2011年6月アーカイブ

 昨日の夜、久々に山形の友人に電話をかけた。

随分と久しぶり。今年になって初めての電話である。彼女はラブホテルの支配人をやっている。そう言うと、何か怪しげな関係を想像するかも知れないが、残念ながらそう言う関係は一切ない。今時のラブホテルは、一昔前のように簡単に儲かる商売でもなくなってしまっていて、有能な商売感覚がないとすぐにダメになってしまう。
特に、今年の1月に法改正がなってからはラブホテル業界も大変な状態と聞く。加えてこの震災の影響も深刻だ。
そんなところの話が聞きたくて電話をしてみたのだが、意外な返事が返ってきた。
「震災の影響?2週間位もあったのかなあ。色々と壊れたり、結構修復しなきゃいけないのがあったから。でも、その後は順調で、4、5、6月は前年対比プラスですよ」
「えー!」
ちょっと絶句してしまった。話を聞いていると、秋田とは状況がまるで違う。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


「まあ多分、秋田とは違う山形県民のど根性の底力でしょうね。なんだか、その底力を見せつけられた感じがしますね」
「ん…そう言えば、青森の業者さんもね、『なんでしょう、生存本能が働いたんでしょうか、結構活況で、前年対比大幅プラスなんですよ。今、いつ反動がくるのか?いずれ来るんだろうなぁと、社長と心配しているところです』なんて言ってたなぁ。なんだか、不景気なのは秋田ばかりみたい。自粛自粛ばかり言って、真に受けて自粛しまくっているみたいな(笑)」
「いかにも秋田ですね」
そう言われると返す言葉もない。
それではいけないんだ!と十分に分かっている私でさえも、多勢に無勢、なすすべもなく結構自粛してしまっている。
先ず、こんな時に目立ちたくなどない、という心理。
外食を自粛してしまう。それでなくてもすいている店内でワイワイやっていたら目立ちまくりではないか。
ゴルフも少し心苦しい。ゴルフ場は5月頃まではがら空きであった。ネームを書く時にちょっと躊躇してしまう。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


まあ、こんな心理がいけないんだけどね。
秋田県民はちょっと過剰に反応しすぎ。
みんながお金を使わないと、というよりも、もっと普通にしないと経済が回っていかない。
多分、今日本で一番ダメな県は秋田県だ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 先日のゴルフの後遺症は日ごとに強くなる。なんとも体がキツイ。

「今日になったら、ますます体がきついんだよ」
と娘に言うと、
「実は私もなんだよ」と。
上さんだけは、案外平気そうだ。
そんな訳で、娘は昨日早くに寝てしまった。私の方も、比較的早くに布団に入ったのだが、体がきつくてなかなか寝付けなくて困ってしまった。
全くヤワな体になってしまったものだ。
「やっぱり、冬の間練習にも行かなかったし、夜のお散歩もしてないっていうのが大きいんじゃない?」
と娘が言う。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


そう言えばそうだ。冬の練習に行かなかったのは、ゴルフを始めて初めての事だ。夜のお散歩をサボりだしたのも今年に入ってからだ。何も運動らしい事を最近はしていない。そりゃあ、体がやわになるはずだわ。
そうは言っても、心臓病のせいで走れる訳でもないし、加えてこの間の後頭部のドッカーンもなんだか気になってしまう。
なんだかねぇ、年を取るって事は結構大変な事なのだ。
体に何かが起こった!さあ病院に行ってみよう!なんて言うのは若い内だけだ。
若ければ病院に行けば治してくれるもんだと思うと思うけど、年を取ると、病院へ行っても治らないんじゃないか?どうしようもないんじゃないか?なんて思ってしまう。
全く、このゴルフブログも「老いらくのゴルフ。老いと共生するゴルフ」なんて言うタイトルに変えた方が良いんじゃないだろうか。
さて本日、先日忘れてしまった病院に行くと、血糖値がグングン良くなっていて、先生に褒められてしまった。「どうしたんですか?」
「間食をしなくなっただけです。もう、家族が誰も買ってくれません」
「おー、それは素晴らしい家族愛ですね」
「全くですね」
その後ゴルフの練習に久々に出かけた。
老人が二人いて、
「おー、飛ぶねぇ」
と声をかけている。
「ダメダメ、なんもダメだぁ」
と声をかけられた老人。
見ると、ドライバーで120ヤード。ん…しょうがないでしょう。次いで声をかけた方の老人、ドライバーで100ヤード弱。
ん…老いらくのゴルフだ。
私もいずれああなるんだろうなぁ。それでも楽しめるゴルフというスポーツのなんと素晴らしい事か。
うん、その前になんとしてもパープレイ、いやいやアンダパーを体験しておきたいもんだ。
で、練習なんだけど、どうにもこうにも体が重い。ヘッドスピードが乗っていかない。
なもんで、PWで120ヤード…。
但し、方向感は大分良くなっている。
まあ、動かない体に無理をさせてもフォームが崩れるだけなので、今日は120ヤードで我慢する事にした。
丹念に120ヤードを同じ方向に打ち込む事だけに専念。
汗をかく。
次いでAW。こちらは110ヤード。なんだか、PWよりもイイ感じだ。但し、実戦でAWを使う事はあまりない。距離感が、練習場とはあまりに違うからなのだが、練習場ではいつも良いのもこのクラブ。
で、いよいよドライバーの登場。
 
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


まあ、飛距離はイイ感じなんだけど、どうにもこの間の後半から右に出るようになってしまっている。
まだ疲れているんだろうなぁと。
試しに、フォロースルーをきちんと取ってみると、右に出るのは簡単に治ってしまった。
但し、ボールの勢いにもスウィングにも迫力はまるで無し。
ん…基礎体力を作らないとどうしようもないな。
練習の後半は、結構ガタガタになってきて、下半身が上半身を支えきれなくなってきて、ショットがぶれ始め、シャンクまで出るようになってしまった。
ん…これはゴルフの練習の前に、走り込みとかお散歩の必要がありそうですね。
そうそう、病院の循環器科の先生が言うには、当たったからといって、頭の中がドッカ〜ン!という事はないという事でした。
まあ、信用してないんだけど。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 秋田森岳温泉36ゴルフ場は変化に富んでいて大変面白いコースであった。

またやりたいな、というのが正直な感想。もう少しコースを覚えたらもっと楽しめるだろうとも思えた。
但し、とにかくアップダウンがきつくて、かなり体力を消耗した。娘は、その夜から「体がキツイ」と言っていたのだが、私の方はそうでもなかった。なのだけど、2〜3日もするとじわじわと体に効いてきた。「あぁ、良い運動になったのだな」くらいに思っていたのだが、ある日突然家族で会話中に、後頭部にドッカーン!と爆音が鳴った。
そして目の前が異常に明るくなった。
???????
もしかして当たった?
当たった経験なんぞないが、頭の中で爆音が響くというのも尋常な話ではない。異常を感じるのは目が明るくなったという事だけなのだが、脳の中で血管が破れればそんな音もするのかと…不安になってしまった。
心臓の太い血管が詰まる位なのだから、頭の中の血管が詰まって破裂することくらいいくらでもあり得る体なのだろうとも思う。
その後2〜3日、後頭部がズキズキとする。
不安な毎日を過ごした。娘は「お父さん病院へ行ってよ」と言うが、行ってどうにかなるとも思えない。どうにかするというなら、頭蓋骨に穴を開けての手術にしかならないだろう。
取り敢えず、心臓の医者から貰っている血をサラサラにする薬は自己判断でストップした。頭の中で血がダラダラと垂れ流しになっても困る。
そうこうしている内に糖尿病の予約日は忘れてしまうし、歯医者の予約も診察カードを見てみると予約日が書いてない…まあ、頭が危ないって時に何もする気にはなれないのだが。
そうは言っても、今日にでもそれぞれに電話連絡位はしなければならないのだろう。
そんな中、昨日の日曜日は、家族恒例の日曜ゴルフへと行ってきた。
まあ、倒れるなら倒れましょう…と。
秋田椿台CCは大盛況。朝の7時半頃のトップスタートと言うから、かなりの大盛況なのだろう。おまけに、カートが既になくて手押しカートになってしまった。
頭に不安を抱え、今年初の手押しカートとは…大丈夫なんだろうか?
それでも、前半のさつきコースは難なく順調に進んだ。1バーディ4パー。後は全てボギーの39のパット数16。
まあまあである。この1週間まるで練習しなかった事を考えれば上出来である。
ドライバーは相変わらず飛んでくれるし真っ直ぐだ。
 
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


この調子なら、後半はもっと良くなるだろうと思ったのだが…そこは日曜日、後半のスタートは1時間後だという。
さくらコースへと行ってみると、確かに何組も待っている。
手押しカートは我々だけで、前も後ろも皆さんカートだ。羨ましい。
ようやく順番が近くなってきて、前の前の組、二人組みの老夫婦なのだが、なかなか打とうとしない。ようやく、前の組がグリーンに上がってティーショット…チョロ。奥さんもレディースティからチョロ。
ご主人の方は、その後も深いラフから出すだけで、ようやく4打かかって通常の第一打地点に到達した。
やれやれと思っていたら、今度は我々の前の組、こちらも老夫婦二人組み。ご主人はシルバーティからなのだが、こちらもなかなか打とうとはしない。それはそうだ、前の組が第一打地点にいるのだから打てる訳もない。
という事で、一体何時間かかるか分からないゴルフが始まった。
日曜日のゴルフはこんなもんでしょう。
まあ、イライラして打ち込みだけは絶対しないように。
後半さくらコースのスタートは相変わらず順調で連続パー。どちらもパーオン2パットであった。
迎えた3番ロングホール。
ここで初めてドライバーショット時に腰が流れた。
腰が流れる事で体が早く開いて振り遅れ状態となり、ボールは右方向に…。
腰が流れ出すと、それはもうどうにもならない。慣れない歩きで体が疲れてきたのである。加えて、一打打つ度に待たされるのろのろゴルフで筋肉痛まで起こり始めている。
それに、さくらコースの2番と3番は相当な距離があって、しかも上り坂というのも響いているのだろう。
更に、これから進む3番ロングも上り坂で、このホールだけでも相当な体力の消耗となりそうだ。
当たり損ないかと思われたドライバーショットも現地へ行ってみるとフェアウェイだし案外飛んでいる。これなら3連続パーもありかな?と思われたのだが、5番ウッドを持って構えた時に、どうにも前の組の老人が気になった。イメージ的には、その老人の頭にパッカーン!
ん…そりゃあいくら何でも拙い。届く距離だ。
仕切り直して、その老人が行くまで待った。
ところが、どうにもその老人の姿が残像として残っている。左は拙い!右に打とう!そう考えると、今度はアドレスがなんだかおかしい。まあ、ゴルフってメンタル。
第2打は右の木にパッカーン!
カーッとなって第3打はチョロ!
おいおい、ここでダボだのトリプルはイカンでしょう。
ようやく冷静になって4オン2パット、なんとかボギーで押さえた。
続く4番ショートも1オン2パットのパー。
但し、1オンしたとは言え、ショットは右に出た。明らかに振り遅れ。
どう考えてもスウィングスピードががた落ちしている。
 
