2012年12月アーカイブ

未来の党が分裂した。
嘉田さんって見た目通りバカなんだね。
「小沢さんを使いこなす」
なんて事を言ってたけど、本気で言ってるとは、多分誰も思わなかった。
小沢さんは陰に隠れる必要があったから陰に隠れて嘉田さんを前面に出しただけ。これは小沢さんのいつもの常套手段。そんな事は誰でも知ってるはずなのに、嘉田さんだけが理解できていなかったとしか思われない。
陰に隠れる必要がなくなったのに、訳の分からないお友達と二人で共同代表やりましょう♪なんて言い出したら、そりゃあ、「このバカたわけ!」って事になってしまうでしょう。
元々、辛抱の足らない小沢さんがそこまで辛抱することは絶対にあり得ない。
「そりゃああきませんよ」
と言ってあげてるのに、あうんの呼吸が理解できないのだったら、そりゃあとっとと離婚した方が良いに決まっている。
だってねぇ、小沢さんはまだまだ(政治家として)死ぬ気はないのだから。
まあ、小沢さんが好きな訳でも嘉田さんが嫌いな訳でもないのだから、どうでもいいのだけど、大人と子供のケンカを見てるようでちょっと切ないものがあったのかなと。
ついでに言えば、原発廃止を本気で考えている人は、ごく少数。
嘉田さんはその少数派で、小沢さんは便宜的に耳触りが良かろうと言っているだけ。
だってねぇ、最早自分は少数派なんだから、あらゆる事に文句を言って注目を引くしか方法がないのだから。
まあとにかく、器量の小さい人間が器量の大きな人間を使いこなすなんて事は端から無理なことなのだ。
そんな事とは関係なく、あっという間に年末がそこに迫ってきた。
年をとったせいか、今更慌てることなく、ただただ無事に年末を迎え、年始をお迎えしたい。
じたばたとしないお正月でありますように。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


詰まるところ、ウンコが詰まったという話である(笑)。
最初の内は業者を呼ぶのはいかにも大袈裟に思えた。
大体、業者を呼んだら、トイレを解体して、そこからはウンコがぞろぞろと出てくるおぞましい光景を想像してしまった。
皆さんだってそう思うでしょ?
だからトイレ事件の解決に1週間以上も要してしまった。
最早、新しいウオッシュレットのトイレを買うしかあるまいと思った。
年末も近いというのに思わぬ散財であるが、これも致し方あるまいと。
そのウンコ事件が大きな転換を迎えたのが、お風呂の排水。
お風呂の排水まで詰まっていることを発見したのである。
つまりこれは生活排水という奴だ。
仮説…多分、ウンコも風呂水も台所の排水も皆同じ菅を流れていく。
だとすれば、家の中のどこかでそれが詰まっている!
そんなもの、とても素人の手に負える物じゃない!
よーし分かった。
これはもう、業者に頼むしかない!
ウンコがどこに詰まっていようと、最早恥ずかしいだの何だのは言ってられない。
そのうち、風呂の排水溝からウンコが溢れ出す事態もあるやもしれない!(笑)
という事で住宅会社に連絡。
すると、
「多分、庭の木の根が配水管に伸びていったのかもしれませんね」
と。
えっ?そんな事があるのか?
で、業者の出番。

20121227001.jpeg
住宅会社の担当者と専門業者がやってきて、なんだか大がかりな工事となった。
雪の中、下水管のマンホールを探し出し…庭の中に2個。そして駐車場にも2個。
建物から離れたマンホールには水が残ってないけど、庭の中のマンホール二つには水がたんまり。
つまり、そこまでが流れてないことが判明。
「これ、建物中で詰まっているとしたらどうすんですか?」
と聞くと、
「だとしても、小型カメラを通して、どこに原因があるか分かりますから」
「へぇー、内視鏡カメラみたいな物を通すんだ!ハイテクだね!じゃあ、家をぶっ壊さなきゃいけないって訳じゃないんだ」
「それはもちろんです。大丈夫です。必要最小限で済むように出来ます」
いやはや、これを聞いて安心した。
それなら100万も200万円もかかることにはなりそうもない。
で、結局、原因は、大きなケヤキの木がマンホールのすぐ近くにあって、その木の根が伸びて、マンホールの中に入り込んで、下水管を塞いでしまったと言うこと。
「下水管の中に木の根っこが入り込むっておかしくない?」
「よくあるんです。下水管のジョイント部分から進入するんですね。庭の大きな家だとよく起こるんです。だから、たまにこのマンホールを開けて木の根っこを切るようにした方が良いですね」
そんな事、する訳もない。
いくらかかるか分からないけど、業者を呼んで切ってもらうよ。
生活排水まみれになってまで金をケチるなんて考えたくもない。
という事で、業者さん今後とも宜しく。
ちなみに、今回の費用は18.900円也でした。
この、たかが18.900円で済むことを、我々は1週間以上に亘って苦しめられたのである。
という事で、庭の大きな家の方は、トイレが詰まったら即業者さんに頼みましょう。
ちなみに、ネットでも色々と調べましたが、この回答はなかったです。
口直しに、秋田美人AKT48人をご覧下さい(笑)。

AKT48



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 もしかしたら、あわよくばこの雪が溶けて、お正月にゴルフ♪
なんて事を淡く期待もしていたのだが、まあ、そんな願いも木っ端微塵。
外はあまねく真っ白だ。
お正月からゴルフをやれた方が1年間のリズムとしては良いのだが、まあ、これは諦めるとしよう。
高市早苗がブ細工だ。若い頃からあまり好きな顔ではなかったが、年をとるにつれ、何か妖怪じみてきた。
獣偏でも憑いているかのような顔になったもんだ。
野田聖子も好きなタイプではない。
あの鼻の穴をぷくっと膨らませる幼さが危うい。
小池百合子は論外だ。
側近がこういう形で決まってくると、安倍自民総裁の顔にも若干のかげりが見えてくる。
そんな風に嫌な感じを抱いていたら、高市早苗がマスコミの痛いところを突いた質問に、凄くまともに落ち着いて答えて見せた。
「あらま、100点満点だわ」
なんだか、小学校の頃にいた、そつのない優等生女によく似た感じだ。
うん、まあ第一関門無事突破は立派な出来だ。
でも、顔は好きになれないなー。好みの問題ばかりはどうにもならんもんな。
 
話変わって、数多いゴルフブログの中で愛読している物がある。
「ゆきさきはボールに聞いて」というブログなのだけど、この人が最近変わったことをやっていて、ユーチューブか何かの映像を流している。
何気にその映像をクリックすると…
「振り子」というタイトルのアニメが流れた。
女子高生と不良学生が出会い、恋人同士になり、結婚し、子供が生まれ、仕事に成功し失敗し、人生に疲れ、年老い、上さんに先立たれ…そんな一生が淡々と無声で続く。
何故か涙が流れて大変だった。
こりゃあ大変だ!上さんにも見せてやらねば!
と、
「5分間だけ時間ちょうだい」
と、またそのユーチューブを回してあげると、
上さんも泣いている。
いやー、おかげさまで良いものを見せて貰った。
なんだかね、最近思うんだけど、長生きしているだけで、それだけで人間って立派に生きている証になれているんじゃないかと。
まあね、そんな風に思って生きてこなかった証拠みたいなもんなんだけどね。
58才の終わりかけでそんな事にやっと気づいた。
子供の頃は、こんなジジィになったら最早初体験なんて物は無くて当たり前だろうと思っていたのだが、いやはやどうして、案外初体験は続出する。
そんな初体験の
「ウンコ大紛争事件」がようやく解決した(笑)。
以下はその顛末。
 
