2011年11月アーカイブ

 娘と二人、なんでドライバーが飛ばなくなったんだろう?と言う話になった。

私「昔の方が飛んでたような気がするんだけどな」
娘「そりゃあそうでしょう。だって、昔桜ゴルフ場に行くと、ネットを飛び越える心配したじゃない」
私「だよな。あの時は危ない危ない言って打ってたもんな」
娘「そうそう。それで練習場のオジサンが監視に来てたくらいだもん。おまけに、あちらこちらに、ネットを超える人は近所迷惑ですからドライバーを使わないで下さい、なんて書いてたし」
私「だっただった。…それが今じゃ200ヤードが精一杯だものな。一体どうしちゃったんだろう?」
娘「そりゃあ、だって体力無くなったんだよ。だって、あの頃は1.5ラウンドなんて平気にやってたし、私も平気だったけど、今は無理だもん。だって、あの頃って山形県の山寺に行った時で、お父さんスイスイと登ってたじゃない。今は無理でしょ?」
 
うん、無理だ。今は山寺になんか登ったら途中で倒れてしまう(笑)。
そうなんだよね。何のことはない。飛ばないのは体力が相当落ちているだけなのかもしれない。
数年前に左の臀部がピキッと来て、整体師に「再起不能ですね」とあっさりと言われて、それから思うように練習が出来なくなってしまって、多分あれからドンドン体力が落ちてきてしまっている。
特に下半身がいけない。
恐くて思うように下半身が使えてないのだ。
それ以来ヘッドスピードはドンドン落ちているような気がする。
なぜなら、昔はドライバーのフェースにボール痕がくっきりと残ったものなのに、今はうっすらと残るだけだ。
ゴルフって言うのは、結局は体力勝負なのだな。
と、このどうしようもない年齢になってようやく気づいたのであった。
ある程度の体力が作れていた時は、体力じゃない!頭の勝負だ!なんて思っていたけど、実際に体力を作れなくなってくると、失ったものの大切さがよーっく分かってくる。
多分、競技ゴルフでもやっていればその辺のことは当たり前に理解できるのだろうけど、私のように、好きな時に好きなだけやっている人というのは気がつきにくいのだろう。
何故こんな事を思うようになったかと言うと、それは先日、久々に御所野GCでゴルフをやったからなのだ。
夫婦二人で悲鳴を上げた。
「こんなキツイ所で毎日のようにやってたんだものね。そりゃあ体力つくはずだわ」
そう、ゴルフを始めた頃は、一人でも毎日のように運動に行ってたのだ。
山岳コースをカートを引いて…よくやってたもんだ。
それが本格コースでやるようになってからは、カートに乗ってスイスイと、おまけにポンと打って、ポンと打って2オン。後はパターなのだから運動にもなりゃあしない。
そんなゴルフをやってたら運動になるはずもない。
 
さて本日は病院。糖尿病の先生だ。
「あなたの場合は、一番の要注意人物なんですよ」
「はあ?」
「つまり、いつ何が起きても不思議がない。心臓病は再発率が50%なんですから。だから、もっともっと低い数値にならないと…」
なんだか、最近先生が凄く優しい口調になってしまったのが気に掛かる(笑)。
多分、私がいつ逝っても不思議じゃないと思っているからなのだろう。
「ルームランナー買ったらどうですか?」と先生。
まあ、随分と気軽に言ってくれる先生だ(笑)。
「あれはきつすぎますよ、先生。走ったら心臓破裂しそうになりましたよ」
「いや、走らなくても。部屋の中でお散歩気分で歩いたらいいじゃないですか。あれなら雨の日でも雪の日でも出来るでしょう」
確かにその通りだ。
なんだかその気になってくる。
そしたら、帰ったらジャパネット高田からの郵便物が紛れていて、なんとそこに!
ルームランナーが売っていた!
きゃん!
これって神の啓示?
買っちゃおうか!と今家族で話している。
ところで、先日のゴルフ場で見つけた季節外れの桜の花と小さな紅葉の写真をアップしておきます。
楽しんで下さい。

20111127110229.jpg
20111127113639.jpg



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 はっきりしない天気だ。天気予報で雨という予報でも晴れたりする。

天気予報を信じていたらいつまでもゴルフが出来ない。山は一度雪が積もってしまったらなかなかとけるものでもない。この際雨でも何でもいいから日曜日にはゴルフをやろうという事になった。
久々の朝一ゴルフ。スタートは7時45分頃。
前々日が徹夜みたいなもんだったので、さすがに眠い。なんだか頭と体と心が分離している感じ?
これは今日のゴルフはアカンなと…予感バリバリなところに、寒さ対策で着ぶくれ満載。
まあ、運動に行くと思えばスコアなんてどうでもいいか、とやる前から期待感ゼロ!(笑)
ティグランドに立っても頭が分離している状態。目はシバシバしているし、方向感覚がズれている。
注目の第一打は無難なところ。飛んだ訳でもないし飛ばない訳でもない。方向がいい訳でもない。
7番アイアンでの第二打も若干のショート。
ここは寄せ1で、手堅くパースタート。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


着ぶくれしていて余計な動きが出来ないのがいいのかも(笑)。
本当に余計なことを気にしてもどうにもならないくらい着込んでいる。おかげで全然寒くはない。
2番でも寄せ1パーとなった。
寄せがそんなに思い通りいっている訳ではないが、今日はとにかくパターが良い。
あの、上さんに長く貸していたパターである。
やはり相性が良いというか信頼のおけるパターである。
今日は、このパターが神がかり的に入ってくれる事となったのだ。
4番ショートも1オンできずに、寄せまで失敗して5メートル以上もあるロングパットとなってしまったのだが…これも奇跡的にど真ん中からイン!たいしたショットでもないのに3連続1パットパーとなってしまった。
続くロングホール。普通にパーオンとしての下りのパット。
スライスラインの微妙なラインなのだけど、これがまたまた入ってしまって、なんとなんと4連続1パットのバーディ!
きゃん!って感じなんだけど、ここで考えられないことが起こった。
なんと、後続組に追いつかれてしまったのだ。
えっ!?
今日の我々はよほど遅いらしい。そういえばノ〜ンビリと、今年最後かもしれないゴルフを楽しんでいる。
で慌ててしまった。なんたって予想外のことである。
で、ばたばたと、ボギー、パー、ボギー、パー、ボギーお団子のようなスコアとなってしまって、結局38のパット数13。
もしあのままやってたらパット数は幾らになっていたのか?
ちょっと残念な気もした。
でも、本当に予想外でビックリしてしまったのである。
まあ、本当にのんびりやっていて、途中で紅葉の写真を撮ったり、季節外れの桜の花の写真を撮ったりしていたのだ(笑)。
後半はさくらコース。
パターが入っているだけで好調な訳ではない。
何より、ドライバーやフェアウェイウッドの時は、一体自分がどんなスウィングをしているのか?着ぶくれ状態なのでまるで確信のないスウィング。
そこで、後半からは上着を1枚脱いで、防寒パンツも脱いでしまった。
脱いで楽にはなったのだけど、今度は少しフォームへの雑念が入ってきてしまってどうにもいけない。
でも、パターは相変わらず好調で、そんな悪いショットをカバーしてくれる。
結局、さくらコースは40のパット数16。
トータル78のパット数29という事になるのだけど、どうにもゴルフをやった感がない。
そこで、「もうハーフやろう」と提案すると、娘が、泣きそうな顔をして、「もうダメ、足が痛い」と言い出した。
そう、娘は先日のねんざで足にヒビが入っている(笑)。
足にヒビが入っている状態でも父親のためにゴルフに付き合ってくれるという、まこと不憫な娘なのだけど(笑)、いくら何でも限界らしい。
そりゃあそうだ。ねんざで骨にヒビが入ったというのは私にも経験があるけど、そんなに歩けるもんではない。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


おまけにゴルフ場の傾斜の中を歩くというのは、数倍の負担となる。
結局、娘の第3ラウンドはキャディをやる事となった。
そして、私と上さんは健康のために歩きのゴルフという事になった。
この歩きのゴルフというのが半端無い辛さ。
と言うのも、今年は健康的に色んな意味でサボりすぎている。
私はもちろんなのだが、上さんの体型の変化は目を覆いたくなるほど。
考えてみれば、これはあの3.11の東日本大震災が大きく影響している。
あの時、みんなが食料を求めて奔走した。食料が容易に手に入らなくて、生存本能が異常に高まってしまって、みんな、食ってくって食いまくったのだった。
とにかく、食べられる物が手に入れば食いまくる、と言う生活習慣になってしまった。
さて、最後のさつきコース。
スコアなんてどうでもいいのだが、今日のティグランドの位置は優しい。
おまけに、ドライバーが快調になってきた。
にも関わらず、連続ボギースタート。
あれほど快調だったパットが入らなくなってきている。
まあ、心のどこかで、こんなに入っていいはずがない!(笑)なんて思っているもんだから、だんだん疑心暗鬼になってくる。
それでも3番ミドルでようやくパー。
そして4番ショートで1パットバーディ。
まあ、今日は神がかり的にパターが入る。
5番ロングもパーオンパー。6番ミドルも、またしても寄せ1パー!
但し快進撃はここまで。
前の組に追いついてしまった。
歩きのゆったりゴルフでも追いついてしまう。
体はあちこち痛いし、特に下半身が辛くて、踵は痛むし、あろう事か、左大腿部の骨がポキポキと鳴る(笑)。
上さんも辛そうだ。
以前はコースを走り回っていたというのに、ここのところの老化は厳しいものがある。
最近、少し優しくなったのも、彼女の老化を感じているからなのだろう。
年寄り同士いたわり合わなければ。
ねっ!
という事で、筋肉痛と骨のポキポキに悩まされながらの最終ラウンドは、39のパット数16。
まあ、今日が今シーズン最後かもしれないラウンドにしては30台も出たことだし、満足のいくラウンドだったのではないかいな。
ちなみに、上さんは51、51ときて、最後は58のメタメタゴルフ。
まあ、家族3人楽しいゴルフでした。
さて、今日はにかほ市の旨い焼き肉でも食べに行こうかな♪
ちなみに、何故今日のパットが神がかり的に入ったのかと言うと、それは、慎重に打ったからだけ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 つくづく年を取ってきたなぁと(笑)。