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


腰が流れて早くに開いてしまう時の応急処置が分からない。がむしゃらにスウィングスピードを上げようと腕を強く振ると、今度は腕が筋肉痛を起こし始めた。
まあ、にっちもさっちもいかないゴルフになり始めた。5番に行くと、案の定飛距離はがくんと落ち始めた。
ドライバーもそうなのだが、アイアンの飛距離まで狂ってきている。
5番はなんとかボギーで凌いだのだが、6番はダボ!
こなくそ!と7番ロングはパー。
「もう少しで終わりだ!」とみんなで励まし合っての8番。157ヤードのショートホール。
ズタボロのダボ!実戦では出た事のないシャンクが出て、ボールはあらぬ方向へ。
ん…体力ないなぁ。手押しカートは辛い。
最終ホール、最後と思って頑張ったのだが、もはや腰は動かない腕力だけのドライバーショット。その腕も筋肉痛で痛い。
私の打ったボールを、上さんは50ヤードもオーバードライブして行きやがった。
そう言えば、上さんは後半になってから案外調子が良い。この悪条件が体の余計な脂肪でも取ったのかしらん。
第2打は5番ウッド、ほんの少し届かず。第3打も失敗で寄らず。
但し、ロングパットが奇跡的に入ってパー。
結局、後半は42のパット数16。トータル81のパット数32。またハンディが下がりそうなスコアだ(笑)。
ちなみに、娘はトータル93。上さんは、後半50にまとめて108。
まあ、ゴルフと言うよりはいい運動になったかな…と。
頭の方が爆発しなかったのも幸いかなと。
まったく、60才も近くなると、いつ、何があっても不思議が無いのであろう。
さあー、医者にも歯医者にも連絡をせねば。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 心ならずも打ち込みのような形になってしまった秋田森岳温泉36ゴルフ場の1番ロングホール。536ヤードと言いながらも強烈な下りを考えれば、上手くいけば2オンできてしまうコースなのだろう。

今思い出してみれば、確かに第一打は300ヤード位も転がっていた。しかも、第2打も強烈な下りなのだから、残り230ヤードと言っても、実質190ヤードもないのかも知れない。
この辺は、何度かやってみての経験が必要そうだ。
いずれにしても、この一打で私は萎縮してしまった。
ここは危ない。距離がまるでつかめない。
INコースを思い出してみれば、距離がやけに短く感じられた。ミスショットしても、難なく2オンが狙えてしまうコース。
距離が短い上に強烈な下り傾斜が多いのだ。逆に2打目は強烈な登り傾斜となっている事が多い。
つまり、1打目はとても楽で、2打目はとても難しいコースなのだという事。
それはつまり、今の私のアイアンの状況には甚だ合ってないのだという事…。
う〜ん、辛いゴルフになりそうだ。
取り敢えずスタートの1番は無難にパーだったのだが、2番ショートではあれこれと考えてしまった。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!

風は強烈なフォロー。150ヤード。9番で大きくないか?なんたって、グリーンを外したらその向こうはブッシュ、いや、あれは崖だろう。グリーン、やけに小さいな。ここのところのかんかん照りで、ボールは容易に止まってくれない。このクラブでは難しいな…正確な所に落としたい…そのな事をあれこれと考えてスウィング!強烈なダフリ!50ヤード?
まあ恥ずかしい。
残りの距離が分からない。表示がないのだ。困ってしまって、52度のアイアンで軽く打ってなんとかグリーンオン、2パットのボギー。
まあ、ゴルフってヤツは難しく考えるととんでもなく難しくなってしまう。
でもまあ、これがゴルフの楽しいところ。
但し、ゴルフの調子は途端に落ちた。どこかで態勢を立て直さねばならないのだが、ずるずると2番から3連続ボギーとなってしまった。
気がつくと、いつの間にかミドルの距離が384ヤード、362ヤードと普通になっている。
まあ、変化の激しいコースだこと。
5番353ヤードでようやくパーオン2パットのパー。
まあ、普通に考えたら楽。353ヤードと言っても強烈なダウンヒルである事を考えれば、残り距離は100ヤードを切ってしまう。普通なら2オンで当たり前だ。そう何度も失敗するものでもない。
だけど、6番でもボギー。
どうにも調子に乗れない。なんだか、2打目がばくちのようなゴルフだ。…上りで砲台。ピン位置は分からない。グリーンの形状も分からない。まあ、これで70台を出せと言う方が無理なのだろう。真面目にやるつもりならコース図を自分で作らないとどうしようもなさそうだ。
7番ショートは170ヤード位のショート、これは当たり損ないながらも運良く乗ってくれて2パットパー。
というと、簡単に聞こえるかも知れないが、秋田森岳温泉36ゴルフ場のグリーンは高麗芝。ボールの切れ方がちょっと分からない。いやそれ以上に分からないのが距離感だ。
下る時はどこまでも下っていく。上りは大ショートしてしまいがち。慎重に打ったところで慣れない事にはどうにもならない。
まあ、7番を終わったところでパー3つしかないのだからなんとも消化不良なゴルフだ。
8番ロングは493ヤードと短いながらボギー。
そして残念ながら早くも最終9番ホール。
401ヤードと、ここにしては珍しく長いミドルなのだが、ドライバーはナイスショット。
2打目地点へ行くと、残り140ヤードしかない。えっ?あれで260ヤードも飛んだのか?
どうも、ここのコースの距離感覚が最後までつかめなかった。
前の組が終わって、選んだのが9番アイアン。アゲインストだったが、前の組がまだグリーン側にいたので安全を考えたのだ…ところがここに来てまたまたダフリ!
ありゃ〜!…って、おいやめて!
ダフって左に引っかけ気味となったボールは彼らの方向へと向かって一直線!
でもまあ、あそこまでは届くはずもないだろうと思っていたのだが、私のボールはガードバンカーを楽々越えてグリーン右横にドン!
ボールは彼らの足元にまで転がってしまった。
ドキドキしてしまった。
終わってから彼らに謝りに行ったのだが…なんたって本日2度目の打ち込みである、彼らは快く大丈夫ですよとは言ってくれたのだが、いやー、恐い恐い。
保険に入らねば。
ちなみに、最後は寄せ1のパーで、41のパット数17。
トータル81のパット数32。まあ、初めてのコースだったらこんなもんでしょう。
娘は、後半46の16でトータル88のパット数34で今期最高スコアであった。
秋田森岳温泉36ゴルフ場は、なかなかトリッキーで面白いコースであった。グリーンもフェアウェイもなかなかよく整備されている。
また、この森岳温泉コースでもやりたいが、コースレート72.8だと言う秋田コースでもやってみたい。
コース関係者に聞くと、「秋田コースの方が優しいので、そっちから埋まっちゃうんですよ」との事。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


コースレート72.8を優しいというのも不思議な話なのだが、森岳温泉コースと秋田コースではまるで風景が違うらしい。
いやー、そう言われると、またまた来なくてはいけなくなってしまうではないか。
ぜひ行きたい。
残念なのは、次行く時は高速道路が有料になっているという事。全く、民主党も唯一素晴らしい公平性と公共性の高いものを止めるとは、ただのバカとしか思えない。高速道路の無料化こそ、地方を蘇させる事のできるものだったかも知れないのに。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


全米オープン、最終日の遼君はなかなか良いゴルフをしてくれた。彼が活躍してくれるとなんか嬉しくなるのだから不思議。
さて、初めからドタバタと、とても恥ずかしい思いをしてしまった秋田森岳温泉36ゴルフ場。
コース関係者も一言言ってくれりゃあいいのに…と自分の不注意を棚に上げて文句の一つも出てくる。
「諦めもあり」と観念もした。
ところが、ラッキーな事に、INスタートには我々の後続はいなかった。しかも、前の組はまだグリーン上。
慌てて第一打のティーショット。ティーショットの出来の善し悪しなんかどうでもいい。とにかく無事にスタート。
当然のように、娘も私もボギースタートであった。
11番に進んで少し落ち着いた。それと言うのも、前の組にあっという間に追いついてしまったからである。
さあー、ここからはコースを楽しみましょう。
 
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


2番は150ヤードちょっとのショート。難なく1オン2パットのパー。娘はまだ落ち着かないらしく、1オン4パット!
なんだかグリーンがね、南秋田と似た感じ。あまり得意な感じのグリーンではない。
12番に進んで、パー5のロングコース。504ヤードしかない。
ドライバーはまあまあというところ。
特別いい訳ではないが悪い訳でもない。なんせ、最初のショットの慌てた印象が悪すぎて、まだそれを引きずっている感じなのだ。
でもまあ、我慢の範囲。
悪いのがアイアンショット。秋田森岳温泉36ゴルフ場は野芝。ハッキリ言って、野芝は嫌い。苦手。
球の浮いてない感じが神経を使う。それに、まだそれほどアイアンの精度が高くない。
しかも、秋田森岳温泉36ゴルフ場は、ほとんどが砲台グリーンときたもんだ。
これはねぇ、私の今の技術では無理。今使っているマジェスティのクラブではボールは止められない。
止めようにも、砲台なのだからグリーンが見えないときている。もう一つ、ピン位置がまるで分からない。どこに落としたらいいのかさえ分からない。
野芝と砲台グリーン、しかも強烈なアップダウンで、ほとんど傾斜でのショット。
まあ、正確に打てと言う方が無理。大体において、正確ってなんなのさ!
という事で、12番ロングは5オン1パットボギー。
ここでようやっと、成る程ね、ここはロイヤルセンチュリーだと思えば良いんだ。
野芝なのも、砲台なのも、距離がグリーンセンターなのもよく似てる。
グリーンセンターなのはどこも似たようなものなんだろうけど、なんたって、自分のホームコースがグリーンエッジなため戸惑ってしまうのだ。いちいち、引き算して考えてしまう(笑)。
ようやく13番で慣れてきた。
310ヤードパー4。やけに短いのだが、コースが変化に富んでいるので油断はできない。それでも、ドライバーが真っ直ぐなら問題はほとんど0!当然のようにパーオン2パットパー。
14番は更に短く300ヤードもない位で、こちらもパーオン2パットパー。
まあ、なんとも短いコースで、ドライバーがまともなら残り80ヤード位になってしまって、クラブ選択に困ってしまうほどなのだ。
 
