2013年7月アーカイブ

左手の親指が火傷している。
何故火傷したかというと100円ライターのせいだ。
子供の火遊びで火災が発生したとかで、100円ライターのスイッチ部分が子供では着火できないくらいキツイものになってしまったからなのだが、これは大人でもキツイ。
余りにキツ過ぎて、どうやっても親指が火傷してしまうという次第(笑)。
着火する度に火傷するもんだから、今ではすっかり親指の皮の部分が厚くなってしまっている。それでも熱いものは熱い。
普段なら良いのだが、車の運転の時はちょっと困る。
運転しながらライターの着火部分を見つめながらという訳にもいかないので、大体はアッチチチ!という事になる。
今日は一日いっぱい運転していたので、結構火傷してしまった。
こりゃあ、そのうち、100円ライターで車の事故!なんて事でも起こらない限り、見直しなんてならないな。
大体、ガキどものせいで自動販売機では煙草やら酒やらを容易に買えなくなってしまったし、コンビニでも20才以上の証拠にってタッチパネルを触らせられるし、私なんかどこからどう見たって60才近い老人だろうに(怒)。
割り切れない不条理を感じるのは、不心得のいわば悪人がいるために、正直に真っ当に生きている人間が無理強いを迫られるというこの不条理な社会ルール。ルールを決める人間っていうのはバカなんじゃないだろうか。
さてゴルフの後半戦。
前半は4連続パーなんて言う望外の好スタートとなった。
とは言っても、以前のパーオンパーオン!なんていうゴルフではない。
実態は殆どがマグレ。
ドライバーは前回のハチャメチャゴルフの心理的影響が残っていて、打って見なきゃ分からない状態だったし。
2打目は、楽にパーオンできる距離なのに微妙に方向が合わないし、寄せのAWが良かっただけ。
そして、何と言っても最近の自信はパターだ。
つまりは、AWとパターが良いだけ。
普通、前半が38なら75くらい狙うだろうに、当人は、まるでその気なし。
至って気楽なゴルフなのだ。
ゴルフは多少というかかなり緊張感があった方が良いのだが、その緊張感がなかなか出てこない。
それと、どうやらゼクシオのボールはそんなに飛ばないことも分かってきた。
やっぱり、PHYZの方がよく飛ぶ。
ゼクシオよりもPHYZだ。以前使っていたキャスコはもっと飛ばない。
それぞれを距離にすれば、170-200-220って感じ。
飛ばないゴルフはどこかつまらない。まったく、そのゼクシオのボールを2ダースも買ってしまったというのに…アホだ。
後半のOUT1番は420ヤードもある。
松山君ならアイアン-アイアンなんだろうけど、こちらはドライバーで打っても、まだ残り200ヤードもある。
但し、そこからはずーっと下っていて、実質190とか180くらいなんだけど、ここは得意の3番ウッド。
でも届かない(泣きというか口惜しい)。
但し、3打目はSWで入るんじゃなかろうかというスーパーショット。
全く、石川遼君に見せてあげたいくらいのショートゲームで楽々パー。
2番は上りの162ヤード。
これは難しい。7番アイアンでは届かないし、7番ウッドでは突き抜ける。
私には、165ヤードのクラブがないのだ。
で、1オンならずでボギー。
3番のロングは爽快な打ち下ろしでバーディを狙いたいホール。
でもね、今日のボールはゼクシオで、快心の当たりをしたにもかかわらず、大したことないのよ。30ヤードは違っている。
それでも、3番ウッド9番アイアンとつないで見事3オン!
この9番アイアンがいけなかった。PWにすればいいものを、9番アイアンで打ったためにグリーンエッジ付近にまで行ってしまって、そこから3パットボギー!
きゃん!
何がバーディなんだか。
これでちょっと気力をなくした。
がっくんと疲れが出てきてしまった(笑)。
4番147ヤード打ち下ろし。
9番なのか8番なのか迷うところだけど、ショートはバンカーがある。
で8番アイアンで楽に振ると、これがナイスショット!
ボールは真っ直ぐにピンをめがけて…入っちまえ!と叫んだが、ピンを通り越してグリーンエッジにポンと落ちて、そのまま奥に落ちていきやがった。
ここは見事な受けグリーンで、奥に落ちたんでは、どんなに上手く打ったところで寄ることはない。で、2パットボギーね。
5番6番は素晴らしい寄せ1で連続パー。まあ、つまらん。
素晴らしい寄せは飽きた。
私は、素晴らしいパーオンが欲しいのだ。
7番に来ると、体は相当疲れてしまっている。
それでも!と気力を振り絞ってドライバーを打つと、そのボールは残り150ヤードの坂で止まっていた(笑)。
もう笑うしかない。
世が世ならば、ここは残り100ヤードだろうに。
ゼクシオというボールも悪いが、私のスウィングもボロボロだ。
なんたって、今日はとにかく背筋が痛む。
ボールを真っ直ぐに飛ばそうとフォロースルーをしっかり取って打っていたら、そろそろ背筋が悲鳴を上げ始めた。
全くヤワな体になったもんだ。
で、このサービスホールでボギーね。




8番もサービスホール。
なんたって283ヤードしかなく、しかも打ち下ろし。
世が世ならば1オンも狙えるミドルホールだ。
私はかつて、隣のグリーンに1オンしたことがある(笑)。
でも、飛ばないのよ。
残り85ヤード。ここからグリーンを外しやがった。
ハアー、ため息が出るね。
グリーンの横からAWでポンコロコロと転がしてやると…これが見事にカップインバーディ!
まっ、今更なんだけどね(笑)。もっと、早くから真面目にやれよ!と。
最後は395ヤードの比較的長いミドル。
馬の背みたいになっていて、昔は崖の下によく転がっていったものだけど、最近はそんな心配したこともない。
ドライバーは快心の当たりだったはずなのに、ボールが悪いんだかアゲインストが悪いんだか、自分のスウィングが悪いんだか、まあ、全部が悪いんでしょうけど、残りは200ヤードも残っている。
ここで得意の3番ウッドが炸裂!したにもかかわらずグリーンに届かず…3オン2パットのボギー。
結局、終わってみれば40のパット数14でトータル78のパット数29。
上さんは108-37。娘は後半巻き返して44だったのだけど、トータル101-34で残念な100超え。
ん…なんだか、夏が過ぎて涼しくならない限り無理なような気がしてきたぞ(笑)。
とにかく暑さイップスというか、体力が保たん。
年だなー。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


夜、何気にTVつけたらサッカーの日韓戦やっていて、日本が韓国に押されっぱなし。
まあ、日本の2軍だものなー。1軍と2軍はこんなにも違うのかと。
上さんが、「これってマイナーな試合なの?じゃあ、そんなに気合い入れないで見てて良いの?」
「ああ」と生返事したら、「じゃあ、マッサージしながら見よっと」
うん、まあそれでもいいだろう。
1点先取して、それでも押されっぱなしで、早速同点にされてしまって、相も変わらず押されっぱなしで、勝てば優勝。引き分けでも優勝とかなんとか言ってるけど、まあ、どうでもいいのかなーと。でも、負ければ少しムカつくしなー(笑)。
最後の最後、柿谷曜一朗と言う若手の選手が本日2度目の劇的なゴールを決めて日本の大勝利!
へぇー、こんな選手がいたのかと。今大会3ゴールで得点王なのだそうだ。
いきなり天才柿谷とか言われているし。
まあ、これで彼の代表入りは決定したようなものだろう。で、誰かが外れると。
まっ、人間いつどうなるのかなんて分からないもんだなと。
でも、彼のインタビューは良かった。とても謙虚で素晴らしかった。
で、石川遼君、ガンバレーのあとにコノヤローって言いたいくらいイライラしてきた(笑)。
まあ、一生懸命なのは分かるんだけど、もどかしいだろうなあー。
あるTV番組でも石川遼君の話題になって、ちょうど米ツアーで活躍した丸山君がゲストで出ていて、
「石川遼君の最近はなぜダメなんでしょう?」
と聞かれて、丸山君はズバリ!
「通用しないんですよ」と。
そんなー。
じゃあ、君は通用して石川君は通用しないと。
松山君は通用して石川君は通用しないと。
詳しく言うと、
「正直に言わして貰うとですね、日本では通じたけど世界では通じない。日本に来たら間違いなく今でも、前に皆さんが“強い石川遼”だと言うのと同じパフォーマンスが出来ると思う。(世界は)ただ者じゃない」
って言ってたけど、あの世界の丸山が言うんだからそうなのかもな。ついでに、松山君との比較も聞いて欲しかった。




 
さてこちらのゴルフ。
日曜日は雨の予報だったし、椿台CCは何かのゴルフ選手権があってできないと言うし、こちらの体は疲れているし、いっその事やめようかなーとも思ったけど、結局は男鹿の早朝ゴルフに行くことにした。
田舎の実家の壁を親戚の人が修復してくれたという連絡が入って、「それで、修理代は?」と尋ねると、「いやー、あなたのお父さんには随分と世話になったし、今回はいいですよ」と言う。
いやいや、それでは返ってこちらが恐縮してしまうではないか。
で、まあその御礼に行かねばと。
という事であれば、男鹿GCでのゴルフが都合がいいわけで、朝の5時スタート。
つまり、こっちからは朝の4時に自宅をスタート。
今回は、前回に懲りて入念なストレッチをして、しかも、ドライバーが曲がる対策としてフォロースルーをしっかり取るようにして第一打!
INコースからのスタートだったのだけど、ドライバーは真っ直ぐに旗の付近まで飛んでくれて一安心。
うん、ドライバーが芯に当たって真っ直ぐに飛んでさえくれれば一安心だ♪
残り140ヤードを9番アイアンで打つと、珍しく捕まりすぎてグリーンの横。
でもまあ、そこから絶妙の寄せ1でパースタート。
11番のショートも1オン2パットでパー。12番のミドルでは、ドライバーが芯に当たらず距離を残してしまって、更に2打目も方向が悪くグリーン右にいってしまったんだけど、ここから、またしても絶妙な寄せ!
コロコロと転がってピンに直接当たって20センチ!
うん、今日はなんだか寄せのAWがバツグンの感触だ。
大体、男鹿GCのフェアウェイとかの状態がバツグンに良くなっていて、とっても打ちやすいのだ。
男鹿GCはホント久しぶりだけど、芝の状態がどんどん良くなっている。
13番のミドルも2打目に僅かグリーン手前になってしまったけど、ここも絶好調のAWで寄せ1パー。
そんなに調子がいいわけでもないけど、なんと何と4連続パー!
14番15番ボギーとしてしまって(突然ドライバーが悪くなってしまった)、迎えた16番ロング。
ここはイーグルもあり得るところ。
ここで、久々のドライバー快打!フェアウェイど真ん中!
でも、行ってみると、まだ残りが170ヤード近くもあって、少しガックリ。
随分と飛ばなくなったもんだなーと。
でも、ここから7番ウッドで2オン!2パットでバーディ!
続く17番のロングはパー。
で、最終のパー3。
138ヤード。9番アイアンが快心の当たり!
ピンに真っ直ぐ!
これは大丈夫でしょう!…と思ったのだけど、アゲインスト風で失速グリーン手前にポトリ。
いやいや、まだまだ!寄せ1がある!と思ったのだけど、痛恨の2パットでボギー。
結局前半は38のパット数15。
うん、まあまあいい感じだ。楽にパーが取れているし、バーディを取べきところでもしっかりバーディを取れている。
但し、どうしたことか、上さんは53-19。娘は57-19と大苦戦。
ん…皆さんお疲れなのね。
「夏場に週2回のゴルフって無理だわ」
と娘がポツリ。
うん、私もそんな気がしてるぞ(笑)。
で、後半戦は、そのゴルフ疲れがもろに出てくるのであった。
続きは明日になります。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


