はゼイゼイ。
いやー、キツイ!
こんなんじゃ、山形県の山寺なんて無理無理。
随分と筋力が落ちたもんだと再確認させられた一日であった。
まあ、毎日歩く事から始めましょ。
これじゃあ、飛ばなくなって当たり前です。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


お天気快晴。絶好のゴルフ日和だけど、最近はお仕事も一生懸命なためゴルフどころではない。
で、仕事前の軽い運動のつもりで練習場へと。
先日のシャンクが気になったので、練習場でそのシャンクを再現。
どうやったらシャンクが出るのか、その再現を試みる。
ようやく百発百中でシャンクが打てるようになった(笑)。
珍しく娘も同行していたので、見て貰うことにした。
「左肩に注目して。左肩でボールが見えない位になるとシャンクが出るんだ。どう悪いのか教えて」
と頼んでシャンク!
う〜ん、見事なシャンク(笑)。
ところが、娘は困った顔をしている。
「どこが違うのかまるで分かんない」
ハアー、こんなにも見事にシャンクを打っているのに違いが分からない!!!
私は、大体フォームを見れば何が悪いのか分かるのだけど、まあ、球の音を聞いても分かる位なんだけど、娘は昔からそういう才能はないみたいだ。

 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!



 
「普通に打ってみて」
娘にそういわれて普通に打ってみると…シャンク!
はあー、普通の打ち方を忘れた!
ん…アホとアホが二人いるととんでもない事になるもんだ。
まあでも、シャンクの原因は解明できた。自分で解明。娘を当てにした私がバカだった。
なんの事はない。足の筋力が弱っているため、上半身に付いていけない下半身が前屈みに!つまりは、どこかで体重がつま先にかかってしまう。
スウィングをするプロセスのどこかでつま先体重に移動してしまうと言うことらしい。
バックスウィングの時に、左肩にボールが隠れてしまうと言うことは、おそらくは、バックスウィング時につま先体重になってしまっているのだろう。
そうと分かれば、対処方法は簡単。足の真ん中なんて贅沢を言ってられる体でもないので、踵体重でアドレス。
どっしりとしたアドレスを取って打てば、はい、シャンク病はあっという間に克服。
まあ、先日のゴルフでシャンクが出てしまったのは、よほど疲れていて構えた時から足に神経がいってなかったんでしょう。

 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!



 
去年あたりまでは、まだ足の筋力があったため、体制が崩れても、一本足打法でも芯で打つことはできたのだけど、今年は、そんな曲芸みたいな打ち方はできないようだ。
と言うことで、夕方にはお散歩。
上さんと娘は走っていたが、私にはムリ。
歩くだけでもしんどい。
3年位前には、山形県の山寺を楽々登ったのだが、今はムリ。
毎日のお散歩、復活しよう。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


リベンジでせっかく75が出たというのに、スコアカードの誤記で破棄しなければならないとは、なんとも情けないヤツ…とか思う人もいるかも知れないが、当人は案外あっさりしたものだ。
寧ろ、これでまたハンディが上がる方が憂鬱。ハンディなんか、もうそこそこで良い。
大体、バックティで勝負もできないヤツがハンディの6だの7だのが恥ずかしい。それに、あの日はそんなに調子が良い訳ではなかった。天使のボールを失ってからは、ドライバーの飛距離はがくんと落ちてしまったし、曲がるし、ラフに入るし、ラフに入ってしまえば、今のアイアンでは手も足も出ない。
なんと言うか、フォーティーンの場合は切れ味鋭い刃物って感じがあったのだけど、マジェスティの場合はなまくらの鉈で打っているような感じ。
おまけに、実戦で殆ど出たことのないシャンクは出るし。
とてもとても75なんて出るはずがないのだ。
ただ、一昨日は悪いながらも慎重であった。ドライバーが悪くても2打目が悪くても3打目の寄せが上手くいった。
不思議なほど寄せが上手くなっていたのだが、なんの事はない、芝が綺麗に揃っている時期でグリーン周りのライがとても良かったのである。
とにかく、1打目を失敗してもフェアウェイに戻すように注意を払ったのが功を奏したようだ。
そこで好調のパター。
誰だか知らないけど、日本プロで初優勝した彼を見た時、アイツにできるのなら俺にできないはずがない、と思い込んでしまったのが功を奏している。
リベンジなので、とにかく集中力を切らさないようにやった。だから、いつもより時間がかかってしまった。
そして最初から疲れてもいた。まあ、体力がないのである。
70台ならいつでも出せるという感もある。だから、一昨日の75にそんなにこだわる事もない。
寧ろこだわっているのは天使のボール。

 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


 
娘のおかげで、そのボールは取り戻す事ができた。
「ボール探しに行こうよ!」
と言ってくれた娘には感謝である。あやうく涙が出そうであった(笑)。
一体、あの天使のボールはどこからやってきたのだろう?
バッグの中を探しても見たのだが、それらしきケースは見つからなかった。
ボール購入は必ずケース買いしているはずなので、まだ残っているはずだ。
家に帰って探してみると、それは簡単に見つかった。
そのケースを見て思い出した。
3個セットにおまけの1個がパッケージングされていて、そのおまけの1個を持って出かけたのであった。
だから、まだ3個残っている。
何処で購入したかも思い出した。
椿の売店で、「あれ?黄色があるわ。珍しいな」
といって購入したものである。
普段は二木ゴルフから購入しているのだが、あれは珍しく椿ゴルフ場で購入したもの。
どうにも気になる。飛ぶボールの方は、ロゴマークが少し太めなのだが、その違いも気になる。
思い切って、香川県にあるキャスコに電話をしてみた。
まあ、相手の言うことは予想通り。
「同じ品質と言うことに気遣いをして作っているので同じ物です」
それはその通りでしょう。
「そうだと思いますけど、私は、ずーっと同じキャスコを使っているんですよね。で、先日は、余りにも違うのでコースで打ち比べても見たんですよね。
すると、明らかに弾道が違うんですよ。古いキャスコが50度くらいで上がるとすれば、このキャスコは40度。
しかも曲がらない。ランも出る。20ヤードは確実に飛ぶんですよ。なんと言うか、球離れがパチン!という感じで早いんですよね。だから初速も早い。使い始めの頃は余りに初速が早いので球の行方を見失ったほどなんです」
「キャスコの中にはスピン&ディスタンスという種類もあるんですが」
「あれはダメです。私の場合、スピンが多すぎるので、アイアンならともかく、ドライバーでは確実に曲がってしまいます。古いキャスコでも曲がりやすいです。でも、この新しいのはとにかく曲がらないんです。いや、曲がったことがないんです。フェウェイキープ率がほぼ100%で、しかも飛ぶ、しかもランする。夢のようなボールなんです。だから、買い分ける方法があるならとお電話してみた所なんです」

 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


 
ここでようやく、相手はクレームの電話でないことに納得がいったらしい。
それどころか、その夢のような天使のボールに興味を持ったらしい。
それはそうだ。そんな夢のボール、作為的に作れるモンならバンバン作ってボロ儲けができてしまう。
「その2つのボールぜひ送ってみて貰えませんか?」
ときた。
調べてみたいというのであるが、
おいおい、この傷だらけのボールを入れて後4個しかないのに、そのうち1個送るのか?
ちょっとヤな感じはするのであるが、ここまで話をした以上、送らない訳にもいかないだろう。
明日…つまり、もう今日なのであるが送ってあげることにした。
キャスコが、これで一段パワーアップしたボールを開発してくれれば、それに越したことはない。
どんな結果が出るのか、ちょっと楽しみなのである。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 まあ、昨日は気分の悪い一日だった。もちろんゴルフも気分の悪いゴルフだった。特に後半なんて何をどうやったんだかさっぱり思い出せない。…思い出せないのはボケの始まりのせいなのかも知れないが(笑)。
で、今日は昨日のやり直し。娘との不協和音もこの辺で解消しておきましょう、という事になった。
スタートは急遽決まったことなので10時30分というへんてこな時間となった。
天気は良いし、風はあることあるけど昨日よりは緩やかだ。
但し、体のあちらこちらが痛い。やはり、昨日の運動量はちょっと堪えた。後は、普段の運動不足が祟っている。
後半の落ち込みも、この体力不足が原因だったのかも知れない。
さて、さくらコースの1番。なんだか自信がない。果たしてあのバンカー超えられるのか?だって、体が痛くて体が回っていかないぞ。
ということで、普段は猛烈素振りを3回するのだけど、この猛烈素振りを5回に変更。ようやく体の可動域が広がった。
という事でまあまあの当たり。但しラフ。
このラフがねぇ、実を言うと、昨日のドライバーは最高で、真っ直ぐ!ことごとくフェアウェイを捉えてくれたのだ。
だからラフなんて気にもならなかったのだが、実際にラフに入ってしまうと…そろそろラフが深くなってきている。「イヤだなあ」と想いながらの第2打は、思いっきりラフに掴まってどんよりと、しかも右!
結局3オン2パットのボギースタート。
なんだか嫌な予感。これでは昨日の後半と同じではないか。
そんな事を思い始めた2番。またしても、いやいや、今度は掴まりすぎて左!バンカーの手前ギリギリセーフ。
いやはや、今度はラフのおかげで止まってくれた。
そこから難なくパーオン。おまけにロングパットが決まってバーディ!
あの日本プロのシーンを見てからパットが大好調なのである。
「アイツが入るなら俺も入る!」
そう思うだけで好調だ(笑)。
大体、パターなんて体力も何もいらない。センスと練習量だけだろう。そんなに差があってたまるもんですかってーの。

 
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!

 

 
3番ロングはドライバー絶好調!5番フェアウェイウッド絶好調!楽々パーオン2パットのパー。
問題が起こったのが4番のショート。
高い球が打ちたかったのでキャスコのオレンジボールを選択…そしたら慎重になりすぎたのか、疲れが出て上半身に振り回されて体が前に出てしまったかで、少々シャンク!打球は右の林の中に消えて行ってしまった。
やれやれと暫定球で取り出したのが、同じキャスコの黄色ボール。
これは低い球が出てしまうのだが…と雑念を持ちながらのショットは、思いっきりシャンクの池!直撃!
余りのショックに呆然!
もういいや!と林の中に第一打を探しに行くと、木に跳ね返ったのかどうか、打ちやすい所にあって、これを難なく寄せて、しかもロングパットが決まりパー。
まあ、パットの調子が良いと気持ちが良い。
意気揚々と5番に行くと、さっきの黄色ボールがないことに気がつく。
いやいや、1個だけって事はないでしょうと、バッグの中を探すのだが、同じ種類のものはない。
しょうがないので元から使っていたオレンジボールで打つと、明らかな打感の違い。
球離れが悪く初速がやたらと遅いことに気がつく。しかも最悪なのがボールが高く上がること。
明らかに飛距離が20ヤードくらいも落ちている。
あの黄色ボールを使い出してから、2打目はいつもショートアイアンになっていたのだけど、今日はやむなく7番ウッド。但し、今日のフェアウェイウッドは絶好調で2オン2パットパー。
但し良かったのはここまで。ドライバーの調子がイマイチ(黄色ボールが無くなったせい)で、3連続ボギー、但し最終9番だけは奇跡の寄せ1パーで、トータル39のパット数14。
この時はまだ、自分の体の疲れのせいで飛ばなくなっていたと思っていたのだけど、後半のつばきコースへ行くと、さすがになんか変だぞ?と思うようになった。
ボールがストレートに飛んでくれない。微妙にスピンがかかっているのだろう、ボールが微妙に変化するようになった。大体距離が相当落ちている。
そんな中、1番は寄せ1のパー。
まあ、アイアンの調子もがた落ち。一度シャンクしてしまうと、恐くてしょうがない。
2番で飛んでいないことがハッキリとした。
昨日の失敗を反省して、今日は左の巨木狙い。これが見事ハマって、ボールは巨木を超えていった。
最短コースである。一体何処まで飛んでくれているのだろう?とワクワクしながら行くと、なんとバンカー!?
はあーーー!?意味が分からない。いくら何でも、こんな所のバンカーに掴まるものか?
でもまあ、ここはボギーで収めたのだけど、次の3番ショートも、快心の当たりにもかかわらず、届かず!尚かつバンカーに転がり落ちて…まあ、ここは絶妙の寄せで1パットパー。
どうにもならんな…という感じなんだけど、何故か4番ロングもパーオン2パットパー。
あはは。ゴルフがよく分からん。
5番はロングパットを決めてパー。まあ、パターだけは良い。
 
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!

