2013年5月アーカイブ

 今日はちょっと嫌な感じの日。

ゴルフに行く予定にはなっているのだけど、株の方も気になる。
と言うのも、今日は上がる日。それも、朝にグングンと上げて午後からは下げに転じるという分かりやすい一日となるはず。
であれば、朝に売って午後に買い直すというのが一番だ。
そんな分かりやすい金儲けの道があるというのにゴルフなのだ。
ん…予約してしまったものはしょうがない。約束は守らねばならない。
私はかつて、予約した日にどうしてもゴルフが出来なくなってしまった事があって、その時私はどうしたか、と言うと、わざわざ、そこのゴルフ場に出向いて、「今日予約を取っていたけど、のっぴきならない事情が出来てしまって、どうしても出来ない事になってしまった。大変申し訳ない。この埋め合わせは必ずするので、どうにか勘弁して欲しい」と、わざわざそれだけを言いにゴルフ場に行った人間。
まあ、律儀と言えば律儀なのだが、ゴルフ場関係者はさぞかしそんな私を笑った事でしょう。
でもね、もし私が予約をしてなければ、当然そこには別の人間が入っていたでしょうし、その意味では、私はゴルフ場の当然入るべき売上=利益を喪失させてしまった事になる。
その金額が3万円以上だとすれば、これは出向いて謝るのも当然だろうとも思うのだ。
そんな人間が金儲けがあるからと言ってキャンセルするはずもない。
確かに行きました椿台CC。
でもね、例によって寝不足。
昨日は確信犯的に寝たのが朝方の4時。そして起きたのが朝の7時。
…睡眠時間3時間。
空は晴れ渡り、快晴というヤツ。
汗に備えて自前のタオルを2本も用意した。
準備万端。さあーいくぞー!とカラ元気。
でも飛ばない。
なんでこうも日替わりメニューなのか。一体、いつになったら【安定】という言葉が、私のゴルフの中に目覚めてくるのやら。
まあ、ドライバーが全て。
目の前には大木、せり出している枝だがじゃま!
155ヤードしかないが、7番ウッドを持ち、フェースを立てて、その枝の下をくぐらせて打つと、これが見事にグリーンそば!
よっしゃよっしゃ!これで寄せ1と思ったのだが、この日の椿台はフェアウェイの芝が伸び、綺麗に刈る所は刈っていて、私のボールは伸びた芝と刈った芝との合間。
うん、こういうのが一番難しい。必ずや芝を噛んでしまう。
うん、噛んだ(笑)。
見事じゃー!椿台CC!
見事罠にはまったぞ(笑)。
まあ、例年の椿台CCは6月にはいると、俄然楽しいコースになってしまう。
フェアウェイはフェアウェイらしく、ラフはラフらしく、そしてグリーンは滑らかな絨毯のようになる。
という事で、敢えなくボギースタートね(笑)。
お次はつばきコース2番。
そうそう、今日はちょっとドライバーの打法を変えていてダウンスウィングと言うよりはレベルスウィング。
レベルスウィングにしてボールへのインパクトゾーンを少し長くした方が飛ぶんじゃないかと…昨日夢のお告げであったような気がしたのだが…今のところ上手くいってない。
なんだかねぇ、スウィングがてっぺんでフラフラ、ついでに下半身もフラフラ、色々とフラフラふわふわしちゃってるのだ。
で、2番でも若干右。
でもそこから見事に2音で2パットパー。
3番ショートでも1オン2パットパー。
なんかね、1オンした時はホールインワンでもするんじゃないかと思ったんだけど、グリーン上についてみれば3メートル半もあった(笑)。
で、この3メートル半は絶対に入りやがらない。保証する。
ちなみに、青木功は3メートルは絶対の安全圏なんだと。
まあ、練習量の違いなんでしょうね。
あと、あっちは職業だし。
4番のロングでも、ドライバーこそ悪かったものの(どうにも右へ行く)、3番ウッドが炸裂!で取り返し、残りは151ヤードもあったけど、両サイドガードバンカーの中、見事に真ん中を通して3オンに成功。2パットでパー。
バーディは来ないね。
今日の幸運はパーオンまでで、パターには運が回ってこないみたいだ。
5番6番7番は、運も実力もなく、そして得意の寄せ1も、コースの芝の絶妙の刈り方に阻まれて(笑)3連続ボギー。
ん…まあ、これが今の実力だね。
それにしても今日は暑い。
汗が球のように噴き出す。
一球打ち終わる度に汗をフキフキするんだけど、とても間に合っていかない。
とにかく汗が噴き出して、毛穴という毛穴、アレ?汗腺か、汗腺から汗が噴き出してくる。
暑いよ〜。
少々お疲れ気味。そりゃあそうだ、睡眠時間3時間だものなー。
でもまあ、取り敢えず8番ショートは1オン2パットのパーね。
ここでもバーディパットは外し。
まあね、2メートルの確率が6割の人間は、3メートルの確率は0みたいなもんだ。
で、最後の最後。
9番の578ヤードのロングはアゲインスト。
珍しくかっ飛ばしたんだけど、届いた先は補修地で…嫌々ながらのラフへのドロップ…伸びたり縮んだりのいやーなラフ。当然、草と草の間、凹んだ所で落ち着くわな(笑)。
2打目の3番ウッドは、ようやっと池を越えただけ。残り200ヤードチョイが届くわけもなく、最早ボギー狙い。
4打目、残り40ヤード弱。
この4打目を、事もあろうにザックリ!
あー、目眩がする。
いやいや、あとで思えば、目眩の方が先。
目眩がしていて焦点も定まらずフラーとザックリ(笑)。
それでも、ここは執念というか情念で寄せ1のボギー。
まあ、なんとか41のパット数17。娘は50のパット数18。
続いて後半はさくらコース。
その1番で、またしてもドライバーは右へ!
しかも若干スライスがかかりやがった。
アカンなこれ…。
ん…レベル打法はなんだかアカン。
いやいや、アカンのは私の身体の方だ。
トップでのばらつきが収まらない。
下半身がいう事をきかない。
上半身が怠い…アレ?この感じ、どこかで。そうだ、去年の夏、秋田CCで倒れた時の前兆によく似ている!
あれ?危ないのかオレ?
ん…なんだか帰りたくなってきたぞ。いや、これは帰った方が良いんじゃないのか?
秋田CCに続いて、今度は椿台CCで倒れるのか?
で、明日に続きます。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今更なのだが、それでも韓国一流新聞の一流とされる論説委員が、堂々と「原爆投下は神の懲罰」と主張したコラムには驚かされた。
呆れて開いた口が塞がらない。
この民度の低さ。
これで分かったことは、韓国は、上から下まで官民一体の反日主義国家なのだと言うこと。
自浄作用は一切無く、あのようなコラムを漫然と許し、それだけでなく国民こぞって拍手喝采しかねない国民だと言うこと。
「原爆投下は神の懲罰」だったとして、じゃあ、神は一体誰だったのか。
そりゃあ落としたアメリカって事なんでしょうね。
韓国民風に考えれば、我々日本国民はアメリカを怨んで怨んで1千年超えても怨み尽くしていればいいわけだ。
そして、アメリカに天文学的な賠償金額を請求し続ければいいわけだ。
そして、何度も何度も謝罪を要求し続け、その都度忘れたふりしてまた謝罪を要求し、1千年超えて被害者面しまくって、1千年超えたら、それでも1千年許さないと言い続ければいい。
でも、残念なことに、日本にそう言う韓国風の怨み節を持った人々は見たことがない。
いやいや、もしかしたら、私の人生においてすれ違った人々の中にたまたまいなかっただけで、広島や長崎に行けば「アメリカ憎し」という人はいるのかもしれない。
個人的には、アメリカに対して【怨み】というような感情は微塵もなく、それどころか、日本をどん底から救ってくれたという感謝の念しかない。
但し、歴史的に見れば、共産主義に対抗するために、日本を砦にする必要があったからなのだと言うこともあることはあるんだけどね。
まあ、この辺は冷静に判断。
話し戻って韓国。
そんなに日本が嫌いなのだったら、国交断絶すればいいんじゃない?
なんで付き合ってるの?
別に隣人だからと言って無理に付き合う必要はないんじゃない?
もし、自分の隣人が自分を嫌っているというなら、私なら付き合わないけどね。
会えば(隣人なのだから)挨拶くらいはしてもいいけど、相手が一切それも拒否というなら挨拶もしない。
完全無視。
お互い完全無視で結構。
お隣さんにどんな不幸があっても助けてあげない。
もちろん、こちらに不幸があってもお隣さんにだけは助けてもらわなくて結構。
だって、嫌いなんでしょ?
嫌いなばかりでなく、毎日のように悪口雑言罵詈雑言の限りを尽くしまくって、いい加減自分が嫌にならないかと思ってしまうけど、それでも悪口雑言罵詈雑言を喚き散らす隣人とは関わりを持ちたくない。
という事で国交断絶はいかがでしょう。
その方がお互いのためかと思うんだけど。
韓国に子会社があるとか支店があるとか、色んな事情をお持ちの方もおられるでしょうが、この際、すっぱりと諦めて捨てましょう。
ちなみに、民度(みんど)とは特定に地域に住む人々の知的水準、教育水準、文化水準、行動様式などの成熟度の程度を指すもの。
今回の「原爆投下は神の懲罰」論は、知的水準、教育水準、文化水準、行動様式共に高い水準にあって当然と思われる韓国一流新聞の一流とされる論説委員から発信されたものであると言うことが、より一層の深刻さを浮き彫りにさせている。
つまり、日本では考えられないことだけど、知的水準が高く、教育水準も高く、韓国内での文化水準も高い人物でも、そう言う愚劣極まりない、恥知らずで人間性が破滅しているとしか思われないことを、普段から平気で言っていると言うことの証明をしてしまったわけである。
「原爆投下は神の懲罰」
日本人は、せめて、韓国人にこう言われたことを1千年超えて覚えておくべきである。
【妬み】【嫉み】【やっかみ】から解脱した人って韓国にはいないのかね。
まあ、つまんない話でした。
国交断絶すれば済むことなので、両国の代表者はご一考を。
 
さてゴルフ。
週二でゴルフとなれば、明日こそは平日ゴルフの日。
なので、明日はゴルフの予定なのだけど、どうにも自信がない。
2回連続で30台を出しているのだから、そろそろ自信めいたものが出てきてもいいような気もするのだけど、その兆しは全くない(笑)。
第一打目のドライバーが曲がってしまえば、すぐに吹っ飛んでしまう危うさを持ったものだと言うことは重々承知。
70台を連発していた頃の確信は何もない。
ホント、何もないんだよね〜。
確信って、やっぱり練習することでしか生まれてこないもんなんだね。
それを確信したんだけど、生来の怠け癖が…。
 
まあ、色々と忙しいって事もあるんだけどね。
不景気だからこそ仕事は忙しいし。
株は大暴落して面白さ絶頂だし(笑)。
世の中は色々と大変で、なかなか自分の思うようにはいってくれないもんだ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


前半のスコアは41だったけど、これはまあ、多分にラッキーな面も。
ロングホールは2オンでバーディは取れたし、男鹿の傾斜相手にしてはパットも良く決まってくれた。
問題はアウトコースだ。そんなに運も続かないだろうし。
1番は427ヤードもあるパー4のコース。
前半で反省してティをほんの少し長くして打つと…これが快打!真っ直ぐ、天高く飛んで行ってしまった。
フェアウェイど真ん中!…なのであるが運悪く傾斜で止まってしまっている。
残り190ヤード、これがメチャ打ちにくい。
でもまあ、237ヤード真っ直ぐ飛んでくれた計算なのだからそっちの方が嬉しい♪
ティは高くて良いんだ、と改めて納得。
ここはボギー。
2番のショートは、以前に比べて随分と短くなっている。
前は、確かレディース用だったような気がするのだが、その分狙いやすくなっていて、ここは3人とも1オン。私と上さんはパーだったのだが、娘は1.5メートルを慎重に決めてバーディ。
続く3番のロングホールもフェアウェイど真ん中の快打となった。
でも、またしても斜面で打ちにくく、2オンは諦めて手堅く3オン2パットのパー。
やはりドライバーが飛んでくれるとゴルフは格段に楽になる。
4番ショートも迷った。
147ヤードとあるが、打ち下ろしで高低差が15ヤード以上はありそうな気がする。
何番で打ってたっけ?…殆ど忘れている。
取り敢えず9番アイアンで打つと、これがバッチリで1.5メートル!
フックラインを慎重に決めてバーディ!
続く5番も373ヤードのミドルなのだが、これも強烈な打ち下ろし。
ドライバーが完全に乗ってきたようで、ここも快打!…だったハズなのだが、風に流されて右ラフへと入ってしまった。
これが最悪でグリーンが見えない。
距離は7番アイアンなのだが、この間まではこの距離を7番ウッドで打っている…でも、フェアウェイウッドはかなり回復してきていて、今では前よりも距離が出ているような気さえしてしまっている。
それに、ここはオーバーするとOBもあるハズだった。
かといって7番アイアンでは心許ないしガードバンカーに捕まる可能性大。
でもまあ、OBよりはマシか…と7番アイアンを選択すると、これがバッチリ!
1.5メートルのスライスラインを決めて連続バーディ!
う〜ん、今日は運がいいわ♪
こうなれば、6番のロングも助平根性が出てくる(笑)。
ドライバーは相変わらず好調で、「これは!」と思ったのだが、2打目の3番ウッドを失敗し、更に3打目の9番アイアンも失敗して、4オン2パットのボギー。
7番のドライバーもまあまあ飛んでくれた。
ところが、グリーン手前が大きく補修地となっていて、芝も張っておらず砂地状態。
ここは直接2オン狙っても奥へ行くだけで、正解は、あの補修地辺りに落とすと自動的にいい所に乗ってくれるはずなのだが、さてどうしたものか。
とにかく、2段グリーンの上につけてしまうとパーすら難しくなってしまうのだ。
迷うことはない、その補修地を狙う以外あるまい…と、私は間違いなく計算通りに打った。
補修地に落ちて、その傾斜でボールはグリーンに向かって転がっていって、そこで止まるはずが…止まらない止まらない!ハアー!?っつうくらい止まらずに、グリーンを駆け上りあっという間のグリーンオーバー!
キツネにたぶらかされたかのようなボギー。
少し気落ちしてラス前の8番。ここは283ヤードしかなく、しかも打ち下ろし。
どう見たってサービスホール。
以前は、隣のコースのグリーンに1オンしたことがあるくらいだから(笑)、調子が良ければ1オンも狙えるコースだ。
なんだけど、そんな往年の力なんてあるはずもなくバンカー。
まあ、これが現実。
敢えなくボギー。
いよいよラストの9番。
アゲインストにもかかわらずドライバーは快調で、フェアウェイど真ん中。しかも残り180ヤード。
ここは長いのよ。アゲインストで395ヤードは長すぎ!
でも、昔ここで2打目に直接カップインでイーグルを取ったことがある(自慢)。
180ヤードは3番ウッドでグリーンそばまで運んで寄せ1のパー。
という事で、後半は38のパット数15。
トータルで今季初の79のパット数32。
ん…なんだかね、これだけ運が良いんだったら、もう少しいいスコアでも良かったんじゃないかって気がするけど、まあ、運がいいだけじゃね。取り敢えず、今期初の70台を喜んでいいんじゃないかと。
それに、30台が出たのは先回に続いてだしね。
上さんは、103のパット数40。娘は97のパット数35。
で、この1ラウンドが終了した時間が8時30分。
この時間でゴルフが終わってくれるのは有り難い。なんたって、皆さんが起床する頃に遊びが終わったのだから。
という事で、上さんの希望だったブルーメッセあきたに。