ある日トイレの便器が詰まった。
「おーい、誰だ大きなウンコした奴は!」
誰かの大きくて硬いウンコが流れていけなくて詰まったに決まっている。
「私かなぁ」
「いや、今回は俺は関係ないぞ。お前じゃない?」
誰にでも心当たりはある。
糖質制限食に変えてから、ウンコがやたらと順調なのだ。
大きくて太くて長い!…まあ、他の皆さんの形状は知る由もないのだが、私の場合はそうなった(笑)。
そして、それ以来我が家の便器は良く詰まるようになった…気がする。
1ヶ月くらい前にも便器が詰まって大騒ぎになって、洗浄剤を使ったり、シュパシュパッとやる小型のバキュームで流し込み、メーカーにも問い合わせ、どうにもならず、最後に熱湯を流し込んだら無事開通した。
「やったー!ウンコが熱湯で溶けたんだ!」
と大喜び。
ところが、それから1ヶ月もしないうちにまたまたウンコ大事件が勃発した。
誰にも心当たりはあるのだから、今回は余計な詮索はしない。
早速戦闘開始!と相成った。
まあ、前回の知恵もあるので、今回は簡単に片付くかと…思ったのだが、これがなかなかどうしてかなり厄介で、事態は悪化するばかり。
前回は一発効果絶大だった熱湯作戦もダメ。
1日過ぎ2日過ぎ3日過ぎ…驚いたことに1週間過ぎても解決しない。
まあ、トイレは3カ所もあるんだから、他を使えばいいとも思っていたのだが、難儀なことに、文明人の必須アイテムのウオッシュレット付きのトイレは2階にある1カ所しかない。
そもそもその2階のウオッシュレット付きのトイレが元凶なのだから始末が悪い。
小ならいいが大は困る。
4日目、我慢しきれなくてパチンコ屋のウオッシュレット付きのトイレを使った。
うん快適♪
「イオンの元中三デパート側のトイレはウオッシュレットだよ」
という情報を得て、家族はイオンのウオッシュレットを使うようになった。
しかし5日目。
「大変!下のトイレも流れが悪くなってる!」
そんな折、どうしてもウンコタレがしたくなってしまった(笑)。
何とも間が悪い。
この際、別に下の階のウオッシュレット無しのトイレでも構わないのだが、そこも詰まっているとなると、なんだか後処理が…ウンコまみれになってしまいそうな予感もする。
なんだかなー、せっかく運良く無事に58年間生きてきたというのに、ここでウンコまみれになるというのも、人生なんか儚いというか無情というか、これはあまりにも大きな試練でしょうよ(笑)。
で、私は意を決してイオンに向かった。
痛む腹と今にも爆発しそうなケツを抱えてイオンに向かった。
うーん、間に合ってくれ!
祈るように走って向かったのだが、先客がいたらアウトである。
でもまあ、そこは私の強い人生運。
当然ウオッシュレット付きのトイレは、私のために空いていたのである。
よくもまあ、この年末の喧騒の中、私のためだけにウオッシュレット付きのトイレが空いてくれていた物だ。
さて、こんな事態を迎えて、私は決断をした。
「おい、トイレ買うぞ!いくらかかるか知らんがトイレ新しい最新式のものに変えよう!」
「えっ?高いんじゃない?」
「銭金の問題じゃない。一生、こんなトイレと暮らすのは嫌だ。明日業者に連絡しよう」
そんな大英断をしたその夜。
ウンコ事件は大きく転換した。
「あのさあー、もしかしてトイレの水とこのお風呂の水というのは、同じ配管を通って流れていくんじゃないのか?」
「多分そうじゃない?」
「って事は、トイレが詰まるんだったら、この風呂も詰まって当然じゃないか?」
という事で試しに流してみることにした…すると、やはり流れが悪い!
しかも、最悪なことに、風呂から上がって風呂のお湯を捨てるべく流すと…途中で、極端に流れが悪くなって…しかも流れが止まった!
はあー!?
こりゃあトイレどころじゃないぞ!
なぜってね、我が家の場合、外観上の景観の問題で、雨樋もなければ電気配線も何もないのだ。
つまり、全て家の中を通る仕組みになっているのだ。
つまり、そんな配管が一旦壊れてしまったら…一体どうすんだ〜!家壊して探すのか〜!
なんとなく不安のある構造体の家だったのだが、まさに、今その不安が現実になろうとしている。
きゃん。
100万200万の金で済まなくなるぞ。
たかが「ウンコ大事件」では済まなくなってきた今回の初体験(笑)。
あまりにも長くなってきたので、結末は明日♪
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 サラリーマンやっている頃、友人と二人で宝くじ10万円分を買ったことがある。
その頃の私の年収が2千万円を軽く超えていたために、10万円くらいの出費なんざどうでもよかったのだが、何かかしらは当たってくれるだろうと思っていた…ところが!あけてみてビックリ!
1枚たりともかすりもしない!当たりは全て末当!
いやはや、これは友人に報告する時に困ってしまった。
正直に言っても信じて貰えそうにない。
う〜ん、宝くじなんて共同で買うもんじゃないなと。
私の場合、案外運が強い方で、これまでも20万円とか50万円くらいなら当たったことがある。
家族も私は運が強いと思っているみたいで、
「お父さんが買わなきゃダメよ」
「誰が買ったって同じだろ」
「そんな事ない。今まで当たった時は、皆お父さんが買ってるんだよ」
「そうだっけ?」
そう言われればそんな気もする。
20万円の時は、もう30年も前のことなので忘れたが、50万円の時は確かに自分で買った。
10万円分買って全部末当だった時は上さんが買った。
「でしょう。だから今回はお父さんが買ってよ」
という事で、珍しくわざわざ宝くじ買いに出かける羽目になったのだ。
そうだな。
なんたって6億円だ。
1等賞金1千万円くらいなら喜びもイマイチだが、6億円ならば遊んで暮らせる。
「6億円当たったらもう遊んで暮らすな」
「えっ?仕事止めるの?」
「止めるよ。働く必要ないだろう。毎年2千万円ずつ使ったって30年もかかるんだよ。下手にそのお金を運用しようとしたら、1年でなくなってしまうかもしれないじゃないか。だったら、悠々自適30年遊んで暮らす方が良いさ」
「年間2千万円って事は、月160万円ちょっとかぁ。十分だね」
「そうそう。毎年クルージングツアーにも行けるぞ。仕事してたら行けないじゃないか」
そこで娘。
「私はどうなるのよ。30年じゃ私、まだまだ人生残ってるよ」
「嫁に行けばいいんじゃない?」
まあ、何ともアホな会話をして楽しんだのだ。
6億円欲しいな(笑)。
 

さて、今日はクリスマスイブだ。
とは言ってもクリスマスケーキがある訳でもない。
去年くらいまでは母親のためにクリスマスケーキとか用意してたもんだが、喜ぶ人がいなくなってしまうと、なんだか用意するのもめんどくさくなってしまう物らしい。
そう言えば、クリスマスプレゼントのリクエストすらない。
なんだか心はしゃがないイブだ。
上さんが、
「トリでも買ってくる?」
「何でトリよ?」
「クリスマスだからさ」
「要らないよ。トリ嫌いだし。ケンタッキーか?どうせ、今から行ったって混んでるよ。じゃなきゃ品切れだ」
「じゃあケーキは?」
「不味いケーキなんて食いたくない」
「そうかー。じゃあ、ピザでいい?」
「おー、ピザはいいな♪2枚食べよう。それでワインやったらグッドだね♪」
「じゃあ、夕飯はそれで良い?」
「グッドグッド」
という事で、我が家のクリスマスイブの夕餉はピザに決まったのである。
そう言えば、クリスマスプレゼントは、40数万円のマッサージ機にしたんだった。
それを半額に値切ってやった(笑)。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


毎日大雪だ…らしい。
実のところ、下界の様子はよく分かってないのだが、社員達の業務のスタート時間が毎日のように遅れ始めている…らしい。
上さんが、
「私も手伝いに行ってきますので、しばらく会社の電話に出られませんので宜しく」
「えっ!まだやってるの?」
「もの凄いんですよ。雪寄せしないと、社員が駐車場に車を入れられない状況で」
そりゃあ大変だ。
「あれ?でも昨日も雪寄せしたよね。また、そんなに積もっているのか?」
「今日は昨日よりも凄いです。こ〜んなに」
上さんは、手でその雪の厚みを表現した。
その厚さは想像するに20センチ位もありそうだ。
そんなバカな。何と大袈裟な奴だ。そうも思ったのだが、窓から自分の車を見てみると、確かにその位は積もっていそうである。
また冬が来たのだな。
なんだか去年の様相を呈してきている。
一昨年までは私も雪かきに参戦していたのだが、去年から参戦しなくなってしまった。
医者に雪かきは止められてしまったからである。
まあ、心臓と糖尿の持病のある私にとって、明らかに確かに危険な作業なのだ。
 