今年になってから急に体のあちらこちらが故障するようになってきた。
ゴルフをした後の体の疲れもなかなか取れない。それどころか何もしなくても体が疲れる。
昨日の御所野でのゴルフ。本当に疲れた。夜には筋肉痛が起こり、その筋肉痛が朝になっても消えない。
最近の経験則で想像するに、多分明日にはもっと酷いことになるのであろう。
まあ、体力が無くなったもんだ。
こんな体力じゃまともなスウィングが出来るはずもない。
そう言えば、二木ゴルフに行った時に担当の若者が、ビックリした顔をして、
「あれ?スウィング変わりましたね」と。
まあ、マジで驚いた顔をしていたので、多分相当変わったのだろう。
「うん変わった。どんな風に変わった?」
と、逆に質問すると、
「なんか豪快さというか、パワフルさがなくなったような…コンパクトなスウィングになったような感じです」
うんうん、確かにそうだ。
以前はアウトサイドインのスウィングだったため、それが自分の体に合うのだろう、腕も腰も足も使ってのスウィングだった。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


当時のHSが43くらい。
それが意識的にインサイドインというかアウトというか…に変えての今のスウィング。どうやったらHSが上がるのか分からずHSは40くらいに落ちてしまった。
ようやくHSを腰の回転に求め始めて上手くいきそうだったのだけど、今度は腰を痛めてしまった。
なんだかねぇ、ゴルフはインサイドから振るんだとは言われるけど、ホントにそうなのかなぁ。
その人の体質や体格、色んな要素を考えてアウトサイドインというのもありなんじゃないかと今更思ってしまう。
まあ、自分の場合は、今更戻す気はないんだけどね。
何でって、やはりインサイドから入った方が安定感があるから。距離はかなり損するけど(あくまで自分の場合)、方向性が安定する。現に、ボールが殆ど無くならない。やはり、2打目はフェアウェイの方が圧倒的にいいのだ。
でもねぇ、飛ばないゴルフというのはつまらない。
以前、フォロー風に乗って飛びすぎてしまった時など、前の組付きのキャディさんに怒られたりして、実は超気持ちよかったりする(笑)。心のどこかでザマーミロなんて思ったりもしている。
あの時は県外のゴルフ場へ行けば大体はバックティでやっていた。
まあ、旅の恥はかきすてみたいなもんである。
今は、冗談にもバックティで出来るような飛距離ではない。
実は、これがかなり口惜しい。ドライバーで250ヤード、いやいや、キャリーじゃなくってもいい。ランも含めてでいいから250飛んでくれれば楽にバックティが出来る。
そう思ってドライバーをどうにかしたいのだが、未だにどうにもなっていない。
シャフトを変えてみたが、効果は方向性が安定しただけ。確かに振りやすくなった。
でも、振りやすくなった分軽く感じられて面白味がない。
ガー!という感じがなくなってスッパーン!という感じ。
もう少し重いシャフトの方がいいのだろうか?でも、そうするとまた腰を痛めそうな気もするのだが。
 
色々考えると、もしかすると自分は、生まれて一度も自分に合ったドライバーって使った事ないんじゃないだろうか?
 
だって、9番アイアンで135ヤードなら135X2で270ヤードがドライバーの飛距離だろうに。
そのアイアンなのだけど、アイアンでさえも最近は飛距離が落ちてきているような気がする。
なんかパワーが無くなってきているオジサンなのであった。
ゴルフなんて技術や頭脳の問題かと思っていたけど、結局は体力、筋力が伴わないとどうしようもないね。
今更?この年で?筋力トレーニングする?
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


世間の60近いオジサン達は、それでも頑張っているのだろうか?
今まで他人のことなんて気にすることもなかったけど、最近の体力の急激な衰えで、さすがに少し気になってきた弱気なオジサンなのであります。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 天気予報のバカタレ!である。

予報に寄れば、今日は終日雨の予報だったはず。
それが目が覚めてみると、窓からは日差しが差し込んでいる。
ありゃま、こりゃあゴルフに行かねば、と思ったのだが、朝起きた時には雨が降っていたという。
だったら、少し様子見をしてから決めてもいい。
なんたって、この晩秋。先日は雪が降ったくらいである。どうせこうせ雪ならばいいのだが、秋雨は寒い。
10時くらいまで待って、天気も持ちそうなのでゴルフの予約を入れることになった。
ところが!
椿台CCは、カートが満杯に使われていて歩きになるということでお断り。
へぇー、世の中不景気かと思っていたら、盛況なゴルフ場もあるんだ…と感心。
じゃあしょうがない。南秋田CC…こちらも満杯。
凄いね秋田。景気いいんだね。
ここでハタと困ってしまった。どこへ行く?
かなり遠いけど、森岳温泉CC…満杯!ハーフだけならと言うが、わざわざ森岳まで行ってハーフはなかろう。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


あそこは3コースもあるというのに、景気いいんだね。
さてさて、じゃあ、今年まだ行っていないロイヤルセンチュリーGCはどうだ!ってこれも満杯。
凄いね、今日は秋田県内中のゴルファーが全員ゴルフ場に集合しているんじゃないだろうか?
最後の手段、ここだけは遠くて行きたくなかった男鹿CC…う〜ん、ここもダメ!ここにもハーフだけならなんて言われてしまった。
さてどうしましょ?
まあ、今日は運動したいだけだし、ミニコースの御所野CCにでも行きましょうか、という事になった。
御所野となれば娘は行くことができない。娘は先日のねんざで足が紫色に腫れあがって、まあ、内出血していて歩くのもやっとの状態。御所野は、ミニコースといえども山岳コースで、アップダウンがきつくて、ある意味、通常のコースよりも疲れる。
まあ、運動目的なら最適だ。
という事で、7ヶ月ぶりの御所野CC。
50才で50肩になって、その50肩を治すために、ここには足繁く通ったものである。
素人ゴルファーには、こんなミニコースでも十分に面白くて、おまけに健康にいいのだから毎日のように通ったものである。
ロングホールはなく、一番長いコースでも215ヤードしかなく、コース自体も9ホールしかない。
だから、ティショットの場所を変えて2度回って全18ホールという事になる。ハーフ29、1ラウンド58なのだから、あまり真面目にやる必要もない。
但し、自分はここでパープレイをしたことがある。いくら58しかないコースでもパープレイとなると難しいものだ。
1番は142ヤードのパー3。若干フォローなので9番アイアンで軽く打った。ストレッチも何もしないでいきなりなのだから、軽く打つ他ないのだ。
何故ストレッチをしないかというと、第一に真面目にやる気はない。第二に、寒さ対策でたっぷりと着ぶくれしている。ストレッチしたところで体の動きも確認できないのだ。
さてその第一打。意外に良い当たりで、グリーン左のバンカー。
ここで大問題が勃発!
なんと!サンドがない!
えーっ!?抜いた覚えはないのだが、サンドがない!
確かに、この御所野CCではドライバーとかは使わないので、抜いて車の中に置いてくるのだけど、サンドがないのではゴルフにならない。
何故かと言うに、次の2番はたったの49ヤードのパー3!…一体、なんのクラブで打てばいいのか分からない。
とにかく、ハーフ終わって駐車場へ帰るまでサンドの行方は分からないのだから、全てAWで代用することになった。
という事でボギースタート。
この1番のグリーンは滅多にお目にかかれないほど凄いグリーンで、強烈な傾斜の受けグリーン。
夏場の転がりのいい時なんか、2メートルくらいの上りのパットを失敗すると、カップ前で失速したそのボールが、止まれずにコロコロコロコロコロコロと、どこまでも落ちていき、グリーン外に落ちて行ってしまうほど。まあ、ある意味名物ホールなのだ。
さて、2番は49ヤードのショートホール。
AWで50ヤードの練習なんてしたこともない。
おまけに、グリーン手前でバンカーが大きく口を開けているのだから、高いボールで攻めるしかないのだが、私のAWは、弱く打ったんでは絶対に高く上がらないクラブなのだ。
という事で、ここは大オーバー!結局、トリプルの6!
ねっ、難しいもんでしょ?
3番も106ヤードのショートで、同じくトリプルの6!
なんと!3ホール終わって、7オーバー!きゃん!
まあ、その後は少しマジが入って3つのパーと1バーディで、トータル38。つまり9オーバーでハーフ終了。
ハーフ終了で慌てて車に行ってみると…やはり、サンドがない!
そんなハズはない!
ピンと来た。
最近の椿台CCのキャディは質が落ちている。
娘に電話して「あなたのバッグに私のサンドが入ってないかどうか見てみて!」と、そしたら、想像通り!
ピンポン!の大正解!
娘のバッグに私のサンドが見事に入っていたのでありました。
メンバーの椿台CCだからあまりお小言は言いたくないけど、少し苦言を言わせて貰えば、ここのところ、4回中3回も間違えられている。
1回はパターのカバー事件。
上さんのパターに被せていたカバーが、安物のパターに間違って被せられていたために、私が間違えてゴルフ場に持ち込んでしまった事件だ。
その前が、フェアウェイウッド5番と7番のすり替え事件だ。
南秋田CCで第2打目を5番ウッドで打とうとしたら、なんか短いし、フェースが見えすぎるので「変だなぁ」と確かめると…なんと!それは7番ウッド!
つまり、5番と7番のカバーが被せ違っていたのである。
こんな事が連続するといくら何でも注意深くなる。
車に乗せる前に、もう一度クラブ確認するようになってしまった。
3度目、注意深く見ていると、あろう事か!そのキャディはアイアンを全部持っていって、ガシャガシャと水洗い!そしてガシャガシャと一気拭き!
おいおい、いくら何でも、お前さんキャディやってること自体間違っているだろう。
これはいくら何でも注意した。
元々、キャディ嫌いなので、あまり相手にもしたくないのだが、相手にしなくて済むようなキャディレベルにはなって欲しいものだ。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


