2013年4月アーカイブ

 松山のゴルフをTVで観てたけど強いね。
まあ、勝つ時はあんなもんだろうと思うけど、それにしても、21才の若者が、プロ2戦目で見事なものだ。
とは言ってもね、ガキの面構えとしては嫌いな顔(笑)。
この上は、少しでも多く勝って余裕のある面構えになって欲しいもんだ。表彰式の終わった後の優しさのある顔が…あの顔だったら少しは好きになれそうだ。
ジャンボの何が嫌いかって、いくら勝ってもいくら勝っても、あれだけ勝ってもいつまでもあの小汚い根性した顔が嫌いなのだ。
幾ら勝負師か知らないが、同時代に生きた長嶋とか王とかと比べるとあまりにも日本のゴルファーのチャンピオンの顔は汚い。頭も性格も汚い。いい顔したのには大鵬って言うのもいたなあ。
青木なんかもね、つい数年前までは、TVのゴルフ中継のゲストとして出てくると、そのマナーの悪さと人品の卑しさに吐き気を覚えたものだ。何か喋られるだけでも気分がイラつく。
それが誰かに注意でもされたんだろうね、ここ数年、非常に人並みのマナーと礼儀を見せるようになった。
明らかに変わったその姿勢を見て、それからなんとなく青木は好きな方の部類に入ってきた。
その点、ジャンボは未だにゴルフ村の裸の王様だ。
しかも、ここ数年は有言不実行親父。
そのクソ親父がレギュラーツアーで4日間回ったのだから凄い。
いやこれは本当に凄いのだ。
こう考えてみると、トム・ワトソンが2009年 の全英オープンでスチュアート・シンクとプレーオフしたのが 59才の時。あの時は単純に、トム・ワトソン頑張れ!なんて応援してたけど、あれ?59才って今の私と同じ年だ(笑)。
今、こういう年齢になってみると大変だったろうなーと。
それに、ジャンボのあのガタイ。いかにも重そうだ(笑)。
ジャンボ尾崎の場合、もう少し痩せたらまだまだいけるんじゃないの?
いずれにしても、またの予選通過に期待したいもんだね♪
それだけで名物男になれそうだ。
でもね、我々普通の人にとって、4日間タダでプレイさせてくれるって言われたって、そりゃあ無理ってもんだ。
まあ、鍛え方が違うだろうから想像は出来ないんだけど。
それから女子の佐伯プロ。この人も顔は嫌いだしスタイルも今5くらいだけど(笑)…ここまで書いてて思った。
人のゴルフなんかどうでもいいだろう!自分のゴルフをやれ!ってね。
でも、残念ながら、この連休は仕事なのだ。
僅かに3、4、5と休みなので、その時に一日くらいは行きたいもんだと思ってるけど、弘前の桜も見に行きたいし、一日だけでも取れるのかなー。
この連休中にゴルフが出来てる人たちは羨ましい限り。
羨ましいんだぞ!
スコアなんかどうでもいいんだ。やれるだけマシ!
殆どヤケのヤンパチ(笑)。
本当は、先日のゴルフで、年甲斐もなく1ハーフやってしまって身体が動かないのだ(笑)。
冬の間、何もしなかったツケが溢れ出てますね(笑)。
だからこそ、4日間回れたジャンボは偉いのだけど、褒めすぎる気はない。
だって、あっちはそれがお仕事で、こっちはタダのお遊びだものね。
タダのお遊び毎日して暮らしたいわ♪



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


ジャンボ尾崎は見事予選を通ったけど、3日目はまたしても1オーバーで7アンダーで22位。
年寄りはやっぱり狂い咲きした年寄りを応援してしまう(笑)。
尾崎なんてね、御三家の中じゃ一番嫌いだったけど、老骨に逆らって頑張っている姿は嬉しいというか、ある意味、遼君なんて当たり前であって、むしろ66才の男の方が凄いんじゃないかと思えてきてしまう。
明日どうなるのか分からないけど、かくなる上は、頑固にシニアツアーに出ないでレギュラーツアーの名物男として拍手喝采を浴びて欲しいもんだ。
さて、打ち方を変えた本日。身体は既にバテバテである。
当日、本番でよくもまあ急にスウィングを変えられるもんだと思う人も多いだろうけど、私もそう思う(笑)。
なんだかね、先日の練習であれだけシャンクしてしまうと、何かいろいろと違っているんだという事だけは分かったのだ。
で、答えは原点に帰る。
とにかく、ドライバーの素振りを納得するまでする。
右手の力を抜き、左半身だけで振る!振る!振る!振る!振る!
ヘッドスピードが出る最適なスウィングを探す。振る!振る!振る!振る!
まあ、目眩がするくらいクラクラするんだけどね(笑)。
心臓にも負担が大きいし、だから止めてたんだけど。
で、思い出したのだ。私の去年のスウィングを。
でも、このスウィングを久しぶりにやってみると、腕にも足腰にももの凄く負担がかかる。
しなやかなバネを必要とするから、身体が次第にぐったりとしてくるのだ。
でもまあ、残り9ホール。上手くいけば70台の可能性はある。
前半は、まだ早い!と思っていたから、敢えて狙いにいかなかっただけのこと。
後半は本気で狙っていきましょう!という気になった。
向かったのはさくらコース。
誰もいないと言うから他人にじゃまされることもない。
本気モードで行ける。
ところが、またしてもティグランドは最奥!
遠いのである。
心折れるなあー。
でも、今日のドライバーなら、あの左バンカーを越えられるかもしれない…なんて思ってマジで狙っては見たけど、無理!無理なものは無理!
2打目のフェアウェイウッドは当たり損なってゴロ!
ん…挫けるなー。
でもまあ、ボギースタート。
無難と言えば無難。
2番へ進むと、ここもまたティグランドはイジメに近い最奥。
いや、何もこんなに全部最奥に設定しなくても…と心の中はブツブツ。
こっちは、今期最高スコアを狙っているって言うのに。
こんなんだったら、大人しくつばきコースを回ってた方が良かった。
あっちは、今日デカいコンペがあるみたいだから、きっと優しい設定になってるんだろう。
でも、ここはフォロー風にも助けられてビッグドライブ。
何か全盛期にも近い飛距離だ。
ただね、当たった感触ではもう少し飛んでても良いような気がしだした。
「やっぱり、ボールが高いんだ」
「高いね。今見失って初めて分かった」
「気づくのが遅いよ。最初から、ボールを見失うから変だと思っていたんだけど、視界の上を行ってるんだ」
ドライバーのフェースを見ると、ボール痕がかなり上の方に当たっている。
成る程ね。
ティの高さは変えてないが、スウィングが変わって、より正確になってきた証拠だ。
そろそろ、ティを低くする必要が出てきたって事だ。
ここは難なく2オンしたのだが…2オンは2オンなのだが、何かグリーン上を工事の業者の車が占領している。
???
いや、お前さん、普通遠慮しなきゃダメだろう。
娘も構わずグリーンオンさせたのだが、その工事の車のオッサンは、堂々とグリーン前に陣取っている。
行ってみると、グリーン上には肥料が敷き詰められていて、ピンもなければカップもない状態…!
はあ!?って顔をすると、失礼なことに相手もハア!?って顔をしている。
「カップどこ?教えて」
そのオッサン、一生懸命肥料の中のカップを探してくれたのだが、見つからない。
もう諦めた。
「いーやもう、2オン2パットって事にしよう」
なんだか怒ってもしょうがないしね。
実は、ハーフ終わってクラブハウスに帰ったら、マスター室の人に謝られた。
「すいませんでした。連絡が行き届かなくて手違いがあったみたいです」と。
大規模なグリーンのエアレーションなんて初めてお目にかかった。
成る程ねぇ、そりゃああっちも、「はあー!?何で客が来るんだ!?」って驚いた顔するはずだわ。
ただね、続く3番でもドライバーをかっ飛ばし、3番ウッドをかっ飛ばし、パーオンとなる3打目、そこには業者の人間が4〜5人もいて大作業中だったのだ。
おまけに、お隣の4番ショートではグリーンに大々的に散水中…!
これ、ゴルフになるのか?
もうアカンでしょ。怒りを通り越して笑うしかない。
緊張感は、まるでなくなった。
真面目に打つだけバカバカしい。
「早く終わってつばきコースに行きましょう」という話しになった。
いや、勝手にそう決めた。
本番はつばきコースだ。
という事で、さくらコースはぐだぐだの2パー、2ダブルボギーの45のパット数15。
娘は49のパット数17。
う〜ん、本当にね、娘のゴルフは、何で30台が出ないんだ?と言う不思議なゴルフ。
見ていて、羨ましいくらいの素敵なゴルフなのだ。
という事で本番は1ハーフに突入したつばきコース。
だったのだけど、体力も気力も朽ちかけていたところに、更に悲惨な状況が待ち受けていたのだ。
前の組の3人組みは、体力バリバリの明らかな体育会系。まあー。拍手喝采したくなるほどの見事な体躯。
この人たちはまあいい。まともなゴルフだ。上手だし。
いけないのがその前の4人組み。
「全く、ゴルフの4人組みなんて禁止すればいいのに」とは娘(笑)。
「まあ、4人いるとね、終わった後麻雀が出来るんだよ」
大人が一日遊んで暮らせる優雅な一日だ。
そう理解してみても、とにかくやたらと遅い。
特にパット。
日が暮れるぞ〜!って言ってあげたいくらいだけど、下手くそで、4人で、パットに時間をかけるとすれば、これはもうどうにもならない。
やる気は完全になくした。何度途中で帰ろうと思ったことか。
これだったら、家で株でも見ていた方がなんぼ楽しかったんだか。
で、1パー、2ダブルボギーの46のパット数18。グダグダですねん。
そんな中、娘はまたしても49のパット数19。
「えー、1ハーフやって、全部40台って初めてじゃない」
フン、才能ある奴は良いね。
体力の限界だって何だって、ドライバーはものともせずに飛んでいく。
最初のハーフこそ、娘とタメ張っていたドライバーも、最後は50ヤードもおいていかれることが多くなってしまっていたのだ。
本当に疲れた。
ジャンボ尾崎もきっと、こんな気持ちだろうなー。あの年で、4日連続なんて、ホントキツイだろうなー。
頑張れジャンボ!
本当は好きじゃないんだけどね(笑)。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


