2011年7月アーカイブ

家の上さんは秋田森岳温泉36ゴルフ場が大好きだ。
森岳に行くと聞くと目を輝かせてワクワクとした顔をする。おまけに今回は、ゴルフを終わった後、八峰町にまで足を伸ばしてしらかみカフェと言うところで食事をする計画を立てたから、上さんの顔は一層きらきらっ!と。
まあ、喜ぶのは良い事だ。
朝の7時30分過ぎ、今日は珍しく森岳温泉コース。INコースから。
ここは36ホールもあって、秋田コース18ホールと森岳コース18ホールでは少々趣が異なっている。
秋田コースは距離は少しあるのだけど、広くて平たんで楽な気分で回れる。対して森岳コースはちょっとキツイ印象がある。
距離は短いのだが、コース自体が狭い印象があって、ドッグレッグも多ければ砲台グリーンも多くて、ちょっと難解なコースだ。
今の自分はドライバーの調子がイマイチなので、森岳コースと聞いて少し嫌な気分。
「どんだけ叩くんだろ?」
まあ、そんな気分。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


その気分そのまま、ボールは真っ直ぐには飛んでくれたのだが、飛距離が出ていない。
2打目の5番ウッドも失敗したけど、3オンは楽々で、先ずは無難にボギースタート。
まあ、スタートホールの10番でボギーならなんとかなるでしょう、と一安心。
その安心感からか、11番から15番まで5連続のパー。
ドライバーが好調なわけではないがアイアンの調子が良い。先日、欲張らずに自分に期待し過ぎずに、AW110ヤード、PW125ヤード、9番135ヤードと決めた。
この飛距離なら、気張らずとも楽に出せる。方向性にも気配りができる。
尚かつ、今日はパターが良い。
ボギーになってしまいそうなミドルパットがバンバン決まってくれた。
昨日の夜、女子の全英オープンを見て、ロングパットをバンバン決めるヤニ・チェンに感化されたのか、なんだか入りそうな気がしてしまうのである。
但し、バーディは来ない。パーパットは決まるのだがバーディパットは決まってくれない(笑)。
16番で惜しくもパーパットを外してボギーとしてしまったが、17、18と楽々の連続パーで前半は38のパット数16。
娘が49、上さんは50と中々好調であった。
お昼の時間となったが、ご飯は食べず、3人でかき氷だけ食べてお終い。
さて後半。
今日、何を苦戦しているかというと、昨日一昨日と雨が降ったらしく、フェアウェイが軟弱になっていて全くランがなくなっていた事。
これはビックリしてしまった。フェアウェイが傾斜だらけで、とにかくランしてくれる所という印象があっただけに、これには戦略が狂ってしまった。
後半の1番ティグランドに立つと、突然昨日の夜のヤニ・チェンのパワフルなスウィングを思い出した。
そうだったそうだった。
何故突然ボールコントロールができなくなったのか、思い出してしまった。
簡単に言えば腕力で飛ばそうとしてしまっていた。
つまりこういう事。
インサイドアウトに変えて、どうやったらHSが上がってくれるのか、しばらく皆目見当も付かなかったのだけど、ダウンスウィングを徹底する事で少しHSが上がり、次いで、最後の解答を腰の回転と腰の切れに求めたのだった。それで飛距離が飛躍的に伸び、フォロースルーをきちんと取るようになって方向性も良くなったんだった。
なんてこった、そんな基本的な事をすっかり忘れてしまっていた。
ところで、目の前には女の3人組がいる。
その中のいかにも生意気そうな女が、「スタート何時?私たちが先で良いのかな?」と。
タメ口かい。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


ビックリしてしまった。バカだろこいつ。
3人ともムカ!
ケツに火でもつけてやろうかい。まあ、取り敢えずあおってあげましょう。
但し、3人とも恐ろしく下手くそで、彼女らの第2打目は、パターで転がしたような所から。
2打目、3打目…どうなるものでもない。
「3時間コースだな」
「ゴルフ場に来たのって、もしかして初めてなんじゃない?」
「まあ、近いものがあるんじゃないのかなぁ」
「途中でスルーさせて貰った方が」
「それも嫌だな。だって、せっかくここまで来て、それってもったいない」
まあ、色々な感想がでたのだけど、それでも私は打てない。上さんが、
「そろそろ良いんじゃない?」
「ダメなんだよなぁ、ここは。2オンが狙えるロングホールで、あの坂を転がるとどこまでも転がって行ってしまうんだ」
彼女らが見えなくなって、ようやく私はヤニ・チェンになって(笑)ドライバー一閃!狙いはフェアウェイ左側。
あそこからボールは転がっていってくれる。
狙い通りのビッグショットだったのだが、今日のフェアウェイは転がってくれない。
続いて上さんもビッグドライブ!娘も怒りのビッグドライブ!
で、2打目もしばし待つ事になってしまった。
彼女ら大丈夫なのだろうか。かれこれ10打位も叩いているような気がするのだが。
ちなみに、我々は何もしていない。
ん…3時間コースだ。そこから私は4連続のパー。
私は相変わらず好調なのだが、娘と上さんがなんだかおかしい。特に上さんにパワーが全くなくなってしまった。
疲れてしまったのである。
そう、この森岳コースはとにかく疲れるのだ。特に、上さんはこのコースは初めてのハズ。
コースを歩いていてもアップダウン。カートを降りてもアップダウン。
疲れ切ってしまって、とにかくバックスウィングの腕が上がらない。フォロースルーが左前方に行ってしまう。
彼女の一番ダメな時のフォームになってしまっている。
次いで、娘もおかしくなってしまった。
「腰が痛い」と泣き言を言い始め、
「肩も痛い」と言い始めた。
そうかそうか、みんな疲れたのだな。
この暑さは辛いよね。
前の女子達も疲れ切っているに違いない。
まるでレベルの違う人達に涼やかに追いかけられ、そのオヤジが2オンが当たり前なんてレベルなんて知りもしなかったろうに。
そして、そんなオヤジのドライバーを楽々とオーバードライブしていく女二人なんて考えもしなかったんだろう。
まあ、君らはよく頑張っている。
特にパターは凄い。グリーンに上がったかと思えばもういなくなっている(笑)。
おーい、ゴルフ楽しんでるかい?
ちなみに、前半のINコースが1時間15分。
後半は何時間かかるのだろう?
娘も上さんも、もちろん私も、炎天下で2時間以上もゴルフをやった事があまりないので、疲れ方が半端ない。やっている内に筋肉痛が起こってしまっている。
但し、私だけは殆ど2オンなので、彼女たちの半分くらいの労働力で済んでいる(笑)。
結局、2時間10分くらいかかって後半戦が終了したのだから、彼女たちは相当頑張ったに違いない。
教訓、見知らぬ人にタメ口はやめましょう。頭おかしいです。
ちなみに、あまりに可哀想だったので、意地悪は一切してません。
スコアの方は、後半も同じく38のパット数14。トータルで76のパット数30。
今日は崩れるのかと思っていたが、案外崩れないで済んでしまった。
でも、娘と上さんはボロボロで、娘が100!上さんは107!
でも、上さんはそれでも楽しそうで笑顔満杯の素敵な顔になった。そして、予定通り八峰町のしらかみカフェに行ってランチを戴き、デザートも戴くと、ますますの満面笑顔になったのであった。

めでたしめでたし。 




にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 最近の私のブログは間違い字が多くなってしまっている。

なんの事はない、老眼が激しくなって、おまけに糖尿病の関係で視力がしょっちゅう変わってしまうのだ。
と言うご事情を察してご勘弁願いたい。
ある眼鏡屋さんに行ったら、「糖尿病の人の眼鏡は基本的にお断りしております」と言われてしまった事がある。
その人の言う事が分からなくはない。せっかく計って、翌日に視力が変わってしまって「合わない!」等とクレームをつけられても困るのだろう。
ゴルフ用の度付きのサングラスが欲しかったのだが遠慮してしまった。
まあ、私の雰囲気でサングラスをかけたら殆どあちらの方と思われてしまう懸念もあったので、まあ正解なのかな、と。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


私がパターが苦手というのも色々な理由があるからだけど、基本的に、私の目では芝目がよく見えない時が…ままある。
いつもいつもという訳ではないが、3回に2回くらいはよく見えてないのが実情。
特に、朝起きて30分以内にプレイ!なんて言う時は、まだ目がしょぼしょぼとしていて、見るのは傾斜だけ。
当然ミドルパットでも入れる自信は全くなし。
目が良い時は結構強気に打てるのだが、目に自信がない時は超弱気なパットで距離合わせだけになってしまう。
まあ、厄介な目なのだが、役に立つ時もある。
糖尿病で厄介なのが急激な低血糖症なのだが、低血糖になったらどうなるのか?まだ危ないほどの低血糖にはなった事がないので良くは分からないのだが、意識を失って倒れるらしい。
もちろん、倒れる場所が悪ければそのままお陀仏にもなるだろうし、運良く芝の上に倒れたところで、意識不明の重体。そのうち、脳障害でも起こってしまうらしい。
という事で、私の場合は一人でゴルフをやるわけにはいかない。必ず上さんか娘の帯同が必要という事になる。
彼女たちは、私のために必ず栄養剤やあめ玉やチョコレートを持っていてくれる。
私の体調がおかしくなったら、さっと、それを差し出してくれるという寸法だ。
そして、その「おかしい」というサインが、私の場合、目なのだ。
おかしくなってくると、目がシバシバとしてくる。この時点でチョコとか栄養剤を飲めば良いのだが、気づかずにプレイしていると…手とか足とかがぷるぷると震えてくる。
この時点でかなり危険な状態という事になる。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


糖尿病患者のサインというのは人それぞれなものだから、私の場合は、という事。
ここまで分かるのに4〜5年も経っていて、これらの事は去年あたりにようやく判明した事。
こんな体なもんだから、私の場合は見知らぬ他人と組んでのゴルフなんて言うのは考えられない。彼らは、チョコも栄養剤も持参してはくれないのだから。
じゃあ、自分で用意すればいいんじゃない?と思うでしょうけど、私はそんな事はしないのだ。
人間、死ぬ時は死ぬ。私を生かしたかったらチョコを用意しておけ…と言うだけの事。
うん、元来が我が儘なのである(笑)。
ともあれ、消耗が激しい夏のゴルフというのは、糖尿病患者にとっては、甚だ危険なのである。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 体ガッチガチである。
夏の運動は体を作ってくれるらしい。
ただ、私の場合はスポーツマンではなかったので、こういう状態には不慣れである。夜になると、自分の体が鬱陶しい。イラついてしまって、このまま眠れなくなってしまうのではないのだろうか?と不安を覚える。
去年まではこういう事はなかったのに、今年はやっぱり少々運動不足気味、つまりは練習不足で自然な体作りが出来ていないと言う事なのだろう。
それはある意味しょうがない。
心臓手術後はしばらく運動する気にはなれなかった。頭ががーん!とするに及んでは、過激な運動なんてとんでもなかった。
そう言う年になってしまったという事なのだろう。
上さんには、
「早く別れてくれ。とっとと別れてくれ。俺はおしめを替えてくれる女と結婚し治す!」
としょっちゅう言っているのだが、こんな不安だらけの体の私と一緒にいてくれる女なんて上さん以外にいない事も悟っている。
「ゴルフはもうやめた」と言ったら、家族全員が反対してくれた。私の健康法が、このゴルフ一つしかない事を知っているからである。
まあ、私からすれば、ゴルフをやめる事なんてタバコをやめる事よりも数倍簡単だ。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