「山口の5人殺人捕まったらしいよ」と娘。
「知ってるよ」と私。
「えっ、知ってるの?」
「だって、それ朝の早い時間だったはずだよ」
「何か容疑者の人、凄いイジメに遭ってたらしいよ」
「まあ、田舎はあるだろうなー」
「それがね、村八分なんてモンじゃなかったらしいよ」
「ん?」
「お前、村で一番若いんだから村の草刈り全部しろとか」
「へぇー、あり得ないな。断ればいいだろうに」
「あとね、お前退職金が出たろうから、村の人に分けろとか」
「はあー?なにそれ?意味不明だなー。えー、そんなの俺は(ネットで)見てないぞ」
「うん、これはツイッターの世界だから。リツイートっていうのが送られてきて、私も今知ったんだけどね」
全く、若い人達にはあっという間に色んな情報源が出来やがる。
で、そのリツイートとやらを見せてもらうと…まあ、以下の通りなのだが、いくら何でも理不尽なこともないのに事件が起こるはずもない。
容疑者のお姉さんは「優しい子です」と繰り返していたし、友人は村人の理不尽を言ってたし、この事件は生きて見つかったことで、また新たなことが見えてくるんだろうなー。
以下、リツイートの中身をコピー。
 
山口5人惨殺・まとめ
・容疑者は都会で左官工として働いていた。同僚からは気さくで良い人と言われている。
・両親の介護の為、山口へ戻る
・村おこしを提案したが村民に大反対される
続く
 
続き
・集落で一番若いという理由で草刈りを全部一人でさせられていた。草刈機購入費用は容疑者負担。燃料費も全部容疑者負担。草刈りの見返り(駄賃など)も何もなし。
ある日、容疑者が草刈機が草と一緒に燃やされているのを発見する。
村人が火をつけて燃やしていた。
続く
 
続き
容疑者は被害者に退職金を村人全員に配るように脅されており、断った為、胸を鋭利なもので刺された。
刑事事件となり警察もここの住民をマークするようになる。
容疑者、自治会を抜け村八分(イジメ)にあう。この頃から精神安定剤を服用し始める。
続く
 
続き
容疑者、友人から犬を貰い受け、飼い始める。2匹飼ったが一匹は事故死。
被害者が容疑者宅の敷地内で除草剤を勝手に撒く。また、近くで農薬を撒く。
容疑者「犬を殺す気か!」と怒鳴り被害者と口論になる。
被害者宅で謎のボヤ騒ぎ
容疑者が疑われる。
続く
 
続き
容疑者宅でもボヤ騒ぎ。
村人による様々な嫌がらせがエスカレートし、村人除けとして奇妙なマネキンなどを家の周囲に置いたり、悪口の詩を書いて窓に貼るなどし始める。
容疑者、警察に相談。
警察は「証拠があれば立件できる」として容疑者は監視カメラを設置
続く
 
続き
容疑者「つけびして煙よろこぶ田舎者」…つけびとは山口県で稲穂を燃やす風習の事。枯れ草を燃やす場合もそう呼ばれる。
容疑者が飼っているのは犬だが、他の糞についても容疑者の犬がしたものではと、村人に注意される。
積りに積もった恨みで、容疑者、村人を惨殺
続く
 
続き
警察は火事が収まった後、放火・殺人であることを発見し、事前に相談も受けていた事から、容疑者の仕業であるとこの時点で予測。
火事の様子を観に来ていた村人も自宅で容疑者に惨殺される。
警察は村人全員が容疑者のターゲットであると判断し、村から離れるように指示
続く
 
続き
警察は付近を封鎖。
山狩りを実施。容疑者は逃げているのではなく、村人全員を殺すまで村から離れないと予測した為
7月26日、9時、警察は森の中で半裸の容疑者を発見。「村人を殺して真実が闇の中に埋もれてしまう結末でいいのか?」と説得
警察、容疑者の身柄を確保
 
今のところ、大手メディアはこの辺のところを取り上げていないけど、週刊誌は明らかにしてくれるんだろうなー、きっと。
ところで、RBCカナディアンオープンでの初日は石川遼君と松山君の今の勢いの差がそのまま出てしまったけど、何とか2日目には石川君にも頑張ってもらって決勝戦に出て、同じステージに上がって戦って欲しいなーと、切に願っております。
何だかなー、この安心感というか安定感の違いだよな。
ちなみに、日曜日のゴルフの予約をしようとしたら、「満杯で、さくら-さくらコースになってしまいます」だと。
このクソ暑いのに?雨の予報なのに?メンバーなのにやれない?
ん…ゴルフ場だけは景気がいいみたいで。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


さて後半戦はさくらコース。
何だろうね、こんなに疲れるゴルフも珍しい。
まるで戦意は喪失してしまっている。
最近思うのだが、スポーツはやっぱり体力勝負だ。体力のあるものが圧倒的に有利だ。
男子プロの4日間競技なんて、スコア以前に完走することすら不可能だ。
もし野球選手で、「夏場はちょっと、体力が保たないので休み休みやらせて下さい」なんていたら失笑ものだ。
少年の頃は、そんな事考えもしなかった。
でも今、現実にこうやって自分がやってみると青息吐息もいいところだ。
ゴルフをやる前なんて、「ゴルフなんて老人のやるスポーツだ」くらいに思っていたのに。
戦意喪失、娘の方を見ると、娘もまるでやる気が失せてしまっている感じだ。
何がホームで70台なんだか、もう無理に決まっている(笑)。
何よりも困ったのがドライバーだ。
きっちり打とうとすればするほど左に真っ直ぐに行ってしまう。
その原因がさっぱり分からないのだが、こうも身体が自由にならないのだから、どうあがいても今日はダメって事なんだろう。
うん、諦めた♪
第一打は素直にバンカーを避けて打った。368ヤードのミドルで、残り170ヤード位なのだから、ドライバーで200くらいしか飛んでないことになる。
ここで7番ウッドを持つって言うのも随分久しぶりなのだが、その7番ウッドがはまって見事2オン。
楽々パーが取れてしまった。
あれ?上手く行くのかな?と思ったのも束の間、2番ではドライバーが180ヤードも飛ばない…ガックリ。
フェースを確かめてみると、ボール痕はヒール付近に集中している。しかも、そのボール痕が薄い。
つまりまあ、ボール痕が薄いのはヘッドスピードが無いって事だし、ヒールに集中してるって事は…なんだろうね、意味分からんけど、いつもと軌道が違うって事な訳だ。
まあ、腰の回転から腕の振りまでバラバラでメチャクチャになってるって事なんだろう。
2、3、4とボギー。特に3番のロングは情けないことに5オン1パットボギーだ。
5番ホールに行くといよいよいけない。338ヤードのサービスホールだというのに、ドライバーが150ヤード!こんなところで2打目は3番ウッド!?(普通なら9番アイアン)
その9番ウッドが大きくスライスして林の中へ…アカンわ。
もう笑うしかない状態でダブルボギー。
娘の方は、疲れ切っていていつの間にやら省エネ打法に変わっている。
ちょうど宮里藍のような打ち方で軽くバックスウィングして軽くスッコーンと打つ。
これがなかなか上手いもんで、ボールを芯で捉える事ができるらしく、好調時と大した変わりのない距離まで飛んで行く。
「その方が良いんじゃないの?」
「なんだかね。まあ、とにかく楽に打ちたいだけ」
ダボになってしまったと言うことは、最早90を切ることすら難しくなったと言うこと。
6番7番に進んでも相変わらず、ボギーオン2パットのボギー。
練習の成果もあって、パターは迫力のパットが続くのだが、マグレで入ることもない。

 
 
大体ね、笑い話のようなモンだけど、スタート前に日焼け止めクリームを顔に塗るんだけど、傑作なことに眼鏡をかけたまま塗ってしまったのだ。
つまりまあ、眼鏡はクリームで真っ白(笑)。
慌ててタオルで拭いたけど、油分が入っているため綺麗に落ちることもなく、ずーっと白く濁った感じでボーッとしている状態なのだ。
なんだか頭までボーとしてる感じなんだけどね。
8番ショート。ここでパーを取らないと本格的に90越えになってしまうんだけど、何の因果か本日のティグランドは、もう一段高いところの178ヤード…アホか。バックティと大して変わらんじゃないか。
7番ウッドで打つと…グリーン右のバンカー。
だけど今日はバンカーだけは得意…と思ったんだけど、ここで右に出て残り4メートル。
ゆるいフックラインだ。普通なら入るはずもないんだけど、ここで練習の成果が出た!
読み通りにゆるくフックしていってど真ん中からカップイン!
まあ、もう一度入れろって言われたって入りゃあしないんだけどね。
こうなると、最終9番でボギーだったら90ちょうどって事になる。
いくら疲れてたって、少しはやる気にもなろうってもんだ(笑)。
ところが、ダメな時はとことんダメなもので、「いい当たり!」と思ったその打球は160ヤード…。
娘のヤツは、省エネ打法で軽く叩いて、私のボールを50ヤードもオーバーして行きやがった。
今更、何を言ってもどうしようもないんだけどね、最後の最後のドライバーで一つ気がついたことがあった。
それは、ボールとの距離が近すぎる!って事。
それで全てが解明したような気がする。
眼鏡が白濁して、ボールが見にくい分、ちょっと前に出た。
すると、長くなった手が邪魔でこんごろがってしまって上手く腕が振れなくなってしまった。
長くなった分、ボールはフェースのヒール側に当たるようになってしまった。
まあ、そんなところだろうと、残った220ヤードを3番ウッドで打つと、これが目の覚めるような快心の一撃!
とは言っても220ヤードが3番ウッドで届くようならドライバーは要らない。
寄せ1でボギー。
めでたく90で終了〜!
まあ、喜んで良いんだか分からないけど、無事完走。
娘は99-31で、こちらもギリギリ100越えは免れた。
「ハーフ終わった時点で帰ろうかとも思ったんだけどね」
そう言うと、
「なーんだ、言ってくれればよかったのに!」
まあ、若い娘でも辛かったゴルフなら、私が辛くても当然なのだろう。
日曜日にゴルフして、火曜日にゴルフでは、夏のゴルフには少しキツイかもしれない。
ちょっと懲りた(笑)。
あと、また金のかかる話ではあるが、眼鏡を買い換えないとどうしようもないな。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