最低限の技術とマナーくらいはクラブ側も責任持って教育すべきだろう。
とにもかくにも、サンドが見つかってホッとした。
後半もぐだぐだゴルフが楽しめそうだ。
後半は少し良くなって34。つまり、5オーバー。
トータルでは72だから、トータルで14オーバー。
ねっ、結構難しいもんでしょ?
スコアはともかく、とにかく下半身がキツイ。上さんと二人、ヒィヒィ言いながらのラウンドは、とてもいい運動になったのだ。
もう少し運動せねば。
色々書きたいことがあったのだけど、長くなってしまったので、今日はここまで。
今日ゴルフが出来た人は幸せでしたね。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


娘がねんざした。バカタレが。明日のゴルフはどうしてくれるんだ(笑)。
そんな事はともかく、昨日のゴルフには少しばかり一安心した。
やはり、暖かければ体の動きが違う。バックスウィングがグイッと回ってぱっか〜ん!だ。
腰が入らないスウィングフォームも気になっていたが、かなり軌道修正できていたような気がする。
昨日のアイアンは、計算通り飛んでくれていた。
但し、ドライバーは風が強かったせいもあり、殆ど新ドライバーではなくロフト9.5度のものを使って成功していた。
不思議なことに新ドライバーでも旧ドライバーでも違和感なく使える。
こうなったら9.5度のものも新シャフトにした方がいいのかも知れない。
但し、もう少し重いシャフトの方がいい気がしている。
なんだか、新シャフトはバランスが良すぎて違和感がなさ過ぎて、軽く感じられてしまうのだ。
もう少し重い方がインパクトに集中できるような気がするのだが。
ところで、一昨日のゴルフで、バンカーの隙間にボールが突き刺さってアンプレアブル…なんて話を書いたのだが、実際にそんな事があるのか?なんて思う人もいるでしょう。
携帯カメラで写真を撮ってあるので、今日はその証拠写真を公開。

securedownload.jpg
ロングホールの3打目、残り150ヤード。強いアゲインストで登りのグリーン。
バンカーを越えたところにグリーンがあるのだけど、あと20センチ位も高ければ見事に3オンだったのだけど、風の影響は思いの外強かったみたいなのだ。
まあ、腰の入っていないスウィングではボールに力強さがなく、風の影響も受けやすいと言うことなんでしょう。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 人生には遊びも必要だ。

東日本大震災の後、少し真面目に働きすぎている。
この辺で少し遊びを入れた方がいい。という事で、今月は天気が晴れたらゴルフだ。
昨日の夜、上さんと娘はワインの会に出かけて、その帰りに私と合流。カラオケへと出かけた。
他に社員二人も参加して合計5人でのカラオケ大会となった。
これが、なんともまあ賑やか!若い人達は歌いまくりである。会話を楽しむ余裕も隙もない、とにかく2時間歌いまくりである。
上さんと娘は、ワインの会でたらふくワインを飲んできただろうに、カラオケ店でもワインを1本頼んで、生ビールのジョッキを頼んで大賑わい。歌いまくり。そして食べまくり。
うん、たまにはこういう時間も必要だ。
さて、本日の天気予報では雪となっていたのに、意外や意外晴天!
急遽ゴルフに行く事になった。
まあ、昨日の悲惨なゴルフのことを考えれば少し練習した方が良さそうにも思うのだが、スコアなどもうどうでも良くなってしまっている(笑)。
とにかく運動不足なのである。このなまった体をどうにかしないといけない。
昨日よりは早く出かけた。スタート時間は10時30分。
これならばTVの「花嫁のれん」の時間にも間に合うだろう。
椿台CCのつばきコースからのスタート。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


目の前には男2人、女性1人の3人組。この人達は歩きなので時間がかかりそうだ。
まあ、ゆっくり行きましょう。
昨日と違っていきなりパーが来た。
あらら、昨日の感覚だとハーフで3つ位もパーが来てくれれば御の字だというのに、今日は早いなぁ。
2番ボギーだったのだけど、3番のショートでもパー!
あれれ!?
なんだか今日は、昨日と違って腰の入ったショットが出来てるような。
まあでも、今日はお散歩だ。スコアなんてどうでも…と思っていたら4番ロングでも寄せ1のパー!
これで早くも3つめのパー。
あれ?もう目標果たしちゃったぞ。
待たされ待たされゴルフなのだが、前の組達は上手な人達だし、それほど気にはならない。
結局、前半は40のパット数13。
つまりは、寄せ1が多かったのである。
娘も良くて、45のパット数15。
ただ、前半だけで2時間近くもかかってしまった。でも、歩きで回るんだったら2時間くらいはかかってしまうだろう。これは致し方ない。
さて後半はさくらコース。
1番はボギー。まあいいやな。今日はスコアなんてどうでも…。
2番へ行くと3人組のご老体がグリーン上にいる。
嫌な感じなのだが、この老人達が、まるで老害のようなゴルフをする。
2打目、打とうと思っても老人達はなかなかパットが終わらない。
ん?なんだか、老人が老人にレクチャーをしながらのゴルフのようだ。
おいおい、やめてくれー。
やっとどいてくれた老害老人達。
ここは怒りの7番アイアン。ピタリとピンそばに寄せて難なくバーディ。
だけどヤな感じ。
娘と二人、しばらくパターで遊ぶことにした。後ろには誰もいないし、そうでもしないことには間が持てそうにない。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


さて、それで満を持して3番ホールへ!…ところが、老人達はまだそこにいる!
イライライラ!2打目地点へ行って、やっと意味が分かった。
3番ショートホールに若者(バカモノ)3人がいる。
この3人が異常に遅い!動きがのろい!とろい!バカっぽい!
なるほど、あの老人達はこの若者達が異常に遅いとあってレクチャーゴルフを始めたのだな。
4番ショートになって、「さつきコースへ行かない?」という話になった。
このままイライラしながらやってもしょうがないだろう…と。
楽しくないし。
後ろの組の2人も追いついてきた。
あらら、この人達は前半のつばきコースで後ろを回っていた人達だ。
その二人の驚く顔を見ながら、我々はマスター室へ戻って、さつきコースから仕切り直すことにした。
まあ、彼らもあの遅延プレイには驚くであろう。
さて仕切り直し。さつきコース。あれ?なんと目の前には前半、我々の前を回っていた3人組が!
う〜ん、これはダメかも知れない(笑)。
実は、これがダメなんてもんじゃなくて破滅的にダメ!
いやいや、彼らが悪いんじゃなくって、その前の組が破滅的!
どうにもなるもんじゃない。
それでも我慢して我慢して3連続ボギーの後4番ショートをパー。5番ロングもパー。
ゴルフの調子はドンドン良くなってきているのだけど、折り返しの6番ホールを見て唖然!
前の組はまだティショットも打っていないし、フェアウェイには人がいるし、グリーン上にも人がいる!
これはもう完璧3時間コース。
やってられません。
という事で、本日のゴルフは退散!
帰りがけ、さつきコースの1番には、例の二人組が立っていた。
あっちも驚いた顔をしていたけど、こっちも驚いた。
もしかして一日で2ラウンド?
好きなんだね、ゴルフが。
帰りにフロントへ行くと、何故か旅行用の荷物がいっぱいあった。
なるほど、わざわざ秋田のゴルフ場に遠征してきてくれたのね。そうかそうかそれは感謝。
でも、プレイはハーフ2時間以内を目指そうね。
3時間ゴルフは嫌です。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 今日はゴルフに行く日である。

にも関わらず、娘は朝の9時に歯医者の予約が入っていた。
ちょっと暗雲。
と言うのも、私は昼過ぎの「花嫁のれん」というTV番組が見たい。多分、この番組を見ないと私は不機嫌である。
「花のれん」は1時半からであるから、まあ間に合うだろうとタカをくくっていたのだけど、取引先から「午前中に仕上げて欲しい」という電話が入った。
出来る訳がない。「夕方までには仕上げてやるから」と連絡させると、「工場の方では午後から口を開けて待っている」という返答が来た。
怒髪天である(笑)。
担当者に電話してたっぷりと怒ってやった。
「ふざけた事をぬかすんじゃない!こっちが親切でやってあげているものを当たり前と思うその神経がおかしい!朝持ってきて午前中に出来る会社があったら連れてこい!お前が出来るのか!」
相手は平身低頭謝っている。当然だ。普通出来る訳がない
多分、普通の人というのは怒られないと分からない。たまに怒ってやらないと、異常なことを普通だと思ってしまっている。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