早いとこ、アンダーパーを達成してその時真剣に考えてみたいと思っている(笑)。だってねぇ、7年間もゴルフやっていてアンダーパーぐらいやらないと達成感ってものが無いじゃないか。
という事で練習。
練習場には理由があれば来る。ちなみに、今日の理由は予定外にかき氷を食べてしまった事。あれは糖分が強くて血糖値が跳ね上がってしまうのだ。しかも落ちない。
とにかく汗をかかねば、また医者に怒られ軽蔑のまなざしを受けてしまう。
マジで、医者に行って相談料だけで医者は1万5千円以上も取って、こちらを軽蔑してくれるのだ。
「このクソオヤジは、偉そうな顔をして、摂生一つ満足にできないのか!」
そんな顔で見るのである。いい年して、若造にそんな顔をされるのはかなり堪えるのだ(笑)。
練習場へ行って十分にストレッチ。汗をかくのが目的だから汗をかくまでストレッチ。ようやく、屈伸で床に手が付くようになる。
もうこれで快打連発だろうと思うのだが、最近はなかなかそうは上手くいかない。
PW、バックスウィングが上手く回らない。困ったもんだ。
少し素振りで体を慣らせばいいものを、そのまま直接打つもんだから上手くいきっこない。
ゴルフ舐めてるよね。
よくこんなんで最近はスコアがまとまるもんだ。
まあ、ドライバーのおかげなんだけど、アンダーパーを出したいなら、ゴルフ場には1時間前に行って20球くらいは打って体を慣らしてからじゃないと無理だろうなぁ。
まあ、めんどくさい(笑)。
なんだこの不熱心さは。
もっと真面目にやらんかい!…と自分でもそう思う。
PW…なんだか以前よりも飛距離が落ちている。上手く芯に当たっていないような気がする。
なんだかなあ、2年位も前は、数十球打ってもボールマークは一つだけだったのに、このクラブに変えてからは、そのボールマークが付かないフェースをしているもんだから、全然励みにならない。
大体、ボールを置く位置が真ん中より少し右側って何よ!
全く、こんなクラブにどうやったら慣れるんだか。
PW…快心の当たりで130ヤード、不満足な当たりで120ヤード。
ん…10ヤードも違ったらグリーン狙えないでしょうが。
AWに変えた。このクラブは最近自信満々のクラブ。
綺麗に110ヤード。何度打っても110ヤード。何度打っても同じところに同じ高さで飛んで行く。
まあ素晴らしい♪
でもAWって、実戦では殆ど使わないんだよね。
何故使わないか?ビールが高く上がって風の影響を受けやすいから、10〜20ヤードくらいはすぐに狂ってしまうから。…ハア。
続いて9番アイアン。
何がこんなに違うのか、打ち方同じなのに、9番アイアンになると、途端に上手くいかなくなってしまう。最早9番イップス状態(笑)。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


9番の快打で140ヤード、不満足で125ヤード。一体どっちを信じれば良いんだよ!
もう飛ばすのは諦めた。
AW110ヤード、PW125ヤード、9番135ヤード。
そう言う事にしよう。そのくらいの方が気が楽だ。当たりが良すぎたら、その時は諦めよう(笑)。
いつまでも仲良くなれないマジェスティと私なのであった(笑)。
さてドライバー。
な〜んだ、治ってるじゃないですか。
快打連発!
でも疲れるから3球でお終い。
たったの3球でも汗が噴き出した。
そこからはもう、呆れるほどの汗。頭も上半身も手袋も汗でびちょびちょ状態。
シャツは速乾性の高いヤツなんだけど、アンダーシャツが木綿でできた普通のヤツなもんだからどうにもならない。ビッチョビチョ。
そんなんでも更に打ち込み。
そしたら、目の先にやけにごっつい、明らかな体育会系の若いヤツが来た。
隣の若いヤツと挨拶をしている。どうやら知り合いのようだ。
そしたら、その体育会系の男におべんちゃら言っている。体育会系の男はその若い男に教え始めた。
遠慮のない大きな声なので、こちらにも聞こえてくる。
何を言っているのか、内容はさっぱり分からないのだが、声は大きく聞こえてくる。
お願い、もう少し低い声で教えてやって(笑)。まあ、実際迷惑なのだ。
で、その体育会系の打つところを見てみると、これが確かに凄い!バッキューン!ズッキューン!てな感じで圧倒される。飛んでいった球は見えない。
フォームがとにかく凄い。
背筋モリモリで、フォームが動くと、その背筋もモリモリと動く。
バックスウィングのトップ位置が異常に低く、その低いところから前進バネのようにあっという間の加速、ムダのないフォームでボールを打ち込んでいく。
なるほどこれは凄いや。
これはとても真似できるもんじゃない。
体育会系の筋肉があればこそのフォームだ。そう言えば、ああいうスウィングをする人ってたまにいるな。
自分からすればとっても不思議なフォームなんだけど、筋力に優れた人達には多いフォームだ。
で、君は人にものを教えちゃダメなんじゃないのか。
君の真似ができる人ってそうはいないと思うぞ。
彼のレッスンはますます熱を帯び、本気で手を取り足を取りになり、仕舞いには、「ちょっと見て」と自分の美しいフォームをご披露。
だから、真似できないんだってば。
教訓、教えるなら、その人の運動神経と筋力に合った事を教えましょう。
ちなみに、教えられている人のフォームはなかなかグッドでした。少なくとも、私のフォームよりは数倍マシ。
でも、何故か女性並みの飛距離でした。
理由、単にHS不足です。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 昨日書いたこのブログのタイトルを見てびっくりしてしまった。

「罪深き男」
なんじゃそりゃあ〜!一体誰がこんなイタズラ書きしたんだ!(笑)
意味不明なタイトルに我ながらビックリ。
一体何を書いているんだろう?大丈夫なのか?何か他の書き物を間違って入れてしまった?
自分で書いたものなのに、とんと内容が思い出せない。う〜ん、年だ。
まあ、57才なんてそんなものである。ん?57才?私の年齢って57才だったっけ?(笑)
人生の終わりが近そうだな(笑)。
もう一度、自分のブログを読んでみる。
ふむふむ、なるほど昨日の無様なラウンドの事が書かれてある。
これでなんで「罪深き男」なのだ?意味が分からない。今更色っぽい事がある訳じゃあるまいし、なんとも見当違いなタイトルに思えてならない。
最後になって、ドライバーを傷つけてしまった事をようやく思い出した。
そうだったそうだった、昨日はぼーっとしていて、ドライバーを手からするりと落としてしまって、運悪くカート道にガッツンガッツンとやってしまったのだった。
塗装が2カ所くらいもはげてしまって、おー、なんとも可哀想な事をしてしまった。
ちなみに、ブスは嫌い。
私のドライバーは傷物になってしまった。
ちなみに、ブスは嫌い。
傷ついた不細工顔のこのドライバーを、私はこれからも愛してあげる事ができるのだろうか?
ちなみに、ブスは嫌い。
ちなみに、傷物にしてしまった全責任は私。
やだなー、これから先、ずーっと、不細工顔を見る度に私は自分の不注意というか失敗を思い出さねばならない。
思えば、このドライバーはやっとの思いで探し当てた宝物。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


最早旧モデルとなっていたこのドライバーこそが、私の求めるスペックのことごとくに合致。気が狂ったようにこのモデルを探しまくったのであった。
あんな思いは二度としたくないのだけど…ちなみに、私はブスは嫌い。
なんたって、最初に使ったドライバーがスペックなんてまるで考えないマジェスティ。あれは美しかった。打てば吹き上がって天ぷらばかりだったけど、相思相愛だった。
うん、気持ち悪い(笑)。
新しいドライバーを探す他あるまい。
今回の事で、いくら好きなドライバーでも、寿命があるって事を知った。
だって、よく見てみると、塗装はあちらこちらがすり切れている事が判明。
それとも、これを潮時にゴルフ止めよかな。
パープレイを出してぱーっとやめるのも一興かもしれん。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


少し真面目にやるとするか。案外簡単に出せるとすれば男鹿CCなんだけどね。
と言うのも、椿台CCのフェアウェイは、暑さでそろそろ危なくなってきたし、森岳はグリーンが見えないホールが多くて気むずかしいし、その点、男鹿であればイーグル狙いのホールもあるし…でもやっぱりホームコースで達成すべきでしょうね。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


急にゴルフがやりたくなった。
娘の都合を聞くと「やれるよ♪」と言う。それで急遽やる事になったのだけど、朝起きると体のあちらこちらが痛んでいる。前日に練習に行った事が、まだ響いているらしい。夏の運動は体のあちらこちらを蝕んでくれる。
舞台は椿CC。本日は珍しくつばきコースからとなった。
この間に懲りて、今日も入念にストレッチ。
体の状態が良いんだか悪いんだかよく分からない。とにかく背筋が痛い。ガッチガチなのである。
ストレッチの後、いつもの強烈素振りを3回、いやいや、今日は5回。なんだけど、どうにも体が乗っていかない。それどころか、ハアハアゼイゼイと(笑)。
さてドライバー。どこまで飛ぶのか!?
結果はチョロ!?思いっきりダフってしまった。これには笑うしかない。フェアウェイにも届かず手前のラフの中。
感想…終わった(笑)。第一打で今日は終了。まあ、気持ちが終わっている。少なくともパープレイは無理。
ただし、ここはボギーで凌いだ。
2番のミドル、左手にある大きな木の上を越えれば最短コースだ。図々しくもそこを狙うと、ここはドンピシャ!おかげで、残り120ヤードもない。うんうん、ドライバーが早くも戻ってくれた。ところが、ちょこっとグリーンオーバーしてしまった。
う〜ん、今日はなんかかみ合わせが悪いなぁ。既に汗で顔中だらだらだし、とにかく汗がよく出る。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


グリーンを少しこぼれたところから、ライも良いしチップインを狙うと、これがドンピシャ!綺麗にスライスラインを描いてチップインバーディ!早くもスクエアに戻ってしまった。
あれ?良いのかな?
でも自信はない。次の161ヤードのショートは、普通ならアイアンなのだが、体のキレが心配なので7番ウッドを持って軽く…。
って、いくら軽く打ったところでオーバー。そりゃあそうだ。
でも、またしてもライが良くて狙いはチップインバーディ。でも、これはちょっとはずれてパー。
うん、寄せがバツグンに良くなっている。グリーン周りからならいつでもチップインが狙えそうな雰囲気だ。
4番のロングホール。ドライバーが復活したんだかどうだか、距離は出ているのだけど、方向性がイマイチだ。大体、首が少し痛む。首が痛むという事はフォームがなってない証拠。
でもまあ、難なくパーオンの2パットパー。
5番で初めてドライバーがスライスした。スライス!?
スライスは珍しい。振り遅れているという事だ。
つまり、今日の状態からすると、背筋が回れてないという事なのだろう。
背筋が原因だとすれば、そりゃあ、今日中に直るのは不可能だ。
背筋が原因だとすれば厄介。どうにもなるものではない。
変に応急処置してフォームに変なクセをつけるのも嫌だし、今日は、もう諦めゴルフにした方が良さそうだ。
5番は2打目も右に打ち出してしまってボギー。
6番は、たまたまドライバーが当たってパーオン2パットのパー。
7番は今度は左に引っかけてしまった。
まあ、左に引っかける気持ちは分かる(笑)。
もう、方向性は全く信頼できない。セカンドは距離を間違えてグリーン手前。でも寄せ1のパー。
距離を間違えるという時点で、気持ちがどこかあっちにある。
8番のショート165ヤード。7番ウッドでグリーンオーバー。寄らず入らずのボギー。
ドライバー以外のクラブは結構良いのだ。
最終のロングホール578ヤード。
悩んでるねぇ。左に引っかけて尚かつフック!
ラフの中のボール、池越えには自信がないのでレイアップ。3打目失敗してチョロって、残り155ヤードはラフの中。7番ウッドでガッツンコすると、思いの外ナイスショットになってしまって、グリーン奥のバンカーの逆顎!いや、これ、どうやって打つの?
5打目はバンカーからバンカー。この時点で、もう頭の中は霧がかかって濃霧状態で、花火がパチパチっと。
6打目でやっと乗って…いやいや、バンカーから出ただけで、7オン!2パット!の9!!!???
まあ、呆れたね(笑)。
前半は42のパット数14。
どうせなら、もっと悪くしたれ!と、苦手なさつきコースを選択。
ところが、ドライバーが良いわけでもないのに、フェアウェイウッドやアイアンが良くて、パー、ボギー、パー、パー、パーと進んでしまった。
前の組が遅いのでのんびりゴルフなのが功を奏しているのか、でもね、途中で小雨がぱらつくし、汗は滝のように流れるし、余り楽しいゴルフではない。
6番は右バンカーに入れて万事休止。最近バンカーのロングヒットが不得手なのだ。砂の上で左足が踏ん張りきれずにズルッといってしまってどうにもならない。
案の定ボギー。でも、6、7番とパーで、こんなドライバーでも良くやるもんだと我ながら感心。
まあ、とにかくドライバーがままならない。
娘は、「練習場だね」と言うけど、「いやいや、必要なのは休息でしょう」と。
人間、休みなく努力すればいいってもんじゃない。サボる事だって必要なのだ。
適度にサボる事は、心にも体にも栄養を与えてくれる。
夏の運動は体にきつすぎるのだ。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


