2014年4月アーカイブ

 先日の練習でまた腰を痛めてしまった。

歩くのも辛いのだが、じっと座っていても辛い。
ん…年なんだな。
更に、夜桜に行って皆で宴会していたら、胡座をかくのもままならず、次第に腰が悪化し、カラオケ会場に席を移した頃には、左腕がブランと…いう事を聞かなくなり、一体自分の体に何が起こっているのかさっぱり分からない。
まあ、病院へ行って手術でもしない限り治らんのだろうな。
タイガーウッズはいいな。少なくとも治してくれる医者がいるだけマシだ。
秋田の医者はどうなんだろう?下手に手術して再起不能になったりして…どうにも、五十肩の一件以来、整形の医者というのは信用できないでいる。その前に、自分の体が信用ならないんだけどね。
という事で、ここ数日は老人宜しく早め早めに寝ていた。
すると、一昨日辺りから急に痛みがなくなって、昨日は全く痛みを感じなくなってしまった。
こうなったらこっちのもの(笑)。
早速練習場へと向かった。
但し、昨日は少し遠慮して、真ん中の席を外して真ん中と端っこの中間ぐらいの席。
だってなー、またシャンクが出たら恥ずかしすぎるもんね。
で、いつものようにPWから練習を始めたんだけど、5球目まではバッチリ。シャンクのシャの字も出ない。
うんうん、やっぱり体軸に注意すれば大丈夫なんだな、と思っていたら、その内、ショットが乱れ始めて…やっぱりシャンクが出やがった。
そして、一度出るともうシャンクは止まらない。
何なんだろうね、かなり重症のシャンクだ。
いやいや、当たりを見るとどう考えてもおかしい。
ネックに当たっているはずなのに、そのまま真っ直ぐに飛んでいく当たりも出始めた。
?????




改めてネック部分を見てみると、ネックの部分の真ん中にズドーンと当たって、そのまま真っ直ぐに飛ぶようにもなってしまっている(笑)。
いや、嬉しいわけがない。
体軸には注意している。そして、慎重に打った時には大丈夫だ。
少し油断した時にシャンクは出るのだが、シャンクを気にしてショットなんてしてられないだろうよ。
だってPWだよ。
目の前にグリーンがあって、そのグリーンのどこに落とそうかって計算するクラブだ。
そのクラブでシャンクの心配はしてられないでしょうよ。
試しに、9番アイアンに持ち替えると9番アイアンはバッチリでシャンクのシャの字も出ない。
???
いやいや、PWでシャンクなら9番もシャンクでしょうよ。
一体どうなってんだか意味が分からない。
こんな時、何が悪いんだか、もう一人の自分がフォームを見たらすぐに分かるだろうに、そういう意味では娘も上さんも全くアテにならない。
諦めてドライバーを振ると、こちらはバッチリ。
慣れてきたせいか、飛距離も伸びているし方向性もよくなってきている。
よーっし、もう一度PWだ。
そう思ってPWを手にしたのだが、またしても良かったのは5球目くらいまでで、その後はまたシャンクが出始めた。
なぜ?どうして?
もう、シャンクなんて気にしないで思いっきり打ちましょう!とやると、思いっきりネックの中心に当たって真っ直ぐに飛んで行きやがる(笑)。
まあ、器用なもんだなーと(笑)。
まあ、バカじゃないんだから色々と試してはみるんだけど、こんなに苦労してシャンクに取り組んだ経験はない。いや、去年の今頃も確かシャンクで苦労したような。
何となく気がついたのは、ドライバーの打ち方が変わって、その打ち方がアイアンの打ち方にも影響し始めていると言うこと。
去年までは、スムーズにダウンスウィングになっていって、ガッツンとボールを点で捉えて、その後バーンとターフを取るような豪快なスウィング…今は、それがどうにも出来ないでいる。
ガツンとダウンスウィングと思っていても、クラブがすいっと上がっていってすくい上げるようなスウィングになってしまっている。
おまけに左手リードじゃないようなー…。
まあーめんどくさいんだけど、左手リードを気をつけながらしばらく打ち込んで…と言っても、元々右手が強いんだから、おいそれと左手リードにはなってくれない。
左手リードって言うのは、やっぱり練習の賜なんですね。
但し、左手リードを心がけても、やっぱりシャンクは出る。
もうお手上げ状態。
…何故だ。
…もっと考える。気分転換にパター練習なんぞしてみる(笑)。
結論が出た。
ダウンスウィングが出来てないと意識するあまり、フォロースルーのタイミングが遅れすぎていて、クラブが体からどんどん離れて行ってしまって、それでネック部分にボールが来てしまっている。
うん、フォロースルーをちゃんと取ろう!
で、解決ね。
シャンクはピタリとなくなった。
まあ、美しいフォームには、ちゃんとした理由があるって事なんですね。
未だに釈然とはしてないんだけど(笑)。
さて、今日はお花見めぐりに上さんと二人行ってきました。
歩き過ぎて疲れた。