今週の天気予報を見ると、今日を除いて毎日が雨の予報だ。
来週は毎日が雨だ。
せっかくのサマーバケーションだって言うのに、若者には可哀想なこった。
で、「明日ゴルフに行きたいんだけど」と娘に言うと、
「そうね、明日行っとかないと行く日なくなるね♪」と以心伝心。
めでたく、本日はゴルフとなったのだが…朝、目覚めると体が異常に重くて辛い。
まあ、最近はいつものことなのだが、とにかくスッキリとした目覚めって事がない。
年をとったもんだ。
昨日はあんなに張り切っていたのに、朝、目覚めるとゴルフなんかちっとも行かなくて良い気分になってしまう。なんだか、最近はこのパターンが多いなあ。
去年みたいに、お昼頃になってから、おもむろに「そうだ、ゴルフに行こう♪」ってパターンがいいな。
無理矢理起きてトイレに向かうと目眩までしやがる。
ん…上さんも娘も風邪気味で、二人に近づくとそれが私に感染する。なんだか、毎日がそんな感じで、ここ3日間は上さんと別部屋で寝るようにしているくらいなのだ。
とまあ、そんな事はお構いなしにゴルフ場に向かったのだけど、車の運転がフラフラと危なかしくて、私にしては珍しく制限速度を守った安全運転。
おかげで、次々と不審そうな顔をして追い抜かれてしまった。
安全運転じゃ悪いのか!
で、本日は久々のホームコースの椿台CC。
だってなー、いくら何でもそろそろホームで75くらいのスコアは出さなきゃいけないでしょうよ。
そうは思うのだけど、いかんせん体調が悪すぎる。
つばきコースの1番ティグランドに立ってもまだフラフラしている。
おまけに暑い!
ストレッチもなんだかめんどくさいし、こんなに暑いんだったら、肉体なんて勝手にほぐれるだろうし温まるだろうよ。と、完璧に油断。
結果、ドライバーの第一打はあり得ない方向に、つまり真っ直ぐに左に飛んで行った。
そして、第2打の7番ウッドも…真ん中の木がじゃまなのでフックをかけようなんて出来もしないことを考えて、またもや真っ直ぐに左に!そして木にぶち当たってグリーン手前に。
まあ、何とも無様な始まり方だ(笑)。
こんなゴルフで70台前半なんて…一体どの口が言うんだか。我ながら呆れる。
1番をボギーとした後の2番。
なんだか目の前の大きな木を越えられそうな気がした。
実際には、木にぶち当たってアーメンなんだけど、なんだか越えそうな気がしてならないのだ。
で、ティを高くしてドライバー一閃!
すると、ボールはまたしても真っ直ぐ左に!しかもどテンプラ!
なんだか、とっても下手くそなんですけど〜。
いやいや、いくらなんだって、こうも左に行き続けた経験なんて有りはしない。
アウトサイドインになってるって事なんだろうけど、体はフラフラするし、汗はだくだくと流れるくらい暑いし、吐き気までしてくるしで、今はアウトサイドインだろうがインサイドインだろうがどうでもいい感じだ。
ましてや、どうやったら真っ直ぐに飛んでくれるだろうなんて、そんなもの俺の体に聞いてくれーって感じ。
いやね、なんだか右手が変なのだ。グルグル巻きしているって言うか、とっても右手が蛇みたいにじゃまな動きをしているのだ。
う〜ん、右手のあんた!邪魔!
で、2番もボギーね。
ちなみに、2打目も左に真っ直ぐ飛んで行きやがった(笑)。
もう、何が何だか訳が分からないんだけど、頭が大混乱している。
いや、ゴルフどころじゃないのだ。
汗は止めどもなく流れるし、2番ホール終わってパンツまでぐっしょぐっしょになってしまっている状態だ。
おまけに吐き気もする。
あれ?これって、あの熱中症で倒れた時の症状と似ている。
いや、まさかね、だってまだ2番だぞ。
じゃあ、当たったのか?(脳卒中の心配)
お袋のヤツは脳卒中になった時吐いてた形跡があったしな。
長い糖尿病生活で、私の血管はボロボロになっているだろうし…いやー、ゴルフ場で当たって倒れたくはないなー。
まあね、ジジィになると色々と心配事があるお年頃なのだ。
で、いつもの冷静沈着、思考能力バツグンの私はどこかに行っちゃっていて、ゴルフのことなんかまるで二の次になっちゃったのだ。
取り敢えず3番ショートでパーは取ったけど、そこまで。
ずーっとボギーを重ね、7番ではとうとうダボを叩き、相変わらずボールは真っ直ぐに左に飛び続け、「この右手が邪魔するんだ!」と右手の力を抜き、左手一本で打ってたら、左肩がジクジクとしだして、最後は、憐れ、ドライバーで160ヤードしか飛ばなくなってしまった(笑)。
ふと娘を見ると、娘の顔も苦痛に歪んだ顔をしている。
見たこともないほど苦しげな顔をしている。
「辛いのか?」
「辛い」
ん…夏のゴルフは辛いなー。
日曜日にあんな辛い思いしてゴルフやって、一日おいただけでまたゴルフじゃ、我々のような文系の人間には厳しすぎるんだな。
こんな日にゴルフをやれる人って言うのは、夏の甲子園を目指していた人とか、夏にマラソンやる酔狂な鉄人とか、そんな人種なんだろうな。
という事で、1パー、1ダブルボギー、残り全部ボギーで45のパット数17。
娘は49のパット数16。
ハーフ終わったところで、尻尾巻いて逃げ帰りたい心境だったのだが、なんとなくそのままさくらコースへと向かったのであった。
なんだかね、親子でさくらコースで遭難でもしそうな雰囲気だったんだけどね。
続きは明日。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


本当に疲れた。
風が無く、ただ蒸し暑いだけのゴルフがこんなにもキツイ物だったとは…。
沖縄のゴルフ以上にきつく感じられる。いやいや、単に体力が衰えたのかもしれない。
これはもう沖縄でのゴルフは死ぬ気にならないと行けるモンじゃないな(笑)。
「休憩時間が1時間半です」と言われたのなら、普通なら「え〜、長い!」と思うところだが、正直、「助かった」と思ってしまった。
それほどキツイのである。
なんだか吐き気までする。
そう、これはあの熱中症でぶっ倒れた時と同じ感覚だ。
あの時の感覚が、まざまざと蘇る。ん…なんだかね、体が覚えてしまっていて熱中症がクセになっているみたいだ。
そんな状態で食事といわれても食べる気がしない。
上さんには、「あなただけでも食べてきたら?」とは言ったのだけど、朝の7時前に朝食を摂って9時に昼食というのも無理がある。しかも、今日もバイキングだと。そりゃあ無理だ。絶対に無理だ。
しかも田舎料理だ。口にも合わない。
寝ることにした。見れば娘はとっくに寝ている。上さんも珍しく眠りに入りかけている。
あれ?これで私も寝たらスタート時間に起きられるのか?と、そんな事を思ったのだが、スーッと眠りに入ってしまった。
目覚めた時には、どうにかこうにか吐き気は収まっていた。但し、当然の事ながら筋肉痛が起こってきている。
こりゃあゴルフにならんな…とは思ったが、ストレッチする気にもなれない。
まあ、なるようになるさ…と、これはもう完走を目指すだけのゴルフを覚悟。
 
 
 
 
INコース10番へ行くと、前の組は相変わらずたらたらとやっている。
OUTでは途中で少し早くなってくれたのだが、途中でへばったらしく、最後にはまたタラタラゴルフになっていた。まあ、人間基本は元に戻るもんだ。
普段たらたらしているヤツはどこでもゴルフでも仕事でもタラタラなもんだ。
さて後半。
最早素振りするのも面倒なのだが、一応素振りすると、これが案外型にはまっている。
飛んだボールも真っ直ぐ。お〜、なかなかいいじゃないか…と思ったのだが、飛距離がガクンと落ちてしまっている。多分200ヤードも飛んでない。
なんだか、今年の春先に戻ってしまったかのような飛距離だ。
まあ、こんだけ疲れていたらしょうがないよなーと思いつつ2打目はあり得ない3番ウッド(笑)。
と、これが若干スライスでグリーン右のバンカー。
バンカーからの寄せは得意なハズなんだけど、打ってみれば砂が薄く引いているだけのバンカーでゴツン!と…。
バカなバンカーのおかげで4オン1パットのボギースタート。
11番は打ち下ろし155ヤードのショート。
7番アイアンは快心の当たりだったが、危うくオーバー寸前でピンからは遠いところに乗った。
ここから3パットのボギー。
全英じゃあねぇ、この位の距離をみんな2パットでやってたけどね。3パットするヤツは日本人くらいなモンだった。
ったく、松山君にスロープレイ罰を与えるくらいなら、3パットは立派なスロープレイで1打罰だ。4パットなら2打罰だ。
まあ、同伴競技者が一生懸命抗議してくれたらしいけど、それくらい唖然とする裁定だった。
でもまあ、プレイ時間に3時間以上もかかっていたら、松山君のみならず、全員10打罰くらいしたら良いんじゃないかと。
そうそう、常々思っているんだけど、ゴルフのプレイ料金も時間制にして、1時間30分以内なら5.000円。2時間以内10.000円。2時間半以内15.000円。3時間以内20.000円。3時間超3万円なんていかがだろう。
じゃなかったらスコア別。72未満は5.000円。82未満は8.000円。92未満は10.000円。102未満は15.000円。
それ以上は2万円でどうだ(笑)。
まあ、但し、今日のたらたらゴルフは少し有り難い。体への負担がコントロールできるから、なんとか熱中症にはならなくて済みそうだ。
 
 
 
 
12番ロング13番ミドルはパーオン2パットで連続パーが来た。
私が復活したわけではなく、距離が短いので、今日の私でもなんとか規定通りに届くのである。
14番15番はセカンドの距離が合わずにボギーオン2パットのボギー。
ん…今日はアイアンが飛ぶという先入観があったのだが、砲台グリーン、そして若干の上り、少しでもクラブ選択を間違えると手前の土手で止まってしまう。
ともかく、これほど風のないゴルフというのも珍しい。
風の影響を全く受けない自分の正味の飛距離という物を初めて味わっている。
多少風があった方がアバウトに合わせやすいのだと思い知る。
「えー、ここの距離表示ってグリーンセンターだったはずだよな」
つい愚痴が出てしまうのだが、それほど微妙に乗らないのだ(笑)。
砲台グリーンで、しかも好天続きでグリーンはメチャ硬くて、これでグリーンセンター狙いでボールが止まってくれるとは思えない。
こうなると森岳温泉36ゴルフ場っていうのはえらく難しくなるな。
16番ホールにやってきた。
「あと3つだな。無事に終わりそうだ。少し頑張るか」
「おー、頑張るよ!」
我が家の結束は固い(笑)。頑張ることにした。
ここまでパーは2つしかない。
3連続パーで80。70台を出すなら、どこかでバーディが欲しい。
果たして、16番で早速2オンしてバーディチャンスを迎えた。
距離は4メートル弱。気分は完璧松山君なんだけど…カップを舐めていって、残念ながらパー。
続くショートホールの139ヤード打ち下ろし。
得意な距離だ。
9番アイアンで完璧な当たりとなってピン真っ直ぐに飛んだ。
もの凄いバーディチャンス!と思ったのだが着いてみると、まだ4メートルもある。
ん?ここで初めて自分の飛距離が全盛期に比べて5ヤードくらい落ちていることに気がついた。
なるほどねぇ。一時、1クラブ、つまり10ヤード位も落ちてしまっていたけど、今日は完全復活じゃなくって半分復活だったのか。そりゃあ、セカンドが皆5ヤード弱狂うはずだわ(笑)。
さて、4メートルのバーディパット。絶好の上り真っ直ぐのラインである。いや、多少曲がるのかもしれないが、真っ直ぐと思うことにした。
迷いは厳禁である。
ただ、どういう訳か、今日はどこが真っ直ぐなのかが分からない日だった。まあ、体調、特に目が悪いんだろうけど、それがこの肝心のパットで出てしまった。ボールは真っ直ぐに上って、カップの1センチ左をすり抜けていってしまった。パーね。
最終18番。ここへきてのロングホールはキツイ。
「がんばんべー!」「おー!」
という掛け声の下、最後の踏ん張り。3人が3人とも、本日最高のドライバーショットとなった。
でも、2打目でまたも待たされ、リズムが無くなり…今度は3人が3人ともミスショット(笑)。
まあ、私はなんとか4オン1パットのパーに仕留めたけど、終わった時には「無事に終わったぁー…」とため息。
結果は40-40で80ちょうど。パット数は32。
上さんは53-49の102でパット数38。
娘は46-48の94でパット数30。
 