最終ホールのドライバーは、本日の不調を象徴するようにどろんとしたボールとなった。残り200ヤード以上!
グリーンにはまだ人がいたけど、めんどくさいから打ってしまった。娘は、「えっ?大丈夫なの?」と言ったけど、「200ヤードは飛ばない。しかもアゲインストだし」…ところが、これが快打!ボールは真っ直ぐ!グングンと!グリーンの手前まで(ちょっと冷や汗。ドキドキしました)。
まあ、最後はめでたくボギーで39の17。
トータル81のパット数31。
つまんないゴルフだ。やっぱり、ドライバーのパッコ〜ンとした当たりがないと、ゴルフはつまんないですね。
ところで、そのドライバーを、途中でカート道に落としてしまった!
ガッキーンガッキーンと2度も地面に叩きつけられたそのドライバーは、2カ所も塗装が剥がれてしまって、見るも無惨な不細工顔に…!
可哀想に…。
ふと心配になった。このドライバーがなくなったらどうしよう。また新しいドライバーを探すなんて、それはめんどくさすぎる!だって、このドライバーは旧モデルで、やっと探し当てたもの!
うわー、ゴメンねゴメンね!
もっと大事にするよ!だから長生きして頂戴!
…と言っても、後の祭りなのであった。とにかく今日は、ぼーっとしていてふらふらと真っ直ぐにも歩けず、そのあげくにドライバーを傷つけて不細工顔にしてしまったのであった。
罪深いなぁ。反省!
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


日中は暑いので、夕方になってから練習へと出かけた。
最近は、そんなに練習にも熱が入らず、何か理由がないと行かなくなってしまっている。
今日の理由は、日中からポテチと柿の種を食べ過ぎたから(笑)。
ポテチと柿の種はカロリーが高い。練習に行ってカロリーを減らさねばならない。
入念なストレッチから始まった。ストレッチに関しては、ヨガ好きな娘の専売特許。色々と教えて貰いながらストレッチをするのだが、時に、余りに効き過ぎて頭がくらくらする事もあるのが厄介だ(笑)。
ストレッチだけでも少し汗が出てくる。
いつも通り最初はPWから。
いつも不思議なのだが、最近は、入念にストレッチをしたというのに、体がスムーズに動かない。
わざわざ可動域を広げてやらないと稼働しなくなってしまったのだ。
難儀なこった。年を取るというのはこういう事なのだ。
果たして、初打ちはいつも失敗。バックスウィングが思うように上がらない。
徐々に修正していく。全く、本番でこんな事してたらどうにもならない(笑)。
そろそろ、自分が年寄り仕様の体になったんだという事を自覚する必要がありそうだ。
対処方法としては、私の場合、ドライバーを持って強烈3回素振り!
 
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


これで一気に可動域が広がるのと、HSがスピードアップしてくれる。何よりも、その過程の中でインパクトを迎え撃てる感覚が、腕や手、腰に入力される。
ただし、今日はやらない。暑いしめんどくさい(笑)。今日は運動しに来ただけなのだ。
見ていると、みんな酷い。上さんも娘もバラバラ。上半身と下半身が見事に分離!
特に上さんは、どうしたらそんなに崩れるの?と言うくらいバラバラ。
まあ、言っても直りそうにないくらい酷いので、ただ笑う事にした。
一方、私の方は徐々に回復しだして順調になった。
まあまあである。これなら、本番でそう崩れる事もない。
ドライバーを持っても、飛距離は更に伸びている。ただし、今日は腰の回転が上手くいってない。右腰が少し疲労気味で痛んでいるので、無理をするとパンクしそうなのだ。
これはHSにとっては重要すぎる問題。
インサイドアウトの打ち方に変えてから、長い事HSの出し方が分からなかったのだが、最近ようやく、その答えを腰の回転と切れに求める事で飛距離が伸びてきたのである。
にも関わらず、今日はその腰が使えないというのに飛距離が出ている。
多分それは腕力。最近、腕が太くなってきている。
まあ、体力の条件が刻々と変化するのはスポーツをやっていれば当たり前なのだが、ゴルフの場合は、その筋肉が邪魔してしまう事もままあるからややこしい。
それが上手くいかない日と言うのがあるので注意しなければならない。
こんな腰を使わないスウィングを長くやっていると、それがクセになってしまうという事もある。
だから、ドライバーの練習は余りしたくないのだが、調子が良いのでついつい打ってしまう。娘に「お父さん、また距離が伸びてるんじゃない?」なんて言われると、更に調子に乗ってしまう(笑)。
全く、あの日に佐藤先生に教えて貰わなければ、今頃まだ不調のど真ん中にいたのかも知れない。
今は、不調になっても、すぐに佐藤先生の教えの基本にたち帰る事でなんとかなってしまう。
うんうん、ゴルフ理論は簡単な方が良い。
今は、腰から始動だの…という面倒な事は一切考えなくて済むようになってしまった。
練習中に、
「ゴルフ、もう止めようかな」と呟いた。
上さんが、
「えっ?どうして?」
「いや、73も出したし、自分のゴルフだったらこの辺が限界だろうし、止め時なのかなぁーと」
「なんで?まだまだいけるんじゃない。65とか、とんでもないスコアまで行きそうな気がする(笑)」
笑うしかない。なんともノー天気な上さんなのだ。
「65ってねぇ、石川遼君並みのパットがあればあるかも知れないけど、パットって練習しても運動にならないでしょ?僕の場合、運動が目的でやってるんだから、その気が起こらないんだよね」
「じゃあ72でいいじゃない。やってれば運動になるし。健康に良いんじゃない」
上さんが、そんなにゴルフが好きそうでもない上さんがそんな事を言うのが不思議だった。
「ゴルフやりたいの?」
「森岳なんかに行くと、気分はリゾートだし♪安いし、好きだよ♪」
意外な返事だった。
そうなのか。老後のスポーツとしては、この不景気の最中、贅沢に過ぎるスポーツとも思い始めていたのだが、そんな事もないのか。まあ、上さんが喜んでくれるならそれでも良いか。
自分的には、今更、もうバックからのゴルフなんて目指す年でもない。そう言うゴルフをするには、少しゴルフをやるのが遅過ぎた。
このまま、ずーっとレギュラーティでのゴルフになっていくんだろう。
 
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


そうすると、なんだかとんでもないスコアが出そうな気がしてしまう。
その気になって、少しだけ運が味方してくれたら、全ホールパーオンなんていう事にもなってしまうだろう。
自分の持ち球がストレートボールである限り、それはそんなに難しい事でもないような気がする。
それでもし、パターが人並みだったら、アンダーパーなんて、そんなに難しいものではなくなってしまう。
だったらバックティでやればいいじゃないか、と人は言うのかも知れないが、人には分というものがある。
私の分はバックティにはない。
バックティでやるのは、ドライバーが飛びすぎて困っている人がやればいい。バックティというのは別世界なのだ。
もしバックティでやるとすれば、ゴルフクラブを全部変える必要がある。それこそ、専門家に見て貰って、自分に合った特殊なクラブを作ってもらう、なんていう…プロの世界に近いものが必要だ。
今は、既製品のものに合わないものを感じながらぎくしゃくとやっている状態だ。
つまり、もっと真面目にやらないと上には行けないという事。
めんどくさ。
元々が体育会系じゃないだけに、そんなものに興味がないのだ。体育会系の人からすれば不思議な事かも知れないけど、そんな事に価値を感じないのだ。
それに、もし私が競技会に出るとしたら、それは不可能だ。
先ず、体がそれを許さない。糖尿病と心臓病を抱えてやる事ではない。仕事上も不可能、会社が潰れてしまう。
そして決定的なのが、私には、競技会のあのスピードに慣れるのは不可能。どう見てもチンタラしている。
大した上手くもないのに大口を叩く、あの神経も嫌いだ。
前は競技会に出てみたい…なんて言うのも頭を掠めた時もあったけど、今はそんな考えはまるでなくなってしまった。
人に迷惑をかけなくて済むゴルフができていればそれで良い。
うん、ささやかだ。
今度から、本気で72切りを目指してみよう。今年は、まだ一度も本気になってないしなぁ。

 




にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日のお昼でアナログ放送は終わった。
終わった瞬間を記念撮影(笑)。
もうこれでTVともおさらばの生活になるはずだったのだが、ケーブルTVは余計なことをしてくれる。今のアナログTVでも2015年までは観られるというのだ。わざわざデジタルをアナログに変換してTV放送を流すというのだ。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


困ったもんだ。これでようやくNHK料金を支払わなくても済むと思っていたのに(笑)。
全国的にはそう言う家庭が結構多いらしく、NHKには問い合わせが殺到中だそうである。
そりゃそうだ。絶対に払わなくてはいけないものだとすれば、それはもう税金と一緒。民放局が多数あるというのに、何も有料のNHKを見なきゃいけない道理はない。なのにお金を払えという、その論法に腹が立つ。まるでどこかの共産圏か独裁国家の論法だ。
どこかで、NHKだけが映らないTVを開発してくれたらすぐに買うのに。それとも、お金を取るというのなら、NHK自体がそう言う装置を開発して取り付けてくれたらいいのに。
言っとくけど、NHK職員の給料ってバカ高いんだよ。
さて、ケーブルTVは、12時間の転換作業の後、つまり夜中の12時から普通に見られるらしい。
つまり、お昼の12時から夜中の12時までは、画面は青い画面になって「ご覧のTVではデジタル放送が見られません」みたいな事が書かれてあるだけ。
この状態が12時間続くのか…と、それでも他チャンネルの状況を確認する私たち(笑)。
すると!えっ!?映ってる!?
そうなんです。岩手放送だけが映っているんです。
なるほど〜!震災の地・岩手や仙台のデジタル化は遅れるんだった。
という事で、3時30分からのゴルフ中継は観られる事になってしまった。
喜んで良いのか悲しんで良いのか。
12時過ぎても、今日はどこのゴルフ場に行こうか?と考えていた私たちには、またまた余計な選択肢が増えてしまった。
「テルサにしようか?」
「あそこ?嫌だよ。ドライバー使えなくて3.000円はないだろう」
「だよね。もう2.000円出して森岳の方が良いよね。でも、この時間からじゃ、もう無理よね」
「いや、夕暮れプレーって言うのがあるくらいだから大丈夫だろうけど、ハーフだけじゃつまんないしね」
「じゃあ、椿?高いよね」
「高くて待たされるからなぁ。待たされるプレイは嫌だな。拷問だものな」
高いと感じてしまうのは、どうしても森岳があるから。
森岳は素晴らしい。他人行儀な距離感のあるマナーも良いし、コ−スも素晴らしい。尚かつ安い。あれで、ご飯がもう少し美味しければ100点満点だ。
日曜日に3人で行って2万円でお釣りが来るというのは素晴らしい!の一言。
他のコースだったら、軽く4万円コースになってしまう。
1ヶ月間4回に換算したら、普通で16万円。森岳なら8万円。
誰がどう考えたって森岳の勝ちだ。
そのまま、ゴルフ中継を観る事にした。
15番ホール。石川遼君はロングパットを決めてバーディ。首位のキムキョンテに3打差とした。
「あれが入るんだものなぁ。あんなのが入ったら、俺も軽くアンダーだよな」
16番ショートホール。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