DSC_3688.jpg

DSC_3784.jpg
最初のは天王グリーンランドのタワーの最上階から撮った風景。
2枚目は大潟村の桜と菜の花ロード。
黄色い菜の花と薄ピンク色のさくらの見事なコントラストが延々と11キロも続く。
途中で秋田名物のババヘラアイスを買い求めたところ、そのおばさんが、
「こんただごどあるもんだが。人が来て人が来て、朝からアイス作りっぱなしで座る暇もね。あど、腰いだくていだくて、持ってきたおやつ食べる暇もね」
と言うので大笑い。
「商売繁盛で良かったですね♪」
とは言ったのだが、まあ、いくら儲けたところでおばさんにはあまり関係ないんだろうなーと。
でも、商売繁盛はとても良いことだ。
そう言えば、天王グリーンランドのたこ焼きやさんも「売れて売れて売れまくって嬉しい悲鳴だ」って言ってた。
世間ではもうGWは佳境なんだね。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


眠りに入って1時間もしない頃、夢にうなされて目が覚めた。
叫び声を上げようにも声が出ない。
やあー、恐ろしい夢だった。
過疎の村に帰った私が、ある老人の死を目撃する。
知らせに入ったそこの家には、他にも子供の死体が2体あった。
その死体に気づかないふりをして逃げようとしたのだが、彼女はなかなか逃がしてくれない。
そして、やがて彼女は鉈を振りかざして私を襲ってきた。
と言うところで声にならない悲鳴となったわけであるが、酔狂にも、その夢の続きが見たくなった。


 

で、その夢の続きを見ようとしてまた眠りに入ったのであるが…。
実家に逃げ帰った私は、夜に入って、その家の奥さんと会社から帰ったその旦那二人の襲撃を受ける。
そして驚いたことに人数は増え、もう一軒お隣の家族までもがその仲間に加わって襲いかかってきた。
万事休す、村の駐在さんに助けを求めて電話すると、今度は、その駐在さんまでが襲いかかってくるという按配だ。
そして、窓から村の夜景を見ると村のあちらこちらから松明の灯りが蠢いて、私の家めがけて押し寄せてくる…と言うところでまた目が覚めた(笑)。
えっと、人の夢の話を聞くことほどつまんないことはない。
そんな事は分かっている。分かっているけど、妙にマンガチックにリアルで、しかも殺人の目的が、口減らしのための村ぐるみの間引きとなれば、妙に現代的でもある。
ん…母親の3回忌をまだやっていないことの心の引っかかりなんだろうなー。
本来3月にやるべきだったのを、4月に延ばし、それも出来そうになく5月になろうとしている事への悔やみなんでしょうね。
 
そんな事とは別に、今日は夜桜に出掛けることにした。
食料品を買えるだけ買ってワインも買って飲めや歌え…歌いはしないけど、とにかく楽しむつもり。
人生そう長い訳でもないから、楽しめる時に楽しもうという魂胆である。
長いこと、随分とストイックな生き方をしてきたのだけど、還暦を過ぎて、そんな生き方も飽き飽きしてきた。
これからは楽しめる時に楽しんでいこうと思っている。
 

 