潟上市にあるこちらは、とにかく【お花】が大充実。

20130528001.jpg ブルーメッセ秋田の裏側は広大なお花畑になっていて、今はご覧のチューリップが見頃。
 

目的無く行っても、何かしら花を買ってしまうのだ。
庭に植える花の苗を20〜30個位も買って、更に木も見に行くと…まあ、魅力的な木がいっぱいあって、いや、どうしよう。アレも欲しいこれも欲しい…と思うのだが、我が家の庭は最早完成されていて、今更大きな木を植える場所など残されていない。

20130528002.jpg

20130528003.jpg
20130528004.jpg

補に挙がったのが上の三本の木。モクレンは既にあるのだが、もう一本欲しい。ヤマボウシも既にあるのだが、ここで見つけたのは珍しい斑入りのヤマボウシ。これはぜひとも欲しくなってしまった。もう一本は可憐な花の姿が気に入った。

それでも欲しいものは欲しい。さあー、どうしようか、ん…家に帰って、この花の苗を植えつつ考えてみましょうかと、心を残しつつ帰ったのでありました。

これで終わらない。
家に帰ってお昼の食事をとった後、上さんと娘はショッピング。
その時間が2時間30分!まあ、よく歩けるもんだ。
その間、こっちは家でノ〜ンビリ。
で、二人が帰ってきたのが午後の4時頃。
そこから、ブルーメッセで買ってきた花の苗を植えてめでたしめでたし…なのだが、そこから急遽草むしり!
草むしりって言っても、庭の面積が150坪!
ついでに、我が家の敷地の隣の緑地道路の雑草が30坪!
ぐは〜!疲れた〜!
よくやるわ。
まあ、とにかく充実感溢れる一日だったのである。
で、肝心の木なんだけど、無理矢理場所を決めた。
まあ、庭の形は壊れてしまうんだけど、欲しいものは欲しいしね。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


最近の椿台CCの日曜日は殆どカートが埋まってしまっていて、カートがなければゴルフが出来ない私にとっては悲しい。
さてどうするか?
椿台CCがなければ森岳でも男鹿でもあるのだが、出来ればチャッチャとやってさっさと終わりたい。
となれば男鹿の「朝っぱやゴルフ」、まあ、今は何と言うか分からないが、とにかく男鹿は久しぶりである。
母親が亡くなってからは行くこともなくなってしまった。
母親が生きている時は、「朝っぱやゴルフ」をやって、9時過ぎには母親の所に行って面倒を見ていたものである。
ちょうど良かったのである。
弟に言わせると、
「ゴルフのついでに行ってただけだろう」
という事になるらしいが、コイツはただのアホだ。
さて、その「朝っぱやゴルフ」、スタート時間は朝の5時28分。
となると、ここ自宅からは4時には出なければならない。
女どもは、もっと大変で朝の3時半には起きて支度。
当然、前の日からゴルフのために早く寝なければならない。
でなければ、健康のためにやっているゴルフでたちまち不健康になってしまう。
にも関わらず、私が寝たのは1時過ぎ。
まあ、いつも通りなのだが、ゴルフのために早くに寝て…なんて神経は私にはないのである。
とにかく、朝からとんでもなく寝不足状態。
車の運転からして、真っ直ぐに走るのが難しくてフラフラしている状態。
「朝っぱやゴルフ」のルールは少し変更になっていて、ゴルフ場関係者はおらず、勝手に出ていって下さいというスタイル(笑)。
正面玄関はまだ開いておらずに、横道から入ると、カートに名前を書いたものが用意されていた。
まあ、「朝っぱやゴルフ」は一人5千円。3人でも1万5千円なのだから、安すぎるくらい安い。
それでいてパッパと出来てしまうのだから、我々向きと言えば我々向き。
5時15分にはスタートした。
INコースからのスタートとなったのであるが、今日はいかにも男鹿らしく風が強い。
うん、この風をどう成敗するかが男鹿の醍醐味…なんていっぱしのことを考えて、ティを5ミリほど低くして構えた。
これがいけない。
ボールに当てようという気持ちがフォームの色んなものを壊しやがった。
第一打は驚くほど飛んでない。
もう一つ、値不足していると、妙にティグランドの凸凹であるとか傾斜であるとかが気になってしまう。
まあ、言い訳は言えばきりがない(笑)。
下手くそほど言い訳が多くなる。
第2打は驚いたことに170ヤード地点からとなった。
自分の記憶で、ここの第2打目で150ヤードを大きく超えた経験など無い。
そうか、そんなに飛ばなくなってしまっていたのかと、愕然としてしまう。
ここで7番ウッドを使うなんて、考えもしなかった。
こりゃあ、今日は苦労するわ。
7番ウッドは相変わらず調子が良くてグリーン横。
まあ、なんとか3オン2パットのボギー。
上さんは2オン3パットのボギー。
まあ、上さんも娘のいつも通りのゴルフなのに、私だけが衰えている。
2番に行くと159ヤードのショート。
159ヤードといっても、ここのショートは極端な打ち下ろしで、高低差が25ヤード位もあるのだろうか…あれ?9番だったっけ?それとも8番?
いくら何でも7番って事はないだろう。
取り敢えず8番アイアンで打ってみると、やはり大きかったみたいで、左のラフ。
ボギー。
男鹿を【簡単だ】って言う人がいるけど、いやいや、何を根拠にそんな事を言うのか。
私にはコースがとっても狭く見えてトリッキーなコースにしか思えない。
これでどうやって70台が出せるのか…。
3番へ行くと、コースはますます狭く見えた。
ドライバーが飛ばないわ曲がるわではどうにもならない。
しかも、飛距離はまたしても出ていない。
昔はあの斜面を転がって落ちていたのに…と、つい愚痴も出るが、今はその斜面に届くこともない。
2打目は、斜面の状態が酷く、思いっきり変則的な打ち方になってしまった。
そこで左膝をグキッと…懸念だった左膝を痛めてしまったのである。
ここも3オン2パットボギー。
なんだかパーなんて取れるのだろうかと、不安になってしまう。
そして迎えた4番。
昔も狭く感じたコースなのだが、今日は更に狭く感じてしまう。
「恐い」と感じてしまった。
まるで飛んでくれない。上さんにも娘にもオーバードライブされてしまった。
そもそも、ここは男子と女子に20ヤードしか差のないコースである。
今まで、一度たりともオーバードライブなんてされたことがないというのに…最早、情けないと言うしか…。
それでも、7番ウッドの2打目で2オン、そして2パットのパー。
やれやれという感じなのだが、情けないことには変わりない。
5番に行くと、397ヤードのパー4。
と言っても、ここはティグランドからずーっと上り!実質距離は420ヤード以上。
しかも、上りすぎて、2打目がグリーンがどこにあるかすら分からないときている。
このコースを前にして、さすがに諦めた。
風がどうのこうのよりも、自分のティショットを何とかしなければならない。
ティーをいつもの高さに戻してスーッと構える。
楽だ。
気持ちが楽になった。どうあっても、これなら当たる。
ドライバー一閃!
ようやくいつもの当たりが出て、しかも、昔のままの距離となった。
残り200ヤード、上手くいけば3番ウッドで乗るかもしれない距離である。
その3番ウッドがとてつもない当たりとなった。
「グッドショー!」
娘からも声がかかった…ほどの快打だったのだが、ボールは初めから少し右方向に飛び、右の林の木に当たって向こうの斜面に転がり落ちていった。
ボギー…いやいやダブルボギー。
6番は268ヤードしかないサービスホール。
ここでもティを高くして打って、ようやくドライバーショットは安定し、楽々パー。
続く7番のロング。
480ヤード位しか無く、しかも大きく打ち下ろし。
ここはイーグルも狙えるコースなのだが…力みすぎてテンプラ。
いつもなら7番アイアンくらいでの2打目だったはずなのに、今日は残り205ヤードで3番ウッド。
ありえないでしょこれ?
で打った3番ウッドは快打!なんと2オン!
で、楽々バーディ!
続く8番ロングもパー!
9番ショートは風に負けて1オンならずのボギーで、前半は41のパット数17。
まあ、ゴルフの調子の割には運が良かった。
上さんは49のパット数21。
娘は48のパット数17。
続いての後半戦は、もちろんスルーでアウトコース。
前半にかかった時間は1時間30分ちょうど。
エンジンもかかってきたことだし、このまま後半戦へ突入〜!
で、後半戦は明日ね♪



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


なんだか、最近は株だのFXだので忙しい。
昨日は株価大暴落だったし、その意味では今日はとても大事な日となる。
昨日の暴落は確かに大暴落なのだが、今まで暴落なしにここまで来たことの方がおかしい。
何も、経済音痴のマスコミが騒ぎ立てる程の事なんてちっともないのだ。
問題は今日。今日も昨日に続いての大暴落となれば、それは確かな一大事となってしまう。
なんでってね、昨日の下げ分くらいなら、まだメッキがはげかかる程度のもの。
でも、今日も500円以上も下げてしまったら、メッキが…なんてレベルじゃなくて、生身がはがされる人間が出てきてしまう。そうなったら、狼狽売りからシステム売りから何でもかんでも出てきて本物の大暴落が出てきてしまうのだ。
で、今日は肝心ね、とパソコンの前。
案の定、昨日の反動で勢いよく上がり続ける。
お〜おお、昨日勝ったヤツがもう売れるじゃないか…と、もう一つの証券会社のパソコン画面を開こうとすると、これが開かない!
「はぁ〜!?」
一大事である。何が起こったのか意味が分からない。
娘に連絡して「なぜだ?」と。
早速娘が調べてくれて、
「○○証券ダメみたいよ。ツイッターで『またか!』ってクレーム殺到してるみたい」
ふ〜ん、そう言うことか。
いやいや、そう言うことかで納得してる場合じゃない。
私の最近の売買は殆どそっちの○○証券なのだからして、そこが動かなければ売ることも買う事もできない。
今、儲けているヤツだって○○証券で買ったヤツだ。
どうしてくれる〜!
ところが、これが逆に功を奏した。
その株は、するする〜と上がってあっという間にストップ高付近!
まさにその時に○○証券は開通〜!
まんまとストップ高付近で売り抜けてしまった。
その他にも、昨日買ったヤツ(クルーズ)で売りたいものはあったけど、そっちは間に合わなかった。
そうこうしている内に午後。
今度は日経平均がガンガン下がり始めた。
300、400、500と下がり続けて、100万円以上もあった含み益があっという間になくなりマイナス圏内に突入〜!
午前中に売り抜けたクルーズ株もあっという間に、ストップ高から転げ落ちて、今度はマイナス圏に突入〜!
もう一度買い直してやろうかと、こちらは虎視眈々と狙っていたんだけど…残念ながら、
「お仕事ですよ〜」と。
ホントにね、仕事しないで株やっている方が儲かるな(笑)。
でも、私の基本は仕事。
キチンと仕事して、株はただのお遊び。
あくまで仕事優先なのです。
 
さてゴルフ。
今日、椿台CCへ日曜日のゴルフの予約をしたら、もう既にカートが満杯なんだと!
ん…カートがないとちょっと辛いな。
膝が痛むのよ。
特に左膝。
左膝ってスウィングのキモなような気がする。
それに、この左膝をかばうスウィングをしてたら腰とか股関節とか色んなところを痛めてしまいそう。
困ったもんだ。日曜日どうしよう。
まあ、森岳もあるし男鹿もある。どうにかなるんだろうけどね。
カートがなきゃカートのあるところを探していきましょう。
乙武氏みたいに抱っこしてくれって頼む気もないし。
えーっと、この辺は誤解の無いようにちゃんと書いておいた方が良いのかな。
乙武氏のイタリアンレストランでの事件。
個人的に大いに不満を持ったことは分からないでもないけど、店名を上げてネット上で晒すのは間違っている。
本当に、自分の方に正義はあったのか。罪は一方的に相手側にあったのか。
世の中には色んなお店がある。
色んな個性を持ったお店という意味ではなく、人への親切と労りを難なくやってのけれる余裕のあるお店とそうでないお店。
儲かっているお店と儲かってないお店。
人的余裕のあるお店と無いお店。
バリアフリーで乙武氏のような人が来店しても歓迎できるお店とそうでないお店。
食べログを見て「美味しそうだ♪」と思ってすぐにそこに予約を取ったと言うが、その辺の配慮が乙武氏にはあったのか。
そのお店が入店しているビルは、バリアフリーへの配慮が全くない時代のもので、しかも2階のこぢんまりとしたお店で、オーナーシェフとボーイの二人だけでの営業だという。
3人目がいないのは、狭すぎて3人目が入らない店なのかもしれないし、それほど儲からず3人目を雇う余裕のない店なのかもしれない。
こぢんまりとしたお店で二人きりでやっているお店、どう考えてもギリギリの商売のような気がする。
普通に考えて料理店の原価は3割チョイ。評判の良いお店ともなれば、良い材料を使って原価が上がって4割か5割近いこともあるだろう。
とすると、5.000円の料理を出して儲けは3.000円弱。10人賄って30.000円の儲け。
そこから人件費を出し、家賃を出し、諸々の諸経費を出して、となると、そんなに楽な商売ではない。
人品卑しく、口汚い言い方になるが、「そんなめんどくさい客、来てもらわなくていい」と思ったとしても不思議ではない。
私が相手の立場なら、多分そう思ってしまう。
だから、「事前に言ってくれれば」という言葉にもなるし、「事前に言ってくれればお断りしていたものを」という事にもなっただろう。
それを、「今まで経験したことがない」と言う乙武氏には違和感を感じてしまう。
今まではスタッフもいたし、その日はたまたま同伴の女性が150センチくらいで私を抱えるのは無理だった、というような事を言っているが、今までがそうだったのなら、何故そうしなかった今回の自分の方には非はなく、一方的に相手の非を詰ることが出来るのか。
自分で全部分かっているではないか。
要するに乙武氏は、スタッフが同行してない今回のことを失敗したと思っている。
失敗したと思っているその心に恥じて必要以上にカーッとなってしまった。
そして最悪なカード、弱者のカードを振りかざして自分を正当化しようとしてしまった。
その醜さが人々の心を暗澹とさせてしまう。
自分の思い通りにならないことがあるのは、何も乙武氏に限ったことではない。
私にだっていくらでもある。
そんな時に人はどうするか。怒りをぶちまける人もいるだろうし、我慢をする人もいるだろう。
それはその人それぞれの勝手だが、店名を上げて、そのお店の将来とそのオーナーの人生をメチャクチャに破壊する行為は許されていいはずがない。
乙武氏にも事情があるように、お店側にも事情がある。
お客様は神様なんかでは決してない。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