さて、今日は宝くじを買いに行かねばならない。(実は昨日のお話です)
この雪深い中、わざわざ宝くじを買いに行くなんて正気の沙汰ではないのだが、家族みんなが6億円は欲しいという(笑)。
当たるとは思わないが、当たらないとも限らない。
当たる時は1千万円も6億円も同じなのであろう。
1千万円ならどうでもいいが、6億円ならばぜひ当たって欲しい。
家族合わせて9万円分300枚買うことにしていた。
その宝くじの購入を、よりによってこの雪深い日に行かねばならない。なぜなら、明日が販売最終日で、多分長蛇の列になるだろうから、その前日にという訳である。
しょうがない。
何れ行かねばならないのだったら頑張るしかないか…と、自分の車の雪寄せを始めようとしたのだが…最悪なことに除雪車が道路の雪寄せをしたために、私の車は出られなくなってしまっている。
そう、秋田の除雪車は下手くそすぎて、おまけに頭が足りなくて、除雪をされるとかえって面倒なことになってしまうのだ。
聞くところによると、豪雪地帯の県南の除雪は大変上手だと聞く。
秋田市内の業者は、一度県南の除雪の研修に行ったら宜しいのだと、もっぱらの評判になってしまっているほど下手くそだ。
事実、でっかい雪の固まりが、私の車の先っちょ、わずか10センチの所までゴロンと転がり落ちてきていた。
これ、実際にぶつかっていたらどうする気だったんだろうね。
ぶつかっていたら多分8万円から10万円くらいだ。
そのお金は業者が出すんだろうか?それとも税金から出るんだろうか?
全く、頭が悪くてがさつなだけで、お金は飛んで行くように出ていく訳だ。
そう言えば、大分以前には、その除雪車に家の塀を壊されたことがあったんだった。
いくらかかったか分からないけど、あの時は市役所に全額弁償して貰ったんだった。多分税金でなんだろうなあー。
 

さて、雪かきである。
道路が除雪されているとなると一人では無理である。大事になってしまった。
娘に手伝って貰って二人でやる事になったのだが…これが大変。
スコップではとても間に合わなくて、ダンプを持ち出してやり始めたのだが、私は雪かきが上手い。
パンパンと片付いていく。
おまけに、
「父、上手い!さすがだ!」
とか褒めるので、ついつい調子に乗ってしまってパンパンとやっていたら…そのうち心臓がバックンバックンと。
あれ?これはやばいぞ。
うん、本当にヤワな体になってしまったもんだ。
ゴルフは一瞬の仕事だから良いのかも知れないが、雪かきのような連続運動は心臓への負担が強いらしい。
おかげで、昨日は一日心臓がちくちくと痛む恐怖の一日となってしまった。
それでも何とか雪かきを終え、さあー、宝くじを買いに行きましょう、と車で出かけた。
買いに行く場所は、広面にある猫の足跡で全国的に有名な宝くじ売り場である。
どうせ買うなら、当たり券の入っている場所で買いたい。
外へ出てみると、道路は凸凹状態で車はまるで遊園地状態だ。
大変な交通渋滞で、しかも道路は凸凹。
除雪車はよほど慌ててやったらしい。まあ、しょうがないんだろうけども珍しい状態である。
途中、イオンSCの宝くじ売り場も気になった。
こっちも当たりそうである(笑)。
「予定変更して、猫の足跡で200枚。イオンSCで100枚にしないか?」
「あっ、それいいね♪」
という事で、イオンSCでも買う事にした。
 

さて、30分以上もかけてようやく猫の足跡の売り場に辿り着いた。
…のだが、当然いると思われた長蛇の列は影も形もなく…アッサリと買えてしまった。
そうかー、世の中不景気すぎて、当たるか当たらないか分からない物に金を掛ける余裕などないのだな…と思い知らされた。
そりゃあそうだよな。
ちょっと愕然とした。
続いて、元に戻ってイオンSCの宝くじ売り場。
こちらにも行列など一切無く、私の前には一人だけ。
簡単に買えてしまって、なんだかがっかりである。
なんだか、世の中は想像以上に凄いことになっているらしい。
単純に不景気。
久々に、イオンSCの中を覗きながら歩いてみると…これまた凄い。
すぐにクリスマスが控えているというのに、イオンSCの中はガラガラ!
えっ!?
いつものクリスマス直前に見える喧騒と賑やかさと華やかさは微塵もないのに驚いた。
客一人入ってない店があちらこちらに見える。
12月の今頃に慌てて店内のレイアウト変更をやっている店もあるくらいだ。
おいおい、日本大丈夫か?
昨日分かったこと。
日本は想像以上に不景気です。
前代未聞の不景気です。
安倍さん、頑張って!
民主党政権の3年ちょっと、経済対策をまるでやってこなかったツケが、今噴出しかけてます。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


少しの間選挙で興奮してた(笑)。
私は元々、運動音痴と同じくらい政治音痴。
知らないというよりは嫌いなのである。
それでも、日曜日は選挙結果に一喜一憂した。
「あれ?アイツは、ああそうか、息子だな」
「へぇー、そうなんだ」
「あの女、ほれほれ階段から転げ落ちて松葉杖で来た奴だ」
「お父さん、何でそんなに詳しいの?」
「日本国民としてのマナーだよ。政治が嫌いでも政治家が嫌いでも、政治に興味が無くてもディスカッションくらいは出来るよ。それが知識人としての当然のマナーでしょ?」
「でも、嫌いなんだよね」
「うん、嫌い。特に政治家でロクな奴に会ったことがない」
「選挙にも行かないんだよね」
「うん、選挙には行かないのがポリシー。私は、納税額で投票権が変わるようになったら行くよ」
まあ、明治の時代じゃあるまいし、納税額で投票権が変わるなんて事は絶対にあり得ないのだから、私が投票所にいく事は一生ないのであろう。
社員にもそう言ってる。
「君らは行きなさい。私は行きません」
 

秋田県は早々に自民党が3議席独占してしまった。
「えー、おいおい。寺田も落ちたって事か。そりゃあ凄いな。ビックリだ」
まあ、拍手喝采。民主党なんざ木っ端微塵に破れまくればいい。
それが民主党時代を作ったヤツらの最大の懺悔だ。
その能力もないのにぬけぬけと政権なんざとりやがって、身の程知らずが、政治家なんかになっちゃあいけないだろう。
まあ、民主党を選んだ国民も国民だけど。
まあ、そんな反省があったのか、今回の投票率はますます落ちた。
能力もないのに政治家になろうって奴の気も知れないが、選ぶ能力もないのに投票所に行く奴の気も知れない。
まあ、言いたいこと言ってるね。ここにもバカがいるわ(笑)。
そう言えば、私は民主党の岡田って奴が嫌いだけど、その岡田が珍しく良いことを言ってた。
「人のせいにする。そう言う性格が治らないと、民主党はいつまでも立ち直れない」
あはは。お前が言うか。でも、全くその通り。
民主党の人間って、どいつもこいつもみんなそうだ。
国会の会期中も、
「それは自民党さんが築いてきたことが一番の原因で」
みたいな発言の何と多かったことか。
まあ、人間としてどっかおかしいんじゃないだろうか?
そんなおかしげな集団から出てきたのが鳩山さん。
まあ、さもありなん?
そして菅さん。
皆さん、カイワレ大根事件を忘れてたのかしらん。
あんな恥ずかしい事件を起こした人間が一国の総理になるなんてどうかしている。
もう一回四国のお遍路の旅に出てきた方が良いんじゃないかしらん。
「おちろ!落ちろ!」
の大合唱だ。
いやー、選挙は一大スペクタクルエンターティメントですな。
「やったぞ、カンが落ちた!」
「うんうん、素晴らしい」
まあ、何の縁もゆかりも無い人間だけど、身の程知らずが政治家やっちゃあ日本が壊れるってもんだ。
それに、枝野と菅は福島の原発で大嘘を繰り返した張本人だ。
特に、枝野は毎日ウソを繰り返したけど人間の底が浅いからウソがバレバレ。
まあ、そんな時に官房長官やっちゃったんだから運がない人間なのでしょう。
厚顔無恥にも、その後、菅とかの批判するのを聞いて、人間的に大嫌いになってしまった。
日本国民にウソを突き通した人間に他人を批判する資格などない。
田中…ありゃまあ、田中帝国も終焉なのね。
しっかし、こいつは体裁を取り繕うのだけは立派に上手いなー。
でも、今日の発言。
「自爆テロ解散。総理は独りよがり」
やっぱり出たね。何でも人のせいにするその阿漕な性格。
まあ、直らんだろうなー、一生治らないんだろうね。
よくもまあ、こんな人間に5万票も入ったもんだ。
「オー、閣僚が8人も落ちたぞ」
もう笑いが止まらない。
 

