2011年10月アーカイブ

 パーゴルフという雑誌を愛読している。
愛読はしているのだが、技術的なものは殆ど全くと言っていいほど見ないことにしている。
見てもロクな事にならないという事を体感しているからだ。
当初はよく読んだ。「○○プロのドライバー飛ばし術」なんて物があると、食い入るように見て真似をした。
上手くいかない。
それどころか、自分の中で培っていたものが全て壊れていくような瓦解感。
「止めた止めた!元に戻そう!」としても、元がどうだったのか?体がさっぱりと忘れてしまっている。
そんな事が何度も続くと疑問が生じてくる。
○○プロって誰や!大体、皆が皆、同じフォームってあり得ないだろ?体型も違うだろうし、筋力も違って当然だろ!?だったら誰のための理論なんだ?
一体、どんな人に合う理論なんだ!?って疑問。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


答えは当然、その○○プロのための理論に決まっている。
元々、プロが必要とする理論なんて素人のひ弱な人に合うはずもない。
例えば、アプローチの仕方でも、「女子プロ達のアプローチ」みたいな特集があった。
10人位もの女子プロ達が、皆それぞれのアプローチのテクを紹介している。
つまり、読者は、その中から自分に合った方法を選べ!という事なんだろうけど、それって、拡大解釈すると、ドライバーの時はどうなんだろう?
「飛ばしの技術」を教えてくれる○○プロ。
その人は誰に教えている?
逆に考えて、自分が人に教える時に、相手がどんな体格か運動神経の持ち主か、どの位の経験かも分からずに教えることなんて考えるだろうか?
つまり、ゴルフ雑誌のやる事なんてそういうこと。
とても無責任な話なのだ。
多分、90台以上でしか回れない人には少しは役に立つ。
でも、80台で回る人には毒にしかならない。
私は、80台で普通に回れるようになってからは、そう言う記事は一切見ないようにしている。毒にしかならないからだ。
それでもパーゴルフという雑誌を愛読している(笑)。
一体何を見るかというと、技術論以外の記事(笑)。
つまり、カラーページ特集の殆どは見ずにモノクロページを愛読している。
色んな人のゴルフとの関わり方を見てるのが楽しいのだ。
そんな私なのに、つい、見てはいけない技術論を書いている坂田信弘の記事に目を止めてしまった。
有名な坂田塾の会長さんである。
この人は漫画でも難しいことばっかり言って、結局はクソの役にも立たないのだけど、
「50才を超えたら揺すりスウィング!動かせるものは何でも動かせ!スエーしても構わない!」
という言葉が目に飛び込んできたからである。
これって自分の事じゃないか?
最近、体の不調が目立つようになってきたし…そう言えば、昔良く飛んでいた時は、膝を動かして打っていた時だ。
あの時は良く飛んだ。
「何でも動かせ!」
って、まさかそんな訳にもいかないだろうけど、ニーアクションは少しくらいあっても良いのではないだろうか?
どうなんだろう?
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


私はまた引っかかってしまうのだろうか?
 
ん…ちょっと整理しましょうね。
?ゴルフ雑誌で書いている技術論はあなたのためのものじゃない。
?でも、50才を超えた体は、若い人のようにあちらこちらが自由に動く訳ではない。
?よって、本来動かしてはならない部分を動かさないことにはボールは飛ばない。
?つまり、50才を超えた体では、綺麗なフォームは望めない。望まなくて良い。
と言うことでいいのかな?
ホントかおい、坂田。
その理論で大丈夫なのか?
私は、明日からニーアクションをしてスウィングしてしまうぞ。
責任取れよ!
って、責任とる訳ないよな(笑)。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 今日は温泉へ行く事にした。

一応、昨日「明日のゴルフは?」と聞かれたのだけど、
「これで行ったら、体が再起不能になるだろう」と言うと、
「そうだよね。私も実はきついんだ。じゃあ、明日は温泉だね♪」
と、あっさりとゴルフに行かないことが決定してしまった。
まあ、どうせ天気予報は雨だし、まあ、いいのか…と。
果たして、朝起きると奇跡が起こった。
左足臀部の痛みが綺麗になくなっている!
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


「おいおい、痛くないぞ。なんだこりゃあ」
もっと長引くかと思っていたのだけど、どうしたことか?
思い当たるのはマッサージ。久々に2時間位もマッサージ機でマッサージしていた。
直接、その痛む臀部に当たる訳ではないけど、体の芯が真っ直ぐになるような感覚が良かったのかも知れない。
お昼頃になって、森岳の温泉へと出かけた。
すぐ近くに森岳温泉ゴルフ場があるというのもいまいましいのだけど、ここは、この間入ったら意外に効いたのでまた入りたいと思っていた。
特に娘が、「温泉でお肌つるつるだし、岩盤浴でデトックスしたい♪」という強い希望があった。
入浴料は、温泉と岩盤浴の両方で一人1.000円と意外に高い。
先ずは温泉からなのだが、こちらは実に良い。
塩分の強い温泉で、かなりの苦みを感じるほどだ。同じ森岳温泉でも、先日入ったところとは、少し成分が違っているようだ。
塩分の強い温泉なので温まり感が強く、なかなか湯冷めもしない。汗が噴き出す。
じっくりとその温泉に浸かる。
その後は岩盤浴だ。
女性用と男女兼用の二部屋があるのだが、私は心臓病があるため、一人で入る訳にもいかない。
上さんと娘にも男女兼用部屋に入って貰って岩盤浴を体験することにした。
まあ、サウナみたいなもんで、男からするとそんなに珍しいモノでもないのだが、女二人は随分と喜んでいる。
サウナと違うのは、温まっている岩盤の上に寝転がるのだから、先ずは直に体が温まる。
体内の代謝が良くなったところに外からな熱が加わって…だから、サウナよりは効果的ってことらしい。
女二人は、この岩盤浴がえらく気に入ったようで、随分と長くやっていたが、私の方はやはり長くは体力が保たない。
早々に温泉の方に逃げて、私は私で温泉を楽しんだ。
珍しく2時間位もいただろうか。
おかげで、男子ゴルフの中継を見逃してしまった。
まあいいっか。石川遼はまた優勝できなかったようだし。
今年の石川遼には「運」がないな。
世間的にも恋人のことで逆風が吹いてきているようだし…でもね、ほっとけって言うの。
女性誌が追いかけて今回の問題に発展したらしいけど、マスコミっていうのはヤダね。
自分たちのやることは何でも正当化されると思っているようだけど、それはマスコミの奢りでしかない。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


そう言えば橋本知事の一件も…マスコミが恣意的に動いていいもんなのかね。
それで自分たちに正義の心なんてあると胸を張って生きているとしたら、それこそ気持ちの悪い話だわ。
橋本氏のツイッターを見たけど、まあ、彼は頭が良い。その無念さも怒りもマスコミ批判も理解できる。
好き嫌いは別にしてね。
ただ、丸山さんにはビックリだね。
今頃出馬したいって、それは人としてどうなの?
理解不能な範疇外の人だわ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 夜には久々のお散歩をした。

やはり歩くのは良い。少し歩くと体が真っ直ぐになって、痛んでいる左足の臀部の痛みも感じなくなってスイスイと歩けるようになった。
おっ、これならゴルフもできるのかな?なんて思ってしまうのだが、それはムリというもの。
お散歩は通常の1/3くらいの距離で止めておくことにした。
娘も「体弱ってるわ」と愕然としている。こんな時にいつも健康でパワフルなのは上さんだ。
全く、いつからこんなにパワフルな女になってしまったのか(笑)。
結婚した当初は、163センチ50キロくらいしかないスリムな体だったのに、45を過ぎた頃からムクムクとと体が大きくなってきてしまった。一体、今何キロなんだか、聞いても教えてはくれない。
いやいや、聞かない方が良いのだろう。なんだか、聞くのが恐ろしい気がする。
なんとか階段を歩けるようにはなった。但し、動きにひねりを入れるのは厳禁。
試しに素振りのまねごとをしてみると…これが振れそうなんでビックリ。
行くのか?
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


いや、行ってはいけません。なんだか取り返しのつかないことが起こりそうな気がする。
それほど今回はやばそうな気がするのだ。
ヒアルロン酸でも足りないのだろうか?
まあ、健康な人は、今日は絶好のゴルフ日和ですね。きっと楽しくプレイしているんでしょう。
ふん!どうせ混んでいるんだろうから行ったってイライラするだけなんだけどね。
羨ましいったらありゃしない(笑)。
考えてみれば、ここ数年、この一番良い時期にゴルフをしていない。
大体は夏の過酷なゴルフで体を壊しているのだ。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


まあ、年も年だと言うことなんでしょうね。ゴルフをやっていると「老い」を感じることが多くなった昨今です。
明日は、ゴルフは止めて温泉にでも行ってきましょう。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 新しいクラブで快打連発!連発!連発!

となればどんなに格好良かったものか…つくづく残念な結果であった。
やはり漫画のように行くものではない。いや、最近の漫画はそんなに単純でもない。新たな試練を与えて読者を引きつけようとする。
夢も希望もある若者には、たっぷりの時間が余っているのだから、多少の苦労はつきものでも良いのだろう。
ところが、こちらにはそんなに先はない。
実はゴルフの練習に行く前に今度は仙台からのお客様が来た。
この人は随分と久しぶりである。私の中では6〜7年前から行方不明になっていた(笑)。
見ると顔つきが情けない。随分と老けて、顔は既におじいちゃんだ。
顔つきが情けない時、人は何か良からぬこと、いやつまり、情けないことを考えている。
長い前置きのような説明が始まった。
日本を代表するD社という大企業に関連する企業に部長職として転職したばかりだという。
しばらく話を聞いていたのだけどさっぱり要領を得ない。
「Tさん、私に何か頼み事があってきたんでしょ?率直に言っていただいた方が良いですね」
そう言ったのだが、それでも彼の話は要領を得ない。
人間、情けないと真っ当さから更に離れて行ってしまう。
「Tさん、私は一体どんなお役に立てるのですか?」
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