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


何が困るって、それは風。
風が一直線に吹いてくる。
ホームコースの椿の風とはまるで違う。
男鹿カントリーの風に近い感じなのだが、男鹿は海風で風が強く粘りっけがあるのに、ここの風は、さらっと爽やかに吹く。
だから、フォローの時のドライバーは驚くほど飛ぶ。
男鹿の経験が豊富なだけに、風に関しては敏感なのだが、それがアダとなって、なかなかショットが満足いかない。
それでも15番でようやくバーディがきた。
このティーショットの時、後ろの組の男性が、娘のショットを見て
「スウィングが力強いモンな」
と感心した一言。
確かに、今日の娘は力強くしなり感があってパワフル。距離も出ているし方向感も抜群。
でも、見られてるな…という感覚は、椿の時には感じないもの。
ヤな感じだ。
緊張したのか、16番では久々にドライバーミス。
ミスはミスを呼び、痛恨のダボ!
クソー!と17番はパー。
最後18番はボギーで前半戦終了。
40のパット数15であった。
驚いたのは娘。いいな、とは思っていたけど、42のパット数18。
これはヘタすると娘に負けている。いや、落ち着かなかった11番の娘の4パットを考えると完全な負け。
前半戦終了で久々のゴルフ場でのお食事。
まあ、こんなモンだろうと(笑)。
娘は社会勉強だ。世の大人どもが、どんな風に食事を摂り歓談しているのか。そんな風景を見るだけでも勉強になるだろう。案外皆、普通の紳士だ。
うん秋田森岳温泉36ゴルフ場、なかなか良いところだ。
後半、間違えた因縁のOUTである。
何となく簡単なコースなんだな、と思えてきている。
だから、最初に見た恐ろしげな1番の印象は既にない。
前の組が2打目を打って、あんなところなのかな?と、取り敢えず打ってみると、これが快打!
大きな下りのロングホールである。
現地に行ってみると、私の少し先にある人がまだ打っていない。
あれ?打ち込んでしまった?でも、おかしいなぁ。あの人ももしかしてこれから2打目?
2オン狙ってる?
えー、536ヤードを2オン狙い!?
いやありなのかも!これだけ下っていれば届くのかも知れない。
でもなあ、まだ220ヤード位も残っているゾ。
当然、その人は届かなかった。
だから、その人達がグリーンに上がったのを見て、安心して打ったのだけど、これまた5番ウッドが炸裂!快打!
あれ!?あれ!?やめて!
なんと恐い事に、私の第2打はグリーン側まで行ってしまった…。
初めてのコースなのだから、打ち込みだけはすまいと思っていたのに、なんとした事か。
このコースはまるで距離感がまるでつかめない。
アップダウンは激しいし、風は強いし、一体どこまで飛んで行くのか、押さえつけられるのか…。
ここから、暗中模索の秋田森岳温泉36ゴルフ場の牙がむき出しとなった。
 
本当にゴメン。長すぎるのでまた明日に続く。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 今日は日曜日。それならゴルフだ。

ところが、いつもの椿は混んでいてさくらーさくらのコースになるという。それはいくら何でも嫌だ。面白味もない。
さてどうしましょうか?諦めるという手もあるのだが、この際、行った事のないゴルフ場というのも面白そうだ。そこで、あっぷるのHPの「ゴルフ場案内」で探していると、先日の四十九日の時のお坊さんの言葉を思い出して、秋田森岳温泉36ゴルフ場を見てみると、安い!
土日でも一人5500円!と言う破格の安値!
安すぎて心配な位だ。一体どんなゴルフ場なんだろう?客層は?…心配な事ばかり。
但し、明日は上さんが行かれないので2バッグ。秋田森岳温泉36ゴルフ場には2バッグ料金というのがあって一人+1050円。
まあ、それを入れても6550円だ。
 
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


「でも、ご飯食べなきゃいけないんだよね」と娘。
「そりゃあそうだろ。スルーなんて無理は秋田のゴルフ場は先ずきかないな」
「だよね。美味しいと良いな♪」
女ってヤツは、先ずご飯の事を気にする。
じゃあ、予約しようか、と言う事になってネット申込みに進むと…なんと、既に満杯!
「えー、ここ凄いよ。今週末も来週末も満杯だよ」
椿といい森岳といい、ようやく震災後の自粛ムードがおさまってきたのだろうか。だとしたら嬉しい事なのだが。
「とりあえず電話してみようよ。その方が速い」
そう、そんな娘なのである。そしたら、なんと簡単に予約が取れてしまった。
朝の8時28分のスタート。
という事で、朝の7時には秋田を出発して、高速を走って、森岳にはかなり余裕を持って到着。
途中、カーナビのバカタレが道を間違えて温泉街の方に入ってしまったけど、それでも余裕で間にあった。
クラブハウスは大きくて立派である。
そうか、思い出した。ここはバブル崩壊の後、まだ少し景気が残っていた頃大々的に建てたのだった。
こんな立派なもの建てて、一体誰がやりに来るんだろう?と思ったものだが、満杯とは恐れ入る。
一度経営がおかしくなった事でこんなに安くなったのだろうけど、さて、コースはどんな感じなのか?手入れはちゃんとされているのだろうか?
そう言えば、森岳温泉には、ゴルフパックというものがあって、1泊2食付きゴルフプレイ代込みで1万4〜5千円!なんて言うものまである。
今日良ければ、宴会込みでゴルフにくるのも楽しそうだな♪なんて思ったりもする。
クラブハウスに入ると、既にカウンターの前に人は並んでいるのだが、スムーズに進んで、待たされ感がなく好感度も大。
「距離標識はどうなってるの?」
その質問にはすぐ答えられたのだけど、
「距離標識は、グリーンエッジ?グリーンセンター?」
の質問には答えられなくて、奥の人にきいてきて答えてくれた。
まあ、ウソを適当に答えられるよりは良い。反応も早くて好感度大♪
さあー、行きましょう。
 
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


ここのコースは「秋田コース」と「森岳コース」の2コースがあって、合計36ホール。
今日は森岳コース。
当然OUTからと思ってしまった。だからOUTへ真っ直ぐと向かった…迷いながらも。
で、その1番ホールを見ると、まあ、とんでもなく下り!しかも狭い!
えっ、これどこ狙うの?そもそも突き抜けない?
まあ、初体験者には恐ろしく不安なコース。
ティアップして、さあ、それでは打ちましょうか!と構えると、後ろから声がかかった。
「あれ、すいません、お宅さん達INスタートじゃないの?」
「えっ!?」
「INスタートって書いてあるよ」
「えー、そんな書いてるものがあるの!?」
慌ててINへと向かった。
でも、狭い道路には順番待ちのカートが一杯。寄せて戴いてかき分けかき分け!急げや急げ!
途中、「今日は諦めるのもありだな」と…。もう自分たちの前の組がスタートしてたらどうにもなるものではない。
初めてのコース、まあ色々あるもんだ。
あまり長くなりそうなので、この続きはまた明日。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


連日の睡眠不足、加えて、その直後の1ラウンドハーフ。
朝起きると、体が異常に疲れていた。それはそうだ、こんなに疲れるのはいつもの事。
それにしても疲れ切っていて、目覚めたのは珍しく9時以降だった。
歯医者の予約が入っていて、歯医者へ行ってきた。何かの雑誌にそこの広告があって、「値段が安くなりました。セラミックが1本3万3千円」とあった。
私の入れるインプラントは1本6万円以上…となれば、ほぼ半額になったのか。これはありがたい!今日の予定は3本のハズだから10万円位も安くなる。
そう思って出かけたのだが、「それは無理です。インプラントには対応できないんです。もっと高度な技術なんです」だと。
 
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


なんだか詐欺にでも遭ったような気分だ。
まあ、もう少しの辛抱だ。もう少しでインプラントの手術ともおさらばだ。
その帰り、そう言えば娘の4番ウッドのシャフトを短くするのを二木ゴルフに頼んでいたんだっけ、と思い出して二木ゴルフへと寄った。
値段を見ると500円位。
「えっ、なんでこんなに安いの。グリップ代にもならないじゃないの」
「いえいえ、いつもお世話になっておりますので、工賃はサービスさせて戴きました」
たかだかの金額かも知れないが、なんとも嬉しい心遣いではないか。
ついでに、
「ちょっとヘッドスピード計ってくれない?」と頼んだ。
何本かクラブを選んでもらって…と言うのもシャフト交換を考えてみたいなんて事を言ったので、その候補作を色々と考えてもらったのだ。
さてヘッドスピード。
「打つ前の儀式があるんだ」
と、最近いつもやっている強烈素振りの3連発、いやいや、今日は何も準備運動もしてないので5連発。
いきなり腰のキレを復活させて振ってみると、ヘッドスピードは42HS。
あらま、復活してるわ。ちなみに、使用ドライバーは使い慣れない45インチのものなので、自分の46インチのものだったらもう少しいけるんではないかと。
まあ、これで最近の跳びの良さが納得できた。
なるほど、これならキャリーで200、上手くランすれば230位のはなるはずだ。風に乗れば250という事にもなるのだろう。
最近、その強烈素振りをする事でようやくインサイドアウトの振り方が分かってきたような気がする。しかも、体ができてくれば、もう少しはいけそうだ。
そこからシャフト交換の話になった。
「この間、シングルの人に、シャフト交換するのは当たり前みたいな事を言われちゃってね。まあ、自分にどんなのが合うのかさっぱり分からないんだけど」
「それは打ってみて探すしかないですね」
と言って色々試した中で一番合っているのが最初に出された1本。
 