「おいおい、周りがみな池だよ。きっついなぁ」
「沖縄のあそこみたいね」
「うんうん、で、186ヤードか。きっついなぁ。俺には無理!」
「えっ!無理なの?いけるんじゃない」
「無理無理、俺は160ヤードまでしか確信ないな。186ヤードは絶対無理だ」
石川遼君は失敗した。ダフって右へと。この瞬間、諦めた様子がありあり。さすがの石川遼君でも、186ヤードの確信はないのだろう。その確信のなさがダフらせた。
でも、池にまでは行かず、かろうじて傾斜のラフの上に、ボールがきっちりと見える状態で、ここから彼はパーを取る。
「凄いもんだね。あれでパーか。結構距離のあるパットだったけど、大したもんだ。俺なら間違いなく2パットだ(笑)」
首の皮1枚繋がった石川遼君。
誰の目にも、次の17番でバーディをとらなければ試合は終わってしまう。
その17番のバーディパットで、彼のパットはホールを掠めた。
「惜しい!いやー、執念を見たね。素晴らしい」
若かろうとなんだろうと、勝負所を知っている。そこが素晴らしい。
ただ、彼には今のところ勝ち運がない。
18番最終ホール。ファンはそれでも石川遼君の奇跡を願う。
560ヤードロングホール、ビッグショットで2オンを狙えるフェアウェイ。
残り260ヤードを、彼は3番ウッド。
アナウンスでは、左下がりだという。画面を通しては分からない。
それを見越して彼は左気味に構え、スライスボールを考えるのだが、ボールが低く出てしまった!
ボールはグリーンをオーバー気味に傾斜を流れててんてんと落ちていった。
キムキョンテはあくまでも冷静だ。2オンを狙わず、残り100ヤード地点にレイアップして見事な3オンバーディ!
「キムキョンテは見事なくらい冷静だなぁ。しかも、プレイに確実性があるわ。なるほど実力者だわ。早くアメリカに行っちまえばいいのに(笑)」
ファンの本音である。キムキョンテなんてとっととアメリカに行ってしまえばいい。日本に稼ぎに来るな!
石川遼君は、もちろん3打目の直接カップインを狙ったが、入らず、入らずでパーで終了。
まあ、善戦健闘も虚しかった。
驚いた事に、(驚く事もないのだろうが)長嶋茂雄が来ていた。久々に見られたのが嬉しい。
最後にインタビュー。
キムキョンテが流ちょうな日本語なのにビックリ。
「へぇー、みな日本語話せるんだね。少し見直した。好感度高いね」
と妻。
私もそう思った。しかも、日本のファンに気遣いを見せるように、石川遼君の追撃を「強くて恐かった」と褒め称える事を忘れなかった。
ポーズかも知れないが、ウソでもおべんちゃらでも、そう言って貰えるとファンとしては少し納得してしまう(笑)。キムキョンテの好感度は確実にアップした。
私はスポーツ振興関係者でもなんでもないので、基本的に、日本人以外の人間が優勝すると口惜しいしムカつく。
それに、石川遼とか池田とか片山が好きなので、基本的に彼らの内の誰かが優勝すると嬉しい。
にも関わらず、韓国勢のなんと強い事か。男も女も、ゴルフ界は韓国勢が席巻しまくっている。
一時、アメリカの女子ツアーで、韓国勢の追い出し論が出たけど、感情的には凄くよく分かる。まあ、理性が勝って、その理論は排除されたけど、今やアメリカの女子ツアーは悲惨な状態となって、その女子ツアーから日本の女子ツアーに韓国の女子プロが数多く流れてきて、今度は日本の女子ツアーが悲惨な状況になろうとしている。
理性が勝つのか感情論が勝つのか分からないけど、私の場合、外国勢が圧倒的優位にあるのであれば、先ずTVは見ないな。
不愉快な思いをしてまでTVなんか見なくて良い。
石川!池田!園田!片山!お前らもっと頑張ってくれ!



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日のゴルフは余りに無様であった。
どうすればあんなに不満足なショットにばかりなるのか。
沸々と不満足感でいっぱいになってしまった。で、今日もゴルフをやろう、という話になり、今日の朝一スタートの予約となった。
上手くいけば午前中には帰られるはずである。
朝の7時45分、椿台CCさつきコースからのスタート。
昨日の反省を込めて入念なストレッチから始まった。と言ってもたかが5分程度なのだが、この5分が大切。
相撲で言うところの蹲踞の形を取って入念に股割。太股の股間の筋を伸ばしてやる。そしてアキレス腱を軟らかく伸ばしてやる運動。左右入念に。その間、私は足と腰の境目をガンガン叩くことにしている。下半身に血を回してやるためだ。最後に背筋を伸ばす運動。これは最近覚えた方法で、あっぷるの8月号にも詳しく紹介されているのだけど、背筋が真っ直ぐになって、これ一発で屈伸が楽になってしまう。
その後、手足を伸ばして背筋を伸ばして、ギュッギュと背面を動かしてやる。
まあ、基本的な運動だけなのだが、これでグーンと体の可動域が広がってくれる。眠っていた体が目覚め始めるのだ。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


さつきコースの1番、昨日と同じく強烈なアゲインストだ。
ここまでアゲインストがキツイと、気にしてもどうしようもない。ただただ、スウィートスポットでとらえることのみに集中。
今日は体が動いてくれた。昨日のような手足バラバラ感はなくスムーズ。
強烈なアゲインストだというのに、打球はど真ん中の木を超えて真っ直ぐと力強く飛んだ。
軽々と2オン2パットのパースタート。
2番のロングは少し引っかけ気味。
足腰の安定感がなく少し上半身に揺らされてしまった。なるほど、昨日の無様な原因はこれか。
ここはパーオンに失敗してボギー。まあ、このアゲインストならしょうがないかと…。
3番に行くと、今度は強烈なフォロー。
ティーグランドはかなり奥なものの風に乗ってビッグドライブ!見た事もないくらい飛んでくれた。尚かつラン!いやはや、この風と乾ききったフェアウェイ、考えようによってはかなりゴルフが楽だ。
特に、私のようなストレートボールにとってはかなり楽になってしまう。
難しいのは2オンを狙う時のクラブ。アゲインストにせよ、フォローにせよ、確実に1クラブ以上も違ってしまう。しかも、握りのグリップ位置とバックスウィングの角度。これらは、全て勘だ。
詰まるところ、運があるかないかで随分と結果に差が出てしまうものなんだけど、今日の自分は運が良いらしい。しかも、こんなに乾いていてグリーンが硬くなっているというのに、アイアンはピタピタと止まってくれる。
これはゴルフが楽。運も良い。
という事で、3番から快進撃で2連続のパー。5番のロングはバーディ。7、8番と連続パー。
9番でパーを取れば、前半だけでもパープレイ、という事だったのだけど、残念ながら、ここで左のバンカーに入れてしまった。…全く、こんな強烈なアゲインストでバンカーまで行くかね。
ここはあえなくボギーとして、前半は37のパット数14。
運なかなか良いぞ。
今日はとにかくゴルフが楽だ。こんなアゲインストでも、ドライバーは風を気にしなくて済む。フェアウェイがガッチガチなので、とにかくランも出るので、2打目が楽!
フォローの時は、驚くほどの飛距離となってしまう。自分の飛距離がかわったのかと思うほど飛んで、しかもラン!残り100ヤードを切ることが多いのだから、2打目は絶対の自信を持っているサンド。こうなると、今期最高のビッグスコアも狙えそうだ。
後半は、さくらコース。
どうも最近はつばきコースに縁がないみたいだ(笑)。
さくらコースに行くと、生憎と先客がいる。
見ていると恐ろしく下手くそだ。
娘が、「2番から行こうか」とナイスアイディア!そうかそうか、1番は一番最後にやれば良いではないか。
という事で2番から。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


ドライバーはいよいよ快調である。風に乗ってビッグドライブ!尚かつラン!
3ホール連続のパーオン2パットパーとなった。
残念ながらバーディは来ない。
グリーンがガッチガチで、そう簡単に狙えるものではない。狙ったらどこまでも行ってしまいそうで恐い。
3メートルくらいにはつけるのだが、ことごとく入ってくれない。
距離を合わせて曲がりを考えてとなるとパットは難しい。曲がりを無視するくらいの強めのパットならもう少し楽なのだろうけど、これほどグリーンが早いと、簡単に3パット4パットになってしまいそうだ。
結局、終わってみれば9ホール全てパー。つまり36と言う快挙!
まあ、今日はやる気があっただけに運も味方してくれた。
9ホール中、パーオンが8ホールだ。
自画自賛したくなるほど見事だったのが、5番のミドルホール。
唯一ドライバーでフックがかかってしまって、ギュイーンと左バンカー手前に。
目の前に大きな木がせり出していて、どうあってもグリーンが狙えない。
レイアップしかないので残り80ヤード地点にレイアップ。
80ヤードはサンドの距離なのだ。80ヤードなら、1メートル以内に落とす自信がある。
そこからサンドで50センチ!楽々1パットパー。
まあ、運が良いだけなんだけどね。
という事で、今日は見事、昨日の雪辱をはらして73のパット数31。
う〜ん、今日はゴルフが楽だった。
強風の中のゴルフもなかなか良いモンですね。
でもなあ、心配事が一つ。最近のスコア良すぎ!こんなに連続してスコアが良いと、ハンディキャップがまたまた上がってしまう。
(自分が)そんなに上手くないことを知っているだけに、かなり複雑な気分なのだ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 朝起きると、「今日はゴルフ行きたくないなー」と思うことが多くなった。
体が辛くて、とてもゴルフができるような体じゃないのだ。
もっと眠っていたい。
と思いながらもゴルフ。今日は久々の椿台CCだ。
朝一のスタート、さつきコースから。車かっ飛ばしてなんとか時間に間に合って、1番ホールに行くと、もうオジサン達4人組がティーアップしている状態。
ありゃりゃ、こりゃあ困った…と思っていると、そのオジサン達が我々に気がついて、先を譲ってくれた。
それは良いんだけど、おかげで準備運動もままならず、そのままティグランドへ。
ティグランドに立つと、もの凄い強風。台風の影響なのかどうか、今までに経験したことのないようなアゲインストだ。
取り敢えず素振りをすると、いつもとニュアンスが違って、クラブが軽く感じられる。ヘッドに重みを感じないスウィングなのだ。
とは言っても取り敢えず打たなきゃならない。慎重に第一打。なんたって、オジサン達4人が皆見守っている中での第一打なのだ。
振ると、やはりクラブが軽い。腰の回転よりも腕の方が早く球にいってしまった。
しまった!という当たりは、左バンカーを越え林の方向に。
その方向に打つのは、自分としては恐らく初めてのこと。
第2打目、木の間からなのだが、生憎と大きな枝だがせり出していてどうにもならない。
いつもならもう少し慎重なのだが、ドライバーの失敗のショックがまだ尾を引いている。いいかげんに打ってしまった。
ダメかも知れない…というショットは、そのままダメなショットになる。
見事にその枝に当たって、ラフの中にポトリと落ちてしまった。
そうなると、もっとダメな気持ちになってしまった。
普通に3オンを狙わずにとにかく前に進めばいいやという3流ゴルフの始まりだ。
結局、いきなりのダボスタートとなってしまった。
心の傷はもっと大きい。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


先ず、ドライバーが不安になった。
いいかげんに打ってしまったアイアンにも変なクセが付いてしまった可能性がある。
果たして、2番のロング。
ドライバーは、意外にもドローボールとなって左へ左へと流れた。
ドローボールなんて打ったこともない。
第2打の5番ウッドは、今度は右へと流れた。
こうなると、もう今日信用できるクラブは1本もない。
今日一日で直せる気がしないのだ。
2番は、取り敢えず3オン2パットのパーにはなったけど、ゴルフをやっている感じがしない。
3番になって強烈なフォローとなった。
少し当たり損ない気味のドライバーショットは、風に運ばれてロングドライブとなったのだが、アイアンでの第2打が、またまた右へ。もうどうにもならない。結果、どうしようもないボギー。
もう少し上手くなっているのかと思ったのだけど、甚だ自分が残念だ。
ショットの正確性が悪すぎる。
ドライバーはともかく、アイアンが感覚的に3センチ位もずれている。これではゴルフにならない。
かと思えば、3番ショートは、見事な1オン2パットパー。
ところが5番ロングでは、見た事もない強烈フック!
フェースを見ると先端に近い所に当たっている。
私の場合、ヒール側に当たることはあってもトゥ側に当たることは先ずないはずなのだが…。
ここでようやく気がついた。
左肘が曲がってしまっていてバックスウィングのトップ位置がぐにゃりと高くなって、右肘も上がって、右半身から動いてダウンスウィング。そうなると、アウトサイドインの軌跡になるのだが、折れていた左肘が真っ直ぐに伸びてきて、でも右手打ちの方が勝って間に合わなくてトゥ側に当たってフック!
まあ、何が何やら分からないだろうけど、取り敢えず当人的には分かった(笑)。
6番をボギーとしたが、残り3ホールは全てパーでまとめた。
結果、41のパット数17は面白くも何ともないスコア。
それでも、後半戦に向かっては回復の兆しが見えた…ハズだったのだけど、世の中そんなに甘くはない。
後半のさくらコースには、オジサン3人組が待ち構えていた。
第一打のドライバーショットは、彼らの足元にまで届こうかというビッグショット!しかもフェアウェイど真ん中!もう、残り110ヤード。
回復!直った!もう大丈夫!
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