再度尋ねると、彼はようやく観念したかのように、仕事の内容を具体的にし始めた…し始めたのはよいのだが、どうも彼自身、今の会社の仕事内容を把握してないようなのだ。
「話は大体分かりましたけど、D社の仕事というのであればムリですよ。D社の仕事は高いです。通常の2倍くらいもしますよ。おまけに、その事業内容に書かれているような内容は、D社はしないはずですよ。そんな細々した仕事は、全て子会社に回さなければ採算が合わないはずです」
Tさんはここであっけなく観念したようだった。
諦めるのが異常に速い。私をだませるとでも思っていたのだろうか?だとすれば彼の人生はあまりにも希薄だ。
一つの例を出した。
「私の親戚で60を過ぎた優秀な頭脳の人が転職を繰り返しているんですね。先日会ったら、勤めて間もない会社の社長に意見したと言うんですよ。(それはあなたにもありそうだ)私からすればとても不思議な話でね、うちの会社で60を過ぎた人を雇用したとして、その人の意見を私が直接聞くかどうかと言うと、まあ、私は聞かない。不思議な話もあるもんだな、と。話は続いて、社長と意見が衝突したと言うんですよ。(それはあなたにもありそうだ)これまた不思議な話で、私は社員の意見・感想を聞くことはあっても、意見交換などはしない。ましてや、60を過ぎて入社したばかりの人生の失敗者と思しき人間の意見を聞くことなど絶対にあり得ない。でも、喧嘩になったという。社長と60を過ぎた新参者との喧嘩?ちょっと考えられない。そんな社会の常識を知らない60代に興味も関心もない。普通に考えて、即クビでしょう」
この話が終わると、Tさんはますます情けない顔に磨きがかかった。
そして、サラリーマンの禁を破った。
現社長に乞われてこの9月に入社したばかりなのに、1ヶ月で態度が豹変してきたこと。泣きそうな顔をしている。
前に勤めていた会社時代の取引先にすがるようにして貰ってきた仕事をバカにされなじられるような苦痛の毎日。入社前とは話があまりにも違いすぎること。
帰り際、ふと気になって私は彼の年齢を聞いてみた。
その年齢を聞いて驚いた。
58才。
私と同学年である。
見た目は私よりも一回り位も違って見える。いや、マジで。
彼が老けすぎているのか、私が若すぎるのか。
暗澹たる気持ちで昨日のゴルフ練習へ行ったのである。
練習して帰って、少し仕事をした。
そして立ち上がると、
えっ!?
立ち上がれない。
左の股関節、いや、付け根の外の部分がいう事を聞かない。
歩くことすらままならない。
階段をやっとの思いで上り切った。
そう言えば、左腕も軽く痛んでいる。
あれ?何球打ったっけ?
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


確か100球近くも打っている。それも殆どドライバー。
確かにドライバーの100球は打ちすぎだ。
練習中はなんの変調もなかったのだが、いやいや、終わってからだってなんの変調もなかった。
椅子に1時間位も座ることで下半身の血の流れを止めてしまったのか。
いやはや、これが老いと言うこと。
そこから私は歩くことがままならなくなってしまった。
夜には上さんと娘に交互に指圧して貰って、ようやく歩けるようにはなったのだが、朝起きると、今度は全身が痛んでいる。
こういう年になったら、ドライバーの100球はいけませんね。
逆に、ドライバー100球打てる人、まあ、殆どの人が大丈夫なんでしょうけど(笑)、今のうちにシングルになっておいた方が良いですよ。
ともかく、今夜からお散歩復活です。
…歩けるだろうか?



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 新しいクラブで快打連発!飛距離260ヤード!

そんな事になったならどんなに楽しいだろうと思うのだが、現実はそんなに上手くはいかないのだと思い知る(苦笑)。
260ヤードを少しは期待してしまったのだが、そんな自分がなんとも浅はかに思えるこの現実。
気分は少しウキウキしていた。
一体何ヤード飛んでくれるのだろうと。
十分なストレッチをし、いざ!
いやいや、バットを振らねば。
気もそぞろである。早く打ってみたい。
そんな気持ちがあったのか、今日はバットが上手く振れてない。
腰の入りが悪いし、左手手動にもなっていない。どうしても右手がじゃまをしている。
かといっていつまでもバットを振り回してもいられない。
納得のいかないまま新クラブを手にした。
違和感はない。昨日と同じだ。手に持った感じが軽い。上手く振れそうだ。
そしてジャストミート!
10.5度のロフトだ。少し高めにボールが出ている。でも感触は十分だ。球筋も良い。
飛んでくれると思ったそのボールは、真っ直ぐに…いつもの所に落ちた。
えっ!?
その驚き。いや、本当に驚いた。
こんなにスムーズに振れて、球筋も良くて、それでいつもと同じ!?
愕然としてしまった。納得がいかない。何度も何度も打ってみたのだが、飛距離が伸びたという現実はそこにはない。
ただ、方向性は抜群だ。
言い方は変だけど、ドライバーなのに狙ったポイントから3ヤードとずれてはいない。
いやいや、そんな事はどうでもいい。飛距離が伸びてくれないことには意味なんてないのだ。
鉛を貼って試してみるべきだろう。
ヘッドの下に5グラムの鉛を貼って試してみると、今度は飛距離が少し伸びたのだが、ボールの方向性がグチャグチャになった。
グチャグチャなのは、たったの5グラムがトップの位置の安定性を壊し、ダウンスウィングの軌道を壊しているからだ。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


この5グラムの影響が凄い。
たったの5グラムなのにボールをジャストミートする前に地面を叩く有様。
どうにもならないので、ヘッドの下に貼った5グラムを剥がして、今度はグリップの下に5グラムを貼ってみた。取り敢えず色々試してみなければいけない。
これは効果あった。少し飛距離が伸びて方向性が少し不安定になっただけ。
しばらくこの状態で打ち込んでみたのだけど、なんとか操れそうだ。
だけど、飛距離に満足感はない。
更に改良。ヘッドに、今度は2.5グラムの鉛を貼る。
これで少しクラブの重さを感じる。
これが最後。これで上手くいかなかったら、もうどうしようもない。
慎重に構える。何か少し違和感を感じる。
体に向かう方向のベクトルを集中させて一閃!
ようやく飛距離は10ヤードくらいも伸びた。
たったの10ヤードか。
まあ、がっかり(笑)。
その10ヤードのために方向性を5ヤードくらいも無視するのか、それとも、10ヤードを捨てて方向性重視のクラブにするのか。
それが迷いどころだけど、考えてみれば、以前と同じくらい飛んでくれて、方向性バッチリなら、それはそれでかなりの進化なのかも知れない。
かなりのガッカリ感があるのだけど(笑)。
もう一つ。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


ロフトの10.5じゃなくて9.5ならどうなのだろう?
もう10ヤードくらいも伸びてくれそうな気がするのだが。
まあ、上手くなったらなったで随分とめんどくさいもんだ。
5グラム違っただけでボールに当たらなくなるなんて。
そんな大袈裟な!と思っている人、冗談じゃありませんよ。
私は今日、5グラムの鉛を貼って、実際に空振りなんてものを経験してしまったのだから(笑)。
自分でも信じられなかったのだけど、スウィングがある程度固まっている人というのは、多分、クラブに自分を合わせようとは思わない。
スウィングが固まっていない人は、クラブに自分を合わせることに躊躇しない。
その辺の違いなんだろうと思う。
とはいえ、これから新シャフトに合わせたスウィングをじっくりと作っていかねばならないんだけどね。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 朝、何気にテレビを見ていて驚いた。

どのチャンネルをひねっても、民放は全て通販番組なのである。
いくら何でもそれはつまらない。
それはそうと、このサイトが連日の2万件越えを果たしている。学生のイケメン男子を集めた「イケメンKING」というサイトを立ち上げたら、そこにアクセスが集中しているのだ(笑)。
面白いものだ。
今時は誰でもイケメンになってしまう。我々の時代、イケメンはあくまでイケメンだけのものだったのだけど、今は誰でもイケメンになれてしまう(笑)。
テレビ番組であっちのチャンネルでもこっちのチャンネルでも、どこをひねっても漫才タレントが跋扈しているこの時代、そこにはなんたら(どんな)顔でもある。
どんな不細工顔でも出てくるのだから、世の中の男性は幸せである。
こんな時代だったら、私でもイケメンの端くれに入れたかも知れない(笑)。
まあ、不思議なもので、見慣れてくると、不細工とはどういうものだったのかさえ分からなくなってくる。
イケメン男子30人、見たい方はこちらをクリックして下さい。
さて、いくら何でもせっかくシャフト交換したドライバーをいつまでも放ったらかしにしておく訳にもいくまい。試し打ちくらいはしなければならないだろう。
朝から青森からの来客があり、この人は随分と久しぶりだったので、ついつい長く話し込んでしまった。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


この春に社長に昇格しためでたい人物である。
2時間半話しても、話が尽きることもなかったのであるが、残念ながら病院の予約の時間となってしまい、病院へと向かった。
この病院が長い。医者とたかが10分くらい話して大量な薬を貰ってくるだけなのだが、それだけのことに3時間位も掛かる。おまけに、診療代と薬代を合わせれば2万円位も掛かってしまうのだから、貧乏すると医者にもかかれないことになってしまいそうだ。
ゴルフの練習場は、その病院から車で5分くらいの所。
到着したのが夕方の4時頃でうっすらと闇が迫っている。
風が強く肌寒い。体が動くかどうか心配だが、体を壊さないようにストレッチから始める。
最後に、これもシャフト交換時に購入したゴルフスウィング用のバットを振る。
自分用に予約しておいた物なのだけど、これがなかなか良い。
4〜5回振るだけで、腰の入れ方と左半身で打つというこの2点を体が思い出してくれる。
右手なんかどうでもいいんだよ、という事を確認して、早速新ドライバーを持った。
シャフトの色感が派手だ(笑)。少なくても私の好みではない。
なんともこっ恥ずかしいシャフトなのだ。でも、これしかないのだと言われれば納得するしかない。
持った感触に違和感はない。
素振りを2回。違和感は無し。
前に使っていた物よりも7グラムくらい重くなっているはずだが、負担は感じない。
さ〜てと。
素振り一閃!
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