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


まあ、合っているのかどうか、単に振りやすいと言う事だけなのだが、中調子のちょっと先調子と言うヤツだ。
「これって、どんな人に合うヤツなの?」
と聞くと、ヤツはなんとも正直なヤツだ。
「ちょっと素人が入っている人で、腰の回転も使うけど、腕も使うみたいな…」
思わず笑ってしまった。
まあ、嘘のつけないヤツなのだ。
「そう、まさにその通りだ」
大体、あの有名な中村虎吉の名言の中には、ボールを飛ばすには腕力!なんていう事をあからさまに言っている。
いくら腰の回転だの言ったところで、腕力がなければ実際に飛ばすなんて無理だ。
まあ、素人の戯言かも知れないが。
と言う事で、色々試してみたのだが、結局はその中調子のちょっと先調子と言うのが、一番振りやすい事が判明。
今度は重さを試してみたのだが、60グラムも70グラムも違和感なく振れる。
う〜ん、この辺が運命の分かれ道なのか。
「あなたは何を使っているのよ」
「私は同じメーカーのものです」
「まあ、アンタみたいな怪物くんの事聞いても参考にならないだろうけどな」
彼のHSは50を軽く超えている。ドライバーを打てば300ヤードというヤツだ。
「このクラブなんか良いですよ。回転も良いし」
「えっ、回転って1585。凄いな。私はいつも4〜5000回転位だったのに、これはいいな」
「えっ、少なすぎません?」
「良いんだよ。ストレートボールしか打たないんだから」
「えっ、ストレートですか?」
「そう、ストレート。どうせアンタはドローを打ちたいんだろ。ご苦労なこった」
「でも、みんなドローですよね。プロも」
「そりゃあプロだったり、アンタみたいに300ヤードの人はそうする必要があるんだろうよ。でもな、アホだっつーの。私みたいな230ヤード程度のド素人にそんな曲がるボールなんていらんて。そんなゴルフのエリートが素人相手に、自分がドローだからって、そうしなさいって教えている方がどうかしてるの。素人は黙ってストレート打ってりゃあいいの」
「でも、ボールって丸いから真っ直ぐって言うのは難しいですよね」
「ホラそう言う。だから、どうせ曲がるんだから意識的に曲げなさいって言うんでしょ。まるでボーリングみたいに。確かに、ボーリングはヘッドピンの関係で横から入った方が良いって言うのは理屈だけど、ゴルフにヘッドピンはないし、そんなに正確に打てるんだったら何も曲げなくて良いジャン。230ヤード飛ぶのも240ヤード飛ぶのもそんなに変わらないでしょ。270ヤードもと分なら話は別だけど。でも、そうなったら風吹いたらどーすんのよ。曲がりをどう計算するの。そんなに上手く曲がってくれるの。そんなに正確にフェースにぶち当てられるんだったら、今頃片手シングルだって。ここに来てあなたに相談する人はみんな上手い人だから、そんな考えに凝り固まっているんじゃないの?世の中の人は、ゴルフ下手くそなんだってさ。あんまり、素人を惑わしたっていけないよ」
ちょっと目ん玉丸くしている。
「そう言えば、みんな驚くなあ。この間シングルの人と話した時も驚いていたわ。私は、調子よくなってくると、ドローになってくるの。そういう時は、イカンイカンってすぐ修正だね。そんなボール欲しくも何ともない。
アイアンの調子の良い時は、ピンデッドに狙う。曲がったら困るでしょう。まっすぐ行ってくれなきゃ」
うん、素人の恐ろしさだね。
まあ、曲がるボールなんて死ぬまでいらない。
ちなみに、シャフト交換を実際にするのは後日という事にした。
まだちょっと、決心がね。だって、今調子が良いのに、わざわざ変える事もないだろう。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


疲れた体とは裏腹にお天気は最高の一日となった。青空が広がり、雲の形も真っ白な色も素敵だ。
外気温26度は最高のゴルフ日和というもんだ。
上さんにも娘にも
「今日はゆっくりやりましょう。体をゆっくり動かせられればいいから」
と言い、走るのは禁止とした。
つばきコースの一番。
準備運動もそこそこにティーグランド。
但し、欠かせない儀式がある。
ティーアップし、ドライバーの素振りを強烈に3回。納得いかなければ4回でも5回でも続ける。
多分、ゴルフの練習でバットを振るのと同じ感覚なんだろうと思うのだが、腰の回転と腕が棒のような感覚でヘッドの重みで振れる感覚を身につける。
これで儀式はお終い。
但しもう一つ。第一球目はティーアップを少し高めに設定する。ランが出なくてもいいし、テンプラになってもいい。ボール位置が高い方が気分的に安心して打てる。その方が良い。気楽だ。
と言う事で、第一打まあまあ。二打目は少々失敗したが、ここのところ復活してきた寄せ1の成功してパースタート。
2番3番4番五番と5連続パー。
 
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!

 

そんなに調子が良い訳ではないのだが、信用できないのが2打目のショートアイアンだけ。
後はバッチリ。
ドライバーは相変わらず飛ぶし、本日は全盛期に近いものがある。グリーンを外しても寄せがバッチリ。パターもいい。
これでスコアがまとまらない訳がなく、前半は37のパット数12。
パット数が12なんて奇跡的だけど、なんの事はない。ドライバーが飛んでくれて、2打目はほとんど9番かPW時にAW。こんなショートアイアンいくら調子が悪いといっても、そんなに外す訳もない。カラーだったり、ほんの20センチ外したりというのだから、楽々なのである。
一番絶不調なのが上さん。上さんは疲れている。
娘は案外飛んでいる。娘も以前の飛距離が復活してきた感じだ。「どりゃあ〜〜〜〜!!!」なんて叫びながらドライバーを打っている。…まあ、普段そんな下品とか粗野とかいう言葉が似合うような生活はしていないのだが、疲れがピークなために、自分を鼓舞するために叫んでいるらしい(笑)。
後半はさくらコース。
前に4人組みのシルバーティのオジサン達がいる。
まあ、これは無理でしょう。我々がいくら疲れ切っていても、どうにも間に合うものではない。
まあ、そこからはダラダラ。
なのだけど、今日のドライバーは半端じゃなく飛ぶ。
どこまで飛ぶのか自分でもよく分からないほど飛ぶので、まあ、人殺しはしたくないので、オジサン達がきちんと打ち終わるまで恐くて打てるもんではない。
ゆったりとしたゴルフ。
一つ良い事を理解できた。
ドライバーが飛ぶと、なかなかフェアウェイという訳にはいかない。ボールはラフに入ってしまう。
 
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


そうすると、今時のラフはかなり深くて、ボールが隠れてしまう。しかも、ラフはかなり粘り強くなってしまって、非力な人間だと草に負けてしまって飛ばない。
距離も大幅に狂ってしまう。
おまけに、今自分が使っているクラブが、どうにもラフ向きではない。
なのでちょっとラフ恐怖症気味だったのだが、ゆったりとしたゴルフをする事で、その欠陥が何なのかのヒントがつかめた。
新しいマジェスティのクラブになってから、ターフを取る打ち方は止めてしまっていた。
どうにも精度が悪いので、ソールを滑らす打ち方にしていたのだ…なのだけど、この打ち方だと、どうにもラフ向きではない。草の抵抗が大きすぎるのだ。
どう解消するか?
ピンポイントでボールを狙うしかない。
つまりは以前のターフを取る打ち方に近いものがある。ダウンスウィング!ピンポイントでボールを叩く!
ちょっと最近の打法とは違うのだが、この打ち方の方がラフが苦にならない事を再確認できた。
さて後半のゴルフ。休み休みのゴルフは筋肉痛を伴ってどんどんきつくなってくる。眠くもなってくるし、晴天の青空の下、本気で眠りたくもなる。
にもかかわらず、ゴルフは好調だから困ったもんだ。
後半のさくらコースは5連続パーとなった。
とにかくドライバーが飛ぶもんだからゴルフが楽でしょうがない。
6番でようやくボギーを叩くと、何かがプッツンと切れた。
7番ロング。ティーショットを大きく引っかけて左OB寸前。今日初めての怪しげな当たりだ。
現地へ行ってみると、大きな木の根元で止まっている。
無茶苦茶な姿勢で取り敢えず打つと、今度は右に大きく出てカート道付近の深いラフへ。
3打目で届く距離でもないので、フェアウェイへレイアップ。残り90ヤード。
もう大丈夫だ…と4打目、登りの分高く上がって、更にアゲインストに戻されて30センチ届かず。
5オンか…ダボ?
でも諦めずに慎重に読んで、AWでチップインパー!
ん…最近は取り敢えずチップインが狙える。
でも、8番ショートは良い当たりがバンカーでボギー。9番もボギーで、後半は39のパット数14。
トータルで76のパット数26。
もしかすると、どっちも今期最高なのかな?
 
ところが、今日はこれで終わらない。なんたって、体のリハビリだ。1ラウンドハーフ目に突入。
まあ、さぞかし体には良い事でしょう。
但し、スコアはもうどうでも良い…と言う事だったんだけど、気持ちのないゴルフは本当にどうしようもない。
桜の1番、いきなりのトリプル!
なんだいな!と怒りのドライバー炸裂!で、2番バーディ!3番ロング、疲れてしまってボギー。こりゃあいかん!と4連続パー。
と、こう書くと「どりゃああ〜〜!!!!」ゴルフみたいだけど、実際はチンタラゴルフ。
目の前には超ミニスカートのお嬢さんがいて、楽しくゴルフをやっている。しかも男性同伴。
まあ、こっちは女性二人に囲まれている訳なんだけど、何度、「ねぇ、追い越しさせてもらおうか」と相談した事か。
こういう時は譲って戴いた方がお互いのためかと思うんだけど、二人は譲る気は一切ないみたいだし。でもね、譲った方が気が楽になるんだよ。もし、自分だったら、速い人が後ろから来たら簡単に譲っちゃうんだけどね。
まあ、ダラダラゴルフ。8番ショートは1オン!3パット!9番もボギーでお疲れさん、終了〜〜〜〜〜!
スコアは…えー、どうでも良いのかな、41。
まあ、とにかく疲れた。運動になった。
勉強にもなった。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 東北大震災の震災の影響で数百万円の損害を出してしまった。
まあ、これが一時ならそれもしょうがないとも思うのだが、自粛自粛の掛け声に世の中は様変わり、一変してしまった。
この先一体どうなる事やら。秋田は震災の被害はほとんど無かったのだが、それ故か自粛ムードは東北一の勢いだ。
で、うちの会社も大改革。
一番変わらなければいけないのは「私」だ。
とにかく「サボらない」事をモットーとした。
ここ10年間位も、私はサボり続けていたような気がする。働くのは1ヶ月のうち1週間だけ。
まあ、明らかにサボりすぎ。
だから一生懸命サボらず働く事にした。

 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


 
で、私が働くと皆が困ってしまう。いったん働き出すと、人の何倍も働いてしまう。まあ、本来1週間位でちょうど人並みで良いのだが、そんな人間がバリバリと、毎日働くのだから、周囲の人間は皆たまったもんじゃない。皆、ヒィヒィハァハァ大変だったろうと思う。
と言う事で、一区切りついた昨日は皆を誘って慰労会を兼ねての焼肉パーティに誘った。
焼き肉屋に行く事自体7〜8年ぶり位になるのだろうか。どんな肉を食う事になるのか心配だったのだけど、まあまあ食べられる肉が出てきて、焼き肉屋のタレは相変わらず家庭では出せない味わいで旨かった。
でもまあ、家で食べる肉の方が数倍上等。キムチも数倍上等。
それはそうなのだが、皆で食べる焼き肉は、普段とは違う旨さがあってなかなか宜しかった。
但し、皆疲労困憊。なので、早めに切り上げて早くに眠りについてしまった。
前日までの睡眠不足を解消しなければならない。
とにかく、体がいう事を聞かない。昨日なんか、焼き肉屋へ行くまでに運転を誤って2度ほども車をぶつけそうになってしまった。そもそも真っ直ぐ走れないのだ。
我が家の行事では、ハードな仕事をして弱ってしまった体を蘇させるにはゴルフが一番と考えている。
とにかく強制的に下半身を動かして血を回してしまう事。
と言う事で、娘が気を利かして朝一番のゴルフを予約しておいてくれた。
となれば今日は朝の7時起きという事になる。
どうやら寝不足の解消は無理そうだ(笑)。
それなのに、何故か明け方の4時に目が覚めてしまった。
夢を見て目が覚めてしまったのである。
不思議な夢で、私は20代であった。
その私が何故か結婚式を迎えようとしている。その相手が誰だかさっぱり分からない。
どんな素性なのか、顔も年齢も名前もまるで分からないときている。
それなのに、結婚式の準備は勝手に進んでいき、いつの間にか結婚式当日となってしまう。
花嫁は一応、文金高島田のなりで挨拶には来たのだが、どこかのオバサンが、「あら、ここ汚いわ。お嬢様、さっさと退散しましょう」と言って消え去る。
私は顔を見られなかった。とても不本意である。
そうこうしている内に、私のいらつきは頂点に達し、そこを逃げ出す。
逃げようと広い庭園を走ると、向こうから奇抜な格好をしたオジサンがやってきて、「どうしたどうした」と心配した振り。
まあ、そのオジサンはいい加減な人間で、実際に心配なんかしてやしない。
なのに、若い私は、その伯父さんに窮状と不満を訴え、
「顔も知らない、年齢も名前も知らない、そんな女と結婚なんかできるか!」
と訴え、そして、なんの役にも立ちそうにないその伯父さんに、
「伯父さん、オレ結婚なんかできないよ。なんとかしてよ」
と泣いて頼むのであった。
この私が泣く?それも驚きなのであったが、その後も驚き。
私は、見事に新郎新婦登場〜!のテーマソングに乗って登場するのである。
花嫁の顔は、相変わらず花びらに隠れて見えない。
 
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!