未来の党の女の代表者が何か訳の分からない事言っている。まあ、顔がこわばっているわ。
こんな時でも笑顔っぽい顔していられるって所がこの人のウソだな。なんて言ったけ?嘉田さん?
間違ってたらゴメンだ。
まあ、この人の話はいつも分からない。いや、多分理解したくないんだな。
脱原発って言ってたけど、そんなの大嘘だ。
10年やそこらで解決できる問題じゃない。
そんな事みんな知っているのに「脱原発」って言えばクリーンだと思うその浅はかさが、多分皆呆れたんだと思う。
「できる訳ないじゃないか!」
と言えばスッキリするのに、そうは言えない不幸極まりない事情がある。そういう事情が分かるから、皆何も言わないだけなのに、「脱原発」を中心に据えたら、それはアカンよ。
原発に賛成する訳じゃないけど、反対も出来ないじゃないか。
コントロール可能な原発の技術の模索は、原発をやっている国しかできないとも思うしね。
まあ、そんな非現実的な話なんかどうでもいい。
自公で320越えたら大変だ。
そりゃあいくら何でも勝ち過ぎかも。いや、勝ち過ぎだろ。
280越えたぞ。えっ?という事は維新と組む手か?
あれ?300越えたぞ。
おいおい、みんなの党でも良くなっちゃったぞ。
まあ、渡部さん、満面の笑顔。
オー、辻元落ちた!よっしゃー!
まあ、今日は敵作りまくってるね(笑)。
あれ?蓮舫はどうした?
「あれは参議院なんじゃないの?」
「そうかそうか残念。参議院は助かってるね。じゃあ、横峰も参議院か」
「そうそう、参議院だ。残念だね」
なんだかね、落ちて欲しい議員がこんなにもいる選挙も珍しいね。
ちょっと休憩してネットを見ていると、上さんが
「320越えたよ!」
と教えに来てくれた。
結局325議席。
まあ、よくもまあこんなにも勝ったもんだ。
今回は、TVでの偏重的な報道もなかったというのに、ずいぶんな結果が出てしまったもんだ。
勝ち過ぎと言えば勝ち過ぎだけど、320を越えたのはあまりにも大きい。
安倍さんの緊張感の持続した引き締まった表情が印象的だ。
うん、その顔はいい。
次は参議院だ。
今日一日で、随分と敵を作ってしまったかのような…(笑)。
まあ、寝不足でかなり疲れているんです。
間違い誤字脱字は、投票にも行かない政治音痴人間故ご勘弁を。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


ちょっと想像してみる。
こちらがレギュラーティでやっているというのに、前の組はバックティだ。
しかもオジサンだ。しかも女二人を引き連れてのオジジだ。
この時点で相当な違和感を感じてしまう。
そして、そのオジジは打った。
へっ!?と思うような飛距離。
多分、220ヤードくらいしか飛んでいない。まあ、フェアウェイっちゃあフェアウェイだけど、なんだか自分がレギュラーティで打ったら7番アイアンくらいで届いてしまいそうだ。
あれでよくもバックティからなんてやる気が起こるもんだ。
大体、続く女性二人にも軽くオーバードライブされてしまっているじゃないか。
もしかしたら女性の方が飛んでるんじゃないか?
でもまあ、2打目が上手いとか?
ん…大したことないんじゃない。だって2打目グリーンに乗ってないし、大体届いてもいないし。
えー、あれでバックティでやるっていうのは恥さらしって言うんじゃないの!?
 
まあ恥ずかしながら自分の事。
バックティでやってはみたいものの、やったら上述のようなことになってしまうのは自明だ(自嘲の笑いしか出ない)。
OBを連発しようが曲がりまくろうが、300ヤード位もびゅーん!と飛んで行く人こそバックティはふさわしい。
そんな事は分かっている。
でもね、年々、年を重ねていって、自分の体力がどんどん落ちていくのを感じるにつれ、特に今年のように体調的な問題が頻繁に起こると、やれる内にやれる事をやっておきたいなーと、切に思うようになってしまった。
私のような非力さで、未熟者なのに、バックティなんておこがましいが、いやいやおこがましいに決まっている。
堂々とバックティのフラッグを掲げてのゴルフなんて、身がよじれるほど恥ずかしい行為だ。
だからといって、クラブハウスに報告もしないでこそこそと隠れるようにしてやるのもいかがなものかと。
 
「ドライバー220ヤードで文句あるか」って書いたけど、文句あるよ!
自分が一番文句あるって(笑)。
何だって220ヤードしか飛ばないのか。
いや、HSからいって妥当なところだ。
昔のようにHSの45位っていうのはもう無理。
少し調子が悪かったりしたらHSの40を切ることだってあるくらいだ。
 
 

ひょっとして昔のアウトサイドインの打ち方に変えたらHS45の復活はあるのかも知れない…とも思うのだが、いやいや、それは危険すぎる。
この年になって、またフォームが訳の分からないものになって迷路に迷い込んでしまったら、それこそゴルフから引退しなければいけなくなってしまう。
でもこの間、ハンディ0のシングルの人のドライバー理論を見たら、この人は堂々のアウトサイドイン!しかも、思いっきりのクローズドスタンス!
いやはや、何とも理論的なクローズドスタンスアウトサイドインで感心した。
そうそう、こんなスウィングフォームを目指すべきだったのかも知れないと。
ちょっと後悔。
 
 

今のインサイドアウトなスウィングは、よほど自分の体の構造に合わないんだか、いつまでたってもHSが上がってこない。それどころか、腰に負担がかかりすぎてしまって、体を壊すことが多くなってしまっている。
まあ、現実問題ね。
でも、フォームが崩れにくく、フェアウェイキープ率が80%というのも捨てがたい(笑)。
220ヤードしか飛ばないといっても、フォローの時なら240ヤード位はいってくれる訳だし、そう考えるとそんなに不便もない。
ん…捨てがたい。
 
となるとね、ここは第2打目のクラブを探すべきなんじゃないかと。
200ヤード位飛んでくれる2打目のクラブがあれば良い訳だ。
今までは、2打目はもっぱらPWとか9番アイアンで間に合っていたから、練習場でもPWと9番アイアンの練習ばかりしていたけど、来年はロングを狙ってユーティリティとか3番ウッドとか、そういう練習も少ししてみようかなーと。
 
しかし、この年になってようやくか(笑)。
石川遼君より35年以上も遅れてるな(笑)。
でもなあ、あっちの方がゴルフ歴長いんだし、まるで適わないまでも、上を目指さないことにはつまらないではないか。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


ちょっと気になることがあるのだが、半年くらい前に仙台の友人から(女性)、転職宣言のような相談をされたことがあった。
あまりにも突然だったし、栄転直後でもあったし、少し身勝手にも思われたし、唖然としてしまったのだが、私には、彼女の言い分よりも相手の会社の社長さんの言い分の方が理解できた。
放っておけば、そんな無謀な企ても(転職という)いつか水泡に帰すのではないかと…そう思っていたのだが、どうにも気になる。いつまでも気になる。
とは言っても、私がどうのこうのと言うべきでもないような気もする。
彼女も既に50才を軽く超えてしまった年齢のハズである。
男であれば、ある程度の地位を保証して貰って禄を食み、それでも転職というのは裏切り行為以外の何物でもないように思えてしまうのだが、彼女には、そういう自制心というものは一切感じられない。
そういう自制心のなさが、一種彼女の凄みとなってしまっている。
男であれば節操がなく、女であれば凄みとなってしまうこの不条理さ。
女はつくづくお得な生き物ではある。
 
さてゴルフ。今日は快晴なれど当たりは真っ白。多分、山はもっと真っ白だ。最早、秋田県内でゴルフが出来る所などないのであろう。つくづく良い時に行ったもんだ。感謝。
で、最近はゴルフ雑誌なんかを読んでいる。
ゴルフ雑誌を読んだとしても、技術論的なところは一切見ない。
これは私のレベルでは一切見てはいけないのだと強く思うようにしている。
大体、雑誌の性格上平均的なレベルに合わせての技術論が多い。
しかも、言う人によってゴルフ理論はマチマチ。
これを真面目に見る方がどうかしている。
頭は混乱し、実戦練習してみれば身体も混乱の極みとなってしまう。
実際、実戦練習してフォームがメチャクチャになってしまった事数知れず(笑)。被害甚大な迷惑千万な代物である。
で、今週のパーゴルフの特集は、「ビシッと芯でとらえて ドライバーを飛ばせ」。
「ドライバーを飛ばせ」と言われたって、最早220ヤードで諦めた。
HSから考えて、この辺が妥当と諦めた。
これ以上のHSは今の私の肉体的構造から言って無理だ。
原因不明の腰痛なので腰の回転をあげようとすれば、神経にも響く。
心臓の持病を抱えているので体幹を鍛えることも出来ない。
ペラッとめくると、この写真。

20121213001.jpg
あれ?これって…今の私のフォーム理論と同じだ。
私の場合、普通に打っていたんでは、振り遅れ現象が突発的に出てしまって、真っ直ぐ右方向に出てしまうことがある。
それを避けるために、多少手を返す打ち方をしていたのだが、手を返すという行為が、はまった時はHSが簡単に上がっていいのだが、つまり距離も伸びるのだが、手の返しが一定しないという欠陥があって、左に引っ張ってしまうという現象がたまに起きてしまう。
そこで安定的にするために、「手首を返す」から「肘下を返す」になって、今では「腕ごと全部返して」いくフォームになってしまった。
これをやりだした頃からフォームが安定し、フェースのど真ん中でボールをとらえることが出来るようになったのである。
ちょっと興味が湧いた(笑)。
次がこちら。