スムーズに振れたそのボールはジャストミート!
どこまで飛んで行ったのかは分からないが、少なくとも真っ直ぐに飛んでくれた。
球筋もアゲインストにもかかわらず力強い。
夕闇が迫っているため、ボールが落ち始めると見失ってしまうため落下地点が分からないのは残念だけど、感触は抜群である。
何が良いのか、細かいことは分からないのだが、とにかくバランスが良いため振りやすい。
多分、偶然自分の体、筋力にフィットしているのだろう。
何度打ってもジャストミートしている。
5〜6球も打つと、ほぼ自分の狙い通りの方向に行くようになった。
いや、方向は初めから申し分ない。
狙う方向を定め、しっかりとアドレスを取り、少し薄めにダウンスウィングを取り、フィニッシュをしっかりと作ってやると、ボールは力強く狙った方向に飛んで行く。
つくづく何ヤード飛んでいるのか分からないのが残念だが、これはいきなり実戦で使えそうである。
少なくとも、今までのクラブよりは良い。
ちなみに、シャフトはDJー6のS。中先調子。46.25インチ。
トータルウェイトは307.5グラム(鉛を5グラム×2貼っていての重さ)から314.6グラムに変わった。
バランスはD3からD2に変わった。
ちょっと複雑な話なのだが、二木ゴルフの店員の提案で、新しくクラブを購入しないで、使っていない前のレガシーのクラブヘッドを使い、そこに新シャフトをはめ込んで貰った。
もちろん、その方が安上がりなためであるが、どんなシャフトが合うのか、それは二木ゴルフの店員さん自体も疑心暗鬼なため、古いヘッドを使ってみましょうと言うことなのだ。
但し、古いヘッドのロフトは10.5度(現在は9.5度)。
その点は引っかかったのだけど、まあ、お試しと言うことで我慢。
そのお試し価格が33.000円なのだからお得だ。
プロじゃあるまいし、自分に合うクラブを求めることなんぞ殆ど不可能なことだけに、このクラブは、なんだか「出会い」のような気がする。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


久々にシングルさんがやってきた。
この人は私に美術品を売りに来るのだけど、最近はさっぱり買ったこともない。
何故買わないのか?
それは、この人から買ってもさっぱり得がないから(笑)。
数年前までは、年間5〜6百万円位も買っていたのだけど、さっぱり得がないので買わないことにした。
どうやら、このシングルさんは、その辺のところに疎いらしく、何故私が買うことがなくなったのかさっぱり分からないらしい。
まあ、私からすれば、何の得もない人から買うよりは、例えば伊勢丹の新宿支店長などは、私の古くからの友人だから、そっちから買ってあげた方が良い。
まあ、その辺を本音で喋ることはないのだから、来れば適当にあしらうことにしている。
ごめんね。
でも、ハッキリ言って不毛な時間というのは、こちらにとっても面倒なのだ。
「随分と久しぶりだね」と私。
続けて少しからかってみる。
「あれ?Kさんまだ退職してなかったの?」
「もう少しですね。来年60になりますから、来年なんですよ」
「じゃあ、来年からシルバーティだ(笑)」
「実は先日、椿台CCに行きましてハンディキャップの更新表を見たら、4.6から6.1になっているのを見まして驚きました」
やっぱりそうきたか。何とも恥ずかしい。
「あぁ、あれね。恥ずかしいよね。何とか下げようと思って行ったんだけど、なかなか下がんないよね」
「いやいや大変なもんですよ」
「いや、だって、皆さんあれ見たらどんな凄い人かと思っちゃうでしょうよ。私は本当に大したことない。だってKさん、私のドライバーって230ヤードしか飛ばないんですよ。だから、レギュラーティでしかできないですよ。あなただって、レギュラー限定だったら、どうですか?」
「ん…」
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


「いや、悩むことないって。レギュラー限定だったら、230ヤードで十分ですって。それで、ちょっと調子よければ74〜75なんて普通に続くでしょうよ。4.6って言うのは、私もビックリしたけど、あれは、まだ芝の枯れる前で凄くフェアウェイの状態が良い時に立て続けに行ったから」
ただそれだけの事。続けて言う。立て続けに言うのは、よほど恥ずかしい気持ちなのだ。
「普通、こんなハンディだったら、皆さんバックティでしょうよ。でも、私はバックティでやるようなドライバーしてないんですよね。だってね、普通9番アイアンで140ヤードだったら、ドライバーでは280ヤードでしょ?でも、私の場合よっぽど打ち方が変なのか、そんなに飛ばないんですよ」
「まあ、大会とかに出てたら間違いなくAクラスですからバックですねぇ」
「そんなゴルフじゃないんです。アイアンだけだったら良いんでしょうけど」
「そのアイアンなんです」
「ん?」
「実は私、去年アイアン変えたんですよ。そしたらメチャクチャになりまして」
「合わなかったんだ」
「はい。本気で100行くかと思う日々でした」
「アハハ、思うよね。でもまあ行かないんだけどね」
「いやはや、実際に100はいかなかったんですけど、ほぼ1年くらい苦労しましたね」
正真正銘のシングルさんでもそんな事があるんだ…と。
「私も1年はかからなかったけど、アイアンを変えた時は苦労したなぁ。同じフォーティーンの年寄り用を買ったら大変で…Kさんも年齢を考えて変えたんでしょ?」
「そうですそうです」
「あれは苦労するよね。
そのフォーティーンのクラブってば、9番アイアンで155ヤードも飛ぶんだよ。びっくりしちゃったけど、155ヤード先のグリーンって見えないでしょ?グリーンがどうなっているのか分からないし、行ってみないことには何パットするのかも分からないし、そんなゴルフはつまらない。
あげくにクラブのバランスと重さが合わなくて肩壊して、1ヶ月くらいで、マジェシティに変えたんだけど、今度はグースネック!グースネックって掴まりすぎてどうにもこうにも、そのグースネックを攻略するのに3ヶ月もかかったのかなぁ。同じ苦労してるんだ(笑)」
こんなに運動神経が良くって、基礎体力もあって、実績も十分な人が、自分と同じく労しているのがおかしかった。
「今、どの位やってるんですか?」
「月に8回くらいじゃないのかなぁ。多ければ10回。でも、体力が保たないかな」
「そんなに」
彼の「そんなに」と言うのは、だからそのスコアなんだという意味。
普通ならお前さんなんかに負けるはずがない、というアスリートとしてのプライドがある。
そう、彼のアスリートとしての基礎体力、培われた運動能力、そして頭の良さを考えれば、私なんかがとうてい敵う相手ではない。
違いがあるとすれば、私は自由に時間が使えるということ。そして自由に使えるお金がまるで違う。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


練習量が、彼と私では比較にならない。実戦の量も比較にならない。
「そうそう、この間初めてKさんのホームコース南秋田CCで70台出しましたよ」
「出ましたでしょ」
「いや、でもあのコースは、私にとっては鬼門ですね。ようやく苦手な意味が分かりました。あそこは、ドライバーで250ヤード行かないと難しいんですね」
だからKさんにとっては簡単で私にとっては難しいコースなのだ。
「INの2番のロングコース。あそこの攻略方法をKさんに教わって助かりました。一番最初は、ど真ん中の大木の左を狙ってバーディ。でも、それだと2打目が難しいので、先日はど真ん中、大木の上を狙ってバーディを取りました。私にはこの方が合うみたいですね」
「大木の上は、私は球筋が低いので狙えないですね」
「私のボールは高いんです。だから、殆どランが出ない。でも、おかげさまでしたよ。
そうそう、ハンディが良くなった原因がもう一つあって、最近、森岳にもよく行くんだけど、あそこのハンディおかしいんですよ。コースレートが72を超えているんだけど、そのコースレートの距離とはまるで違う距離設定なんですよ。例えば、400ヤードくらいの筈が340くらいだったり。そうなると、私には簡単なコースになっちゃうんですよね。多分それであんなハンディになっちゃったんじゃないかな」
ともかく、今回彼から学べることは何もなかった。せっかく会話時間を持ったのだから、何か学びたいと思ったのだが。
まあ、自分なんかとは違う本物のシングルさんでも、クラブを変えたら100叩きの恐怖に見舞われたというのは、自分の事を思い出して笑えた。
今ちょうど、クラブを変えたくてうずうずしているところだからだ。
今日ちょうど、ドライバーのシャフト交換したものが出来上がってきたところである。
さてどうなりますか?
まだ試し打ちしていない(笑)。
ちょっと恐いのだ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


秋ゴルフは危険と書いたけれど、何だろ?最近は行けば危険な目に会う。
とんでもない方向から球が飛んでくるのだ。
秋になって涼しくなると、新人さんが増えるのだろうか?コンペも多いしね。
ふと思い出すのは当社にいる新人さん。
ゴルフをやりたいと言うので練習場に2〜3度連れて行ったのだけど、ゴルフに不向きな人間というものを初めて見た。
これまで何人かゴルフを教えたことがあるけど、皆、最初からコースに連れて行って、その日の内にゴルフができるようにしてあげた。
だからまあ、教えることに自信はあったのだけど…どうにもならない人というのはいるものだ。
新人クンはスポーツマン、運動神経は良いのだろうし、それなりの筋力も備わっていると、普通は思う。
だけど、スポーツマンが皆運動神経が良いとは限らないのだと思い知る。
運動神経が劣っているのに、筋力だけはあるとなると一体どうなるのか?
とにかく危険なのだ。
ボールは真横にもの凄い勢いで飛んで行く。
とても恐くて隣にいられるもんではない。
へぇー、世の中にはこんな人もいるんだ、と初めて知った。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


彼の何がいけないのか理解もできなかったのだが、彼がドライバーを振ると、時にボールの1メートル手前の地面をブッ叩く。
何でそんな事が起こるのかさっぱり理解不能なのだが。
もし、そんな彼を見切り発車でゴルフ場へ連れて行ったらどうなるのか?
それは考えるだけで恐ろしい。
そんな彼を見たものだから、取引先の人で、元野球部だという人を未だにゴルフに誘う気が起こらない。
もし、うちの新人クンと同じだったらどうしよう?と考えてしまうのである。
下手に飛ぶから恐ろしい。10球に1回くらい、たまたま当たって、それが右45度に飛んで行ったら…いやー、考えるだけで恐ろしいではないか。
まあ、今は多分、そんな人達がゴルフ場に沢山来ている。
だから危険がいっぱい。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


せめて保険に入ってからゴルフ場に来て欲しいのだけど。
ちなみに、私は保険に入ってません(笑)。
毎年、今年こそは入らなきゃなぁ…とは思っているんだけどね。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 娘が大変良い買い物をした。マルマンのシャトルという7番ウッドである。