ゴルフに限らず、我々は何でも早いのだ。それを普通だと思われるとしゃくに障る。
それでもまあ、相手は困っているのだろうし、スケジュールもあるのだろうから、ぱっぱと仕上げて午前中には渡す段取りをつけてやって、さあーゴルフの予約。11時にはスタートできるという。
でも、「花嫁のれん」には間に合いそうにない。
少し気分が悪い。
10時30分頃には椿台CCに着いたのだが、前の組は5分前にスタートしたばかりだという。
しかも、前の組は4人組みの尚かつ歩き!
こりゃあダメだ。絶対に「花嫁のれん」には間に合わない。
「まあ、のんびり行きましょう」という事になったのだが、つばきコースの第1ホールから強烈なアゲインスト!
新ドライバーのロフトは10.5度。一旦は9.5度のドライバーを手にしたのだけど、いやいや、今は新しいドライバーになれたいかな…という事で新ドライバーで打ったのだけど、当たりは良かったのだけど、まあ、飛ぶ訳無いわね。
2打目は7番アイアンが快心の当たりだったけど、木に当たってしまって万事休止。初っぱなからのボギースタートとなってしまった。
2番ホールもアゲインスト。
やはり飛ぶ訳もなく、170ヤードも残ってしまったらパーオンなんて、今の状態では考えられない。
まあ、近づくだけでいいのかな、と言う情けない戦法。当然ボギー。
一体いつになったらパーが来るのか。なんだか今日はパーが狙えそうもない。
続く3番ショートは見事に1オン!
なのだけど、敢えなく3パットボギー。
ダメだこりゃあ。
いくら何でも諦めがついてくる。
4番ロングはフォロー。多少当たり損なったドライバーでもどうにかこうにか飛んでくれたのだが、それでもパーオンには至らず…寄せ1の初パー。嬉しくも何ともない。
5番で、今日初めてのナイスショット!残り125ヤードの登り、9番アイアンを持ったのだけど、なんとトップ!あ〜あ○×△!?
そう、今日はアイアンがまるでダメ。先日の練習と同じ。
まるで腰が入っていないスウィングなのだ。
だから飛ばない。飛ばそうとして上半身が起き上がってしまう、まるでド素人打ち。
それが分かっていて直せない。
人間の体って面白いもんだ。
左臀部を痛めて、それをかばうような打ち方をしていたら、元に戻らなくなってしまっているのだ。
アイアンへの信頼感がまるでない。
おまけに、この辺から前の組が遅くなり始めた。
多分、我々のスピードに合わせるのが辛くなってしまったのだろう。
良くあることだ(笑)。
我々も辛い。
寒くて寒くて、手がかじかんできている。
体も固まってきてしまって、私は一旦は脱いでた服を着て、それでも寒いからといって、その上にまた一枚着る始末。こんなに着るのは私の場合は珍しい。
左肩で膨らむ服のせいでボールが隠れてしまうし、腕の筋肉の伸び方が確認できなくなるので、普段は絶対にやらないのだ。出来れば裸でゴルフをやりたいくらい。
まあ、つまりは今日のゴルフは諦めたという事。
で、結局前半は42のパット数18。出来が悪い割には良くまとまった方だなと思う。
後半はさくらコース。
今度はじゃまする人もいない。思いっきりやるぞー!とは思ったのだけど、なんだか前半よりも調子が悪い。
1番でパーを取ったきり、2、3、4、5、6番と連続ボギーのボギー地獄!
あれれ?パーってどうやって取るんだっけ?と言っても、アイアンが悪いとパーなんて取れっこないのだと気がつかされる。
特に、秋のへたった芝というのは、練習場のマットと違ってよほどのクリーンヒット以外寄せ付けてくれない。
7番ロングではとうとうダボ!
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


悪い時には悪いことが重なるもんで、バンカーのヘリの隙間にボールが入り込んでしまうという珍しいことが起こってしまった。
どう対処したらいいもんか?ルールが分からないけど、取り敢えずアンプレアブルしてバンカー内にドロップ。
アンプレアブル自体滅多にしたことがないけど、バンカー内のアンプレアブルって見た事も聞いたこともない。
取り敢えず1打罰にしたけど、これで良かったのかどうか?
まあ、帰ってルールブックを見てみたら、この対処方法でよいことが分かってホッとしたのだけど、このホール、結果はダボ!まあ、致命的だわね(笑)。
とても不謹慎だけど、もうこうなったらゴルフなんかどうでもよくなってくる。
とても不謹慎だけど、娘のワンセグ使って「花嫁のれん」を見ながらのゴルフ。
ところが!寒さのせいで携帯も電池切れ!
最終の9番ホールをちゃっちゃと終えて駐車場へ駆け込んで、車のカーナビのワンセグ!
ところがこれが電波が受信できない!くそー、この役立たず!
もう一度携帯のワンセグ!暖かいところなら電池も復活するはず!
そう!復活!無事最後のところを見られて少し満足。
はあー。アホだろ。
そういえば後半のゴルフ。44のパット数16。トータル86の34。
娘は96のパット数35。
まあ、その内娘に追い越されそうだ。
なんたって、今日はドライバーを殆どオーバードライブされていた。娘は気持ちよかったろうなぁ。
ちなみに、娘と上さんは今夜ワイン食事会。
その後私と合流してカラオケに行くんだと。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 相変わらずお天気は悪いけど、いくら何でも明日はゴルフに行く。

随分と久しぶりのような気がする。実際久しぶりなのだろう。
その間、何度か練習には行ったのだけど、なんだかドンドン下手くそになっているような気がする。
特に昨日は最悪であった。
右手主導がどうあっても修正できずに終わってしまった。
思うに、ゴルフからしばらく遠ざかってしまうと、どうしても本来の利き腕(右手)に従った生活習慣となってしまって、それがゴルフにも出てしまうのではないかと…。
どっしりと構えて、どっしりと打つ他ないのだが、そのどっしりが腰の調子が悪いせいかついついかばってしまうようだ。
まあ、明日はなるようになるだろうけど、実は、少し練習してからコースに入りたいもんだ(笑)。
そんな事は、初めて椿台CCに行ったとき以来だけど、そうでもしない事には、明日のゴルフはとんでもないことになりそうな気がする。
90越えもあるかも知れない。
「えー、シングルでもそんな事あるの!?」
と嫌みの一つでも言われそうだけど、所詮アマチュアのレヴェルなんてそんなもんじゃなかろうか。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


以前練習場で旧知の人と話した時に、その人はゴルフ歴40年のベテランなのだけど、
「昨日シングルの人とゴルフしたけど、メタメタだったや。あれでもシングルなんだからなぁ」
と小馬鹿にしていたことを思い出す。
でもまあ、そんなもん。
所詮アマチュアレヴェル。
新しくクラブを換えればメタメタになる事もあるし、久々すぎるゴルフであればメタメタにもなる。
いつもと違うコースならメタメタにもなるだろうし、運動しすぎても不足しすぎてもメタメタにもなる。
山岳コースが得意な人もいるだろうし、平たんなコースが得意な人もいるだろう。
経験が増えれば、今日はどんな日なのかも大体は見当がついてくる。
それに、若い内の体ならいい。変化の殆どは成長みたいなもんだ。
でも、年寄りの変化は違う。その殆どは老化だ。
自分のゴルフは50才を過ぎてからのものだったから、50才を過ぎてからも体の変化は成長だった。
胸筋がグーンと出て、体が一回りも二回りも大きくなって、腕立てもホイホイと出来れば腹筋も楽なもんだった。背筋は強くなり、そのくせ体には柔軟性も備わって、屈伸も楽に床に手が付くようになった。
そんな時はドライバーも良く飛んでくれた。
まさに、体が成長していたのである。
だがしかし、最近は老化の方が目立つようになってしまった。
体は硬くなり屈伸をしても床に手が付かなくなってしまった。
背筋なんて、その強さとバネを感じることもなくなってしまった。ただ、無駄に肉がついているような…。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


そんな状況に心臓の手術であるから、最早激しい運動も出来なくなってしまったのだから、老化は進む一方である。
さて90越え。
明日は本当にあるかも知れない。
ドライバーはともかく、アイアンがあの調子であればどうにもならない。
なんたって飛距離が定まらないのだ。
例えば一番得意なPW。
しっかりと打てた時は125ヤード前後なのだが、腰の入らない打ち方をした時は115〜120ヤード。
5〜10ヤード位も違ってしまう。
そこに右手打ちが加わってしまうと方向性がバラバラ。
明日は番手一つ大きくした方が良さそうな気がするのだけど、そんなんでゴルフと言えるのかどうか、悩ましいところである。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 今日は久々に家族3人でゴルフに行く予定だった。やる気は満々。