株価大暴落である。
昨日は疲れてしまって夜の10時には寝てしまった。少しFXをやって790円儲けたところで止めて寝る事にした(FXは小さい!)。
何か予兆を感じたのか、今朝は7時に目が覚めてしまって、少し早めの朝食を摂り、パソコンの前に。
またしても日経平均は上がっていて、遊びで買った株がもう儲けていてポンポンと二つばかり売って、これでまた7万円くらいの儲け。昨日のガンホーと合わせると18万円位も儲けたことになる。FXの小ささと比べると段違いだ。
ところが、午後になると雲行きは一変。
寄り付きから315円高の1万5942円まで上昇した日経平均は、じりじりと下げ始め、午後からはドッカーンドッカーンと崩れ落ちるように下げ始めた。
そのダイナミックな下げ方!惚れ惚れする下げ方で、こうやって実際に目の当たりにするのは初めての経験だ。
青ざめると言うよりは、呆れてしまって面白い。
こうなると午前中に売った株はラッキーだ。改めて見れば、私の売った値段よりも4万円も5万円も下げている。
これだけ下がるのならと、私は猛然と買い始めたのだが、日経平均の下げっぷりは更にその上を行く(笑)。
まあ見事なもんだ。大したもんだ。
結局、日経平均株価の終値は前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と大暴落。
終値ベースでの下げ幅の大きさは東日本大震災後に福島第一原発事故の状況が危機的となった2011年3月15日の1015円安を上回ったのだとか。
と言っても、実際にやっているものからすると、この日の高値から下がった値幅は1458円!
まあ、見事なものなのだ。
多分、私の持ち株からすれば3百万円以上もやられたんじゃなかろうか。
余りに呆れてしまったので見る気も起こらないんだけどね。
まあ、所詮は博打みたいなもんなのだから、こんな事もある…とバブル崩壊の経験者は言った(笑)。
さてゴルフは後半戦。
少しばかり計算の出来るゴルフになってきて嬉しくないはずはない。
但し、逆にゴルフが難しくなっているとも感じる。
本調子でない時は、風なんかどうでもよかったのだが、計算できるとなると風の計算もしなくてはならない。
ところが、後半はさくらコース。
嫌な予感がする。
行ってみると、案の定、ティグランドは思いっきり遠い設定。
もう少しさー、長いとか短いとかメリハリつけてくれても良いと思うんだけどね。
目の前にはご老人の3人組み。
これも嫌な予感なのだが、この老人達が上手い!尚かつ飛ばす!
素晴らしい。モタモタとはしてるんだけどね。
「それにしても飛ばすなー」
「もしかしてお父さんと同じ年くらいなんじゃないの?」
「それは無いと思う。だって、同伴のあの女性はババティじゃないか」
「あの女性も上手だね。特にパットが早い」
まあ、とにかく上手なのだ。しかも、飛距離が私と同じくらい。全く、どっちがジジィなのか分かったもんじゃない(笑)。
パー、ボギー、ボギーと進んで少し疲れてきた。
なんたって遠すぎて、パーオンできないもんだから、1回分歩くのが余計なのだ。
前の組の人達も、頑張って早く回ってくれている。
途中で追い越そうかとも思ったのだが、その必要もなさそうである。
大体、「お先します」なんて言おうものなら、プライドと意地で追いかけ回されそうである(笑)。
なので、大人しく笑いこけながらのゴルフ。
元々、こんな長い設定じゃ、どうあがいても30台で回るのは至難の業。
早々に諦めて、トラブルまで楽しむことにした。
4番のショートは二人揃ってのパー。
そこから4連続のボギー。
なんだかねぇ、手も足も出ないのよ。
バックティでやってもそんなに変わらないと思う。
これは最早イジメですね。
おーい、楽しくないぞ。
やっぱり、2打目はショートアイアンで打てる距離がいいな♪…なんて言ってたら、ジジティで打った方が良いのか。
でもね、やっぱりメリハリはあった方が良いと思うんだ。
どんなコースでやっても同じ印象になってしまうっておかしいと思うのよ。
で、ようやく最終ホール。
「これで終われるね♪」
なんだかホッとしてしまった。
よーし!最後の一踏ん張り!と言っても、強烈なアゲインストで、しかも距離は長く、上りのコースで、ここでパーなんて10回に1回か2回くらい。
お約束はボギーだ。
めいっぱい振っては見たものの、球は吹き上がって…推定170ヤードくらいと逆効果。ガックリ。
娘も、エイヤーと振ると、これはバッチリ。飛んだ飛んだ、驚くほど飛びやがった。
私のボールとは60ヤードくらいも離れている。
あのね、男女平等の時代なんだからレディースティっていうの無くてもいいと思うんだ。
すると娘は、
「男女平等なんて古い世代のおバカが言っている事よ。私の友人で、男女平等が良いなんて言う人はいない」
とキッパリ。
まあ、そりゃあそうだ。
でも結果は、2打目の3番ウッドが抜群の働きをしてくれて、寄せ1のパー!
娘はダボの6!
この辺がねぇ、上手いと下手の違いなのかな。
そう言えば、グリーンに向かう時、カート道路の真ん中に太くて汚いホースがゴロンと横たわっていて、ブレーキをかけても間に合いそうもないし、間に合ったところでその汚いものをどける気力もなく、軽い気持ちでスルー。
と、その轢いた感触が何かとても生ぬるい感じがあって、「何かな?」と後ろを振り返ると、そのゴムホースがぬるりと動き出した。
「ギャー蛇だぁ!」と。
まあ、デカい蛇で慌てて娘を呼んだのだが、娘が来た時には既に草むらの中。
とりあえず、蛇に出会えたのは「縁起がいい♪」と言うことで意見一致。
うんうん、そう思っていたら、きっと縁起がいいんでしょう(笑)。
デカい蛇で推定2メートル近くはあったと思う。まあ、話は大きくなるもんだけどね。
もしかして、今日の日経平均の暴落は蛇のたたりなのかも(笑)。
おっと、忘れるところだった。
後半は42のパット数16。
トータル84のパット数30。
結果は余り代わり映えしないけど、中身は段違いだったのだ。
そうなのか?少し疑問なんだけどね。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


指が勝手にピッキーン!って、完全に老人病だ(笑)。
どこぞの大統領が指が勝手にピッキーンして核ミサイルなんか発射しなきゃいいのだが、それに比べればこっちはたかが1.070.000円である。
損したところで20万円も損すれば大概だろう。
にしたってショックはショック。
気分悪いから、他に2銘柄ばかりを衝動買いしたのだが、それでも気が収まらず、夜には珍しくFXを始めて全戦全勝で溜飲を下げた。
全戦全勝と言ったって、FXの儲けなんざ株に比べれば微々たるもの。
ハラハラドキドキしてヒィヒィ言って儲けたのはたったの2千円(笑)。
どうにもあのチャートと格闘するちまちましたものは好かない。
で、ゴルフをやる事にした。
予約は朝の7時53分スタート。
なんたって、年50回やるには日曜日に必ずやって、平日に必ず1回はやらないと達成できない。
という事もあるのだが、なんだか、明日はガンホーの株を余り見ない方が良いような気がしたのだ。
終わり方が余りにも良くなくて、明日はきっと下げるであろう。
ガンホーが下がるとなると、ひょっとしたら800.000円近くまで落ちるかもしれない。
そうなると一日で370.000円の損だ。
覚悟の上とは言っても、現実にどかどかと下がったら気が気ではなくなる。
またピッキーン!となってしまうやもしれない。
ここは無視する事が肝心だ。
だとすれば、手出しの出来ないゴルフ場にいた方が良い。
大損こいたとしても無視!
そうして迎えた今朝。スタートはつばきコース。
昨日やったFXのせいで目がしょぼしょぼする中打ったドライバーは目の覚めるような一撃。
真っ直ぐにあっという間にボールが見えなくなった。
全盛期に勝るとも劣らない当たりだ。
ところが、娘が軽くこれをオーバー(もちろんレディースティね)。
2打目はグリーンを少しオーバーしてしまったが、これを難なく寄せ1のパー。
オーバーは、アイアンが飛んでいるという勲章みたいなもの。
アイアンに信用がおけない今は、その事の方が嬉しい。
2番のドライバーは多少のダフリなのだが、まあまあ飛んでくれて少し自信がつく。
ダフリでもあれくらい飛んでくれるのは心強い。
2打目は、ここでもオーバーでますます気分が良い。
ここはボギーとして、3番ショートホール。
161ヤードなのだが、この161ヤードのクラブがない。
7番アイアンの次は7番ウッドなのだ。
7番ウッドでは大きすぎるだろうと思ったのだが、やはりグリーンオーバー。
確実に以前より飛ぶようになっている。
寄せ1でパー。とは言っても、結構長目のパットをねじ込んでのパー。
椿台CCのグリーンは芝目も美しくいかにもゴルフ場って感じのグリーなのが素晴らしい。
4番のロングでもダライバーがバッチリフェアウェイ、2打目の3番ウッドも良い働きをして、残り140ヤード位。
ピン位置の目の前にガードバンカーがあって、確実にバンカーを越えねばならない。
8番アイアンなのだろうが8番では乾いたグリーンに止まりそうな気がしない。
結構強めのフォロー風を信じて9番アイアンで攻める事にした。
これがドンピシャ!
バーディパットは惜しくも外れたが楽々の2パットパー。
うーん、今日はゴルフになっている。
なんか、先日の森岳CCからゴルフが変わった。
狙ったゴルフが半分くらいは出来るようになってきた。
5番に行くとドライバーが微妙にフェードし始めた。
早くも疲れが出てきたのである。
足腰に粘りっけが無い。その分上半身もぶれているのが分かる。
ただ、失敗と成功の色分けが出来るようになった分、失敗のカバーがしやすくはなっている。
ドライバーは木に当たってフェアウェイに戻ってきたのだが、2打目はつま先下がりの左下がり。しかも距離は7番アイアン。
こんなもの、うまくいくわけがない(笑)。今の7番アイアンは、やっとこさ当たり始めている状態で、早々に2オンは諦めで、寄せ1を狙ったのだが、これが惜しくも外れてボギー。
せっかく4ホール中3パーといいスタートを切ったというのに、これはもったいない!
と、次は狙いにいったのだが…ここでもドライバーが曲がり始め右の山に!
敢えなくボギー。
6番に続き、7番もサービスホール。なんたって318ヤードしかない。
ところがドライバーが全然飛ばずに、残り150ヤード!つまり、ドライバーは168ヤードしか飛んでない計算になる。ハアー…ため息が出るが、娘のドライバーは遙か彼方で、それを見てまたまたため息。
さて、残り150ヤード。
その中間には大きな木がいっぱい立っている。
あの高さを出して、尚かつグリーンに届けるのは…8番ではムリ。7番でも高さが問題。
ここはもうプロ気分(笑)。
そしてそれを実現!きゃー!
木の高さをぎりぎり超えて行き、グリーンにドン!と落ちて僅かにグリーンオーバー!
きゃー!私って格好いい!
いやー、マジで自分に惚れ惚れ。復活だね♪
で、寄せ1のパー。
これで30台も見えて来たと思ったのだが、まあ、世の中そんなには甘くはない。
続く8番165ヤードのショートでは、当然7番ウッドしかないのだが、ここで不安。
当たり出してきたからこその不安。
グリーン奥まで175ヤードとして、フォロー風を考えた場合、間に合うような間に合わないような微妙な距離。
少し短めに持って、ゆったりと振るようにした。
これがいけない!慣れない事はするもんじゃない!
んー、乗らず寄らずのボギー。
こなくそー!と挑んだ最終578ヤードのロング。アゲインスト風をものともせずにドライバーは飛んでフェアウェイど真ん中!
よっしゃー!と、2打目はドライバーよりも飛んでくれるかもしれない3番ウッド!
これが、グイーんと右曲がり!
このやろー!とまたしてもの3番ウッドは目の覚める当たり!
ざまーみろと残り40ヤードのサンドは…ザックリ…終わった。
結局、悪夢のダブルボギーで、終わってみれば42のパット数14。
娘は好調の45のパット数18。
そんなに差がないのである(笑)。
それにしても、ハーフだけでもゼイゼイと疲れてしまった。お天気が良く、気温はうなぎ登り。
汗をかき、途中で長袖は脱ぎ、半袖でのプレイだったのだ。
という事で、後半に続く。
 