 

呆れたのが6番。2打目地点を見てびっくり。信じられないほど飛んでいない。もう一度ドライバーで打ちたい位なのだが、そんな技術がある訳でもなく、絶好調の5番ウッドで打つとこれがグリーン手前。
難なく3オンして、長目のパットを慎重に決めてパー。
あらま、4連続パー…なんだけど、当人イライラしていてそんな事どうでも良くなってしまっている。
その後もラッキーの連続でパーが続き、気がつけば7連続のパー!
トータル37のパット数12!
総トータルが75!パット数は、見た事もない26!
いやはや素晴らしい!でも、ゴルフは大したことなかった。あの黄色ボールを無くしたショックは辛い。
同じキャスコの同じソフト&ディスタンスなのに飛び方がまるで違うってどういう事なんだろう。
そんな事ってあるのだろうか…ちなみに、娘も案外調子が良くて90の28。その娘が、
「ボール探しに行こうよ!」
と強く言ってくれて、終わった後探しに行くと、池の中から難なく取ることができた。
黄色とオレンジのボールなのだが、僅かな違いがロゴマークの太さ。黄色の方が少し太めになっている。

kascoball.jpeg
どこか違うものなのだろうか?
この黄色のボールが欲しい。
私には天使のボールだ。
これからは、ボール選びにも少し気を配ろうと思う。ボール一つで20ヤードも違ったらエライ違いだ。
 
追記:よほど疲れていたんでしょうね。これを書いている途中で、スコア誤記に気づいてしまった。
さくらコースの6番パー4、4の1と書くべき所を何故か5の1と書いてしまっている。娘が4の2だったのでよほど口惜しかったのか(笑)。早速コース関係者に連絡してスコアカードを破棄して貰うことにしました。
お粗末。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 天国と地獄のような一日だった。
先ずは地獄から始まった。
今日はロイヤルセンチュリーに行きたいと思っていた。なんのことはない、椿は少々飽きてしまった。そんなに気合いを入れなくても、そこそこのゴルフで70台が出てしまう。
私程度の実力で、いくら何でもそれはつまらない。かといって、パープレイが狙えるようなレベルでもない。
だとしたらメチャクチャに打ちのめされるゴルフコースでのプレイというのも乙なものではないか。
そんな風に思っていたら、娘は仕事をすると言う。
カチンと来た。日曜日はゴルフと決まっている。
天気が晴れていたらゴルフだ。朝早くは雨になる予報だったから予約は取ってはいない。
外を見ると雨は降りそうもない。ならばゴルフだ。
娘の「付き合ってあげる」という態度が気にくわない。
更に、バカ嫁は「私は椿の方が気が楽♪」とぬかしやがるし、娘は「センチュリーは遠いじゃない」とたたみかける。
で、爆発!こいつらは人の顔色を見て喋るという事ができない。
爆発したらもうダメ。その噴火は延々と続く。朝の9時から始まった噴火はお昼を過ぎても収まらず、1時を過ぎ、もう絶望的な時間となった。2時頃になって、ようやく和解のような形になったが、2時過ぎである。
事を収めるにはゴルフをやるしかないのだが、このバカどもは、ようやく椿に電話をかけ始めた。
なんとかやらせて戴くことになったのだが、スタートは2時40分。
今日は混んでいたらしい。駐車場を見ると満杯である。
さくらコースからのスタート。二人は、今頃ようやく気を遣って色々と元気にやってくれているが、こちらは未だに根に持っている(笑)。
まあ、あいつらは色々と言い過ぎた。
ブスッと、黙々とゴルフをする。
スタートホールこそボギーだったが、ドライバーの調子が良い。
2番パーオンパー。3番ロングもパーオンパー。フェアウェイウッドも抜群である。悪いのはパターぐらい。
4番ショートは風を読んでのベタピンバーディ。
5、6、7番と、全てパーオンパー。
この時点でパープレイも見えて来たのだが、こんな調子でゴルフをやられたら、上さんは大変な騒ぎ。
あちらこちらで走りまくり、ゴルフを楽しむなんて状況ではない。ハアハア、を通り越してゼイゼイ言いながらパターをやっている。
8番ショート、1オンしたにはしたのだが、ファーストパット大ショートであえなく3パットボギー。
9番も惜しかったのだが、カップをナメてボギー。
前半は38のパット数18なのであった。
かかった時間が1時間15分。3人でこの時間は驚異的。上さんにしてみればやったこともないような、それこそ走りまくりのゴルフだ(笑)。
まあ、私には天国のようなゴルフ。
さて後半はつばきコース。ここから地獄のようなゴルフが始まった。
好調は続いて、1番からパーオンパー。
このまま、今日はとんでもないスコアが出るのか!という予感もあったのだが、2番、突然目の前にある巨木が気になってしまった。
というのも、今日は強風のため。できるだけ風の影響が少ないボールを使っている。
その低く出るボールのフィーリングが気に入っているのだが、低いボールだと、その巨木のてっぺんに引っかかりそうな気がしてしまったのである。
それが運の尽き。地獄の始まり。
心持ち右方向を向き打つと、なんと!それまで綺麗にストレートボールしか出なかったのに、ぐにゃりとスライス!大きく右に曲がって…まあ、それはそれでしょうがないのだが、落下地点に行くと、今度は目の前に大きな巨木が!
どうあってもグリーンを狙いようがない。
まあ、レイアップすべきなんでしょうけど、私はグリーン横のバンカーを狙った。
これがまたしてもスライス!
まあ、原因はよーっく分かっているんだけどね。
スライスしたボールは右の林の中の大きな木に当たってポトリと落ちた。
またしても木が邪魔でグリーンを狙えない。
しょうがないのでバンカーを狙って、どうにかこうにか4オンして2パットダボ!
まあ、よくもダボで済んだものだとは思うんだけど、これでどっと疲れてしまった。
風は強いし、なんだか知らんけど今日は距離が長い設定だし、うぎゃぎゃぎゃ!な気分になってしまった。
3番ショート、アゲインストの165ヤード。7番ウッドを持ったら、もうダメ!またまたスライス!
もう腰がいう事を聞かなくなっている。
なんとかボギーで凌いで4番ロング。
ドライバービッグドライブ!5番フェアウェイウッド、これまたビッグドライブ、残り100ヤードは、安全圏を考えて花道からオン。
ところがここから3パットボギー…ハアー、もうダメ、何かがガラガラと崩れる。
5、6番と連続ボギーで、気合いを入れ直した7番。この辺でパーくらい取っておかなきゃどうにもならない。
という事でビッグドライブ!当然パーオン!
でもダメ。悪夢の3パットボギー。
8番ショートも快打!でも、風にあおられてグリーン手前でポトリ。もう気力もナニもな〜んもなし!
またしてもボギー。
最終の9番ロングは、今日一の当たりだったんだけど、何故か今日初の左へ!おかげさまで木に当たって…まあ、当たんなきゃ池だったのかも…と気合いを入れ直しては見たものの、なんともちぐはぐで肝心な所でミスの連発。結局はダボで締め括り。
まあ、ダメな時は何をやってもダメ。
2時40分にスタートして、終わったのが5時20分。もう少しゴルフを楽しんだ方が良いね。日曜ゴルフは高いんだから。反省。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日は、ゴルフに向かない年齢になってきたと書いたけれど、もしかすると私の場合は特別なのかも知れない。
というのも、今私が飲んでいる薬が、朝4種類。夜に4種類。
その薬の副作用というのが、可能性として色々あって、例の光線アレルギーというのもその一つ。
いちいち、その副作用を見るときりがないほどで、一つの薬で引き起こす副作用の種類は50種類以上もの可能性がある。
一種類でそれなのだから、いちいち気にしている訳にも行かないのだが、そんな副作用の中で気にかかるのが、【筋肉痛】【脱力感】とか言う項目。
先日光線アレルギーで見て貰った皮膚科の先生に言わせると、
【こんなに薬を飲んでいると、何かしら肝臓とか腎臓に影響は出るんですよね。負担がないって事は絶対にないですから】
そりゃあそうだ。
【だから、皮膚科としては、これ以上の内服薬は避けたいですね】
そりゃあ賢明だ。ありがとう。
で、心臓の先生の方に行くと、
【これぐらい普通ですね。こうしないと、またいつ心臓が爆発しないとも限りません】
とあっさり。
ん…心臓の予防のために、体のあちらこちらに異変を生じさせる可能性のあるものを長期に服用するのはいかがなものかと、それこそやんわりと言うのだが、この先生は一向に意を介さない。まあ、動じない。立派な人物なのである。
【それよりタバコは止めましたか】
【えっ、いや、まだ5本くらいは】
【5本でもダメです。止めて下さい】
【はあ…】
この先生の言い様が面白い。動じないだだっ子のようなもので、つい笑ってしまう。こちらとしては、5本しか吸わないというのは、とても立派な心がけと思うのだが、
【止めると言ったじゃないですか。すぐに止められると言いましたよね】
はい言いました。確かに約束いたしました。
【止めて下さいよ。御所野に良いお医者さんがいるから紹介しますよ。なんか、薬飲めばすぐに止められるそうですよ】
この人にかかったら医者は万能の神だ。
まあ、頼もしいといったら頼もしい。
つくづく、この人に心臓の手術をして貰って良かったと思っているのである。
あれ?今日は何を書きたかったんだっけ?
えー、長くなりそうなので、本来書きたかったことは改めて別の日に書きましょう。
とにかく、私の筋肉は、薬のせいなのか年のせいなのか、その両方かでとてもできにくくなってしまっているようだ。
おかげで、いつまで経っても力強いスウィングができず、安定せず、どこかでボロの出るスウィングになってしまっている。
今の筋肉では安定も力強さもとうてい望めるものではない。
でもまあ、そんな程度でもレギュラーティからならゴルフは楽しめる。
うん、なんともジジ臭い(笑)。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今日は朝から大雨が降っている。
土曜日なのだから、こんな雨の日も予約で行っているゴルファーは多いのだろう。コンペに参加している人も多いのだろう。…可哀想に。
マナーとして、雨が降っているからと言ってキャンセルする訳にもいかないだろうし、まあ、ゴルファーとしては辛い所。
私はこんな日はやらない。
予約をしたのなら、雨が降ろうが雹が降ろうがなんとしても行くべきと思うので、それは随分と辛い事になるので、最近では必ず天気予報をチェックして予約する事にしている。
一昨日は、久々に高級料理店に行って、大変なご馳走に与ってきた。
インプラントのおかげで1年以上も行くことができなかったので、それは至福のひと時となった。
そのお店は、その日がちょうど予約が入っていない日だったらしく、それもあってかたいそう喜んで戴いた。飲食代金7万ちょっと也。
そして昨日は観劇。
少し早めに出たのだが、第一駐車場は既に満杯。少し離れた第二駐車場へ向かうと、そこも既に満杯。場所を確保できない車が何台も右往左往している。そこに、オバサングループの一台が通り道の角に駐車したものだからたまらない。車はまるで動けなくなってしまった。
全く、迷惑オバサンはどこに行っても迷惑なものだ。
幸い、その日は娘の車だったので、なんとか脱出できたのだが、あれがもし自分の車だったらムリ!
きっと、観劇の後には、その車はボコボコになっていることであろう。
その観劇、蒸す迷惑、【その劇団の代表作だから、まあまあだと思うよ】とのことだったが、座った席が随分と後ろ!
【えっ?何かの間違い?S席でしょ?】【いや、ここで間違いないみたい】
つくづく思った。どこの席なのかを見ないで券は買う物ではない。こんな後ろでは、役者の顔も表情も汗も何も見えやしない。
これで今日はつまんない2時間が決まってしまった。
なんと不毛な時間…でもまあ、演劇自体の構成は、さすがに代表作らしく磨かれていて素晴らしく、まあ、良いのかな…と思っていたら、途中で20分の休憩が入った。えっ!?なんで?