20121213002.jpg
右手が長くなって下がるのだから、身体が右側に傾いて当然という。
そうそう。そうだよなーやっぱり。
うんうん、これで確信お墨付きだ。
私もそうやってるぞー。
次にこちら。(写真は無し)
左肩を右方向に押し込んで、ヘッドを真っ直ぐに引く。
ヘッドが真っ直ぐかどうかは自分では分からないが、左肩を右方向に押し込むという感覚は当然だ。
おー、ここまで一緒じゃないか(笑)。
ここまで一致することを書かれるのも珍しい。
あと、「左膝をアドレスの位置へ戻して…」ナンチャラとあったが、その辺は体がいう事を聞かないので無視!(笑)
まあ、運動音痴な人間にとって、下半身から始動!しかる瞬間にダウンスウィング開始!なんて言われたって、そんなものできたら運動音痴とは言わないのである(笑)。
まあ自分の場合、独学だからして、その理論があながち間違いではないのだというお墨付きを得たようで良かった。
自分の場合、これに加えてインパクト後のフォローとフィニッシュをしっかり取るようにしている。
形という事じゃなくて、ターゲット方向に向かってしっかり取ると言うこと。
これでドライバーの方向性がバツグンになったように思うからだ。
形の良いフィニッシュは諦めた。フィニッシュの形はその人の筋力で異なって当然のものと、何かの漫画を見て納得したからだ。
最後にもう一つ。
最近は意識的にティを高くしている。その方が力まなくて済むし、安心感があるからだ。
球は高く上がってランもなくなってしまうが、まあ、キャリーの220ヤードで諦めようかなと。
つまり、ランなし。
今のところね。
変にいじると、またフォームが壊れそうで恐いのだ(笑)。
ドライバー220ヤードで文句がない訳がないけど、そろそろ諦めも肝心なお年頃なのだ(笑)。
 
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今日は久々に良い天気だ。朝から陽射しがある。
とは言っても雪景色には変わりはない。
まあ、つくづくこの間はラッキーなゴルフだったなぁーと。
あの最後のゴルフが出来なければ、今年のゴルフは何とも煮え切らないゴルフになっていたかも知れない。
いやいや、そもそも今年のゴルフはゴルフを始めて以来、最悪の1年だったのかも知れない。
沖縄ゴルフで早々に腰を痛め、歩くことすらままならなくなってしまったことで自分の体への自信が大きく揺らいでしまった。
必然的に練習に行くことも少なくなり、次第には全く行かなくなり、そして夏の秋田CCでの熱中症事件。
あれでガクンと体力が落ちてしまったというか老人化が顕著になった気がする。
なんだかねぇ、気力が漲ってこないのだ。
適当にやるゴルフになってしまった。
自分との戦い?なんていう青臭い考えは影を潜め、そのうち完璧になくなり、最早、ゴルフは楽しくあればいいと言う、自分に一番楽なゴルフを選択するようになった。
ちょうど都合良く、自分のゴルフが解明できてきた時期でもあった。
スウィングした瞬間!
あっ!?と思えば、思った方向にボールが飛んで行ってしまう。
ボールの球筋を見て、自分のスウィングフォームの何が悪かったのかが即座に理解できるようにもなっていた。
 

なので、練習場に行ってフォームを磨かなくても、そのラウンド中に矯正できるようにもなっていた。
これは楽である。
そこそこスコアはまとまってしまう。
ただ、そう言う応急処置が積み重なっていくと、微妙にずれたフォームに、微妙にずれた矯正を継ぎ足していく形になって、次第にどうしようもなくなっていく。そして、そのうちごまかしがきかなくなっていく。
まあ、そこでようやく練習場へ行って矯正することになるんだけど、まあ、2〜3日も掛ければ簡単に矯正できてしまうので楽な物なのだ。
全く、志のないゴルファーというのは楽な物である(笑)。
全く、年初にはパープレイなんて言う目標を掲げておきながら、何と言う笑止千万(笑)。
今では、全く諦めてしまった。
だってねぇ、今の目標は、多分「完走」だと思うのだ。
多分、それほど体力が落ちてしまっている。
いやね、心臓がバクバクと…アカンのだ。
多分、今なら女とHでもしようものなら、確実に腹上死してしまいそうだ(笑)。
まあ、諸事情を勘案するならば、腹上死するよりはゴルフ場で死んだ方がまだマシかとも思うのだが、まあ、美学としてはね。
どちらにしたって周囲の迷惑を考えれば自重しておいた方が良いに決まっている。
だからまあ、いくらゴルフが好きでも一人でゴルフ場に行くことは出来ない。
同様に、一人で練習場に行くことも少しばかり憚られる訳なのだ。
同様に、一人で美女とホテルに行って腹上死するわけにもいかない。
主治医と看護師を枕元において励むなんて、まるで伊丹十三の映画のようではないか(笑)。
それほど今年は体調が急激に落ち込んでしまった。
まあ、だからね、楽しいゴルフをするしかなくなってしまったのだ。
元々、運動神経も運動能力も0だった人間が、こんなに真面目に一生懸命ゴルフなんて言う片チンバなスポーツを一生懸命にやり過ぎれば、そりゃああちらこちらが壊れるって。
プロゴルファーの選手があちらこちら壊すように、まあ普通に壊れる。
という事で、私の2012年のゴルフはあちらこちらが壊れまくった一年に終始したような感じだ。
で、来年の目標。
にも関わらず、来年はバックティでのゴルフを目指すなんてどうだろう。
還暦にもなろうというド素人がバックティだなんて、ちょっと格好いいんじゃないかと思っているのだが。
で、可能性を考えてみると、例えば430ヤードのミドルホール。
ドライバーで220ヤード。
残り210ヤード。
今のところフェアウェイウッドは5番ウッドしかないために210ヤードなんて無理なのだが、5番ウッドでも200ヤードくらい飛んでしまう時もあるので…可能性がない訳ではないのではないかと。
3番ウッドとか、使ったことないけどユーティリティとか、ちょっと二木ゴルフに行って相談してみようかなと。
だって、男子ゴルフを見ていても460ヤード位のミドルホールだとさすがに苦労しているし、プロが苦労しているんだったら、自分も苦労しても良いんじゃないかと…。
なんだかね、今みたいに360ヤード位のミドルを、ドライバーでスコーンと220ヤード。
残り140ヤードを9番アイアンで軽く2オン。残りパッパと2パットパーっていうのもなんだかねぇ、覇気がないというか、ちょっと物足りないというか。
だからまあ、来年はフェアウェイウッドかユーティリティにチャレンジしようかなと思っている次第。
別世界なんだろうなー。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日で秋田は一面銀世界になった。
今年はやけに早いな。これで本当に今年のゴルフは終わった。
後は長い長い冬を過ごすだけである。
関東圏以南であれば、冬でもゴルフが出来るのであろうが、東北はこれにて終了である。
可哀想にーなんて思って貰わなくても結構なんですよ(笑)。
これはこれで、結構な一年間のリズムになっているような気がする。
これからはもう、目の前に一面の銀世界が広がり続ける毎日なのだから、可哀想も何もゴルフの事なんて忘れてしまう。
ちょっと酔狂な人が、「仙台にゴルフに行こう」とか「台湾にいこう」とか酔狂そのものを楽しみたがるみたいだけど、私にはそんな気はない。
負け惜しみでしょ?って言われそうだけど、全くそんな事はないのだ。
だってね、秋田の冬は雪で真っ白なんだよ。
車ならまだしも、外へ出る時は着ぶくれするくらい着込んで、その格好で台湾とか行くの?
で、現地で夏の格好して?で、また冬の格好して秋田に帰ってくる訳?
いやいや、考えただけでもめんどくさい(笑)。
 