娘は、その美しさに惚れたのであるが、スウィングしてみると、そのスウィングの美しさに驚いた。
ドライバーのスウィングと全く同じなのである。
二木ゴルフの店員も
「相変わらず豪快なスウィングですね」
と。そう、本来の娘のスウィングは、全身バネのようにしなりのある豪快なスウィングだったのだ。
ところが、その娘が多用するクラブが、つまるところ一番使用頻度が高いのが7番ウッド。
この7番ウッドのスウィングだけが無様だったのだ。フェアウェイで2度ばかり無様なスウィングをしてしまう。明らかな右手打ちで、右肩が落ちていって、右手で合わせるようにして打つ。
どういうワケか、その無様なスウィングで当たってしまう。
だからこちらも下手に注意できないでいたのだが、当然問題が起こる。
その右手打ちの感触が残ったままティグランドに立ちドライバーを持つと、自然に右手打ちの残骸が残ってしまうのだ。
それがフォームを壊す原因になってしまっていたのだが、新しい7番ウッドはドライバーと同じ打ち方が出来ている。
これは楽しみなのだ。
さて自分の事。昨日の夜、どうにも肩こりが激しいらしくて(自分ではよく分からない)、上さんに肩を指圧して貰った。
すると、
「指が壊れる」と言う。すぐに肘に変えたのだが、今度は、「肘が壊れる」と言いだした。
彼女は全体重を乗せてやってくれているのだが、悲しい事に痛くも痒くもない。
これは相当な重傷だ。どう考えても首の痛みは、この肩こりから来ているようだ。
そのうち、肩たたき用の棍棒で殴って貰った。これも平気だ。
そして娘も参戦してやってくれたのだが、どうにもこうにも、あちらさんの身体が壊れそうだ。
ただ、首の痛みは幾分鎮まってくれたような気がする。
それで私の肉体がどうなったのか?早速試しに椿台CCに出かけた。
天気も良いし、久々に暖かい。絶好のゴルフ日和である。
第一打。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


二木ゴルフの店員の言った言葉が甦った。
「何かフォームが小さくなりましたよね」
「そりゃあそうだ。首が痛いんだからゴルフどころの身体じゃない。小さく上げて小さく振って、首を守らなきゃいけないんだから」
そうは言ったものの、今日は思いっきり振ってみたい。
思いっきり…大きくテークバックして、思いっきり振るっ!
きゃん、見事なゴロ!
一体どこに当たったんだか、さっぱり分からない位のゴロ。
まさか、この私がドライバーでゴロとは…まあ、呆れた。
当然パーオンは諦めて、おとなしくボギー。
2番、3番、4番はかろうじてパーを取った。但し、ドライバーは悲惨。
思いっきり振る事だけを心がけているので、芯は喰っていないのだけど、それなりには飛んでくれる。
但し今日は異常に風が強い。
何だけど、運の悪い時というのは、アゲインストの時は高く上がる快打!フォローの時は当たり損ない。
5番では3パットのダボが来てしまった。
まあ、新パターとはいつまでも仲良くなれない。このパターは無理だな、とつくづく思えてならない。
もはや、上さんにあげたクラブを返して貰う以外に助かる道はなさそうである(笑)。
但し、今日悪いクラブはパターとドライバーだけ。
その他は全てOK!
前半は40のパッと数17で終えた。
まあ、ドライバーとパットですね。ちなみに、娘は45のパット数15。久々に良いゴルフをしている。
やはり、7番ウッドの力が大きい。
さて後半は、久々のさつきコース。
1番は強烈なアゲインスト。良い当たりだと思ったのだけど、第2打地点に行ってみてビックリ。まるで飛んでない!強烈なアゲインストでパーオンもならず、寄せもままならず、何とダボスタート!
終わったぁ〜〜〜〜!
どうにもドライバーが…。
スウィングにスピードが乗っていかないため、上半身と下半身、そして腕の回転とのタイミングが合わない。
そのためインパクトがぶれて芯を喰わない。
まあ、どうにもならないのだけど、3番で突如目覚めた!
覚醒〜〜〜〜!
下半身、上半身、腕と3点バラバラセットだったのを、全てベクトルを同じ方向にする事に専念すると、パッカ〜ン!とナイスな当たり!そして、それが出来てくると、下半身のタメが出来てきて上半身も安定し、腕の振りがスムーズになって、多分、HSは42!
うんうん、こんな感じ。娘も
「フォームがキレイになってきた」と。
まあ、娘はフォームがキレイかどうかでしか判断できないのだが。
ようやくゴルフらしくなって3番、4番、5番と3連続パーオンパー。
いやー、ようやっとゴルフらしく…と思ったんだけど、今日はへたくそがとにかく多い。
2番では、カートを降りて林の中を歩いていると、私の後ろをボールがピューッと走り抜けていった。
私がカートを降りるのが少しでも遅れていたら直撃されている!
ファーも何もないし、どこからボールが飛んでくるのか分からない状態。
そして同じく2番で、2打目を待っていると…カッコ〜ンと音が鳴り、3メートル後ろにボールがコロコロと。
娘は青ざめてフェアウェイの真ん中に逃げてきた(笑)。
その打ち込んできたオジサン達が、二人組だというのにとにかく遅い!
前半は1時間30分で終えたというのに、後半掛かった時間が2時間30分!
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


娘と二人、
「もうここで止めても良いな」
「楽しくないね」
「何で世間の人ってこんなスピードなんだろうね」
へたくそに限ってパターは遅いし、まあ、最近は人間が出来てきたので(笑)、腹も立たないのだけど、途中の6番では大失敗。
ずいぶんと待たされたロングホールの2打目、相手がグリーンに上がったと思って打ったんだけど、これがフォロー風に乗ってぐんぐんと伸びて、伸びて!あわや2オン寸前!
不味いなぁ…と思ったんだけど、現地についてビックリ、前の組の人が、私のボールの後ろからまだ打っている!?
きゃん!失礼しました!
口には出さないけど、私も相当いらついていたみたいだ(笑)。
その後娘は残り150ヤードを見事に3オン!
とまあ、色々ありまして、つまんない思いのゴルフを続けて、後半は42のパット数18。トータル82のパット数35。
娘は後半46のパット数14。トータル91のパット数29。
うんうん、娘は本当に良いクラブと出会ったもんだ。
私も、自分に合ったクラブと早く出会いたいもんだ。このままでは娘に追い越されそう!
まあ、今日の収穫は、最後にドライバーの復調を感じられた事ですね。
もう一つ、交通渋滞の先頭には下手くそがいる。
急ぐそぶりでも見せてくれたのなら我慢も出来るのだが。
皆さん、ミスショットをしたら、走る仕草位見せて下さいね。
ちなみに、私でも走ります。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


首が痛くてゴルフなんぞできる訳がない。
そう思って練習も運動もせずに過ごしている。
そしたら、首の痛みばかりか、体のあちらこちらに変調が出てきた。
肩の痛みやら足の痛み。
肩はゴキゴキと痛むし、足のくるぶしはピリリと神経の痛みが走る。
首の痛みは、どうやら肩から来ているようだ。
当然このままではいけない。体を清浄な血が回っていないからこうなるのだ。
取り敢えず朝一のスタートを予約して椿台CCに出かけた。
途中でダメになったらお散歩でもして帰ればいい。
とにかくゆっくりと回ることにした。
つばきコースの1番。
ドライバーは真っ直ぐ良い感じで飛んでくれた。これは自分にとって意外な結果。
ストレッチを十分にやったせいか、首に痛みも来ない。
2打目は30センチばかりショートしてしまった。
この30センチは練習してないために筋力が落ちたせいである。
今日は1クラブ大きくしなきゃいけないんだな、と覚悟した。
それでも寄せ1でパー。
新パターは相変わらず危なかしい。距離が掴めないことと方向性が右に0.5度位もずれて出て行ってしまう。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


なんだか、こいつとは一生相性が悪いような気がしてしまう。
2番も運の良い寄せ1パー。
寄せ1でのパーというのは、上手さのせいもあるのだけど、所詮は運任せのような気がして気にくわない。その気にくわないのが2度も続いている。
3番ショートでようやく1オン2パットパーがきた。
まあ、今日は運がいい。まともなショットができないというのに、3連続パーは出来過ぎ。
その後は今の実力というか、体調不良そのものの結果通りで40のパット数17。
寄せ1が多いのにもかかわらずパット数の17というのは、いかにもフラストレーションがたまるのだが、まあ、そんなもんだろうと。
7番では2オン3パットボギーなんてやらかしてしまった。
さて後半はさくらコース。
前半40なのだから、最早パープレイなんてできるはずもない。気楽にやりましょう。
コースに行くと、4人組みのオジサン達がいる。…自分よりは若そうだが(笑)。
しょうがないな、今日の自分の力では大人しくやる他ないな、と思っていたら「お先どうぞ」と譲ってくれた。
で、先にやることになったのだが、今日のドライバーはギャラリーがいては恥ずかしい。
何が恥ずかしいかって言うと、ドライバーが真っ直ぐに飛んでくれないのだ。
娘に「何がおかしい?」と聞いても、娘は「分からない」と答えるばかり。
分からないのも不思議な話だが、分からない人はいくら見ても分からないものらしい。
私からすれば、その分からないというのが不思議なのだが。
ボールは珍しくフックばかりしている。
どうにかこうにか、そのフックを抑えてドロー気味にはして我慢をしているのだけど、元々、ストレートしか打ちたくない自分だから、ドローボールの打ち方を知らないもんだから直しようもない。
不安だ。
その不安が包んで、第一打はとんでもないフック!
ありゃりゃ、恥ずかしいなんてもんじゃない。
おかげでボギースタート。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