 
 
 
で、風呂に入る気力もなかったけど、帰ればもっと気力がなくなるだろうと、なんとか風呂に入って、家に帰って、それからビデオ鑑賞4話分。そして選挙に行く事になった。
私は投票はしないのだが、娘は「国民の義務じゃ。権利じゃ」と。
ネットで注文していた神戸牛が届いて、夜にはビール片手に焼き肉を食べると、もう疲れ切って不覚にもソファーの上で寝てしまっていた。
夜中に上さんに、
「全英ゴルフが始まったよ」と起こされた記憶はあるのだが、目が覚めた時には、松山君の最終日は終わっていて…ミケルソンの優勝もほぼ決まってしまっていて、熱い抱擁と潤んだまなこをしていて、タイガーが寂しくゴルフをしていた。
ん…そういえば、ミケルソンのパターは上手かった。恐れず果敢に攻めていくパターだった。
遼君のメジャーはいつも恐れながらのパターだった。外れることを想定したパターだったなーと。
比べて、松山君は自信のパットは思い切るようにして強気に打っていた。見てるこっちがヒヤヒヤするほどの強気のパット。
遼君には、あのパットを見習って欲しいもんだなーと、切に願う。
で、また寝てしまった。
なんだか、長い一日だったなーと。
 
 
 
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


しかし、人生っていうのは待ったなしで進むなー。
いやね、独り言。
 
 
 
 
ついでに意識的な独り言を(笑)。
またしても愚民どもは誰彼構わず自民党に票を入れ自民党を圧勝させちまった。
まあ、流行のように民主党に入れまくったことに比べればまだマシだろうけど、それにしたってこの国民にはバランス感覚って物は無いのだろうか。圧倒的に自民に傾いた時、そんな時こそ人で選んだっていい。
「でも、その『人』がいないのよね」
確かに。
地方には政治家までが人材に乏しい。
比べて、ワタミ(自民)のような大物が大苦戦し、夜中の3時過ぎにやっとの当確が出た。まあ、比例の順番からして厳しいことは分かってはいたが、個人的にも逆風が多かった。にしても、この人がやっていることは、まさに政治的な挑戦がライフワーク。高い志が窺える。であれば、この人の志をそんなに揶揄して喜ぶ必要も無いだろう。
この人以下のあるいは未熟な政治家志望者などごまんといるのだから一度やらせてみたらいい。
なんたって、政治家はやりたい人がやるのが一番だ。
政治家が嫌いな人もいれば好きで好きでたまらない人もいるのだ。

 
 
 
さてゴルフ。
我が家の日曜日はゴルフと決まっているのだが、いかんせん連日の全英オープンのTV観戦のためにすこぶる寝不足だ(笑)。
全英オープンは松山君の活躍もあって、それほど面白い。
もし、日中に全英オープンのTV中継があるとしたなら、間違いなくゴルフは止めてTV観戦の方を選ぶ(笑)。
7時35分。今日は森岳温泉36ゴルフ場の森岳温泉コースOUTからのスタートとなった。
前には既にクタクタゴルフの3人組がいてゆっくりなゴルフが確約されている(笑)。
さて、今日のゴルフ。
ボールに問題がある。
今日は飛ぶボールのPHYZではなく新しく大量買いしたゼクシオ10プレミアムだと言うこと。
まあ、ゼクシオ10はとにかく金色文字が入っていて美しいのだ(笑)。
PHYZの方は美しくない。姿形も美しくないが打感も好きではない。
できれば、ゼクシオ10が望み通りの活躍をしてくれれば嬉しいのだが。
そんな想いを乗せた第一打。
まあ、何とか飛んではくれた。少しPHYZに比べて飛距離が落ちるが、たいして気になるほどではないし、何よりも真っ直ぐだし、合格っていえば合格。
1番はずーっと下りのロングホールで、普通にやればパーは確実というホールなのだが、3打目、残り120ヤードをPWで打つと、これが軽くオーバー(?)。
ボギーとしてしまった。
風は無風。気温は28度にも上がっているというのに無風なのだから、息苦しいほどの暑さだ。
1番ホールを終わって、既に額から大粒の汗が出始めている。
2番ショートで待つ間、前の組のパターは随分と時間がかかる。
おい、お前らスロープレイで1打罰だ。
全くねぇ、なんだって全英の松山君のあれがスロープレイ判定なんだ?
まあ、確かに3時間以上もかかってしまったら、そりゃあスロープレイにもなるんだろうけど、そんな事言うんだったら、参加者全員がスロープレイで1打罰だ(笑)。
でもって、5オーバー以上のプレイヤーは自動的に2打罰だ。なんたって、遅いのはそういうヤツらが原因なんだからな。
でもまあ、あんな意味の分からない裁定は良くないな。
ただまあ、松山君の問題は、構えてからの時間が長すぎる。あれは印象が良くないな。
さて、長い長〜い彼らのパッティングが終わって、139ヤード下りのショートホール。
最近アイアンの飛距離が落ちているので、ここは9番アイアンを選択。
この9番アイアンの当たりが今日一日のゴルフの命運を決定づけた。
なんとオーバー!
えっ?
確か森岳のヤード表示っていうのはグリーンセンターだったよな。えっ?もしかしてグリーン手前エッジ?
いやいや、ショートは全国共通でセンターのハズ。
アイアンの飛距離が復活?でも、ここでPWでなんて打ったこと無いぞ。
真っ直ぐピンめがけて飛んで行っただけになんだかとても残念だったのである。
但し、ここはまあ、絶妙の寄せで楽々の寄せ1パー。
今日は松山君のゴルフに見せられて、気分は松山君のアイアンショット。
飛距離では敵うはずもないが、方向性とボールコントロールだったら何とかかそう松山君になれそうだ(笑)。
まあ、子供のゴーレンジャーごっこのような物であるが…ほっといてくれ(笑)。
本人は、十分その気なのだ。
風がない。
ボールは持っている飛距離のまま飛んでそれ以下にもそれ以上にもならない情けない結果が続く。
そんな中、今日はとにかくアイアンのキレがいい。
松山君張りのアイアンはビシバシと決まって2番ミドルは2オン2パットのパー。
2パットではあったが、積極果敢にバーディを狙いにいった。
これも全英の影響なのだが、迫力のあるパターが出来ている。
練習で13連続カップインの新記録!と書いたが、その翌日もいきなりの12連続カップインが決まった。
何がどうしたのか、急にパターが上手くなったのである。
何故上手くなったのか?
それは、あの松山君のスロープレイの原因となった「構えてからの時間の長さ」にある。
アイアンショットでもそうなのだが、パターでも同じ。
目標を定めて疑問を持たない。
疑問が無くなるまで腰の位置を落ち着かせる。
そして打つ。
今日はアイアンもパターもそれを心がけている。
それが功を奏して2連続のパーとなり、4番でのボギーを一つ挟んで次の3連続パーへと繋がった。
まあ、そんなに成績がよいわけでもないのだが、風が全くなく、飛距離が伸びることもない中で、まして前の組のスロープレイに心乱されることもなく、と言うゴルフの中では立派。
8番9番は連続ボギーとなった。
風が欲しい。
とにかく暑くて暑くて、汗は滝のように流れ、本当は飲み物など飲みたくもないのだが、熱中症対策のため、ガンガンとジュースを飲み、体は疲れきり、意欲を削がれ、やっとの思いでクラブハウスに辿り着いた。
いや〜、この暑さの中でのゴルフはキツイ。
休憩時間が長い1時間半と伝えられたが、心の中では「助かった」というのが本音。
なんたって吐き気までしている。
このまま、スループレイは無理だろうってくらい疲れている。
うん、本当に疲れ切ってしまったのだ。
 
後半は明日に続きます。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 昨日は全英オープンをたっぷりと見た。

こんなにもたっぷりと見たのは多分初めて?
朝日放送で夜の11時過ぎからやっていたので、その前にビデオを2本ばかり見て、さあー全英オープンだ!と。
勿論家族はそこで終了。とっとと眠りにつき、私一人だけの観戦。
まあ、物好きだね。でも、今回は日本人の参加メンバーも多いし、豪華だし、全くここに石川遼君もいたら言うことナシだったのに。
感想は…まあ、私ごときが言うことなんぞ何もないのだが、プロって言うのは凄いね。
今時のプロって言うのは、460ヤード位のパー4をアイアンで打っていって、アイアン&アイアンで2オンさせてしまうんだ。
そいつだけが特別かと思えば、松山君あたりも同じような攻め方するもんだからビックリだ。
190ヤードのショートホールは、7番アイアンだの8番アイアンだのって言うし、そりゃあまあ、HSが60くらいもあればそんな事になってしまうんだろうけど、どう考えたってさすがプロだよなー。
タイガーの肉体も凄いと思うけど、松山君の肉体も凄いわ。太股の筋肉の凄さを見た時、コイツはただのデブじゃないんだ(笑)って、本気で感心してしまう。
でもって、あのパターの上手さ。
飛ばして繊細で、その両方が噛み合って初めて一流への道が開けるんだなと実感。
なんにしても、あの一流と一緒にプレイして何ら見劣りするところがないってところが凄いね。
今後が楽しみだ。
何と言うかね、石川遼君の場合は、心配で心配で、思わず頑張れ!って感じだけど、松山君の場合は、上手くやれよーって違い。
まあ、おかげさんで今日は寝不足。日中に休みを取ろうかとも思ったが、生憎と色々あって寝不足のまんまだ。
 
 
 