以下は、株に興味がある人だけお読み下さい。
見なかったガンホーの株がどうなったかというと、予想通り、暴落状態から始まった。
昨日の私の買値が1.070.000円。
朝の寄りつきが974.000円。この時点で、私は96.000円の損。
寄りつき後もガンホは下げ続け約10分後には908.000円の最安値をつける。
この時点で、私の損失は162.000円に膨らむ。
もし、パソコンを前にしていたら青ざめて損切りをしていたかもしれない。
ところがここから反転!株価はグングン上昇を続け約1.170.000円迄戻してしまう。
前場の終わり頃に家に帰ってきたのだが、午後一で成り売り。
その時の値段が1.185.000円。
つまり、一日で115.000円の儲け♪
まあ、この株は完璧博打ですね。
あー恐わ!
でもまたチャレンジしてみたい♪
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今日はゴルフの話ではなく株の話し。
今、パズドラで話題のガンホーという株がある。
この株が凄い。1株で100万円以上もする株なのだが、まるでジェットコースターのような乱高下を繰り返しながらも、4月には30万円くらいだった株価はあっという間に160万円くらいにまで上りつめた。
上りきったところで、ガタガタと乱高下を繰り返しながら落ちてきた。
そして、昨日の株価の終値が1.261.000円。
そして今日も落ちて、1.201.000から始まり、おやおやと。
これくらいなら欲しいな、と朝から狙い始めた。
途中色々あって買う機会もなかったのだが、午後になってチャンスが巡ってきた。
午後2時頃から、株価は更に落ちて1.070.000円を挟んだ動き。
出来れば1.050.000台で買いたいと思うのだが、なかなか落ちてくれない。
じりじりとした展開が続き、そこで一計。
最初から成り行き買いの準備をして、【注文発注】のボタンを押せば良いだけにしておこう♪
そう考えて早速手続きをし、【注文発注】のボタンにカーソルを移動してその時を待った。
準備万端である。
右にN証券の株価ボード。【注文発注】のボタンはT証券という危なかしい取引である。
ところが、株価は尚も1.070.000円を挟んだ動きで、どうにもこうにも【その時】が来ない。
じりじりとした展開だ。
この株は恐いのである。タイミングを間違えれば、一瞬のうちに10万円くらいは動いてしまう。
そして、2時30分という時間が恐い。
この時間から、上がるか下がるか、どっちかの方向に動くはずである。
上がるのか?下がるのか?一瞬で判断してボタンを押すのか押さないのかを決めねばならない。
その、運命の時が刻々と近づく。
2時27分…2時28分…そろそろだ。もう少しで動く…!
その瞬間!指が勝手にピッキーンと動いてしまった…!
えっ!?もしかして注文してしまった?
慌てて画面を確認!
ぎゃあ〜〜〜〜〜〜!
取引成立〜〜〜〜〜!
1.070.000円の買い物をこの右手の指が勝手にやっちまった(笑)。
その後、株価は予想通り急激に動き出し更に暴落。
最安値の1.020.000をつけ、終値は1.034.000円。
つまり、私は30分で36.000円を損してしまったのである。
この指が〜〜〜〜!
アホ指め!
気分悪いから、他に2銘柄ばかりを衝動買い。
どうでもいい時はどうでもいいのである。
明日は明日の風が吹くんだろう。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 後半戦は始まったが夫婦ゲンカは継続。
間に娘がいれば、こんなアホみたいな夫婦ゲンカなどすぐに収まるのだが、上さんにはトラブルの収拾能力がまるで欠如している。
収拾能力がまるでないのにトラブルはよく起こしてくれる。
よって、夫婦ゲンカは果てしなく継続中(笑)。
「今のスコアは?」
と聞かれても、
「赤の他人のお前には関係ないだろう」
と冷たくとどめを刺し続ける。
ところが、これが後半のゴルフに功を奏した。
いつもだったら、「どこに飛ぶか見ててくれよ」と同伴者をアテにして打つのだが、「どこに飛んだ?」とは死んでも聞きたくはない。
聞いた瞬間仲直りのきっかけになってしまうではないか。それは御免蒙る。
なので、真っ直ぐ飛ばす他無くなってしまったのである。
思いっきり飛ばして尚かつ真っ直ぐ、この難題に挑まなければならない。
とは言ってもやる事は一つしかない。インパクトの瞬間の手の甲の方向に気をつけるだけ。
当然の事ではあるが、手の甲は真っ直ぐ目標方向に向かってなければいけない。
後はフォローを今一度目標方向を意識して取る事。
とにかく夫婦ゲンカの最中なのだから、一切アテにしてはならないのである。自分の面倒は自分で見る。
という事で、ドライバーは真っ直ぐに飛ぶようになってくれた。しかも良く飛ぶ。
最初の10番をパーオン2パットのパー。続くショートも8番アイアンで良い当たりだったのだが、残念ながら10センチ手前。これを寄せきれずに2パットボギー。
但し、なかなか良い感じで8番アイアンを振り抜けた。
使えなかった8番アイアンや7番アイアン、そういえば、さっきの10番の2打目も7番アイアンでの2オンだった。
いよいよ復活か?
そんな期待感も膨らんでくる。
驚きはまだ続く。12番をまたしてもパーオン2パットのパー。
そして13番のロングもパーオン2パットの連続パー。
まあ、ゴルフをやっていてこのパーオンは正統派。パーオンが来れば、ゴルフになる。
14番をボギーとして15番でまたまたパーオン2パットのパーが来た!
こうなると、今までのゴルフとはちょっとゴルフが違う。
相変わらず待たされ待たされのゴルフなのだが、前の組も後ろの組も一切近づいてこない。
私の美しいパーオンゴルフが神々しくって近寄れもしないんだろう(笑)。
16番17番と3連続パーが来て、迎えた最終ホール。
このホールは何故か苦手なホールで、余り2オンした記憶がなかったのだが、ここでドライバーが炸裂!
逆風をつく目の覚めるような当たりとなった。
まあ随分と飛んでくれたものだ。
途中レディース用の小高い丘があって、女性はそこから打つのだが、いつもならそこに付き合って一緒にボールの行方を追うのだが、只今夫婦ゲンカ中に付き、私は身動きせずにカートで待つ(笑)。
ところが、ここで上さんの奴は、私以上に目の覚めるドライバーをかっ飛ばしやがった。
飛んだ飛んだ。私と同じくらい飛んだ。
で、現地に行ってみると、ボールが2個あって(色はどっちも黄色。美しい黄色が私のボールで汚い黄色が上さんのボール)、どっちがどっちなのかよく分からない。
手前にあるのは残り150ヤード弱地点で、向こうにあるのが残り100ヤード地点。
つまり、こっちとあっちじゃ随分と違うのだ。
「それ誰の?」
つい聞いてしまった。
「○○様の」
我が家では、昔から「様」付けで呼んでいる(笑)。
「何?ホントか?」
どうにも信じられない。
幾らレディースティからかもしれないが、私の快打が上さんの快打に50ヤードも先に行かれるのは納得がいかない。
でも、その美しい黄色いボールは確かに私のであった。
釈然とはしないが、そこから7番アイアン。ついこの間までは7番ウッドごまかして打っていた距離である。
届くか!?
力まずに自然体で、綺麗に打ち抜けた。
見事な2オン!
何よりも7番アイアンでの2オンが嬉しい。
という事で最終ホールもパーオン2パットで締め括って4連続パーで締め括り。
後半が38のパット数15。トータルでは今期最高スコアとなる80のパット数32。
ようやくだ。ようやく、なんとかゴルフになってきた。
昨日大森町の芝桜に行って、今日はアップダウンの激しい森岳に来て、お尻の筋肉が少しだけパンパンしてきたような気がする。
このパンパンが消えないうちに、ケツ筋を鍛えておきたいと思う。
そうすれば復活出来そうな予感がーパンパンだ。
ちなみに、最後の最後に口をきいてしまったために、上さんはスルスルーっと入り込んで離婚の話しはなくなってしまった。
「人の話は良く聞く」「一度教えられた事は守る」を条件としたんだけど、よく考えてみれば、発端は私の八つ当たりみたいなもんだった(笑)。
それに、どんな約束をしたところで、明日になれば上さんは忘れている(笑)。
それはそうと、遼君、初の10位おめでとう!10位でも賞金額は$174.200!
凄いねアメリカのツアーは。日本円で約1770万円!まるで優勝金額みたいなもんだ。
取り敢えず、これで一歩ようやく前進。
さー、私も頑張るぞー!って気にはなったけど、残念ながら、明日には予定が入ってしまった。
ゴルフいけないじゃん(笑)。
週2回行かないと年間50回は難しいんだよね、北国だからして。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


20130518001.jpg
20130518002.jpg
土曜日は上さんの希望で、大森町の芝桜を見に行った。
上さんは朝からウキウキ状態で、まるで小学生の遠足状態だ。
「めんどくさい」と言いたいところだが、その喜び様を見ると、そう言う訳にも行かず大森町まで高速を走らせた。
二人でそういうところに行くのは本当に珍しくなってしまった。
そういう意味では結構新鮮で、肝心の芝桜にもかなり期待したのだが、これはちょっと残念だった。
まだ、あちらこちらがちょぼちょぼだったり、全く咲いてなかったり、禿げてたり、おまけに山がきついのなんのって、かなり心臓に悪い山で、挙げ句に太股がピキピキと来て、まあいい運動になったのかなと。
でも、健康な上さんですらも、「足キツイ!」と悲鳴を上げていたくらいだから、私には相当キツイ山だったのかなと。
それでも、美しい芝桜を見るためだったらまだ良かったのだけど、禿げてたんじゃねえ…。
多分、次の日曜日頃には見頃になるんじゃないかと。来週行く人は良いねぇ。
我が家の芝桜が満開だというのに、何で秋田市よりも南の大森町の方が遅いんだか、ちょっと不思議であった。
であったのだが、芝桜よりも良かったのが山々の新緑。
行く時は余りさほどとも思わなかったのだが、帰りの山々は新緑に包まれて、これは絶景!まあ、緑の眩しい事!あの緑を絵にしても、きっと誰も本物がそうだなんて思わないな。
ちなみに、その芝桜会場のすぐ近くに羽後CCというゴルフ場があって、あわよくば二人でゴルフでもと思っていたのだけど…これが大誤算!
何が大誤算かって【満員御礼】なのだ。とにかく駐車場が満杯。
いやいや、やった事も来た事もなかったけど、混んでるもんです。
ゴルフ人気凄いわ。
という事で、家に帰って椿台CCに日曜日の予約を入れてみたところ、こちらも既に満杯状態。
カート無し、しかも、さくらーさくらの同一コースの可能性有りという。
やってられるかそんなもの(笑)。
そうとなれば、森岳でも良いし、久々に男鹿でも良いわけだ。
すると、森岳がすぐに予約が取れた。
という事で、本日日曜日、混み混みなのを覚悟しての森岳となったのでありました。
まあー今の状態で森岳CCの砲台グリーンに挑むなんざ10年早いと思われるけど、スコアに期待する腕もないし、当たって砕けるしかないのであろう。
スタートは秋田コースOUTから。
昨日の大森町の芝桜の疲れも残っているし、太股は肉離れでも起こしそうだし、余り無理はすまいと思うのだが、それでもティグランドに立つとそんな事は忘れてしまう。
先ずは、肝心要のドライバー。
今日はちょっと打ち方を変えてみようと思っている。
パーゴルフと言う雑誌でプロのドライバーの連続写真特集があったのだが、ちょっと気になったのだが、プロの皆さんが、初めから右半身寄りに傾いて構えている。
つまり、ボールを右横から見る感じ?
それで行って見ようと思うのだ(笑)。
元々、グリップを作った時に、右手が下になるのだから、右斜めに構えるのは理に適った事…という事は分かっていたのだが、こうもプロ全員がそういう構えをしているとなれば、それが正解なのだろうと。
もう一つ、先日の椿台CCで、一度だけ成功した打ち方。
アドレスを取った時に手を伸ばさない。
グリップエンドを股間に出来るだけ近づける。
このアドレスを取る事で、ヘッドスピードがもの凄く上がって、抜群の飛距離となったのだ。
但し、これが成功したのは一回だけで、後は全部フェードというかスライス気味になってしまったんだけどね。
ただ、その成功した一度の感触が忘れられない。
という事でその打ち方。
1番ホールはそれがなんとなく成功した…のだが、やはりフェード気味になって、右の山裾にあるバンカーへ。
そのバンカーから下手な脱出をして、ボギー。
まあ、そんないきなり上手くいくわけないよなー。
でも、その打ち方を続ける事にした。
なんとなく、距離は出てるような気がしたからである。
その後、2番で寄せ1のパー。
3番ロングでは惜しいボギー。560ヤードのロングが楽々3打で届いたのだから、まあ、飛んでいるんじゃないかと。
4番ショートでようやく1オン2パットのパー。
調子に乗ってきたのか続く5番でも2オン!上りの2メートルと絶好の場所につけたのだが、これは惜しくも蹴られて2パットのパー。
6番7番ボギーで8番のショートは僅かに1オンを逃したのだが、絶妙の寄せ1でパー。
まあ、パー4つでそんなに悪くもないスコアなのであるが、9番のロングでドライバーが抜群に飛んでくれて、2打目の3番ウッドも飛んでくれて、3オンの可能性たっぷりのところで事件は起こった。
それまでも、前の前の組が遅くて遅くて、イライラっと…してたのだが、我慢に我慢を重ねていたのだが、そんな中3打目を失敗!パーオンは敢えなく撃沈!
ここで上さんに八つ当たり!完璧なる八つ当たり!
はい、私が全て悪いんですが、最早ゴルフどころじゃなくなって、取り敢えずその最終ホールはダボの7で、前半は42のパット数17だったんだけど、その夫婦ゲンカしたままお食事タイムとなったのだが、頭に来る事に、ここのバイキングは不味くて不味くて食えたもんじゃなくて、そんな事は初めから知っていた事だけど、肉団子を食った瞬間「ゲッ!」と吐きそうになって、こんなものは肉団子とは言わないし、かといって食う物は無いし、これで1280円とは。最早何にでも腹が立ってきて、上さんとは、
「お前さんとは離縁じゃ!家へ帰ったらすぐに離婚届提出してやる!」
となって、それでも後半戦へ突入〜!(笑)
まあ、口をきかない。
二人しかいないというのに、お互いムスッとしていて口をきかない。
「離婚届にしっかりとサインしてもらうからな」
「私は離婚はしません」
 
まあ、例によって後半戦は明日に続くのだけど、家に帰ってちょうどゴルフ中継。
日本プロゴルフ選手権だ。
いやー、松山凄いね!
いい顔になったもんだ。どんどん好きになってきたーーーー!
藤田もいいね!ビリケンもなんとなく憎めないぞ。
最後、みんな惜しかったけど、優勝した韓国の方、日本に来ないで自分の国で稼ぎなさいよ。
じゃなきゃ、公平平等だとか言っているアメリカへ行きなさいよ。
あれまあ、こんな本音が出るのはいけませんね。
うん、この辺が私の人品卑しいところですね。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


さて後半戦。
情報によるとさくらコースには10分くらい前に一組行ったという。
さつきコースも同じくらいだと言うが、どちらも前にいるのだとすれば、王道の「つばきーさつきコース」なんだろう。
どうせ、最近はさくらコースも距離の長い設定で難しいのだし。
ボギーゴルファーに取っちゃあどっちでもそんなに違いはない(笑)。
どうせボギーゴルフだ。
どうあがいてもボギーゴルフだ。
そう思って望んださつきコースの1番。
珍しくドライバーが真っ直ぐに飛んだ。
今日一の真っ直ぐである。距離も案外出ている。
残り140ヤードを7番で軽く打つと当たり損ないながらも2オン。
ん…7番アイアンはまだ本物じゃないな。それに、本来なら8番の距離だ。
1番は手堅く2パットのパー。
2番のロングへ行って、ドライバーがまた真っ直ぐ。但し、芯を食ってないせいか距離はちょぼちょぼ…なのだが、ここで例の3番ウッドが炸裂!
3打目は190ヤード近く残っていたのだが、ここでも3番ウッドが炸裂してピンめがけてまっしぐら!
何とピン2メートルにつけてしまった。
何とも今日のフェアウェイウッドは、3番5番7番とも抜群の働きをしてくれる。
前半は当たりは良かったのだが運がなかった。
後半は風の計算も上手く行っている。
バーディパットは僅かに外して2連続パー。
「ここでバーディが来ると楽なんだけどね♪」
と言いつつもご機嫌だ。



20130517001.jpg桜が満開♪


3番がちょっと距離が長く、殆どバックティみたいなもんだったのだが、しかもアゲインスト。
まあ、力んでもしょうがないと、いつものフォームを心がけると、これが逆風をついて、グングンと伸びた。
そして、ここでの2打目も165ヤードだったのだが、アゲインストなので思い切って7番ウッド。
そしてこれがドンピシャ!2オン!
そして2パットのパー。
何とまあ、3連続パーである。
4番ショートホールで前の組に追いついてしまった。
驚いた事にバックティでやっている。
見れば、私と同じくらいの年。
良く出来るもんだなーと感心するが、ショットが正確!
大したもんだ。
まあ、敬意を表してじゃましないように心がけましょう。



20130517002.jpg桜吹雪が!