後ろを見ると、彼らはバックティからやっている。
2番ホール。珍しくボールが真っ直ぐに飛んでくれて、おまけに秋のコースはランも大きくて軽々とパー。
もう、今日はドローボールなんだと諦めて、コースの右端を狙ってフィニッシュはコースのど真ん中。
普段の自分からすればおかしな打ち方なのだが、ドロー系の人ってこんな打ち方なんだろうな…と。
知らないんだけどね。
取り敢えず、そんな打ち方をしてたらゴルフもやりやすくなって、2番から6番まで、5連続パー。
その内、5番ではバーディ。
バーディチャンスはまだまだあったのだけど、今のパターではどうにもならない。とにかく、1メートル以内にならないと安心できないのだ。
逆に3メートルくらいが入ったりしてくれる。
つまり、パターでのフォローがきちんとホールに向いた時はそこに向かってくれると言うことらしい。
ショートで、パチンと打つとずれてしまうらしい。
やっている内に何となく、そんな理屈が分かってきた。
パター一つで随分と違うものだ。
でも、こいつとはあまり仲良くしたくないな(笑)。
結局、その後はボギー、パー、ボギーとなって、後半は38のパット数16。
トータルで78のパット数33。
ゆっくりやろうと言った割には、3時間弱で終わってしまった。汗一つかかない。
でも、体調は少し良くなってくれた。
帰りに二木ゴルフへ行って、懸案だったシャフト交換を頼むことにした。
どんなシャフトが合うのか面倒なので、大体分からないし、取り敢えずシャフトを変えて貰って、それから合うものを探すことにした。
まあ、そんなタイプのゴルファーはいないらしく、担当の人も目を丸くしていたけど、なんだかその方が手っ取り早い。
ただ、新クラブ購入は、「そこまでしなくても。以前使っていたクラブに付け替えた方がお得です」と。
まあ、そりゃあそうだ。シャフトの違いも、その方が分かりやすいだろう。
クラブまで変えてしまったら、シャフトが悪いのかヘッドが悪いのかバランスが悪いのかさっぱり分からなくなってしまう。
取り敢えず、シャフトの違うクラブで試打してみると、これがとんでもアカン。
自分でも呆れるほどなのだが、ヘッドスピードがまるで出てない。
測ってもらうと40を切っている!
そりゃあそうだ。首をかばってのスウィングだからどうしようもない。
担当者も、自分のスウィングを見て目を丸くしている(笑)。
「何が違う?」と尋ねると、
「なんか、スウィングがあまりに変わっていて、スウィングが小さいというかコンパクトというか」
まあ、そりゃあそうだ。その通り。
「バックスウィングも小さいですし、いや、それが一番なのかな」
まあ、その通り。
全く、首が痛い時にゴルフなんかしちゃあイカンですね。
変なフォームのクセがついてしまったら直すのに一苦労してしまいそうだ。
そんな事をやっていたら、娘が気に入った7番ウッドを見つけてきた。
「これかわいい♪」
まあ、クラブは顔が気に入ったヤツを選んだ方がいい。
試打してみると、これが抜群!
7番ウッドで135ヤードも飛ぶ。
今の7番ウッドが120ヤードくらいだからよっぽど合っているのだろう。
何よりフォームが良い。ドライバーと同じフォームで振れている。
娘の場合は、7番ウッドだけが打ち方が違っていて右半身打ち。
気になっていたのだが、それで100%上手くいくのだから口出ししてなかったのだが、その7番ウッドでの右打ちがフェアウェイで使用頻度が高く、そのままティグランドでのドライバーにも影響を与えていた。
それが、使用頻度の高い7番ウッドでもドライバーと同じ打ち方ができるとなれば、彼女のゴルフは覚醒する可能性がある。
「買え」と。
「えー、でも3万円以上すんだよ」
「半分出してあげる。おまけにポイントも使えるし、実質1万円くらいで買えるぞ」
という事で、娘は大変良い買い物をした。
私のは分からない。
娘が大変良い買い物をしたという事は後で分かるのだろう。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


首が痛んだらお散歩。そう決めて森岳温泉ゴルフ場へ行った。
朝になっても首はまだ痛む。全くもって一体どうしたことか。
娘が、「それは多分肩こりからきてると思うよ」と肩を指圧してくれて、痛みは幾分和らいでくれたのだが、さてどうなるやら。
まあ、あまり真面目にはやらないことにした。
但し、懲りてスタート前のストレッチだけは念入りに十分に。
さて、森岳の森岳温泉コースはコースレートを取っていない方のコース。つまり、いくら頑張っても頑張らなくても、ハンディの対象外。それじゃあ、ますますお散歩だ(笑)。
どうせなら秋田コースを回りたかったのだけど、そちらの方は既に予約で満杯だと言うから盛況だ。
実際に回った森岳温泉コースの方も大盛況で、何だか最近は混んでいる。
このブログの影響で最近行く人増えたのかしらん(笑)。
何だか、そんな影響があるのかも知れない。朝早くだというのに、高速道路は秋田市から、皆ゴルフ場に向かっていくのだからビックリ。
さてゴルフ。
いきなりのダボスタートでびっくり。
まあ、首を守りながらのショットなんで打ちようが分からない。
でも、ドライバーが飛ばないなら飛ばないで真っ直ぐだけを注意して打っていると、まあ、なんとかゴルフになって、バーディなんかも来たりして、結局は41のパット数15なんて言う素晴らしいゴルフになってしまった。
何のことはない。いくら首をかばってのショットでもたまには飛んでくれる。
その時だけここぞとばかり頑張る省エネゴルフに徹したのだ。
前の3人組も、まあまあ、1時間50分くらいで回ってくれたのだから感謝。
ご飯タイムが困ってしまった。前にも書いたように、ご飯が不味い。食べる物に困ってしまう。
考えたあげくに、3人でカレーを2人前だけ頼んだのだが…結局、このカレーも1.5人前食べたところでギブアップ。
さて後半戦。
どうにもリズムが悪い。前半には見かけなかった4人組のオジサン達が、どうにもプレイが遅い。
特に、パターは壊滅的でどうにもならない。
ドライバーで待たされ、2打目で待たされ、森岳のゴルファーにしては珍しい。
秋田市からのゴルファーなんだろうか?
あのね、森岳でやるんだったら、下手くそは走る。パターは初めから2パッと狙いでチャチャッとやる。
ちょっとイラッと、その結果が凄い。10番から4連続のボギー。
まあ、今日はこんなもんだろう。ボロが出た。
まあ、今日あたりは100叩いたって不思議はない。
そんな風に思っていたら、いくら何でも自分にムカついたのか、14番でビッグドライブ!
残り距離は、すぐ目の前の60ヤード。
やったね♪
と思ったんだけど、秋のフェアウェイの芝はヘタレ。
しんなりと寝た状態で、打ちにくいったらありゃしない。
しかも60ヤードって、サンドで7分か?8分?
練習場のマットなら、そんなものいかようにでも打てるけど、実際のヘタレ芝では難しい。
フルショットなら問題はないのだけど、力を抜いたショットは難しい。ある意味、バンカーよりも難しい。
な〜んて、その心配通りトップ!きゃん!
ボールは軽くオーバーして、斜面との境目に。この境目が草が生えているんだかいないんだか、泥なんだか草なんだか…で、またしてもトップで、目の前のグリーンに乗らずに番外へ!
やっとの事で乗せたのは5打目!
そして3パット。8!ダブルパーの8!
何と、残り60ヤードから7打!
茫然自失。
次の15番でチップインバーディを取ったけど、そんなもの慰めにもならない(笑)。
首は何とか最終回まで持ってくれて、いよいよ18番ロングホール。
またしてもティショットで待たされていると、後ろから意味不明な兄ちゃんがやってきてヤブの中を覗き込んでいる。
おい!同伴者!この兄ちゃんにマナーを教えてやれ!
何とも不思議な光景だ。
さて仕切り直し…とコースを見ると、えっ?人が多い!
1,2,3,4,5…なんだこりゃあ、フェアウェイに6人!グリーン上に4人もいるぞ!
何と何と、お隣のコースから、すぐそこにボールを打ち込んだらしき人が2人。
その向こうには、やはり打ち込んだのだろう2人がごちゃごちゃと。
臆面もなくこちらのティショットをじゃましてくれる。
何なんだ、このマナー違反者どもは!そう言えば今日は、あちらこちらから「ファー!」の声がこだまして、
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


ショットを打ち終えた瞬間に頭を抱えて逃げたシーンもあった。
こうなったらくらえー!イライラショット!
でもね、左に人がいると、どうあってもボールは右へ。まあ、そんなもんでしょう。
さて2打目、アドレスを取ると、さっきの黒服の男がまたしてもこっちのコースに走ってきやがった!
アホかお前は!
しかもこいつは打たないで、ボールをひょいと拾っていく。
打たないんだったらボールは捨てていけ−!来るな!
その先を見ると、別グループの2人がやっぱり入り込んでいるし(笑)。
最早、首の痛みも忘れてアドレナリン全開!怒りの5番ウッドは、真っ直ぐ200ヤード!
でもね、残り90ヤードでまたしても失敗。あんなにいいショットを続けたのに、最後の最後で秋の芝にやられてしまってボギー。
結局、秋芝と首に負けて45の18。トータル86の33。よくもまあ、100行かなかったもんだ。
良かったのが娘。
たまに私のアドバイスを素直に聞くこともあって(笑)、フォームがほぼ1年ぶりに蘇って、徐々に快打連発!スコア的には97だったのだけど、ゴルフは格段に良くなった。
それにしても今日のゴルフは場外戦が賑やかだった。
娘が大いに笑ったのが、
「お〜い、ボールの色何や?」
「白いボールです!」
「どんな白いボール?」
「汚い白いボールです!」
と言う先輩と後輩のやりとり。
これには爆笑。
私も見た。
すぐそばの林の中に若いのが現れて、熱心にボールを探していると、見つかった!
そのボールは気の毒なくらい松の木の根っこにあって、落ち葉に埋もれている。
「かわいそうに、どうやって打つのかな」と思っていたら、そのガキは躊躇なくそのボールを拾い上げ(えっ!?拾うの?)、声高々に「ありましたあー!」と。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


もう少し先輩が面倒見てあげて、ゴルフのルールとマナーをちゃんと教えてあげないとね。
ルールとマナーを守っての120や150だったらいい記念にもなるんじゃない?
お願いします。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日は河豚料理を食べた。結構良い河豚が入っていて肉質がもちもちとしたハリのある感覚があって楽しめたのだが、とても残念だったのが、自分の大好きな河豚焼きと河豚の白子の竜田揚げが出てこなかった。
てっさとてっちりが十分すぎるくらいの料理だったので、あれ以上食べろと言われても、最早胃袋が空いてなかったので仕様もないのだが、それにしても、私の場合は、河豚料理といえば、河豚焼きと白子の竜田揚げだ。
ん…なんか口惜しい。
さて、首はまだ痛む。と言うよりも、日増しに痛みが増してくる。
どうしたんだろか?
こんな状態ではゴルフなんかできやしない。
でも、明日の予約は取った(笑)。
痛みが増すようだったらお散歩でもしてくるつもりだ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