 

まあ、なんともばかばかしい夢なのだが、私は、このばかばかしい夢を二夜連続で見たのだ。
ん…どう考えても疲れている。
 
こんな疲れきった体でゴルフなんかできるのか?
そのゴルフのお話はまた明日。ゴメンね。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 練習での調子はさほど良い訳ではなかったのだけど、調子が悪いからといってゴルフに行かないようでは永久に行く事ができなくなってしまう(笑)。それは誰しも一緒。
おまけに体調もイマイチだったのだが、一日休養を取ったおかげで大部楽にはなった。
こんな風に書くとよほどの病人のような雰囲気になってしまうが、実際体調は余り宜しくない。
心臓の手術以来、余り無理のできない体になってしまっている。
運動をしても筋肉ができるのではなく疲れがたまってしまうのだ。
それが、イマイチ練習場へと向かう気になれない原因。お散歩程度でも疲れてしまうのだから難儀なものだ。
そうすると、実戦でゴルフに行った方が何かと楽しい。
一日休んだ事で、少し元気も出た事だしゴルフへと向かった。お昼の1時位だから随分と遅いスタート。
ぱっぱと終わらせる気だったのだけど、ちょっと雰囲気が違う。
つばきコースから始まって、ボギー、パー、パー、ボギーと消化不良気味のスタートとなった。
但し、ドライバーが驚くほど飛んでいる。ほぼ全盛期の9割位も飛んでいるような印象。
なんとした事か。
急に気温が上がって?それにしたって飛びすぎだ。

 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


 
不思議な感覚で、今まで見た事のない風景に出くわす。当然、2打目はショートアイアンという事になるのだが、この間からそのショートアイアンが狂っている。パーオンはするのだけど、とてもバーディという距離でもない。
4番のロングが終わったところで、突然前が詰まりだした。
見ると、前の組はバックティで待っている。2人組だ。
結構な年齢、私と同年代か。但し、バックティの旗はつけていないから、混んでいるのを見てバックティで遊びだしたのか。
その前の組はやたらとパットが長い。ジュースを買ってきて、しばし談笑して、見るとまだパットをしている。
ようやく終わったその2人組のカートには堂々のバックティフラッグ。まあ、若い二人だし飛ぶんだろうなぁと。
笑ったのは、その前の組も2人組で、これまたバックティ。
つまり、我々の前にはバックティの2人組が3組もいるという事になる。
ここから地獄のようなゴルフとなってしまった。
当然皆さん2オン狙いだから、あらぬ所で2打目を待つ事になる。
ミスショットをしても待つ!
彼らがグリーンオンをしてからようやく、我々のティショット。
我々も調子いいもんだから、1ホールのプレイ時間が7分位で、ティショットでの待ち時間が10分位という奇妙なゴルフが始まった。
こういうゴルフはハッキリいって嫌い。
嫌いだけどどうしようもない。バックティ3連発の後なんて経験は今までにない事。彼らがパーオンを狙うのは当たり前。だから、ドンドン時間は消費していく。
諦めるしかない。
その後、パー、パーと来たが、さすがにリズムが崩れ始めた。
あれ?という感じでドライバーで腰が流れ始めた。
腰が流れ始めると、今度はそっちの方に神経がいってしまって、今度は方向がぶれ始めてしまった。
んー、せっかく好調だったドライバーなのに、体がフォームを忘れてしまったようだ。
そんな事とはお構いなく、前の人達は快調なゴルフ。まあ、こんなゴルフに慣れているんでしょうね。
立派な人達だ。

 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


 
こっちは諦めた。7番からボギー、ボギーと連発。
最後の578ヤードのロングは少し張り切った。ドライバーは良くても2打目3打目を少しずつ失敗して4打目でオン。3メートルちょいのフックラインを読んでパー。
前半は40のパット数15。
そうそう、本日はパットが快調なのだ。
そんな待ち待ちゴルフにもかかわらず、プレイ時間は2時間。
意外に短いのに驚いたのだが、でもこんなゴルフは嫌い。
後半は快調にやりたいもんだと思ったのだが、生憎とさつきコースの1番ホールにはさっきの前の前の組のバックティ兄ちゃん達2人がいた。
ありゃりゃと思ったのだが、この2人が我々の姿を見るなりとんでもなく速いゴルフを始めた。
我々は普通にやっていたのだが、追いつかない。
えっ!?我々が追いつかない人っているの?って驚きなのだが、彼らはマジで速い。
まあ、素敵♪
おかげでこちらもパー、ボギー、パー、パー、パーと好調な滑り出し。
但し、残念な事に前半ほどのドライバーの飛距離はなくなってしまった。
フォームが微妙に狂ってしまっている。頭では分かっているのだけど、体が相変わらずバカでどうにもならない。
但し、アイアンの飛距離は相変わらずで、先日のゴルフとは様変わり。1クラブ距離が違ってしまっている。
その飛び過ぎも精度を悪くしている原因。
この辺は、おいおいクラブと相談して行かなきゃいけないんでしょう。
まあ、微妙に狂い始めた事で苦しいゴルフとなったのだけど、6番からボギー、ボギーで8番はラッキーなパー。
グリーン周りからの絶妙な寄せだったのだけど、これはカップから球1個分だけという惜しいヤツ。
そうそう、最近は寄せ1が随分と戻ってきた。
最終ホールも寄せ1のパーで締め括り。
これはロングパットが奇跡的に入ってくれた。
で、後半は39のパット数が奇跡的な13。
まあ、自分ごときのパットでこんな数字が出る事もあるモンなんだと…但し、そんなパットなのに39というのも情けないのだが。
と言う事でトータル79のパット数28。もしかすると、パット数28というのはこれまでの最高パット数かも知れない。
まあ、あんまり興味がないので過去の数字は分からないのだが。
それに、パットが急に上手くなった訳でもなく、ただ単に、今日のグリーンのスピードが自分にあっただけの事。
これで一雨来たら、また元の木阿弥になるんでしょう(笑)。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


最近はとても真面目に仕事している。まあ、サボらない事。
思えば、随分とサボりすぎた。
だから、以前のように軽々とゴルフに行けるもんでもない。
但し、体調管理の事もあるので、ゴルフや散歩はできるだけしたいところだ。
で、仕事の景気づけにゴルフの練習へと向かった。
以前なら、毎日、雨降る日も風吹く日も雪降る日も練習に来ていたのだけど、最近はすっかりご無沙汰だ。
一通りのストレッチを終え、そうそう、最近はゴルフそのものの練習よりも、このストレッチを大切にしている。せっかく運動しに来ているのだから、先ずは全身に血が巡るように体に準備をさせるのだ。
かといって、体がそう簡単に動く訳でもないのが老いというもの。
動かないから、最近は第一打の失敗する確率が異常に多い。まあ、ゴルフ場へ着いた!ティーグランドだ!ストレッチだ!さー、ドライバーだ!なんてゴルフじゃダメなんだって事でしょうね。…でもね、だからといって、1時間以上も早くにゴルフ場に行って、練習して、なんてゴルフは多分一生やらない(笑)。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!

 
さて、最初に持ち出したPW。
予想していた通り、方向感がかなり狂ってしまっている。
まあ、大体そんなもの。練習を怠って、実戦ばかりしていると、次第にフォームは崩れてくるもんだ。
何故って、実戦上で真っ平らなコースなんてありはしないし、フルショットばかり打っていればいいというシーンも数は少ない。
つま先上がりだったり下がりだったり、ハーフショットだったり8分のショットだったり、そんなショットの方が多い。そんなのばかり繰り返していると、自分の本来のフォームからドンドン離れて行ってしまって、本来を見失ってしまうのだ。
だから練習は必要なんだけど…。
PWは、また悪いクセが出てしまっていて、良い当たりは掴まりすぎて若干左方向に出て、少しフック気味になってしまう。PWでそれはアカン。
軌道修正を試みるのだが、それがなかなか難しい。大体、なんだって左方向に流れるのか。それ自体がよく理解できていない。
ただ、あれ?前より距離が伸びている。
「ありゃまあ、距離が伸びてきたなぁ」
「最近ヘッドスピードが戻ってきているモンね」と娘。
自分ではよく分からないのだが、娘によるとスウィングの音が違うんだそうだ。
ドライバーを持つと、これまた明らかに飛距離が違い始めている。
「へぇー、キャリーで200ヤード越えなんて久しぶりだなあ」
実にホント久しぶり。

 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


 
ドライバーは、確かにヘッドスピードがついてきているとは思うのだが、昔のようにヘッドスピードの使い分けができるほどでもない。
去年の今頃は、「はいHS42、はいHS40、はいHS38」なんて自由自在に打っていたのだが、今はさっぱり分からない。
バロメーターとして、フェースにくっきりと球の跡が残ったのが去年。それが今年はうっすらとしか残らない。
そんな状態でも200ヤード越えのボールが復活したのは嬉しい。
しかも、今はコントロールも良い。OBなんてここ数年出た事もない。
まあ、それは飛ばないんだけどね。
ようやく、ゴルフができる体になってきたような気がする。
「そう言えば、今年の冬は練習に来なかったモンね」と娘。
「そうだったなあ。ゴルフもサボったなあ。3ヶ月間、冬の間何も体を動かしてないんだから、そりゃあ筋肉も何もなくなるわな」
「その分、落ちているんじゃない?今頃少し取り戻してきてるんだよ。だって、前は毎日練習。毎日お散歩してたじゃない」
「それが今じゃ、少し歩いただけでゼイゼイだものな。歩かなきゃな」
と言う事で、帰ってから夕方近くにはお散歩。
ただ歩くだけなんだけど、これが結構辛い。それほど体が弱ってしまっているという証拠だ。
もっと歩かねば。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