 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


 
第2部が始まると、ガラリと雰囲気が変わった。舞台側はそんなに変わった訳でもないのだが、観客側がゆるみが出始めた。
長時間に耐えられる観客ばかりではないのである。もちろん我々にしても同じ。3時間近くも座っているのは辛い。限界だ。
終わって9時半。もう、普通の飲食店は何処も終わっている。
普通であれば、どこかで食事でも…と思うのだが、思いつかない。
経済人としては、8時半頃終わってくれたなら、その後この大勢の観客の半分は、どこかに食事でも行って、あちらこちらの飲食店が潤うだろうになあ…と思ってしまう。
で、安易にも我々はガストに行ってみた。24時間営業の全国チェーン店である。
行ってみて驚いた。若者がいっぱい。
そこに場慣れのしないオジサンとオバサン、いやいや、娘にしても場慣れはしないようである。
無難なハンバーグ料理を頼んだのだが、最初にやってきたコーンスープが、ぬるい所と冷たい所と混在。
係員を呼んで、「取り替えて」と。
普通は作り直しという事になるのだろうけど、そこは、一度出したものを温め直して出して来やがった(笑)。
おかげで、コーンスープの色は黄色からドドメ色になっている(笑)。
ガストは以前、TV広告で、いかにも美味しそうなハンバーグのCMがあって、それを見て来たことがあったのだけど、出てきたのは、TVCMの絵とは似ても似つかないとんでもないハンバーグだったので、それ以来来ることはなかったのだが…今回もそれは同じ。とにかく不味いハンバーグを食べてそそくさと帰ることにした。
帰りの清算は上さんに任せたのだが、上さん曰く、【店長さんが出てきて謝ってましたよ】と。
だからどうした、こちらは怒ってもいない。謝ったのなら、お会計はいりませんとか、値引くとか、色々対処があるだろうに、そんな気の利いたこともないのだろう。
いやいや、若者達の人気スポットというのは、こういうものなのだろう。ジジババが行ってはいけないのだ。行った我々が悪い。
まあ、そんなところ。同じ値段を出せば、もっと誠意のこもった物を食べられる所はいくらでもある。
でも、若者達にすれば、誠意のある食べ物よりも、何杯でも飲めて、何時間いても文句を言われない、居心地の良い空間の方がより価値があるという事なのだろう。
そういえば、前回も今回も、店に一番後に入って一番早く出たのは我々だった。
年寄りと若者の価値基準の違いはいかんともしがたいようだ。
で、今朝になって体が痛い。
そういえば、昨日久々にゴルフの練習に行った。
軽い練習にしたのだけど、最近は、その軽い練習にさえも体が付いていけない。足腰や腕の筋肉がスウィングスピードに付いていけなくて悲鳴を上げているのが分かる。
経験したことのない人には分かりにくいかも知れないが、体…というよりも、脳の方がヘッドスピードやらスウィングスピードを覚えている。
その経験値からくるスピードを脳は出させようとするのだが、体のあちらこちらの筋肉が、スピードに付いていくだけの筋力が枯れてしまっているのだ。
そうなのだ、最近特に感じるのだが、筋肉ができづらくなってしまっている。
以前なら、運動した分だけ筋肉がパンパンに腫れ、休んだらそれがひけ、またパンパンに腫れ、徐々に筋肉の厚みが増していく…という実感があったのだけど、最近は、その腫れる前に疲れ切ってしまう。
腫れたとしても、その腫れは綺麗にスーッとひいてしまう。
ん…これではゴルフは上達しない。
筋力がある程度の到達点に行かなければ、バランスの良いスウィングなんてできやしないからだ。
…ゴルフに向かない年齢になってきたという事なのだろう。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日は忙しかった。寝不足でふらふらしているというのに、何故か朝から来客が多い。
最初の人は良かった。
別に、私に会いに来た訳でもないのだが、この人は私の方が話したかったのでムリに割り込んで長時間話し込んでしまった。
県の学芸員の方なので、色々と芸術の話をしたかったのである。
余り話す事でもなかったので人に話した事はないのだが、実は大の芸術好き。失礼な言い方だが、県の芸術院程度だったら、私とちょうど話ができるレベル。これが娘となると厄介なのだ。私レベルではとても間に合う訳もなく、話していてもちらりとも共鳴しない。
殆ど教えて貰う側になってしまうので、何となく不愉快になってしまうのだ(笑)。
しかも、娘というヤツは学生根性が抜け切れておらず、人の知らない話をするクセができている。
人の知らない話を選んで仕掛けてくるのだから、ついついイラッとしてしまう。
大人は、できるだけ相手のラインに合わせるように話をしてあげるクセがあるのだが、娘の場合は、できるだけ相手のラインを外そうというベクトルがあるみたいだ。
まあ、その学芸員は大人なのでとても楽しく会話ができた。芸術は心の栄養になる。
お昼過ぎには北海道からのお客様が来て、そしたら、その人は今度社長になられたという事で、そりゃあ大変だと。一応社長の先輩としてあれやこれやと鬱憤を晴らし(笑)、北海道の素晴らしさを話したりして、これまた心の栄養。
そしたら今度、仙台からのお客様。
こいつはアポ無し。
ん…私は会う必要もないので2階へと逃げてしまった。


 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


 
まあ、心の栄養を摂取したのなら、体にも栄養を与えましょうという事で、今日は朝早くからゴルフ。
なんかね、この間の法要で、和尚さんとゴルフ談義をしたら、いつもいつも椿でもないな。たまには他でもやりたいな♪とは思うものの、「思い立ったらゴルフ!」の我々は、やっぱり便利な椿になってしまう。
という事で、今回も椿。
しばらく練習もしてないので若干…というかかなりの不安。
ゴルフというヤツは、どんなに調子よくても、どんなに実践をこなしていても、練習がなければダメになるスポーツ。
だから、練習場へ行きたいのだが、余りに椿が便利なので、練習代わりに行ってしまうのだ(笑)。
今日は珍しくさつきコースから。
まあ強風。アゲインスト。どう打った所で距離が出る訳もないのだが、珍しく力強い打球が出て、高さがいつもよりかなり低く、ランも出て、意外な飛距離が出た。
あらあら…と楽勝パーオンかと思われたのだけど、ショート!
そりゃあそうだ、こんなアゲインストなら1クラブ、いや1クラブ半大きくなきゃムリだろう、と納得。
でもグリーン側まで行ったので難なく寄せ1パーのラッキースタート。
その後も順調。さつきコースは殆どアゲインストなんだけど、どういう訳かドライバーが風にも負けずに飛んでくれる。
パー、ボギー、パー、パーと進んで、本日の好調クラブの色分けが大体分かった。
ドライバー絶好調!フェアウェイウッド絶好調!
アイアン、ダメダメまるでダメ〜!
パター絶好調!
ん…これって実は最悪パターンで、アイアンが信用できないならスコアはどうにもならない。
まあ、今日は80前後で満足しましょう、と。
ところが、3番のロング。ドライバーが思いの外飛んだ。風はフォローに変わっている。なるほど、フォローならこれぐらい飛ぶのであろう。
第2打のフェアウェイウッド、これまた快打!残り80ヤード!
80ヤードは自分の一番得意な距離!ベタピンの自信がある!
3打目を打つ前からバーディか!?とワクワクしている自分がいる。
ところが、コース整備の兄ちゃんが、コースを動き回って、私がアドレスを取った習慣にエンジンを止めやがった!
ナニ〜!お前、ナニしてくれんのや!アホか!
まあ、彼は気を遣ってくれたのだろうからして文句は言うまい。でも!もうダメ!緊張がいったんほどけてしまった…。
オーバー。奥から木の枝を避けるようにして第4打。これもグリーンに僅かに届かず、第5打でようやく乗せ1パットで沈めてがっくり…。
あのアホ!80ヤードから4回も打たせやがって。
まあ、人間ができてませんね。
遼君の気持ちがよーっく分かる(笑)。
それからはもうぐだぐだ。緊張感のないゴルフで40のパット数15。
緊張感のないゴルフをしていると、疲れ方もぐだぐだとしてくる。
う〜ん、人間できてないなあ。
まあ、今日はお遊びぐだぐだのんびりゴルフを楽しみましょう。
ところが、さくらコース。
ガツンっと打ったドライバーが珍しく右に曲がって、しかもボールが高く…。
あれれ?なんかおかしいな。
「ちょっとゴメン」と、もう一度別のボールで打つと、今度は、キュイーンと、弾道も低く真っ直ぐなボールが!そうそう、今日の当たりはこれだったんだけど、まさかボールのせい?
ちなみに、ボールはどちらもキャスコのソフト&ディスタンス。
但し、ぽーんと上がる角度の高いヤツは去年のもので、今日使っていたのは、先日たまたま購入したもの。
去年と今年で性能が違う?
まあ、そんな事なんでしょうけど、それにしても同じボールとは思われない。
この新しいボールは、見事に私の欠陥を消してくれる!
ちょっと、後で調べておかねば。
まあ、ともかくもパーオン2パットのパースタート。
ちなみに、今日のグリーンはここ数日間の好転のせいでカッチカチ。まあ、止まってくれません。
なんだけどね、アイアンは、いくら不調でも大丈夫なのです。
2番もパーオン2パットのパー。
やる気がないクタクタゴルフの割には素晴らしい。3番は、例の昔のボールを使ってスライスして距離もランも出なかったけど、第2だの5番フェアウェイウッドで快打!第3打も快打!?
なんだけど、方向違いで斜面に突き刺さってしまった。これを難なく寄せて1パットボギー。
でも、4番のショートは困った。
アゲインスト、どの位強いか訳が分からない。しかもピンはかなり手前。
8番を手にして、少し大きくなってしまうので、ボールマークよりかなり後方にボールを置いて打つとこれがまた快打!!!【アカン!!!そんなに良かったらオーバーしてしまう!】と悲鳴を上げたのだけど、これがアゲインストのおかげで、ピン手前にピタリ!!!しかも、高い所から落ちたおかげで、ピタリと止まってくれて、難なくバーディ。
うん、ラッキーも実力の内♪
でもまあ、良かったのはここまで。

 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


 
5番のドライバーは快打!逆風をついて真っ直ぐ雄々しく、よくぞあそこまで!という飛び方をしてくれたのだけど…カートに乗って、さあー行きましょう♪となったら、何故かとことことフェアウェイを横切るオッサンが!
「えっ、あの人ナニ?近所の人が山菜採りしている?」
実際にこの辺にはそういう人が良く出没するのだ。
「でも、なんかゴルフウェアっぽいよね」
「クラブ持ってる?何処から来たんだ?」
なんて言いながら自分のボールの所に近づくと、なんとカートがある!
「ヒエエ〜!!!打ち込んでしまった!?前に人がいたの!!」
すると、林の中でボール探しをしているその人から、
「どうぞ先にやって下さい!」
と野太い声が。
いやいやそんな事を言われても。一人でやっている人の前に行く必要もないだろうし、こっちは疲れてクタクタゴルフだし。
「いえ、のんびりやっているのでどうぞ」と返す。
「いやー、一人でぐだぐだとやってるからどうぞ!」
と返ってくる。
まあ、遠慮のない物の言い様だ。
人にものを頼む態度かそれ。イラッと来たのだけど、娘はめんどくさい!とばかりに、「じゃあ打つよ!」と。
あらまあそうなの、あんたって大物ね。だって、本日の娘のゴルフは最低最悪!アイアン以外ボールが上がらないのだ(笑)。見てる方が哀れで不憫。それなのに前に行くの?
まあ、突然の事でアゲインストもフォローも忘れてしまった。当然のパーをボギーにしてしまった心の痛み。
この傷は痛いぞー!!!
という事で3連続ボーギー。
この3連続はヘタ!バカ!に尽きる。
気を取り直しての8番ショート。このままでは80を切れない。
ここで欲しいのはバーディのみ!
風はフォロー…なのかな。アゲインストはあり得ない。このショートだけは他とは風の動きが違うのだ。
フォローと念じて、番手を一つ落として…快打!ベタピン!もちろんバーディフィニッシュ!
いやいや、もう一つ9番が残ってました。
まあ、さつきの9番は大の苦手、あげくに大アゲインストの風が吹きまくって、
「なんだいなこの風は。あり得ないだろうよ。お前の時は止むんだろうな。いつもそうだもんな。よっ、風の子!」
娘が風の子ならこっちはなんだ?なんだか、いっつも風に祟られているゾ。
でも、今日のドライバーは最後まで衰えることなく快打!第2打の5番ウッドも衰えることなく快打!
でも強風の中届かない。
どうせそうでしょうよ。ボギーで結構ですよ。
でも、意外な程寄ってくれたので、少しスケベ根性が出てしまってパー狙いのパット!
でもはずれてボギー(笑)。
どうせそうでしょうよ。
さくらは39のパット数16。トータルで79のパット数31。
まあ、なんだかいっつも同じようなスコアになってしまってるなあ。
筋力ができないとムリですね。
練習へ行って基本をしっかりして筋力をつけねば。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