こういう事を深く考えもせずに書いてはいけない事を重々承知しながらも、今日の話題はアップル社のスティーブン・ジョッブス氏と小沢一郎氏の事。
徒然に書いてしまうので、初めから支離滅裂な展開になる事はご容赦。
ジョッブス氏は私より1才年下である。
だからどうしたという事になるのだけど、20数年前、私はこの人を漠然とながら目標にした。
だから、第2の社名も「あっぷる」とした。
私が勝手に両者の因縁を作ったのである。
30才の時に、ジョッブスはそのアップル社を追い出されてしまった。
彼の天才性とまだ未熟な部分が社内に理解されなかったのだろうと思う。
そんな彼のどこに魅力を感じたのか?
それは単純に、巨大資本を持っていたIBMに敢然と立ち向かったそのベクトルに感心したからである。
残念ながら、その彼の挑戦と勇気は、ビル・ゲイツにかっさわれてしまった。
ビル・ゲイツは、他人の作ったソフトをかっさらって、それを自分のものとし、いやいや、ビル・ゲイツに言わせれば、ゴミのようなものをただ同然で買い、それをIBMに高額で売りつける事に成功した。
もう少し深く、そして誤解を承知で解説すれば、ジョッブスはIBMのコンピューターとはまるで異なるパソコンを開発した。それまで専門家しか使えないただの箱を、工学的な知識がなくても使えるようなものにしたのである。
対して、ビル・ゲイツはただの箱を一般人でも使えるようにと、今で言うOSのようなものを売りつけた。
もちろん、IBMは自分の所の牙城を脅かさずに済んでしまうOS、つまりビル・ゲイツを選んだ。
つまり、ジョッブスは早すぎたのだ。そして、IBMという巨大な壁に真っ正面にぶつかりすぎてしまったのだ。
ジョッブスが
「何故だ?」
と疑問を呈した時に、ビル・ゲイツは
「アップル(マッキントッシュ)の方が最高さ。そんな事は分かっている。でも、最高のものが選ばれるとは限らないのさ」
まあ、そんな事を言ったんだと思う。
その後はビル・ゲイツが勝ち続けた。
偽物が勝ち続ける事を苦々しく思う人も多かったと思うのだが、さすがビル・ゲイツ。非難をかわし続ける生き様を見せ続けた。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


その後は皆さんよくご存知かと思う。
瀕死の状態だったアップル社は、創始者の一人だったスティーブン・ジョッブス氏を迎え入れアップル社の立て直しを懇願する。
再登場したジョッブス氏は見事だった。
何故自分は偽物の時代遅れのビル・ゲイツに負けたのか。
「アップル(マッキントッシュ)の方が最高さ。そんな事は分かっている。でも、最高のものが選ばれるとは限らないのさ」
彼は、元々「最高のもの」に装飾を加えて「飾り物の最高のもの」を売り始めた。
ビル・ゲイツとIBMに負けた経験を、何故負けたかを最高に活かし続けて、勝つ方法をとり続けたのである。
そのアップル社の総資産額は今や世界一となった。
私とはたったの1才違いでしかないのに、随分と差のある人生なものだ。
自分にガッカリしようとしても、そのガッカリさえどうガッカリしたらいいのか思い浮かばないのだから笑える。
ちなみに、2011.10.6永眠。
 
さて小沢一郎氏。こちらは、私よりも一回り近く年長なのに健在だ。
実は、政治には故あって興味を持たないようにして生きているので、彼の事はあまり知らないし、興味もない。
なので、彼がどういう人物なのか論ずる立場にはまるでないのだが、またまた、TVを初めとするマスコミがろくでもない事を言い出しているので、これは注意を喚起しておきたい。
思えば、先の総選挙時に民主党が大勝したのはマスコミ扇動によるものであった。
それは、知識人には余りに分かりやすい扇動だったのだけど、一般人はそれに乗ってしまった。
ジョッブス氏の給料は1$だったという話をさっきTVで知った。総資産は6000億ドルだそうだ。
まあ、それぐらいあっても不思議はない。疑問にも思わない。
ところが、小沢氏が4億円を出したと言う事が問題になっている。
一体、どこから出てきたお金なんでしょうという。
4億円がそんなに問題な金額なのか?
片やジョッブスは日本円にして50兆円である。
4億円ってそんなに大変な金額なのか?
億の金なら、自分でも30才位には持っていた。
ましてや天下の小沢一郎である。親も政治家だったのだし、その当時の政治家なら「政治家=金儲け」の時代でもあったろう。
なんたって、政治家色を好むなんて当たり前に言われた時代だ。
もう一度言う、4億円ってそんなに大変なお金なのか?
プロ野球選手だったらそんなお金を持っている人はいくらでもいるだろう。
会社の社長でもいくらでもいるだろう。
年収1億円の社長なら、税金をさっ引いても年間5千万円は貯められるでしょう。4億だったら8年あれば貯められる。
私は普通のサラリーマンだったけど、それでも30才時には億の金が貯められた。そんなに難しい事ではない。
面白いもんで、1000人を超える大会社であったが、一番のお金持ちは30才の若造の自分であった。
財布には常に10万円以上入っていて、どんなにエライ人達と飲みに行っても自分の財布から払った。私はツケというのが嫌だったので、いつでもニコニコ現金払い主義であった。例え社長と同席の宴であっても、私は払った。
当時の私の月の小遣いは10万円以上無尽蔵。
いくら使ってもお金が減る事はなかったのである。
そんな私に、外資からスカウトが来た。年棒3千万円だという。
当時のプロ野球選手の年棒が1億円弱。私の年収が400万円(笑)。
悪い話ではない。
でも、私は簡単に断った。
給料所得以外に、私には税金対象外の収入が2000万円以上あったからである。
プロ野球選手に例えれば、年棒6000万円くらいに等しい。それが3000千万円では割に合わない。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


とまあ、市井に生きた私でさえも、そのやり方によっては、法に触れる事もなく億の金は手に入れる事ができた。
ちなみに、ジョッブス氏は、若い頃、食うために結構人品卑しくあくどく法まで犯して小金を稼いでいた。友まで裏切っている。
今回小沢氏が問題になっているのは、伝票の書き忘れ。まあ、多分恣意的なのだろうとは思うけど、そんな事は当人が違うと言えばどうにもならない事。
裁判では推定は無罪と決まっている。
小沢氏が好きな訳ではない。むしろ、民主党批判を展開する普段の私の言動からすれば、小沢氏をかばう理由など一つもない。
でも、間違いに気がついて修正をした事がそんなに罪になるのだろうか?
トップである以上、部下の報告を受けているはずだって?
本当にそう?
世の中には経理を知らない社長なんて腐るほどいる。
それは、誰も経理を覚えてから社長をやるなんて人はいないからだ(笑)。同様に、法律を全部覚えたから会社をやるなんて人もいない。
そうやって、人は色んな失敗をして生きていく事になる。
私は税務署と昔はよく喧嘩をした。
私は、普通の人よりは何倍も税務も経理も知っているのだが、それでも最近の税法のめまぐるしい身勝手な改悪にはついていけない。こんな言い分に関しては、専門家の公認会計士の方がうんうんと頷いてくれるだろうと思う。
この間税務調査に来た税務署員にもこう言い放った。
「私は税金払うために仕事をしてるんじゃないの。儲けるため生活するため、社員を守るために仕事しているの。法律を守るのもその一環。税金を払うのもその一環。だけど、税法が変わったなんて話は私は知らん。キミ、私に連絡でもしてくれた?」
相手は目を丸くしている。
「税金の勉強は若い時にした。それで十分。その後で法律が変わったというのなら、それは公認会計士と君らの出番。頑張って仕事をしなさい」
隣にいる女のコまで目を丸くしている。
「キミねぇ、税務調査に来るなら、もう少し勉強してきてくれよ。こことココを見なさい。こういう変化に経営者は心血注いでいるんだ」
「じゃあ、キミが経営すればいいじゃない。どうぞ。あげるよ。それとも、キミを社長として雇うからやってみなさいな」
まあ、言いたい放題。
だって、一切のごまかしもしてないもんね。
それでも間違いはある。税務署員はここぞとばかり言ってくるのだが。
「そりゃあ知らんよ。私がそろばん片手に仕事したら、そりゃあ間違いはないだろうけど、私がそんな事をしたらこの会社は間違いなく潰れるだろうよ。で、どうすればいいか」
「どうするんですか?」
「平気のへっちゃらで、翌月に正しくする。正直にやっていれば、翌月には正しい数字になるんでしょう。それによって、儲けが過ぎたものは、その分今月マイナスになる。それで調整は完了。そんなもんだと思わないか?どんな人間がどんなにやっても間違いはある。だとしても、その経理的な仕事は一切の利益を生まない。だったら、無駄な努力を止めた方が効率が良いだろ?我々は、君らのために働いているんじゃないんだよ」
かくして税務署員は一銭も得られずにすごすごと帰っていく。
そりゃあそうだ、一切の不正をしてないのだから。
そんな私でも、震災の前後から会社の書類は一切見ていない。
何故見ないのか?それは公認会計士に言われた一言。
「社長さんはこれを理解しないといけない。理解できるはずです」
と言われて、私はカチンと来てしまった。
その内容は余りに複雑で、100人の社長がいるとしたら99人以上までが理解できない内容だったからである。
私がそんなものを理解してどうなる。私は公認会計士じゃない。
そんな想いが強くなって、新しく、次々と生まれる改悪税法を覚える気がなくなってしまったのである。
だから、公認会計士に、
「このままだと。社長さんは90万円余計に税金を取られる事になるんです。会計士の協会で、今全国で反対表明しているんですが…」
と言われた時に、
「取られるものなら取られて良いんじゃないですか」
「えっ?いいんですか?」
「だって、悪法でも法は法でしょ」
翻って小沢氏。一体何がそんなに問題なのだろう?争点は大騒ぎするほどの事ではない。
伝票の書き忘れ?報告のし忘れ?自分の会社に興味がない?そんな事いくらでもあるし、日常茶飯事だ。
そんな事で、日本の有能な政治家という宝物を抹殺して良いものなのか?
あのビル・ゲイツは人からだまし取ったもので財をなし、今社会貢献している。ジョッブス氏も、若い頃は随分と人品卑しい事をし、人を裏切り、裏切られ、負け、そして社会に天才的な革命の跡を残した。
罪を犯した人は、もしくは小さな罪を重ねた人間は、社会貢献してはいけないのだろうか?
世の中は、かつて100円を盗んだ人を許さず、その人が将来100兆円の社会貢献する可能性のある事も許さないのだろうか。
今、そんな時代になってきていて恐い。
それでは、世の中お坊ちゃましかいなくなってしまう。
人は多分、罪を犯す度に学習し、反省し、成長できる生き物な筈なのだ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今日のブログは、つまんない事をダラダラと書いているので、読みたくない人は無理して付き合わない方が良いかと…。
 