すったもんだのあげくにゴルフをやる事になった。何がすったもんだしたのかはさておいて(笑)昼過ぎの12時半のスタート。
早く終わりたいという事でさくらコースを選択。
1番のティーショット、球はあらぬ方向へと飛んで行った。いやいや、あのボールは後2個しかないのだから無くす訳にはいかない。2打目は山の傾斜、つま先大下がり。まあ、当然失敗して右の林へ。その林からレイアップして、なんと驚きの4オン2パットダボ!
きゃん!これで本日のゴルフはお終い(初っぱながダボじゃあどうにもならない)。
そこから5連続パーは取ったのだけど、なんなんでしょう?今日のティー位置は。全ホールが遠い、10ヤードも20ヤードも遠い所にあるもんだからビックリ。
一体何の罰ゲームだ。
そして7番ロングは拾いもののボギー。
迎えた8番ショート。今日の命運はこの一打にかかっている…のだけど、ありゃりゃ175ヤード位?
いつもなら157ヤードと決まっているんだけど、これまた罰ゲーム、人工的な天中殺だ。
それでも7番ウッドで意地の1オン。…3パットボギー。
バーディが来ないゴルフってつくづくダメなモンだわ。結局、こんな所で無理をする羽目になってしまう。
最後はおきまりのボギー、まあ、惜しかったんだけどね。
と言う事で、前半は41のパット数16。
ちなみに、ドライバーが相変わらず良い。フェアウェイウッドも良い。
ダメなのがショートアイアン。微妙に方向性がずれてしまう。距離も一定しない。
さて、迎えた後半戦はさつきコース。
ティー位置が意地悪だろうと罰ゲームだろうと、そんなのお構いなしのドライバー快打。ちなみに、アゲインストもお構いなし。
2打目は、真っ直ぐピンに向かってコロコロと…オーバー!ん…今日のグリーンはカッチカチでよく転がりやがる。
でも、今日は寄せが抜群!かつての寄せが蘇ったようにビシバシと決まって寄せ1のパー。
2番ロングも快打快打の連続で楽々3オン2パットのパー。
で、ここからが問題。
前の組にぶち当たってしまった。
これが異常に遅い。先ず、そもそも何をしたいのかがよく分からない。
クラブも持たずにブッシュへ向かう。そしてのんびりと戻る。クラブを持ってもう一度ブッシュへ、そして打つんだけど飛ばない。キャディが新しいクラブを差し出す。もう一度打つ。
そんな時、同伴者はクラブ位用意しておけばいいのに、こちらも同じように動く。
諦めた。
途端に疲れてきた。そう、今日は暑い。まるで真夏のゴルフのようだ。
途端に、娘がぐたぐたとし始めた。醜い。イラつく、たとえどんな状況でもシャキッとしなさい。
活を入れると娘はすぐに治った。
治らないのが前の組の女、いやいや、男も十分に変だ。
ミスショットをしたらクラブの2〜3本も持って走ればいいだろうに、そいつらは走りもしないし、クラブの1本も持たないで歩く。
はあー…情けない事に、ゴルフのこんな事態に一番対処ができないのが私。もう、どうでもよくなってくる。
と言う事で3オン3パットのダボ。
はい、本日はまたまた終了〜!
そして、その後は前の組の訳の分からん動きを茫然と見ながら3連続ボギー。
7番ショートでは、しばらく茫然としていて、彼らが終わってからもしばらく佇んでいた。いやいや、黄昏れていた。
そこは1オンの2パットパー。
まあ、それにしても今日は罰ゲーム、一事が万事距離が長い!
8番へ向かうと、彼らはまだそこにいる。
相変わらず訳の分からん動きをしている。見ていると、上手いのは一人だけみたいだ。でも、その人はゴルフのマナーを教えてはいない。まあ、一生そんなゴルフをするんだろうなぁと。
まあ、昔みたいに打ち込んでやらないだけ、私も成長したもんだ(笑)。
しばらく待って、ようやくティーショット、これが素晴らしく快打。
でも、2打目はしばらく動かない前の組に遠慮して右方向を狙ったのが仇。真っ直ぐにグリーン横のバンカー。
しょうもないボギー。あそこまで待ったんなら、もう少し待っていればよいものを、全く我慢の足りないヤツだ。
最後は、またまたドライバー快打!2打目もアゲインストをついて5番ウッドが炸裂!2オン2パットのパー。
結局42のパット数17。
トータル83のパット数33。
つまらん。
ただ良い事もあって、少し体力がついてきた。こんな暑い日のダラダラゴルフでも体が付いて行くようになってきている。
うん、もう少しだ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


寝不足もあったのかも知れないが、それにしても昨日のゴルフは疲れた。
自宅に帰ってからは30分以上にわたってのお散歩。これも堪えた。
夜には足がぎんぎんに疼き始めてしまった。
しばらく上さんにその足をマッサージしてもらったのだが、いつもと違って一向に改善することはなく、かえってイライラとしてしまった。で、マッサージ機に座って30分位も全身マッサージをすると何となく落ち着いてきた。
眠る時、部屋が異常に暑く感じられたので窓を開けて、そのまま眠ってしまったのだが、朝目覚めると、今度は部屋が異常に冷たくなっていて風邪を引いてしまっていた。
なんともはや、たかだかのゴルフでこんなに体が疲れきるとは、去年までは少し考えられないのだが。
確かに、去年と今年では圧倒的に練習量が違っている。
去年までは、ゴルフの練習は毎日。今年は、練習は週一位。
この違いは余りに大きい。
もう一つ、それは毎日のお散歩。
お散歩も去年まではほぼ毎日であったのだが、今年は週一位。
まあ、この辺が大きな原因なんでしょうね。
極端に足腰が衰えているのが分かる。腕の筋肉も、去年あたりはパンパンで、力こぶを作るにも筋肉がぶつかり合って大変な感じだったのだけど、今年はまるで女のコのような腕になってしまっている。
そんなバカな、と思う人もいるだろうけど、元々が筋肉派じゃないので、サボれば、筋肉はあっという間に落ちてしまうのだ。
そう言うのを反省して、今日は久々にゴルフの練習へと出かけた。
まあ、昨日のアイアンの狂いが気になっていたというのもあったんだけど。
ここ最近、ドライバーが飛んでくれるので2打目が9番かPWになってしまっている。飛ばない時は7番8番だったので、そちらの方は自信が持てるようになっているのだけど、油断してたら9番PWが下手くそになってしまっている。
なんたって、残りの100〜140ヤードが上手く寄せられないのだ。一昨年あたりまでは一番得意としていた距離である。ベタピン狙いのショットが当たり前だったのだが、今年はただ乗るだけのショットになってしまっている。
果たしてPW。
方向性がイマイチだ。たまに、自分が狙っているところから10ヤード位も左に流れて行ってしまう。それを抑えようとすると、今度は右に5ヤード位。まあ、10球のうち5球位は狙ったところに行くのだが、これをせめて80%位の確率にあげないとどうにもならない。
おまけに、飛距離がバラバラ。
ナイスショットと凡庸なショットでは10ヤード位も違ってしまう。
飛ぶ方が自分の距離なのか飛ばない方が自分の距離なのか?試しに娘のフォーティーン(かつては自分のクラブだった)で打ってみると、距離、球の高さ、方向はいつも一緒。
この違いは一体何なんでしょうね。
あと、飛距離が相当落ちている。イメージからすると1クラブ位も違う。
それは良い当たりの時と凡庸な当たりの時との違い位だ。
難しい話をすると、手首のコックを作為的に作らず、自然体でバックスウィングを大きく取るようにして左腕を伸ばしてやるよう意識すると距離は出る。
この動作を忘れると凡庸な球筋となるようだ。
ちなみに、昔の打ち方でコックを作ってしまうとハチャメチャになってしまう。
最後にSWで打ってみると、驚いたことに80ヤードも飛ばない。
去年の良い時は90ヤード位だったのだが、随分と距離が落ちたもんだ。
これって、明らかな練習不足。練習不足による筋肉の弱体化だ。
はあー、ゴルフって疲れるスポーツなのね。練習しなきゃドンドン落ちていくスポーツなのね。
今日の練習には娘も付き合ってくれたんだけど、なかなか4番ウッドの練習をしない。
「なんで4番ウッドを練習しないのさ?」
「だって、あれ疲れるし、上手くいかないから気分悪いし」
「でも、あれ一番使うクラブじゃないか。距離150ヤードの時に使えたら威力倍増だろ?そのクラブを練習しないなんておかしいだろ。ティーアップして打ってたら、そのうち打てるようになるから」
「分かった」
と言って練習し始めたのだが、態度は明らかにイヤイヤ。
私の使っていたマジェスティのクラブで1本10万円くらいもする高級品だ。
その芸術品のようなクラブは汚れ放題である。
「そんなに使いにくいのか?どれ貸してみろ」
と私が打つとパッカ〜ンと見事な当たり。
「なんだ、良いじゃないか」
「私には合わないの。長いし重いし。このクラブは筋力がないと振れないのよ。このクラブ嫌い」
確かにそれはその通りかも知れない。しかも嫌いとまで言い放った。
嫌いならしょうがない。嫌いなものはどうあっても使えないだろう。
「分かった。じゃあ新しいの買えばいいじゃないか」
「うん、そうする」
「じゃあ、買ってやるよ。でも、その前にクラブを切ってもらったら良いんじゃないか」
「切る?」
「ああ、そのグリップの先っちょを5センチ位も切ったらちょうど良いんじゃないか」
「切るね、なるほど。それは良いアイデアかも」
その後彼女は、クラブを短く持ってパッカーンパッカーント打ち始めた。
「なんだ、打てるじゃないか」
「切ると決まったらスッキリしたのよ」
まあ、そんなモンなんだろう。
気持ちの問題は重要だ。
その足で二木ゴルフへと行って、4センチ切ってもらうことにした。
「短くすると、今のRよりかなり硬くなってしまうと思いますが」
と担当者は言ったのだが、まあ、そんな事はどうでもいい。要は気分の問題なのだからして。
短くして硬さが気になったら、その時はシャフト交換をすればいい。
そうやって、ゴルファーは自分に合うクラブに近づいていくのだろう。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 昨日の夜。
「大変だ。ゴルフの予約してない!」と娘。
まあ、最近はゴルフよりも仕事で、仕事の方に一生懸命。
日曜日にはゴルフという儀式を忘れていた。
で、結局朝早くにゴルフ場に電話してできるのかどうか、取り敢えず「朝一できますか?」。まあ、なんとも図々しいファミリーなのである。
私がまだ寝ている枕元で、「できるんですか?えっ、7時39分のスタート!?行っていいですか?」
えっ!?7時39分!?えっ、今何時?7時過ぎてる!?
さあー大変。それって間に合うのか?
「おかあさーん!7時39分だって、大変だよー」
上さんはお化粧の真っ最中。我々に構っている暇など無い。
私は大急ぎで洗面所へ。
「どうする?コンビニでパンでも買っていく?」「いや、買ってる暇はない。とにかく行かねば」
と朝ご飯も食べずに、取り敢えずゴルフ場へ。
朝の7時に目が覚めて、7時30分にはティーグランドに立っていた。
30分でゴルフ場って、一体どんな田舎に住んでんだ?って都会の人なら耳を疑うでしょうね。
準備運動も何もないままの第一打。

 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!