朝早くに家族3人で実家に行き、49日の法事を済ませてきた。
母親が亡くなって以来、殆ど立ち寄る事もなくなった実家。掃除すらしてないので、急遽、目立つ所のみ掃除して慌ただしく準備をした。
準備をしている最中に思いの外早くに和尚さんが来てくれて、予定時間よりも早い法要となった。
普通がどうなのかは分からないが、和尚さんの念仏はいつもより丁寧で長く感じられた。
念仏の途中から、母親の写真の顔がぱーっと明るくなったように感じられて、少し幸せな感じがした。
母親は、無事三途の川を渡る事ができたらしい。
無事、家族3人だけでの法要が終わった。
法要の後、和尚さんとゴルフ談義となった。まさか和尚さんがゴルフをやるなどと想像もしてなかったのだが、考えてみれば、和尚さんは地元中学校で野球部だった人。がたいも良い。がっしりとした体をしていて、腰が大きく、いかにもゴルフ向きの体つきをしている。
聞けば「若い頃は月例とかにも出てました。ハンディ15位まではいったんですけどね、暇が無くなってしまって」と言う。
丸坊主の和尚さんがゴルフに行くというのもなかなか想像できないが、考えてみれば、ゴルフはキャップを被ってするスポーツ。
なるほど、それなら違和感なくできそうだ。
それにしても飛びそうな体をしている。
「元野球部でその体。300ヤードくらいも飛ぶでしょう」と話を向けると、「いやいや、そんなには飛ばないです。石井浩郎だったらそのくらい飛ばしますね」と言う。
ほー、石井ともやった事あるのか。そうかそれはそうだ、地元野球部の先輩後輩だ。
先輩後輩ならプロ野球選手でも先輩後輩の間柄だろうし、相手が政治家の先生でも先輩後輩だ。
「石井浩郎も現役の野球選手だった時は、ヘタだったんですけど、最近は上手くなりましたね。あれは練習したんでしょうね」
ちょっと嬉しいような口惜しいような顔をして見せた。
まあ、いずれにしても自慢の存在には違いない。
良い情報も貰った。
「どこでやってますか?」
と言うので、
「もっぱら椿ですね。自宅から10分なんで都合が良いんですよ。母親が生きている時は男鹿も良くやりましたね。だから、椿と男鹿ならシングルですよ(笑)。コースの隅から隅まで知っている」
「椿は高いでしょ?」
「いや、今は安くなりましたよ。食事付きでいくら、なんて日も設定されるし。この辺の人だと男鹿ですか?」
「男鹿とか南とか、森岳が多いですね。あそこは安いですよ。4千円くらいでできます」
4千円!それは安い。
「しかも36ホールあるから結構自由もききますしね。最近は、お昼から回った方がスムーズなんだって知ったんですよ」
「我々もそうですよ。朝一スタートかお昼頃のスタートが周りに邪魔されないで気持ちの良いゴルフができますね」
そんな四方山話が終わった頃に、連絡しておいた親戚のオバちゃんがやってきた。
80才になるオバちゃんなのだが元気元気。一人で賑やかに喋りまくっている。
田舎の事なので、形見分けと行ってもそんな大した物など無いのだが、大島紬があったので、それを戴いて貰う事にした。後は殆ど使ってなかった電子レンジ。
その後、4人で墓参りに行き、オバちゃんの家まで電子レンジを運んであげて、オバちゃんは最後まで元気に喋り続けていた。
うん、ようやく何か一つ片付いたような気がする。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


久々のゴルフで気合いは入っていたのだが、朝起きてみると体が辛い。
まあ、仕事明けの後はいつもこんな感じなのだが、下半身がいうことをきかない。おまけに、上半身もあちらこちらが痛む。これは多分、昨日の夜に走ったことが原因かと思われるが、にしても、右脇腹の上が痛む。ここが痛むのは初めて。
前日は背中が痛くて痛くて大変だったのだが、その痛みは幸いにも治まっていた。
原因不明の痛みだったのだが、皆どこかしら体が病んでいるという。
どうやら、社員の一人が風邪を引いていてそのウィルスに全員やられたらしい。
私達家族だけでなく、他の社員も体が痛むという。
娘などは、昨日からトイレとお友達になってしまっている(笑)。
そんな状態の中出かけたのだが、天気は良いし、絶好のゴルフ日より。
余りに天気がよいと、今度は日光アレルギーの心配をしなくてはならないのだが、まあ、それはそれ。アレルギーが出たら心配しましょう。
つばきコースの1番。先ずは十分とは言えないけど5分間ストレッチ…のハズだったんだけど、やっている内に疲れてしまって3分間に短縮(笑)。アカンなー。
体がギシギシいう。
さて、打つ前の儀式、私は素振りを連続素振りで強烈なヤツを3回連続で素振る。これで下半身と上半身が連動する感覚を身につけるのだが…これが今日はなかなか上手くいかない。
ヘッドスピードが乗ってこないのだ。
まあ、贅沢は言ってられない。取り敢えず第一打を打つと、見事な当たり損ない。真っ直ぐなのだが超低空飛行。
但し、ランが出ていつもよりは距離が出た。更に、フォロー風にも助けられた。
娘もゴロ!親子揃ってのゴロ打球!
但し、こちらもランが出ていつも以上の距離。
まあ、嬉しくとも何ともない。少し不愉快な打球だ。そうは思っても、今日はどうにもならない気がする。
体がいう事をききそうにないのだ。
実際、娘の打球はその後もボールが上がらず、ゴロばっかり。そんな娘のゴルフは初めて見たと言っていいほど。
見てる方が辛いゴルフの幕開けとなってしまった。
1番は珍しくパーでのスタート。
2番でもドライバーの調子がイマイチで3オンボギー。
3番は1オンパー。見事な1オンではあったのだが、どうにも体のキレが悪く、余りナイスショットじゃなかったのが幸いした感じで、心の消化不良が沸々とわき出す。
4番ロングは完全にフォロー風に助けられて楽々の3オン2パットパー。
ドライバーは不調ながらも、悪ければ佐藤先生の打法を思い出して修正。
これがなかなか簡単で、実践時でも簡単に直せるようになったもんだから、ゴルフがすこぶる楽になっている。
5番でアゲインストになった。途端にごまかしが利かなくなり第2打は斜面を落ちていくことなく、左下がりでのショット。これが上手くいく訳もなく、なんたって体がいう事をきいてくれないのだからして、まあ、それでもなんとか3オン2パットのボギー。
まあ、今日はとにかくパットが良い。
結構な距離のパットがバンバン決まってくれている。スコアはいつも通りの感じなのだが、これはパットが決まってくれるから。
これは、昨日の日本オープンゴルフを見ていて、まあ、アイツが決めれるんだったら俺にもできるだろう…みたいな。そんな気になってしまったからなのである(笑)。
今日は全部決めに行くぞ!みたいな。そんな感じでやっていたら、迷いはなくなり、3メートル前後が結構ポンポン入ってくれるのだ。
大トラブルが起こったのが6番。
ここまでなんとかかんとか、不調ながらも凌いできていたのだが、6番のサービスホールで業者がコース工事をしている!しかも、そこは私の第一打の狙いスポット。
ん…人殺しにはなりたくないし、しょうがない、右を狙うか…と残念無念という感じで打ったら、右の山の木にカーン!と大当たり。斜面に落ちてきてしまった。
現地へ行ってみると、グリーンは狙いようもない。やむなく横の左サイドへレイアップすると、これがラフまで行っちまった。
そこからの第3打。
残り90ヤードなのだが、風の計算が難しい。ピンは奥。110ヤード弱、52度のウェッジで軽く…と打つとグリーンオーバー。
第4打。グリーン奥の木の根本付近からなのだが、これがまた難しい。奥からなので高い球でポトリと落としたいのだが、その高さには枝がせり出している。サンドを使いたくても使える状況にない。
しょうがなく、AWで打ったのだが、それでも枝に当たって…グリーン手前にポトリと…万事休止である。
トリプル!?くそー、あの業者のせいで!?あんまりだ。かなりイラつく。
第5打、そのイラつきのまんま打ち損なって大オーバー!
ボギーパットは4メートルも残してしまった。
トリプル確実!?
ここで冷静になった。アイツが入るなら俺にもできる!
で、これがホントに入って、めでたくダボで終了。
7番、娘と二人ぼやきながら気合いを入れ直し。するとこれが快打!残り90ヤードをきっちりと計算してベタピンバーディ!
でもここまで。残り2ホールは連続ボギーで41のパット数16で終了。
後半のさくらコースは、いやという程疲れてしまった。
体はボロボロ、フォームも維持できなくなってしまった。
娘はずーっと不調のまんま。
当たりが良いのはアイアンだけで、ウッド系は全てゴロ!
何が悪いのか良く分からないのだが、まあ、筋力がまるでないんだろうと…。
そんな体調とは裏腹に、今日は運だけは良いようで、パー、パー、ボギーと来て4番のショートはベタピンバーディ。何とまあ、滅多に来ないバーディが今日は2つも来てしまった。
なんの事はない、パターが入るからである。
その後も、フォームを崩しながらもボギー、パー、ボギー。
もう、フォームがバラバラ。7番ロングなんか悲惨。
残り130ヤードの楽勝第3打を、なんと!打ち損ない!
ショートアイアンさえまともに打てなくなってしまっている。
それでも8番ショートは気合いのベタピンで、何と何と、奇跡の本日3回目のバーディ!
なんとも不思議な気分だけど、それもこれも体のキレが悪くて飛ばないからこそのベタピンなのだから、そんなに気分が良い訳ではない。
でも、こんなに不調でもバーディ3回目となれば嬉しくない事もない。
迎えたラスト9番、まあ、もう体力の限界。
ドライバーは本日一の最悪ハチャメチャショット!
左バンカーめがけて一直線!そのバンカーを越えて、どこへ行ったんだか…。
現地へ行ってみると、深いラフの中。しかも強烈な斜面。
深いラフだけどボールは見える。7番アイアンを持って打ったのだけど、今日の体調で深いラフに勝てる訳もなく、ゴロ!
でもまあ、残り100ヤードは自分の得意な距離。難なく3オンしてパットに期待したけど、こんな時に3メートルが入らないのがいかにも自分らしい。
結局38のパット数15で終了。
トータル79のパット数31は喜んで良いのか悲しんで良いのかよく分からないスコア。
運にはいっぱい恵まれたけど、ただそれだけ。
風にも恵まれた。
自分には、余りゴルフ運があるとは思われないんだけど、今日のゴルフは、やたらと運に恵まれたような気がする。
それもこれも、昨日誓った
何でもかんでも、遊びでも仕事でもいつも一生懸命。
これに尽きる。
決してサボる事なかれ。
あれが良かったのかな。
とにかく、今日はゴルフも仕事も一生懸命にやった。
一生懸命にやっていれば、いつかは報われるんであろう。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


上さんに付き合って走ってきた。
ここ数年の上さんは体調不良が目立ち、毎日走るようにさせていたのだが、最近になってギブアップが出てしまった。
「夜中一人で走るのが恐いんです。お願いします。一緒に走って下さい」
「アホだろ。何が恐いんだか。今更襲われる年齢でもあるまいし」
「そんな物よりお化けが恐いんです」
「ハア?お前さあ、何十年も生きてきてお化け見た事あるの?」
「無いですよ。無いけど恐いんです」
「無いんだろ。大丈夫俺も今まで生きてきて見た事がない。つまり二人合わせて、人間100年以上生きてても見た事がないって事は、そんな物いないんだよ」
「でも恐いんです。雨の降った日なんか、水が流れる音がゴゴゴ〜!って、あの音が聞こえたり色んな音がすると恐いんです」
見たこともないものが恐いというのは不思議なヤツ。大体知的レベルが低いとそう言うことを言う。でもまあ、確かに女一人で夜中に走るのは恐いだろう。それに、そんな物恐くも何ともない!と言う女なら、それもノーサンキューだ。
しょうがない付き合ってやるか…と付き合ってみたのが今夜。
するとどうだ、上さんはスイスイと走りやがる。フォームも力強くなっているし、何よりパワフルに走る。
対してこちらはどうだ。
ヨタヨタというかヨレヨレというか、まるで老人そのものである。
なんだか異常に足が重い。足が上に上がっていかず、すり足のように、しかも真っ直ぐ伸びていかないのでヨレヨレと、おまけに気がついた。腕も上がらない!足もすぐに悲鳴を上げたが腕も悲鳴を上げている。
それでもなんとかヨタヨタと後ろを付いて行ったのだけど、あっという間に上さんの後ろ姿は見えなくなってしまった。
それでもヨタヨタと…。
上さんには明確に負けた。それはよく分かった。毎日の努力というのはやはり素晴らしい物なのだ。
だけどこちらはどうだ。毎日サボっているとこうなってしまうのだ。
これはまるで寝たきり老人のようではないか。
布団から起きてきた老人がそのまま外に出て泳ぐように走っている。
まあ無様。
無様だろうがなんだろうが、こうなったら自分との戦いだ。
なんて格好いいことを言った所で、心臓手術をした身。すぐに心臓が痛んできた。
ムリは禁物。
歩いて付いて行くことにした。
こんなんでもボディガードとして役に立っているのだろうか?
まあ、お化けならなんとでもなると思うのだが、相手が暴漢だとしたらちょっとヤバイ。
なんとか、逃げないで至近距離で戦ってくれないだろうか。
3分、いや2分くらいだったらなんとか体が動きそうだ(笑)。
明日は久々のゴルフ。もちろん朝一スタートである。
明後日は、おばあちゃんの49日の法要。こちらも朝一が決まった。
いつでも忙しいのである。
今日確信したこと。
何でもかんでも、遊びでも仕事でもいつも一生懸命。
これに尽きるな。
決してサボる事なかれ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