と思ったんだけど…3人のオジサン達は、基本急ぐという事を知らない人達。イラッと。
私は人間ができてません。
2打目をチョロッとしてボギー。
2番ホール、またしてもビッグドライブ!完全回復!
でも、またまたオジサン達のグリーンでイラ。
で、またチョロってボギー。
私は人間ができてません!
もう我慢ならん!こいつらパス!やってられるもんかい!
イライラするゴルフなんてやらない方がマシだ!
そんな事は露とも見せず、にこやかに「お先しま〜す♪」とパス。
なんでだろ?森岳の遅いプレイは気にならないのだが、椿の遅いプレイはイラついてしまう。
思うに、森岳は若い人達が多く、同じ下手くそでもいちいちの動きがキビキビしている。時に、この炎天下で走ってもくれる。そうすれば、そんなにイラつくこともない。
対して椿のプレイヤーというのは年配が多く、動きがとろい。元々、社会的地位もそれなりなのだろうから、キビキビ動くのは恥だとでも言わんばかりで、ミスショットをしても悠然と動く。
その態度にイラつくのだろうと…。
まあ、文句を言ってもしょうがないので、こんな時はパスするに限る。精神衛生上大変宜しくなる(笑)。
そんな状態なもんだから、ドライバーが回復したのにもかかわらず5ホール終わってパーは一つだけ。後は全部ボギー。全くしょうもないゴルフとなってしまった。
今日は全部バーディ狙いで行くことにしていたのだが、パーオンすら難しいのだから、全くの戯言である。
あー、恥ずかしい。アホクサ。
もう今日は諦めた。
そう思った6番から3連続パー。
そうそう、ショットは回復してたんだった。
最後に、チップインバーディ。
まあ、ライが良かったからね。
で、結局後半は39のパット数15。トータル80のパット数32。
とは言っても、3番ホールをパスしているから参考スコア。
全く、せっかくの平日ゴルフだというのに、つまんないゴルフをしてしまったもんだ。
今日の反省は、準備運動も無しに第一打を打ってしまったこと。これに尽きます。
森岳でやる時は、ミスが許されないコースなので、準備運動をきっちりやって、体を慣れさせてからやっていたから良かったんだと痛感。
ゴルフを舐めたらアカンですね。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


なんともクソ暑い日が続くもんだ。こうなるとエコなんて言ってられない。冷房をガンガンかけまくっているが、それでも涼しくはならない。…いやいや、このご時世に冷房かけまくりなんて言ったら何を言われるのか、きっと後ろ指指されるのだろう。嫌な時代になったもんだ。
こっそりと冷房をかけまくることにしよう(笑)。
こんな日にもゴルフに行っている人はいるんだろうなぁ。ご苦労さんなこった。私は嫌。
健康のために始めたゴルフなのに、こんな日にゴルフに行ったんでは、何か他の病気になりそうである。
一体、去年は今の時期何してたんだろうと不思議に思うのだが、ブログを調べてみると、結構ゴルフをしていたのである。
その殆どが、男鹿の早朝ゴルフ。
なるほどね、と。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


去年はおばあちゃんがいたので、男鹿の早朝ゴルフへ行って、その足で実家によっておばあちゃんの状態を見ていたんだっけ。なるほど、男鹿の早朝ゴルフなら日の出と共にスタートして、そんなに暑くならないうちに終わってしまうから、そんなにも苦にはならなかったはずだわ。
でも、おばあちゃんが亡くなった今年は、ぱたりと男鹿には行かなくなってしまった。
実家にも殆ど寄ることもなく、今は無人の家。この間行った時には、広い畑が草ボウボウ状態であった。
それを見て、「おばあちゃんって凄かったんだなぁ。この畑全部草むしりしてたんだ」と改めて感嘆。
いなくなって初めて分かるその偉大さ、いやいや存在感。
最後、本当に親孝行できて良かったと思っている。
友人に、
「年寄りには、絶対に悪いことは言っちゃいけないよ。そう言うことだけはよく覚えているもんなんだ」
そう忠告されてから目が覚めた。だから、楽しい晩年を過ごさしてあげることができた、今更感謝である。
さて早朝ゴルフ。
やっぱり、この季節は早朝ゴルフが一番かとは思うのだが、男鹿の早朝ゴルフは色んな意味でキツイし危険だ。
朝の4時起きして、まだ半分寝ている状態で高速道路を突っ走る。結局、終わって帰ってきてからも昼寝が必要となってしまう。ん…嫌だね。
皆さんはどうなんだろうか?このクソ暑い中、ゴルフなんかやって楽しいのだろうか?私の場合は、先ず、筋肉がガタガタになってしまって、回復に3日位も掛かってしまうのだが。体力がなさ過ぎるのだろうか?練習に行くことさえ辛く感じるのだが。
さて本題、問題はパターである。
パターをそろそろ何とかしなければならない。
椿台CCのグリーンだったらなんとかなるようになった。取り敢えず、どんなパットでも果敢に1パットを狙っていける。2パットでならなんとでもなる。
しかし、実際には1パットで入ることは滅多になく、殆どが2パットパー。
現状、殆どパーオンすることを考えると、この先はやはり、パットを磨いてバーディが取れるようにしたい。
考えてみれば、そもそも私のゴルフは、50肩が始まりのゴルフ。
つまりは、50肩を治すために始めたゴルフだから、パターなんて運動量の少ないものはどうでもよかった。
とにかくドライバーをぶんぶん振り回してアイアンをびしばし打っていれば満足♪というゴルフであった。
パターがうまくなる必要性は0!だったのである。
その状態が長く続いた。
最初にドライバー。
50肩が治ってアイアン。
それでパーオンができるようになったのが一昨年辺り。まあ、4年目位?
ここまでは順調だったのだが、インプラントの手術の影響やらクラブ変更やら色々あって、フォーム改造に失敗してガタガタになって、最近ようやくなんとかなってきて、パーオンがまたまた普通になってきた。
なのに今度は、年齢の問題が直面している。
現在、早くも57才である。スコアを求めるなら残された時間は少ない。肉体的には、明らかに下降線を描いている。
今のうちに、最高スコアを求めておかなければいけないだろう。
そうなると不安なのが、アイアンの精度とパターに尽きる。
アイアンは、今のマジェステイのアイアンだと、おおざっぱすぎてどうしようもない。狙った所に行かないのである。縦方向、横方向共に不安。満足感がない。
先日久々に娘のフォーティーンを一降りしたのだが、いきなりの一降りにもかかわらず、スッパーン!と快心の当たり。狙った所に、すっと刃先が入っていく感じで、よほどバランスが合っているのだろう。
気持ちは、フォーティーンで決まっているのだが、そのモデルはもはや販売されてないので困っている。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


そして、長らく無視されてきたパター。
いよいよ、私のゴルフの歴史にとってパターが課題となってきた。
57才…遅過ぎるよな〜。
娘とのTVゲーム対決。
TVゲームでのゴルフなんていうと笑う人が多いと思うけど、そこでの対決は、私の100戦100敗である。
そして、それは実践でのパターと同じ結果を生んでいる。
娘のパターは良く入りやがる(笑)。
3メートルでも5メートルでもポンポンと入れてくる。
傾斜の読みを読み間違えることも、私とは違って殆ど無い。
なんと言うか、立体空間把握能力に優れているというか…私は、山岳コースに行くと、時として上りと下りの区別すら分からなくなる時があるくらいだ。
昔々、富士山の裾野でゴルフをしたことがあったけど、あの時は、本当に上りも下りも分からなかった。
今でもたまに、打ってから「へぇー、そんなに曲がるんだ」「えっ、ここって、そんなに下ってんの!?」と思う時があるくらいだ。
まあそれは、ヤーデージブックでも作れば済むことなんだけど。
多分、それが一番の方法。
でも、TVゲームの世界は、初めから傾斜が分かっている世界。
分かっているのに、娘はポンポン入り、私は入らない。
この違いは一体何なのか?
娘は「私は狙ってるモン」と言うのだが、そりゃあ、私だって狙っている。
違いは、娘は、たとえ入らなくても何もソンすることもないから、割り切って「エイヤ!」と思いきりが良いのに対して、私は多分思い切りが悪い。どこかで「2パット以内で収めたい…」と言う消極的な気持ちがある。
たかだかゲームの世界なのにもかかわらず、消極的でネガティブに2パット狙いの私と、常に積極的にアクティブに果敢に1パット狙いの娘。
そこに差が出てしまう。
つまりは、恐いもの知らずの娘と臆病な私という違いだ。
臆病な人間に運なんか付いてくるはずもない。運は、常に積極的に生きている人間にしか味方しないものなのだ。
試しに今度は、2パット狙いなんて姑息なことは止めて、全部1パット狙いにしてみるか。ひゃあ〜、3パットが増えそう!
次のゴルフに乞うご期待。
その前にTVゲームで少し練習しようかな?(笑)そうと決まったら、早くやりたいもんだ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 なでしこジャパン万歳!である。
実況で観ることができなかった分、朝から何度も繰り返しTVを観た。大震災の後の日本の底力に世界中の人々も素直に感動できたのではないか。ただ、これは生で見たかった。どうあっても、感動が少し薄いのである。私的には、少し残念である。
朝起きると、体のあちらこちらが痛い。特に、右腰の腰の辺りから背中に伸びる部分が不穏な痛み。
これは無理しちゃいかんな…と。
今日は朝に仕事があって、それが終わってからゴルフにでも行こうかと思っていたのだけど、皆も「無理無理!」と言う。娘も同じところが痛いと言うし、その他も痛い所がいっぱいだという。
外は朝からかんかん照りだし、こんな日にゴルフに行くのはやはりバカなんだなと理解。
それに、3人で行けば、普通に3〜4万円かかってしまう。それもなんだかバカ臭いし。全く森岳のような安いコースがあると、普通のお金を出していくのがばかばかしくなってしまう。
それなら、ゴルフに行かないで、その分食事でもしようという事になった。
早速、3人で3万円の食事コースを予約。こんな休日でもやっていてくれてラッキーである。
かわって、体をほぐす程度に練習に行くことにした。
まあ、この練習自体が暑い。汗はすぐに噴き出し、体の痛みもあって可動域が狭くぎくしゃくとして、どうにもならない。3人が3人ともまるでダメ。早々に止めることにした。変なフォームがクセになっても困るだけ。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


で、ヤマダ電機へと行って、地デジ対応のTVを買うことにした。
家でTVっこと言えば上さんしかいなくて、TVが無くても困らないのだが、上さんには、「買いたければ勝手にどうぞ」「せっかくNHK料金払わなくて済むと思っていたんだから、NHK料金は君が払ってね。TV代金だけは払って上げるから」と言っていたのだけど、実はとんでもないことが判明!
家はケーブルTVなんだけど、ケーブルTVは、2015年まで、わざわざデジタルをアナログに変換して放送することに決定!と言うのだ。
つまり、今のアナログTVでも2015年までは観られるというのだ。
という事は、NHK料金は払わなくてはいけないではないか!?
なんだバカバカしい。せっかくTVを買わないでNHK料金をやっと支払わなくても済むと思っていたのに。
あ〜、めんどくさい。という事で60型のTVを購入。
これが安かった。店員さんが頑張ってくれて30万円を切る価格!これも驚き。
まあ、何でもかんでも安くなって、価格破壊どころの騒ぎじゃないのが今の日本。
まあ、こんなに何でもかんでも安くなるのは中国のせい。いずれ、日本の国民所得、つまり給料はどんどん低くなって、逆に、中国やインドはどんどん高くなって、均衡していくようになるんでしょう。
幸せなのか不幸なことなのかは分からないけど、つまんない国になることは間違いなさそうである。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


さて、ゴルフのお話。
昨日のゴルフの私のパット数34は酷すぎる。
娘とゴルフのTVゲームをやっても、いつも私はパットで負けてしまう(笑)。
パットを何とかしなければ…そろそろそんな時期だ。
本気でパットの練習をしようかな。
もう一つ、娘の状態が余り良くなかったので、ちょっとばかし指導。
「ちょっとクラブを貸してご覧」と、打つと…
スパン!と見事な快打。
う〜ん、このクラブはやっぱり切れ味が良い。
ボールの底にキレイに入っていく。
元々は、私が使っていたクラブだけど、フォーティーンってやっぱり良いな♪