そうそう、スタートはさつきコース。
フラめく体なんだけど、まあまあ、ドライバーは相変わらず好調。スタートホールはパーオン2パットのパー。
でもまあ、平衡感覚がちょっとおかしい。体はまだ眠っているのだ。
どうせ日曜日はファミリーゴルフなのだから、こんなモンでも良いのだが、2番のロングで早速ダボを叩いてしまった。
ドライバーは良いのだが、他がまるでダメ。
結局前半は41のパット数14という凡庸なスコア。
パット数が少ないのは、パーオンができなくて寄せ1が多かっただけのこと。
つまり、ゴルフとしてはどうしようもない。
後半はさくらコースなんだけど、なんと本日は月例の競技会。
そうだったそうだった、だから第一日曜日はゴルフをやらないんだった。やるとしてもよそへ行くんだった。
まあ、ここからが地獄の始まり。
競技会のスピードは、我々には全く合わない。肉体的にも頭的にも。
まあ、とにかく待たされることにうんざり。
でも、文句は言わない。マナー違反もしない。
頑張っている人達が目の前にいるのだから、じっと我慢の子。
ただひたすら辛い。
待っている間に体のあちらこちらで筋肉痛が起こってくる。
で、結局後半は40のパット数18とこちらも凡庸なスコア。
トータル81のパット数32。

 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!

 
まあ、気力もなんにも無し。
前半ハーフが1時間30分で、後半ハーフが3時間。
やっている途中から腹は減るし、筋肉痛はひどくなる一方だし、そんなんだからミスショットはするし、パターは入らないし、唯一の救いだったドライバーまでガタガタになるし…んー、練習場直行便ですね(笑)。
と思いながらも、とにかく早く帰って朝昼兼用のご飯。そしてお風呂。
それから一仕事して、夕方にはお散歩。
まあ、元気なのかな。
練習場には行きません。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日のお昼近く、急にゴルフに行きたくなってしまった。
練習に行った方が良いんだろうけど、どうせ運動をするなら実際にプレイをした方が楽しそうだ。で、結局は楽しい方を選ぶことにした。
まあ、随分と久しぶりのような気がしたんだけど、通路を歩いていると、ハンディキャップの変更表が貼られてあって、そこには私の名前もあって、なんと10.8にまで落ちていた。
う〜ん、落ちれば落ちるもんだ。
そうか、あの時の75というスコアがスコア誤記で廃棄になってしまったのが原因だな…と。
まあ、今年のスタートは色々あってえらく遅れてしまって、ハンディは10以上の方が現実的だなと思っていたからちょうど良い。ここからのばしていくのも乙なモンかな…と。
まあ、出がけにちょっと気合いが入った(笑)。
それに、アンダーパーが目標、なんて言う大風呂敷を広げた手前、その足がかりの一歩位は掴んでおかなければいけない。
今日は真面目にやることにした。

 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!

 
娘にも、「おい、今日は走らんでいいからな」と。
とは言っても、パーオンが当たり前の人とやって、走らないと間に合うもんでもないんだけど、まあ、今日は自分が我慢しようかなと。
で、始まったつばきコース…いやいや、今日は珍しくさつきコース。
ど真ん中には大きな木があって、飛びすぎるとこの木に体当たりしてしまう。とは言っても、最近はこの木に届くこともなくなってしまったのだが、なんだか、今日は届きそうな気がする。
2〜3日休んだおかげで体が軽いのだ。どこも痛くない。
少し木を避けて左側に打つと、これがドンぴしゃ!狙った通りの所に落ちた。
こうなると2打目が楽。9番アイアンで楽々のパーオン。但し、ピンは左手前にあったので狙わなかった。
先ずは無難にパースタートがしたい。
今日は少し真面目なゴルフなのだ(笑)。
まあ、楽々パースタートが切れたんだけど、気になるのがグリーンの重さ。ファーストパットのショートが気にかかる。前日の雨で随分と重くなったような感じだ。
自分の場合、パットは速ければ速いほど好き。
2番ロング、こちらもドライバーが驚くほど飛んだ。
まあ、今日は体の動きがいい。上半身と下半身の動きが実に爽やか。
ボールは真っ直ぐ、狙った方向通り!ちょっと気に入らないのがボールが5度近くも想定より高く上がってしまっている。おかげでランが殆ど無い。
実を言うと、今日のボールはあの天使のボールの残り。後2個残っているのだ。
2番のロングも楽々2オン2パットでパー。3番もパーオン2パットのパー。
ドライバーが良いだけに楽なゴルフで3連続パーオンパーである。
但し、バーディが来てくれない。
ラインは見事な位読めているのだが、ボールが走ってくれない。
かといって、いつもより強く打つのはかなり勇気がいってしまう。
4番ショートは1オンならず。ボギーとしてしまった。
アイアンがイマイチ合っていない。
なんだか、ティが邪魔な感じだ。かといって、芝の上から打つ冒険もしたくない。
この辺りから、ティグランドのボコボコや傾斜がやけに気になり出す。やー、なんてこった。今日はかなり神経質なゴルフだ(笑)。
5番のロング。ドライバーがあり得ない距離まで飛んでいる。しかもアゲインストだ。なんだか今日のドライバーは凄い。
但し飛びすぎてラフ。

 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!

 
いやはや、今時のラフはかなりキツイ。ヘタすると球が見えなくなってしまう。
無難にアイアンで打とうかとも思ったのだが、マジェスティのアイアンは芝刈りに向いていない。フォーティーンでなら芝刈りでボールが打てるのだが…どうせなら、5番ウッドでガッツンとぶち当てることにしたが、案の定距離は出ない。
それでも3打目でパーオン2パットでパー。
あらら、イイ感じ。
6番もパーオン2パットのパー。
まるでプロみた〜い。真面目にやったら私ってば上手いのね♪
なんて思ったのだけど、7番ショート、そろそろバーディが欲しい。
風はアゲインスト、170ヤード強。5番ウッドを持って勝負に出た。
快心の一撃!ピンに向かって真っ直ぐ!高さもバッチリ!止まれる球だ。
「これはピンに絡む!」
娘も「ナイッショー!」
…なのに、グリーン手前10センチにポトリ。転がりも無し!…そりゃあそうかも知れないけど、それはないでしょー!
このガッカリ感、あえなくボギー。
気を取り直した8番。これも見事なビッグドライブ!
楽々2オンなハズだったのだけど、風はアゲインスト!1クラブあげて8番アイアンで軽く…イイ感じ…あれ?おい!やめて!
ボールはグリーン手前のバンカーの端のコブに当たって前にポトリ、コロコロと…。
う〜ん、真面目にやっても運はないみたいね。なんと連続ボギー。
最後の9番はここ最近全くパーが取れないホールなんだけど、これは奇跡的に寄せ1パー。
で、結局39のパット数18。
まあ、パーオンが多いとどうしてもパット数は多くなるモンだけど、それにしてもこの日のグリーンは重すぎる。
今日の文章は長すぎるね(笑)。ここまででようやっとハーフ終了。
まあ、当人達も疲れている。
ゴルフってこんなに疲れるモンだった?って言う位疲れている。
いつもよりゆったりと時間をかけて一打一打に集中してやっているとこんなにも疲れるモンらしい。
さて後半はさくらコース。
得意なコースだ。まあ、今日の70台は確実でしょう…と思ったのだが。
1番2番は無難にパーオン2パットの連続パー。
ここでちょっと疲れていることに気がつく。
ちょっと、ハアハアゼイゼイとし始めた。まあ体力のない。
足腰が筋肉痛となって筋肉疲労を起こしている。上半身と下半身の動きが微妙にずれてきている。
3番ロング、ここで初めてのミスショット。飛ぶことは飛んだのだが、右に出てしまって第2打は斜面でのショット。この斜面でのショットを5番ウッド、すると、これも見事にミスショット。
それでもまだパーオンは目指せると思ったのだが、3打目もミスショットで40ヤードもショート。
「う〜ん、ボギーか」
このホールは登りの砲台グリーンでピン一が見えないのだから、それもやむを得ない。
ピン位置を確認に行ったり来たりしたんではそれこそ消耗してしまうし。そんな気力はピークでない!
と、サンドで打ったボールは…とんでもなくミスショットで大オーバー。
なんともはや、4連続のミスショット。しかも、最早球をヒットするための筋力も集中力も無くなってしまったらしい。
そりゃあそうだ。いつもなら、もう終わりが見えている時間帯。こんなにゴルフをやっていると、筋肉痛がドンドン押し寄せてきてしまう。
ロングホールでダボなんて、ガッカリ以外の何者でもないのだが、まあ、今日はアンダーパーへの足がかりを作らなきゃいけない日。
「頑張りましょう。頑張りますとも」
と、気合いを入れ直して4番ショート。取り敢えず1オンして、4メートルのフックラインを見事にカップインさせて初バーディ!ちなみに、娘はベタピンの楽々バーディ。
うんうん、5番ホールもパーオンでバーディパットだったのだが、これは惜しくも外れた。
なんとも今日のグリーンは重いのだ。ショートの連続。
6番はバンカーに捕まってボギー。
でも、次のロングはきっちりバーディ。これは2打目の5番ウッドが良かった。
よーし!8番ショートホールでバーディをとればなんとかなる!
と思ったのだが、どういう訳か今日はショートが苦手。異常に足下の芝のでこぼこが気にかかる。
まあ、右に外して、それでも寄せ1を狙ったのだが、なんと、カップ手前2センチでショート…トホホホ。
9番は頑張ったんだけど、アゲインストにもかかわらず、どのショットも頑張ってくれたんだけど、またしてもパットがショートしてボギー。
結局、後半も39のパット数16。
トータル78のパット数34。
まあ、自分の今の欠陥がよーっく分かった。
体力がない!(笑)
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