「パーゴルフ」という週刊誌を毎週買っているけど、これは上さんが勝手に買ってきてくれる。
まあ、随分昔に、「買っておいてくれ」と自分が頼んだからなのだが、これが結構ウザい事になっている。
実を言うと、最近は余り読んでもいない。面白そうな読み物をパラパラとめくって、後はゴルフ漫画を見てお終い。
一番多くのページが割かれているハウツー的なものは一切見ない。
ゴルフ雑誌を買ってハウツーを見ないというのも変なものだが、現実は百害あって一理も無いというのが実情だからだ。
それと言うのも、色んなプロが色んな事を教えてくれる。
10人のプロが登場すれば、10通りのドライバー理論を展開するのだ。
アプローチも10通りだし、パターも10通りだ。
そんなバカな話はない。お前は一体誰に教えているんだ!という事になる。
もちろん一般読者に、という事になるのだが、それでは一般読者とは一体どんなレベルの事を言うのだろう。
まあ、普通に考えてアベレージゴルファーという事になるのだろうけど、一口にアベレージゴルファーとは一体どの辺にいる人の事を言うのだろう。
ハンディ10の人とハンディ20の人ではまるでレベルが違う。
いやいや、私はハンディ10位なのだが、普通のハンディ10の人とは明らかに大いなる違いがある。
最近は、ハウツー的なものを見ていても、一体君は誰に教えたいんだ!とチャチャを入れたくなってしまうのだ。
それに、女子プロ辺りに教えて貰っても、余り納得も行かない。
少々の女子プロなら勝てそうな気もするし。
第一、今まで、誌上の人達の言う事を真に受けて、「これだ!」と思って練習場に行っても、ロクな目にあったことがない。大体は、前よりももっと悪くなって、あげくにはフォームをメチャクチャに崩して、元々のフォームも失ってしまって、長いスランプの始まり…なんて事がいっぱいあった。
もう沢山だ。
どんなおかしげなフォームだろうと、プロになりたい訳でもないのに70台で回れるんだったら立派なもんじゃないか。
お前らと違って、こっちは50肩になってからのゴルフ。小学校から、ちゃんとしたコーチに教わってゴルフをやった訳じゃないし、筋肉トレーニングをしている訳でもないし、同じく振れる訳がないだろう。
そんな事ぐらいは、いくらバカでもプロである限りは知っているはずだ。それなのに、いくらかの小銭を貰って堂々と誌上に登場して、迷いごとをいけしゃあしゃあと言い続ける。
まあ、同じハンディ10でも、人が違えば、全く違うゴルフをやっている。
それは、そのゴルフがその人の体に合っているからなのだ。
自分にとって正しいことが、他人にとっても正しいことではない。
万人に共通しているのは、努力するという行為自体の正しさだけ。
と言うことで、余り体がなまらないように、少しだけ練習に行ってきた。
PWバッチリ。
何でこんなに良いのか訳が分からない。方向も距離も同じ。
いつからこんなに上手くなったんだか。
面倒だから、ドライバーを持った。
これもなんとまあ、方向感バッチリ、距離もまあまあ伸びてくれている。
一体何が問題なのか?バッチリじゃないか。
250ヤード飛ばない?そりゃあ当たり前。そんなに飛ばすための筋力が備わってない。
インサイドって言うのがよほど自分の体に合わないのだろう。インサイドにしてからと言うもの、力感まるで無し。
HSは多分40切れている。
そう言えば、この間二木ゴルフで計った時は39.6くらしかなかった。
それでも一頃に比べれば徐々に早くなってきてはいるのだけど、まあ、そんなに慌てても以前のスピードに戻るのは相当難しいような気がする。
ところで今日は、練習の前に入念にストレッチをした。
入念に!とは言っても5分間だけ。
その5分間の長かったこと。時計を見ながらだったけど、やる前から疲れてしまった(笑)。
まあ、健康上も、これからは5分間ストレッチは必ずするようにした方が良さそうだ。案外、体に良さそうだったのである。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


右手の光線アレルギーの湿疹は大分腫れが引けてきた。
一時は、右手甲が腫れ上がって1.3倍くらいの大きさになってまるでグローブのようであった(笑)。さすがお医者さんの見立ては素晴らしい。このまま何事もなく完治してくれればいいのだが。
何よりも、痒みがなくなったことが幸い。
最悪な時は、右手と左手が合唱のようにむず痒くなって大変だったのだ。
まあ、急遽購入した右手用のグローブも大貢献したのであろう。
今では、右手と左手の大きさがほぼ同じ…良く見比べてみれば1.1倍弱?
健康のために始めたゴルフではあるけど、なんだか、ゴルフが原因の病気も色々とあるもんだ。
この光線アレルギーはともかくとして、今は取り敢えず腰と膝が少し痛む。右大腿部も少しぎっこんばったんした感じだ。
こんな時は余り無理をしてはいけない。2年くらい前に、初めてお尻の筋肉を痛めた時は、最初はちくり!と、そして次第にピキッと。初めての経験だったので、「なんだこんなもの。ゴルフやってたら治る!」なんてやってたらとんでもない!
そのうちビキーッと来たらアウト!歩けなくなってしまった。神経に障るのか、痛みは突然やって来て、突然の悲鳴がわき上がる。特に階段。突然の激痛なので、用心したくともどうにもならない。
あの時は、座骨神経痛と診断され、
「女性に多いんですが、その年ですと治りませんね」
と冷たく言われ、何の恨みがあるのか、
「再起不能ですね」
とまで言われた。
まあ、自分で治したけどね、あのヤブめが(笑)。
そんな経験があるので、無理は禁物。
ここしばらくは練習にも行かないで、体の静養に努めましょう。
皆さんもお体にはくれぐれもご注意。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 ちなみに、昨日の椿台ゴルフ場には、まだ桜が咲いてました。
こんな感じです。

2011050909520000.jpg
いくら秋田でも、GWが終わったこんな時期に咲いているのは珍しい。1昨年までは、GWの前には咲き終わっていたというのに、去年あたりから桜の開花が随分と遅れるようになりました。
おかげで、去年は生まれて初めて弘前の見事な桜を見ることができたし、そのままハシゴして角館の桜も見ることができました。
どちらも、東北では一二を争う有名な桜の名所ですが、率直な感想としては、勝負になりません。圧倒的に弘前の桜の方が見事でした。もう一度見に行きたいものです。
今年賑わいを見せた秋田の桜の名所が、意外な所にあります。
それは大潟村の菜の花ロードの延々と続く桜の名所。

ogatamura006.jpg
これは見事です。
菜の花の黄色と桜のうすピンクとが見事にコラボ!警察が出動するくらいの桜の名所となりました。
残念なことに、屋台は出ていません。出す場所がないのです。お休み所もお弁当を広げる広場もありません。
もしここに屋台が出て、お弁当を広げる場所があって、少しばかりの遊歩道でもあれば、きっととんでもない桜の名所となるでしょうに。そう考えると少し残念です。
ところで、今年はそんなにゴルフができる環境にありません。
私もそんなにはできないだろうなぁと思っています。
何故って、秋田はとても不景気だからです。
直接的に震災の影響がなかった秋田県が何故?と思う方も多いでしょうが、隣県で起こった悲惨な天災故、自粛ムードが蔓延しているのです。
ゴルフ場も、このGW期間中はガラガラでした。経営は大丈夫なんだろうか?と心配するくらいガラガラです。市内の大型店も駐車場が埋まりきっていませんでした。買い物をしても余り贅沢な物は買いません。そんな雰囲気なのです。
対して震災のあった仙台はどうなのか?
これは、実際に仙台にGW期間中に行った人の話ですが、仙台駅前は、大変な賑わいだったと聞きます。
「普段の休みの日に比べても大変な人出でした」
「生存本能が働いているんだろうなぁ。青森はどうなの?」
「悪くないですよ。去年より良くて、反動を心配しているくらいです」
「じゃあ、秋田だけか、悪いのは。なんかね、東北なのに、なにも被害がなくてスミマセンでしたって感じだもんな」
被災地の人は、誰に遠慮する必要もなく買いあさることができるけど、秋田の人は勝手に自粛ムード。終わりの見えない自粛ムード。なんだか、ゴルフなんかしていると白い目で見られそうな雰囲気さえ感じるほど。
そういえば最近、贅沢な物を食べていない。
まあ、これは健康になって良いんだけどね。
と言うことで、復興のためにもお金を使いましょう!と言っている私でさえお金を使う機会がめっきりと減ってしまっている。
使うのはゴルフ代金くらい。
そうなると、必然的に、エンゲル係数ならぬゴルフ係数だけが高くなってしまう。
もっと、普通にお金使わなきゃ、秋田が消滅してしまいそう。
甚だ心配なのである。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今日は予定通りゴルフ…なのだけど、なんだか体が痛い。特に、腰と膝。
今頃になってGWの3連ちゃんが響いてきているのだろうけど、それにしても年だなぁーと。
さて、つばきコースの1番。朝8時のスタートだ。
前にも書いたけど、ここはいつも左を狙って失敗している。なので今日はど真ん中を狙ってのティショット。これがまんまとはまってど真ん中。ナイスショット。木が全然邪魔にならない。さい先良くパースタートか?と思ったのだが、残念ながらほんの少しショートでボギースタート。
なんだかねぇ、アイアンの距離が少し落ちているのが気にかかる。
そりゃあそうかも、腰がキツイのだからアイアンの振りのキレが悪すぎる。
ただ、何とかなりそうなゴルフではある。
2番は、ティショットこそミスショットだったのだが、難なくパーオン2パットのパー。
3番ショートも、グリーンをちょっと外したが寄せ1のパー。
4番ロングホールは風にも助けられ3オン2パットのパー。
まあ、パーオンとは言えとてもバーディを狙える雰囲気はない。
ただ、今日はフェアウェイウッドが抜群に良い。方向、距離共に問題なし。かなり心強い味方だ。
何でこんなにいいかって言うと、腰をグンと落として打つ前の打ち方に戻したから、ただそれだけ。
つばきコース唯一のミスショットが5番のミドル。何故かフックがかかってしまい、カート道路をポ−ンポーンと2度も跳ねやがった。
崖下から打ってやっとの思いで3オンのボギー。
でも、続く6番7番はパーオン2パットの連続パー。
パーオンが難なくできるようになってゴルフがかなり楽になってきている。
それもこれも、ドライバーが安定しているからこそ。まさに、佐藤先生のおかげ。
8、9番は少し疲れが出てきてしまった。連続のボギーでつばきコースは40のパット数17。
まあ、こんなモンだろう。
娘と二人、「体が痛いね」と言いながらクタクタしたゴルフだ。
続いてはさくらコース。
これが圧巻。
6番まで連続のパー。
7番ロングでティショットをミス。ヒールで打ってしまって、真っ直ぐなのだが距離が足りない。でもセカンドは5番ウッドで快打!3打目、アゲインストの上り。残り160ヤードは微妙な距離。
7番アイアンか7番ウッドか。グリーン手前には大きくバンカー。
まあ、大きい方が無難かな、と…7番ウッドを手にしたらまたしても快打…快打過ぎてグリーンオーバー。
まだまだ寄せ1がある!と思ったのだが、AWでこれまた快打!(笑)
あえなく初ボギー。
まあこんなモンでしょう。
結局、パー。ボギーと繋いで38のパット数15。トータルで78の32。
う〜ん、疲れた。
でも、時計を見るとまだ早い。
「もうハーフやるか?」
「体痛いけどね。でも、多分しばらくやれないと思うからやろうか」
と、1ハーフ目に突入。
ただし、
「もうクタクタゴルフで良いよ。楽しみながらやろう」
まあ、何のためにやるんだか。
聞けば、我々の前の組は50分前に出たという。あんまり早くやってしまうと追いつきかねない。ゆっくりやりましょう。
と、こんなゴルフろくなもんじゃない。
早速右に曲げ、あれほど調子の良かったフェアウェイウッドも当たり損ない。
あれ?どうやって打ってたんだっけ?という感じ。イカンイカン、スウィングに悪いクセがついてしまう。
そんな訳で1番ボギーながら、2番ロングはパーオン2パットのパーで取り返した。
でも、ここで嫌なものを見る!3番に前の組の親子がいる!
ハアー、何で?
まあ、がっくり。どうして50分も前にスタートした組が前にいるのか。意味が分からない。
やる気もなくなって、体も痛いし、あー膝が痛い!で、3番はダボ!
これじゃイカン!と4番ショートに向かうと、前の親子は既にいない。
えっ、何で?あの親子はどこに行ったの?
不思議な気分ながら、ここは手堅く1オン2パットパー。
5番のロングに向かうと、2人は走り回っている。
「なにも、そんなに慌てて走らなくても」と言いたくなるくらい走り回っている。
ともあれ、そんな2人を見ていると、こちらもクタクタしたゴルフはできず、体の痛みに耐え、真剣ゴルフ。
4番から4連続パー!
でも、体の痛みは限界に達してきていて、8番3パットダボで万事休す。
ハーフで2つもダボを叩いたんじゃねぇ。
最終ホールは気を取り直してティショット快打!でも、セカンドの7番ウッドは右に!
もう腰が回っていかない。
何とか3オンしたものの、ファーストパットが大ショート!
はやはや、ハーフで3ダボの危機!
いくら何でも、それはアカンでしょう。2メートルのパットを慎重に決めて何とかボギー。
ん…上田桃子じゃないけど、今日は精神面にムラがあったな。
結局、最終は42のパット数18。
8時にスタートして、12時5分前に終了は立派。
ハーフ1時間20分平均だ。ギネスに登録したいくらいだね。
マスター室の人もビックリしていて、「この記録は破られないでしょうね」と呆れてくれていた(笑)。
まあ、70台が普通に出るようになってくれたし、両手に手袋って言うのも違和感あまりないし(本当を言えば、かなりあるのだけど)、まあ、今年のゴルフも楽しくやれそうだ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