とは言っても予約を取っている訳ではない。
大体は、朝起きて行ける時に行く感じなのだが、娘曰く、「朝目覚めたら雨がザバザバ降っていたから、これはダメだなとまた寝てしまった」と言う。
確かに、窓から見える空の景色はどんよりと、今にも大雨が来そうな雰囲気だ。
昨日まであんなに晴れていたのに。今日は、せっかく会社が休みなのに…諦めきれない。
なのだが、疲れていてまた眠ってしまって、次に起きたのが午前11時過ぎ。
相変わらず真っ黒な雲が空を支配している。
この11月の寒空、ただでさえ寒いというのに雨でも降ったらゴルフどころではない。
さてどうするか。
このなまりきった体をどうにかしなきゃいけない。それにはゴルフが一番なのだが、秋雨はかなり辛そうである。
グズグズしてたら今日一日が終わってしまう。
天気図を見てみると、午後からの雨の確率は70%!でも、雨雲の流れからすると今が雨のピークのような気がする。
「よし行こう!」
と準備を始めた。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


寒さ対策でホカロンをシャツに2枚貼って、いつもより多めに服を着る。
そして娘が予約の電話。
「今日の12時45分頃にスタートしたいんですが」
すると意外な答えが返ってきたらしい。
なんと!この平日のこの雨の中、椿台CCは混んでいるらしい!
はあー、この寒い中、雨も降っているというのに、混んでる!
自分の事をあげて言うのもなんだが…気が知れない(笑)。
名門コースというのは大したもんだ。
こんな寒空の雨の中、コンペが入っているというのだから大したもんだ。
混んでいるのだったら辞めようという話で落ち着いた。
3時間コースで回るのならともかく、ぶるぶると震えながらのゴルフはまっぴらゴメンだ。
椿台CC以外で3時間で回らしてくれるコースは他にはない。
他のコースだったら多分、その時間から回ったら日没になってしまう。
しょうがないので練習場へと行く事にした。
寒いのでいきなりドライバーを持ったのだけど、第一打は160ヤード!次も160ヤード!
なんだいな。
やー、これは行かなくてよかったかも知れないと思い始めたのだけど、それにしても160ヤードは酷い。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


それもしょうがない。なんたって体がいう事をきかない。
足と腰がバラバラだし、上半身と背筋、肩の動きがバラバラ。どれもこれもがいう事をきいてくれないのだから。
なるほどねぇ、こんなにバラバラだと160ヤードなんだ。
とまあ、答えが分かったところで改善できる訳でもないのがゴルフの難しいところ。
しょうがないから、動くところだけ動かしてやる。
先ず上半身。普通なら足腰からなんだけど、その足腰が今は言う事を聞かないのだから取り敢えず上半身。
それを直しただけで190ヤードくらいに復活はした。
但し、上半身の形が出来た分、下半身が無様で、その分方向性はどうにもならない。
無様な下半身と合わせようとすると、どうしてもゆるゆるなスウィングになってしまう。
もっと驚いたのがアイアン。
どうしたらこんなに無様なスウィングになってしまうのか。
先ず左手主導が上手くいかずに右手打ちになってしまっている。
それが分かっているのになかなか直せない。
おまけに、前回の「左肩がじゃま!」というのがなかなかスムーズに解消できない。
肩がスムーズに回らなくなっているのだ。
その分、腰の入り時とインパクトの瞬間がずれまくって力強いボールにならないのだ。
まあ、随分と練習をサボったツケが回ってきている事と、急に寒くなった事で、回らない体が一層回らなくなったことが重なってしまったという感じ。
寒さが増すこれからのゴルフは大変ですね。
という事で、これから後何回ゴルフが出来るのか?
天気図を見ると雪マークまでついているし、行ける時に行かないと今年が終わっちゃいますね。
天気図を信じるなら、明後日がチャンスらしいチャンスですぞ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 昨日の夜もお散歩に出かけた。

前日同様、お散歩ごときで体のあちらこちらが痛むのだが、前日とは痛み方だ違う。
痛み方が重い。
随分と体のあちらこちらから筋肉が抜け落ちてしまっているようだ。
お散歩を終えて家に辿り着くと、自分の脹ら脛が太くなっている。
そんな、まさか!と思う人もいるかも知れないが、ようやく下半身に血が流れ始めたという事だ。
私の場合は、少し運動を続ければ下半身、特に脹ら脛にその効果が現れる。
まあ、逆に考えると、いかに普段血が回ってない状態なのかという事になる。
まあ、糖尿病でドロドロ血の状態が長く続いている人間なんてこんなものなのだろう。
なんたって、心臓の太い血管が詰まってしまうくらいなのだから、体の中の細い血管の状態なんて推して知るべきだ。
こんな事にならないためにも、若い頃からこまめに体を動かし、運動する事は必要だ。私の場合は今更なんだけどね。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


まあ、今日はいいお天気だ。
今日あたりゴルフコンペを企画していた人は普段の心がけがよほどいいのでしょう。
私の場合は心がけが悪いせいかゴルフに行く事すら出来ない日々が続いている。
しょうがないので2日連続でゴルフ練習場へ。
お散歩と練習のおかげで体が少し動いてくれるような気もしたのだけど、結果は散々である。
昨日の方がいくらかマシだ。
運動しているのに…とはいえ、まだ2日間だけなのだが(苦笑)。
どうにも飛距離が足りない。
特にドライバー。昨日は久々に飛んでくれてたというのに、今日は逆戻りしている。
それどころかフォームが崩れまくって芯に当たってくれない。
その内妙な事に気がついた。
左肩が妙にじゃまなのだ。
左肩が視界を遮っていて、マットの上にあるボールが見にくい。
そういえば、昨日から気になっていたのだが、ようやく今日気がついた。
目線の先に肩があるという事自体おかしいのだ!
ありえない!
なんで?
思うに、ティーバックの時に体が回って…回って、左肩は顎の下に来なければいけないものの筈。
それがどうした事か、顎に来る前に止まってしまっているのだ。
つまり、ティーバックが浅い!
なるほど、これじゃあ距離が出ないはずだわ。
フォームも崩れるはず。
ティーバックが回らないという事は、そりゃあ下半身の足腰が弱いからという事に起因する。
知らず知らずのうちに左の臀部をかばってしまっていて、踏ん張りも利かず、ティーバックが浅くなってしまっていたのだろう。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


まあ、こんな状態でよくもゴルフなんかやれたものだ。
だってなあ、PWで5ヤードは違ってしまう。5ヤードも違ってしまったらグリーンオンするか手前で失速するかの大違い。
なるほど、この間のゴルフでドライバーが好調だったにもかかわらず85も叩くはずだわ。
いや、今行ったら90も叩いてしまうだろう。
地道にお散歩とゴルフの練習をするしかないな。
ちなみに、今日のゴルフ練習で気がついた自分の体の変化。
お尻の筋肉が分厚くなりました(笑)。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 昨日は久々にお散歩に出かけた。

随分と久しぶりなのであるが、張りぼての筋肉はあっという間になくなっていて、まず最初に脹ら脛が痛み始めた。
お散歩で脹ら脛が痛むというのも随分と珍しい話なのだが、それほどの運動不足なのだろう。
次いで、やはり左臀部が痛み出した。
痛みだしたと言ってもそれほどキリキリと来る痛みではないため、フルコースで歩く事にした。
お散歩の後半には、脹ら脛や臀部の痛みも和らいで、やっぱりお散歩は必要なのだな、と痛感。
で、散歩のご褒美として、帰りにコンビニに寄って缶麦酒とおつまみを買って、麦酒を飲みながらお仕事。
これがおつまみが多すぎたのか腹が膨れるほど飲み食いしてしまって、早めに仕事を切り上げて、早めに寝る事にしてしまった。
朝起きると、どうにもこうにも体がだるい。
娘と二人、ゴルフの練習に行って体をほぐそうという事になった。
ゴルフの練習も久しぶりである。
そう考えると、最近は体にいい事をちっともしていない。
なるほど、体の老化は進むばかりである。
あげくに、今日は目がよく見えない事に気がついた。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


困ったもんだ。これではパソコンすら上手く打てない。
パソコンすら上手く打てないのだから、ゴルフボールにも上手く当たらない(笑)。
まあ、酷いもんだ。
アイアンを持っても良い当たりをするのは2球に1球。
どうした事か。
良い当たりをしてもいつもの飛距離が出ない。
その内気がついた。
良い当たりの時は手打ち。
普通に打ったんでは足腰が弱っていて足腰がスウィングについていけずにダフッたりトップしてしまう。
それが嫌で上半身、特に腕を中心に当てに行くと、まあそれなりに当たる。
なるほど、これじゃあ娘と同じスウィングだ。
そのくせドライバーは良く当たる。
腰やら臀部やら、動くも動かないもお構いなしに無理矢理動かすもんだから、なんとかかんとか当たってくれるのだが、これが不思議な事に良く飛んでくれている。
方向性も抜群。
なるほど、これは先日のゴルフそのものだ。
ドライバーはバッチリ。
なのにスコアは85。
なるほどねぇ、この足腰じゃあアイアンの飛距離が1割減で、しかも方向が悪い訳だ。
スコアなんてまとまる訳もない。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


もっと運動が必要だね。
そんなに長生きできる体とも思えないけど、生きている限りは、あまり自分の体に不平不満を持たない方が楽しいに決まっている。
もっと運動しましょう。
15日を過ぎたらゴルフ三昧するつもりだけど、そのためにもお散歩で体を鍛えておかねば。
まあ、体を鍛えるというその手法がお散歩、というところが尋常じゃないんだけどね(笑)。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 昨日は招かざる客のことを書いたのだが、その後、またまた招かざる客がやってきた。