 

但し、その前の4人組みがコンペか何かでえらい遅い!
気が狂うほど遅い!特にパターがメチャクチャ遅い!
まあ、大人しく待ちましょう。
そして4番ショートでも7番ウッドが炸裂!1オン2パットで楽々パー。
とにかく真っ直ぐ飛距離も自由自在なのである。
アイアンを持つよりもこっちの方が楽なのである。
取り敢えず4連続パー!
バーディが来ないのはご愛敬だけど、これには訳があって、グリーンに露というか雨がどっしりと貯まっていて、水しぶきを上げて転がっていくような状態で、距離感がまるで掴めないのだ。
5番のロング。
ここはドライバーが芯を食わず、距離がちょぼちょぼ。但し真っ直ぐでフェアウェイ。
ここで2打目3打目で3番ウッド炸裂。
ほぼグリーンそばまで行って1パットパー。
これで5連続パー!
6番へ行くと、ここではドライバーが炸裂!145ヤードの2打目を7番アイアンで打つと、驚いた事に登りなのにグリーン奥まで行ってしまった。
あれ?登りでオーバー?
あれだと7番アイアンで170ヤード位も行ってしまった計算になるぞ!?
7番アイアン復活か?
少し喜んだ...のだけど、奥からピンは遠く3パットボギー。
まあ、残念というかこんなもんでしょう。
幾らフェアウェイウッドが調子がいいからって、フェアウェイウッドでパーオンさせているようじゃ、単なるラッキーゴルフだ。
論より証拠。
自分の一番得意なPWが使い場所がなくカバーを被ったままだ。
コイツは、前回の時も一度も使われる事がなかった。…不憫な奴だ(笑)。
7番ショートへ行くと、前のバックティ組の人達は、220ヤードのショートホールをバックティで打っていた。
ふ〜ん、私と大して変わらないはずだわ。
という事は、
「可哀想なのはあの人達ね。前の組が遅すぎて、だったらバックティという事になったんじゃない?」
「多分そうだろうねぇ。そこに我々が来て、せっつかれて大変だ。でもまあ、上手いよあの人達」
そのショートでグリーンは外したものの寄せ1でまたしてもパー。



20130517003.jpg煙草が灰皿にくっつく不思議現象(笑)

 

8番でまたまた待たされた。
娘は体が冷えきって「寒い寒い!」を連発。
十分冬の格好だと思うのだが、私のウィンドブレーカーを更に着せて寒さ対策としたのだが、待っている間に私も冷えてしまって、ドライバーは殆どチョロ!
なんたって、ミドルホールだというのに2打目を3番ウッドで打ってもまだ届かない(笑)。
残り35ヤードをサンドで寄せ1を狙ったのだがムリ!でボギー。
これでパープレイはなくなった。
ならば気も楽と最終9番は寄せ1が決まってパー。
今季初の30台38を達成。パット数は16。
トータルで82のパット数32。
取り敢えず、今期最高スコア。
娘は97のパット数31。
まあ、とにかくフェアウェイウッドが抜群だったのが今日のゴルフ。
ただそれだけ。
フェアウェイウッドが幾ら良くたって、それはアテにはならない。
でも、自分の練習すべきクラブは、いよいよアイアンだけになった事は確か。
アイアンの練習をする気を起こすにはどうすればいいか?
それはフォーティーンの新クラブを買う事でしょう(笑)。
でもなー、株が下がって下がって、イマイチ買う気が起こらなくなってしまっているのよ(笑)。
どうしましょ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 今日一番ショックな事。
株がガバガバ下がっている。
日経平均は上がっているのだけど、私の持ち株は連日のように50万、100万、100万と下がり続けている。
まあね、先週までは毎日のように100万、100万と上がっていて「儲けすぎだろうこれ?」と高所恐怖症だったくらいなのだから、これでちょうどいいくらいなのかもしれない(完璧な負け惜しみですね)。
さて、本日のゴルフ。
昨日6時5分に予約を入れると…ゴルフ場関係者は既にいなく、どうしたもんかと。
それで娘が早起きして予約を取ってくれた次第。
朝の8時に電話をしたところ、
「9時からコンペが入ってますから、その前が良いですよね」
と相手も心得たもので、じゃあ8時50分でと。
8時50分!?
布団から跳ね上がって準備をパッパとしてゴルフ場へと向かった。
実は、寝ては夢を見、起きては寝てまた夢を見、余り良くは眠れていない。
昨日はわざわざ花を買って遺影の前に花を飾ってやったというのに、何故か亡くなった親父と大ゲンカしていた(笑)。墓参りにも行かないから怒っているのか?
その他にも、何故か6番ウッドのフェースが破れたようになっていて壊れている映像が何度もフラッシュバック…意味分からない。大体6番ウッドなんか持ってないし。
まあ、余り宜しくない気分状態だ。
スタートはつばきコースから。
ドライバーがことのほか飛んでくれて残り140ヤード。
あれ?今期一番だなーとなんか不思議な気分でいたら、娘の奴も今期一番の大当たり。
「何か飛ぶねぇ」
「暖かくなってきたからかなー」
でも、実際は明け方雨が降ったせいかかなり肌寒い。
残り140ヤードなら絶頂期の9番アイアンで行ってみようと...これが届く訳もなくグリーン手前にポトリと。
そんなもんだよなーと、二人仲良くボギースタート。
2番はドラーバーがあらぬ方向に飛んで相当距離を残したのだが、5番ウッド炸裂でグリーンの横まで。
全くフェアウェイウッド様々でこの時点で、あれ?と。
今日のフェアウェイウッドはなかなか良いのである。
外れる気がしない。
球がよく見えている。
アドレスからバックスウィングまで、球から目線が外れない。
だから芯で捉える事が出来ているのだ。
2番はまたしてもボギー。
3番のショートがいつもより距離が遠くなっていて、167ヤード近辺。
ならばと安心して7番ウッド…だったのだが、これが大オーバー。
グリーンの奥に落ちて1バウンドして奥の繁みえと消えていった。
まあ、オーバーした事よりも良く飛んだ事に感心してしまった。
キャリーで170ヤード飛んだ事になる。なら、全盛期とほぼ一緒という事になる。
現場に着いてみると、ちょうど繁みと繁みの間から狙えるようになっていてラッキー♪ボギー。
3連続ボギーなのであるが、何というかゴルフに苦労していないのが救い。
「今日の私にはボギーはパーと同じ♪」と嘯く。
まあね、同じゴルフをやるなら楽しい方が良いに決まっている。
諦めも必要だ。
パーのゴルフなんかではないのだ。
4番のロングでは、不安だったドライバーが乱れた。
この間の後半に出たスライス球。
それでも3番ウッドが炸裂して残り180ヤード。
うん、ホントにフェアウェイウッドが良い♪
そしてその残り180ヤードを5番ウッド!
これがピン真っ直ぐ!
グリーンエッジに落ちて…てんてんと転がって、ピンを舐めるように通り過ぎて…グリーンオーバー!
まあ、これも当たりは良いのだから気分は良い。
気分は良いけどボギーで、何と4連続ボギー。
これは今日はパーは来ないんだろうなーと諦めたところで5番でご褒美のパー。
でも、6番では右の山の木に当たって林の中からのトラブルショット。なんとダブルボギー。
7番が今の状態を象徴している。
ドライバーが真っ直ぐ飛んで残り135ヤード。
当然9番でバッチリのハズなのだがショート。
残り135ヤードでパーオンしないんだったら、これはゴルフにはならない。
で、7番もボギー。
「どうせ私にはボギーがお似合いよ」
と思ったら、8番のショート165ヤードで1オン2パットのパーが来た。
ここも7番ウッドである。
まあ、何とも今日はフェアウェイウッド様々なのだ。
9番の578ヤードロングは、ドライバーはへなちょこだったのだけど、3番ウッド3番ウッドと繋いでグリーン側まで運んでボギー。
という事で、前半は44のパット数16。
一言で言えば「どうしようもない」スコアなのであるが、これが今の自分の実力と理解する他ないではないか。
ただ、これが今の実力というならば、90のゴルフという事になってしまう。
まあ、そんなもんだろーなと。
娘が49のパット数16。
似たようなもんだ。
奇跡が起こったのは後半戦。
ドライバーもフェアウェイウッドも全てが良くなり始めたのである。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


庭のど真ん中にある木蓮の木。何とか冬を越し蕾も出てきて、花が咲くのを今か今かと日ごと楽しみにしていたのだが、今日衝撃の事実が判明した。
花の蕾かと思っていたそれは葉っぱだった。
まあ、何ともたぶらかされた物だ。
おいおい、お前さんは花も咲かせずに葉っぱをつけるつもりなのかい。
今日一日だけでも、木蓮を見に3度も庭に出て観察。
やっぱり、どう見ても葉っぱである。
まあ、死んでいるよりはマシか、と。そう思う他あるまい。
今日も忙しく仕事。
お天気晴朗なれどゴルフに行くヒマは無し。
これもしょうがない。一生懸命働くからこそゴルフに行く事が出来るのだと納得。
仕事をさぼってまで行くようになったらおしまいだ。
それでも、今年は50回はゴルフに行くと決めている。
もはやスコアがどうのこうのではなく、加速度をつけて衰えていくこの身体を何とかするためだ。
なら、練習に行けばいいじゃないかと言われそうだが、練習は身体のパーツを壊す事の方が多い。
腰だったり肘だったり、要はそういうパーツへの負担が大きすぎるのだ。
ゴルフをやって以来、相対的に健康になったとは思うのだが、多分ゴルフをやってなかったら、もっと老化が進んでいたとは思うのだが、それでも、もしゴルフをしてなかったら痛めるはずの無かった腰とか肘とか、色々不都合も起こっている。
そう考えたら、歩いて走って棒きれを振り回しての方が、トータルでバランスの良い運動になると思うのだ。
で50回のゴルフ。
4月から始まって11月迄の8ヶ月間。月あたりの計算で6.25回だ。
とは言っても、4月と11月はフルで出来るとは思えないので、4回ずつとすると、6ヶ月間で42回。
月あたりで7回と言う事になる。
と言う事は、週に2回。
日曜日に必ずやって、平日に1回のペースだ。
うん、これならちょっと無理すれば出来ない事もなさそうだ♪
まっ、今年の目標ね。
それくらいの運動をしなければ健康が維持できないような気がする。
仕事の合間に株を見る。
いつもだったら、株が終わってから仕事なのだけど、今は忙しいから仕事の合間に株を見る。
特別売り買いを頻繁にするわけではないけど、見るのが趣味なのだ(笑)。
あまりうまくはいってない。
日経平均はガンガン上がってはいるけど、どうにもこうにも、私の株だけ避けて上がっているような気分だ(笑)。
前に書いたアイフルの株は、私が60万円くらいで売ったとたんに上がり続け、今では150万円を越えた。
つまり、90万円位を儲け損なった。
80万円位だったガンホーを買おうと思ってしばらくにらめっこしていたのだが、躊躇しているうちにあっという間に160万円になってしまった。
3日くらい仕事にかまけているうちに80万円も儲け損なった(笑)。
ガンホーの代わりに買ったのがワコム。こちらはたったの7万円位しか儲けていない。
7万円儲けて80万円儲け損なったのである。
電機株が欲しいと思って東芝を買った。
日立にしようかパイオニアにしようかシャープにしようかと迷って、いやいや太陽誘電もあるぞと迷って、業績悪化の東芝を買ったら、日立は10万円位上がり、シャープは15万円くらい上がり、パイオニアも10万円位上がりやがった。
東芝は1万8千円…。
パイオニアの代わりに買ったアドバネスクと言う奴は2万円の損。
まあ、株ってそんなもんだけどね。
それでも楽しくってしょうがない(笑)。
株価ボードを見ているだけで充実感がいっぱい。
飽きやしない。
その上仕事をして、ゴルフをやって、これって結構充実の人生を過ごしてると言えるのではないだろうか。
今は女に興味も関心も殆ど無くなってしまったけど、これに女が入ってきたら大変だな。
それこそ寝る間もなくなってしまう。
そう言えば、川反(秋田の一大繁華街で飲み屋が集中している)に飲みに行かなくなってもう2年も経つ。
いや、3年か?思い出せない(笑)。
昔は毎日のように行ったもんだ。
まあ、とにかく殆ど毎日のように飲みに行っていて、とは言っても飲めないもんだから、私は殆ど珈琲。
当時のクラブというクラブは、殆どの店で私のために珈琲を用意してたもんだ。
それで川反に落とした金額が友達二人で合わせて1千万円。
その内、秋田の川反に飽きてしまって仙台の国分町にまで足を伸ばしたのだが、そこも飽きてしまって札幌のすすきのに行くようになった。
すすきのが性にあった。
女がいい。適当に情があって軽くて客慣れしていて、誘えばホイホイと付いてくる。
単純に、「今日はご馳走にありつけるわ♪」てなもんで、綺麗どころを何人も連れてくる。
何人も綺麗どころがいるんでは楽しく呑んで喰うしかない。
それでも、綺麗は綺麗なので「どれにしようかな〜♪」と迷っているうちに、見事に皆消えていなくなる。
そして秋田に帰ってくると、「あれ〜、もう札幌にいないの〜」と、白々しい電話がかかってくる。
まあ、それでも嬉しいもんだ。
それでまた鼻の下を伸ばしてすすきのへと向かうのだ。
そんなに飲み歩いていた人間がパタリと行かなくなってしまった。
興味がなくなったのである。
見事なもんだ。
そう自分を褒めてやりたいのだが、実態は何かというと、モテなくなっただけの事。
男として見てくれない女を女としてみるのは辛い物がある。
ただそれだけの事だ。
ゴルフもいつかそんな時が来るのかも知れない。
シルバーティでやるようになって、それでもコースに相手にされなくなったら、ゴルフに行くのが辛くなるのかも知れない。
何とかレギュラーティで頑張りたいもんだ。
まだまだと思っていたが、どうにも最近はシルバーティが目について困る(笑)。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