 
さて、金がかかる時っていうのは一気にやってくる。
車のトランクが雨漏りしてゴルフクラブを台無しにしてしまったと先日書いたのだけど、ようやくディーラーがやってきて車を持っていったのだが、「そろそろ買い換えた方が良いんじゃないんですか?」の連発。
あんまりそういうことを言う奴じゃなかったのだが、車業界もよほど不景気なのか。
「あのね、車なんかよりも壁の補修工事の方が大事なの。補修工事で5百万円だとさ」
「えっ?そんなにかかるんですか?」
「そう思うだろ。だから、車どころじゃないのさ。車なんか乗れればいい」
そう、実際問題、こういう年になってしまえば、若い頃にあったような車に対する見栄だったり羨望のようなものは全くない。
そう、まるでないのだ。
快適でさえあれば問題なしだ。
たまにしか乗らない車に5百万円も出してられるかってーの。
金のかかる話はまだある。
ちょうど10年を境に、家のあちらこちらが壊れてくる。
屋根だったり壁だったりなのだが、電化製品も同じだ。
寝室のエアコンが壊れたのは去年。
このエアコンがおかしくて、室外機が毎年壊れる不思議。
訳分からんのだけど、取り敢えず毎年1万5千円くらい出して基盤交換をしてもらっていた。
でも、それはいくら何でもおかしいだろう。今時、エアコンなんて8万円くらいも出したら立派なものが買える。
という事で、大手家電屋さんに注文したら、取り付けにやってきた業者が、この家は取り付けが出来ないという。
まあ、複雑な造りで、私の家には一切ホースとか雨樋とかそんなものは走ってないのだ。
そうかー。しょうがない、また基盤交換に1万5千円出して使うしかないのかーと、業者に注文すると、なんと!もうその基盤は製造してないのだと言うではないか!
う〜ん、こりゃあ困った。
という事で、こうなったら最後の手段、このエアコンの元々を作ったメーカーに頼むしか方法がない。
という事で出てきた見積もりが20万円弱!
はー、たかだかエアコンごときに20万円弱とは…まあ、そういう金のかかる家を作ってしまったんだからしょうがない。
そんなこんながあって、普段は乗ってない車に乗ってお出かけすると…無事、用事を済まして、さあー帰りましょうと車を走らせると、「あれ?」「あれ?」と。
なんだか車がまるで走らない。
普通なら、思いのままにグーンと加速する車なのだが、全然加速しない。
パネルを見るとなんだか見慣れないランプが光っている。
説明書を見ると、トランスミッションの異常となっている。
トランスミッション!?
はー、これって一体幾らかかるんだ?
ちなみに、この車は5.000キロも走ってない車(笑)。
まあね、金がかかる時って言うのはこんなもんだ。
えーっと、今日はこの他にも数十万かかったし、株は午後から急落して数十万やられているし、FXもやられているし、もうー、一体何だってんだ!
まあ、車の方はディーラーの方がすぐにやって来てくれて、代車で這々の体で帰ってきたのだけど、帰ってみれば、またまた途方もない金のかかる話が…!
もう!私が一体何をした!
俺は宝くじを買うぞー!
6億円だ!
なんだって、こんな年になって、何も悪い事してないのに色々と降りかかってくるんでしょうね。
まあ、そろそろ6億円当たったっていい頃合いではあるんだけどね。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


連休の最終日の月曜日、普通ならゴルフ場は空いている。
ところが、「満杯です」と言う。
これはもう簡単に諦めた。
こちらは軽くスイスイとしたゴルフをしたい。それなのにゴルフ場は混んでいるという。
一体、今年のゴルフ事情はどうなっているのか。そんなに景気が良いとでも言うのだろうか。
そんなハズもないと思うのだが。
しょうがないので近場でいつでも出来るミニゴルフ場のテルサへ行くことにした。
なに、こっちは体が動かせればそれでいいのだ。
外へ出ると、久々に太陽がギンギンであった。
なるほどねぇー、昨日まで大雨だったものなー。週末やりたくても出来なかったのかー。
と、バッグを取りだそうとすると…なんとビックリ!バッグがびしょ濡れ!
はぁ〜!
驚いたことに、車のトランク部分が水漏れしているのである。
えっえ〜!
まあ大変。クラブのカバーもびしょ濡れ状態で、最早カビまで生えているではないか…。
いくら大雨が続いたかもしれないけど、普通雨漏りなんてするか?
まあ、起こってしまったことをいつまでも気にしてもしょうがない。気持ちを切り替えてゴルフを楽しみましょうと、私も随分と大人になったもんだ(笑)。
さてゴルフ。
御所野のテルサを舐めたらアカンのだ。
1番は142ヤードのパー3。登りだから147ヤード位ってところ。尚かつアゲインスト。
第一打は7番アイアンで上手く打ったと思ったのだが、方向性がちょっと悪く左のバンカーを大きく飛び越えてしまった。
まあね、このちょっとの方向性の悪さが、私の今年のゴルフの特徴だ。
全く、真っ直ぐにしか飛ばすことしか脳のない私が、方向性で苦しんでしまっていてはどうしようもない。
しかも、この1番グリーンって言うのは、極端な受けグリーンで、奥からではとても乗せられるもんではないのだ。
案の定、2打目オーバーで3打目でようやっと乗せた。
このグリーンはパターももの凄いことになるのだ。
上りのパットを打つと…入らないと、そのまま落ちてきてパット地点を通り過ぎてグリーン外に落ちていってしまうこともしばしばある(笑)。そんなグリーンなのだ。
まあ、言い訳がましいけど、3オン3パットのトリプル!
トリプルスタート!
さすがに、いくらミニコースでもムカつく。
これはムカついた!
で、2番からは5連続パー。
最後の3ホールはボギー、パー、ダボで35。
えーっと、テルサは36じゃなくて29なのだ。つまり6オーバー。
特筆すべきなのは、6つのパーの内、1パットパーが5コ!
つまり、気が狂ったようにパットが入りまくった。
後半戦にそのまま突入したのだが、暑くて暑くて、一気にやる気もなんにもなくなって、もうダラダラ。
ダメゴルフを楽しむことにした。
の〜んびりと、ギラギラ太陽の中、サラサラと吹く風が心地よい。でも、ちょっと頑張りすぎると倒れそうになってしまう。
頑張らずゴルフをする。
そんなゴルフだ。
なんたって、ここのミドルホールは、200ヤードちょっとしかない。頑張れば1オン、下手したらオーバーしてしまう。うん、頑張らないことだ(笑)。
う〜ん、言い訳がましいなー(笑)。
という事で後半は7オーバーの36。合計で13オーバー。きゃー。
でもまあ、いい運動になったし、家に帰って風呂入って気分も身もスッキリ。
やー、いい運動になった。
 



さて、ここからが本番。
翌日、何気にパットの練習。
久々に自宅でパターを手にしたのだが、1球目からすんなりとカップインし始め…9連続カップインだ。
勿論自己最高記録である。
まあ、上手い人なら2メートルのパットくらい当然なのかもしれないが、私にとっては史上初!
さすがに10球目ともなれば緊張するが、ここは何としてもモノにしたい。
まあ緊張する、その緊張感は実践以上だ(笑)。
そんな緊張感の中、10球目をものの見事にど真ん中から沈めた。
まあ見事!
我ながら大したもんだと感心。
一体どこまで続くのかと、そのまま続けると14球目でようやく外れてくれた(笑)。
つまり、13球連続カップインの新記録。
ん…なぜかパターが上手くなっている。
そういえばテルサでも1パットが異常に多かった。
そういえば、最近の本番でも5メートル前後なら全部狙いにいっている。
あれが上手くなる原因になっているのかな?
ちょっと、パターが楽しくなってきたのである。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


松山君が頑張っているんだから、アメリカで孤独に戦っている石川遼君にも頑張って欲しいところだが、だんだん「見守る」という気力すらなくなってくる。
せっかく石川君が3日目に5アンダーというビッグスコアを出して、トータル10アンダーにして、さて、順位はどうなったんだろうとワクワクしていたら、アメリカって国はなんて所だ!オーマイゴットだ。
10アンダーだって言うのに24位だ。
一位は3日目に9アンダーを出して19アンダーだと。
はあー、アメリカって国は凄いわ。
ゴルフの常識が違う。
と考えて、ちょっと待てよと。
もしかしたら、常識が違うのはアメリカじゃなくて石川遼君のゴルフの方じゃないのか?
なんとなく持っていた石川遼君のゴルフへの違和感。


 
 
とっても僭越なのだが、私のゴルフと比べてみよう。
好調時の私は80%くらいの確率でパーオンとなる。これはプロと比べても遜色がないようだ(私の場合はレギュラーティ)。
なのに、パープレイすら出来ない。
2打目の120〜150ヤードが下手と言うことではない。ピンはデッドに狙っていける。
それなのに2メートルが入らないのだ。
つまりバーディが来ない。
 

 

 

つまりね、石川遼君のゴルフもこれに近い物があるんじゃないかと。
デビューの頃は、チップインバーディが決まったり、ロングパットが決まったりと、パットが上手いんだなーと勝手に思っていたんだけど、これが松山君と比べると、明らかに下手!
うん、石川遼君は、今更だけど、パターが下手なんだ。
多分、素人に毛が生えた程度。
だって、どう考えてもプロになって成功する人間って言うのはパターでありアプローチの上手さだ。
その点に於いて、石川遼君は圧倒的に劣っている。
日本ならともかく、世界の一流が集まる米ツアーでは成功のしようもない。
 
去年あたりまで、石川遼君はショットに磨きをかける時間が圧倒的に多かったけど、そもそもその考えを変えて、パットとアプローチの練習時間を多く取るべきではないのか?
そして、そろそろ信じられる専属のコーチを本気で探して修正をするべき時じゃないのか?
意地を張っている場合じゃないような気がする。
頑張れ石川。
まっ、私も自己流だけどパターの練習しよう。
でもなー、素人ってのは、パターでスコアが良くなっても満足できないんだよね(笑)。
アンダーパーにでもなれば話は別なんだろうけどね。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


選挙という物に興味はないのであるが、先日、実家の壊れた壁を見に行った時、連絡をくれた親戚の人とお隣さんと私の家族3人で、どうしたものかと話をしていた時に、一台の選挙カーが声を張り上げてやってきた。
見れば民主党候補の松浦氏の選挙カーである。
私は民主党は大嫌いである…からして無視。
見れば、親戚のアンさんもお隣のアンさんも興味はなさそうである。
まあ、逆風だなーと。
逆風は、こんな田舎町にも浸透しているのかと、少し可哀想に思えた。
すると、その本人である、松浦氏が選挙カーから降りて駆け寄り「よろしくお願いします」と握手を求めてきたから、ますます困ってしまった。
いやいや、赤の他人のあなたと握手する言われもない。
でもまあ、そこは大人の対応。
「頑張って下さい」とガッチリ握手(笑)。
田舎町の更に田舎の辺鄙な所に大の大人が5人もいるのだから、これは大事にしたかったのだろう。
車が去っていっても、家から人が出てくる気配もなく、声がかかることもなく、手を振る人もなく、なんとも寂しい光景だ。
隣のアンさんがボツリと、
「この町内にまで入ってくるのは珍しいや」と。
「あ、そう。昔なら必ず来てたけどね」
「いやいや、今は見たこともねぇ。ホント、珍しい」
「まあ、過疎だしなー。誰一人家から出てきて応援しないしね。昔なら、人が出てきて応援したもんだけどな」
「そもそも人いないもの(笑)」
うん、本当に過疎だ。
途中で80才を超えるおばあちゃんが手押し車を押しながら通りかかった。
私の顔をしげしげと見て懐かしそうな顔をする。
親戚のアンさんが「○○さんだよ」と教えると、「やっぱりー」と、私の名前を覚えている。
残念ながら、私はその人の顔は覚えているが名前までは覚えていない。
まるで時が止まっているかのような田舎町だが、つい最近になって加速度を増して過疎が進むようになった。
父親が生きている時は、町はまだ元気だった。母親の生きている時も、まだかろうじて町は生きていたように思う。
それから6日後の今日。
自宅の電話が鳴って、出てみると松浦大悟氏だった。
選挙のお願いと秋田テルサに民主党の細野氏が応援でやって来るので、是非来て戴ければと言うお願いだった。
ん…逆風だなーと。
待たしても大人の対応で、「頑張って下さい。ご苦労様です」と返したが、あれ?そう言えば、自民党からは一度もこういう選挙活動は来てないなーと。
まあ、どうやろうとどんなに頑張ろうと民主党の松浦氏が勝つことはないだろうが、印象として、松浦氏は涙ぐましいほど頑張っている…ような気がする。
私の周辺では、あの民主党の世紀の大勝の時でさえ、民主党に投票した人間はいないのだけど、なんだかなー、松浦氏には頑張って欲しいような気になってしまった。
一人、他県の広島県から秋田にやってきて、これだけの奮闘。
ん…民主党じゃなきゃなー。
まっ、民主党員でも頑張っている人もいるぞって話し。
松浦氏は選挙頑張れ。
私は今仕事を頑張っている。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