よく続くものだ。
午前中の客と話している間に来たようで、アポ無しである。
名前を寺尾(仮名)と名乗ったそうだが、記憶にない。
元銀行の同僚だと聞いても、思い出せない。
誰だろう?
しばらく思い出せなくて、上さんに「寺尾って知ってるか?」と尋ねると、多分、高卒の同期の人間じゃないかという。
なるほど思い出せないはずだ。
私は基本的に人を覚えるのが苦手、と言うよりも興味がないようだ。
社会人になった当初、こんな事があった。
駅前を歩いていると知っている顔に会った。多分、高校の同期生である。
「やあ久しぶり。どうしてる?」
「銀行に入った」
「へぇー、何銀行?」
「お前と同じだって」
「あ、そう。奇遇だね。確か高校も一緒だったよね。何クラスだった?」
「お前と一緒だって」
まあ、そんな感じ。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


そんなんだから、同期といえども高卒の人間となるとまるで覚えてもいない。
多分、話をしたことも殆ど無いのではないか。
そう言うと随分不遜な人間のように聞こえるかも知れないが、そもそも私は不遜(笑)。
二人の立場は、彼は雑草であり、私は超エリートだったのだから接点などあろう筈もない。まあ、不遜な私なのだ(笑)。
その辺を踏まえて。
さて彼は、今度はアポを取ってやって来た。
大体、銀行員なのであればアポも取らずやって来るというのは随分と非礼な話だ。
上さんが予想した通り、寺尾なる人物は同期の人間だった。
但し、記憶にある人なつっこい笑顔は微塵もなくなっている。そこには、ただ初老の人物がいた。
そして身なりに驚いた。
よれよれのジーンズにジャケット。
「あれ?銀行員かと思っていたけど辞めたの?」
「えー、早期退職に応じて、退職金も積み増しされると言うので2年前に退職しました」
退職金の積み増しって、銀行の退職金なんてたかが知れている。
しかも、2年前と言ったら、銀行が潰れる騒ぎがあった時ではないか。
「潰れる騒ぎの時だね」
彼は驚いた顔をしている。それはそうだ、そんな騒ぎがあった事なんて公表はされていない。
しかも、当の銀行員だったというのに真実が分かってないことに驚いた。
まあ、末端の銀行員なんてそんなものか。
彼は唐突に、まあ、殆ど唐突な話なのだけど、同僚の悪口を言い始めた。
意味が分からない。
あまりに意味が分からないので、10分くらいで済むだろうと思っていた面談は2時間にも及んでしまった。
彼が言うには、この4月に昔の同僚3人で会社を立ち上げ、この10月にはその会社を清算することになってしまったという。
その同僚への恨み辛みである。
聞いたところで、そんな赤の他人のことなど興味もないのだが、50を過ぎた元銀行員が3人も揃っていて空中分解したことが不思議だ。
「あなたはどういう立場だったの?」
私の場合、名前に馴染みがあれば、その名前で呼ぶのだが、馴染みがなければ「あなた」になってしまう。
「私も取締役でした」
「その取締役に同じ取締役がいちゃもん言う訳?」
「もう何から何まで。アホなんですよ」
思い出すと興奮してしまうらしい。
「社長が諫めないの?」
「社長は人柄はいいんだけど、それだけなんだよな」
だんだん言葉遣いがぞんざいになってくる。
まあ、この時点でアウトなんだけど。
「つまりこういう事だ。会社という組織のことが分からない3人が集まって会社を作ったら、皆が好き勝手な事を言う会社になってしまって、社長のいう事もきかなくていい会社ができてしまった訳だ。そりゃあ潰れるね。銀行だって、頭取の言うことにあれやこれやという人がいるはずもないでしょ?役員になればなるほど、次がある訳だからYESマンになって当然でしょ?それにしてももったいないなぁ。やりようによってはどうにかなったんじゃないの、その会社?本当に潰すの?」
もう、清算が済んじゃったそうである。あらもったいない。
自分より年下の社長だから、その御輿を担ぐ気にもなれなかったのだろうか?
だとしたらアホだ。会社をやる資格など元から無いに等しい。
彼が今日来た目的は、就職先を紹介して欲しいと言う。
子供が大学へ入ったばかりでなんとか卒業させてやりたい。働いているのは妻一人でパート。自分だけぶらぶらしている訳にはいかないのだという。大学は1年で2百万かかると言う。
辛い話だ。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


贅沢は言わない。15万円あれば十分だという。ゴミ掃除でも何でもやる。
話している内に、15万円は手取りの15万という話に膨らんだ。それなら17万円は必要だ。
「営業やっていたんなら、色んな会社の社長さんを知ってるんじゃないの?」
「いや、個人の大口の資産家相手だったから、会社は…」
じゃあアウト。取り柄にはならない。
「経理はできるの?」
元銀行員であれば経理ができて当たり前と世間では思っているだろうけど、それは無い。銀行員って経理なんかできやしないのだ(笑)。
「それは勉強して」
と彼は言うが、普通一般の企業は元銀行マンに「勉強」なんて期待してはいない。
アウト。
おまけに話を聞いていると、彼は銀行を退職した後に、転職を何度か繰り返している。
「何でもやる。ゴミ掃除でも便所掃除でも」
と言う割には、辞めたくなる理由が色々とありそうだ。
多分、辞める理由を色々と探してしまうのだろう。
まして彼は、銀行存亡の危機にあった時に、真っ先に逃げ出しているのだ。
私の場合は逃げたのではない。
「○○さん(私の事)だって、意地があったからここまで来たのでしょう。私にも意地がある」
「意地なんて無いよ」
「えっ?意地あるでしょう」
なんの意地があるのか、どんな意地をもてばいいのかよく分からないが、そんなものある訳がない。
同じく、銀行をドロップアウトした者同士、同一視したいようだけど、それはあまりにお門違いというものだ。
「あのね、意地があったら秋田になんかいないって。おまけに、辞めてからも当時の頭取や次の○○頭取、その他の役員達と付き合ってないって。まあ、今は知っている人達は皆退陣したから、もう関係ないけどね」
彼はその後も銀行の悪口を続けた。特に、危機的状況を招いたA級戦犯達は名指しで非難し続けた。
まるで、今現在の自分の姿は彼らのせいなんだとでも言いたげだ。
結局、彼はなんのために来たのか?おそらくは私の会社で雇って欲しいという事だったのだろうけど、それは無理。
口の利き方も知らない勘違い人間を雇い入れることはできない。
むろん、紹介することもできない。
相手先にどんな迷惑をかけるかも知れない人物など、恐くて紹介できるものではない。
おまけに、彼の人相は相当酷い。
そんなんだから、平気で世話になった会社の悪口を言う。
世話になっておきながら悪口を言う人間は、きっと、この先出会う会社の悪口も言うだろう。
自分で会社をやればいいのにね。
 
さて、ゴルフのブログなんだからゴルフのことを少し。
本日、練習場へと行った。
結果は、やはり30球限定の肉体で、30球過ぎた辺りからどうにもならなくなってしまった。
下半身強化が必要ですね。
先ずはお散歩から。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 久々に天気予報がよく外れてくれる(笑)。昨日よりも良いお天気だ。

今日あたりゴルフに行けば、きっといいスコアが出るに違いない、とは思っても、この時期、そうそうゴルフに行ける訳でもない。
世の中は思いの外不景気で、じんわりとその影響がやって来ている。
全く、震災以降全てのメカニズムが崩れてきている。そんな事は分かりきっていたことだけど、分かるからと言って全てに対応ができる訳でもない。
多分、来年にはもっと酷くなるんだろう。そう覚悟していた方が良さそうだ。
こうなると、公務員の方がよほど良い。
自分の友人に公務員になった人間がいるけど、と言っても、我々の時代に好きこのんで公務員になるような人物はそう多くなく、大変珍しいかったのであるが、Nクンはその珍しい人間の一人。
普通なら同じ公務員でもキャリアになる。
Nクンの場合は、何故か地方公務員になった。その理由はあくせくと働きたくないから。
今なら当たり前のような感覚だけど、当時としてはそう言う人間は珍しかった。
私の友人の中でも「あくせくと働きたくない」などと堂々と言う人間は唯一彼一人だった。
なんたって、「あくせくと働きたくない」人間などと言う人物は、ぐうたらで出来の悪い人間と相場が決まっていたから、彼のそんな考えを聞いた時は、かなりビックリしたものである。
なぜなら、彼の頭脳は天才的で、例えば、珠算などは3段であった。
私も数学は得意であったのだけど、彼の前では歯が立たずに、麻雀の点数計算は彼に任せきりであった。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


菅直人元首相が、学生時代に麻雀の点数計算機を発明したと自慢していたが、これはとてもたわけた人間の発想で、普通なら、麻雀の点数計算など、人間の頭でやるものだ。
点数計算機が欲しいなどと言う発想自体が、普通ならない。
そう考えると、菅直人と言う人物は、点数計算機が必要な頭だったという事になってしまう。
Nクンの頭脳は天才的である、そんな数学的な頭はもちろん、他にも驚異的な才能があって、彼は全国の市町村の人口はもちろんのこと、特産物などを全て理解していた。
なぜ?
何故そんなものを覚えて、なんの得があるのか分からないのだが、ある時、何故そんなものを覚えるのか
尋ねた時がある。
すると彼はこう答えた。
「ただ好きなだけ。見てると楽しいんだよね」
まあ、公務員向きなのだろうか?
その彼が、公務員の給料は安すぎるとこぼす。
公務員の給料は毎年下がっているとこぼす。
所得の話をすると怒り出す。
まるで、人生の負け犬のごとくなのだが、最近になってようやく立場が逆転した。
やー、やはり公務員は良いな♪と。
さて、そんな時に来客があった。
新しく事業を立ち上げたという。
よくもまあ、こんなご時世に新規で事業などやるものだと感心するのだが、成功する人間というのは、こういう苦難の時期に出立して荒波の中を夢中でもがいて泳ぎ切る人間なのだろう。
何よりも営業が好きみたいで、その営業のノウハウを会得している。
まあ、教えるものが何もない。
後は、彼の努力次第だし、彼が、いかに自分と馬の合う人間と出会えるかだけである。
つまりは運。
そんな彼に運を与えるべく、来年の取引を一つ約束してやった。
これで彼の運は、また少し上向きになるのであろう。
そんなに関係も深くなかった彼になんで約束をしてあげたのか?
それは彼がゴルフの話をし始めたからである。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