それに、急激な気候の変化は、今年の夏の沖縄ゴルフで懲りた。
全然違った環境でゴルフをするのであれば、多少の身体の準備をしていかないと対応できない…と、そう言う年齢なんだな。
年齢と言えば、出身の町から、還暦の祝いのお知らせがやってきた。
えっ?還暦?
まだ、えっ?いくら何でも早いでしょ?
還暦〜〜〜〜〜〜〜!
えっ?それって祝い事だったのか?
そう言えば、自分の父親の還暦の祝いを盛大にやってあげたことがあった。
それこそ赤いちゃんちゃこ着せて。
な〜んだ、俺って良い息子だったじゃないか。
そうかー、つい昨日のような気がするが、そんな自分がもう還暦!?
早くねー?俺そんな年だった?
上さんに、
「なんでだ?俺そんな年だったっけ?」と聞くと、
「多分、数え年なんじゃない?」
あぁ、そう。そうか、しかも、自分は早生まれだから皆よりも1年遅いんだよな。
えっ?そう言う厄年とか還暦祝いとかって、学年でやるものなのか?
でもなあ、下級生と一緒と言われても、それはそれで抵抗があるような。
と考えれば、学年でやった方が良いのか。
でも、還暦祝いって嬉しいのか?
自分的にはちっとも嬉しくないんだけど。
だってね、今時の60才のなんと中途半端な身分な事。
昔だったら、とっくに引退してるよ。
それなりに老人になってさ。
会社を定年退職する人達を「若い」と思って見送ったことなんかなかった。みんなそれなりに年期のある顔して、適当にヨボッとしていて、適当に貫禄あって、適当に嗄れていて、
「あー、明日から縁側でひなたぼっこしながらお茶をすすって余生を生きるんだろうなー」
なんて勝手に思っていた。
あー、俺も定年したい!縁側はないけど、なんなら縁側作ってひなたぼっこして一日中お茶していたい!
…そうなんだよね。
これ以上働かせてくれるなって。
人間もロボットと同じで、パーツが色々と壊れてきて大変なのだ。
心臓一つ、60年も保ったら大変だよ。
人生60年のご褒美に、お国が完璧面倒見てくれたっていいじゃんか。
それが何?バカ国会議員やらバカ官僚の計算違いで、国に金がないから定年延長してもっと働けって?
えぇえ〜〜〜〜〜!?
えー、私は年金が欲しい!
60才になったら年金が欲しい!
もう働かなくたっていい。年金貰って、縁側でひなたぼっこしてお茶して、正統派の老人やりたい。
国の都合で、
「60才。まだまだ元気です。まだまだ頑張って働きましょう」
みたいな事言うな。
60才は立派な老人だ。
こう見えても、歯は殆どインプラントだし、心臓だって時々ズキズキと痛むんだぞ。
いつ死んだっておかしくないんだぞ。
 

そうだー。
せめて、60才を過ぎたら、税金は全てタダ!
なんて良いんじゃない?
誰か「老人党」作って!
石原さん、あんた維新に参加なんかしてる場合じゃないよ。
最早、見た目も頭も立派な老人なんだから…だって、頭の回転おかしくなってるじゃない。喋ってても途中で頭のろれつが回ってないこと多くなったし。
おっと、維新なんて批判するつもりは全くないのだった。
寧ろ、この石原さんの出現で、維新というものへの幻想が見事に消えてリアリティが浮き上がってきてくれたのだから、日本国民は感謝しなければならない。
 

えー、昨日は久々に大きな地震がありました。
ちょうど電話中で、その地震は長い長い!
揺れが次第に大きくなってきて…あらまあ、これは3.11と同じ感じだわ…でも、あれよりはちょっと小さいかな、と。
「しゃ社長、じ地震です!」
「分かってるわ。ここが肝心。黙って聞け!」
「はっはい!」
「だからな…」
「あのー、物が倒れそうなんですが」
「そりゃあ大変だ。じゃあ、先ずそっちを支えてやってくれ」
まあ、どう見ても老人と若い娘っこの会話だよな(笑)。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今度の衆院選挙はなんだか自民党が勝ちそうだ。
うん、良い傾向だ。
逆に民主党は大惨敗になりそうだとか。
うん、良い傾向だ。
自民党が勝つにしても参院の捻れは依然としてある訳だから、そう簡単にスムーズに政局が動く訳でもないけど、そろそろ、一丸となってこの停滞した日本をどうにかしないと、日本国自体が潰れてしまいかねない。
そんな危機感を日本は感じるべき。
その潰れそうな国・日本が未だにあちこちの国に気前よく100億円単位で寄付をする…アホなんじゃないかと。
以前、野村證券の人間が来た時に、
「日本はどうすればいいと思いますか?」
と聞くので、私はアッサリと、
「一度潰れてしまった方が良いよね。そしたら、皆目が覚めるんじゃない。目が覚めれば、必要なものと不要なものとの区別もはっきりと分かるようになるんじゃない」
意外な答えだったらしく、彼は二の句も告げなかったのだが、まあ、それほど今の日本は崖っぷちにいる。
そろそろ強い政権が欲しいのだ。
 
 

さてゴルフ。
昨日のゴルフは強い風の中でのゴルフで、これが実に楽しかった。
スコアはもっと乱れるのかと思っていたが、今の絶不調のアイアンとは上手く噛み合ってくれたらしい。
つまり、以前のような正確無比なアイアンであれば、風の影響で四苦八苦していたのかと思うのだけど、ちょうど塩梅良くままならないアイアンで、誤差の範囲でやり過ごすことが出来た。
果たして今の自分の9番アイアンの飛距離は140ヤードなのか、130ヤードなのか、昨日のゴルフではさっぱり分からない。
しっかり打てているという手応えは全くなかったのだから、多分、あまり良くはなかったのだろうと。
まあ、あんな強風の中のゴルフは面白すぎて、機会があればぜひまたやってみたいもんだ…と思っていたら、今日の朝の天気も凄いことになっている。
なんだか、昨日よりも寒そうだし、雨も降っているし、いや、いくら何でもこの天気はアカンだろう。
まるでリンクスの荒れた天候と同じじゃないか。
天気図を見ると…爆弾低気圧とか言うもので、日本海側は台風並みの強風が吹き荒れるんだとか。
秋田県内は風速28メートル!
ひょえ〜!一体どうなるんだろう?楽しそう〜!
なんて思っていたら、そのうち
ズズズズーン!
と雷まで鳴ってきた。
そりゃあいけません。
風だけならいくら強くても良いけど、雷が鳴ったらお手上げです。
ここは素直に諦めましょう。
以前、男鹿CCでゴルフをやっていた時に、突然雷鳴が轟いて、我々はすぐに避雷所に非難したんだけど、ふと見ると、フェアウェイのど真ん中でゴルフをしている連中がいて、なんともまあ、恐いもの知らずの人間がいるもんだなーと。
いや、ただのバカなんでしょうけど、雷の下でゴルフをやっちゃあいけませんって。
人間、びびるべき所ではちゃんとびびった方が正解です。
まあ、今日はゴルフに行かなくて良かった。
雷も恐いけど、実は首が痛い。
どうやら、昨日のゴルフで首を痛めたようだ。
娘が、途中で
「あれ?首が痛いや。多分、悪いフォームで打っているんでしょうね」
と言いだしたが、どうやら、それは私も同じだったらしい。
寒さ対策で着ぶくれ状態だったのだけど、多分、いつもと首の位置が違っていたんでしょうね。
首から下は高速回転しているし、そりゃあ首が壊れて当然なのかも知れない。
対処方法は分からないんだけどもね。
皆さん、冬のゴルフは首に気をつけましょう。
ちなみに、ゴルフとは全く関係なく、アインシュタインの本は完読した。
うん、人生の中で一度は理解しておくべき本だな。
…いや、多分理解はしてないと思うんだけど(笑)。
それでもね、58才でもこうやって勉学する意欲があるってだけで讃えられるべきじゃない?
あれ?59だっけか(笑)。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