20130512001.jpg
昔々、10代の頃、山形出身の女性と付き合ったことがあった。
私よりも年上で立派な社会人をしていて一部上場企業に勤めていた。おまけに、バイトでモデルなんかをやっていた。
その彼女が、里帰りした折、地元のお土産を持ってきたのが山形特産の佐藤錦の桜桃。
桜桃といっても、酸っぱいだけで美味しいと思ったことはなかったので、
「いらないよこんなもの」
「どうして?美味しいんだよ」
何だこの山形の田舎者は!とそう思った。
彼女の実家で作っている桜桃と聞いてますます食べる気が失せた。
なんて奴だ。自分の家になった果物をお土産に持ってくるとは、いかにも田舎者にありがちな遠慮のなさ。
食いたくもないものを
「食え食え!」
というあの親切の押し売り。
少々げんなりしたのだが、彼女はそれでも食べてみて欲しいという。
懇願するような顔になった。
それで、少し不憫に思って一口食べてしまった。
「えっ、うまい…何この甘さ!」
信じられない甘さであった。
酸っぱいものを覚悟して食べたのだが、その酸っぱさは微塵もなく、ただ強烈で上品な甘さがドッカーンと来る。
これが初めての山形産の桜桃との出会いだった。
余りに美味しくて、
「これはもったいない。姉さんが帰ったら姉さんにもぜひ食べさせてあげたい」
そう言うと、
「そう思って沢山持ってきたんだ」
と彼女も満足そうであった。
その量は、今で言うなら多分1万円分くらいもあったのではないだろうか。
それに、今思い返してみれば、桜桃の粒は大粒で全て赤く熟していたことを考えると、多分、私の事を思って選り分けて持ってきたのだろうと、後になって気がつくこの浅はかさ。
その桜桃を、私は水に漬けておいて姉の帰りを待ったのだが…これが大失敗。
桜桃は水を吸いぱっくりと割れ、更に水を吸い、糖分を逃し、食べられないものになってしまった。
桜桃を水に浸してはいけない、という教訓を得た。
来年になれば、彼女はまたお土産に桜桃を持ってきてくれるのだろうと期待していたのだが、残念ながらその翌年はとうとう来ることはなかった。
私が18才、彼女が20才。
何故か彼女は結婚を急ぎ、親まで紹介すると言う不思議な行動に出た。
そんな事言われてもこっちは大学に入ったばかりの青二才。
とてもとても、結婚なんて考えようもなかった青二才である。
にも関わらず、「私が働くから」と彼女は言う。
そんな事言われても、何故たかが4年を待てないかの方が不思議だった。
後日談があって、その14年後、電車の中で彼女を一度だけ見たことがあった。
ドキッとしてしまった。
多分通勤帰り。黒いコートを着て出口付近に立っていた。
多分、結婚している。
それは当然だ。彼女だとすればもう34才になっているはずである。
それに、少しやつれたような感じが独身ではないような気がしたのである。
私との距離はたったの2メートル。
互いに気づいているような気がしたのだが声をかけることはなかった。
お互いに困っていることが薄々と理解できたからである。
まあ、相変わらず美しかった事だけがせめてもの慰めだった。
という昔々の話し。
それがあって、家の庭には佐藤錦の桜桃の木が2本立っている。
毎年、桜桃が食べられるのかと期待したのだが、残念ながら、実は出来ても実が食べられるほど育つ事はない。
後で知った事なのだが、これは完璧に余談、桜桃の実を育てるには、木の周りを円形に掘って、そこに馬糞やら牛糞を大量に投じ栄養を与えて、更に火を焚いて暖かくしてあげないと育たないんだそうである。
できるかそんなもの(笑)。
という事で、自家製の桜桃は諦めて、毎年高い桜桃を買って食べるのである。
上さんには内緒の話だ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


20130512001.jpg
久しぶりに仕事をしていると体が痛い(笑)。
私の場合、一旦仕事に集中し出すと際限もなく働き続け、気がつけば24時間働き通しなんて事になってしまう。
若い頃は、それもどうって事無かったのだが、さすがに最近は色々と不都合が起こってきた。
ケツ筋が痛くなってしまうのである。
いやね、経験のない人は意味不明だとは思うのだが、ケツの筋肉がずーっと椅子に圧迫されることによって、多分、血の巡りが悪くなってケツの筋肉が痛むんだと思うんだけど、結果、ケツ筋が痛くて痛くて座ってもいられなくなってしまうのだ。
同時に、腰から下の下半身の血の巡りも悪くなってしまうようで、股関節痛だの下肢のあちこちの部分で不意に神経痛みたいな痛みが走るようにもなってきた。
イヤだねー、年をとるって事はこう言うことだ。
昔、サラリーマンやってる頃は、一日8時間、毎日座っていたけど、ケツ筋が痛くなるって事はなかったなあー。
さてゴルフ。
今日の日曜日、ゴルフが出来た人はおめでとうさん。
それなりのお天気で、多少雨もぱらついたけど、この程度だったらさぞかし楽しめたことでしょう。
私は、ずーっと椅子に座って仕事してました。
ふん。
時折不意にピッキーン!とやってくる痛みにおののきながらもね。
たまにお庭なんぞを散歩して、
「今年のサンシュユは長いね。普通なら桜の咲く頃には散ってしまうのに、まだ咲いてるとは。春の珍事だね」
「モクレンの木は生きてるみたいだね。良かった。1代目が死んで2代目も死んで、3代目でようやく生きたみたいだ。毎日芽が大きくなって、初めての花が咲きそうだね」
モクレンの木は、庭の真ん中に、でっかいのをどーんと植えるつもりだったのだが、どーんと持ってきたその木は、秋田の深い冬を越せずに二度と葉っぱをつけることは出来なかった。
「俺が生きている間に、白いモクレンをどどーんと咲かせたいんだ」
そう言って出来る限りの大きなモクレンを用意させたというのに。
その次にやってきたモクレンの木は二回りほど小さくなっていた。
「やっぱり、大きいのは育ちません。これなら大丈夫です」
その木もその年の冬を越せなかった。
そして今のが3代目。
ようやく花芽が大きくなってきた。
普通ならとっくに花が散っているはずなのだが、我が家のモクレンはこれから咲こうとして健気に花芽を日ごと大きくしていっている。
その隣の岩ツツジ。
岩ツツジを頼んだつもりなのだが、想像したのと違ってちょっと無様だったのだが、今年ようやく美しく薄い可憐な紫の花が満開だ。
そうそう、この可憐な咲き乱れようが気に入ったのだ。
でもね、3本の岩ツツジの内、1本は遅れ気味で、もう1本はまだ花芽も出ていない。
風当たりの影響だろうな。
風当たりでこうも違うのか。
たかが4メートルの範囲に3本並んでいるというのに。
風当たりと言えば、10年以上も元気だった金木犀の木が枯れそうだ。
常緑樹だというのに葉っぱが落ち、木の半分は禿げている。
まあ、元々金木犀の北限は福島辺りなので、コイツが10年以上も毎年花を咲かせると言うこと自体が奇跡みたいなもんだったのだ。今更何を願う。労を労ってやることしかできやしない。
その周りにはライラックが伸び放題伸びて、増え放題増えてやがる。まあ、いいんだけどね。
いくらでも増えて花を咲かしてくれ、どうせお前なんか3日も咲けば散ってしまう花だ。
その下の山吹。
ありゃまあ、植木屋のバカタレ。なんつう剪定していきやがる。
いくらバンバン増えてしまう木だからって、根こそぎ剪定していったらみっともないだろう。
花が咲く頃ににょきにょきと増えたって意味無いだろう。
全くあの植木屋ときたら、人は良いのだが植木屋としてのセンスがない。
そう言えば、白山吹の木まで切り詰めて行きやがった。
あれは同じ山吹でも、そんなににょきにょきと伸びる木じゃないって言うのに。
まあ、いくら言っても分からないんだろうな。
そう言えば、ケヤキの木のてっぺんの方でも枯れ枝が出来てしまっている。
あれも何か問題があるんだろうけど、あれだけ高くなってしまうと、簡単に剪定しろって行っても植木屋も命がけの仕事になってしまうわな。
さて、どうしたものか。
私がやったら確実に落っこって死んじまいそうだ。
ボーッとケヤキの木を見る。
田舎にいた頃は、木なんて物は勝手にすくすくと育つものかと思っていたけど、こんな人口の土地だとそんな訳にもいかないようで、油断するとすぐに危なくなってしまう。
人と同じく病気にもなれば死にもすると分かれば、それはそれで返って愛おしくもなるものだ。
家を建てる時。その住宅会社の人間に言い放った私の言葉が傑作だった。
「私は生き物が嫌いでね。庭の木なんて、皆造花の類でいいんだ。今の時代、巨木に似せた作り物くらいあるだろう。それを用意してくれ」
さすがに担当者は呆れたような驚いたような。
「庭に露天風呂って言うのも良いな、作ってくれ」
「それは秋田では難しいです。多分、維持管理が出来ないかと」
その通りであった。
造花も露天風呂も出来なかったけど、おかげで木々という生き物は好きになった。
なかなか思い通りには育ってくれてない。
手間がかかるヤツらだ。
誰がやってくれる訳でもないから、しょうがないから私が草むしりをやる羽目になっている。
今では、草むしりは天下一品上手い。
その草むしりもねぇ、「あいたたっ、ひっ膝が!」と、長くはやってられなくなってきた(笑)。
早く、大きな麦藁帽子でもしてのんびりと草むしりでもしている身分になりたいもんだ。
そう言えば、今日は女子のメジャーだった。
まっ、仕事してた方が良さそうだな。
夜になって、母の日プレゼント第一弾。
山形産の佐藤錦の桜桃。
一個150円。これを3人で8個ずつはあっという間で少し物足りなかった(笑)。
母の日プレゼント第二弾もあるのだ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


去年までに比べて、どうにも情けないゴルフが続いている。
どう考えても70台が出せるゴルフではない。
75と79の違いだったら、それは運の違いで片付けられる。
「今日は運がなかったなー」と。
宮里が昔々、「今日は藍の日じゃなかった」というあれである。
全く18才の時の藍ちゃんが「運」というものを知っているだけでも凄いと思うのだが、やるだけのことをやっているからこそ「運」というものの存在を知り得たとも言えるのだろう。
おっと、話が横道に逸れてしまう(笑)。
今日は80台しか出せない今の自分のゴルフと、去年までのシングルのゴルフとの違いを比べておこうと思う。
先ず、原因ははっきりしている。
去年の夏に秋田CCで倒れて以来、運動が出来なくなってしまったからだ。
出来ない事もなかったのだろうが、医者の方が怖がってしまった。
曰く、
「加齢でしょうね」と。
何でもかんでも年のせいにするようになってしまったのである。
そして、調査票を見せて、
「糖尿病患者の場合、発症から25年経過すると、突然あちらこちらが壊れていくという報告があるんです」
なんだいそれ!?死の宣告にも等しい。
「どうすれば防げるんですか?」
「糖尿病の数値を安定させる他ありませんね」
そんなもの、出来るんならとっくにやってるって。
大体、今しがたもケーキを買ってきてもらって、皆でケーキを食ったところだ(笑)。
全く、しょうもないジジィなのである。
また横道に逸れた(笑)。
とにかく、雨降る日も雪降る日も風吹く日も練習に行ってた人間が、突然練習に行くことを止めてしまったのである。
それに留まらない。
日課となっていた夜のお散歩も止めた。
大体、ゴルフのやり過ぎで腰痛やら座骨神経痛やら、ゴルフをやっていたからこその病気が持病になりつつあったのだから、練習そのものに対しての嫌悪感というか恐怖感というか、まあ疑問を持ち始めていた。
で、シーズンがやってきて、さあー、練習再開だ…となったのだけど、どうにも飛距離が落ちてしまっている。
飛ばないわ目標に行かないでは、練習嫌いにもなる。
「まあ、10ヤード落ちと考えてればいいんだろう」
くらいに思っていたのだけど、そもそもこれが勘違い。
確かに、ショートアイアンのPWや9番アイアンは10ヤードから15ヤード落ちた。
ところがドライバーは、飛距離160ヤードまで落ちた。
「まさかね」と思った。
「コースに行って本物の球を打てば200ヤード位にはなるんだろう」
と安易に考えていた。
実際には、今年の初ゴルフで悲惨な現実に直面することとなった。
なんと!空振りまがい!
当たったところで160ヤード。
マジか!と思ったけど現実。
練習場で確かめたけど、確かに160ヤードしか飛ばない。
そんなに筋力が落ちてるのか?
実際には筋力だけの問題ではない。
筋力も落ちているし、関節も自由度が狭まっているし、筋肉の質も変わってしまっていてしなやかさであるとか粘りっけがまるでなくなった硬い筋肉になってしまっている。
それも、身体の部分部分で症状が違うのだから、つまり、老化の進み具合が異なるのだから、上半身と下半身の捻れ現象をフル回転で使うゴルフには、どうしようもなく不向きな身体となってしまっている訳だ。
つまり、各パーツによって老化現象の進み具合が違う訳である。
ん…とね、例えば、膝の老化が早ければ膝痛が起こる。
左の膝痛が起これば、左膝を使わないスウィングとなってしまうでしょう。
股関節に老化が起これば股関節痛が起こり、股関節を使えないスウィングとなってしまう。
私の場合、今現在起こっている肉体の老化現象は、
上から順番に、
心臓痛、肩痛、背筋痛、腰痛、座骨神経痛、股関節痛、膝痛、踵痛。
あれ?こんなにあるんだったら90台でも立派なもんじゃないか(笑)。
でもまあ、今日はこんな事を書きたい訳じゃないのだ。
さて本題。
シングルと80台のゴルフの違い。
シングルでありたいなら、先ずセカンドショットは必ずショートアイアンで打たなければならない。
私の場合、ショートアイアンとは9番アイアンまでのことだ。
9番アイアンまでだったら、届く範囲以内なら、どこからでも2オンを狙える。
その9番アイアンの飛距離は140ヤード。
となると、例えば、350ヤードのミドルホールだったら、ドライバーで210ヤードは飛んでもらわないとムリという事になる。
ドライバーで210ヤード飛んでくれて、確実にフェアウェイ、悪くてもセミラフ。
それがシングルの条件だ。
370それで確実にパーを取れないといけない。運が良ければバーディだ。
370ヤードの時は、ドライバーで210ヤード飛んで残り160ヤード。
これはちょっとキツイ。
7番アイアンでは届かない。
7番ウッドということになってしまう。
そうすると、アイアンほどの方向性の正確さはないので運任せという事になる。
それでも、グリーン側なら寄せ1が狙える。
こんな感じで行ければ間違いなくシングルだ。
要は、ドライバーの210ヤードが確実であること。そしてフェアウェイを捉える方向性があること。
あとは、2オンできるだけの確実性を持ったアイアンがあること。
という事なのだが、今は、ドライバーにしろアイアンにしろ、どちらも不十分だから、70台になんかなりっこない。
特に、70台の場合は、2オンを狙った時の落とし所も考えられるゴルフでなければならない。
つまり、乗ればいいと言うものではなく、パターが上りであること。
これがパット数を減らす重要案件となる。
まあね、去年まではそんな事を当たり前に考えたゴルフだったけど、今年は考えるだけあほくさい。
考えたって、どうにもならない腕前なのだ(笑)。
皆さんのゴルフはいかがなもんでしょうか?