あれほど激しかった目眩は、ゴルフをしたら治ってしまった。
恐らく風邪のウィルスだったのではないかと思う。
汗をドバーとかいて、汗と共にウィルスを流すことに成功したらしい(笑)。
耳鳴りはまだ若干残っている。
それにしても、あれほどウィルスに敏感だった私が、今や殆ど感じなくなってしまった。
余りにも敏感で、いちいちウィルスだぁー!と逃げ回っていたのでは滑稽である。
だから、去年あたりからウィルス慣れというか鈍感になるように、少し汚染されるようにしたのが功を奏してきたらしい。
毒には毒を以て制すと言うことなのだが、困ったことにこうもウィルスの存在が分からなくなってしまうと、いつの間にかウィルスが入り込んでしまう。危険な人とも会ってしまう。
まあ、一般人になってしまったと言うことだ。
思うに、あの時期ウィルスの存在が分かるようになったと言うのは、母親が病院のICUに運ばれて、そこではICUと言いながら、ウィルスを持った見舞客が堂々と出入りし、それどころかゴホンゴホンと咳をしてウィルスをばらまく看護師までが働いているという現実。
入院患者が、何故肺炎を患って死んでいくのかという現実がそこにはあった。
まあ、医者は知らないのだ。ウィルスの存在が分かる特異な体質の持ち主だと言っても信じやしないだろう(笑)。
そう言えば、肺炎のウィルスというのは、普通の風邪のウィルスと違って、ドロンとした重々しいものであった。
しかも、容易に伝染する能力も持っていないようだった。
まあ、自分が将来ICUに運ばれた時に、私はむざむざとウィルスに冒され肺炎になって死んでいくんだろうなーと。
まあ、誰も信じないよなこんな話。


 
 
日曜日。実家の惨状を見てきて本当に困ってしまった。
今の自分にとって、実家の土地建物、田圃、何一つ役には立たない。負担でしかない。
まあ、役にも立たない土地建物の税金を払っておくだけであれば、それほどの負担でもないのだが、そもそもそれもおかしな話だ。
役にも立たない物を持っているだけで国は税金を取りやがる。一体何の了見だ?
一体、私はどうすれば良いのだろう。
若い時は何とも思わなかったのだが、先祖代々の土地を簡単に手放して良いものか。仮にも総本家という立場。
お墓もあるし、放り投げるわけにもいくまい。
全く、長男なんか損な役割ばかりだ。
親も少しそんな長男にもう少し良くしてくれたってバチは当たらなかっただろうに。
何の得もない。損な事ばかりだ。
家はいずれ壊して更地にするしかないのだろうが、中に何が入っているのかさっぱり分からない。
おまけに、あの見たこともないご先祖様の遺影は一体どうすればいいのだろう…考えても、いや実際に考えも付かないのだが途方に暮れてしまう。
元来、そんな事真面目に考えたこともないのだ。
 
家に帰ってゴルフ中継を見た。
男の方はあんまり面白くもない。女の方はなかなか熾烈な戦いだ。
キムヤング、下村真由美、ジャンウンビ、菊地絵理香の4人が11アンダーで並んでいる。
4人とも優勝すれば初優勝だという。
下村真由美というのが目に入った。
ひょうひょうとした顔をしている。不思議な顔をしている。
気負いがない。
堂々とした体格。背も高そうだが体重もありそうだ(笑)。
デブというのではないが、下半身がいかにも重そうである。
だぶだぶのパンツをはいているのでよくは分からないのだが、ケツは大きそうだし、何よりも太股が半端無い太さだ。
それでいて案外の美形。こぎれいな顔立ちで髪型もさらっとしたショートヘア。
しかもウェイティングでぎりぎり入ったという選手。
なるほど、これは応援しないわけにはいかないなと。
大体、韓国選手は嫌いだ。自分の国で稼げ!日本が嫌いなら日本に来るな!
あれだけ騒いでおいてそれでも来られるというその神経が分からない。
なので、本音はオリンピックと同じ。日本人が勝つなら誰でもよい。
だがしかし、キムヤングが1ストロークリードした。
見事なパッティングで連続バーディ!いや、これが見事。ど真ん中からズッドーン!と勇気のパッティング。
見習いたいものだが、とても見習えるようなものではない。
面構えも良い。
日本人でああいう顔した女も多いな。日本人だと言われても見分け付かないな。
それにしても、優勝争いとは関係ないイボミという選手がよく画面に登場してうるさい。
美人だからか?うるさいよ!優勝争いしてるならともかく…いや、優勝争いしてても画面に出てくる必要はないな。
「今回の優勝はイボミさんデース。故あって、画面には一度も登場してませんが、今もモザイクかかってますが、とにかく今大会の優勝はイボミさんデース」
なんてやったら放送事故なんだろうか。私なら拍手喝采だけど、日本じゃ無理だろうなー。
韓国だったらありそうだ。
キムヤングの東洋人的な薄い顔立ちからは闘志は伝わってこないが、そのパッティングからはぎんぎんに伝わってくる。
対して下村と言えば、相変わらずひょうひょうとした顔…というか、完全にあっち向いている。
「2位で十分満足です」
と言うだけのことあるわ。
インタビューでの内容も、まるで闘志を感じないし、まだ30才のクセして妙に大人な悟りの境地だし、おい!お前もう少し頑張れ!「少し休みながらの方が体調もいいし」って、それはシード選手じゃない方が良いって事か?
まあ、そう言うことなのかもなー。
男子と違って、毎週のように試合がある女子。いくらプロだって、毎週3日間、プロアマ戦も入れたら4日間。練習日を入れたら5日間は辛いよな。移動日を入れたら6日間仕事しているようなもんだ。
そりゃあ辛いよな。
休みたくなる日もあるよな。
でもな、もう少し頑張ってくれー。
プロだって疲れるよなーって思わせる時点で、もうその選手はプロをやってちゃいけない気がするのよ。
だってなー、長嶋選手にそんな事感じたこと無いもの。
長嶋はいつもいつも元気潑溂で颯爽として少年達の憧れだったもの。
という事で、また注目選手が一人登場したのでありました。



 
もう一つ注目。
写真のゼクシオプレミアムボールを2ダース買い求めました。
多分、ニューボールが出たんでしょう。それでほぼ半額以下!
ゴルフ場の売店で売っていたのを試しに使ってみたら、これがなかなかソフトな打感で、しかもPHYZと飛距離遜色なし!
白色ボールというのが気に食わないが、文字が金色でなかなか豪華!
しばらくはこれで勝負するのだ(笑)。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


これで無事帰れる。
と思ったのだが、「お客様、森岳コースからなら9時30分スタートが出来ますが」というクラブ側の配慮を感じて、思わず「そりゃあ有り難い♪」と言ってしまった。
そりゃあやるしかないだろう(笑)。
で、30分の休憩後、森岳コ−スのOUT1番ホールに立っていた。
30分の休憩は微妙である。筋肉痛が始まりかけている。
まっ、どうでもいいか。チャッチャと終わらすに限る。
1番ホールはなだらかな打ち下ろしみたいなホールでブラインドになっている。よって、前に人がいるんだかいないんだか…よく分からないが、取り敢えず打つと、大きくスライスしてしまった。
大きくスライスして右山の斜面にぶち当たって、そこからコロコロと右ラフまで戻ってきてくれた。
ラッキー♪と2打目地点に行ってみると、ビックリ!前の組が3打目を打っているところだった。
危ない危ない。やー、スライスしたおかげで助かった。
スライスボールのおかげで助かったのであるが、実は、後半戦はずーっとこのスライスボールに祟られるのである。
取り敢えず、森岳コースのOUTの1番は確実にパーが取れるロングだ。
調子が良ければ2オンも可能だし、無理しなくても3オンは楽勝である。
という事で楽々パーオン2パットのパー。
2番ショート。
ここもレギュラーティなら163ヤードの設定なのだが、フロントティなので145ヤード。
改めて、今度元気な時はレギュラーティでやろうって気になってしまう。
そんな簡単設定なのにもかかわらず、ボギー。
ドライバーはスライス。ショートアイアンは狙いよりも少し右。
つまり、身体が回ってないって事だ。若しくは、腰が勝手にクイッと先回りしているのか。
まあ、多分どっちもだろうなー。
こうなったらもうどうしようもない。
応急処置の方法はあるが応急処置なんてしたくない。
スウィングフォームに変なクセをつけたくないのだ。
という事で右曲がりのまま続行(笑)。
3番もボギー。
いくらコースが短い設定だからといっても、こっちのドライバーはそれ以上に飛ばないんだからどうしようもない。
午前中はコースの真ん中近辺に設置してある赤旗をことごとく越えていたというのに、後半戦は人が変わったかのように、赤旗は遙か彼方にある。
まっ、いいんだけどね。
そんな状況下、4番5番と連続パー。
そりゃあたまにはパーくらい来る(笑)。
とにかく、前の組も十分に遅いけど、その前の組の4人組が特に遅い。
まあ、諦めるしかない。ここに割り込みさせてくれただけで十分感謝だ。
6番ボギー。かと思えば7番ショートでパーが来た。
あれ?ここまでパーが4つ。
という事は、もう一つ取ったら70台のスコアになるぞ。
少し助平根性が出た。
8番は490ヤードくらいのロングである。
簡単っちゃあ簡単でしょう。
でも、ドライバーは真っ直ぐに右方向で、しかもククッとスライス…。
ここからがよく思い出せない(笑)。
記憶がすっぽりと抜けてしまっている。
いや、倒れた訳じゃないんだけどね、どんなコースだったのかも思い出せないのよ。
とにかくボギーで、最終9番でパーを取って、後半戦はめでたく40のパット数15。
トータル79のパット数33で見事70台を達成(笑)。
上さんは、しっちゃかめっちゃかの109のパット数39。
娘も後半大崩れで95のパット数32。
とにかくまあ、みんなが寝不足。
曇り空で風があったのが救い。
じゃなきゃ誰かが確実に倒れてたね。
だってなー、一番若くて体力のあるはずの娘が一番消耗が激しそうだったものな。
 
 
 