いやはや、ジャンボ尾崎凄すぎ。
男子のレギュラーツアーで9アンダーの62って、66才でそんなゴルフって出来るもんなの?信じられない。
おまけに久々の予選突破。まあ、優勝してくれとは言わないけど、ぜひ良い成績で終わって欲しいものだ。
全国の年寄りが元気になれそうだ(笑)。
さてこちらは、まだ60才前だというのに、既に身体ボロボロ。背筋は痛いし、膝も痛むようになってきた。
何だろうね、急に体が老化し始めた気がする。
そんな中、やっぱり運動しなきゃ!と急遽平日にゴルフの予定を入れた。
パンパンとしたゴルフをやりたいのである。パッパパッパと息切れするようなゴルフ。
朝の8時。舞台は椿台CCのさつきコースから。
雨こそ晴れ上がったが、かなりの強風だ。
ストレッチをして、ドライバーの素振りから始めた。ゆったりとしたものではなく、出来るだけヘッドスピードを上げるというもの。
これが今までにない感覚で、なんだか去年のスピードを感じさせてくれる。
「こうだったこうだった。なんかいい感じ♪」
その感触を忘れないうちにボールを叩くと…
「あれ?どこへ行った?」
「まっすぐ!飛んでるよ」と。
ボールを見失うというのは久々の感覚なのであるが、真っ直ぐ飛んでいると言われた割には、ボールはなかなか落ちてこない。
ようやく落ちた所が、真ん中の木を越えた所で、これは全盛期の当たりに近い。
「へえー、飛んだねぇ。風にも乗ったんだ」
残り距離が110ヤード位って事は240ヤード位も飛んだことになる。
うん、なんかいい感じだ♪
残り110ヤード、尚かつフォローという事になれば、本来はAWの距離なのだが、アイアンはイマイチ自信がないのでPWで軽く打って2オン。
いやー、こんなに簡単にパーオンなんて、今年初めての感覚だ。
続いての2番はロングホール。
ここでもかなりのフォローだ。
ドライバーで打つと、またしてもボールは見えなくなった。
「真っ直ぐだよ」
の声に救われて見ていると、いい感じの所にポーンと落ちた。
おー、結構距離も出ているじゃないですか♪フェアウェイど真ん中。
「ボール、かなり高く上がってない?見えないっておかしいんだけど」
「そうなのかなー。よく分からない」
全く、娘って奴は、何でこう人のことが分からないんだろう。
実際、その日の球は高く高く舞い上がるようなボールになっていたのである。
シーズン始めから、どうにも自信がなく、ティを高めに設定していたのだが、どうやら、その必要もなくなったくらいのいい感じのスウィングに近づきつつあるのかもしれない。
とにかく、このさつきコースはドライバーが完全復調した。
2番の2打目は、頼みの3番ウッドが不発でゴロったのだが、3打目でバカ当たり。寄せ1の連続パーとなった。
「なんだか、今日の取るパー分を取っちゃったなー(笑)」
半分本音みたいなもんだ。
まだまだ、2ホールで失われた自信が取り返せるものではない。
3番4番をボギーとした後…いやね、3番は今度は逆にアゲインストになって、しかもティグランドはずーっと奥の黒ティに近い所。ボギーもやむを得ない。ジャンボじゃないんだから。
迎えた5番のロングホール。
ここでも寄せ1のパー。
いやはや、ロングホール2つで2つのパーとは、それもこれもドライバーの飛距離復活のおかげだ。
続く6番7番と連続パーで、なんだか完全復活って感じのゴルフになった。
とにかくドライバーの復活が大きい。
いい感じ♪
いい感じなのだが、少し身体が悲鳴を上げてきた。
とにかくヘッドスピードを上げるための打ち方なのだが、その打ち方を支えるための下半身と背筋が悲鳴を上げている。
まあ、要するに、普段の鍛錬が足りてないって事。
結局、8番9番をボギーとして、今季初の30台はお預け。
さつきコースは40のパット数15となった。
パット数の15は、別にパットが良かった訳じゃなくて、絶妙の寄せ1が多かっただけのこと。
パターは、むしろ娘の方が良くって、ロングパットを3回も決めて48のパット数15。
まあ、娘はね、何でこんな48なんてスコアなのか訳分からないほどの素晴らしいゴルフ。
パットが決まるのもそうだけど、ドライバーがとにかく素晴らしい。
完全復活した私のドライバーの更にその上を行くオーバードライブの連発。
「疲れたね。なんだかもう帰りたくなってきた」
そう、ドライバーのヘッドスピードを上げるための打ち方はやたらと疲れるのだ。
それに、下半身も腕もいう事をきかなくなってきていて、左半身で打っていた打ち方に、右腕の力が入り始めている。
こりゃあやばいな〜と。
でも、今期最高スコアも可能性あるしなー。
それに、今日は運動しに来たんだしなー。
取り敢えず、後半も頑張ってみるか!
と向かったさくらコースでは、前代未聞のとんでもないことが待ち受けていたのである。
明日に続きます。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


一筋の光明、自分のシャンク病の理由が分かったような気がする。
すぐにでもゴルフ場に行って確かめてみたい。
で、
「明日ゴルフに行けるんじゃない?」
「明日は無理!仕事です」
さよか。
全く、今年はゴルフ三昧するぞと宣言しているのに、結局今のところ休日しか行けてないではないか。
ぶつぶつ。
ゴルフに行かないと、私の足腰は弱りに弱って、そのうち歩けなくなりそうだというのに。
まあ、つまりは、諸悪の根源はこの足腰の弱体化にあるのだ。
かなり悪化しているのだよ。
だって、考えてもみい。普通の状態で心臓が悪くなるか?心臓ほどのぶっとい血管が詰まってるって事は、他の細い血管なんかどこもかしこもいかれてるって事だ。
昔、母親の脳のCTスキャン画像を見て驚いた。
まるで天体儀のような星空だった。
「この白く光っているのはなんですか?」
と担当医に尋ねると、
「それは脳血栓で血管が詰まっている痕ですね」
そう言われてビックリしたのだが、多分、私の脳内でも今同じ事が起こってるんだろう。
「明日の仕事を全部午後にすれば出来るんじゃない?」
「無理です」
さよか。
終いには、
「明日仕事したくないな」
「アホなんですか」
いや、そう言った訳じゃないけど、驚きの顔がそう言っていた(笑)。
実を言うと、どうせゴルフに行けないんだったら株をやっていたい。
今は、本業の仕事をするよりは何倍もその方が儲かる。いや、数十倍かも知れない。
果たして、今朝、私の持っている株はもの凄い勢いで急騰した。
マーケット開始後わずか10分で700円近い値上げ!
売るべきか売らざるべきか…迷った。
いや、これは迷う。昨日も600円上がっている、そして今日は700円だ。
2日間で合計1.300円の値上がり。
でも、もっと上がりそうな気がしてしまう。
迷う。
そんな時、
「そろそろ出ないと間に合いません!」
と催促の電話が。
いや、ここは迷っているのだ。
「そろそろ出ないと間に合いません!」
やんやの催促だ。
分かってる。分かっているけど迷うのだ。
今売らなければ確実に下がる。いや、でもストップ高って言うのもあるかも…いやいや、それは無い。
だって、今日からこの株のストップ高は1.500円だ。いくら何でもこの株にそんな力はない。
うーん、迷う。
「もう出ないと、本当に間に合いません!」
相手も必死だ。
それに比べて、こちらはそんなに必死でもない(笑)。
であれば、ここは行くしかないか…と名残は惜しいのだが出かけることにした。
で、4時過ぎに帰ってみると、祭りは終わっていて、820円も上がった株はたったの50円に減っていた(泣)。
いや、あのね、株は決済しなきゃ儲けも損もないんだけど、それはそうなんだけど、なんだかもの凄ーく損した気分(笑)。
なんだか、道ばたに落ちている札束を、拾わずに通り過ぎてしまったかのような、そんな感じ。
明日も、株にとっては重要な日なのだけど、明日はゴルフに行く。
そして午後からは仕事のスケジュールがいっぱいだ。
つまり、
なんだかまたまた損をするような気がするのである。
今思い出した。
そう言えばこの間買ったグリーンジャンボの結果をまだ見てない!
…いやいや止めとこう。今見たら当たっているものも外れそうだ(笑)。
 
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


朝起きるのが辛い。
最近は、どうにもスッキリとした目覚めとはならない。
なのであるが、少し体調が戻ったみたいなので午後から練習に行くことにした。
せっかく身体が出来つつあるプロセスなのでこれを無駄にはしたくない。
で、入念にストレッチをすると、いつもに比べてストレッチが楽だ♪
うん、やっぱり身体が出来つつあるのだな♪
先ずは、一番得意なPW♪
いつでもバッチリなPW♪
なのであるが、やはり距離が落ちている。方向もままならない。
今日は大分暖かいというのに距離が戻らないって事は、根本的にスウィングに問題があるのか身体の方に問題があるのか…少し力み始めた、かもしれない。
途端にシャンクが出た。
シャンクが出るくらいなら、距離が出なくてもその方がましなのだが、このシャンクが止まらなくなった。
シャンクシャンクシャンク〜♪
って、歌ってる場合じゃない(笑)。
史上最悪のシャンク連発劇場の始まりだ。
まあ止まらない。
明らかにネックに当たっている。
何故だ?
今までもシャンクは出る事出るのだが、気をつけて打てば続けて出ることはなかった…のだが、どうしたことか今回は止まらない。
ネックが壊れるんじゃないかと心配するくらい見事にネックの芯を食う(笑)。
周囲の皆さんの憐れみの目が痛い!(笑)
あまりにもシャンクの連発で途方に暮れてしまった。
途方に暮れてある事に気がついた。
シャンクすれすれに当たったその当たりが、最近の飛距離にとても近いのである。
なるほど〜。
つまり、飛距離が出てないのは、芯を食ってない、シャンク気味の当たりだったのだな。
判明〜!
判明はいいんだけど、その原因が分からない。
多分、なんだかダウンスウィングになってないような気がする。
その辺は雰囲気というか勘なのだが、だって、ボールを点で捉えてない。
それに、左肩がグググッと下がって行ってるような気がしてならないのだ。
ボーとして休んでいると、隣の姉ちゃんに指導している男性が、右足の位置を注意した。
「もっと広げて」
うんその通りだ。
「右足を開かないでもう少し閉じて」
ん?あれでも開いてるのか?私はもっと開いているゾ。
もしかして!
スタンスに注意をした。
スタンス幅を少し小さくして、右足の開きを抑えて、背筋を少し伸ばし気味にして打つと、スッパーン!と。
ありゃりゃ、治った。
つまりはこうだ。
今年最初に行った南秋田CCで、空振りまがいのドライバーショットをしたために、その矯正方法としてスタンス幅を石川遼君並に広げたのだ。
その幅自体は、私にとっては広すぎてとても窮屈なのだが、取り敢えずは問題なく矯正できたかのように思えていたのだけど、アイアンのスウィングにとってはあまり良くない物らしい。…事が判明。
で、気持ち的には納得してはいないんだけど、スウィング自体はスムーズになり、PWもようやく本来の飛距離に近い状態となってくれた。
まあ、めでたしめでたし♪って事なんだけど、ホントにめでたいのかどうかはイマイチ不安だ。
明日の練習で、本当に戻っていればめでたいんだろうけどね。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 全く、年をとると「0+1=1」ではないな。