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 普段、午前中から3時迄は株を見ているので、このブログを書くのは夕方の4時頃と決まっているのだが、今日の株は見ててもつまらない。

日経平均が350円位も上がっているというのに、私の持ち株はちょぼちょぼだ。
見ているだけで不憫なので庭を散歩することにした。
庭の方も豪雪の影響と遅い春のおかげで花のつき方がちょぼちょぼ。
こちらも不憫だ。
「そう言えば、角館の桜が今日満開だってニュースでやってたよ」
「えっ、今頃?今日は10日だろう」
つくづくGWに弘前の桜に行かなくてよかった。
また臍を噛むところだった。
「そう言えば、ドル円が100円を超えましたよね。昨日98円くらいでドル買いのポジション立てるような事言ってなかった?」
「立てなかった。忘れてた。疲れてしまって寝た」
「えー、もったいない。やられたーと思ってたのに(笑)」
そこで笑うか。人の不幸は蜜の味ってか。
いや、ポジションを立ててもいないのだから、儲けも損もないのだが、それでも儲け損なった…というこの気持ちは不幸なのか?
まるで犬畜生みたいな感覚だな。
 
さてゴルフの後半戦。
前半で46も叩いてしまったのでは、最早どうにもならない。
スコアに対する興味すら湧かない。
挙げ句に、向かったさくらコースは、本日もイジメに近い遠いティグランド(笑)。
「何だろうね、この遠さ。俺のシングル入りをじゃましてるとしか思えないな(笑)」
さくらコースを選択している限り、シングルの復活はありそうにもない。
常識で考えたら、距離の長いさくらコースのスコアは、つばきコースより更に悪くなって当然である。
あー、めんどくさ。
ドライバーを思いっきり叩いてやったら、少しフェード気味となったのだが、前のティグランドで打ったくらい飛んでくれた。
「ほー、飛ぶもんだな」と。
でも、3オン2パットのボギーでスタート。
スコアなんていうものは、その気で向かっていかないと作れるもんではない。
こんなもんだと思えば、こんなもんより悪くなっていく。
2番も気が遠くなるくらい遠い。380ヤード位。
ドライバーで220ヤード飛ばしても、残り160ヤード残ってしまう。
そうすると7番アイアンでも届かない。
えーっ、ここっていつも9番アイアンとかPWで打っていたはず…どういうイジメだ(笑)。
今考えれば、残りが160ヤードなら、それが180ヤードになろうと大した違いはない。どうせフェアウェイウッドになってしまう。
なのに、ここで私は、不思議なことを考えた。
2打目を、昨日自信持った9番かPWで打ちたい。
打ちたいって言ったって、それは不可能ってもんで、叶わない夢なのだが、ドライバーを思いっきりひっぱたいた。
すると、出た出た大スライス!
まあ出るわなー。
キンコンカン♪
ゴルフ場に響き渡る鐘の音。
まあ、今日はよく木に当たる日だ。
狙ったってこうは行かないだろう。
自分史上木に当たった最高記録の日に違いない。
でも、林の中から何とかリカバリーして、またしてもボギー。
3番ロングでも力んでスライス。やれやれのボギー。
4番ショートで驚いた。いつも135ヤードくらいのショートのハズなのに、今日は、一段高いところに上がって155ヤードのショートになっている…(唖然)。
またしても得意のショートアイアンが使えない。
しょうがなく7番アイアンで打つと、これがまあバッチリの当たり。
「お〜使えるじゃんコイツ!」
と大感激の一発は、ピンそば2メートル!
でも、娘の奴は、更にその上を行く、ピンそば1メートルにつけやがった。
全くコイツは、私の感動を台無しにしてくれやがる(笑)。
ここでようやくパーが来た。娘も外してパーね。バーディ大チャンスで珍しく緊張しやがって、上りの1メートルを外しやがった。
私の方は、下りの2メートルだから外しても当然なのだ。ふん。
この辺から、昨日の練習の疲れと、寝不足の疲れと、GW歩きのゴルフ2連ちゃんの疲れがどどーっと押し寄せてきて、腰の粘りがまるでなくなってきて、分かっちゃあいるんだけど、腰が勝手にクルン!と先回りしてしまって、ドライバーはスライススライスするようになってしまった。
こうなると、スウィングに変なクセがつきそうで止めてしまいたいのだが、まあ、この不調もゴルフのウチ。
ここで止めたら男が廃る…いや、男が廃ったってどうだっていいんだけどね。
5番ボギー。6番はパーオン2パットのパー。7番アイアンがグーンと良くなったのだ。
7番ロングがボギーで、迎えた8番ショート。
157ヤードで、またしても7番アイアンが炸裂!1オン2パットのパー。
使えるじゃん7番!
まあ、これが今日の一番の収穫だ。
これでゴルフが楽になる。
という事で、最後はお約束のボギーで、42のパット数18。
あれ?そんなに悪くないなー。
何が良かったんだ?
7番アイアンでしょう。
だっただった(笑)。
まあ、これでゴルフになる。
よーっし、これで堂々とアイアンを買い換えられるぞ!…ってなんのこっちゃ。
実は、去年からやっぱりフォーティーンのアイアンセットにしようかと思っているのだ。
グースネックはイヤ!
で、トータルなんかどうでもいいけど、88のパット数33。
娘は97のパット数32。
今日の娘のパターは凄みがあった。
ミドルパットは全部入ってしまいそうで恐かったのだ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


練習結果が良かったので早速今朝の朝一スタートを申し込んだ。
それなりの自信が出来たからなのだが、生憎と体調は絶不調であった。
朝一スタートだというのに遅くまで仕事をしてしまって、寝たのは夜の2時過ぎ。
おまけに、前日の練習過多がたたって筋肉痛ときている。
秋田椿台CCに着くと娘が、
「今日はホールインワン記念コンペがあるみたいよ」
「俺はホールインワンが出てもこそっとしてよ」
「めんどくさいよね」
「ああー、それにしても、俺みたいに抜群のアイアンを持っていても、まだ一度しか出てないのになー。良く出るもんだ」
「出ても良いのにね」
「そう思うよな。でも、ビリヤードじゃあるまいし、あれはやっぱり運だよな。そんな運なんか無くたって良いわ」
そう言えば去年の夏は、赤の他人の前の組の人のホールインワンを証明してあげたっけ。
あの人は保険金を貰えたのだろうか。
今時、キャディがいなかったら証明できないなんて時代遅れにも程がある。
スタートはつばきコースから。
久々のつばきコースなのだが、ドライバーは真っ直ぐに飛び、残り150ヤードを最近使うこともなかった7番アイアンを持った。
緊張の7番アイアンである。
なんたって、先日まで135ヤードくらいしか飛ばず、しかも右に左に行って、まるで信用…じゃない、信頼を失ってしまったクラブである。
ここは信じるしかない。
アーメン。
多少芯は外したが、それでも芯を食ったような当たりが出て見事2オンとなった。
やったね♪
久々の感覚だ。
軽く2オン2パットパーでのスタート。
これは今日は70台も狙えるかもしれない。…そう思ったのだが、落とし穴はすぐにやってきた。
2番でドライバーの芯を微妙に外し、ボールは右へと当たり損なって、それでも真ん中の木の近くまで飛んで行ってくれたのだが、これがいけない。
大木の枝だがせり出してはいるが、まあ、何とか2オンは狙えそうであるのだが、高い球はいけない。
5番ウッドで転がしも入れた方が無難そうだ。
うんうん、この感じ。この感じがそもそもシングルなのだ。
上手くいくはずだった。
打ったそのボールはまたしても右に出て、グリーンを大きく外して、グリーン横の右の斜面に。
この斜面が打ちにくくて3オンを外して、何と4オン!
2パットでダブルボギー。なんだいな。
続いての3番ショート160ヤードはピン位置が極端に右!
右か、右ね、そうそう右。でもこれは右過ぎる…と、左足をちょっと左に向け直した。
これがいけなかった。
ボールは真っ直ぐグリーン左端!
ちょこっとだけグリーンを外していたのでこれ幸いと寄せ1を狙ったのだが、寄らず入らずぼったくりの2オン2パットボギー。
なんだかリズムが合わない。
当たりは良いのに最悪な結果になってしまう。
でもまあ、微妙に足の方向を調整したあとは、もう一度目標を見るべきだったと反省。
うん、あれはいけなかった、と素直に反省して神様に謝りもしたのだが、その効果もあってか、続く4番のロングはめでたく4オン1パットパー。
ところが、ちぐはぐでも何とか収まっていたのはここまで。
5番の打ち下ろし谷底みたいなコースでは、力んでドライバーショットは右の林の中へと曲がっていった。
それでも、ここはなんとか凌いでボギー。
続くサービスホールの6番。
ドライバーはまたしても方向違いに飛び、カーンと木に当たって跳ね返って40ヤード位も戻ってフェアウェイ(笑)。
ここもなんとか凌いでボギー。
そして、今度こそ正真正銘の300ヤード位しかない7番。
慎重に打ったせいか、やっとまともに真っ直ぐに飛んで行ってくれたそのボールは、僅かにフェードがかかり、バンカーの中にスーッと。
なんだいな。
そのバンカーから、今度は木に当たって林の中。
「3連続で木か…」
ため息が出る。
でも、ここも凌ぎきってボギー。
8番165ヤードのショートは、7番ウッドで快心の当たりとなったのだが、僅かにグリーンを外して2オン2パットのボギー。
疲れる。
そんなに悪くはないのに最悪な結果となってしまう。
そして最後の最後。
9番578ヤードのロングホール。
ここでも少し力んだ分右のラフへと。
このラフがいけない。既に芝が伸びてきていて、ボールが半分隠れている。
挙げ句に逆目だ。
嫌な予感はしたのだが、578ヤードということを考えると、ここでアイアンをチョイスする選択肢はない。
で、3番ウッド。
これが見事なチョロ!最悪のバンカーで、悪戦苦闘の5オン。
やれやれ…と思ったのだが、痛恨の3パット!
はー、なんだか今日はため息がよく出るわ。
最後トリプルで、46のパット数15。
娘は、最初こそメチャクチャだったのだけど、次第によくなって49のパット数16。
70台を出すつもりで来たというのに、このザマ。
なんだかねー、今年は70台は無理のような気がしてきた。
大体、ドライバーが曲がるのは、腰が疲れていて回ってないから。
それが分かっていてどうにもならない。
頭は良いのに身体がバカで困る(笑)。
 
後半は明日に続きます。
それにしても今日は暑かった。気温は20度にまで上がり、汗をかくゴルフであった。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