彼は、玄関に置いてあるゴルフバックをめざとく見つけた。
そして最近になって商売のためにゴルフを始めたという話をし始めた。
ゴルフを始めたばかりなのだから、ゴルフの詳しい話などは彼にはチンプンカンプンである。
それでも彼は辛抱強く、私のゴルフの話に耳を傾け続けるフリをして見せた。
うん、合格!
まあ、そう言うこと。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 日曜日は久々に家族3人でゴルフの練習に向かった。

私は思いの外調子が良い。
ドライバーは真っ直ぐだし、何よりも新ドライバーはフォームバランスが良い。無理なくテークバックが出来、思い通りのダウンスウィング、フォロースルー。
これでなんで飛ばないんだろうと不思議な気分だ。
そう、そんなにもスムーズに振れているのに、飛距離は以前と変わらないのが残念だ(笑)。
ただ、それは多分、ドライバーのロフトが9.5度になることで多少は改善されるのではと思われる。
とにかく、ロフトの10.5度では高く上がりすぎ、とても距離を稼げるような放物線とはならないのだ。
まあ、近々に9.5度のロフトのものに変更する事を考えている。
30球も打つと隠れていた臀部の痛みが出てくるため、後は上さんと娘の面倒を見ることにした。
上さんの面倒はこの間見たので、今度は娘の面倒を見る。
娘はドライバーの調子が悪い。ボールがスライス気味に飛ぶ。
「あのね、ボールがスライスすると言うことは、フェースが斜めに当たっていると言うことなんだ。速攻で直すとしたら、先ずは、インパクトの瞬間に右手を返してみて」
それで一発でスライスは直った。
「でも、手を返す打ち方って難しいでしょ?どの位返せばいいのか訳が分からないよね。だから、スライスを直す2つめの方法いこうか。ボールを真ん中に置くクセがあるから、思い切って左足のつま先まで持っていって!そこで打ってみて」
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


それでまたまたスライスは直った。
「左足のつま先の位置って、結構打ちやすいでしょ?それは、あなたの使っているクラブが男性用だから、どうしても振り遅れてしまうからなんだよ。左足のつま先の位置にボールがあれば、そこへフェースが届くまでにフェースが真っ直ぐになっているからなんだ。もう一つ、それをもっと確実にさせるために、右足の位置をもう少し下げてみて」
それでますます振りやすくなったみたいで、以前の豪快なスウィングに戻った。
快打連発である。
さて本日は月曜日。
天気予報は相変わらず雨との予報だったのだが、朝起きると快晴である。
どうにも今日は雨が降りそうにもない。
次第に雲は増えてきて不穏な雰囲気なのだけど、なんとか保ちそうでもある。
そうなるとゴルフをやりたくなってくる(笑)。
なんたって練習場では、30球限定であるがすこぶる調子が良い。
今なら、70台なんて軽くいけそうだ。
早速ゴルフ場へ予約。お〜、2週間ぶりの、いや3週間ぶりのゴルフだ。
椿台CCは今日は空いていた。そりゃあそうだ。なんたって、この寒空、天気予報は雨だったのだから。
さつきコース1番。風は結構なフォロー風。
若干当たり損なったその第一打は、それでもフォローに乗ってフェアウェイをキープ。
残りの140ヤードを8番アイアンで綺麗に2オン!
うんうん、思い通りのゴルフができているゾ。
ここで、上さんに貸していたクラブを取り出した。
そうなのだ。今日は出がけにこっそりと、今は上さんのものになったもと私のクラブとすり替えてきたのだ。
さあー、これで今日は軽々と70台だ!
と思ったのだけど…パターのカバーを取った私は、そのパターを見て唖然!
なんと!そのパターは昔の古い上さんのパター!
???????
一瞬目を疑った。
多分、ゴルフ場のキャディが間違えて安物のパターの方にカバーを掛けてしまったのだろう。
ったく、キャディは3万円のパターと3千円のパターの違いも見分けがつかないのか。
まあ、そのショック。
結局私は、その3千円の安物パターを使う羽目になってしまった。
少なくとも、私はかなり動揺している(笑)。
ハッキリ言って、ゴルフどころではないくらい動揺してしまった。
おかげで、2番はダボ!
但し、6オン1パット。
最後は結局、その安物パターに助けられてダボで済んだ次第。
まあ、安物パターもなかなか良いじゃないかと。
思うのだが、どうにも同様は続き、その後もボギーは続きどうにもならず、前半は44のパット数15と言う惨状。
まあどうしたことか。
ドライバーは絶好調。距離はまあまあでしかないのだが、とにかく方向性抜群で100%フェアウェイ。
いやいや、狙った所に飛んでくれるのだから凄い。シャフトを変えただけでこんなにも違うものなのかと、今更感心する。
但し、10.5度のロフトは、今日のような強風では、アゲインストの時はどうにもならない。
でもまあ、使える。
後半はどうにかなるだろうと、さくらコースへ。
そのさくらコース。今日はなんとも意地悪な設定で、悉く距離が長い。
ボギーパーと進んで、3番はロングホール。
10.5度のロフトはフォローの時には強い。ビッグドライブとなって、2打目は失敗したが、それでも残り距離は120ヤード。
120ヤードとなれば伝家の宝刀PWだ。フォロー風、でも登りの砲台グリーン。ちょうど良い感じ。
但し、風で少しオーバーするかも知れない…とテークバックしてダウンスウィング!
その時!グリーンの奥に人の頭が見えた!
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


はあ!?あろうことか、グリーンキーパーがグリーンの奥にいる!
これは打てるものではない。
この風の強さ、運が悪ければ直撃だ!
「おーい、じゃまだよ!」
「○×△◆!?」
「やかましい!じゃまだからどけ!って言ってんの!」
そんなやりとりをしていたら、次のコースの人から声がかかった。
「お、もっと言ってやれ!アイツ頭おかしいんだ。いっつもそうなんだ」
その人も怒っている(笑)。
そのグリーンキーパーはそそくさと逃げていったのだが、こちらの腹の虫は収まっていない。
おかえで、たかが120ヤードの距離をバンカー。
敢えなくボギーとなってしまった。
もうあかん。
その後、気を取り直してパー、パーとするも、6番ではまたしても致命的なダボ!
万事休す!
結局後半も41のパット数17でトータル85の32。
少しだけ憮然としてしまったゴルフだったのだ。
但し、ドライバーは良い感じ。
安物パターもとてもイイ感じ。
悪いのは、小技のアイアンだけ。
まあ、3週間ぶりのゴルフだったらこんなモンなんでしょう。
してみると、月一ゴルファーがいかに難しいかって分かろうもんだね。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 1ミリの誤差もなく…と書いたが、そんなつもりで打ってない人には、まさかそんな事ができるはずもない、と思ってしまうかも知れない。

でも、フォームが固まって筋力が一定してくると、案外そんな感覚で打てるようになってくる。
50才を過ぎてからゴルフを始めて、そんな感覚になれたのは、ほんの2年程度でしかなかったが、その全盛期、9番アイアンで打つと、そのアイアンのフェースにはただ一点のボール痕しか残らなかった。
但し、自分の場合、そんな打ち方ができるのはPWと9番アイアンの2本だけ。
フェースには綺麗にボール痕が1点だけ残る。
そんな時の飛球線は美しい。
高くボールがグィーンと上がり、天空でピタリと止まりそのまま落下する。
雨上がりの翌日などは、グリーンにドスン!と落ちてめり込んでしまうこともしばしばあったくらいだ。
120ヤード先のピンを直接狙えと言われれば、まあ、狙って狙えなくもない。
じゃあ、毎回ホールインワンが出るだろう!と揶揄されそうだが、それはそんなに簡単なものではない。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