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 日曜日の今日は完全休養。2日間の徹夜作業で足腰がガタガタ。

それでもゴルフには行く。
朝の6時5分、上さんが飛び起きた。
「たっ大変!時間だ!」
6時15分には自宅を出ないといけない。
男は簡単なのだが、女は準備が大変だ。家の中を、上さんと娘がぶつかるようにしてドタバタと走り回る。
「慌てなくても良いよ」と言ってあげるのだが、それでも二人はドタバタと。
体が痛い。完璧な寝不足。体に血が回ってない証拠だ。体のあちらこちらがむくんでいる。
いつも、朝起きた時には思うのだが、「ゴルフやりたくないなぁ」と。
今日は秋田森岳温泉36ゴルフ場だ。
なんか最近気に入っている。コースはバッチリだし、なんと言っても安い。今日は早朝ゴルフなので、更に安く一人4.500円なのだとか。
娘がビックリしていて、
「早朝って、一人4.500円なんだって。しかも、名前も言ってないのに○○様ですね、って言われちゃったよ(笑)」
これで、名前を言わなくても分かられてしまう所が2カ所になってしまった。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


さて、秋田森岳温泉36ゴルフ場の、今日は秋田コース。
思いの外早く着いてしまって困ってしまった。充二分を超えたストレッチができてしまう。背筋を伸ばして、体が痛い。屈伸をして、体が痛い。股割をして、体が痛い。まあ、何をやっても体が痛いようである。特に背筋はどこを動かしても辛い。
ようやっと我らの番になって、ドライバー一閃。
まあよく飛ぶこと。
真っ直ぐに、前を行く若者達より飛ぶんだから立派なもんだ。
それでも初っぱなはボギースタート。相変わらず2打目の距離感がつかめていない。残り140ヤードがグリーンオンしないのだから、でもアイアンもよく飛んでくれた。今日はまあまあなんとかできそうだ。
という事で。2番から6番まで5連続パーオン2パットのパー。
コースは、この間より馴染みがある分だけよく見えてしまって、コースの難しさがよく分かるようになったのだけど、つまり、怖さは感じるんだけど、ドライバーが曲がらないし、真っ直ぐ220ヤードから250ヤード飛ぶもんだから、2打目は殆どフェアウェイからショートアイアン。
特に今日は52度のウェッジを多様。
気をつけなければいけないのは、海から来る強風。
この強風のために、残りが100ヤードを切っていても乗せる自信がイマイチ、ない。
今日はリゾート気分なので(と言うのも、上さんがこのコースが気に入ったらしく、リゾート♪リゾート♪とはしゃぐのである)、途中からビールを飲み始めた。
と言っても、私は下戸なのですぐに酔っぱらってしまう。
その酒が7番ホール辺りからきいてきて、少しふらめき始めた。おまけに、ティーグランドが、いつもより短い所に設定されているせいか、ボコボコで妙に気持ちが悪い。
平らな所を探してうろちょろとするのだが、その平らな所がなかなか見つからない。酔いのせいか異常にボコボコと感じる。
で、7番から突如崩れ始めてボギー、パー、ボギーで、結局、39のパット数17。
まあねぇ、パットがまるで入ってくれない。
高麗グリーンで、こうもかんかん照りが続くと、下りは異常に速いし、上りは芝目も手伝って異常に重いし、軽い時もあるしで訳分かんない状態。
まあ、元々パットは苦手なんだけど、椿台ゴルフ場の素直なグリーンが恋しい。バーディなんて来そうな気がまるでしない。
早朝ゴルフといっても、ここの早朝はスルーはないらしくて、ご飯を食べて、約2時間待ち。
この待ち時間のせいで安いらしい。
娘は、その休み時間に寝ていたほど。その娘の前半のスコアが42のパット数14。
危ない危ない。娘は、どうやらこのコースが得意みたいだ。
さて後半。
前の組も気の毒である。彼らは二人組みでかなりの腕前。ドライバーは飛ぶし、真っ直ぐ。アイアンショットもバッチリだ。なのに、その前の組が4人組みで、しかも女性2人入りでチンタラゴルフ。
その後ろが我々で、間に挟まってさぞかし辛いだろう。
オジサンに女二人。普通ならお遊びゴルフ。どこかのお大尽が、飲み屋のママと姉ちゃんを連れてきたように見えるに違いない(笑)。ところが、そのお大尽が若者達を軽くオーバードライブしてくるんだからたまらない。あげくに、姉ちゃん達二人が、更にそれをオーバードライブするんだから、そりゃあたまらんだろう(笑)。
男の沽券など木っ端微塵!ついでに、若者の沽券も木っ端微塵。
でもね、こちらは別に木っ端微塵にしたい訳でもない。だって、彼らは走るのだ。誰に迷惑賭けている訳でもないのに走るのだ。ついでに、走ったところで前の組がいるんだからしょうもないのに走るのだ。
いやいや、走らなくて良いんですよ、と声をかけてあげたくなる位涙ぐましい。
急がしてないから、急がなくて良いから。
でも、彼らは走る。
さて後半。10番から6連続のパー。でも、バーディは来ない。
16番のロングで、楽々3オンしながら、痛恨の3パット!初ボギー。
そろそろ腰もいかれてきて、右に飛ぶようにもなってきたし、ここで今日は終わりなのかも…と思いきや、続く17番のショート、159ヤード。風は強風のアゲインスト。
7番で届く自信がない。7番ウッドを持って少し抑えめに。
これが快打!後は風との勝負!負けろ〜!と、念が通じて、ピンそば1メートル。
いくら何でもこれは入る。初バーディ。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


これで後は、18番ホールでパーだったらハーフ36。
よーっし!と気合いを入れて打つと右!でもフェアウェイ。残り125ヤード。
しかも下っている。PWで軽く打つしかない。あれほど強く吹いていた風も、何故か収まっている。
で、狙い通り軽くドンピシャ!
バッチリ!なハズだったのに、打ち終わった後、風がすうーっと!向こうから吹いてきた。
えっ!?まさか!?
なんと、その風のおかげでショート!
残念なボギーとなってしまった。
結局、37のパット数16。トータル76のパット数33。
娘は86のパット数30。上さんは111のパット数34。
なんだかムカつくパット数だけど、娘は、そもそもこういうグリーンが合っているみたいである。
それはそうかも知れないが、私と上さんのパット数がほぼ一緒というのがあり得ない。
その上さんは「わあー、ぞろ目の111だぁ」と、またはしゃいでいた(笑)。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 猛暑だしクソ忙しいし、練習に行きたい訳ではないけど、最近少し食べ過ぎ。血糖値を減らすためにも練習に向かった。30球位でも打てれば打てたに越したことはないだろう。
まあ暑い。灼熱地獄だ。東北の秋田でさえもこんなに暑いというのに、関西だの九州だのは一体どうなっているんでしょう。車から降りるとブワーッと眼鏡が曇る。
さて練習。いつものようにストレッチから始めるのだけど、さすがに練習する人も少ない。大体、ストレッチを少ししただけで汗が出てきてしまう。
いつものようにPWから。驚いたことに、昨日より良くなっている。ボールは真っ直ぐ力強く、高く飛んで行く。へぇーと我ながら驚き。一日練習しただけでこんなにも違うものなのか。
続いてAW。こちらも良くなっている。打点が良くなっているのだ。
昔ほどではないにしても、打点が同じような所になっている。
2年位前、アイアンの調子が良かった時は、10球連続で打っても打点は1カ所にしか付かなかった。あれくらいの精度がなきゃピンそばに打つなんて事は無理なんだけど、今は無理っぽい。どうにもこうにも足腰が弱まってしまっていて、フォームが安定しないのだ。
 
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


だからトップが出たりダフッたり…でも今日は昨日と比べれば格段に安定性が出ている。
そんなに意識しなくとも、フィニッシュがピタリと決まって美しいフォームなのが分かる。
そんな練習をしている所に、私の後ろにご老人がやってきた。明らかに70は超えているご老人だ。
このご老人が面白い。
「しゅーっぽ」
打つ度に、そんな風に息を吐き出す。
しかも連続的に打つもんだから、「しゅーっぽ!しゅーっぽ!しゅーっぽ!」と、まるで汽車のようだ。
7番ウッドを器用に打ちこなしていて、真っ直ぐ120ヤード。同じ所に飛んで行く。
もう一人やって来た。私の前の前の打席なのが、年の頃は私と同じ位か、少し若い位か。
この人のドライバーも面白いので、ついつい見入ってしまった。
何が面白かって、ナイスショットとフェード気味のボールが交互に出ていく。どちらも力強く良い当たりなのだが、あれほど方向性に違いが出てしまうと、スコア的には苦労するだろうなぁと。
それに、興味を持ったのは、フォームとボールが真逆の結果になってしまう面白さ。
バックスウィング時に、トップの位置でくるりと手首を動かすと快打!
逆に、トップの位置を固めて綺麗に打つとフェード…よいうよりも右に突き抜けていく。
真逆の結果だ。
 
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


自分ではその辺が見えないから迷ってしまうんだろうなぁと。
やっぱり、ビデオで自分のフォームは見ておくべきだ。
どこかで、ちゃんとしたビデオを撮ってくれる所があったら流行りそうな気もするんだけど、たかがゴルフにそんなに金をかける人もいないのかも知れないし、それに、恐くて自分のフォームなんて見たくない人が多いのかも知れないし。
でもまあ、今の自分は比較的安定している時だから、家庭用ビデオで撮っておいた方が良さそうだ。特にドライバーね。
さて、お仕事しましょ。
本日は30球のみ。それでも汗かいた。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


部屋の温度が33度!
黙っていても汗が噴き出す。エコだの節電だのって言われても、その前に人間様が死んでしまいそうだ。という事でガンガン冷房をかける。デパートだの大型ショッピングセンターだのは律儀に国の定める節電を守るらしい。守らなければ罰金100万円!なのだと言う。それも、1回に付100万円だと言うから驚く。
かくして、昔なら涼むためにデパートなんかに入っていたのに、今年の夏は、外も暑ければデパートの中も暑い。なんか、だまされたような気分になってしまうのだが、中で働く店員さん達はもっと大変だ。
設定温度は28度で殆ど暖房に近い(笑)。しかも、建物の中は湿度が高くてボロボロと汗がこぼれ落ちる。
なんとも可哀想な状態である。
こんな規制をしていることを残念ながら一般の人はあまり知っていない。私にしても、罰金規定があると知った時は驚いた。全国民に、もっと知らしめるべきではないか。
ちなみに、節電対策上大きいのはエレベーターやエスカレーターを止めること。2基あれば一つ止めるだけでも効果は大きい。動力はそれほどエネルギーを消費するものなのである。
恐らく、無意味に暑苦しいショッピングセンターも登場すると思うが、その辺の計算が上手くできていない人が運営しているSPという事なのだろう。
まあ、この暑さ。もはやゴルフ日和とは言えない。
練習に行くことにした。久々の練習場である。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


心配なのがアイアン。
あまり練習してないとフォロースルーに入る寸前の腕のたたみ方がおかしくなってくる。
練習前のストレッチから始めると、それだけで体が汗ばんでくる。ん…どこもかしこも暑い。
体が動きだしたところで素振りから始める。
私の前の兄ちゃんが下手くそで見ないようにするのだが、ついつい目に入ってきて困ってしまう。
腰が先に回って、その腰を無理矢理止めて上半身だけで打っている。まあ、当たり損ないばかり。
何番アイアンで打っているのかも分からないのだが100ヤードも飛んでいない。
下手くその見本市のようなものだ。
後ろを見ると、娘も同じような打ち方をしている。
バックスウィングまでは完璧なのだが、そこからがいけない。
腰が先にくるんと回ってしまって、そこで腰を踏ん張らせる。遅れて上半身が別の生き物のようにして回ってくる。しかも、最悪に右半身主導でクラブをコントロールするものだから、力任せな振り方。必然的に右肩ががっくんと落ちて、頭の位置ががっくんと下がって、いかにも苦しそうに打ってしまう。
もっと素振りの練習をして(素振りのフォームは綺麗)、素振りと同じフォームで振れるようにならないと治りそうもない。
私の方はと言えば、思ったほど悪くはない。まあ、それなりなのだが、下半身が弱っているため、ついついフォームが崩れてしまう。
だから、一定した方向に飛んで行ってくれない。
たまにアウトサイドインも出てしまう。どうあっても、体がアウトサイドインの方が振りやすそうで、簡単に振れてしまうのだが、そうすると、ボールは左方向にキーンと流れてしまう。
良い当たりなのだが、方向違いに良い当たりでも返って迷惑な当たりである(苦笑)。
もう少しバックスウィングを縦振りにしてやらないと恐いのだが、その縦振り感覚の微妙さが難しい。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