目標がアンダーパーなんて書いてしまうと、いやはや反響が素晴らしい。
良い反響ばかりではない。いやはや、寧ろ反感的な反響ばかり(笑)。
「50才からゴルフを始めて57才でアンダーーパーだと!冗談も休み休み言え!」
「そんなもの、競技大会に参加してから言え!見てりゃあ、いつも家族ゴルフじゃないか」
「運動神経0人間が、どうしてそんなスコアなんて出せるんだ。体力無いんだろ!運動もしたこと無いんだろ!」
「アイアンなんて、どうせストロングアイアンだろ。飛んで当たり前じゃないか。正々堂々とやってみろ」
まだ他に言いたいことあるんだろうか?
まあ、どうでも良いんだけどね。
素人ゴルファーって言うのは、どうしてこんなにも妬みやっかみ、嫉みが好きなんでしょうね。
私にはそんな感情は一つもない。
人を羨んだり妬んだりやっかんだり、そもそもひがみ根性というものが全くないのだ。
ましてや、そもそも体力勝負をする気なんて全くないし(笑)。
心臓病があって、少し走っただけで心臓はパンク寸前になってしまう。恐くて走れたもんじゃない。最近では練習ですら少し怖さを感じてしまう。
競技大会云々は、これは無理。時間がない暇がない、私には仕事がある。競技大会側が勝手に決める大会などにいちいち付き合っていられるもんじゃない。おまけに、もし良いところまでいってしまったらと思うとゾッとする。私の名前が何かの拍子に新聞にでも載ってしまったら、それは大変な不名誉なことだ(笑)。
知人が、何かの大会で優勝して、それが新聞記事となって名前が載った事を自慢げに話していたが、ちっとも羨ましいとは思わなかった。まあ、当然。
これは、元々スポーツ選手じゃないからなんだろうと思う。
子供の時、珠算の大会でよい成績を収めて名前が載ったことは何度かあったが、それは嬉しかった。
まあ、好みの問題なんでしょう。

 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


 
まあ、競技大会に出ることは、例え月例であっても絶対に今後ともあり得ない。
私はあの人達のゴルフが嫌いなのだ。
あんなに時間をかけてやるゴルフが嫌い。うんざりする。
以前、その月例の最後尾の人達の後ろの組になって気分を害したことがあった。
月例に出ているということでか、偉そうに、
「我々は時間がかかるからね。月例だから」
と勝手に断りもなく言ってきた。
その非礼と図々しさ。
まあ、当人達にとっては大事な大会なんだろうから、邪魔する気はなかったのだが、あまりにもムカついてしまった。
50才過ぎているというのに若い。人間もできていない。
その人達は、月例だというのにやたら下手くそ。3オンがやっとで、中には4オンの人もいる。
目が点になった。なんなんだこの下手くそぶりは。
彼らが3打目を打ってようやくこちらはティーショット。
しばらく待たされてイラ!
彼らがグリーンを離れた瞬間に2打目をズドーン!
当然彼らの背後にドンと音を立ててグリーンオン!
まあ、彼らにはできない芸当でしょう。
続いて娘もズッドーン!
彼らは2度ビックリ。
まあ、上さんだけは人殺しになってしまうので打たせはしないんだけど。
大体、そんな事を3ホールも続けてやれば、大概の人は大人しくなる。
そして、大概の人は「お先にどうぞ」と道を譲ってくれる。
大体、パーオンもできなかったら1時間20分位で回るのは無理なこと。
まあ、その時の月例組の印象が余りにも悪かったので、月例の人へのリスペクトは、私の中で全くない。
だから、「今、月例で頑張ってるんですよ」なんて言われても、「あら大変だね」で終わり。
よくもまあ、そんな暇があるもんだ。仕事したら?と思ってしまう。
今、ゴルフをやれるのも3時間以内で終われるからだ。
それ以上かかったら、元々糖尿病。無理に決まっている。競技大会なんかに出てしまったら、ゴルフ場に救急車を呼ぶことになってしまう。
大体、今でさえゴルフ場での食事は割愛させてもらっている。皆さんのいるところで、まさか腹を出してインシュリンの注射をする訳にはいかないでしょう。
今、どんな状態でゴルフをやっているかというと、途中で必ず甘味飲料水を飲むようにしている。じゃないと、低血糖になってしまって危ないのだ。
もう一つ、たまにストロングアイアンを使う人をバカにする人がいるけど、今の時代は、殆どのクラブがストロングアイアン仕様になっていて、ノーマルを探すのが困難なほど。
で、実際には去年ストロングアイアンを使ってもみたが、あれは扱いが難しい。アイアンは、飛べばいいってもんじゃない。特に、2オンベタピン狙いのゴルファーには、ストロングすぎるアイアンはコントロールが難しい。
9番アイアンで150ヤードを軽く超えてしまうようなクラブは余り必要ないのである。
だから、アイアンの飛ばしっこなんかに興味はまるでない。そんなものに興味があると言うなら、そいつはただのバカだ。

 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


偉そうなことを延々と言ってしまったけど、そんな事を言っても、私のゴルフはレギュラーティ限定ゴルフ。
まあ、大した事はないのである。身の程はわきまえている。
私がバックティでやる時はリゾート地でのゴルフと決まっている。リゾートゴルフで時間が遅いだのなんだの言っていたら、それはそれでバカと言うことを認識した。
だから、リゾートゴルフでは、私がバックティ、娘はレギュラーティ、上さんはレディースティでやる事になる。
だから、バックティでの難しさはたっぷりと認識している。身の程をわきまえているのだ。
それに、レギュラーティだったら、気分はいつも石川遼君だ。石川遼君がライバルと思ってやれる幸せ(笑)。
まあ、殆どのシーンで負けているんだけどね。
で、今年中にアンダーパーが難しいかというと…なんだかできそうな気がするのだ。
アンダーパーってそんなに難しいのか?って気がする。
去年と一体何が違うかって言うと、ドライバーが違う。
ドライバーは、佐藤先生の教えてくれたただ1点を守るだけで安定度が抜群になった。
インサイドアウトの打ち方が分からなくて困っていたのだが、それが解消されてしまった。だから、調子が悪くてもすぐに戻せるようになった。
飛距離は250ヤードから230ヤード弱に落ちてしまったが、その代わり、8番、7番アイアンの打ち方が分かるようになってきた。
去年は9番アイアンまでが必要だったので不要なクラブだったのだが、ドライバーの飛距離が落ちた分は、この2本のクラブで補えている。
但し、7番アイアンではグリーンオンはしてもベタピンという訳にはいかない。
その分、パターが良くなった。
まだ人並みとはいかないのだろうが、グリーンの傾斜の読みが殆ど分かるようになってきた。後は思い切りの良さだけが求められる。
フェアウェイウッドは、去年に比べてバツグンに良い。スムーズに球を捉えることができて方向性が良くなった。
そうなると、運さえ良ければアンダーパーは一度位はあってもいいと思う。
まあ、後はボール。天使のボールがあるという事が分かっただけでも大きい。いや、もっと自分にあったボールがあるのかも知れない。これは色々と試してみたいと思う。
要は、スピン量の少ないボールほど自分には合っていると言うことなのだ。
これからじっくりと体を作って、下半身の安定感を増して、下半身のぶれないスウィングを作りさえすれば、なんとかなりそうな気がする。
これのどこが難しいんだろう?って感じなんだけど。
まあ、スタートホールから5連続パーくらいきて、そのうち1個か2個位バーディでも来れば、可能性はどーんと膨らむんじゃない?
いやはや、またまた長い文章。私の悪いクセです。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


一夜明けて、少しばかり体の痛みがおさまってきた。
いやはや厄介な体である。
そういえば、旅行中上さんにマッサージをしてもらうという毎日の行事がなかった。
あのマッサージは、私にとってとても重要なイベントだったのかも知れない。
上さんも強行スケジュールで疲れ切っていたし、珍しく「早く寝て良いですか?」というお伺いも来たことだし、無理をお願いすることもなかった。
で本日。まあ、普通なら練習に行く所なんだけど、余り行く気にもなれない。
ゴルフとは厄介なスポーツで、トレーニングはしなきゃいけないし、ストレッチ運動もしなければいけない。そうしないと、筋力のバランスが保てないことに最近気がついた。
筋力のバランスを保って、初めてバランスの良いスウィングを保てるようになる。
その上で毎日の練習を心がけねばならない。
ここまで分かってくると…あー、めんどくさい!
元々、運動はそんなに趣味じゃない。
体を動かすことがそんなに好きな訳じゃない。寧ろ嫌い。鬱陶しい。…だから糖尿病になんかなる訳で…。

 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


そんな性格だから練習場へ行く努力と同じ位ゴルフ雑誌を見た。
でも、最近はそのゴルフ雑誌すら見なくなってしまった。
まあ、上さんが自動的に買ってくるゴルフ雑誌が鬱陶しい。
そんな話しをすると、
「もっと早く言って下さい。その雑誌代は私のお財布から出てるんですよ」と。
ごもっとも。
その通り!毎週毎週、君の財布から出してもらって届くゴルフ雑誌は大変鬱陶しいものだった。
何が鬱陶しいかって、
Aプロの必勝アプローチ
Bプロの必殺アプローチ
Cプロの曲がらないドラーバー
Dプロの飛んでピタリと止まるアイアンテク
こんなのまともに信じていた自分がバカだった。最初の内こそ勉強にもなるが、その内訳が分からなくなってくる。
なんでかなーと思うようになるのだが、考えてみれば当たり前。彼らはプロ。毎日トレーニングして、毎日練習している人達。
当然筋力も違うし運動神経も大違い。そんな彼らの真似したって上手くいく訳がない。
実際にいかない。
大体Aプロって誰よ!知らないぞ!
読んでもムダ!とまでは言わないが、彼らのいう通りにやってみるとバカを見ることだけは確実。
まあ、最初のうちは素直に役にも立つんだけど、ハンディの15あたりから、余り役には立たなくなってくる。
多分、ハンディ20以上の人だったら良いのかも知れない。
私はダメ。
真に受けるタイプだから実際にその通りにやってみてしまう。そして、フォームをメチャクチャにしてしまう。
その点、今は楽。
アイアンはバッチし。体のバランスと筋力があればもっと良くなる。
ドライバーも、迷ったら佐藤先生の言葉を思い出すのみ。それだけで修正可能だ。こちらも、体のバランスと筋力が決め手だ。
と言うことで、トレーニングが大事なんだけど、それがまあ…一番難しいのかな。
だってねぇ、運動は糖尿病には良いんだけど、光線アレルギーなんてものがあると、堂々とお天道様の下で活動できないしね。
困ったもんだ。私は一体何をどうすればいいのだろう。

 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


 と、ここまで書いている内に練習に行きたくなってきた。
そういえば最近、ちょっとゴルフがつまんなくなってきていた。
70台は簡単に出せるけど、72は出せない。
それはいかにもつまらない。
やはり目標を持とう。
目標はアンダーパーだ。
今年中にアンダーパー。
いいんじゃない。
無理だ。走るなんてイヤだ。心臓だって保たない。
でもなあ、目標のないゴルフって、今ひとつつまんないんだよね。
そう言えば、なんでホールインワンって出ないんでしょう。
こんなにやってるのに
不思議だわ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このアーカイブについて

このページには、2011年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年5月です。

次のアーカイブは2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】