正直、ホールインワンは1度しか経験がない。
練習場と違って、本番は、ティーアップの場所すら真っ平らな所は先ず無い。
ゴルフを始めたばかりの人ならば、ティーアップする場所は、ティマーカーに近い所と決まっているのかも知れないが、私は多少距離が遠くなっても平らな所を選ぶ。
それでも、足場もボールの位置も真っ平らという所は殆どと言っていいほど見つからない。
そうなると、せっかく練習場で身につけた1ミリの誤差もなく打つ技術なんてものは意味をなさなくなってしまう。
元々、何かが傾いているのだから、傾いたまま振ってしまうことになってしまうからだ。
これが、場所を選べないフェアウェイとなったら尚更だ。
大体、ボールが都合良く斜面を転がり続けて真っ平らな所に止まるはずもない。
ボールというものは、大体は斜面を転がり斜面の終わりかけで止まるものだ。
そうすると、大体の場合は、立ち位置はつま先下がりと言うことのケースが多い。
そうした場合、膝を折って高さを調節する訳だけど、いちいち何センチ下がりだから膝を何センチ折ってなんて分かるはずもない。
まあ、感覚に頼るしかない訳だけど、ここで「練習場での1ミリの誤差もなく」というのが生きてくる。
そう言う練習を普段から心がけている人は、ここでの誤差は2〜3ミリ程度で済むのだが、上さんの場合は、それが2〜3センチくらいの誤差になってしまうのだ。
上さんにとって、フェアウェイは練習場と同じもので、つま先下がりだろうとつま先上がりだろうと同じスウィングをしてしまう。
だから、2打目は殆どトップになってしまう。
これが何回やっても分からないようで、まあ、ただのバカとしか思われない(笑)。
練習場ではパカスカと気持ちよく打てているのに、なんとも残念なのである。
教えてやればいいじゃないか、と言う人もいると思うので、念のために言っておくと、教えてます。何度も。
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


でも、その都度忘れてしまうらしい。
見るに見かねて、一度キャディ宜しく気がつく度に「膝折って!もっと!」と指導しながらのランドの時は、見事に100を切ったのであるが、その次にはもうすっかり忘れてしまっているのだからどうしようもない(笑)。
そんな訳で、ティーアップの時に、慎重に場所を選んでいる人は、あー、この人は上手いんだろうな、と簡単に分かってしまうものなのだ。
ボールの置き場所が選べるのはティグランドしかないのだから、せめてそこくらいは大事にしたいものだ。
ところで、体調は色々と不調で、昨日などは2回も病院に行った位なのだが、いくら何でもそろそろゴルフに行きたい。
そう思って天気予報を見てみると…明日は雨!朝から晩まで雨の予報!
秋の冷たい雨で、待たされ放題のゴルフは風邪の元。やめておいた方が良さそうだ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 私は今日医者に嘘をついた。

「禁煙はしてますか?」
「はい」
「継続してるんですか?」
「はい」
真っ赤な嘘だ。
どうにもこうにも、自分の体が人並みに長持ちする物とは思えない。
禁煙の良さは知っていても、今更のような気がする。
禁煙していることがこの医者の満足ならば、何も事を荒立てる必要もなさそうだ。
最近の体調はすこぶる悪い。
この医者の良いところはクリアですこぶる反応が良いこと。
3日前から下腹が腫れていて痛いことを報告すると、すぐに消化器科への手配をしてくれた。その反応の良さは大変ありがたいことだ。ただ、そのために私の今日の一日は病院と決まってしまった。
 
ここのところなんとも恨めしいほどの晴天続きだ。
ゴルファーならば、ここぞとばかりにゴルフ場へと向かっていることだろう。なのに私は、体のあちらこちらが痛んで不調極まりない状態。
3日前から突然痛み始めた下腹の痛みは今のところ原因不明。下腹がぽこんと膨らんでいる。
皮膚に触っても痛む感じだ。
 

自分でカクテルを作ろう♪
興味がある人は
写真をクリック!


原因が分からないので臀部の痛みの不安を抱えながらも久々に練習場へと向かった。
その初日、歩くに支障はなくなった臀部ではあったが、さすがにゴルフとなると無理があるようで、30球も打つとキリキリとした痛みが出始め早々に諦めた。
但し、そんな状態で打った30球はそんなに悪くもない出来であった。
その翌日も上さんを連れ立って出かけた。
この日は70球も打った。私のゴルフの状態はかなり良い。新ドライバーは、距離は今までとそんなに変わらないのだが、インパクトの捉え方が楽になった。その分方向性がいい。
距離は、ロフト10.5を9.5に変えれば少しは伸びそうな気がする。
自分の状態が悪くないので、上さんのゴルフを見てあげることにした。
上さんは素直な人間なのか、運動神経が良いのか、言われたことはすぐに実行できる人間だ。
ドライバーはちょっとした注意だけで快打を連発するようになった。
問題はアイアン。
何故だか分からないが、9番を打っても7番を打っても飛距離がさほど変わらない。
70ヤードくらいしか飛ばないのだ。
見てもその原因は私にもさっぱり分からないのだが、明らかに私のアイアンの打ち方とは違っている。
原因が分からないのだから、取り敢えず、私のアイアンの打ち方を教えた。
「ボールの底の部分を狙って、そこにアイアンヘッドを上から叩きつけてやって」
上手くいくはずもない。
上さんのスイングは大雑把で、まあ何となくその辺に行っているというスウィングなのだ。
「あのね、1ミリずれても球に当たる場所が違ってしまうでしょ。そうすると、球の上がる角度とか回転とかがガラリと変わるでしょ?」
「?????????」
「いやあのね、自分ができるかどうかで判断しないでね。普通に考えて、当たる場所が違ったら球の飛ぶ角度も回転も距離も違いそうな気がするでしょ?」
「する」
「うんうん、だから、練習って言うのは1ミリもずれないように打てるようになるための練習なんだ」
「えー」
と上さんは途方に暮れた顔をする。
上さんは物覚えは異常に早い。素直にぱっぱと実践できる身体能力と頭脳を併せ持っている。
欠陥は、翌日にはそれを忘れてしまって、また一から始まってしまうこと。
私には、この忘れる能力が不思議でならない。
もう一つの欠陥は、環境理解ができないこと。
どういう事かというと、練習場のマットは平らだ。
まあ、幾分は左下がりなのだが、それはさておいて、実際のフェアウェイで真っ平らな場所なんぞ殆ど無い。
にも関わらず、上さんは、全て真っ平らと同じ打ち方をしてしまう。
これではまともに当たるはずもない。
100%まともに当たらない。
いいかげん理解しても良いと思うのだが、いつも同じ失敗をしている。
当たり前のようにダフって地球を叩いているような人間に、「1ミリずれてもいけないんだよ」と教えても、それは無駄なことに違いない。
でも、練習はそう言う気持ちでやらないことには何万球打とうがどうにもならない。
この、今日覚えたことを明日には忘れてしまう人、そして、環境が違うのに同じ物としてしか認識できない人、こんな人は案外多くいるものだと言うことが最近よく分かった。
話変わって、昔いた社員で運動神経抜群!身体能力抜群!と言う女性社員がいた。
どの位身体能力抜群かというと、多分、普通の男の子では彼女と喧嘩したのでは敵わない。
多分、ものの数分でノックアウトされてしまう。学生時代は、ソフトボールをやっていてエースで4番であった。
その彼女が、ゴルフをやってみたいというので練習場へ連れて行ったことがある。
ソフトボールをやっていただけあって、彼女はすぐにボールを捉えだした。
ちょこちょことアドバイスしただけで、そのドライバーの飛距離はなんと!200ヤードを超えた!
まあ、それも当然と言えば当然。
身長が167センチあって、デブに近いガッチリ体型。腕力はもちろん腰も背筋も全てが男顔負けの身体能力。
振り回すドライバーは初めから男性用のものを貸した。
当たれば200ヤードは軽く飛んでしまう。
これは一体、どこまで凄いゴルファーになるのだろうと期待した。
年齢から言ってプロになるには難しいかも知れないが、秋田県を代表する女子ゴルファーになるには簡単そうだ。
なのだが…彼女のゴルフスウィングは、どう見てもゴルファーのそれではなく野球スウィングである。
腕も足も腰もグニャグニャしている。
「先ず、その左肘を曲げるのを止めて。左肘をこんな感じで真っ直ぐにして打ってみて」
ところが彼女は言うことを聞かない。
「左肘!」
と何度も言うのだがいう事を聞かない。
困った人なのである。
その内、奇妙な現象が起こり始めた。
「ガッシャーン!」
 

イタリア製の置き時計!
興味のある人は
写真をクリック!


なんと、驚いたことにボールが真後ろに飛ぶようになったのである。
これには本気で驚いた。
一体、どんなことをすれば真後ろに飛ぶのか?見た事もなければ想像もできない。
2度3度と真後ろに飛んだんでは、他の人はどこに立てばいいのか、戦々恐々である。
これではゴルフの練習は中断せざるを得ない。
それ以降、彼女のゴルフ練習に付き合うことはなくなった。
人のいう事を全く聞かないのだから教えようがない。
人の言うことを聞かないのであれば自分で勝手にやれば良かろう。
何よりも恐い。
考えても見て欲しい、普通ゴルファーにとって一番安全な場所であるはずの後ろにボールがビュンッと飛んでくるのだ。
かくして、彼女のゴルファーとしての人生はあっけなく1日で終わってしまったのである。
なのだが、それから数ヶ月経って、私はこの後ろにボールが飛んでくると言うその正体を知ってしまった。
彼女のスウィングは、常人の想像を遥かに超える程正確すぎて、それこそ1ミリの誤差もなく地面すれすれですり抜けるため、ヘッドがボールの下をくぐり抜けてしまっていたのである。
つまり、ボールはギリギリヘッドの上部に当たって真後ろに飛ぶのであった。
いやー、これは先生が悪い。
そうと知っていれば、単純に短いピンを使用してボール位置を下げてあげれば良かっただけのことである。
素人で、初めてクラブを握る人間だからと、勝手にアバウトに思い込んでしまった自分が悪かった。
その後、練習場で同じく後ろに飛ばす男の子を見たのだが、その男の子は今もゴルフを続けているのだろうか?
もし、そんな素人ゴルファーを見たら、その人はきっと、恐ろしく才能のある人なんだと思った方が良い。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2011年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】