なんだか松山のことが好きになってきた。
あんな意地汚さそうな顔が好きになるなんて、自分はどうかしてるとも思うのだが、まあ、自分の顔は自分で作るものだし、石川の遼君だって、勝てなくなってからは、随分と汚い顔になってきている。
多少汚い顔になってしまうのは、プロであれば当然のことなのかもしれないが(だって、青木にしろ尾崎にしろいつまでも意地汚い顔をしている)、不思議なのは、野球の長島や王といった一流どころは、いつも爽やかな清々しい、そして意地汚くではなく懸命な顔をしていた。
そろそろ、ゴルフ界にも、そう言うスーパースターが登場してくれても良いような気がするのだが。
まあ、遼君にしても松山にしても、自分で自分の顔を作っていって欲しいものだ。
さてゴルフ。
まあ、アイアンだ。
問題はアイアンが全てなのだ。
急にどうにかなるものとも思えないのだが、今日はどうにかなるような気がしてしまった。
身体の鍛え方が足りないために軸がぶれることが原因なのだ。
だったら、単純に、軸がぶれないように頑張れば良いだけのことだ。
後は初心に返って球をよく見ること。
不思議に思うかも知れないが、私は力むとボールが見えなくなるくらいバックスウィングを大きく取ってしまうクセがあるのだ。まあ、あっち向いてホイ!打法だ(笑)。
だから、アドレスからインパクトの瞬間まで今日は球をよく見ようと思う。
あとは、最近の傾向として不意に予期しない時に、バックスウィングのトップ位置で左手首がぐらつくことがある。
これも絶対止めよう、そう誓って打席に立った。
アイアンなんてこれまで素振りなんてした事もなかったのだが、今日は素振りから始めた。
まあ、3回素振りをすれば4回身体を動かしたことになる。
運動量が増すというもんだ。
持ったのは一番得意なPW。
私の持論として、一番得意なものが一番であるべき。
つまり、苦手なものは放っておく(笑)。
素振り3回をして、ようやく納得の軌道を通るようになった。
そのイメージを失わないうちに打つ!
と、これが球の強さといい高さといい方向性といい、殆ど満足な当たりとなった。
3度4度と打ち、一度も失敗することなく、「やっぱりね」という感じ。
ようやくだ。
念のため、アイアンのフェースに打点を確かめるためのシールを貼って、再度打ち込むと、打点はほぼ中心に集まった。
いや、正確にいえば、1打目は真ん中。2打目は中心より1センチくらいヒール側。
3打目はその真ん中。
まあ、つまりはズレているのである。
それが分かっただけでも収穫。
多分、昨日までは1センチのズレどころではなく2センチ以上もズレていたんだろう。
ドライバーも試してみたが、こちらは相変わらず好調だ。
とは言っても180ヤード真っ直ぐ程度。
これが200ヤードを超えるようになるためには、もう少し普段からの運動量が必要になるんだろう。
それはいきなりどうにかなるものではないのだから待つしかない。
今はとにかくアイアンだ。
原因と対処方法が分かったのだから、あとは練習で自信をつけるだけ。
自信というものはもの凄く大切なことで、本番での不安と疑問を取り除いてくれる。
まっ、遼君は本番でも不安と疑問と迷いを持ってやってるみたいだけどね。
一体誰に似たんだか、まるでアマチュアだね。
…と、アマチュアが言ってみる(笑)。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今年の初め頃に「株を買え!」と書いた。
経済学者でも何でもないが、私は経済には滅法強い。
但し、幾ら強くても確信とは行かない。
でも、ほぼ確信に近いものがあったのでその通り書いた。
確信に近いものでなければ、幾ら無責任なブログであっても「株を買え!」とまでは書けない。
私の言うことに少しでもピンと来た人は、今頃アベノミクスの恩恵を堪能していることでしょう。
さて、この株高はいつまで続くのか?
半年も経たないというのに、最早高所恐怖症気味である。
この先も上がり続けるのか?
日銀の黒田総裁が異次元の金融緩和策を打ち出して、日本の冒険の旅は決定的となった。
専門家から見れば、ここまでやるのか!本気か!と言うくらいの破滅的な金融緩和で黒田総裁のバズーカ砲とまで揶揄された。
いや、確かにね、大胆にやってくれ、とは思っていたけど、あれは次元が違いすぎる。
まかり間違うととんでもないことが待っている。
まあ、とんでもないことが起こったとしても、この先待っているのはインフレであることは確実。
目標通り2%のインフレで済めばいいのだが、オーバーシュートすることも想定しておかなければならない。
黒田総裁のバズーカ砲は、単純に言えば市中のお金の量を2倍にすると言うこと。
いきなり2倍もお金が溢れてしまえば、そのお金はどこに向かうのか?
株式マーケットであり、土地に流れる。もちろん企業にも流れるだろうが、今のところ企業はそんなに資金需要が活発でもない。企業がお金を欲するのはもう少し先。
となると、大量のお金は株式に流れ土地に流れる。
どう考えても株も土地も値上がりする他無い。
もう少し恐ろしい話をすると、株にしろ土地の値段にしろ、2%のコントロールを失ってしまったら、気が狂ったように上がり始める。
株価は2倍になり土地も2倍になる。それだけじゃない、卵の値段が1個10円から100円になり1000円になり1万円になり、1千万円になり…卵を買うためにボストンバッグいっぱいに札束を詰めて買いに行くようになる。
まあ、TVとか漫画の世界だけど、そんな事を予感する経済学者たちがアベノミクスを非難している訳だ。
でも、現実的には世界のあちらこちらで超インフレって言うのは起きていて、ヨーロッパの先進国と言われているような国でも起きていることなのだ。
何を言いたいかというと、今一億円を持っている人でも、黙っていたら卵10個分の価値になってしまうかもよ♪と言うお話し。
デフレの時代は黙っていても資産価値は上がったけど、インフレの時代は黙っていたら確実に資産は目減りしていく。
さて、前振りが長くなってしまったけど、今回は絶不調のアイアンのお話し。
去年まではいつでもパーオンを狙っていたし、狙っていけたけど、今年は狙えない。
なぜなら、アイアンがいつも通りの飛距離を飛んでくれないからである。
ショートアイアンは全て1番手落ちとなってしまった…ような気がする。
気がするというのは、あまりにもバラバラで、実際のところよく分からないのだ。
サンドが90ヤードだったのが80ヤード弱になってしまった。
AWが110ヤードだったのが100ヤード。
PWが125ヤードだったのが110ヤードだったり120ヤードだったり。
9番アイアンが135ヤードだったのが120ヤードだったり130ヤードだったり。
今となっては、去年までどうやって打っていたのかすら思い出せない。
一体何が違うのか?
言えることはフェースのど真ん中に当たってないという事。
これは、あのシャンクを連発をした時に分かった。
問題は、何故突然シャンクするようになったのか…なのだが、心当たりがない。
元々、私はボールをよく見て打ってはいない。
以前は、よく見ていて体もそれに反応した打ち方をしていたのだけど(普通誰でもそうだと思う)、だから、スウィング途中で身体の軸がずれても、芯で捉えることが出来たのだが、ここ数年は、フォームの安定を求め、結果、フォームが安定し、極端には目隠しをしても打てるようになっていた。
まあ、この辺が問題なのだろうなーと。
初心に返って、球をよく見て、目を離すことなく振ることなんだろうなーと。
とにかく、アイアンが使いこなせないようではシングルの復活はあり得ないのだと理解。
やっぱ、ゴルフはパーオンだよなー。
とは言っても、今何故ドライバーが好調なのかもさっぱり分からないし、これでドライバーが壊れたらあっさり100越えだ。あー恐ろしい。
100越えのゴルフなんて楽しくないだろうなあ。
少しは練習に行かないとね。
でも、歩きのゴルフ2連ちゃんで、体はまだ痛い。
 
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 松山のゴルフ、いいね。

顔は嫌いだけど、彼のゴルフは好きになった(笑)。
最近復活してきた片山も良いね♪
これに藤田が出てくれば文句なしだ。
さて、昨日のゴルフ。
カートがあれば…と願ったのだが、またしてもとんでもない歩きのゴルフとなった。
なんだいな、アベノミクスなんて秋田なんか関係ないだろうに、この活況はどうだ。
夢で飯は食えないぞ、と心の中はぶつぶつでいっぱい。
ぶつぶつがあろうと嘆こうと、史上最悪の2日連続の歩きのゴルフなんて生まれて初めての珍事だ。
そんな生まれも育ちもしてないつーの。
ぶつぶつ。
後半、後ろの若い連中4人組みが、贅沢にも2台のカートを使っているのを見て、上さんが、
「1台こっちに回してくれればいいのに…」
とぶつぶつ。
それを2度3度と繰り返しやがった。
うんうん、分かるゾその気持ち(笑)。
とにかく、身体は初めからズタボロ。昨日と同じくさつきコースから。
全く、予報では晴れだったはずなのに、雲が厚くどんよりとしていて、おまけに気温16度のハズだったのに寒い。
まあ、初めから文句タラタラ。
ドライバーは、例のヘッドスピードを上げる打ち方でなんの問題も無し。
問題なく飛んでくれる。
但し、アイアンがどうにもいけない状態も相変わらず。
アイアンが悪ければ、ドライバーがどんなに好調でもパーオンとはなってくれない。
まあ、つまんないゴルフだこと。
1番をやっとの思いで4オンして1パットボギー。
こんな無様なゴルフ、ちっとも楽しくない。いい加減飽きた。うんざりだ。
それでも、好調なドライバーのおかげで、2番は4オン1パットのパー。
3番ボギーで、4番のショートは絶妙の寄せ1でパー。
何故か50ヤード以内の寄せは抜群なのである。
特に、グリーン周りからの寄せは、チップインが狙えるほどの好調さ。
まあ、それしかないという意味でもあるのだが(笑)。
5番6番7番と3連続ボギーの後、8番でロングパットを決めてパー。
9番でもロングパットが決まって、奇跡的なパー。
んー、まあ、今はこんなところで喜んでるしかないのかなと。
身体がこんな状態なのに、ホントによくやるもんだと、前半は41のパット数13。
パット数は、ドライバーが飛んで、アイアンが精度が悪くてグリーン周りからの寄せ1の結果。
まあ、最後の奇跡的な2発もあったんだけどね。もしかしたら、人生初の13打かも知れない。
これはまあ、冬の間のパター練習のおかげだね。
あの時は、報われない努力もあるものだと思ったのだけど、いやはや、なんやかんや言って少しは報われているようだ。
後半はさくらコース。
元来得意なコースなのだが、今年はどうにも裏切り続けている。
そしてこの日も、前には月例組の軍団が!
イヤなんだよねーこいつら。
待っている間にも筋肉痛は酷くなって、その内歩くのも苦痛になって、腰も回らなくなって、もうどうにもならない。
おまけに、おまけにだ!
後ろからは、4人組みのカート2台が、気持ちよさソーに走ってくる!
もうイヤ!
家族3人、みんなイヤ!もうゴルフ止めたい!うんざり!途中で、マジで帰りたくなった。
前ノロノロ!後ろは爆走!
お前ら若いんだから走れ!そのカート俺に貸せ!
ん…最終ホール、とうとうトリプルの7を叩いて轟沈ね(笑)。
だって、上半身と下半身の関係が、相関関係がまるでなくなってしまうほど疲れ果てて…家に帰って、ゴルフが始まるまで爆睡。
でもまあ、GW期間中に2日連続でゴルフできた事は大満足♪
結果?トータル87のパット数30。
娘は99のパット数37。上さんはゴルフをたっぷり楽しんで、120のパット数41。
まあ、見なかった事にして頂戴。
スコアよりも、2日連続歩きのゴルフが出来た事にビックリなのだ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


松山のゴルフって凄いね。
このまま順調に伸びていって欲しいもんだわ。
一方の遼君、先日片山晋呉が言ってたけど、「ドライバーの事を話したんだけど、なんだか自分でもまだよく分かってないんだなーと言う印象を受けました」みたいな事を言ってたのを思い出した。
うん、なんだか言ってる事がコロコロ変わっていて、まあ、はっきり言って素人臭い。
プロらしくない。プロなら悩むな。一体誰が悩ませているんだ?
悩みがあるなら、世界最高のコーチでも雇ってその通りやれば良いだけの事なのに。
さて、連休である。
休んでいる。
昨日は一日いっぱいぐったらしてしまった。
娘は「一日いっぱいぐったらできるなんて最高♪」と言い、ぐったらを楽しんでいた。
そしてその内FXをやり始めて、(まあ、娘にとっては刺激のあるゲームみたいなもの)やって間もなく、「やったー、500円儲けた♪」と始まった。
「600円の儲け〜♪」
「300円の儲けで切った〜♪」
楽しそうである。
あんまり楽しそうなので見てみると、どうにも動きが小さすぎて儲けが出るような相場をしていない。
それでも、娘が600円だの300円だの言っているとムズムズしてくる。
でも、どうにも相場が小さい。
500円儲けて1万円を損するリスクがある。
でも、まあいいっか。娘と同じく最小単位の1単位でやるのなら暇つぶしくらいにはなるだろうと…ちなみに、1単位は1万ドル(98万円くらい)。普段は10倍の10単位100万ドル(980万円くらい)なのだが、娘に習って1単位で遊ぶ事にした。
こんな小さな相場で、しかも1単位で娘はキャッキャ言って喜んでいるのだが、夜中の9時頃、とんでもない事が起こった。
膠着状態の中、私が2単位、そして娘も2単位ドル買いの相場を立てていた。
買値が98円くらい。
突然!円が急騰し始めた!つまり円安に大きく振れた!
グングン上昇し、あっという間にものの1分もかからず99円!
指し値していたものはあっという間に売れ、残りのものを慌てて決済した。
「えっ!一体何があった?」
「アメリカの雇用者数の発表があったみたい。予想値を大幅に上回ったみたいよ」
幾らで売れたのかすら分からない状態だったのだが、後で計算してみると、私が1単位で8500円、娘は5500円と2500円くらいの儲けだったらしい。
私の方が儲けが大きかったのは、単純に、私が老人でもたもたしていたから、その間に相場がグングン上がってくれたからである。
老人にもたまには良い事があるものだ(笑)。
その後は、しばらく相場を張る気にもなれなかった。
儲けたから良かった物の、それはタダの運で、もしあれが逆に振れていたら、私たち親子は大損をこいていた。そして、1単位じゃなくて、普段の10単位だったらと思うとゾッとしてしまう。
でもまあ興奮した(笑)。
さて、本日は連休の2日目。当然ゴルフである。
例年の5月の連休であれば、連休中は空いているのが相場なのだが、ところがどっこい。こんな田舎の秋田にもアベノミクスは来ているらしい。
ゴルフ場は大盛況である。
何とか、トップスタートに潜り込ませて貰ったのだが、カートは最早無いという。
つまり歩きのゴルフ。
出来るのか?
こんなシーズン始めに歩き?やった事もないぞ。
そんな事言っても今日はやらなきゃいけないでしょう。
という事で、椿台CCのさつきコース7時40分頃のスタート。
今日はお天気も最悪、雨の確率70%だって言うのに、何でこんなに混んでいるのか。
まあ、後続にカートの人達が来たらすぐに譲る事にして始めたのだが、最後まで後続はやってこなかった。
さて、肝心のドライバーは、いつの間にか勝手に復調してしまったようだ(笑)。
素振りを2度3度と繰り返し、最適なヘッドスピードを確認する。
その打ち方をそのままする。
ただそれだけで、ボールはかっとんで行ってくれるようになった。
その当たりは全盛期に少し見劣りするくらいなのだから、まあ、大変な満足。
何より、最適なヘッドスピードを出しているにも関わらず一切曲がらないのだから、打っているこっちの方が不思議な気分だ。
1番で、あり得ないミスをしてしまった。
2打目の残り120ヤード弱。
当然PWなのであるが、これが大ショート!
はあ?なんで?
…よく見ると、それはAWであった。
年だな。
呆けてるんだかなんだか知らないが、今日は番手の間違いがこれを含めて3度もあったのである。
ボケ老人だ。
という事で、ドライバーのおかげでボギー、ボギーと進んで、3番4番ではご褒美の連続パーがやってきた。
と言ってもここまで。
ドライバー以外はどうしようもなく、アイアンは相変わらず芯を食った当たりにならずに1番手飛距離が狂ったまま。
カートがないのも辛く、2番が終わった時点で「もう帰りたい」と泣きが入った(笑)。
これは家族全員ね。
「普段の歩き、お散歩をサボってるよね」
「うんうん、同意」
結局、良いところなく2パー、7ボギーの43のパット数14。
上さんは驚異の65!娘は平凡な51。
上さんは、5番ロングのグリーン前のガードバンカーで6打も叩くと言う惨状。
まあ、元々バンカーが得意ではなく、粘土質のバンカーで、砂が少なく、まあ、しょうがないのかなーと。
幾ら教えても治らないし、このホールだけで14打!
この後から、彼女は「フォーティーン」と呼ばれるようになった。
後半はさくらコース。
平日と違ってティグランドは一番前。
これははっきり言ってかなり楽である(笑)。
20〜30ヤード位も違うのであるから、その分2打目が楽だ。
こうなれば今日の強烈なアゲインストもさして気にならない。
順調にパーを重ねて5パー4ボギーの40のパット数18。
パット数が多かったのは、パーオンが多かったから寄せ1というのが一個もなかった結果。
後は、素直に今の自分の実力に会わせたゴルフをした事。
例えば、8番の157ヤードのショート。
普通なら7番アイアンなのであるが、絶対的に芯を食った当たりが出ない今、選んだのは7番ウッドで軽く打つという選択。
その7番ウッドでピン2メートル。
恥ずかしいけどしょうがない。
今の実力からしたらこんなもんだ。
最後はヘロヘロ。みんな家族揃ってヘロヘロ。
とにかく運動不足。歩くのすらやっと。
よくゴルフが出来たもんだなーと思う。
こんな状態で、明日の予約も取れた。
まあ、無理矢理入れてくれた事に感謝。
でも、明日もカートはないんだとか…地獄だ。
筋肉痛で明日はゴルフになるんだろうか?
ちなみに、私のトータルが83のパット数32。
上さんが、123のパット数38。
娘が、103のパット数34。
私は多分これで、ハンディ7から一挙にシングルを陥落してハンディ10以上になるな(笑)。
まあしょうがない。実力相応のハンディになるのはやぶさかではない。
これからは、自分の年齢と相談しながらのゴルフになるんだろう。
いつかまた、シングルになれればいいかと思うんだけどね。
サヨナラだ、シングル。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】