朝起きて、外を見てみると、今日は天気が悪そうだ。
それでも、やってやれないこともなさそうな。
ん…行ける時に行っておくか、という事で急遽娘と二人行くことにした。
スタートは10時45分。
椿台CCに着くと駐車場はがら空き。そりゃまあそうだろうなーと。
ちなみに、こちらは冬用の重装備。上下に風を通さないスーツを着込み、尚かつ、ポロシャツを冬でも暖かい発熱するものに変えて望んだ。これが効果バツグン♪
寒い上に風が滅茶苦茶強いので、まあ、とにかくゴルフがどうのこうのよりも寒くないことが前提かと。
スタートはさつきコースから。
まあ、もの凄い強風。
でもフォローだから気負うこともなく第一打。
でもね、着ぶくれ状態で左肩が顎の下に来た時に…!一瞬ボールが見えなくなって(笑)、見えないままにトップに上がって、ダウンスウィングに入ったところで、途中からまたボールが見え始めて、ありゃー!と悲鳴が上がって当たり損ないが…!
う〜ん、これだから着ぶくれは困る。
まあ、とにかくシャツ以外のものを重ねると、私のショットは乱れまくるのだ。
先日のJTカップを見ていたら、プロの皆さんは、さすがにブルゾンを着て移動、そして打つ時はキチンと脱いで打っていた。
そうかー、そうなのかーと思ったんだけどね、そんなに上手い訳でもないし、何か恥ずかしいし、まあ、今日はスコアなんてどうでもいいから、とにかく今年最後かもしれないゴルフを楽しみましょうと。
2打目からは、その左肩に出来るブルゾンのお山に注意しながらのショット…でもダフリ。
ん…アイアンは相変わらず重症だ。
もう、ティショットからアイアンで打っていて、今日中に矯正しようかとも考えたんだけど、まあ、それじゃあゴルフが面白くない。
今日は失敗なら失敗を楽しみましょう。
なんたって、今日はスコアを気にしなくて良いのだから♪
1番はボギー、2番ロングもボギー。
まあ、ドライバーの調子は戻った。
強風なので、当たればとにかく飛んでくれる♪
もう一つ、今日のグリーンは何故か転がりが悪い。
秋特有の滑るような感じはなく、まあ、普通の転がり。
うん、これなら安心して狙って行けそうだ。
3番は強烈なアゲンストになるんだけど、ようやくドライバーアイアンが噛み合って2オン2パットのパー。
でも、ドライバーはともかく、アイアンの当たりは本調子ではない。
なんだかねぇ、当たっている場所が違うんだよね。
4番ショートはバンカーからのボギーだし、5番ロングもボギー。
ショートは完全に風に負けていて、グリーンに届きもしない。球筋も風に煽られるヒナチョコボールだし…。
まあ、今日は45ってところかな…なんて思い始めたら、6、7、8番と3連続パーが来てしまった。
最終の9番は、ただでさえ苦手なホールなのに、強烈なアゲインストなので、初めから3オン狙い。
1.5メートルに寄せたんだけど、これが入らずでボギー。
結局、さつきコースは41のパット数16。
まあ、スコア的には上出来。
娘は、珍しく52のパット数19。
そんなに調子が悪い訳でもないのだが、
「今日はパットは全部狙いにいってる」
まあ、確かにそんな感じだ。
「スコアをまとめるためのパットをしているとストレスがたまるんだよね。だから、今日は入れにいってる」
まあ、それでハズしまくってちゃあ世話ないわ(笑)。
後半は少し疲れてきた。
ピューピュー風が吹いて冷たいというのに、身体はポッカポカで汗をかいているくらいだ。
まあ、これも今日の重装備のおかげ。
ただ、ハーフの時間が1時間20分くらいだから、かなりのハイペースだ。
さて、後半のつばきコースは、ドライバーが乱れ始めて、3連続ボギーから始まった。
こりゃあどうにもならんな。3ホール連続の強烈アゲインストだし…。
例えば、残り125ヤード。
普通ならPWなんだけど、1番手アップしての9番…それでも届かない。
2番手アップの8番アイアンはさすがに勇気がいる。
まあ、それほど強烈な風なのだ。
まあ、この風は楽しい♪
4番ロングになって、ようやくフォローになった。
フォローは、かなり気が楽になって、ドライバー、5番ウッドも快調で、楽々パーオン2パットのパー。
5番もフォロー。ドライバーは当たり損なってしまったのだが、それでも残り110ヤードまで飛んでくれてるし。ここも楽々パーオン2パットパー。
ここは、たったの1.5,えートルだったんだけど、それが入らない!
まあ、いいんだけどね。
6番は、またしてもアゲインスト。
それでも残り120ヤードまで運んで、1番手大きい9番アイアンで打ったんだけど、これがショート!
いやね、8番アイアンはありえんでしょう。
敢えなくボギー。
7番ホールもアゲインスト。しかも打ち損なって、残り135ヤード。
本来なら9番なんだけど8番で打つと、まあ、やっとこさ乗ってくれた。
ここは、乗せるのは簡単だけど、グリーンが起伏があり過ぎてパターの難しい所。
何とも難しい所に乗ったもので、山を越えて、そこから左側に落ちていくライン。
しかも、落ちすぎればグリーンからはみ出してしまうところにピンが切ってあるという意地悪。
まあね、グリーンキーパーの皆さんが、一生懸命雪をどけてくれてこうやってゴルフが出来ている訳だし、感謝の気持ちがいっぱいだし、その感謝の気持ちをこめて打ったら…なんとなんと、このロングパットが入ってしまってバーディ!
まあ、感謝の気持ちへのご褒美だね♪
8番ショートも、強烈アゲインストの中、ナイスショットで2メートル!
連続バーディか!と思ったんだけど、そんな訳はなくパー。
さて、最終9番は578ヤードのロングホール。
でも、ようやく強烈フォロー。
一体どこまでと分だろうと、ちょっとワクワク。
風に運ばせるためにもちょっとティを高くして全力ショット!
やったね♪バッチリど真ん中ショット!
ボールはあっという間に天高く上がり見えなくなった。
やー、やー、どこまで飛ぶんだ!?
と思っていると…200ヤード近辺にポトリと。
はれ?なんで?
何でだか知らないけど、池まで飛んだらやばいなと、そんな心配してたくらいなのに、池はずーっとまだまだ先(笑)。
2打目も飛ばずにアカンタレ。3打目は事もあろうにチョロ!4打目で届くはずもなくアカンタレ。
おいおい、これが球納めの最終ホールか?
5打目は慎重に寄せ1を狙って、出来ればそのまま入って欲しいんだけど…残り2メートル!
「何なんだよー、球納めの最終がダボかぁ」
ここはなんとしても入れずばなるまい。
ダボを取るくらいならトリプルの方がまだマシ。
上りだし、ここは強気のパット!
…まあ、そんなパットは入るもんです。
なんたって、迷いがない(笑)。
で、後半戦は40のパット数16。娘は48のパット数15。
トータル81のパット数32は、この寒さと強風の中、上出来♪
娘は100のパット数34。
1時には椿台CCを後にしたのでありました。
つまりまあ、2時間30分で回って帰ってきたのでありました。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日の夜、娘に、
「なあー、明日ゴルフに行かないか?」
と頼むと、
「んー、私も結構つまってるからなー、難しいと思うよ」
まあ娘が忙しいことは知っている。
多分無理なんだろうなーとも思ったのだが、そこを何とか!と言うのは私の本意ではない。
ちょっと寂しそうな顔をしてしまったのだろう。娘が、
「ちょっと待ってね。スケジュール調整してみるから」
ん−、そんなに無理して貰う必要もないのだが…
「大丈夫大丈夫!楽勝だよ♪午前中で終わったら楽勝♪」
と。
これで元気百倍。やー嬉しいな♪
と迎えた今日の朝。
雨がザアザアーと。
「雨降ってるよ。今日の降水確率90%だって。おまけに午後からは雪になるって」
「雪なら雪の方が良いんだけど、雨はなー。雨はイカンよ。この時期の雨のゴルフなんてやったら風邪引いて寝込んでしまうわ」
まあ、その通り。
今の時期の雨にゴルフなんてやってられない。
何だかなー、最近は晴れたと思ったら翌日は雨だの雪だし。
このままゴルフできないまま雪が積もって来年を迎えてしまうのだろうか。
 
昨日は、久々に駅前に出かけた。
上さんの5十何回目かのお誕生日と言うことで、誕生日プレゼントを買いに出かけたのである。
「おーい、誕生日なんだってよ」
「そうだよ♪」
「何欲しい?何でも買ってやるぞ」
まあ、何でも買ってやるつもりだった。
そんなに老い先がある訳でもあるまいし、金なんざあってもしょうがない。
使って楽しい内に使わないと寧ろ金の方が可哀想だ。
年をとって隠居したら夫婦で旅行でも…なんてよく言うけど、実際に隠居するような年になってから旅行したって楽しくなんかない。体が動かなくなっているから若い時分の半分も楽しめないのだ。感性だって鈍っているから、金の無駄遣いみたいなもんだ。
楽しめる内に行っておいた方が良い。
さて、何でも買ってやるぞ!と言ったのに、上さんが望んだものは、
「私ゴルフ用のブルゾンが欲しい」
と言いだした。
「へっ、そんなんで良いの?なんかもっとこう、ベンツが欲しいとか」
「車の免許もないのにベンツ買ってどうすんのよ」
「いや、ホラ俺が喜ぶじゃない」
まあ、ブルゾンという事になった。
で、駅前に参上した訳なんだけど、秋田でデパートと言えば、まあ2件しかない。
で、色々歩いたんだけど、どうにもこうにもロクなものがない。店員の態度もイマイチだし。
なんだろう…不景気慣れしすぎて売り方を忘れてしまった売り子だ。
う〜ん、なんて下手くそな売り子ばかりなんだろう。欲しい商品もないし、売り方も下手だし…しょうがない、ブルゾンは諦めて食料品を買って帰った。
後で、上さんと二木ゴルフへ行った方が早いのかなと。
ところが、娘が
「だったらネットで買った方が良いんじゃない?どうせメーカー品なんだものどこで勝ったって品物は一緒だよ♪」
そりゃあそうだ。
それが良い。その方が楽だ♪
という事で、夜中に家族3人で楽天の売り場を見ることにしたのだけど…これが大変な騒ぎ。
たまたま、昨日の夜は楽天の大バーゲンの最終日に当たっていて、しかも残り時間僅か!という事で大変な混みよう!大混雑!
完全に許容量をオーバーしていて、なかなか入れない。1回ごとにダウンするような大フィーバー!
やー、世の中は凄いことになっている。
リアル世界のデパートは驚くほど閑散としていたけど、ネットの世界は、許容量完全オーバーの大フィーバーだ。しかも安い!さすが大バーゲンだけあって、50%引きなんて当たり前!
何度もダウンした挙げ句、どうにかこうにか2点をゲット。まあ、あまりに安く手に入ったんで、金額的に申し訳なかったので2点となったのだけど、苦労した分上さんも喜んでくれて、まあ、なんとかかんとか無事誕生日に間に合ったのであった。
でも、あんなにフィーバーしている楽天なんて初めて見た。
いや、ビックリ。ちょっとした感動を味わえたのだ。
ん−、世の中は確実に動いてるね。
以前、ブランド物を買おうとしたらほぼ定価でガッカリしたんだけど、今回はあまりに安いんでビックリ。
メーカー物を買うんだったらネットでのショッピングの方がお得かも知れない。だって、どこで買っても同じ物が来るんだものね♪
ちなみに、買ったのは下記の2点。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