練習して、せっかくいい感じを掴んでも、その翌日には身体がすっかり忘れてしまってやがる。
それどころか、下手すると身体が筋肉痛で「0+1=マイナス1」なんて事にもなりかねない。
まあ、毎日運動しろって事だね。お散歩しよ♪
秋田森岳温泉36ゴルフ場で前半戦を終わって、後半が始まるまで1時間30分以上の待ち時間となった。
ここはまあ、そんなところ。
急ぐ必要なんてまるでないし、急いでも良い事なんか一つもない。
別に急いだつもりはなかったのだが、下手くそでも1時間30分で終わってしまった。
しょうがないんで、ゆっくり食事でもしようかと思ったのだが、生憎とバイキングデー。イヤ、言いたくはないんだけど、ここの食事はあんまり美味しくない…でもまあ、分かっている事なので、そこは税金と思って(笑)。
我々にとって、良いゴルフ場とは食事の美味しいところという事になってしまっているのだ。
さて、後半戦の始まり。
スタート時間を待っている間にも、雨は本降りとなってしまった。
ここは覚悟を決めて、雨対策の完全武装をする事にした。
私の場合、できるだけ薄着の方が良いのだが、レインウェアなんて着てしまったら、メチャクチャなショットになってしまうのだが、まあ、今日の100を越える勢いのゴルフにはどうでもいい事。
どうせなら、華々しく100を越えるのも良いかもしれない(笑)。
後半戦はアウトの1番から。
やる前に、改めてストレッチをし、ドライバーの素振りを何度か繰り返して、レインウェアでの感触を確かめて打ったのだが…球は少しスライスしてしまった。
アゲインストだし、スライスとなれば150ヤード位しか飛んでない。
まあ、情けない。
でも、どうせ100越えのゴルフと思えばなんてこともなく、次の一打に集中。
ミドルホールにもかかわらず、残り距離は200ヤード以上も残ってるし、ここは新参者の3番ウッド。
これが綺麗に当たってグリーン側!使えるなあーコイツ。
こうなったら5番も7番も買ってしまおうかって気にますますなってしまう(笑)。
1番は3オン2パットボギー。
続く2番でも、またまたスライスしてしまった。
ヤな感じ。
それでも、またまた3番ウッドが炸裂して…って、ミドルホールで連続して2打目が3番ウッドって時点でメチャクチャ恥ずかしいのだが。
恥ずかしなんて言ってられる余裕もなく、3番ウッド様々で4オン1パットボギー。
3番のロングで、ようやくドライバーが当たった。
テークバックをコンパクトに、フォロースルーをきっちり取った事が功を奏してくれたようだ。
問題の雨具も気にならなくなりだした。
さすが2万円もしたレインウェアだけあって、雨が漏れたりしみたりする事は一切無い。軽いクセして防寒対策としても有効だ。
何よりも、安物に特徴的なシャカシャカ音が一切しない。
3番ウッドといいこのレインウェアといい、今年は良い買い物をしたものだ♪
その3番ウッドで2打目をゴロ!でも3打目で快打!
まあ、良い時もあれば悪い時もある。
そう言えば、青木が言ってた。
「フェアウェイウッドは、当たらなければ短く持って打ち、それが当たるようになれば長く持って打ち、またそれが当たらなくなれば短く持って打ち、常にチャレンジして欲しい」と。
うん、さすが世界の青木だ。いい事を言う。
青木でさえそうだったと言うのだから、私ごときが3回の内2回も当たれば上等だ。
この長いロングを4オン2パットボギーは上出来だ♪
そして4番ショートでご褒美が来た。
一つ番手を大きくして打ったにもかかわらず、ボールはグリーンの端のカラー部分。
ここから2パットでパー♪
5番に進んで、ここでもご褒美。
3オンだったのだが、寄せ1を決めて連続パー。
まあ、ゴルフとしてはどうしようもないんだけど、そのどうしようもない中での連続パーは嬉しい♪
こうなるとスケベ心が出てしまって、6番も狙ってしまうのだが…状況は同じく3オンのボギーオン。
当然狙いにいったんだけど、これがすり抜けて…どこまでも転がって行きやがって(笑)、敢えなく3パットダボ!
とうとう来たかダボさんめ。
随分と久しぶりで忘れるところだったよ。
ところが、続く7番でまたまた寄せ1のパー。
う〜ん、なんだか、今日は寄せが抜群に良いのだ。
転がして良し、上げて良しだ。
あれれ?これってそんなにスコア悪くないぞ。
まあ、雨がジャバジャバ降っているんで自分のスコアを確認する事もないのだが、助平心はわいてくる(笑)。
迎えた8番のショートは砲台グリーンで150ヤードくらい。
「普通なら7番アイアンなんだけど、上ってる分160ヤード位か…7番ウッドで軽く行くか」
まあー、ダメな時は言い訳も多くなる見本みたいなものだ(笑)。
そしてこれが最高の当たり!狙った所にドンピシャだ!
心の中で叫んだ「やったー!」と。
でもね、
「あれ?バンカーだ」
えっ?なんで?バンカーってどこにあるのよ。旗に向かってるじゃないの。
まあ、バカな話だけど、私は思いっきり旗を勘違いしていて、上りのカート道にある標識を旗と勘違いしてしまって、思いっきり、その標識めがけて打ってしまっていたのだ。
なんだいな。
2オン2パットのボギー。
最後の最後の9番のロングは、まあ、やたらと長くて、3番ウッドを駆使!
でも、ゴロだったり快打だったりでどうにかこうにか5オン。
入れなきゃダボとなるロングパットを見事に決めて1パットボギー。
結局、スコアを数えてみれば、43のパット数14は上出来すぎるくらい上出来。
トータル91のパット数35。
娘は101のパット数38。上さんは109のパット数36。
家族3人、それほどの差はなくなったな(笑)。
まあ、ここ森岳はドライバーが飛ばないと途端に難しくなってしまう。
砲台グリーンが多いから、2打目にショートアイアンで打てないと歯がたたなくなってしまうのだ。
それにしても疲れた。
さすが山岳コースだけあって、アップダウンがきつくて、夜中は足腰が立たないほどの筋肉痛に襲われた。
早く暖かくなって欲しいもんだ。
お散歩して足腰鍛えないとダメだね。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


娘が木曜日からFXを始めた。
大丈夫かな?とは思うのだが、FXに割り当てた金額は5万円と笑えるような金額だ。
しかも証拠金の50%でロスカットだというのであれば尚更安心だ。
いきなり、「最初の取引で儲けたよ♪」と小躍りしながらニッコニコでやって来た。
「幾ら?」と聞くと、
「500円!」
「はあ?」
で、最初の話となった訳である。
証拠金が5万円というのであれば子供のお遊びだ。
それでもワクワクするらしく、会社が終わると、いそいそと自分の部屋に閉じこもってFXをやっている。
まあ、楽しみがあるっていうのは良い事だ。
それに、株式取引と違って、FXの場合であれば、そんなに経済知識が無くてもゲーム感覚でできてしまう。
パチンコやるよりは良いのじゃないかと。
さて、日曜日はゴルフと決まっている。
最早、家族の健康のためにはなくてはならないものとなっていて、雨が降ろうが雪が降ろうが皆行く気満々である。
で、本日日曜日の予報は降雨確率60%!尚かつ最高気温予想7度!
きゃん!って感じだけど、秋田椿台CCは満杯状態でカートもナシ。
それじゃあってんで、秋田CCに電話すると、こちらも早朝プレイは満杯〆切。
なんだか今年のゴルフ場は凄いね。
こんなに寒い時期から満杯なんて、景気の気だけでも戻ってきた証拠だ(笑)。
しょうがないんで秋田森岳温泉36ゴルフ場へ行く事に決めた。
今から朝早くのスタートなんて、寒いし雨降るしなんかイヤだったんだけどね。
という事で、朝の6時起きして秋田森岳温泉36ゴルフ場。秋田コースの開幕〜!
イン10番からのスタート。運良く朝一のスタートとなった。
「どうせ後半の待ち時間が長くなってしまうから、ゆっくりやりましょう」
と始めたのだが…からだが硬い!しかも痛い!動かない!
ストレッチをするものの、どうにもこうにも身体が回らない。
先日の練習で、ようやく糸口が掴めたというのに、体がいう事を聞いてくれないのではどうにもならないではないか。
案の定、一発目のドライバーは…多分160ヤードくらい?
だって、背中がガッチガチでテークバックが上手くいかないのだ。
挙げ句に、上半身の動きを待ってられずに腰が早く回転してしまって振り遅れ現象でスライスするし。
全く、早く温かくなって欲しいもんだ。
2打目は、例の3番ウッドで軽く振って、これがまあまあ。
まあ、なんとも使える3番ウッドだ。
しかも、このクラブのおかげで、フェアウェイウッドのフォームがスムーズになった。
ドライバーと同じ感覚のスウィングフォームになったのだ。
ついでに、5番ウッドも7番ウッドも同じスウィングフォームに変えてしまった。
それが当然だったのかどうか、今のところ、なんの問題もない。
こうなったら、7番ウッドも5番ウッドも、全部ゼクシオに変えてしまおうか知らん♪
出だしの10番は、ドライバーがへなちょこだった割に、無難にボギースタートとなった。
それで少しは安心したのだが、続く11番のショート。たかだか125ヤードのショートなのだが、打ち上げで、いかにも遠く感じる。
普通ならPWの距離なのだが、今は、どうにもこうにも1番手あげて打たないと距離が間に合わない。
とすれば9番?
でも、9番でも届かないような気がする。
で、ここで暴挙!
8番アイアンで立ち向かったのだが、背中が痛くてテークバックもまともに取れないで8番アイアンは無理!
敢えなくバンカー。
そこから難なく乗せて2オンしたのだけど、長い下りのパットがスルスルッとあり得ないぐらいオーバーしてしまった。
確かに、昔から秋田森岳温泉36ゴルフ場のグリーンは苦手だけど、それにしたって今日は一段と訳分からないくらい速い。
「速いなー」と思って打った2打目は、上りなのにもかかわらず、またしてもスルスルッと、まるで下りのように…4パット!トリプル!ダブルスコア!
やったー(笑)。