明日は早朝ゴルフだ。忙しいけど行く。
両手にグローブはめて、さてどうなる事やら。
それと、またまた以前のように髭を伸ばすことに決めた。髭があることで、多少なりとも光線アレルギーに対抗できそうだ。
最近、なんだか唇が荒れているのだ。これはきっと光線アレルギーに違いないと睨んでいる(笑)。
できれば麦藁帽子被ってゴルフをやりたい位なのだが…。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


右手用のグローブを買いに娘と二木ゴルフへと向かった。
別にどんなのでもいいのだが、娘が「同じキャスコのが良いよね」とキャスコの右手用を探してくれた。
どんなんでも、とは思ったのだが、見つけたそれは、案外がっしりとした造りで、なくてもいい存在感がある。その存在感が邪魔にならなければいいのだが、と思ったのだが、そもそも両手にグローブなんかしてゴルフをしたことがない。果て、どうなる事やら。
ついでに、娘に2着ウェアを買ってあげた。買ってあげたと言っても、驚くほど安くなっていて、しかも、殆ど貯めていたポイントで間に合ってしまったのだから、かなり得した気分になれた。
一仕事終えて、娘と練習場へと出かけた。
両手手袋がどんな影響を与えるのか試してみたい。
予想した通りガッチリとした造りの羊革のもので、右手がギュッと引き締まる。ん…予想通りでヤな感じ。もうちょっと頼りなげなものがいいのだが。
これでは、右手に力が入ってしまいそうだ。
取り敢えずPWを持って打ってみると、まあまあ打てる。
距離は、最近のゴルフ疲れのせいか大した事はないのだが、方向性はかなり良い。まあ、方向性と、距離がそれなりだったらゴルフはできる。
続いて注目のドライバー。
すると、200ヤード。
えっ、良いんじゃない。
何度打っても距離は200ヤード近辺。
うん、これなら少しは楽なゴルフが出来そうだ。
しかも、ゴルフの後はあんなに痒くなっていた手の甲も痒くはならない。第一、医者から処方して貰った薬を塗り始めてから、随分と腫れもひいた。
薬を塗る前は、右手が真っ赤になっていて、左手に比べて一回りか二回り位も大きかったのだ。今は1.1倍くらい?まあ、まだ微妙に大きい。
今日の練習で思ったこと。
これなら何とかゴルフはできそうだ。でも、もう少し太陽が強くなったら、光線アレルギーは、今度は顔にも出そうだ。顔に出てしまっては止めるしかないのであろう。
もう一つ、ゴルフが少し上手くなっている。去年のピークほどではないが、ドライバーがまあまあ70%程度まで回復した。アイアンも、方向性に信頼感が出てきたし、距離は大した事がないことが分かってきた(笑)。
このアイアンは、思ったほど飛ばないと思っていた方が良さそうだ。
それでも、幸か不幸か、AWから7番アイアンまで一通り使えるようになったのが大きい。
つまり、160ヤードくらいまでなら2オンが狙えそうだ。いや、7番5番のフェアウェイウッドを駆使すれば180ヤードくらいまでなら可能性有りのゴルフができそうだ。
確実性は少し劣るけど、幅は広がったと言えそうだ。
ハンディの9.9と言うのも願ったり敵ったり。まあ、0からのスタートみたいなもんだ。楽しみながらのゴルフができそうだ。
東北は大変不景気だけど、元々、酒も飲まない女もやらない、パチンコもやらなくなった、せめてゴルフくらいは許されるだろう。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