世の中の老人達は、どういう訳か自分の老化のことを言わない。
多分言わないのは、自分の弱みを握られるようで恐いからなのだろうと思うが、私は案外平気で自分の老いの部分を口にする。
だから何だ!お前らよってたかってこんな老人一人にも勝てないとは何事だ!と言う叱咤である。
ふん、あれも負けるし、これも負ける。おーそうだそれだって追い越されそうだ。
そうそう、そう言えば目も見えなくなってきたし口も上手く回らなくなってきた。
最近じゃあ,喋ってる尻から自分の言った言葉を忘れていて、頭のろれつまで回らなくなってきている(笑)。
いやはや困ったもんだ。
それでもお前らには負けない。
まあ、何とも醜いジジイだ。
 

まあ、世間のジジイなんて大概そんなものなんだろう。
会社で偉そうにしている社長の頭の中味なんてそんなウンコ垂れ流しのようなもんだ。
自分が年を取ってきて、老化というものと向き合うようになってみると、初めて世の中のバカタレと歩調が合うようになってきた。
ありゃまあ、何とも不思議。
昨日まで理解できなかった意味不明なバカの正体がよーっく分かる。
成る程なるほど、バカというのは3歩歩けば忘れるものなのか。
3歩が大袈裟なら3時間だ。3時間が大袈裟なら3日でも良い。
3日が大袈裟なら30日間でも良い。
忘れる事の多くは、自分の考えの及ばないことを言われると大体忘れる。
大体、バカというものは普段からあまり考えない生き物であるから、大凡の事が自分の考えの及ばないことであるからして、大概のことは忘れてしまう訳だ。
自分の場合は、そう言うことはまだないだけに助かってはいる。
さて、今日は昨日とは一転、ポカポカと晴れてゴルフ場もめでたく会場。にも関わらず、いつでもゴルフに行ける身分でもない。
 


いや、私一人ならいつでも行けるのだが、一人でゴルフに行ったところで楽しいはずもない。
チャンスは午前中だったのだが、午前は生憎と来客の予約が入っていた。
まあ、どうあがいても今日は無理。
しょうがない。秋田駅前に行く予定も入っているし、帰りに練習場にでも寄ってみるか…と出かけたのだが、練習場に着いてみてビックリ。
なんと!車のトランクを開けると中は空っぽ!
はあー?ゴルフバッグが入ってないのである。
いつ?どこで?
思い出そうとしても記憶がない。
そりゃあそうだ。この間、雪が降った時に冬タイヤにするために、社員にタイヤ交換をして貰ったんだった。
多分その時に、タイヤを入れるためにゴルフバッグはどこかに運んでしまったのだろう。
まあね、わざわざタイヤ交換をして貰って、それで怒る訳にもいくまい。
いかないことは分かるのだけど、でもね、私が人に使えていた時は、一言「ゴルフバッグはまた入れておきますか?」くらいは聞いたもんだ。
いや、聞くまでもない。元に戻しておくのが普通のマナーだった。
こんなことするような人間が普通に客商売が出来るとはとても思われないな。
思わず天を仰いだのだけど、まあ、こんなボロボロの肉体とおつむになっても、それでもまだ若いもんというか天然のバカよりはマシって事。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日の夜から既に道路は真っ白だった。
「あー、こりゃあダメだな」
何度か窓のカーテンを開けて外を見てはため息だ。
「明日何時に起きる?6時半で良いかな?」
と上さん。
「雪だって、無理ムリ!」
「だって、一応は起きてゴルフ場に確かめなくちゃいけないじゃない」
何とも律儀な人達だ。
「にしたって7時起きでいいんじゃないか。もし、やるって言うんなら慌ててパパッと行けばいいじゃないか。多少の遅刻は許されるんじゃないか」
 

で、今日の朝。
「お父さん、やっぱり中止だって」
そうやって起こされた。
そうかー、やはり奇跡は起こらなかった。
さすがの晴れ男も、前日に積もった雪まではどうにもならなかったか。
さて、それでは困ってしまった。
本日の休日は一体どうしてくれよう。
「色々あるよ。ビデオも1本あるし、この間注文したアインシュタインの相対性理論の本も届いているよ♪」
「ゴルフの中継もあるんじゃない?」
「なかったような気がするけど」
「いや、あるって。あるある♪」
まあ、忙しくなりそうだ。
それならーって事で、ワインをあけて酒を飲みながらビデオ鑑賞をして、アインシュタインの相対性理論を読み、娘は娘で同時に購入した本を読み、ビデオ見て、たかじんのそこまで言って委員会を見て、いよいよゴルフ中継の時間だ。
勝敗は既に決してしまっているけど、それとは関係なく、今のトップクラスのゴルファーの技量を純粋に見るのも楽しいものだ。
まあ、藤田の楽勝完勝は見ていて安心だ。43才大したものだ。
「年を取って、穴があいて色々とこぼれ落ちるものもあるけど」
みたいなコメントを言っていたけど、そうだよなーと納得する。
59才の私なんか大穴が幾つもあいているようなものだ。あれ?58だっけ?
なんだかねぇ、53才くらいまでは自分の年も良く覚えてはいたんだけど、最近自分の年がよく分からないのだ(笑)。
ちなみに、アインシュタインの相対性理論の本はなかなか面白い。
大した本じゃないだけに、凡人の私でも読める。
 

ちなみに、分からないことは娘に教えて貰う。
「おい、銀河系って動いているのか?」
「動いているよ。宇宙は膨張し続けているから」
「じゃあ、地球も動いているのか?」
「動いている宇宙や銀河系の中にいるんだから動いていることになってるね」
「そうだったのか。今初めて知った」
こんな事を娘は小学生の頃から知ってるのだ。
「じゃあさ、宇宙の中心って言うのはどこだと想定されているんだ?」
「えー、それは分からない」
「だって、膨張して動いているなら、その方向線上に線を引いて考えれば、あらかたの中心地は想定できるんじゃないか?」
まあ、偏差値の75もある人間(娘)と65の人間(私)では、どだい頭のメカニズムが違っている。
そのアインシュタイン理論の中で、特に印象的な理論を一つ。
 
「動く物は、止まっているものよりも時間の進み方が遅くなる」
 
うん、年を取りたくなかったら、頭でも体でも動かしましょう(笑)。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


明日日曜日の予約を取ったのだけれど、何とまあ夕方から雪が降ったらしい。
寒いなーと思って、ふと外を見ると向かいの家の屋根には雪が積もっている。
ありゃま、こりゃあダメだわ。
ん、一応明日の朝、電話してから行かないとダメだなこりゃあ。
多分ダメ。ん…絶対ダメそう。
12月の1日で雪が積もるか。
今年の冬は早いな。
 

ところで、昨日の朝起きると、突然右の人差し指がヅキヅキと痛んでいる。
第一関節から折り曲げられなくなってしまっているのだ。
年を取ると、こんなもんで、ある日突然身体のどこかが不調になったりする。
その痛みは、朝からずーっと夜まで続いて、夜になって心配した娘と上さんがマッサージしてくれて、まあ、どうにかこうにか楽になったんだけど、今朝起きてみると、あれほど痛んだ指の痛みはすっかり消えてしまっていた。
まあ、それで、これはゴルフできるな♪と思ったんだけど、今度は天気が不調だとさ。
世の中上手くいかないもんだ。
これで明日ゴルフが出来たら奇跡だな。
でも、多分無理。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】