上さんが、「OK出してたよ」なんて言ってたが、「何を今更!」「トリプルだよ!」全く慰めにもならない。
まあ、これで今日のゴルフはお終いみたいなもんだ。
その後も悪戦苦闘。
今まで、秋田森岳温泉36ゴルフ場を難しいと思った事はなかったけど、ドライバーが飛ばないと、このコースは途端に難しくなってしまう。
しかも、アイアンに正確さが無くなると、最早ゴルフにならなくなってしまう。
まあ、今日は、そのどちらもダメな日。
ドライバーの飛距離が決定的に足りないもんだから、2オンゴルフが目指せない。
思い切ってボギーオンゴルフをしなきゃいけないのに、今まで苦労した事がないというプライドがあるため、無理矢理狙いにいってしまって墓穴を掘ってしまう。
その典型パターン地獄にはまってしまった。
12番3オン2パットボギー。
13番ロングは4オン2パットボギー。
14番は4オン2パットのダボ!
こなくそー!と頑張った15番ミドルは、3オンして3パットのまたしてもの連続ダボ!
一体幾つ叩くんだろう…といい加減不安になってしまった(笑)。
こうなると、上さんも娘もみんながライバルである(笑)。
16番の長いロングは3番ウッドが威力を発揮して4オン2パットボギー。
ついでに、ドライバーも復調気味になった。
腰の回転を抑えるためにも、左手リードで右手の指を1本外し気味に打つようにしたのが功を奏し始めたのだ。
17番ショートは、本来7番アイアンの距離なのに、自信がないため7番ウッドで軽く丁寧に打って1オン!手堅く2パットで、本日初のパー!
ちょっと情けないところもあるのだが、そんな事を思っていたら楽しいゴルフにならなくなってしまう。素直に結果を喜ぶ事にした。
前半の最終18番は3オン2パットのボギーで終了。
まあ、パーなんてとんでもないゴルフで、3人の内誰が勝ったかさっぱり分からない状態。
自分のゴルフのスコアも数える気力もわかなくて数えてもいなかったのだが、まあー、その数えにくい事!
いちいち足し算しないといけない!更に、かけ算まで必要とは(笑)。…6が5個で30ね。プラス色々…。
てっきり、50なんて軽く越えていると思ったのだが、意外にも48!
へっ、これで50越えないの!?
多少皮肉っぽく聞こえてしまうかもしれんけど、
50越えるゴルフってどんなや!?(笑)
でもね、後半は、本格的に雨が降ってきて、苦手なレインウェアに身を固めてのゴルフとなるのだった。
何年ぶりかの100越えする事になってしまうのか?
気持ち的には大ピンチなのであった。
明日に続きます。
ちなみに、娘が53のパット数22。上さんは54のパット数18。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日は、練習に行くなんて行っておきながら結局は行かなかった(笑)。
なんとなく、昼からワインが飲みたくなってしまって、ワインを飲んでから、「しまった!」酒を飲んでしまったら車の運転ができないじゃないか(笑)と。
まあ、元々そんなに生きたかった訳じゃないし、まっ、良いかと。
その夜、そのワインをまた飲み始めた。
「う〜ん、更に美味しくなったなあ♪ホラ、飲んでみぃ」
「最初から旨いワインだったtけど、更に美味しくなったろ?」
「分かんないけど美味しい♪」
「ちょこっとだけあったえぐみがなくなったろ?」
「分かんないけど美味しい♪」
「酸味も強かったけど、まろやか〜になったじゃない」
「分かんないけど美味しい♪」
「あのね、タンニンは感じる?」
「全く分かんないけど美味しい♪」
全く、うちの上さんときたら、物の価値なんて分かりはしない。
その上さんが、その夜にキッチンの片付けをしていて、私の愛用のバカラのコニャックグラスを…
パリーンパッシャーン!
と、まあ、見事な音を立てて割りやがった。
全く、バカラだと割れる音まで見事だ。
ここからが大騒ぎ。
上さんは大慌てで娘に、そのバカラと同じものを買ってくれるように娘に頼むのだけど、ネット上でいくら探しても同じ物はもう売ってないという。
上さんは必死の形相なのだけど、そしていい訳を言う。
「絶対割らないようにもの凄い注意してたんだけど」
あーそうかいそうかい。
お前さんは、一体今まで何個バカラのグラスを割ったと思ってんだい?
今回割ったバカラは、家族用に3個用意したもの。
それを1個割り2個割り、そして3個目も割り、とうとう東京のバカラの直営店にまで行って買ってきた最後の代物。
しかも、もう同じものは廃盤となって売ってないという。
その他のバカラだって、私の気に入ったものばかり割りやがる。
大体、お前さんは気をつけ方が悪い。
本当に気をつけているんだったら、割りようのないところに置けばいいだろう。
うん、こういう人は、行動の範囲内において、気をつけて動こうとする。だから割ってしまう。
私の場合どうするかというと、行動の範囲外において、気をつけなくても触れられないところに置いておく。
気をつけるという事はそういうことだ。
置く場所で既に勝負は決まっている。
さて困ったもんだ。
あのコニャックグラスがないと、私はこれから何でワインを飲めばいいのだろう?
ちなみに、私はそのコニャックグラスが殊の外気に入っていて、コニャックに限らず、ワインを飲む時にはそのグラスで飲むことにしていた。
グラス一つでワインの味が変わるのである。
パリーンパッシャーン!
未だに、最後のコニャックグラスの砕け散る音が耳に残ってしまっている。
まあ、形あるものはいつか壊れるんだとは理解しているけどね。
さて本日。
セコムの機器類が大改造するって言うんで2日間がかりで工事が入ることになった。
日中は、私は部屋に閉じこもって私のプライベートな大事な大事なお仕事があるのだが、その部屋も工事業者で占領されてしまうらしい。
なので、しょうがなくゴルフの練習に行くことにした。
行って、入念にストレッチ。
どうにも最近は、体がいう事を聞かない。
なんというかなー、本当に身体の可動域が狭くなってしまって、年をとったことを実感する。
こんな身体で、「昔はこうだったのにー」なんて言ってもしょうがないのだろう。
いつも通り、PWから始めたのだが、どうにも調子が上がらない。
真っ直ぐ飛んでくれないのだ。
かけたくもないドローがかかってしまう。
当たりも浅かったり深かったり、たまに引っかけてしまうことも。
大体、左右のぶれが30ヤードくらいもあるって何や!
距離も出てないし。
なんだかなー、下半身もぶれるけど、上半身までぶれやがる。
これは基礎体力の問題だなーと。
しょうがないんで、またストレッチ。
打ちながらもストレッチ。
まあ、今のスウィングがどうのこうのと言うよりも、基礎体力を上げて、体幹を作ることだなーと。
時折、練習場の端から端までお散歩♪
全く、練習場の変なオジサンなのだが、こちらはこちらで大まじめ。
それが功を奏したか、当たりが少し良くなり始めた。
そして、ほんのはずみで、意図もなくバックスウィング時に後ろに大きく引っ張るように引いてしまってスッコーン!と。
あれ?これだよこれ!
思い出したのである。
後ろに胸を張るように大きめに引くというか、広げてやるんだった。
もう一つ、振る前に素振りをしてからスウィングするようにした。
これが功を奏した。
明らかに本来あるべきスウィングが思い出される。まあ、体が思い出してくれる。
ドライバーが勢いを取り戻し初め、打っていて気持ちの良い状態になってきた。
まあ、もう空振りなんて事はなさそうである(笑)。
とは言っても、基礎体力と体幹がない分、飛距離は相変わらず1番手分足りてない。
一番分かりやすいところでサンド。
全盛期では90ヤード位飛んでいたのが、今は75ヤード。
他のアイアンも総じて同じくらいの減だ。
収穫は、8番アイアンがスムーズに打てるようになったこと。
私の場合、8番アイアンはロングアイアンという位置づけで、身体のキレとヘッドスピードで打つものだから、これが打てるという事は切れとヘッドスピードが少し戻ってきたという証明である。
そして、8番が打てるのなら7番も打てる。
もしかして…と7番ウッド5番ウッドも試し打ちしてみると、これが難なく打てるようになっていた。
まあー、いつの間にか、実践で少しは体力が復活してたみたいね。
もう少し練習に行かねば。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 今年は本当に体力が無くなってしまっている。

それと言うのも、去年の夏に秋田CCで日射病で倒れてしまって救急車で運ばれてしまったからだ。
うん、どう考えてもあれが原因だ。
あれ以来、ゴルフの練習はしなくなったし、夜のお散歩もしなくなってしまったし、体力も筋力もがた落ちだ。
それを反省して、今年はゴルフにいっぱい行こうと思っている(笑)。
そうは思っているのだが、どうにも練習とお散歩には行く気が起こらない。
困ったもんだ。
今年の筋肉、そして体力では飛距離が出る訳もない。
だって、明らかにヘッドスピードが出てこないのだ。
多分、私よりは娘の方がよほど切れのいいスウィングをする。見る度に理想的なスウィングをしていて全く羨ましい限りなのだ。
練習もしないクセしてコイツは、一体どうしてこんなスウィングができるんだろうかと、羨ましさを通り越して呆れてしまう。
私と違って、上さんと娘は本来的に運動神経があるようで、練習しなくてもそれなりのスウィングができてしまう。
その点、私と言えば、練習しなければ、すぐに身体のバカタレが本来のスウィングを忘れてしまう。
頭は良いのだが、身体がバカタレなのだ。
上さんと娘は、運動がそれほど好きとも思われないのだが、学生時代の体育の成績は4か5(懐かしの5段階評価)。対して私は、3しか取ったことがない。
3というのは長いこと私のコンプレックスであったのだが、今更考えてみると、3というのは至って普通、つまり真ん中の成績なのでは無かろうかと。
つまり普通。
と思いたいのだが、現実には、明らかに周囲には劣っている感じがする。
なんだろうね、この劣っている感(笑)。
やっぱり練習行かなきゃなーとは思っているんだけど、この辺が若い時と違って、練習へ行くと、石川遼君じゃないけど腰痛が発生する…まあ、行かなくても発生する時は発生してしまうんだけどね。
つまり、健康のためにゴルフを始めたんだけど、いつの間にか、ゴルフのおかげで不健康になってしまっているというこの事実。
だったら、楽しみを含めて実践ばかりしていた方が楽しい♪
という結論になってしまう訳なんだけど、実際は、ヘッドスピードが上がってこないと飛距離が出なくて、先日のようなボギーオンゴルフなんて言う楽しくない情けないゴルフになってしまう。
ヘッドスピードを上げるには、やっぱり練習が必要だ。
ヘッドスピードを上げるための筋肉を作っていかないと、つまり、スピードを出すための筋肉を作っていかないと、無駄な筋肉ばかりになってしまって、いつまでも飛ばないことになってしまう。
要は、意識的にヘッドスピードを上げる練習を繰り返してそう言う筋肉を作って行かなくちゃいけないのだ。
あー、めんどくさ。
しょうがない、今日あたり練習に行ってくるか(笑)。
ちなみに、いっぱいゴルフに行くことにはしているけど、秋田の今週の天気は寒そうなので、今週は行きません。
だってなー、後半待ち待ちゴルフになってしまって、寒くて寒くてがちがち震えるんだものなー。
健康のために行ってるんだか、風邪を引くために行ってるんだか訳分からないゴルフになってしまっているのが現状。
まあ、四の五の言ってないで練習に行ってこよう♪



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


ボギーオン狙いのゴルフで前半42のパット数14なら上々だ。
ただ、私よりドライバー好調な二人が55(娘)と54(上さん)というのは意味不明だが。
まあ、それでも楽しいゴルフになっているのが何より。
さて後半。
さつきコースは今メンテナンス中で色々とあるという。
まあ、ご迷惑をおかけするという事なのだが、
「さくらは空いてるの?」
と聞くと、さくらが空いてるという。
そりゃあ好都合。
さくらは得意なコースだ。もしかしたら80を切れるかもしれない、なんて助平根性がふとちらついてしまった(笑)。
これが間違いの元。
さくらコースに行ってみると、なんとコースにはうじゃうじゃと人がいる。
駐車場はあんなに空いているのに一体どうした事か。まるで、今日のプレイヤーが皆さくらに集まってきたみたいだ。
しかも、つばきコース同様、ティグランドは限りなく遠い。
「えー、2段目か。ここからあのバンカー越すにはぎりぎりなんだよなー」
それで力んでしまった。
つまり右腕が余計な働きをしてスライス!
まあ、飛んでない事。150ヤード位しか飛んでないんじゃないか?
今日一の最悪ショットだ。
そこから例の3番ウッドで起死回生の当たりでグリーン側まで運んで、よしよし!…のハズだったのだが、3打目を今日初のザックリ…。
まあね、早く芝が青々としてふっくらとして欲しいもんだ。
敢えなくダボとなってしまった。
まあ、これで80以内のスコアは諦め。
2番へ行ってもっと驚いた。
ティグランドはますます遠くて、
「おいおい、これだったらバックティでやった方がマシだろう」
と嘆く。
まあ意地悪だね(笑)。
何故か、午前中のスウィングを忘れてしまっている。
あんなに素晴らしかったのに。
信じられない事に、またしてもスライスというかフェード気味の球が行って…いや、ありゃあスライスだな。
昔々、一度だけ打ち込んでしまった手前のバンカーに落ちた。…はあー。
またしてもダボね。
3番のロングに行って驚いた。
ティグランドに前の組がいて、その前に別パーティがいて、グリーン手前にも別パーティがいる。
つまり、我々は4組目だ。
しばらく待っていたのだけど、
「何か着た方が良くない?」
と言われて、素直にウィンドブレーカーを着ると、そこで初めて体が冷えていることに気がついた。
そりゃあそうだ。休み無しの前半と違って、後半は1ホールごとに休まなきゃいけない。
風は強く、今日の最高気温は11度だ。寒いに決まってる。
この間のゴルフと同じかぁーと。
但し、ウィンドブレーカーを着て、打つ時は脱ぐというまるでプロ並みのことをして(実力からしてかなり恥ずかしいのであるが)、それが功を奏したか、いやいや、3番ウッドが功を奏して3番のロングはパー。
長目のパットを1パットで沈めた成果であった。
続く4番ショートも、通常なら9番アイアンなのだが、当たってない折、8番アイアンを選択してぎりぎりオン!…ホントに当たってない(笑)。
いくらアゲインストとはいえ、8番アイアンで130ヤードしか飛ばないって何や!
まあ、ここも2パットでパー。ついでに、上さんにも今日初のパーがやってきた♪
やーめでたいめでたい♪
上さんは、とにかくパーが来ればニッコニコ。ドライバーが飛べばニッコニコのめでたい人なのである。
それ以外はどうでもいい人。途中経過もどうでもいい人。
5番ボギー、6番パーとした後の7番ロング。
なんか気になっていたのだが、後半になって飛距離ががっくんと落ち始めた。
そして、このロングでのドライバーも、経験したこともないような所までしか飛んでない。
まあ、呆れるしかないのだが、2打目は今日一の伝家の宝刀ゼクシオの3番ウッド。
はっきり言ってドライバーより飛んでくれる!
その3番ウッドが目の覚めるような当たり!炸裂!
したのだけど、コースの真ん中にある大木のてっぺんの方の枝の密集地にストライク!
ぱっか〜んと木の手前に落ちやがった(泣)。
続く娘の第2打もパッカ〜ンと同じ木のど真ん中に命中して、手前に大きく跳ね返ってきた。
笑うしかないのだが、私は懲りずに3番ウッドで起死回生の3打目!
まあ、なんとかボギーに仕留めて希望を繋ぐ。
この辺から、上さんの足がつり始めて…まあ、徹夜明けだしね。
私の身体の方は以外に苦にはならない。
ラス前の8番ショート。
156ヤードで、普通なら7番アイアンなのだが、アゲインストだし、飛んでないし、まあ、色々と言い訳ばかりなので、7番ウッドで言い訳ショット!で、これが見事に1オン!
但し、7番ウッドでも当たりが悪くて長〜いパットが残って、でも同じく1オンした娘のパットは私より長くて、余裕こいて見てたら、なんと10センチ!に寄せやがって難なくパー!
これ見て焦ったのは私(笑)。まあ、ヤな感じ。
敢えなく3パットボギー。
もうダメ。
何がダメなんだか、とっくに終わっているゴルフなのだが、何故か諦めずに最終9番。
ここでもドライバーは飛ばずに、女性お二人さんのずーっと50ヤード以上も手前からの2打目。
情けない。
上さんドヤ顔だし、娘はその遙か彼方だし。
「おい、お前らもレギュラーティからやれよ」
「やだね」
いや、本当に男女平等であって欲しいわ(笑)。
気を取り直して伝家の宝刀3番ウッド!
これが目の覚めるような当たりで、グリーン側!
シメシメと3打目のウェッジ。
これがね、ザックリと…はあー。
最後の最後にダボ。
で、結局、後半は45のパット数16で帳尻を合わせてしまった。トータルでは87のパット数30。
ちなみに、足ツッたぁーとしょっちゅう足をつらせていた上さんは、53のパット数17で、トータル107のパット数39。
娘は、53のパット数17でトータル108のパット数38。
上さんは、
「やったー、1打勝った♪」
とえらくご満悦なのであった。
私はなんだかとても不満足。
「おい、もうハーフ行くぞ!」
「えー!?」
という悲鳴が上がったが、
「もし、さつきコースが空いてたらね」
という条件付きで向かうと…こちらも大変な込みようで断念。
いや、私も助かりました。
はっきり言って限界。
もう若くはないんだなーと。
帰って、娘は爆睡。上さんもうつらうつらと。
私は、疲れすぎて寝ることすらできなかった。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