いくら何でも今日はゴルフはしない(笑)。
それどころか今日は急遽病院だ。
数日前から右手の指の部分に湿疹ができて、それがあっという間に広がり、今では右手の甲全体に広がって、赤く腫れ上がっている。
そして時折かきむしりたいくらいに痒くなる。
それが右手だけならまだしも、左手の手首の部分、詳しく言うと、先日の心臓のカテーテル検査のため切開した部分が真っ赤に湿疹ができてしまっているのだ。こちらも、右手に呼応するように痒くなる。
市販の薬をつけるのだがどうにも収まらない。イヤ、ますます痒くなる。
特に、左手の場合は、手術の後だけに薬をつけて良い物かどうかも分からない。
手術の痕にできた湿疹となれば素人療法もままならず病院に行くしか方法がない。
と言うことで病院なのだが、連休あけの病院というのはあまりの混みようで殺気立っている。
その殺気立っている中、生憎と皮膚科は「紹介のみの扱いの日となっていまして」という特別な日のようだ。
つまり、診察して貰えないと言うことなのだが、案内の女性が非情に気を利かしてくれた。
先ずは急遽、心臓を手術してくれた先生に見て貰えるように計ってくれて、そのまま診察書を書いて貰って、つまりはそれが紹介状となって、本日の診断を受けられるようにしてくれたのだ。
大病院でも、自分の病院でしでかしてしまったこととなると一生懸命になってくれるものだ。
で、無事診察と言うことになったのだが、
「いや、なんだろうなあこれ。見た事ないなあ」
と言いながら、ペタペタとテープを貼って皮膚の組織細胞を採取。顕微鏡で見る。
「左手のはカビだね。カンジタが見えるから。それは塗り薬ですぐ治ると思うだけど。右手がね」
そう言いながら、私の服用している薬を見ている。
「いやいや、えー、これとこれを組み合わせたら血が止まんないでしょう」と先生。
やはりそうなのか。いやはや、私は大変だ。ケガもできないな。
「なんか、運動をした後しばらくして痒みが出るような気がするんですけど」
「んー、(太陽)光線アレルギーの可能性があると思うんだけど、右手だけっていうのが不思議でね」
「あー、私はゴルフをするんですよ。だから左手はグローブなんです」
「あー、それか!なるほど。まあ、顔にも出ていいハズなんだけど、顔は光線慣れしてるんでしょうなあ」
いやいや、そう言えば、入院直前に髭を剃ったら、妙に顔の皮膚がが荒れていた。あれはそう言うことだったのか。
「まあ、塗り薬で治ると思うんだけど…」
「飲み薬は必要ないんですか?」
てっきり必要かと思った、それほど症状はひどい。
「ん…これだけ薬を飲んでいるとね、あんまりこれ以上体に負担かけたくないんだよね。どうしたって、肝臓とか腎臓とかに影響はあるから。そう言うこともあって、体質って変わるからね。まあ、今調べたところ、プラビックスって薬の副作用かと思われるんで、内科の先生も考慮すると思うんで、後はそちらの問題だなぁ」
ん…命に関わる病気(心臓、糖尿)を持っていると、そちらの方が優先で、それから派生する副作用は二の次となってしまうのか。
実生活に於いては、その二次的な副作用の方が大きな問題なんだけど。
まあ、今度からは右手にもグローブしてゴルフをする事にしよう。
だってなあ、ゴルフ止めたら、また今度は血糖値が増えてしまうんだものなあ。
やれやれな人生なのである。
ちなみに、見た目頑丈そうに見えるもんだから、誰も同情してくれない(笑)。
多少、それが不満なのであるが、同情されたら同情されたで、きっと気分は悪いのであろう。
まあ、明日は右手用のグローブを買っておくことにしよう。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日の夫婦ゲンカは、今日になってもまだ続いていた。
普通なら一日で終わるのだけど、今回のは長い。
で、ルール、マナー、気遣いの再教育のため3日連続となるゴルフに行くことにした。
3日連続!
まあ、世の沈滞ムード打開のためにも遊びに出かけましょう。お金を使いましょう。
みんなが節約したら日本復興なんてあり得ない。
で、バカ嫁教育。
基本的にルールを守ろうという気はあるのだろうけど、徹底してルール通り!という事ができない。
気遣いに関してはもっとひどくて、まるでない。若い頃美人だったせいか、気遣うのは自分ではなく周囲の人間だと思っている。
あのね、普通の人はいついかなる時も気遣って生きているモンなの。君みたいにノー天気な人の方が珍しいの。
まあ、三つ子の魂百までとはよく言ったもんだ。結婚して30年以上、注意しても直らなかったものがたった一日のゴルフ教育で直るはずもないけど…。
三日連続のゴルフなんてアホみたい。
つばきコースから。
11時半スタートだけど、生憎と前には4人組。まあしょうがない。それに、今日はバカ嫁の再教育のために来ている…のだったけど、3ホール目のショートホールに入ったところで、前の組のキャディさんが気を利かしてくれた。
「次で先に行って下さい。なんだか、迷惑をかけているみたいでドキドキしてしまって」
うんうん、気の利くキャディさんだ。気遣いとはこういう事を言うんだよバカ嫁。
聞けば、彼らの前はがら空きらしい。
思い切ってスルーさせて貰うことにした。
どうせ後ろの組は遅いし、のんびりゆったりバカ嫁教育。
つばきコースはスルーもしたのだし、スコアは無視。
後半はさくらコースとなった。
前半、ゴルフをキャディヨロシク教えたせいかバカ嫁のゴルフは見違えるように良くなってきた。
気遣いも何とか60点と言ったところか。
バカ嫁が次第に良くなってきたところで、こちらの気分も良い。なんたってゴルフの邪魔をされずに済んでいる。
全く、バカとはゴルフやるモンじゃないな。
と言うことで、さくらコースは39のパット数18。なかなかのもんだ。
驚いたのはバカ嫁のスコア。見た事もない46のパット数17。
うん、こいつは教えれば、元々運動神経が良くて何でもできるヤツなのである。ただし、今日教えたことを明日も出来る保証はないのだが…。
疲れと筋肉痛で肉体は麻痺してきているのだが、一切走らないゴルフをしているので何とかゴルフはできている。
と言うことで、何と!1ラウンドハーフに突入!
元々、つばきコースでスルーがあったため、スコア提出のためにももうハーフやっておきたい。
最後はさつきコース。
今日前半のつばきコースの時は、ドライバーが良くなかったのだが、大分コツがつかめてきた。
ダウンスウィングが徹底していない。
佐藤先生の教えた通り!
ダウンスウィングを徹底すると芯に当たるようになってくる。
しかも、今日は殆どのコースがアゲインストだったにもかかわらず、さつきコースだけはフォローの連続。
1番ボギーで、2番のロングをパーオンのパー。3番ミドルは寄せ1のパー。
寄せが大分勘が戻ってきている。
4番ショートが、7番アイアンで届かずにボギー。どうにも、アイアンの飛距離が落ちてきている。やはり疲れでスウィングが鈍っているのだろう。
5番ロングはパーオンパー。フォロー風に大分助けられている。
まあ、疲れ切っているんでスコアなんてどうでも良いんだけど、なんだか知らないけど、ロングパットが次々決まって拾いもののパーやボギー。
終わってみれば40のパット数16。トータル、かろうじて80切りの79のパット数34。
パット数がそんなに良くはないように見えるかも知れないが、これはアイアンの精度が悪くて超ロングパットの連続。なんたって、思いっきり打っても届かないのだから参ってしまうほどのロングパット。
それなのに、2パット目の2〜3メートルが良く入ってくれたのである。
驚いたのはバカ嫁のスコア!
何と、さつきコースも40台の48のパット数15!トータル94のパット数32!
バカ嫁の100切りは生涯初!パット数の32なんて、この先も一生ないであろうって言うくらいあり得ない数字。
…つくづく思うんだけど、先生がこんなに良いのに、うちのバカ嫁ときたら、明日には忘れてしまうんだよね。
何で、今日覚えたことを明日忘れてしまうんだか、さっぱり理解できん。
毎日毎日、手取り足取り教えてられる訳がないでしょ。少しは自分で努力して欲しいもんだ。
まあ、それはともかく皆さん、日本復興のため遊びに出かけましょう。
…とは言っても、色々と不安が多い昨今の日本ですね。バブルの頃が懐かしいわ。
皆がノー天気で希望と夢が溢れていたあの時代の方がよほど幸せ感があったなぁ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日はくったばってしまった。
朝起きたら体が異常に痛い。体のあちらこちらが痛む。
前日にゴルフをしたからと言ってもたかが1ラウンドしただけ。それでこの痛さ。
右足の太股がキシキシと痛む。肉離れ寸前のような痛みだ。何よりも腰の真ん中が痛む。
これは危険な痛みだ。昔、こんな痛みを無理してやって本格的に痛めた経験がある。
えー!これで今日ゴルフやるの!?
聞けば、皆体が痛むという。ん…前日の待たされゴルフが原因なのだな。
取り敢えず、予約してあるのだからゴルフ場へと。
ふと、ハンディキャップの変更表を見てみると…あったあった、ありました!今まで気づきもしなかったけど、椿は確か20日だか25日に張り出されているのだ。だから、これは先月中に張り出されたもの。
9.9。
ん…ギリちょんでシングル(笑)。いかにも、偽物シングルのような数字だ。
普通に考えて、肌寒い春先はボールも飛ばないし体も思うように動かないのだから、ハンディなんて落ちて当たり前。大幅ダウンだけど、これも今の実力。本来ならもっと落ちても良い。
大体、このハンディなんていい加減なものだ。
10回カードを提出して、そのうち良いスコアのものだけを5回分抽出。その5回分のみの平均値(かなり乱暴な計算です)だと言うのだから、その人の一番良い時の数値と言うことになる。
極端に言うと、昨日はメチャクチャで100の大叩きであっても、今日パープレイの72だったら、72の方が採用される訳だ。
ずるく考えたら、今日のスコアが悪かったら出さなきゃ良い(笑)。
でも、世の中には色んな人がいるもんで、わざと悪いスコアを出してハンディを落としたい人もいるんだとか。
なんで?って不思議に思うでしょ?
賭ゴルフをしている方々なんだそうである。
それにしても9.9は微妙な数字だ。
さて、足を引きずりながらさつきコースへ。
何だろ?今日はアカンと思うのだけど、いきなりボールは右へと曲がって林の中。
ここは出すだけで3オン2パットのボギースタート。
まあ、今日は一日いっぱいこんなゴルフになるんでしょう。
2番のロングは早速最悪な状態になってしまった。
ドライバーはバッチリと飛んでくれたのだが、セカンドの5番ウッドが当たり損ない。多分100ヤードくらい?足の踏ん張りがまるで利かないのだ。腕もおかしい。右打ちになっている感じ。
おかげで3打目も5番ウッド。これは右に出てしまった。
どうにもこうにも体全体で打てていない。で連続ボギー。
3番も逆風の中、ドライバーはナイスショット。楽々2オンかと思われたのだけど、方向を間違えてグリーン右のラフへ。またまた連続のボギー。
腰痛のせいか太股の痛みのせいか、ショットが定まらない。
まあ、こんな体調じゃこんなモンなんでしょう…と早くも諦めムードで4番まで連続のボギー。
ここで夫婦ゲンカ。
「お前、もう帰れ!」
となってムカムカイライラの4連続パー(笑)。
なんだろ?うちの上さんというのは、何年もゴルフをしているというのに、ゴルフルールは一切覚えてくれない。たまにナイスショットをするとニコニコなのだが、最悪なのはそのマナー。
危険な所に平気で立つし、人の打つ所を見てもいないから更に危険。
明らかな人のミスショットにも【ナイスショット!】と叫ぶし、たまに方向を見失って【どこに飛んだ?】と聞くと、【凄い飛んだよ】と、【イヤ、だからどっち?右?左?】、【左のバンカー超えたよ】と言うので行ってみると、バンカーの手前だったり。
まあ、とにかくゴルフ場に来て何を考えて、何に関心があるのかさっぱり分からない人なのである。
そういうのが連続するとさすがにイラッと。いくら今日はスコアなんてどうでも良い日だとしても楽しくない!
結局、さつきコースは最後はボギーで41のパット数15。パット数が少ないのはパーオンが少なかっただけのこと。
後半戦はさくらコースなのだけど、夫婦ゲンカはまだ続いている。もう相手したくない。
ゴルフ行くんだったら、先ずはルール。そしてマナー、気遣い。上さんには、そのどれもがない!見事にない!昨日も今日も明日もない!一生ない!
そのくせ、上さんのドライバーは常に安定してナイスショット!まるで、ドライバー打ちのお手本のようだ。それがますます腹ただしい(笑)。
そのくせ、バカなんだろうか、僅かな傾斜が読めずにセカンドからはことごとく失敗。全部、練習場と同じく平たんだと思って打っている。
バカなんだろうお前!正真正銘のバカなんだろう!
その傾斜は、見るに見かねてルール無視してたまに教えてやるとナイスショット!やっぱりバカなんだろうお前!正真正銘のバカなんだろう!
全く、2日間も連続で上さんとゴルフなんてするモンじゃないな。
結局、最後はドライバーもアイアンもボロボロになって42のパット数19。3パットが2回もあった。
トータル83はまたまたハンディを下げてしまうな。
上さんよ、ルールを学べ。その前にマナーを学べ。その前にもっと練習しろ!もっと、周囲に気遣いをしろ!
いやいや、いくら言っても無駄なんでしょう。
ん…今日になっても体は痛むし、体がほてっているようでキツイ。年なんでしょうね。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今日は今年初のファミリーゴルフ。
去年あたりまではそんなに気にならなかったファミリーゴルフでのゴルフ代金。今年は少し躊躇してしまう。やはり、3人で3万越えのお遊びはどう考えても高すぎる。普通の人なら自分の分だけ出せばいいのだろうけど、我が家の場合は3人分。3人分のゴルフ代金を出してのお遊びはかなりの贅沢だ。
どこかでファミリー割引みたいなサービスをやってくれても良さそうなのだが…こんな風に感じるのも震災の影響なんでしょうね。
その震災の影響だろうと思うけど、今年のゴルフ場はやけに空いている。
さて今日のゴルフ。昨日3連休をとるためにかなりハードなお仕事となってしまった。で、予約するのをすっかり忘れてしまったのである。
何としても朝一スタートをしたい。クタクタしたゴルフならやらない方がマシ。
と言うことで娘と上さんは朝の6時半起きして電話をかけまくり。ようやく繋がったのが朝の7時。
8時7分のスタートと言うことになった。
めでたしめでたし。
つばきコースは最近苦手。…いやいやどこのコースも苦手なんだけど(笑)、つばきの1番、ど真ん中にでーんと大木がそびえている。
この木が邪魔!最近、連続してセカンドでこの木にぶち当てているのだ。
なぜって、一度右に行ってしまって、隣のコースに打ち込んでしまって大恥をかいた経験があるからなのだ。
だから、何が何でも右を狙って打つようにしているのだけど、そうすると木が邪魔して2オンが狙えなくなってしまう。
そこを無理して狙うもんだからどうやっても木に当たってしまうのだ。
ん…この辺が偽物シングルたる所以なんでしょう。
で、今日も懲りずに右狙いで狙い通りに右!で、懲りもせずに木の枝にぶち当ててボギースタート。
2番は最短距離を狙ってナイスショット!ところが、セカンドでナイスショットの方向違い!
距離バッチリなんだけど、まだ、このマジェスティのグースネックとは上手く噛み合っていない。どうにも信用し切れてないのだ。
その辺を反省しつつ、3番ショート161ヤードを7番アイアンでナイスオン!ようやくパー。
4番ロングでもパー。
5番ではまたまた方向を間違えてボギー。
ん…距離は大部分かってきたんだけど、少し傾斜があったり斜めったりするともうイカン。
6番はせっかくの2オンなのに3パットでボギー。
まあ、いつも通りの展開…これは今日も80台と思ったのだけど、ここからが快進撃!上がり3ホールを全てパーでまとめて、前半のハーフは40のパット数17。まあ、多少のラッキーもあったんだけどね。
で、後半戦はさくらコース。
行くと、前には二組。
最初の組は多分夫婦?どっちも下手くそでビックリ。まあ、この時点で1時間30分コースは諦め。まあ、2時間半もあれば終わるだろう、なんて話していたのだけど、驚いたのは直前の前の組。
もっとヘタ!いやいや、あんたらコースに来ちゃイカンでしょう、と言うレベル。
でもまあ、「爺ちゃんと孫って雰囲気だよね。まあ、楽しくやって貰いましょ。ゴルフ嫌いになられても困るしなあ」と、楽しいゴルフをする事に決定。
寒くもないし、まあいいでしょう。
ところがところが!遅いのレベルが違う!前の組は、ヘタなりにも一生懸命で、遙か彼方!そのうち見えなくなってしまった。
前の組は、なんだか菅原ぶんたの子分のような雰囲気でふてくされたように歩くし、意味不明な行動が多いので、危なくて打てやしない。
まあ、これはスコアは諦めましょう。
だったのだけど、1番パーオンのパー。2番もパーオンのパー。
うんうん、アイアンを信じてるぞ。
待ちくたびれて、ドライバーはかなり怪しくなってきているけど、アイアンは好調だ。
3番のロングはパーオンはならなかったけど、寄せ1のパー。
うんうん、最近は寄せ1が少し蘇ってきたぞ。
4番、5番もパーで、何と連続5ホールパー!素晴らしい!
でも、ドライバーはかなり変になってきている。
なんたって、時間がかかりすぎて筋肉痛が起きてきている。
6番で初めてのボギー。これはバンカーに入れてしまった。そのバンカーからまたまたグリーン周りのバンカー。このホールで、先ず、私が前の組に打ち込んでしまった。
姿が見えなくなったと思ったら、何と、私の入れたバンカーに孫がやってきて、そのバンカーから3打目を打ったのである。
しまったなぁと思っていたら、今度は上さんが前の組に打ち込んでしまった。
えー!何で、さっき打ち終わって前に行ったじゃない!?と思っていたのだけど、孫は何故か真っ直ぐ歩いたのち、横に移動していたのだ。
…。
どうにもリズムが良くない。初ボギーで緊張感も薄れた。
もうダメかと思った7番のロング。ドライバーが飛ばなくなってきている。でもパーは取りたい。
気合いのセカンド!と思ったら、前の組のオジサンがまだいる!えっ?何で?さっき打ったじゃない?
で、いったんアドレスを外してそのオジサンがいなくなるのを待った。
で、当然のようにミスショット。バンカーの左!
ひゃー、あそこは確かOB!
イラつきながら暫定球を打って、そこに行ってみると、何とセーフ!
でも、木が邪魔して3オンは狙えない。130ヤードもないのに3オンが狙えない!おまけに、クラブを振ると確実に木の枝に当たりそう。
しょうがない、7番アイアンを持って、極端に、それこそしゃもじのように持ってビシッ!
するとこれがナイスショット!…なんだけど、またしても前の組に打ち込みのような形になって、ギロッと睨まれる有様。
まあ、こっちからすると当たりっこないんだけど、あちらさんからすると距離が届いている分恐いだろうなぁ。
もうイヤ!
でも、このホールは寄せ1のパーを拾ったのだ。
こうなると、後半だけでもパープレイを狙いたくなってくる。
どこかでバーディが欲しい。
チャンスがあるとすれば次の8番のショートホールのみ。
これは気合いが入った。そして見事な1オン!バーディチャンスにつけた!
でも、残念ながら2パットのパー。
最終ホールは、残念ながらノーチャンスなのだ。
とっても相性が悪い。パーが取れるのは5回に1回くらいしかない。
何故って?確実にドライバーが失敗するのだ。
何故って、この9番の足場が、草が生えてなくてずるりとずれてしまってどうにもならないのだ。
と言うことであえなくボギー。
後半は38のパット数16。
トータル78のパット数33は、今季初の70台!
まあ、めでたいね。何であろうと70台のゴルフは嬉しい。特に、今期は80〜90台でのゴルフと思っていたから、望外の喜びだ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