 
で、この日は実家に立ち寄る必要があった。
近所の人が、家の壁が落ちていると連絡してくれたので実況見分に行く必要があったのだ。
行ってみると、確かに壁が50センチ四方くらいもの大きさでがばっと落ちている。
見ると、中の木が腐ってきている。
更によく見ると、あっちにもこっちにもヒビが入っていて、しかも塗り直して修繕した痕がある。
一体、お袋はいつの間にこんな修繕をしていたんだろうな。
いかに私が実家というものにまるで関心がなかったかの証明である。
こんなにいっぱいある壁のヒビ。
いつかといわず、近々その壁は崩れ落ちるだろう。
そろそろ決断しなきゃいけないんだろうな。
私が生きている間は、この家を残しておくべきと思っていたけど、現実はそうも言ってられない。
困った。
困った。
困った。
んー、優柔不断なヤツだ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


週2回のゴルフと決めたのだが、こうも暑い毎日が続くと、それはなかなか実現不可能なことなのだと分かる。
とにかく体力の消耗が激しい。
体育会系じゃあるまいし、週2のゴルフが必ずしも健康のためという事にはならない。
そもそも、体育会系の運動能力には呆れてしまう。
夏の炎天下、30度を超える炎天下の中で彼らは敢えてジョギングをしている。
私からすれば意味不明。
私なら確実に熱中症になって救急車で運ばれるかあの世行きだ(笑)。
そもそも基礎体力が違いすぎる。
私は歩くだけでもダラダラと汗をかくが、彼らは、この炎天下の中走ってようやく汗をかく。
子供の時に部活動とかで作った基礎体力が基本になっているのだろう。
その基本が維持されないと察知すると、彼らは走って維持しようとするのだろう。
そう言えば、夏の炎天下、球児達は何か訳の分からない掛け声を叫びつつ、毎日練習してたなー。
その時私は本を読んでいた。
まあ、本を読んで過ごした人間と運動に夢中になって過ごした人間の違いといってしまえばそれまでなのだが、この年になって思うのは、やはり文武両道の方が好ましかったのだなーと。
ま、今更。
でこの私、金曜日辺りから突然目眩をするようになった。
最初のうちは、横になるとか頭を下げるとか、何かの拍子にグラリと来たくらいだったのだが、土曜日になると、朝からふらついていた。
とにかく真っ直ぐに歩けなくて、階段を降りる時などは、降って落ちていきそうな気分になってしまう。
これは一体どうしたことか。
眼鏡をしていると歩くのも難儀なくらいふらつくので、土曜日は終日眼鏡を外して過ごした。
こうなるといくら何でも色々と余計なことを心配してしまう。
もしかして当たったのか?…アレね、脳梗塞。
ここのところ視力ががた落ちしているので失明の危機か?…まあ、いつ起こっても不思議はない。
それともFXのせいか?
3番目のFX(外為取引)は、チカチカと為替レートが変わる度に点滅するもんだから、甚だ目に悪い。
嫌いではないし儲かるので毎日でもやっても良いのだが、確実に視力が落ちていくのが厄介だ。
まあ、儲かるといっても大した儲けでもないのでしばらく止めていたのだが、ちょうど目眩が始まった日の夜から再開したのだ。
目に余り影響しないような短時間勝負の方法を思いついたので、その方法でやって2日間の連勝。
だけど、土曜日になって症状はかなり酷くなってしまった。
真っ直ぐに歩けないのだから一体何事かと思ってしまう。
それでも日曜日のゴルフの予約はした(笑)。
「できるの?」
「まあ、メチャクチャかもしれないけど、もしかしたら風邪かとも思うんだよ。最近、免疫能力を高めているせいか気がつかないんだけど、お母さん風邪引いてるでしょ?あれ、うつってても不思議ないよね」
「うん不思議ない」
「だから、ゴルフして汗いっぱい噴き出せば治るんじゃない?」
「かもー!でも、月曜日にはお医者さん行ってね」
という事で、日曜日のゴルフが決定。
場所は久々の秋田森岳温泉36ゴルフ場。スタート時間は朝の7時32分。
という事で、夜の11時には寝る準備に入ったのだが…まあ、こんな時に限って色んな問題が起こるわけで、寝たのは何と!朝の5時!
終わったぁ〜!
これはもうスコアどころの話ではない。
ゴルフをできる体じゃない。
今日のゴルフは止めたい。
いくら何でもそう思ったのだが、そこは律儀な私の事。
朝の6時にフラフラ状態で起き、勿論とっても不機嫌な顔して秋田森岳温泉36ゴルフ場に向かったのだった。
この運転が危なっかしい。
運転がフラフラなのである。まるで酔っぱらい運転。
普段は、後部座席にいる娘にシートベルトは強要することはないのだが、さすがに今日はシートベルトをさせた。
こんなんでゴルフなんて出来るのかしらん。
とにかく、史上最悪なほどやる気は全くなし。
できれば、ハーフ終了した時点で帰ってしまいたいくらいだ。
スタートは秋田コースのINスタート。
第一打のドライバー、そもそも当たるのか?そこが一番心配だったのだが、慎重に打ったせいか少しダフリが入りながらも真っ直ぐに、意外な程飛んでくれた。
あれ?そう言えば今日はストレッチしてなかったわ(笑)。
まあ、今ストレッチなんてしてしまったら、その時点でアウトになりそうな気もする。
残り135ヤード。9番アイアンで軽く打つと軽く2オン。
ファーストパットを打つと、ボールは雨で荒れたグリーンをぼこんぼこんと跳ねるようにして(笑)転がりやがった。
「何だこのグリーンは!」
まあ、いつものことといえばいつものグリーンなのだが、それにしたって、私は跳ねるようなパッティングはしてないぞ(笑)。
他の二人のパットもやはり同じく跳ね上がっていた(笑)。
もう少し短く切ってスーッと流れるようなグリーンにしてくれたら嬉しいのにな♪と。
で、早々にパー。
あれま。森岳ってこんなに簡単で良いのか?
こんな病人の死にかけジジィにこんなに簡単にパーなんて取られやがって。
まあね、ここの日曜日のティグランドは、レギュラーティでもないフロントティ設定だから、距離が短いのだ。
皆さん勘違いしないように。
本来のレギュラーティ設定にしてしまうと、秋田県一というくらい長く難しい設定になってしまうのだ。
まあ、レギュラーティでは調子のいい時はたまにやるけど、今日やったら死んでしまう(笑)。
その簡単なフロントティ設定で11番のショートでは、1オン3パットボギー!なんだいな。
ちなみに、私以外の上さんと娘は両者パー!
ふ〜ん。
12番でもボギー。
まあ、そんなもんでしょう。と思っていたら、13番ロング、14番ミドルで連続のパーオン2パットパー。
こんな状態でも、こんなに簡単にパーが来るのか…と舐めてかかったら、15番ミドル16番ロングで連続のボギーオン2パットのボギー。
ドライバーのフェースを見ると、まあ、ボール痕が右に左に上に下に…どぎゃんもこぎゃんもならんわな。
そう思っていた矢先に迎えた17番のショートは165ヤード。ちなみに、本来のレギュラーティであれば208ヤード。バックティであれば221ヤード。
まあ、いかに簡単な設定かって事なんだけど、当方にとっては、165ヤードというのはいかにも悩ましい設定だ。
ちょうどのクラブがないのである。
7番アイアンでは短いし、7番ウッドでは大きすぎる。
まあ、困ったもんだ。届かないんではしょうもないので、7番ウッドを短く持ち、尚かつティを少し高めにして打つと、まあ、何とか1オン。
これがグリーンに行ってみて驚いた。
2メートル弱。ほんの少しの切れるか切れないかのスライスライン。
狙わないわけにはいかないでしょう!
小さなスライスラインなんか「曲がる前に入れちまえ!」とばかりに強く打つと、これがど真ん中からズドン!
やっと来ましたバーディ。
他の二人もめでたくパー。
ともかく、このバーディで息を吹き返した。なんとかスコアになった。
そして迎えた最終18番ミドル。
私は気合いが入った分ビッグドライブ。
しかし、娘は奇跡のビッグドライブで、私を50ヤード以上もオーバーランする特上のビッグドライブ!
「あんな所まで飛んだの見た事ない!」っていうくらいの飛びで、残り90ヤード。
私は残り148ヤードをピン左に2オン!
娘はピン右奥に2オン!
娘が下りのバーディパットを外し、いよいよ私の番。
慎重に2.5メートルのラインを読んで…ほんの少しのスライスライン…いやいや、その前に左に曲がる丘があって、この丘の影響がどれくらいあるかだなーと、まるでプロの松山にでもなった気分で、そわーっとパット。
ボールは予想通りの転がりを見せて、そして真っ直ぐにカップに向かった。
入った!連続バーディーだ!
と、そう確信した瞬間!カップの右ヘリにくるりと…蹴られやがった。
んー!残念無念!
 
…あれ?私は一体何を夢中になってるんでしょ?
ふらついてるクセして。目眩するんでしょ?真っ直ぐにすら歩けないんでしょ?
そうだったそうだった。私は病人なのだった。しかも、睡眠時間2時間しかとってなかったのだった。
ともあれ、無事ハーフは終わった。
これで、今日はもう心残りはない。
スコアは39のパット数18。うんうん、立派なもんじゃないか。
上さんは54のパット数22。
娘は44のパット数16。
 
 
 
 
とにかく、これで無事帰れる。
終わったのが9時ちょうど。クラブハウスに帰ると、手渡された後半スタート時間が11時。
何とまあ、2時間待ち!
やっぱりね、こりゃあ帰りましょう…と思っていたその矢先!「お客様、森岳コースからなら9時30分スタートが出来ますが」との声が…!
思わず出た声が、「そりゃあ有り難い♪」(笑)。
お前アホだよね。絶対アホだよね。
アホの後半戦は明日に続きます。
 
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 後半戦は例によってさくらコース。
で、例によってさくらコースはまたしても長い設定なのである(笑)。
せっかく前半ギリギリの40で終えたのだから、ここは何としても70台に色気が出てしまうのだが、実はそんなに調子がいいわけでもない。運がいいだけとも言える。
その運だって、そんなにいいわけでもない。なんたって、バーディパットがことごとく外れる。
たまに3メートルくらいのバーディパットがポーンと来たっていいと思うのだが、どうやら私は、外れるように打っているらしい(笑)。

 
 