日曜日はゴルフができなかった。
それどころか、その日は徹夜となり、眠りについたのは朝の6時過ぎ。
で、8時30分スタートで椿台CCの予約を取ってあった。
死ぬんじゃないのかこれ?
そこまでしてゴルフやらなきゃいけないもんか?
とは言っても、予約を取ってしまったものはしょうがない。
1時間ほど仮眠を取ってゴルフ場へと向かった。
爽やかな晴天で爽やかな風が吹いている。いや、寒いんだけどね(笑)。
天気予報では雨。最高気温が例年よりもずっと低くて11度の予報って言うんだから、まあ、雨が降らないだけマシ。
さてさて、寝ぼけ眼をこすりながらもストレッチ…していると、膝がボキッと。
ダメだこりゃあ。
大体、1番ホールのティグランドを見ると、なんの意地悪なんだか、ティマークが一番後ろ!
おいおい、そんな遠いところからなんて打ったこともないぞ。
「そうカー、今日は月曜日だから遠いんだね」
「うん、今の時期にこれはキツイね」
もう、この時点でパーオンゴルフは諦め。今日はボギーオンゴルフでいいんだ、そう心に決めた。
そうでも決めないことには、自分が情けなくなりそうだ。
ドライバーも、そんなに力んだってしょうがない。飛ぶところに飛んでいくしかないんだろう。
大ぶりをせず、右手に力なんか入れないで、左手リードでフィニッシュだけはしっかり取ろうと…ゆったり振ると、これがなんだか憑きものが取れたかのようなスウィングで、明らかにヘッドスピードが増している。
とは言っても、一番遠いところにセッティングされたレギュラーティで、しかも強いアゲインスト。
そんなに飛ぶ訳もないのだが、レディースティから豪快に打った上さんとそんなに距離が違わないのだから、まあまあ飛んだ方。
でも、娘のドライバーショットは、その遙か向こう…。
「あそこまではいくら何でも無理だな。全盛期でも、あそこまで飛んだことはないな」
と呆れてみせると、娘は
「この間から調子良いよね♪」
とご機嫌。
全くコイツは、徹夜しているクセに、しなやかな粘り強いフォームで打ちやがる。
2オンを狙わないのであれば、ゴルフは簡単だ。
2打目は手前だろうとオーバーだろうと、グリーンに近づきさえすればOKだ。
2打目の距離感なんて大雑把で良い。
まあ、今の実力からすれば身分相応ってところ。
3打目グリーン手前からザックリとやってしまって、結局は4オンなんてみっともないまねをしてしまったけど、難なく1パットで沈めてボギースタート。
まあ、ボギーなら御の字だと。
だって、今日は遠いんだもの。
ビッグドライブしたはずの娘は、2打目の得意なはずのフェアウェイウッドが全然当たらず、苦労に苦労を重ねてダボの6。
上さんは、相変わらず好調なのはドライバーだけで、同じくダボの6(笑)。
人のことは言えないけど、相変わらず進歩のないヤツらだ(笑)。
2番ホールも、ティマークはやたらと遠い。
どうあってもいじめまくるつもりらしい(笑)。
ここでもドライバーはまあまあ。左腕で打つという感覚が少しだけ分かってきた。
うん、今日の収穫はこれだな。
で、難なくボギーオン2パットでボギー、ドライバーの良かった娘は3パットもしてトリプルの7!
上さんは連続ダボ!
全く、二人してドライバーがもったいないっつーの。
3番ショートへ行くと、ピンが立ってない。
あれ?
どこに穴があるんだか、取り敢えず乗せるしかないのだけど、まあ、今日の調子だったら、穴を狙って攻める技術がある訳じゃないし、どうだっていいんだけどね。普段だったら「怒!」ってところだ。
カラーの部分に止まって、まあ、1オンしたも同じようなもんだけど、穴はずーっと反対側の奥!
まあ、こんなもんだよなーと打つと、流石最近はパターだけは絶好調の男!難なく2パットでパー。あ…カラーだったんだから1パットか。
娘ダボ、上さんはボギー。
おいおい、お二人さん大丈夫かー(笑)。
4番のロング。
ここで風はフォロー。ティマークは相変わらず意地悪なんだけど、風に乗ってビッグドライブ。
おー、なんだかドライバー全開じゃん♪
「この力まない、左腕でふるっていうのが良いんだな♪」と気分も上々ニッコニコだったんだけど、上さんにオーバードライブされ、娘のボールは私のボールを置いて遙か彼方へ…。
上さんには「どうだ!」と言わんばかりのドヤ顔され、娘には鼻で笑われてしまった。
いや、あのね、私のも結構飛んでいるんですよ。
頼むから男子のレギュラーから打ってみてくれー!
大体、この男女雇用均等法の時代に、男子と女子が別れているなんて男女差別だろう(笑)。
この2打目に取り出したのが、例の3番ウッド。
練習したことはないけど、とにかくお前の出番だ。
構えるとしっくり来る。
無駄のないフォルム。
なんて美人なんだ♪惚れ惚れする。
えいやー!と気合いを入れて一閃!
ゴローーーーー(笑)。
まあ、そんなに上手くいくわきゃないか(笑)。
もう笑うしかないのであるが、懲りずに3打目もゼクシオの3番ウッド。
持った感じは5番ウッドよりもコンパクトで打ちやすく感じる。
何が悪かったのか?
さっぱり意味不明だが、そして間尺には合わないのだが、ボールの位置を変えることにした。
7番ウッドと5番ウッドの間辺り、より5番ウッドに近いのだが、なんだか、その方がしっかり来る。
だって、構えた時、スーッと馴染んでくれているのだ。
そして、ドライバーを打つ時と同じフォームに変えることにした。
その方が楽に振れそうだ。
そして一閃!
これが大当たり!
ボールは真っ直ぐ飛んで消えて行った。
「今の3番!?使えるね!ボールがあっという間に見えなくなったよ!」
娘が興奮している。
そう、残り距離200ヤード。グリーン側まで飛んで行ってくれたのだ。
という事で4オン2パットのボギー。
娘は3パットの9!上さんも3パットの9!
おいおい、お前ら大丈夫か!?
5番に入って、ドライバーはますます快調になってきて、アイアンも本来の飛距離なんて忘れてしまったが、取り敢えずグリーン側まで運んで1パットパー。
うん!ボギーオンと決めたら恐いもんなんか無い!1パット圏内に、今日は寄せが絶好調だ。
その後、ボギーボギーと進めて8番のショートも絶妙の寄せで1パットパー。
最終9番の578ヤードのロングは、またしてもイジメの最奥レギュラーティだったけど…こりゃあいくらなんでもパーオンなんてできっこないけど、ドライバー炸裂!3番ウッド炸裂!3番ウッド炸裂!で4オン2パットボギー。
で、めでたく42のパット数14。
いや、これは満足でしょう。
ドライバー絶好調の娘は55のパット数21。
同じくドライバー絶好調!ドヤ顔連発の上さんは54のパット数22。
どうしたの?お二人さん。
でも上さんは、
「娘に1打勝っている♪」とご機嫌なのであった。
さて、後編は明日に続く。
 
で、今回はちょっとおまけ。
朝起きると娘が、
「インデックスがストップ安してる」と。
株のことなのであるが、インデックスは昨日ストップ高した銘柄。それが一転ストップ安とは何か原因があるに違いない。
で、寝ぼけ眼をこすりながらボードを見てみると…前日比2.000.0000円UP!
ん?
何がどうした?
よく見てみると、インデックスは確かにストップ安しているのであるが、私が他に大量保有している株がストップ高していて、全体で2百数十万円もUPしている。
あらら、車が1台買えるわ…って、そんな暢気なことを言ってられない。
早速、ストップ安とストップ高の理由を調べなきゃいけない。
オジサンは朝から忙しいのであった。
その後、青森からの客と会って、今日は一日中の会議があって、帰ってみると…ストップ高の祭りは無惨にも砕け散っていて、祭りは見事に終わっていたのであった(笑)。
残ったのは、ストップ安に張り付いたままのインデックス株だけ。
なんのこっちゃ!
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


忙しい忙しい。
まあ、もうそんなに夢中になって人生過ごすような年でもなくなってしまったので、忙しい!ってほどでもなくなったような気もしていたのだけど、なんだか最近は忙しい。
そりゃあそうだ。毎日、自分の中に株の時間が半日以上入ってきてしまっている。
FXの方は、やる準備は進めているのだが、どうにもこうにもタイミングを逸することが続き、これは相当相性が悪いな…と。
ただ、株もFXとなると、パソコンが2台若しくはモニターが2台必要となって、自分の部屋はまるでハイテクルームかディーリングルームのようになってしまいそうだ。
そうすると、自分は生来からものぐさな性格なもんで、全て娘の力で何とかして貰うことになってしまう(笑)。
都合良く娘が、「モニター2台つけたら役にたつの?やってあげようか?」なんて言ってくれてる。
まあ、なんとも役にたつ娘なのだが、そうすると、私の日中は大変なことになってしまいそうだ。
株の売買をし、FXに一喜一憂し、合間に仕事もし、そしてゴルフにも行く。
ありゃりゃである。
できるのかそんな事?
挙げ句には、スマホ買って、ゴルフ場で株の売買やらFXの売買をしそうである。
まあ、カッコイイっちゃあかっこいいジジィのような気もするが、なんとも想像しがたいほどの忙しいジジィでもありそうだ。
株とかFXをやってない人には分かりにくいかもしれないが、今はお金がお金を生む時。
実際、毎日のように20万、30万と資産が増えていっている。木曜日には、とうとう一日で80万円ばかり増えてしまった。
と言っても、これはそんなに大した事でもない。
私にもう少しの運と決断力があれば、毎日100万円増えても不思議ではない。
今はそんな時だって事。
よって忙しい(笑)。
でもね、残念ながら年で、パソコン画面がよく見えない(笑)。
輪を掛けて、野村のバカタレが勝手に操作画面を大幅に変えたものだから、新しい機能になれるのに四苦八苦。
若い時のようにチャチャチャとはできないのだ。
これで、パソコンが2台にも3台にも増えたってなあー。
という事で、今は練習に行くことすらままならない状態。
それでも、来週はゴルフに行く。
つまり、練習もせずに行く訳だから、多分、またしてもハチャメチャなゴルフになるんでしょう。
しょうもないな。しばらくは不調のゴルフを楽しむことにするしかないな。
どうせ寒いし。
ところで、遼君マスターズの予選突破おめでとう。
どうせ最下位からのスタートなんだから、後は開き直って軌跡を巻き起こして下さい。
良いか、開き直るんだぞ。
気楽にやれ!
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