相変わらず首が痛いので練習に行く事もできない。
多分、寒い日にストレッチもしないで打った一発目に軽いねんざでもしてしまったのだろうと。
なので今日は、私の普段のゴルフの仕方。
多分、100切りで悩んでいる人にはなんの役にも立たない。
80〜90位のスコアで70台を目指している人には役に立つと思う。
70台を目指すとなると、いかにも大変な事のように物の本には書いてある。
ネットでの中にもそりゃあ大変な事を書いている。
でも私は、そんなに大変な思いをした覚えはない。
50才からゴルフを始めて、まず最初は100切りを目指した。
それを達成すると、翌年は90台定着を目指し、その翌年は80台を目指した。
結果、今は70台が当たり前になっただけの事。
70台が定着してしまうと、70台はそんなに難しい事でもなくなってしまう。
目標が、毎年10個スコアを縮める事だったから、そんなに慌てる事もなかった。
ただ、糖尿病対策の事もあったので、練習場には毎日通った。
雨降る日も風吹く日も雪降る日も通い続けた。
それをしんどい大変な事と考えるなら70台定着は難しいのだろう。
私は全然しんどい事とは思わなかった。
それは、通い続ける理由が「ゴルフが上手くなりたい」という理由ではなく、「健康になりたい」と理由だったからである。
毎日毎日、面白くも何ともないお散歩やジョギングするよりは、ゴルフの練習の方がよほど楽しめるというもんだ。
ただし、今となってはこれは間違いだったと悟った。
健康のためにもゴルフのためにも、ジョギングもしくはお散歩は、練習とは別に毎日やった方が良かった。
できれば、軽くでいいからジョギングをした方がよい。
ついでに、もっと上達スピードを上げたいなら、ストレッチと筋力トレーニングを並行してやった方が良い。
70台のスコアを普通に出せるようになった今、私に欠けているものがハッキリと見えて来たからだ。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


基本、基礎体力がない。
その基礎体力とはゴルフの練習では作れないものなのだ。
ジョギングやストレッチ、筋力トレーニングでしか作れないものなのだ。
70台から先に行こうとすると、自分に何が足りないかが見えてくる。
その足りないものとは絶望的に補いきれないものが多いのだ。
今更毎日のジョギングはできない。無理!
ストレッチくらいはやっても良いが、筋力トレーニングは無理!
それでなくても胸筋がキュンキュンできてしまうようになっているのに、これ以上立派な体になりたくもない。
そんな願望は端からないのだ。
だからこれ以上の進展は諦めた。
だから、最近はゴルフが少しつまらない。
競技ゴルフでもやっていれば、少しは一生懸命になるのだろうけど、そんな気持ちはゼロ!
大体インシュリンの注射打ちながらのゴルフなんておかしいでしょう。
 
さて、良いスコアを出したいんだったら、朝少し早起きする事らしい。
実際に体を動かす前に、体を目覚めさせる必要がある。
これはその通り。
少し早めにゴルフ場へ行って、ゴルフ場の練習場に行って、体を慣らしながら、その日の調子を探る。
その通り。
だけど私はやらない。
ギリギリまで寝てパッと行ってパッとやる。
一度だけ、この流れをちゃんとやった事がある。その時は驚くほどショットが安定して、すこぶるスコアも良かった。
でもやらない。
私はそこまでマメじゃないのだ。
大体は、前半のスコアは捨てる。
やりながら体を慣らす。前半をやっている内に、今日使えるクラブと使えないクラブを判別する。
勝負は後半だ。
先日もそんな感じ。だから、前半のスコアは40になってしまった。
対して後半は幾分本気モード。
多分、前半がラッキーにも30台でいてくれたら本気全開モードになったと思うけど、前半が40台ではどうにもならない。
勝負は後半なのだけど、先日のさくらコースは、まるで嫌がらせかいじめのようにティグランドが遠い。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


私の飛距離ではちょっと厳しいものがある。
私のドライバーはランを入れて230ヤード程度。
これでアゲインストだったり、距離が長くなってしまえば、まあ、簡単にアウト。パーオンの確率はかなり落ちてしまう。
という事で、最初の3ホールは、パー、ボギー、ボギー。
いくら何でも3ホールこういう状態が続けば、今日のティグランドはおかしいんだと気がつく。
という事で、私はガラリと作戦変更。
パーオンは諦め。グリーン手前に運ぶ作戦に切り替える。
まあ、運がよけりゃあ乗るだろう作戦。
気をつけるのはオーバーしない事。オーバーしたらややこしいゴルフになってしまう。
たったこれだけの作戦変更で、4番からは6連続パーとなってしまった。
それもこれも、真っ直ぐに飛ぶドライバーと、信頼のおけるフェアウェイウッド、そして絶対のアイアンのおかげ。
私の場合、ドライバーの飛距離が足りないために、アイアンだけはよく練習する。
練習場で、70ヤード、80ヤード、100ヤード、120ヤードの看板をピンポイントで練習する。
ちなみに、前に使っていたフォーティーンのクラブは9番アイアンで150ヤード以上も飛んでしまった。
まるで石川遼クンの世界なのだが、150ヤード先のピン位置は、私の視力ではよく見えない。
簡単に届いてしまうのは良いのだが、行ってみない事にはボールがどこにあるのか分からない。
これではゴルフは面白くない。
それでクラブを換えた。
換えたのだが、買ってみて気がついたのだがグースネック!
このグースネックに慣れるのにしばらくかかってしまった。
慣れたとは言え、未だに気に入ってない(笑)。
合うクラブが見つかればすぐにでも買い換えたいくらいだけど、それがなかなか見つからない。
上達すれば上達するほど、ピンポイントで狙いたくなるもんだろうけど、残念ながら、市販のクラブで私の求めるクラブはないようにも思うようになってきた。
後、ゴルフを楽にするにはどうあってもドライバー。
私の場合は、理論上は270ヤードか250ヤードくらい飛んで良いはずなのだが、実際には210ヤードから230ヤード近辺。
何故そうなのかというのも最近分かってきて、アイアンの場合は、余り腰に負担がかからないから普通に打てるのだけど、ドライバーの場合は腰の負担が強すぎるのが原因。
つまり、上半身の強さに下半身が負けてついて行けてない。
どうすればいいのか?
まあ、ジョギングとか筋力トレーニングとかしかないですね(笑)。
それをやらないでゴルフをするから、体のあちらこちらを壊してしまう。
でもやんない。
理由、疲れるから。
そこまでゴルフに人生を捧げる気は全くない。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 昨日首が痛んだ。

一発目のティショットで「あれ?」となったのであるが、その痛みは次第に増幅して…なんとかごまかしごまかしのゴルフを続けたのであるが、その日の夜になって、首の痛みは本格的にズッキンズッキンと我慢のできないくらいの痛みになり出した。
温泉効果のおかげで腰や臀部の痛みはなくなったのであるが、今度は首に来たらしい。
まあ、なんとも厄介な体だ。
夜に温湿布を張って寝た。
それぐらいしか取り敢えずの治療法が思いつかない。
それで治らなかったら病院行きなのだろう。
そうやって眠りにつく事にしたのだけど、今度は目がかすんでいる事に気がついた。
どうにも宜しく目が見えない。
ありゃりゃ、私もとうとう失明するのか…余計な事を考えても暗くなるばかりなので早々に寝る事にした。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


実は、糖尿病というのは極まっていくと、失明する事もあるし、足が壊死して切断しなきゃいけなくなる事もある。そう言う意味でかなり恐い病気なのだ。
一度かかったら治る事はない。
なので、まだ糖尿病でない方はくれぐれもご自愛を。
暴飲暴食は連日続けてはなりません。
睡眠不足を連日続けてはなりません。
この二つを守っていれば、そんなに簡単になる病気ではないのですが、実は、糖尿病は遺伝的な病気。
どんなに用心していても、遺伝子DNAでそうなってしまう時もあります。
娘などは、そう言う知識に長けているもんだから、決して暴飲暴食を続けない。
私ども夫婦が「あれ食べたい、これ食べたい」と言っても、「私はいらない」とあっさりと冷たいもんです。
まあ、私の家系にも糖尿病はいるし、上さんの家系にも糖尿病がいる。そう考えると、娘が将来危ないのは運命的なもの。
なので、皆さんも家系の糖尿病を調べてみた方が良いかもしれません。
私の場合、その糖尿病治療も兼ねてゴルフというスポーツをやっているのですが、皮肉なもので、ゴルフは上手くなってしまうと、ちっとも歩く事がなくなってしまいます。練習場に向かう機会も極端に減ってしまいます。
困ったもんです。
今度歩きでやろうとは、毎回のように話が出るのですが、それでは体力が続かなくて、今のように週3回なんてできなくなってしまいます。それはそれでつまらない。
全く困ったもんです。
さて首痛。
朝目覚めると、相変わらず首は痛い。
ただ、昨日に比べれば、痛みは半分くらいにもなっているような…これはかなり安心です。
かすんでいた目にはべっとりと目やにがついていました。
目は無事に見える状態です。少し安心。
腰や臀部が痛んでもゴルフはできないし、首が痛んでもゴルフはできない。
そう考えるとゴルフのプロ選手というのは大したもんです。
4日間も毎週毎週競技する訳ですから。
プロなんだから当然でしょう、野球なんか週1の休みしかないじゃないか、と言う人もいるでしょうけど、例えば、同じ野球でもピッチャーが毎日試合に出て投げ続ける事はできないでしょう。
やっぱりちょっと違う。
ゴルフは使う筋肉がある程度決まっていて、とても片ちんばなのが問題。
そう、とても片ちんばなのです。
例えば、私の左肘の筋肉は盛り上がっています。
これは左で振るため、徐々に左肘に筋肉が付いていって左肘を守ってくれるのです。
冬が来て春になる頃には、この筋肉がげっそりと落ちてしまう。
この時が問題。
脳の方は自分のヘッドスピードを記憶しているもんだから、そのヘッドスピードになるように振らせようとするのですが、肝心の左肘に筋肉がなくなっています。
どうなるか?
左肘が壊れます。
だから、ゆっくりと左肘の筋肉を作っていきます。
成る程なるほど、と思うでしょ?
ところがぎっちょんちょん(笑)。
そこで今度は思わぬ弊害が出てくるのです。
ゆっくりと左肘の筋肉を作ろうとヘッドスピードを落として練習をしている間に、今度は脳の方が、その緩いヘッドスピードを覚えてしまうのです。
かくして、元のヘッドスピードに戻すのに夏場頃までかかってしまうと言う、毎年の悪循環に陥ってしまうのです。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