本物のシングルと偽物のシングル。まあ、明らかに本物は彼の方で、偽物は私の方だ。
何でそんな事を考えるのだろう?それは多分私の肉体コンプレックス。
彼にはバスケで鍛えた強靱な体幹が備わっている。私にはそんなものはない。
私にあるのは、ゴルフの練習で鍛えられた上半身だけ。
これはなんとも無様。下半身がMサイズで上半身がXLだ。
どう考えてもおかしい。子供の下半身に大人の上半身が乗っかっているようなものだ。そんな肉体でまともなスウィングができる訳がない。
上半身に下半身がついていけず、スウィング時に下半身が振り回される。だから時々右足がステップアウトしてしまうのだが、その分だけスウィングに確実性がなくなってしまうのは必然だ。
まあ、普通ならそんな肉体的な差があったとしても、頭の違いで勝てるとも思うのだが、残念ながら彼も相当頭が良い。となると、勝負は歴然としている。
恐らく、彼と10回勝負しても、勝てるのはせいぜい2回くらいという事になるのだろう。
370ヤードパー4。
第一打ドライバー。恐らく彼は250ヤード。私は220ヤード。
第二打、残り120ヤード、彼はPWで楽々2オン。私は残り150ヤードを8番アイアンでやっとこさ2オン。
その時点で勝負有りだ。彼はバーディを狙い、私は何とかパーを拾う。
彼にバーディが来る事はあっても私に来る事はない。
その辺が本物のシングルと偽物シングルの違いだ。
何と言ってもドライバーの飛距離の差は大きいのである。
そんな彼と盛り上がったのが椿の9番ロングホール。彼は池に入ってしまうと言う。なので、敢えて右ラフを狙うというのだ。私は池に入るものなら入れてみたい(笑)。飛ぶ人の論理は違うものだ。もうすぐ60才にもなろうという人物が、池に入っちゃうんだと。
次に盛り上がったのが、南秋田の2番ホールのロング。479ヤードパー5だ。
大きな打ち下ろしのコースなので見た目大したことないのだが、真ん中に大きな大木がある。
その大木の先のコースが極端に狭くなっていて、レイアップするのにも苦労するくらいだ。その細道の左に池らしきものがあって木が沢山生えていて密林のようになっている。
グリーンはその先に砲台のようにしてあるコースだ。
私が初めてそのコースに向かった時は、恐いもの知らずで2オンを狙って見事バーディをとった。
ところが、その後、そんな良いことは一回もなくて、失敗ばかりしている。
第一打のドライバー、真ん中の大木を狙って打つと、何故かその大木にぶち当たってしまう。3回連続ぶち当たってしまっている。
どう攻めたらいいのか?南秋田は、彼のホームコースだ。
「あそこは、私はドライバー使わないですよ」
「えっ、じゃあ何で打つの?」
「ユーティリティですね。ユーティリティで大木と左バンカーの間を狙うんです」
「えっ、そこからあの大木の後ろの細道にレイアップするの?」
「いやいや、あそこからあの細い所にレイアップなんて狙ったらかえって危ないでしょ」
「うんうん、この間レイアップしようとしたら右OBになった(笑)」
「でしょう。直接狙うんですよ。砲台を計算して1クラブあげて打つんです」
「ん…木の高さ超えられる?」
「今は大丈夫ですね。昔は木がもっと高くて大変だったんですよ。切ってくれたんで大部楽になったんですよ」
「じゃあ、真ん中の大木は狙わないんだ」
「狙ったらアウトですね。大体右OBか左の池の中でしょう」
本物のシングルは確実なゴルフをするのだ。私なんかだと、上手くいけば大木をすり抜けてちょうど良いところに落ちてくれるかも!なんて期待しながらのゴルフだ。
だって、ハンディキャップなんて2回に1回が良ければそれで良いのだから、ギャンブル有りなのだ。
(ハンディキャップは10回提出した内の良いスコア5回分だけを採用する仕組みになっている)
「でもそれは、第2打も相当勇気がいるね。ちょっとミスショットしたら池ジャン。ティーショットよりも慎重だわ」
「でも、成功したらイーグルもあるし、悪くても寄せ1パーですよ。当然狙った方が良いでしょ。細道へのレイアップなんてもっと危険でせいぜいパーですよ」
なるほど。
今度試してみよう。でも、失敗する予感100%だ(笑)。
ちなみに、そんな強靱な肉体の持ち主の彼でも、肉体は結構ボロボロらしい。長年のゴルフで、腰痛がひどくて整骨院のお世話になっているという。
ましてや自分の体、体のあちらこちらが壊れても何の不思議もない。
恐らく、自分のゴルフ練習量は、彼の5〜倍は軽くいっている。
大分前の話だけど、彼はこんな事を言ったことがある。
「若い時は、自分の商売間違えたと思ったことがあるくらいで、それほど(ゴルフに)夢中になりましたね」
 
まあ、本物のシングルとの会話は楽しい。自分の偽物度がよーっく分かる(笑)。
今気になっているのがシャフトの捻れ。
「失礼だけど、片手シングルじゃないよね」
「もちろんです。今はシングル後半ですね」
「その程度で捻れって分かるモンなの?」
「分かりますよ。色々試してみれば分かります」
…そうなのかぁ。自分にも分かるんだろうか?今度試してみようか…捻れなんて感じたことないんだけどなぁ。
 




にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


腕時計が壊れたので修理に出していた。
なんだかえらく時間がかかってしまって1ヶ月位も経ってようやく帰ってきた。
修理代は6万円くらい。なんとも高くついたものだ。しかも、1ヶ月間もないのはいかにも不便で、仕様がないので、別の金無垢でできた、しかもスケルトンの機械式時計をつけていたのだが、これが、スケルトンでしかも金無垢なものだから見づらい見づらい。もう一つおまけに一日2〜3分位も時間が狂う。
ちょっとイラッとするので、3万円ちょっとの腕時計を臨時用に購入したもんだから、修理代と合わせて9万円位も余計にかかってしまった時計という事になる。
でもやっぱり、その時計は好きな時計で早速腕にはめた。うん、素晴らしい。
この時計の何が好きかって、先ず金無垢じゃない事(笑)。プラチナが少々入っていて、金とは違う上品さがある。機械式なんて言う上等なものではないクオーツ時計なのだが、この時計の年間誤差は5秒以内という優れもの。
で、この時計の何が壊れたかというと、あり得ないところが壊れたのだという。
「文字盤を支える支柱が壊れるという珍しい壊れ方だったんですよ」
「えっ、そんなところが壊れるなんて聞いた事ないね」
「それがですね、たまにゴルフをされる方がその衝撃を何度も受けて壊れることがあるらしいという事なんですよ」
「あー、それならあるかもね。なんたって、練習量が半端ないからなぁ」
「なので、ゴルフの時は外して戴いた方が…」
まあ、基本機械式時計なら外すのが普通だろうけど、クオーツで外すなんて聞いた事もない。
「まあ、また壊れたら壊れた時だね。ところで、最近のゴルフはどうなの?」
そう、修理された時計を持ってきてくれた人は正真正銘のシングルプレイヤーなのだ。
私なんかと違って、いついかなる時も本物の立派なシングルなのだ。
彼は小柄ながらもガッチリとした体躯をしている。一番素晴らしいのは、多分その足腰。
学生の頃バスケをやっていたとかで、ガッチリと強くしなやかな足腰といった感じ。
どうやったってゴルフは足腰の勝負だ。私が敵う訳がない。
しばらくゴルフ談義となった。
去年、パープレイを超えてアンダーパーを目指すゴルフとなった事。
「いやー、だって凄かったよ。9ホール中7ホールくらいがパーオン。多分、石川遼君より上。なんたって、ドライバーがある程度飛んで、残り100ヤード前後。残り100ヤードから80ヤードだったらベタピンに絶対の自信があったからね」
「そう言えるところが凄い」
「冗談だと思っているでしょ。あのね、私のウェッジは岡本綾子より上、ジャックニクラス並。だってね、岡本綾子が、ジャックニクラスの練習に付き合った時、100ヤード先にグラブ持たせてキャッチさせたんだって、そしたら、足を1P歩動かせる程度の精度だったって驚嘆している。で、岡本は、私は2〜3歩動かしてしまう程度って言うんだよね、そうなると、私はジャック未満岡本以上。80ヤードだったら多分上かも。人間、何か一つは取り柄があるもんだ」
ようやく、彼は納得してくれたようである。
「ところがね、そんなに絶好調だったのに、ある日、インプラント手術の翌日行っちゃったのよ」
「それはイカンでしょ」
「そうイカンかったのよ。最初の内は、どんなんでもできるだろうってなければいい自信があってやってたんだけど、どうにもドライバーが顎にぶつかる。左下の顎のインプラント手術の後だったもんだからどうにもならない。3ホール目で、これはゴルフにならんな、とリタイヤしようと思ったんだけど、同伴者に申し訳ないんで、顎を大きく引いて、左肩を大きく下げて,しかも腕を曲げまくって打つようにして何とか無事にラウンド終了したら、フォームがおかしくなってしまったんだよね。アハハ」
相手は、アホだこいつって顔をしている。
「で、フォームを崩したちょうどその頃、ドライバーも変えて、アイアンも変えてしまったのよ」
ますます呆れてしまっている。
「で、そのアイアンというのが最悪で、フォーティーンのフォージットだったんだけど、これが飛ぶ飛ぶアホかって言うくらい飛ぶクラブで」
「そんなに飛ぶんですか?」
「飛ぶ飛ぶ、PWで150ヤード、口あんぐりおったまげてしまう。いやー、でも飛べば良いというもんじゃない。150ヤード先のピンなんて狙えるもんじゃない。少なくとも、感覚的にベタピンなんて、グリーンが見えないんだから考えようもない。あげくに、微妙にバランスが前のクラブと違うもんだから、掴まりすぎて左方向に一直線!これがたまに出るもんだから恐くて恐くて。直接ピンを狙って打ったら左に一直線じゃ崖下まっしぐら!かといって、保険かけて少し右を狙って打つとそのまんま右でバンカー。いやはや、ゴルフがさっぱり分からなくなってしまって、1ヶ月半くらいでまたまたクラブを変えたのよ」
「今度は?」
「これが最悪でグースネック。マジェスティだったんだけど」
「年寄りクラブですね」
「何言ってんの、アンタだって十分年寄りでしょ。そろそろシルバーティでしょうよ」
「えっ、そりゃあいくら何でも恥ずかしいでしょ」
「だって、来年その資格有りでしょ?」
「いやー、でもシルバーは無理ですよ」
「あなただったら、ヘタすればミドル1オンだよね。アハハ、あーおかしい。元気なじいさんって言うのも困りもんだよね。この間行ったらね、【お前ら、遠慮しないでシルバーティで打て!】って言いたくなるメンバーで困ってしまったけどね」
私とは多分ゴルフの質が全く違うタイプなので話が面白いし参考になる。
「椿の9番ホール、危なかったですよ。池の手前で入りそうでしたもの」
「えっ、なに風があったの?」
「いえいえ、殆ど無かったですね」
「それで池まで行っちゃうの?」
「いやー、だから、いつもは右のラフを狙うんですけどね」
ふん、なんとも羨ましい話をさらりと言ってのける。
あの池、入るモンなら入れてみたいもんだ。
「しかし、ドライバーまだそんなに飛ぶんだ。凄いね。あなたくらいになるとシャフトもわざわざ変えるんだ」
「えっ、それは当然でしょう」
「そうだよね、多分それは当然なんだよね。で、実際にそんなに違うモンなの?」
「それは当然、まるで違います。シャフトメーカーによっては、同じSでもかなり違います」
「それはよく聞く」
「だから、自分に合うSシャフトを探しますし、後はバランス、後調子とか先調子とか、その人に合ったものがありますよねぇ、後がねじれですとか」
「そのSは分かるし、後調子先調子も分かる。でも、そのねじれってそんなに意味あるの?」
「ありますよー」
「打ってて分かるの?」
「分かりますよ」
「感じるの?」
「感じますよ!」
さすが本物のシングルは言う事が違う。
「どうやって自分に合うものが分かるの?それが、そのプロセスが恐いんだよなあ。だって、さっきのアイアンの話だけど、あんだけ迷って迷って買ったフォーティーンのクラブは、結局1ヶ月半で肩壊して手放す事になってしまったし、その後、つまり今使っているクラブだって、迷いに迷ってマジェスティにしてみたら、何とグースネック!そりゃあグースだもの左に引っ張ってしまう病気は治る訳だわ、と納得もできたけど、今度は、そのグースネックのおかげでシャンク病だもんね。大体、私の使っているクラブの構成おかしいんですよ。他人が見たら笑いますよ。普通のクラブがグースでウェッジ系が全てストレートネックなんだから」
「どっちかに統一した方が良いですね。全部マジェスティにしたらいいじゃないですか」
「いや、あのね、ああいうクラブって言うのはね、ガッチリ打たないと球が上がらない。寄せでパチンと打ってもゴロって行くだけ…そうなると、距離が思い通り作れない。寄せって言うのは微妙なんだよな。その微妙なラインを感だけで作っていく…。
やー、ドライバーの話だった。ねじれは分からんなあ。どうやって探すの?」
「二木ゴルフとかに自分の信用できる人いるでしょ。そういう人と色々相談して見つけていくしかないですよね」
「やっぱりそうだよね、それしかないよね。でもね、私の担当者って若いんだ。若いので何がいけないかって言うとね、体が違いすぎるって言う事。彼らは、殆どどこかのゴルフ部に入って、小さい頃から運動やって来て筋肉もぎゃんぎゃんで、そんな観点でしか考えられない。つまり、運動のための筋肉があるのは当たり前という考え。でもね、実際にゴルフをやっているというか、やらざるをえなくなる人って言うのは、運動なんてやった事もない、筋肉まるで無しのガリガリ君。まるでステージの違う人間が、まるでステージの違う人間にあれやこれ言うんだよね。無理無理。
大体ね、私の担当者なんて、若くて細身なんだけど、ヘッドスピードが60超えているんだよ.アハハ。Sとか言い張る常人レベルじゃなくてXとかダブルXとか言うレベル。
ドライバー打てば300ヤードなんて当たり前、距離だけなら遼君超えてる。そんなヤツがね、自分の常識で考えてしまったら殆ど的外れ。まあ、無理だよね」
まあ、話は終わらない終わらない。
途中、南秋田の2番だかの真ん中にどーんと樹があるところの攻略方法を等を伝授して貰って…とは言っても、私には彼の攻略方法は無理なのだが、なるほど、ゴルフの攻略は人それぞれ様々。
様々でも、攻略方法のある人と話すのは楽しい。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】