先週末にアイフル株を643円で売ってしまって大失敗とか言うことを書いた記憶があるけど、そのアイフル株は、昨日の月曜日、ストップ高をつけて921円まで上昇した。
つまり、私はたったの6万円の儲けを手にして27万円を儲け損なった。
まあ、株なんてそんなものであるが、それにしてもたったの1時間でこんな目に合うのも珍しい。
そして昨日また、アルバイトタイムスという株を金曜日に買って、翌営業日の金曜日には4万円ほど儲けてしまったので282円で売ったのだが、その直後から、更にあれよあれよと上がり続けて…292円をつけやがった。
まあ、儲け損なったという話なのだから、勘違いして羨ましいとか思わないように(笑)。
強く感じて欲しいのは、今、株式マーケットやFXで儲けている人はしこたま儲けまくっている。
対して、何もしない人は損も得もしていないように感じているのかもしれないけど、それは見識違いというもの。
インフレの時代というものは、何もしなければ確実に損をしていく仕組みなのだ。
 
さてゴルフ。
前半戦を終わってクラブハウスに戻ると、さつきコースは、今一番ティにいる人達の後なんですが、遅いかなー。6番からスタートしてもいいですけどと言ってくれた。
「さくらはまだ開いてないんだ」
「さくらはまだしばらくかかりますね」
だよなー。椿台は思ったよりも雪が残っている。
それでお言葉に甘えて6番から行くことにした。
実はこれが大正解。
天候は、見た目にはそう変わっていなくても次第に変わってきていたのだ。
もし、普通に1番から行ってたら雨に祟られ風に祟られ死んでたかと思うほどの荒れ模様に転じていたのだ。
提案通り6番からスタートして、ドライバーをミスショットした割には難なくボギーオンとしてボギー。
その後の7番はショート。
グリーンを少し外してしまって、グリーン側からのチップショットなのだが、これが見事にチップインバーディ!
きゃー!って感じ?
チップインは幾つになっても嬉しいもんだ(笑)。
しかも、狙い澄ましたかのような見事なチップインバーディだ。
その後も、8番ボギー、9番ボギーと進んで、ようやくさつきコースの1番に戻ってくると、ドライバーがまるで飛んでいない事に気づいた。
いくら何でも情けない。
上さんは私を軽くオーバードライブだし、娘のボールは遙か彼方だ。
いくら何でもなー、いやいや、そうは思うまい。
今日は当たってくれているだけで満足と思わねば。
2打目を打ったこともないような所から打ち終え、歩き始めると…クラッと。
あれ?なんだか目が変だ?
頭と身体が分離しているような…腹でも空いて低血糖か?
慌てて持参していたパンを食べリポビタンDを飲んで栄養を補給…でも収まらない。
大きなくしゃみを3連発して、ようやく寒いのだと気がついた。
上さんも娘も冬装備の格好をしているが、私は、余計なものを着込んでしまうと自分のフォームが見えなくなってしまうことから普段から軽装なのだ。
長袖のシャツにニットのチョッキだけである。
風が強くなってきて寒くなっているのだ。
風も強くなってきて、雨も降り、その雨が服に染みこんで、寒い風で体が冷え込んでしまっているのだ。
でも雨具は着たくないなーと思いつつも、身体が冷え込んで動かなくなってきているのは、自分でも自覚できるような状態になってしまった。
やむなく、先日新調したばかりの格好いい雨具を、バリッと着こなして再開!
でもねー、ダメなものはダメなのよ。
まだ雨具を着てなかった1番はボギーで済ましたのだけど、続く2番ロングは敢えなくダボ!
だってなあ、ドライバーはますます飛ばなくなるし、挙げ句にスライスするし。
2打目のフェアウェイウッドは当たらないどころじゃないし、殆どゴロ!3打目もゴロ!
これじゃあ勝負にならない。
続く3番もダボ!
もう諦めた(笑)。
こうなったら娘に期待しよう。
今日の娘の状態だったら、もしかしたら過去最高のスコアが出るかもしれん。
…ところが、娘も1番からボギー、ダボ、ボギー。
なんだか好調だったはずの娘までパッとしない…って、そうか!娘は人一倍寒いのが苦手で、どんなに冬装備してもダメなんだった。
急に寒くなった1番からはアホみたいなゴルフで、4番ショートを長いパットを沈めてパーとした以外は、最後の5番ロングも敢えなくダボ。
つまり、1番から5番までで、7つもスコアを落として終戦。
最後はド素人以下のゴルフとなってしまったのだった。
後半は45のパット数14。
トータル88のパット数29は、パットだけは立派!(笑)
全く、パットに救われたゴルフだったのだ。
「お父さんパット上手くなったねぇ。練習の成果って凄いね」
と娘からお褒めの言葉を戴いたのだが、
「努力すれば誰にでも成果は出るもんなの」
と軽口を叩いて返したのだが、まあ、それにしてもパットは上手くなったもんだ。
途中、何でもかんでも入るような気がしてしまったもんな。
それでこのスコア(88)というのも情けないのだが。
ちなみに、娘は93のパット数32。
上さんは110のパット数38。
それにしても、家族3人とも体力が衰えていて、終わって帰った後はあそこが痛いここが痛いと大騒ぎ。
果ては「足つったぁ−!」なのであるから、もっと運動しないといけない一家なのであった。
この後はちょっと忙しい日々が続きそうだな。
株もやらなきゃいけないし、仕事もしなきゃいけないし、ゴルフもしなきゃいけない。
練習もしなきゃいけなそうだしね。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