まあ、その前にこの弱った足腰をどうにかしないと、スウィング中に前のめりになってしまって、またシャンクが出てしまいそうだ。
ドライバーは相変わらず良い。
狙った方向にドンピシャ。そんなに距離が出ている訳でもないけど、まあ、200ヤードも飛んでくれたのなら御の字。ヘッドスピードがもう少し上がらないとこれ以上は飛ぶもんでもない。
今日の腰の状態から言うと、余り無理はしたくないのだ。
最後にサンド。
足腰が強い時は、寸分の狂いなく打てるのだが、本日はダメ。
練習場のマットなら、多少の誤差は許されるのでドンピシャ80ヤードの看板が狙えているのだけど、本番の少し荒れたフェアウェイだったりラフだったら、確実に距離が狂ってるところだ。
まあ、全てはこの足腰の弱さ。
40球も打ったところで、膝から太股がぷるぷるとし出してしまった。
去年まではなかった現象なのだけど、この辺が今年イマイチ波に乗れない原因なんでしょうね。
アスリートじゃないしなぁ。スポーツマンもやったことないしなぁ。
勉強は苦にならないけど、スポーツは苦になる私なのであった。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


日曜日の朝、起きると外は既に暑い。
こんな暑い日にゴルフをやるバカなんているのかしらん、と(笑)。
でも、日曜日なのだから、上さんの健康のためにもゴルフはやりたい。
少し悶々とするものがある。基本、こんなキチガイのような日にやりたくなどはない。やるにしても楽な所でやりたい。
さて、どこでやりましょうか?と相談している内に、やっぱり森岳が良いんじゃないかと。いやいや、みんな森岳が気に入ってしまったようだ。それはそうだ。日曜日でも安いし、立派なゴルフ場に立派なクラブハウスだ、なんの問題もない。
但し、あそこはアップダウンがきつくて、こんな日にやったら倒れてしまいそうだ。
さて困った。そのうち、娘がとんでもないことを言い出した。「私、今日はやりたくないな」と。
おい、娘よ。それは我が家の娘ではないぞ。却下。
テルサで良いんじゃないの?と言う話になった。
テルサは確かに運動にはなるのだけど、ドライバーの使えないコースというのもなんだかなあ…と、またまた悶々。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


取り敢えず椿に電話して混み具合を確認してみると、「今日は混んでます。回るにしてもさくらコースですね」
と。
上さんが、「さくらーさくらで回ると安いみたいよ」と。
それはイヤ。いかにもつまらない。
ええい、しょうがない。行くにもやるにも楽な方が良い。もう一度電話。
「混んでますか?」「今日は大きなコンペが入っていて、つばきコースとさつきは満杯ですね」「じゃあ、さくらーさくらはOKなんですね」
こうなったらしょうがあんめぇ。行くとするか。
椿ゴルフ場へ着いてビックリしてしまった。駐車場が満杯!大盛況である。
こんなにもバカが多いのか…と唖然。そしておバカ3人が追加である(笑)。
さくらーさくらコースである。真面目にやる方がどうかしている。今日はゆっくりだ。走ったりしたら死んでしまう。
受付を終わって向かう途中にハンディキャップ表を見ると…あれ?当然自分のハンディキャップも載っているのだが…7.3!
えっ!?俺、何か悪い事した?
ハンディは、確か9,9に落ちて、その後10.8だか10.3に落ちて、うんうん、それが今の実力だ、なんて思っていたのだけど、7.3とは…。
なんとも嘘くさいハンディである(笑)。
イヤ恥ずかしい。なんでこんな事になるのか?
そもそもハンデなんてものは、10回の内5回72で回って、5回100で回っても、採用されるのは5回の良い方の72。そもそも、その計算方法がおかしくないか?
まっ、いいか。
もう、そんなにみっともないゴルフになることもないだろう。
なぜなら、今はドライバーが良い。佐藤先生の教え通り。少し不調になっても、すぐに矯正可能なのが良い。
という事でさくらコース。
まあ、今日は日曜日なのになんと遠いこと。ティショットが一段遠い所に切ってある。しょうがない。いくらドライバーが好調でも、バンカー越えを狙う訳にも行かず、そのバンカーの右の狭いフェアウェイを狙っての第一打はドンピシャ!うん素晴らしい。
1番は、ロングパットも決まって上々のバーディ発進。
2番も遠いティショット(なんの意地悪だ?)ながら、左バンカーに届こうかという当たり。但し、飛びすぎてラフ。そして、このラフがいけない。朝に一雨来たせいでゆだっている。ラフをスパンと綺麗に刈れそうもない。どう打てばいいのか?
まあ、迷ったらダメと決まっている。あえなくボギー。いやはや、せっかくのドライバーショットがもったいない。
但しその後は、楽々とパーを取り続け、途中で遅延プレイの女子グループに邪魔されながらも6パー1ボギーにまとめて37のパット数16。まあ、上出来。
そんなに良くもないのだが、ドライバーとパターは良さそうだ。
アイアンは、全部練習場通いが必要そうだ。
そういえば、最近は練習もしなくなってしまっている。…反省?無し!
さて後半。またしてもさくらコース。
やだなあ、めんどくさいなあ。汗は滝のように流れるし、シャツはビショビショ。汗でシャツが思い。パンツもぐっちょぐちょ。小便でも垂れ流したかのように気持ち悪い。ゴワゴワしている。それでも、熱中症対策でジュース類を飲み放題。
果たして、1番は4オン3パット!
7!
トリプル!
はいはい、この熱さで冷静さを欠いてしまってどうしようもありませんでしたよ。
この後もきっとこんなもんでしょうよ。
もう暑い!こんな日にゴルフをやるヤツはバカなんです。死にに来たようなもんだ。
ところが意に反して、2番から8番まで7連続パー。
イヤ、そんなつもりはないんだけど、とにかくドライバーが飛ぶもんだからゴルフが簡単なのだ。
最後は苦手な9番。どうあっても苦手なコースで、残り160ヤードも残ってしまった。7番アイアンなのだが、この熱さ(もう、暑いは通り越している)と疲れと汗まみれで、めんどくさくなってしまって7番ウッドで軽く打つと、どこに行ったか分からない。普通なら、高い飛球線となるはずなのだが、初めから見えない。
果て?どうしたものかと、グリーンオーバーなのかもと探したのだが、なんと娘が発見してくれたその場所は、残りまだ90ヤードのラフ地点。もう、笑う気力もない。
グリーンから、とぼとぼと戻って、そこから乗せて、またグリーンに戻る。
生憎とそこは上りで、いやはや脚が…完全にいかれてしまった。
1メートルのパーパットも外してボギー。
結局、後半は40のパット数15。
トータル77のパット数31は良いんだか悪いんだか。
娘も上さんも、後半は軒並みスコアダウン。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


ただ、一つ嬉しいことがあって、後半の途中6番ホールで4人組みのオジサン達が前を譲ってくれた。
これは嬉しかった。
さすが年の功。後ろから速い人が来たら譲ってしまった方が気が楽なのにね。最初のハーフの女性達は、勝手に慌てていたし、譲ることも考えつかなかったみたいだし、あれじゃあ、ゴルフは楽しめないでしょう。
ちなみに、譲られたそのホールって緊張します。
でも、私のドライバーはビッグドライブ。歓声が上がりました(エッヘン)。「力強いモンなあ」の声もあがりました(鼻高々)。続く上さんもまあまあ。
そして圧巻だったのが娘。バンカーを遥かに超えて、残り90ヤード地点。あまりに飛びすぎてしばらくボールが見つからなかったほどです。これは拍手喝采が起こりました。
ねっ、譲られる方も大変なんですよ。
まあ、取り敢えず体力消耗戦で疲れました。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 県北での仕事が入った。いや、無理矢理入れた。
秋田森岳温泉36ゴルフ場に忘れたゴルフクラブを取りに行くためである。朝一番のトップスタートの予約を入れさせて貰った。スタートは8時15分位。
ところが、朝起きてみると、あまりの体の辛さに全然やる気が起こらない。
「やりたくないなぁ」とボツリ。
娘も
「私も!」
うんうん、あのコースは疲れるんだよね。そう言いながらも約束は約束。朝の6時50分には家を出た。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


のんびりと行ったのだが、意外にも早く着いてしまって、7時50分頃にはスタート。
第一打、やる気がないのを見透かしたように、ティーショットはかなり遠い。日曜仕様とは違うぞ!と言わんばかりの距離の長さに閉口する。
大体、そんなに後ろに切られたら、どこに打ったらいいのか分からないではないか。
ティショットから見える風景は、右手に山、左手に崖というか林。フェアウェイまるで見えず。
まあ、でもこの間はあの山裾だったはず…と打つと、意外なナイスショット!狙った方向にドンピシャ!あらまあ、今日もグッドなスコアになってしまうのかしらん♪
ナイスショットのハズだったのだが、フェアウェイのどこにもボールは見つからない。
まさか!と、うねった傾斜のフェアウェイを行ったり来たりしている内にどんどんと足腰が疲れてきてしまった。
「あったーっ!」
と娘が探してくれたのだが、予想よりもずーっと手前のラフ。「なんじゃいな」とちょっとムッとする。だって、娘のボールは、私のよりも40ヤード位も飛んでいるのだ。おまけに、ボール探しで、一打目から疲れ果ててしまった。
結局、私は1番ホールパーだったのだが、被害を受けたのは娘の方で、疲れ切って傾斜に耐えられる足腰がなく5オン2パットのダボスタート。
娘よゴメン。
まあ、冗談抜きで1ホール目から疲れ切ってしまって、その後は足腰と上半身の連動が全く感じられないスウィングとなってしまった。
つまり、飛ばないのである。
この間までは、フェアウェイに立っている旗の意味がなんなのか意味が分からなかったのだけど、あれはどうやら、「前の人が旗を超えたら打って下さい」と言う意味らしい事が判明した。
それと言うのも、前回までは、その旗を楽々越えてしまっていたので、「そこの方向に狙って打って下さい」くらいの意味に考えていたのだ。
ところが今日は、その旗に届かない。それくらい飛ばない。
もっとゴルフに影響したのはアイアン。
残り80ヤードだろうと150ヤードだろうと、1クラブ長いのを持たないと届かないのである。
これは苦戦する。
結果、前半は42のパット数16。
娘が45のパット数18だったのでヘタすれば負けそうだった。
まあ、今日は負けても良い気分なのだけど、マスター室の人に「スルーさせて貰える?」と尋ねるとOK。
まあ、今日は勝っても負けても良いからさっさと終わらせたい気分だ。
で、INに行くと、前には4人組。
諦めた。ダラダラゴルフでも良いでしょう。一打目を打って娘と談笑していると、前の組から声がかかった。
「次で追い越して下さい」
はいはい。それは願ったり敵ったり。いい人達だ。
そそくさと終わらせて11番に行くと、そこはショートホール。157ヤード、下って登って砲台。
ん…1オンが難しそう。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