もしかすると、皆さんの中にも思い当たる人がいるかも知れませんね。
まあ、独学でゴルフをやり始めて7年、ようやくこんな事が解明されてきました。
ところで、昨日ゴルフ場に行った時、自分のハンディ変更を見て来ました。
めでたく4.6→6.1に落ちていました。
この調子でどんどん落ちていってくれればいいのかな、と。
まあ、わざと落とす訳にはいかないのですが、自分のレベルでは、ハンディは9前後なのかなと。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 何だか随分と久々なゴルフ。
今日は天気が良いと分かっていたので、朝早起きしてゴルフの予約。
無事、さつきコースのトップスタートとなった。
しばらく練習すらしていないし、尚かつ寒い!
早く体を温めたくて、取り敢えず打とう!という事になった。
風はアゲインストだし、寒いし、初めから飛ばすのは諦め、ただただ方向性だけを考えて…打ったのだけど、大体そんな打ち方をすると自分の場合はダメ。あえなく右方向。
まあ、朝早いもんだから、完全なる逆光で球がまるで見えない。
「えっ、どこ飛んだ?」
「林の方向」
第一打でいきなり首を痛めてしまった。
スウィングフォームが悪くて、頭の軸がぶれると首に来るもんだけど、そんなに悪いフォームだった感じもない。
これは多分、練習不足で、首の筋肉が弱くなっているのではないかと。
1番は、木がじゃまだし早々にパーオンは諦め。それどころか4オンになってしまって1パットボギー。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


まあ、今日はこんなゴルフなんだろうな、と。
2番のロングもパーオンなんて叶いもせず4オン2パットボギ−。
首はますます痛み始めた。
パーオンを諦めたことで、ゴルフが楽になって、3、4、5番とようやく3連続パーが来た。
でもまあ、今日は決定的にドライバーが良くない。
寒さのせいもあるだろうし、こちらの練習不足もあって、距離が落ちている。
大体、芯を食った当たりがない。
但し、アイアンは良いし、5番ウッドがすこぶる良い。
5番ウッドは、構えた瞬間から、あれ?これは当たるぞ!という感覚があって、とてもいい感じ。
今日は、この5番ウッドに救われている。
という事で、前半は40のパット数15。
パット数の15と言うのは、特別パターが良かった訳ではなく、パーオンを諦めて寄せ1に徹しただけのこと。
まあ、このパターは練習の必要がありそうだ。ロングパットは良いのだけど、ショートパットがダメなのだ。
「このパターは真面目に打たんとダメなパターなんだな」
「そりゃあなんのパターでもそうでしょうよ」と娘。
そりゃあそうなんだけど、随分と気を遣わせるパターなのだ。
0.1度違えば、そのまま0.1度違って行ってしまう。
そのくせ、真っ直ぐのポイントがつかめない。
パターを加工して真っ直ぐのラインを引きたいくらいである。
どうにも自信を持てないパターだ。
後半はさくらコース。
今日のさくらコースのティグランドはやけに遠い所にある。
おまけにアゲインスト。
いつもなら左のバンカー越えを狙うのだけど、どう考えても超えそうな気がしないので右方向を狙った。
右を狙ったら少しスライス気味になってますます遠い所のラフ。
残り180ヤードちょいのラフ。
これを5番ウッドでガツンと打ってやると、少しオーバー。
ここから寄せ1パー。
うんうん、こういうゴルフの方が楽そうだ。
ところが、2番へ行くと…またしてもティーグランドはずーっと奥。
首は痛むし、余り無理したくはなく、初めからパーオンは諦めた(笑)。
これならバックティでやっても大して変わらなそうだ。
「いじめだね」と娘が笑う(笑)。
あえなくボギー。
3番へ行くと…またしてもティーグランドは奥。1段階後ろだし、そのまた奥だし。
まあ、これはもう気張ってもしょうがない。
返って気軽に打てるというもんだ。
という事で、驚きのバンカー前。
随分と飛ばないもんだ。
寒くなってボールの反発力が衰え、尚かつ寒さで体の動きが悪いんだろうけど、まあ、本日のドライバーは諦めが先に立ってしまう。
但し、2打目の5番ウッドは快打!
う〜ん、今日の5番ウッドは凄い!感謝!なんだろこれ?
でもボギーね。
いやはや、今日ならボギーでも御の字かも。
4番のショートホールへ行って驚いた。
またしてもティグランドは奥!
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


いつもなら135ヤードくらいなのに、本日は154ヤード。
もう笑うしかない。
でも、ここは1オン2パットのパー。
そこから快進撃!
パー、パー、パーと7番のロングホールまで4連続のパー。
そして、さくらコース2度目のショートホールの8番。
えー、今日は本当にいじめたいらしい。
いつもなら154ヤード位なのだけど、本日は175ヤードのショートホールになっている…。
困ったもんだ。
でも、ここは7番ウッドで見事な1オン!2パットパー。
うんうん、いじめにも負けてないぞ(笑)。
最終ホール。
ここは何故だかとっても苦手なホールで、パーを取るのも難しいホール。
まあ、苦手意識がとても強い。
距離が比較的あるし、上り坂になっているし…おまけに今日はもっと遠いし。
ボギーで上々と思ったのだけど、またしてもセカンドの5番ウッドが炸裂!
真っ直ぐピンに向かって、めでたくパー!
おかげで後半は38のパット数15。
トータル78のパット数30。
娘は、最近まるで練習してなくフォームボロボロで100の34。
ここ数年の傾向として、夏が終わると体が壊れる傾向にある。
もう少し運動しなきゃね。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


日曜日はゴルフと決まっている。
という事で予約を取ろうと思ったのだけど、んっ?待てよ、日曜日のお天気は?と天気予報を見てみると…雨の確率70%!
きゃい〜ん!これはいくら何でも、この寒空、雨の中でのゴルフなんて考えられない。
しかも、この間の雨のゴルフで家族全員のシューズを無駄にしたばかり。
とても行けるものではない。
「止めましょう」という事になった。
代わって浮上したのが温泉行き♪
体に神経痛はあるし、神経痛に良く効く温泉と言えばねむの丘。
という事で、久々に家族全員で温泉行き。
途中、にかほ市に入ったところで家満喜屋(やまきや)と言う焼き肉店を見つけた。
「あれ?今、家満喜屋さんってあったよ」
「ん?なにそれ?」
「ほら、あっぷるで由利牛の凄い良いお肉を食べさせてくれるところって紹介されてたじゃない」
「あぁ、あれか。写真で見る限り良い肉だったなぁ。由利牛も食べたことないし、帰りにそこで夕食って言うのもいいんじゃない?」
「それ賛成♪」
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


そうなのだ。秋田県民なのに、由利牛を食す機会は滅多にない。秋田市では由利牛を売っている所は殆ど無いのだ。
という事で、温泉に入った後の楽しみが増えた。
1時間30分くらいかかってようやくねむの丘に到着。
う〜ん、ここは遠い。もう少し近ければ嬉しいんだけど。
ねむの丘に到着して、早速展望風呂へと直行。すると、TVで女子のゴルフをやっている。
そういえばそうだった。ありゃ、困った。TVも見たいしゴルフも見たい。
とはいえ、取り敢えずお風呂。せっかく来たのだから、神経痛を治さねば。
じっくりと15分間。神経の痛みが徐々に薄れていく。
その後気泡風呂に入って強い塩分を落とすこと5分間。
そしていそいそと脱衣所にあるTVの前へ。
今回はメジャー大会と言うことでえらく難しい設定だと解説者も出場選手も再三再四言っているけど、そうなのか?
これくらいメジャー大会なら普通なんじゃない?
甘ったれのような気がする。
確かにバーディ合戦も面白いが、こういう難しいセッティングの中、スコアをどんどん落としていくゴルフも面白い。
以前、沖縄の喜瀬カントリーCCに行った時、たまたま男子のメジャー大会が行われた後と言うことで、運良くメジャー仕様のゴルフを楽しむことができた。
これがなかなか面白い。
ラフに入ると、球は殆ど見つからない。つまりロストになる。
なんたって、「あそこに行った!あそこだ!」と言って行っても、ボールはそこにはないのだ。
運良く見つかっても、今度はボールは飛びやしない。
今回の女子と同じである。短いウェッジを持って70〜80ヤードくらいの所にレイアップする他ない。
こうなると、まだバンカーの方がマシ。
そして、これまた運が良いのだけど、翌日には、そのメジャー仕様の芝を刈り始めた。
そしたら、今度はコースが随分と簡単になってしまった。
そんな経験をしたことがあったので、その男子のメジャー仕様に比べれば、まだ随分と楽。
3日目だったか2日目だったか忘れたけど、金田久美子がふてくされた顔をしてやってたけど、いっぺんで嫌いになってしまった。
メジャーなんだから、自分に何が足りないかを教えてくれるコースなのだ。そう思えば、スコアが悪いなりにも楽しめるものを。
という事で、温泉に20分入ってはTV観戦を10分くらいしては、また20分くらい温泉に浸かる。
それを3セット。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


その頃には、神経の痛みはすっかりと消えてくれていた。
そして、ちょうど女子ゴルフの中継も終わった。
まあ、余り感動はなかった。これは、余り興味も関心もない選手が優勝したせいなんだろうけど、でもまあ、外人選手に優勝されるよりはマシ。
ところで、最近ネット上での石川遼選手の扱いが小さい。ついでに、男子プロの扱いも小さくなってしまった。
あの欠場事件のせいなんだろうけど、なんやかんやいっても、石川遼クンの記事がないと興味も半減してしまう。男子プロの記事を普通に見たいのに、その記事そのものがない。困ったもんだ。
という事で、温泉の後は焼肉。
これが5時から開店のお店ということで5時ちょうどに行くと、既に駐車場はいっぱい。
驚いてしまった。
中に入ると清潔感たっぷりでなかなか感じの良いお店。
出てきた由利牛は想像通りの素晴らしいお肉♪
うん、これは素晴らしい♪
大満足の夕餉となったのでありました。
これで1万4千円弱なのだから、今度からは、ねむの丘の温泉に入って、その後は家満喜屋(やまきや)の焼肉ということにしましょう。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】