「明日の天気凄そうだね」
「どうせならゴルフ場閉鎖してくれればいいのにと思っているんだけど」
「実はね、私もそう思っている(笑)」
「でも行くんでしょ?」
「そりゃあ(ゴルフ場との)約束だからね。あっちがキャンセルしない限り行くしかないでしょう」
全くね、義理堅いのだ。
で、朝の7時50分のスタートに合わせてゴルフ場に行くと、駐車場にはただの一台も停まっていない。
「スゴーイ!こんな風景初めて見た!」
うん、駐車場に車が一台も停まってないなんて光景は初めてだ。
但し、風もそんなに強くなければ雨も降っていない。
「なんだかなー、今日は風速25メートルのゴルフが楽しめると思ってきたのに」
少し残念だ。
風速25メートルの風ならば、ドライバーが飛ばないことも何とかごまかせると思ったのに、うん、とても残念だ(笑)。
椿台CCつばきコースからのスタートとなった。
とにかく、ドライバーが無事当たること。当たってくれさえすれば安心感が広がる。
スタンスを大きく取って、エイヤーっと。
まあ、無事難なく当たってくれた。但し飛んでいない。
その後、上さんは相変わらずドライバーだけはナイスショットで、同じく不調だったはずの娘は練習もしないクセしてナイスショット…。
娘は、私より30ヤード先。上さんも私より20ヤード先。
ちょっとガッカリなのだが、この日は、ずーっとそんな状態が続くこととなった。
つまり、飛んでないのである。
2打目は早速失敗。
まあ、春先の基本はボギーオンだ。そう納得して、自分に言いきかせて3オン。
比較的長いパットを決めて1パットパー。
どうやらパターの練習がきいているようだ。
2番ホールはドライバーはまあまあだったのだが、アイアンがいう事を聞いてくれずに4オン1パットボギー。
3番ショートで、またしても1オンどころか、グリーンから遠いバンカー。
ダメだなー、と暗澹たる気持ちになってしまうのだが、そのバンカーから、目の前の木の枝に当たりながらも奇跡的なオン!そして、これまた比較的長いパットを1パットで沈めてパー。
3ホール終わってパーが2つなのだから、奇跡的なスコアとしか言いようがない(笑)。
まあ、今の自分の実力がよく分かっているって事で。
その後は、無理をせずに、たまにフェアウェイウッドが打てるのかどうか試しつつ、それなりにゴルフを楽しんで4連続のボギー。
まあ、練習の成果が出てるのかな。
それなりにはゴルフが楽しめている。
7番のサービスホールでちょっとした事件が起こった。
他の二人はナイスポジションへのドライバーショットとなったのだが、私のドライバーはへちゃむくれで、スライス気味でしかも飛んでなく、残り距離150ヤードとなってしまった。
つまり、ドライバーが150ヤードくらいしか飛んでいないという有様(笑)。
ガッカリしながら現場へ向かうと、向こうから今日の天気で暇をもてあましたキャディ達がコース整備のために6人位もやってきた。
いやーな感じがしたのであるが、まあ、取り敢えずこの150ヤードのショットが難しい。
例え好調な時であっても難しい。
距離としては7番アイアンなのであるが、グリーン手前に大きな木々が立ち並んでいて、7番アイアンでは、その木を越えるのは難しい。
8番ですら、その高さを超えるのは難しいのだが、9番を選んでしまうと明らかなレイアップという事になってしまう。
それならば、8番で一か八かの勝負を挑んだ方が良さそうだ。
例え木に当たったとしても、あの林の中はそんなに密集もしてないし、なんとかなるだろうと。
慎重にスタンスを取って…その時、そのキャディの一群がぺちゃくちゃとお喋りをし始めた!
プレイヤー同士でも遠慮するというのに、このバカキャディどもは!仕事をなんと心得ている!
そのままスウィング!
ボールは木を越えていったが、動揺した分右に出てしまってグリーンオンならず。
ここで腹を立てても、この後のプレイが面白くなくなってしまうのは明白だ。
そう思ってやり過ごそうとも思ったのだが…やっぱり我慢できない!
大体、なぜ客が高い銭払っている客がプレイのじゃまをされなきゃならない。
なので、
「おい、プレイ中のお喋りは遠慮しろ!身に覚えあるだろ!」
と一喝。
あのね、キャディがマナー守んなくてどーすんの。
で、普通ならここからガタガタと崩れるところなんだけど、8番ショートは怒りのショットで1オン2パットでパー。
残るは椿台CCの名物ホールの578ヤードのロングホールなんだけど、ここはアゲインストで初めから諦めた(笑)。
だってなー、ドライバーが飛ばない。フェアウェイウッドは練習もしてないじゃ、こんなロングホールどうにもならないのだ。
ドライバーはなんとなくそれなりに飛んだものの、上さんにオーバードライブされ、娘には大きくおいていかれ、まあ、今日の娘のフォームは本当に素晴らしい。
女子プロにしたくなるほどの美しいフォームだ(笑)。
でもまあ、2打目の5番ウッドがそれなりに当たって、おやまあと。
そして、残り200ヤード、どうせダメならと、本日初というか今シーズン初というか、ゼクシオの3番ウッド。
まあ、打ってみたくなるじゃないか(笑)。
まあ、この3番ウッドは美しいフォルムだ。
但し、殆ど練習もしたこと無いので、球の位置関係も分からない。
まあ、5番ウッドと同じ要領で…そしたらね、これが目の覚めるような当たり。
というか打った感触がない。
スッコーンと。
飛んだ飛んだ!えっ!?え〜!
グリーン側まで飛んで行きやがった。
娘が、
「何今の!あっという間にボールが見えなくなって消えてしまったよ」
ちょっと興奮気味なんだけど、いやいやそれは言い過ぎ。
「あの3番が使えたらゴルフ変わるね!」
うん、それは私もそう思う。
そうは思うのだが、あんな当たりはそう滅多にはおこりはしない。
で、難なく4オンなのだが…最後の最後に、今日一番の味方であったはずのパターに裏切られ3パットダボ!
なんじゃそりゃあ!?
で、結局前半のつばきコースは、43のパット数15。
まあ、今の状態から言ったら出来すぎ。
ところが、娘が、
「あれ?私と同じだ!43の14」
そう言えば、娘は7番で2オン2パットの正統派のパーを取り、8番でチップインバーディを取りやがったんだった。
全く、コイツは人がコツコツ積み上げてきた物を一瞬にして凌駕してくれやがる(笑)。
ちなみに、上さんは57のパット数18。
雨は思ったほどは降らずに風もそんなに強くもない。
こんな天気のままで今日一日が終わるとも思えないのだが、取り敢えず後半戦は始まった。
後半は明日に続きます。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日金曜日、その前日、日銀の黒田総裁が気が狂ったような発表をしたために、92円台まで円高になっていたのが、突然円安にと転換!あれよあれよという間に円安は駆け上がり95円↑96円↑と。
それが木曜日の1時30分頃。
その日は2時頃から仕事が入っており、この重大な局面に私は出かけなければならなかった…(泣き)。
そして金曜日。
この日、日経平均が爆上げすることは分かりきっているのだが、生憎と9時から9時30分までに病院へ行かなければいけないことになっていた…(泣き)。
未練がましく、9時10分まで株を見ていたのだが、日経平均は値のつかない銘柄が続出して600円超の爆上げ!
で、病院から帰ってみると…日経平均はそこから爆下げとなっていて、199円高…つまり、日経平均は、上がったことは上がったけど、一日で400円位も下げるという大陰線。
あー、儲け損なった。
なんという間の悪さ。
まあ、その前日も間の悪いことをしていてね、アイフル株を1割以上儲けたんで売ったんだけど、その直後に、日銀の黒田総裁の発表!
アイフル株も、そこから爆上げで、私の売った643円から727円に!
そしてその翌日には877円のストップ高まで!
まあ、つまりね、私が手にした金額は64万円位なんだけど、翌日には87万円にまでなってしまって、つまり私は、たったの一日違いで23万円を儲け損なったという事。
アホやン。
でまあ、気分直しに練習に行って、前日の練習で指摘された左半身が極端に下がるフォームを矯正すべく一番得意なPWを…シャンク!
シャンク!シャンク!シャンク!シャンク!シャンク!
なんと何と、シャンク6連発!
一体、何がどうしてしまったのか?
自分でもさっぱり意味不明の自体。
いやいや、それよりも、これはなんだかとっても恥ずかしい(笑)。
威風堂々としたいいオジサンが、シャンク6連発なんて、そりゃあ見たこともない(笑)。
まるでド素人。誰が見たってド素人。恥ずかしくない訳がない。
ひゃあー!心の中では悲鳴を上げている。
まあ、もし私が隣にいたら、遠慮無く席を変えるね。だって、どこに飛ぶんだか恐いんだもの(笑)。
そしてアドバイスしよう。
「君ね、人には向き不向きというモノがあってね、君の年でゴルフを今から始めるというのは大変素晴らしいこととは思うけど、でも、他のスポーツを選んだ方が良いと思うよ。そうだ、ゲートボールなんかどうだろう」
じゃっかましーワイ!お前になんか言われる筋合い無いワイ。
気軽に話しかけるんじゃない!俺様は今忙しいんだ!
って、そんな妄想をしながら打つのだが、どうにもこうにも、なぜにシャンク!?
いや、これほど見事にシャンクさせるとなれば、それは返って難しいことなのではないだろうか…って、そんな事はどうでもいい。
日曜日の朝には、私はゴルフをしなければいけないのだ。
台風みたいなのが来るらしいけど、このままじゃあ台風のせいなのか、自分のせいなのか分からなくなってしまう。
で、どうにかこうにか、シャンクだけはしないように直した。
どうやって直したかというと、右肘が大きく上がってしまっていることに気がついたので、右の脇を締めるというか、抑えることで簡単に治ってしまった。
この右肘のおかしさに気がついたのが、終わりかけの100球くらいも打った後。
もう、腰も太股もへろへろで、どんだけ治ったのかは保証の限りではない。
つまりまあ、全ての原因はあの南秋田CCでの異常事態が招いたことなのだ。
空振りまがいのドライバーから始まって、なんとかクラブコントロールしようと、どんどん右手に頼っていった結果…まあ、昔々のフォームに何もかも戻って行ってしまっていたって事なんでしょうね。
意識は新しいフォームで、身体は昔のフォーム、っていうんじゃあどうにもなる訳がない。
とまあ、昨日はショックでショックで、多少の解決をみたと言ったって、そんなもの信用できる訳もなく…家に帰ってパソコンを見ていると、「ゴルフは練習するな!」なんて言う広告が目に入って、「バカヤロー、練習しないからこんな目にあってんじゃないか!いい加減なことぬかすな!」と(笑)。
明けて本日。
やっぱり、運動音痴は練習しなきゃね…でも、練習したらまた元に戻って悪くなりそうな気もする。
まあ、とにかくやたらと不安なのだ。
その証拠に、今日はど真ん中じゃなく隅っこの方の打席を選んだ(笑)。
右脇を締める!右脇を締める!右脇を締める!
で、これがナイスショットの連発。
治った?…少し疑心暗鬼なのだが、まあ、治ったみたい(笑)。
PWOK!9番OK!8番OK!ドライバー…ちょっとね。不満足。5番ウッドOK。
但し、距離が全て1番手落ちている。
まあ、しょうがないか。
練習してなかったんだし、筋力落ちているし、何よりHSのための筋肉げっそり落ちているし、明日は番手落ちで対応だな。
それにしても、よくもここまで回復したもんだ。我ながら立派!うん、自分を褒めてあげよう。
…でも、なんだかやっぱり気に入らない。
なんだこのドライバーの飛距離は!?明日はジジティでやれって言うのか!?
注意はしているつもりなのだが、やっぱりまだ左膝が折れてしまう。
そこで、思いっきりがに股スウィングを試してみると…これがなかなか良好な結果。
ん…左膝が折れるフォームなんてプロの世界じゃ見た事ない。
どうすればいいのか?
思いっきり足を広げてみた。
森岳36GCに石川遼君のスタンスの実際が展示されている。
実際にそのスタンスを試してみたのだが、広すぎて私には真似のできる代物ではなかった。
大体、そのスタンスのおかげでフォームが崩れてしまいそうなのがイヤだったのだが、今は、ちょうどフォームが崩れまくっている。
まあ、こりゃあ幸いって言うんだね。
という事で、広々スタンス。石川遼スタンス打法だ。
足を広くして、右脇を締めて…エイヤッ!
って、これがなんとも素晴らし力強い打球。
おーおー、去年の飛距離だ!
まあ、これで明日はなんとかゴルフになりそうだ。
風と闘うぞ−!
でも、雨だけは降らないで欲しいな。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今季の初ゴルフが93。
「シーズンの最初はそんなもんですよ」
と誰かに慰められたのだが、慰めにもならない。
ドライバーの空振りまがいの連発ともなれば、事はそんなに生やさしくはない。
まあ、重症である。
ゴルフの仇はゴルフで返さねばならないとばかりに、翌日の月曜日には椿台CCに予約を入れたのだが、生憎とその日は病院の予約が入っていたことを思い出し、泣く泣くキャンセル。変わって日曜日に予約を取り直した。
という事で、リベンジマッチは日曜日まで持ち越しと相成った。
なんだけど、どうにも自信が持てない。
ティグランドの足場が悪く、スタンスの取り方が悪かった、それが全ての原因…と結論づけては見たものの、それが実証された訳でもなく、それだけの問題でもないような気がする。
ドライバーは確かに悲惨だったのだが、だからといってアイアンが良かった訳でもない。
ただ、ドライバーほどは悪くなかったと言うだけのことである。
PWや9番はまだしも、全ては1番手飛距離が落ちていた。
明らかに腰の回転にキレがなく、ヘッドスピードはがた落ちしているような気がした。
あのヘッドスピードでは7番アイアンなんかだと恐くて使えたもんじゃない。
練習に行ってみる必要がある…そうは思うのだが、月曜日からしばらく体のあちらこちらが筋肉痛で、もし練習に行ったとしても、もっと酷い状況になるような気がしてしまった。
で、今日になってようやく練習に行けるようになった。
で、その練習が驚きの最悪状態。
いつものように、自信のPWから始めたのであるが、そのPWがガタガタ。
一切芯に当たってくれない。
それどころか、ちょっと油断するとシャンクの連発。
打ていて恥ずかしいくらいだ。
たまに当たったとしても、やはり距離ががた落ちしている。
うん、やっぱりフォーム自体が狂っているらしい。
そんな状態なのに、心はドライバーを試したくてうずうずしてしまっている(笑)。
で、PWは大変不満足なのだがドライバーを持ちだした。
まあ、当たる。
空振りって事は一切無い。
うんうん、やっぱり(スタンスの)距離が狂っていたんだなと一安心…なのだが、なんとも頼りない打球ばかり。
よほど日曜日の悪いクセがついてしまったらしい。
なんのクセがついたのかさっぱり分からないのだが、170ヤード位しか飛ばないんだったら何かがおかしいんだろう。
でもまあ、空振りしないって言うんだったら、なんとかゴルフにはなりそうだ。
まあ、そこで満足しちゃあいけないんだけどね、この間のショックが強すぎて、満足の度合いが随分と低くなってしまっている(笑)。
練習の終わりかけ、娘に、
「何がおかしい?」
と聞くと、
「フォームがね、身体が沈んでる」
普通の人は、「フォームのココが悪い」とははっきりと分からないらしい。
もっと具体的に言って欲しいのだが、「フォームが沈んでいる?」。一体どういう事だ。
あっ!と思った。
そうか、スタンスの時に腕が身体から離れていくようにピーンと伸びているわ。
昔々、そんな腕を伸ばして打っていたことがあった。
そういえば、先日のゴルフでも、なぜかそうしてしまったような。
そこで、腕を身体に近づけるようにして構えて打つと…途端に打球音がパッカ〜ンと良くなった。
まあ単純。
でも、娘曰く、
「それでもなんかいつものフォームと違うなー。ビデオ撮ってあげようか」と。
で、携帯のビデオで撮ってみると…これがねぇ、
ぎゃーっ!!!!
ってなフォーム。
なんだこりゃあ。
「フォームが沈んでいる」
という意味がよーっく分かった。
それはいつかどこかで見たことのあるフォーム。
しばらく練習しない内に、元のフォームに戻ってしまっていたのだ。
左膝が折れ、左半身が平衡感覚を壊して沈み込んでいく。
つまり、トップの位置にクラブがある時には、左半身がグイッと落ち込み、右腰がグイッと上がってしまっている。
えっ?これで右足体重ってあり得るのか?ないだろー。
よくこれで当たるもんだ…って、我ながら笑えるフォームだ。
ニーアクションと思ってやったことが、とんでもないことになってしまっている。
取り敢えず、がに股打法復活で緊急矯正。
まあ、付け焼き刃なのだが、そう簡単に直るものでもない。
ん…今年は、春から苦戦しそうだ。
明日も練習に行こうっと。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