皆さんが見ている前で(これがちょっと緊張する。だって、7番アイアンは、方向性に問題ありのクラブなのだ)、でもまあ、難なく1オン。ん…ここもちょっと距離が長くなっていて平日仕様。
次いで、娘、こいつは本番に強いタイプ。ピンに向かって真っ直ぐ、少しグリーンオーバーは上出来。
でも、今日は人がいなくなってしまうと、緊張感がパーと失せてしまってどうにもならない。
12番ロングはダボ!
とにかく疲れ切っているのだ。
という事で、後半はダメダメゴルフの43。パット数は16。
トータル85のパット数32。
娘もガタガタで後半は50のパット数17。トータル95のパット数35。
な〜んだ、侮れないじゃん秋田森岳温泉36ゴルフ場!
但し、1ラウンドを2時間30分で終わらせてしまった。これはいくら何でも早すぎ。
「ご飯食べられますか?お風呂入れますか?」
答えはどちらもYESだったのだけど、できるだけゆっくりと行ってあげることにした。
と言うのも、沖縄ゴルフの時に、楽しみにしていたお風呂に行くと、「水!」だったことがあったのだ。
あんな思いはもうしたくない。我々は、何でもかんでもスピード違反なのだ。肝に銘じている。
ご飯をゆっくりと食べ、わざわざかき氷まで食べた。
そしてお風呂。
今度は「熱い〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」であった。
そこはどうやら、熱湯を注ぎ、その後冷水を入れて完成なお風呂だったらしく、私の右足はその犠牲となってしまった。全く、今でもジンジンいっている。
多少不愉快なのであったが、清算金額を見てニッコリ。二人合わせて1万500円位。
「安〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!」
なのであった。
そうそう、お先を譲ってくれた人達に娘が「ありがとうございました」と礼を述べると、相手の方々もニッコニコで応対してくれた。
うん、気持ちの良いゴルフ場だ。
お風呂のことは不問にしておきましょう(笑)。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今日は久々に少し天気がよい。梅雨の時期の束の間の晴れ間なのだから、こんな日はゴルフにでも行きたいところなのだが、残念ながらゴルフクラブがない(笑)。
ゴルフクラブは、あのまま秋田森岳温泉36ゴルフ場にある。いつか取りに行かなければいけないのだが、行ったら行ったで、そこはゴルフをしてくるのが礼儀というものだろう。
それにしても、初コース、しかもドッグレックの多いコースで、いきなりの76なんて言うスコアが出るとは想像もしてなかった。ただ、考えてみれば、先回の森岳温泉コースの初ラウンドも81という好スコアだった。今回の秋田コース以上にアップダウンが激しく、ドッグレックだらけで前が見えず、しかもグリーンはほとんど砲台という難コース。にも関わらず81というスコアはできすぎであった。
よほどこの秋田森岳温泉36ゴルフ場とは相性が良いのか、まあ、好きである(笑)。
ただ、好きという理由の大部分が、とても運動になるコースだからである。昨日も説明した通り、打って、カートを降りて急坂を下りて、打って、また急坂を登ってカートへ戻る。これがじわじわとかなりキツイ。
 
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


私は1回で済むが、娘だと2回になるし、上さんだと4回にもなってしまう。これはかなりの運動量になってしまうのだ。
先回の森岳温泉コースの時は私はそんなにも気にならなかったのだが、今回の秋田コースの時は、待ち時間が多すぎて、私も途中でカクンと来てしまった。
一度来てしまうと、その後はもうどうにもならない。疲労がどんどん蓄積されていってしまう。
娘の最後などはもう、どうにもならないフォームで頭の位置が上下に20センチも沈みこむフォームで笑ってしまったくらいだ。
という事で、娘のスコアも良い、私のスコアも良い。だとすれば、このコースはそんなに簡単なコースなのだろうか?
娘曰く、
「女性に嬉しいコース。私でも簡単に2オン狙える♪」
と言うのだが、そりゃあ、娘のドライバーは、常に真っ直ぐで、しかもランランランのずるっこボール。特に森岳温泉コースは下り坂が多いので、驚くほど飛んでしまう。
楽なはずだ。
 
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


私にしても、ドライバーのスウィングフォームを佐藤先生の教え通りに改造してからは楽になっている。
真っ直ぐ飛ぶし、それなりに距離も出る。パーオンはオーバーに気をつけなければいけないほど簡単だ。
そんな人にとっては、ここのコースは楽という事になるのだろう。
但し、いったん曲がり出せば、ここのコースはどこまで崩れるのか訳分からん程の恐怖が待っていると思われるのだが。
皆さんの感想をぜひ聞きたいところだ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


我が家の日曜日はファミリーゴルフと決まっている。上さんの体調が落ち始めてからそう言う事に決まった。健康そのものだった上さんも、50を過ぎてからはがくっときてしまった。1週間に一度のゴルフの運動はそれなりに効果があるかも知れない。
まあ、いわば上さん孝行だ。
今度の日曜日は(昨日の事)どこに行こうかと考えたあげく、秋田森岳温泉36ゴルフ場が良いのではないかと考えた。いかにもゴルフ場らしいゴルフ場だし、ご飯は、まあ食べられない事はないし(実際、もう少し美味しければ言う事はないのだが)、温泉のお風呂にも入ってみたい。
ゴルフをやって、ランチを食べて、お風呂に入って…という実に当たり前のゴルフの風景なのだが、実は我々は、そう言うゴルフを余りやらない事にしている。つまり、ランチもお風呂もやらないのが普通なのだ。
予約をすると、今度は秋田コースだという。秋田コースと聞いてちょっと緊張が走る。
秋田コースは、全長7032ヤード、JGAコースレート72.8だ。
JGAコースレートの72.8なんて、他に秋田のコースであったろうか?ちょっと思いつかない。
距離がやたらと長いという印象なのだが。
 
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


朝の6時半には起きて準備万端、高速道路に乗って秋田森岳温泉36ゴルフ場に到着。
上さんは「へえー」と驚く。
「もっと田舎くさいゴルフ場かと思った。クラブハウスも立派だし、コースも本物じゃない!」
うんうん、来て見なきゃ分からないもんだ。
8時34分のスタートだったのだけど、見ると、我々のカートの前には誰もいない。果て、どうしたものか?
カートを運んできたお嬢さんに、「少し速いけど、出ていい?暇だし」と言うと、そのお嬢さんは(この子が結構可愛い。きりりとしていて頭も良さそうだ)、「先の人達がまだそこにいますけど…」「えっ、いる?」「えぇ、あそこに、あっちへ行ったり来たりしてますね」と。
ちょっと困った顔をしている。
なんたって、彼らはティグランドからそう離れていないところで右往左往しているのだった。
まあ、そのお嬢さんの許しを得てティグランドに出たのだけど、確かに前の組の彼らはゴルフ初心者らしく右に左に走りまくっている。
「ん…今日は大変な一日になりそうだ」
まあ、それは覚悟の上。のんびりやりましょう。元々秋田森岳温泉36ゴルフ場は他人の家。遠慮しながらやるしかない。
初めてのコースなのだから、前の人達の打つ場所を見て参考にしたかったのだが、とても参考にできるレベルではなさそうなので、今日はスコア計算などできそうにもない。
案の定、スタートホールはボギースタートとなった。この間の森岳温泉コースに比べれば優しいような気もしたのだが、2打目を軽くオーバーしてしまった。
どうせ前が遅いので2番からは慎重なゴルフを始めた。今日はドライバーの調子が良い。フェアウェイウッドも綺麗に打てるし、アイアンも悪くはない。但し、距離感がまるで分からないので、2オンの自信はイマイチなのだが…。
それでも、2番でロングパットを決めてパー。そこからは順調に5連続パー。全てパーオン2パットと言うからやけに好調だ。
そのうち気がついた。コースが優しい。距離が日曜日仕様なのか、とても優しく短くセッティングされているのだ。
普通に打っていたら2打目はショートアイアンになってしまう。そんな感じだ。
しかも、森岳温泉コースと違って、そんなに砲台グリーンがある訳でもない。パーオンしやすいのだ。加えて、恐怖感をあおるようなコースもあまりない。
これは楽〜♪という事で前半は思いがけず38のパット数16で終了。
上さんもパーを3つも取れて大満足そうである。上さんのスコアは、娘と並ぶ46であったから上出来である。
ニッコニコの昼食会となった。
元々、この秋田森岳温泉36ゴルフ場は女性には優しいコース設定になっているような気がする。
娘曰く、
「女性でも楽に2オン狙えるのが嬉しい♪」という事らしいのだ。
とまあ、楽しいランチタイムとなった。
さて後半戦。前半のスコアが良かっただけに、後半に向かって意気も上がるところなのだが…どうにも疲れてしまっている。
 
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


先ず、こんな風にして中途に休みを入れるゴルフなどした事もない。加えて、なぜか秋田森岳温泉36ゴルフ場というところは疲れる。それは、この間もそうなのだが、待ち時間が多いせいで筋肉疲労が来てしまう事が原因かと思われていたのだが、それにしても疲れすぎ。
私にしてみれば、せっかく38のスコアなのだから、後半戦次第ではとても楽しみなスコアになりそうな気がするのだが、どうにもその気にならない。
さて、後半のスタート。前の組は相変わらずのドタバタだ。3人が3人ともドタバタなのだから、これはもう諦めるしかない。だから、30分以上も間をおいてのスタートだったのだろうけど、30分おいたところでどうにかなる訳もなく、加えて、後半は、その前に4人組がいる。
私自身は連続パーオン2パットの連続パースタートとなった。今日は好調なのである。加えて、2打目は高いボールを出してグリーンに止める事ができている。
そうは言っても、ピンポジが分からないケースもあるし、乗せれば良いというゴルフなのでバーディなんてくる気配もない。
12番パー4でボギーを出してしまった。疲れてきてショットがぶれだしたのだ。13番ロングもいよいよ怪しくなって、ドライバーが右へ出始めた。全く、前半はフェアウェイキープ率100%だったというのに、後半は人が変わったようにぶれ始めた。
その点は、私よりも上さんと娘の方が酷い状態で、明らかに疲れ切っている。フォームが崩れてきているのだ。
13番ロングはドライバー失敗。2打目失敗…なのだけど、3打目の5番ウッドで取り返してラッキーな寄せ1パーとなった。
ラッキー♪と思ったのも束の間、14番でまたしてもボギー。明らかにドライバーが不調となった。
5ホール終わって2ボギーでは、気分も諦めである。
それに、ここら辺で皆の顔がゆがみ始めた。疲れているのである。
待ち時間が多すぎる。一体何時間かかるか分からない位時間がかかりすぎている。
それは、明らかに経験した事のない時間帯だ。
それでも、のんびりと時間は流れていく。
まあ、諦めよう。
今日は運動しに来たのだ。
待っている間も、私はストレッチで体を伸ばしていた。
それが功を奏したのか、15番からドライバーが蘇り始めた。100%ではないが、そんなにもぶれない。
フェアウェイさえ捉える事ができれば、今日のアイアンならいける。
別にスコアを狙えるような状況ではないが、15番からは4連続パー!全てパーオン2パットであった。
結局、後半も38のパット数17。トータル76のパット数33は、多分今期最高スコアなのかも。
娘は、46ー46で92。上さんは46−51で97。上さんは100を切ったのだからニッコニコである。
「ここ素晴らしいわ♪また来たいわ」
ゴルフ場らしいゴルフ場で100を切ったのがよほど嬉しかったらしい。
で、その後お風呂に入ってスッキリ♪皆大満足である。ニッコニコして清算すると、上さんと娘の料金は5500円!これにも上さんはビックリ!
「えっ、ご飯食べて5500円って、これなら高速使ってもお釣りが来るわ♪」
いやいや、ご飯代、その他諸々は全部私が出しているんだけど、それでも、3人合わせて22000円位は安い。しかも日曜日だ。
ニッコニコ。
後半は2時間30分もかかって少し閉口したけれど、まあ、そう言うのは諦める事としましょう。
ニッコニコ。
帰りの車中、「なんでこんなに疲れるんだろうね」という話になった。まあ、ゴルフしたぁ〜って感じになって良いんだろうが、私よりも娘達が疲れている。
「あのさあ、お父さん76だよね。私が92だから、差が16。という事は…」
はっと気がついた。
「それだ!16回多く振っている事は大したことないけど、あそこは、カートを降りて急坂を下りて、打って、また急坂を登ってくるのがきついんだ。つまり、俺よりも16回も多く上り下りしてるんだ!」
秋田森岳温泉36ゴルフ場のコースを思い出した。
あそこの1打を打つために上り下りする形状はかなりキツイ。やっている最中に「ここは、次来た時にはカート沿いに打たなきゃ」なんて冗談で言っていたが、まさにそう言う事なのだ。
なるほど、それは疲れるはずだ。
確かに、私と娘では、1ホールに付き1打は確実に違ってしまう。上さんとでは約2打。その分、あの急勾配を上り下りとは、そりゃあ確かにキツイだろう。
でも、その分「ゴルフしたぁ〜」感はある。
問題が起こった。家に帰って、さあー、ゴルフバッグをおろしましょう♪とトランクを開けると、なんと、中身は空っぽ!
はあ〜!?
トランクを積み忘れたのである。
あまりに楽しいゴルフで、3人が3人ともゴルフバッグの事はしっかりと忘れてしまっていたのである。
お粗末。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】