おまけに、何とも暑い。クソ暑い。
まるで真夏の気候で、パンツの中までぐしょぐしょ状態で歩くだけでも気持ちが悪い。
これは注意しないとまた熱中症で倒れそうだ。
いや、実は私よりも娘の方が危なそうだ。
殆どパーオンゴルフをしている私と歩調を合わせてやるには、彼女は走らなければ間に合わないのである。
カートから降りて、打ってはカートまで走ってくるのである。
これが案外キツイ。この真夏の太陽の下では相当な体力を消耗する。
「少しゆっくりやろう。走らなくて良いから。全部カートで迎えに行くよ」
娘がいくら若くたって、この暑さは危険だ。
さて、さくらコースの1番。
距離の長い設定で、しかもアゲインストと来れば、左側のバンカーを越えるのは難しい。
バンカーの右側の狭いフェアウェイを狙うしかないのだが、計算通りその狭いフェアウェイめがけて真っ直ぐに飛んでくれた。
なんだか。ドライバーがいう事をきき始めている。
体が上手く回転してくれているのだ。
残り150ヤード。7番アイアンが見事に復活の狼煙を上げて2オン!
でも、3メートル弱が僅かに外れて2パットパー。
まあ、この僅かに、と言うのがいつものこと。
これが入ったら、私はすぐにでもアンダーパーが出せてしまう。
2番でもドライバーは完全復調となったが、コース設定が長いため、2打目がショートアイアンというわけにも行かず四苦八苦。
グリーンを外してボギー。
3番ロングもドライバーは見事な当たりで、3番ウッドもよかったのだが、8番アイアンで失敗してバンカー。またしてもボギーとなってしまった。
そういえば、この3番ホールからゼクシオプレミアムというニューボールを使ったのだが、このボールがなかなか良い。
打感が柔らかくパッカーンという感じ。当たったという感触がなく、それでいて飛距離は飛ぶボールのブリヂストンのPHYZと遜色がない。
違うのは値段だけだ(笑)。
パー、ボギー、ボギーと来てしまったのでは、バーディの取れない私にしてみれば、もはや70台は不可能に近い。
しかも、4番のショートは、135ヤードのハズが155ヤードになっているし(笑)。
でも、70台がなくなって気楽になったせいか、ここで7番アイアンがスーパーショット!ピンに向かって真っ直ぐ!…でも、さすがに7番アイアンだと大きすぎてピンの上3メートル。
娘もスーパーショットでピン下2メートル。
こりゃあ、娘の方がバーディだなーと思っていたら、二人とも外してしまって両者仲良くパー。
ホントになー、たまにバーディくらい来いよ。
ちなみに、家に帰ってから、久しぶりにパターの練習をしてみたら、ボロボロ状態で真っ直ぐですら入らない状況になっていた。パターって、毎日の練習が必要なのね。
5番もパーで、6番のミドル。
ここもいつもより長い設定なのだが、力んでボールは右にフェード気味に流れてバンカー…。
そのバンカー打ちが失敗してまたしてもボギー。
なんだか、最近寄せのバンカーは上手いのだが、長い距離のバンカーは苦手になってしまった。
まあ、.この辺がショットが安定しない理由なんだろうなーと。
3パー3ボギーじゃどうしようもない。
もう、70台は完璧に諦めた。
と思ったら、7番ロングでパー。
そして8番ショートでも、175ヤードの長い設定という妨害にも負けずに見事なスーパーショットで2メートル!
きゃん♪
このバーディパットを沈めれば70台が見えてくる!
…と思ったのだけど、そんなもの来るはずもなくパー。
ラスト。
「ラストだよー♪最後だけでもガンバロー!」
娘はもう倒れそうな顔をしている。
私はここでパーなら70台だ。
ドライバーは快調に真っ直ぐだ。打った感触も良い。
娘のドライバーはもっと良くて、私のボールを50ヤード以上もオーバーラン。
落下地点に行ってみると、私のボールはフェアウェイど真ん中なのだが、まだ残り190ヤードも残っている。
「なんだいなこりゃあ。あんなに良い当たりだったのにこんな所かよ」
残り190ヤードといっても登りの190である。おまけにアゲインスト…出来るだけ近い所まで持っていって3打目にかけるしかないか…そう思って打った3番ウッドの一撃は狙い通りフェアウェイど真ん中グリーン手前!
でもね、そこからの寄せが大ショートで2パットのボギー。
終了〜〜〜〜!
後半戦は40のパット数16。
トータル80のパット数34は残念!
娘は46−46で92のパット数32。
 
 
 
 
ん…そもそも、練習もしないで70台を出そうっていう魂胆がいけないね。
倒れなかっただけでも感謝しましょう。
余談だけど、松山君、ダンロップと5年15億円(推定)の契約だってさ。
こうなると、頭が良い子供を育てるか運動に秀でた子供に育てるか迷ってくるね。
まあ、今更だけど(笑)。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


ここのところなんだか忙しくてこのブログを書いている暇もない。
猫のロビンはすったもんだの挙げ句に、ようやく我が家の一員となった。
娘は一刻も早く状況を知りたがって、わざわざ金鳥園にまで出向いたのだが、拍子抜けしたようにして帰ってきた。
「なんだかね、大人の事情が見え隠れするのよ。金鳥園さんにしてみれば、業者に返してしまった方が損はないでしょ。色々かかったお金も保証して貰えるわけだし、でも、家に売るとなると、元々仕入れた値段にお医者さん代とか飼育費とか色々乗せなきゃダメじゃない?
つまり、病気の猫でもタダって訳にはいかないのよね。そんな事情が見えるからイヤになって話すの止めてきた」
まあ、それはそうだろうと。
その翌々日に金鳥園から電話がやってきて、お医者さんに再度診てもらったところ、腎臓病の確率は五分五分だとのこと。そして、売値は半額の5万円だという。
そして、娘はそれでも欲しいという。
家族に異論はない。
その電話があったのが金曜日。
すぐにでも引き取りに行きたかったのだが、生憎と土曜日には家族3人で仙台に買い物に行く予定となっていて、日曜日に帰る予定になっていたもんだから、日曜日に引き取りにいく事になった。
日曜日と言えば、我が家はゴルフと決まっているのだが、実は、先週の草取りとゴルフの連チャンで体がガタガタ状態。1週間たっても身体の調子が悪く、とてもゴルフが出来る状態にない。
それなら、無理してゴルフをやる必要もないだろうと、3人で仙台に遊びに行く予定を立てていたのだ。
 

2013-06-29 06.34.37.jpg  
 
で、仙台。
まあ、仙台は何もかも安い。アウトレットに行って二人はしこたま服を買い。私はただ見ているだけ。私が欲しいものは何一つなく、女二人は喜々としてショッピング。
最後の最後に仙台駅のデパ地下に行って食料品を買うのが我が家の慣例なのだが、そこでも驚いた。
肉が安い!
ここぞとばかり仙台牛を買うのだが、29%引きだの15%引きだのメチャクチャお得なお値段。
それを300グラム、それも300グラム、あー、あっちも300グラムと買うのだから、店員が目を丸くしている。
魚がまた安い。特にマグロ。
秋田で買うよりはグーンとお得だ。
そしてビックリしたのが果物コーナー。
山形産の佐藤錦の桜桃が驚異的な安さで、2パックで3980円!…はあー、ネットで買うよりも安いわ。
そんなものがパカスカと売れていく。
同じような桜桃をネットで5000円くらいで買っていただけにショックでショックで、「ここで買えばよかったじゃん!」と。
口惜しいけど、特売の600円の桜桃を買ってしまった(笑)。
ついでに山形産の桃も購入。
これが不思議で、同じ4個入りの桃が、しかも同じ山形産の桃なのに、600円、1000円、1300円と値段が3種類????
「何で?」
と店員に聞くと、
「大きさですね。多少糖度も違いますけど、まあ、大体は大きさで決まりますね」と。
よーっく見ると、確かに微妙に大きさが異なるのだが、そんなに、値段ほどの差があるとは思えないのだが。
まあ、そう考えると、家がネットで買った桜桃は相当大きい。
それが値段が高い理由であったかと納得。
その他、お惣菜の種類の豊富なこと。お弁当も豊富だ。
仙台に住んでいたら、毎日の賄いなんて不要だね。毎日ここに来て買って帰れば食事の苦労なんてありはしない。私一人でも生活できそうだ。
都会は良いなーと。
おまけに、最近の仙台は美人も多い。昔は仙台ブスって言われるくらいブ細工なのが多かったけど、ここ数年はグーンと美女が増えた。まあ、都会には美女も集まるわけだ。
ちなみに、昔、仙台の街を歩く美女に声をかけて「どこの出身?」と尋ねると、大体が、「私、秋田出身です」と答えたもんだ(笑)。
で、予定を一日早めて秋田に帰ってきて、よく日曜日にはロビンを迎えに金鳥園に。
ロビンは晴れて我が家の一員となったわけだ。


2013-07-01 16.16.15.jpg
 
 
で、本日月曜日。
仙台ドライブの疲れもあるし、先週の疲れもあるけど、本日は29度の炎天下の中、椿台CCでのゴルフ。
スタートはさつきコースから。
朝一ゴルフの予約を取ったはずなのだけど、つばきコースは、ゴルフレッスンの女性二人組みが先に出てしまったというので、「そりゃあアカンだろ」と遠慮して、でも、さつきコースもお一人様が出てしまったと言うことで、ん…「でも、後続が来たらすぐに譲ると言ってました」とも言うので、取り敢えずさつきコースから。
まあね、こんなじりじりと暑い日に快速ゴルフをやってたら、また死にかけるかもしれないし、ゆっくりやりましょうかと。
まあー暑い。ストレッチする気分にもなれない。
で、いきなり強烈なフック。
フェースを見ると、ボール痕がかなり先端の方にある。ん…今日もドライバーに悩まされそうだなと。
残り200ヤードくらいも残ってしまって、のっけからのボギー。
続く2番の555ヤードのロングで、早速前の一人ゴルフのオジサンに追いついてしまった。
「ありゃま、一人で、しかも手押しカートだ。こりゃあダメだね。ゆっくりだ」
「あの人かなりのお年寄りだよ。大丈夫かなー」
「勇気あるね。俺は出来ないなー。大体ボールが見えなくなってしまうけど、熱中症で倒れたらアウトだよなー」
なんて話をしながらドライバーを打つと、今度は右!
ん…今日はアカンなーと思ってたら、前のオジサンから声がかかって、「先に行ってくれ−!」と。
これは有り難いと、先にやらせてもらうことにしたのだが、よく見ると本当にかなりの高齢。
いやはや、本当にこの炎天下で一人ゴルフなんてよくできるもんだと感心する。
まっ、ここもボギー。
ようやくパーが来たのが次の3番。
399ヤードの長い設定のミドルで、しかもアゲインストだったけど、ドライバーが久々に真っ直ぐ!
残り170ヤード弱の2打目を7番ウッドで、これも真っ直ぐにグリーンオン!楽々のパーとなった。
続く167ヤードのショートも1オン2パットのパー。
5番のロングもドライバー完全復活!3番ウッド快調で楽々3オン2パットのパーで3連続パー。
まあ、私にはバーディなんか来ないのだ(笑)。
6番370ヤードのミドルでのドライバーも快調であった。
ところが、2打目が困ってしまった。
残り距離は155ヤード位なのだが、アゲインストだし、少し登りになっているコースなので7番アイアンでは確実にショートしてしまう。かといって7番ウッドでは確実にオーバーだ。
選択したのは、7番ウッドを少し短か目に持って3クオーター気味に打つことだったのだけど、まあ、こんな時は大体が弛んだスウィングになってしまうもんだ。
案の定、ボールは大きく右に出て、隣のコースまではみ出してしまった。
挙げ句に、木の枝が左右からせり出していて、しかも下はガードバンカーで、どうにもならない。
3オンは諦めてレイアップしてようやく4オン。
そこから、滅多に決まることのない3メートルをねじ込んで何とかボギー。
うん、今日はなんだか運も良いぞ。
という事で、7番8番は連続パーオン2パットのパー。
最終9番でパーを取れれば30台だったのだけど、アゲインストの400ヤードは長くて長くて、惜しくもボギー。
結局、前半は40のパット数17。娘も案外好調で46のパット数17。
ゆっくりやったつもりだったのだけど、前半の所用時間は1時間30分ちょうど。
既に、汗びっちょりでパンツまでぐちょぐちょの状態。
今の時期からこんなに暑い日が続くなんて、今年の夏は長くなりそうだなー。
 
という事で、ぐちょぐちょゴルフの後半は明日に続きます。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】