唐突に決まった国民栄誉賞、まあ、なんというかおめでとうだ。
松井はともかく、元々は野球ファンだし取り分け長嶋の大ファンだ。
嬉しくない訳がない。
だとしても幾ばくかの疑問が沸々と不満となって出ては消え消えては出てくる。
なぜ松井と一緒でなければならなかったのか。
長嶋はおまけなのか?それとも松井がおまけなのか?
どっちにしたっておまけ扱いされる人物ではない。
取り分け、長嶋は昭和の世代を代表する大スターだ。
色んな人が国民栄誉賞を受賞するにつれ、国民栄誉賞というものは、長嶋のような人物とは関係ない所にあるのだなーと、そう諦めるしかなかった。その時々に連れ、ふさわしい理由がないと貰えないものなのだと、理解も納得もしていたはずなのに、なんでこんな唐突に。
死んでからもらってもと言うのは分からないでもないのだが、もし長嶋が貰うとすれば、それは亡くなった時なんだろうなーと、そう思っていただけになんとも割り切れない悔いのような想いだけが残ってしまう。
でもまあ、熱狂的な長嶋世代としては喜ぶことにしよう。
ちなみに、イチローは、2度国民栄誉賞の打診を受けて2度辞退したという話しもある。この辺がイチローの立派なところなのかな。
さて、今年の初ゴルフの後編。
17番を終わって41。普通なら50を越えると言うことは考えられないのであるが、18番はロングホールが残っている。
ドライバーも使えない、フェアウェイウッドも使えない状況の中で10位叩くのは十分にあり得る話なのだが、こちらは既に開き直っている(笑)。
この状態で50を叩かないと言うんだったら、一体いつ50越えするのか?
残念ながら、この最終18番は全く無我の境地、つまりどんなコースだったかも覚えてないし、どんなドライバーだったかも覚えてない。
ただ、パーオンなんて言う図々しい気持ちは全くなく、あっけなく5オン2パットのダボ。
前半は48のパット数17であった。
すると娘が、「私と同じだ!」と。
娘のドライバーも相当悪かったはずなのだが、娘は48のパット数15。
ドライバー絶好調だった上さんは、63のパット数23。
まあ、皆さん何が何やら訳の分からない途方に暮れるようなスコアだったのだ。
そして、前半の終了時間が2時10分。
実に3時間30分もかかってしまったという信じがたいロングランに、身体のあちらこちらが筋肉痛という異常事態。
私の身体で言えば、3日前から煙草を止めていたおかげで、心臓の方が何ともないというのが救い。
やっぱり、煙草は身体に悪いのだなーと改めて実感した次第。
昼食を摂りながらも気分はげんなりしている。
身体は痛むし、特に太股の筋肉が痛むなんてそう滅多にあることではない。
こんな状態が後半も続くのかと思うと気持ちがげんなりしてしまう。
皆さん、こんなゴルフをやって楽しいのだろうか?
さて後半はアウトコース。
いきなりのロングホールなんだけど、スタンスをちょっと変えることにした。
昼時間になんとなく分かったことは、ボールと体との距離が近すぎるんだろうということ。
スタートホールの失敗を考えれば、足元がぼこぼこしている違和感が強く、雪解けの直後の芝が靴底を安定させてくれない。そこで、ティアップして、自分の足の落ち着く所を探してしまった…これこそが、ボールと体との距離を狂わせてしまった最大の要因。
そう考えた方が簡単なのだ。
結論から言うと、その答えで正解だったのだが、何しろ色々といじりすぎてしまっている。
いじりすぎたものはそうは簡単には戻ってはくれない。
身体もそうだが、頭の中の不安は簡単には消えてはくれないのだ。
1番ホールはドライバーがまあまあ真っ直ぐに飛んでくれたので4オン。
でも、ダメな分、パットで無理をしてしまって3パットのダボスタート。
2番のドッグレックのパー4は、南秋田CCの名物ホールだ。
90度に右ドックしていて、右手にある大木とそのまた右にある林の間を抜くのがベストだ。
どうせ自信がないのなら、ここはそこを狙うしかないだろう、と狙ったらこれがドンピシャの当たり!
残り80ヤード!…ってこれが乗らない(笑)。
ここは娘もショートカットに成功したのだが、娘の残り90ヤードが乗らない。
二人仲良く3オン2パットのボギーだ。
ちなみに、口惜しさもないほど呆けている。
3番のショートパー3は、1オンしながら3パットのボギー。…アホだ。
この辺から上さんの様子がおかしくなり始めた。右膝が痛くて歩けないという。
「膝が痛くて歩けないなんて生まれてはじめてだ」と言うが、そりゃあ、あなたは人生史上初めての体重を乗っけてるんだから当然でしょうと(笑)。
私はなんとも3パットの多い日になっているのだが、それでも、それは南秋田CC特有のグリーンの難しさのせいだと割り切っている。特に、雪解けの後のグリーンなので、ボコボコとしているため、ボールもボコボコと転がっていくのはやむを得ない。
4番もボギーとした後、5番から3連続1パットが来た。
と言っても5番ボギー、6番パー、7番ボギーね。
8番9番も無難にボギーにまとめて後半は45のパット数17。
その時、終わった時間は5時30分。
まさに一日中ゴルフをやっていた感じだ(笑)。
結局、今年の初ゴルフは、トータル93のパット数34。
娘が100のパット数34。
上さんが115のパット数42。
ゴルフ場にいた時間が、待ち時間も入れて8時間!
ただただ疲れて、翌日は筋肉痛に悲鳴を上げていた。
ちなみに、去年の初ゴルフは、今年と同じく93であった(笑)。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


大体、明日ゴルフだとなるとなかなか興奮して寝つけなくなるのであるが、土曜の夜は格別眠れなくなってしまった。
興奮と言うよりは徐々に不安の方が大きく膨らみ始めたのである。
あれ?今年は全然練習してないぞ。
アイアンは大丈夫だろうけど、ロングアイアンは全く練習してないし、フェアウェイウッドなんて、一度も握ってはいない。
特に、新しく買った3番ウッドなんて、まだ触ってもいない。
多分、ロングホールの2打目は苦労するな。
徐々に不安が膨らんできて、安心材料は一つも見つからずに眠りについた。
もう一つ、最悪なことに、明日のコースは一番苦手な南秋田CCだ。
コースの勝手が分からない。あそこはドッグレックが多くて先が見えないコースが多いんだった。
おかげで、朝は異様に早くに目覚めてしまった。
いつもならトップスタートで、起きたら即コースって感じなんだけど、南秋田CCとなれば、そんなに行くコースでもないので無理はきかない。11時近い遅いスタートだ。
向かう車の中で、「今日は100切りが目標だな」なんて冗談を言っていたのだが、まさかそれが現実のものになろうとは…いやいや、現実はもっと悲惨だったのである。
スタートはインコースから始まった。
スタート時間がとっくに過ぎているというのに、まだ3組も待機中なのには驚いた。
それでも皆さん落ち着いたものである。
いよいよ前の組がスタートとなった時に、3番目の人が左に引っかけてしまってOBになってしまった。
「あやー、今年初の第一打がOBかー」と。
なんだか笑えない。
不安がどんどん増すばかりだ。
スタートで待つことなんか殆ど記憶にないので、自分の中のざわめきに驚いている。
いよいよ自分のスタートとなって、なんだか足元がぼこぼこしている違和感。
雪解けの直後の芝が靴底を安定させてくれないのだ。
ティアップして、自分の足の落ち着く所を探してしまった。
これが今年の初ゴルフを悲惨なものにしてしまう始まりとなった。
ドライバーでの第一打。
まさか自分が空振りにも等しい真似をするなんて想像もしてなかった。
まあ、普通に考えて第一打はフェードが強く出てしまって右へ行くんだろうなー位に考えていたのだが、
カスッと。
まるで空ぶったかのように左の崖下の方向へ力なく…。
?????
訳が分からない。
取り敢えず暫定球を打たねばならないのだが、その暫定球までもが、
カスッと。
同じような方向へ。
今までに経験したこともないような感覚である。
ドライバーを空振りしたことなんて自分の経験ではない。
なのに、2度までもまるで空振りのような感覚である。
後で気づくのだが、ボールはドライバーのフェースには当たっていない。
ヒールよりももっとお尻側。
つまり、腕を振り回した時に、腕が伸びすぎてボールを通り越してもっと先を回ってしまって、かろうじてお尻にこすったという結論。
つまり、腕が伸びすぎてしまったと考えた。
これが、そもそもの敗因。
腕が伸びすぎている?
練習不足で筋力が足りなくてクラブに振り回されているのか?
そう考えると、ドライバーだけではなく、なにもかにもがおかしいような気がしてくる。
不安いっぱいのスタートとなってしまった。
10番はいきなりの7。
4オン3パットであった。
不安を抱えたまま11番のサービスロングホール。
ここは普通ならど真ん中の大木の頭の上を狙うのだが…またしてもカスッと。
豪快な打ち下ろしの斜面を私のボールはただ転がっていく。
2ホールめにして私は観念した。
これはゴルフにならない。
練習を怠った私が悪いのだ。
せめてアイアンはどうなのだろう?
もう、アイアンに慣れるためにもアイアンで刻んでいくことにした。
ロングホールの2打目に持ったのは、なんと9番アイアン!
3打目も8番アイアンの距離なのだが9番アイアン!
おかげでここは4オン2パットのボギーとなった。
もうボギーで十分である。とてもとてもパーなんて狙える状態ではない。
いつまたダボやらトリプルが来るか知れたもんじゃない。
とにかくドライバーを打つのが恐い。
フェアウェイウッドはもっと恐い。
ちなみに、もっと恐ろしかったのは、この2ホールを終わって1時間経過。
つまり1ホールに30分もかかっているのである。
「3時間コースどころじゃなさそうだな。このままいくと4時間コースみたいだぞ」
「そうは言っても、南秋田は途中じゃ抜けられないしね」
「だよなあー。キツイ一日になりそうだね」
不思議なことに、誰一人として急ぐ素振りもないのである。
まあ、こののんびりとしたゴルフを楽しむ他ないのであろうと観念はしたのだが、それにしても寒い。
3番ホールからはウィンドブレーカーを脱いだ。
寒いことは寒いが、これまでもウィンドブレーカーを着てロクな目にあったことがない。
もう既にとんでもないめにあってはいるのだが、それでも脱いでやった方が自分自身納得がいく。
脱いだら、まあなんとかドライバーがカスッということはなく、なんとか当てるだけはできるようになってきて、でも、相変わらず不安いっぱいのゴルフには違いなく、まあ、懲りたわね。
私みたいなモンが練習もしないでコースに出るなんて100万年早い。
やりながら、ずーっと反省と後悔。
下手くそは練習しなきゃあ。
もう、得意のアイアンまでおかしくなってきていて、あれ?これでダウンブローか?
なんだかやったこともないようなアッパーブローになってきていて、飛距離も1クラブ落ちてしまい、もう訳が分からない状態。
12番ボギー。13番ダボ。14番ボギー。
15番パー3でようやく寄せ1のパー。
この辺はパター練習効果が出た。
16番でまたしてもダボ。
17番パー3でまたまた寄せ1のパー。
なんだかパー3でしかパーが取れない(笑)。…でも、ちょこっと嬉しい。
その17番までで41打。
残す18番はロングのパー5。
ここを8打以内に抑えれば、なんとか50は免れるのだが…その自信がまるでない。
ドライバーは相変わらず怪しいし、フェアウェイウッドは何度か使ってみたが使い物にはならない。
同じ状況だったのが娘。
ドライバー大得意のハズの娘が、私と同じく今日はドライバーで苦戦している。
こう言っては何だが、今日の私は娘のドライバーを見て何度慰められたことか(笑)。
18番ホールのティグランドに立った時、なんと、時間はとっくに3時間を超えてしまっていて、午後2時になろうとしていたのである。
えー、これって今日中に終われるのか!?
 
続きは明日。
 
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】