ゴルフは?ん…ゴルフしか楽しみがないって言うのも何だかなー。
かといって、他に何も思い浮かばないのがちょっと残念だ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昔々、小国日本に占領されていたという事実は耐え難い屈辱のようで、千年続いたところで忘れる事も許すこともできないらしい。
それならそれでどうでもいいじゃないか。縁を絶ちきればいい。助けてやる必要もないし助けてもらう必要もない。うん、国交断絶でもすればいいじゃないかと。
端から、いないもんだと思えば楽だと思うのだが。
人間関係に置き換えれば、誰だってそうするだろうに。
オバマさんが昨夜やって来た。
ん−、この人が大統領になってからというもの、つくづくアメリカ合衆国も権威がなくなってきたもんだ。
かつて、日本がGNP世界第2位になった時は、ガンガン日本を責めて叩きつぶそうとしたクセに、中国という歴然とした大国相手では何も出来やしない。大体、今や世界2位の経済大国になった中国が一人固定相場制みたいな事をやっているのっておかしくないか。一つ理不尽を許せば、かの国は、うちは大国だから、やっぱり大国なんだからと、次々と理不尽を突きつけてくる。
中国がそれを許されるのなら、プーチンだって、じゃあオイラも!って事になるのは、彼にしてみれば当然のことなのかも知れない。
まっ、政治家でもないんでどうでもいいんだけどね。小人がごちゃごちゃ言ったところで、何の影響もない。残念ながら。
でも、限定の国交断絶は有りだと思うんだけどね。そもそも鎖国をしていた国なんだから、そう言う発想は普通に沸いてくる。



 
さて、体が痛い。
森岳のゴルフ場は想像以上にきつかったようで、4日経った今でも体のあちらこちらが痛む。
まだ、ゴルフをやる体ができてないのだ。
ゴルフをやれる体ができてないのに、いっぱしのゴルフのようなスウィングをしているから、体のあちらこちらの筋肉が悲鳴を上げている。
一番キツイのが右腰を中心とした上半身と下半身のつっぱり感を伴った痛み。
元々右腰は悪かったのだが、神経を伴った痛みで対処の方法も分からない。
タイガーウッズは腰の痛みで手術をしたと言うけど、私の場合も手術でもしなければ治らないような気がする。
なんたって、ここ数年胡座もかけないような状況なのだ。
ヘルニアか?
その辺の知識がまるでないのだから困ってしまう。
朝起きると辛いのよ。
そんな中、ゴルフの練習に行くんだから酔狂だ。
簡単に3〜40球打って帰るつもりだったのだが…スッパーン、スッパーン!と5球目くらいまでは、狙った通りの所に美しい曲線を描いて飛んで行ってくれた。
うんうん、この間の最後がこんな感じだった。
良いゴルフじゃないか♪
とご満悦だったのだが、6球目に、突然のシャンク!
嫌なシャンクが出たもんだ。治ったはずだったのに…。
そうか、疲れでまた体軸がぶれたんだな。
そう思ったのだが、体軸に注意して打ったハズの次の打球もまたしてもシャンク!
…こうなるといけない。不安がド〜ン!と押し寄せてくる。




その後も良い当たりとシャンクが交互にやってくる有様。
最早、疑心暗鬼で、3球くらい良い当たりが続いても安心なんか出来やしない。
シャンクは確実にどこかでやって来るのだ。
まあー、練習場のど真ん中で、堂々とシャンクするんだから、何とも恥ずかしいヤツだ(私の事)。
おまけに、よせばいいのに、何でシャンクになるのか、意識的にシャンクを打ってみたりする。
成る程なるほどと納得して打つと、次は良い当たり。でも、2〜3球後には、またシャンクがやってくる。
原因は全て一緒。ネック部分に当たっている。
つまり、スウィング中に体軸がぶれて前に倒れて行っていると言うこと。
つまり、下半身に比べて上半身の方が先に体ができてしまっているから、下半身が上半身のパワーを支え切れていない。
まあ、そう言うことなんだけど、だからどうしろと?
走れとでも?
心臓病の私にそれは出来ない。
まあ、お散歩するしかないんですね。
にしても、練習場で私のような形でシャンクする人ってあまり見た事ないだけに、恥ずかしいったらありゃしない。
まあ、他人が見ても意味分からないだろうなー。
なので、練習に行くにも恥との戦いになってしまった(笑)。
本当に恥ずかしいんだから。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 お天気の良い日が続くもんだ。
おかげで下界はもう桜が咲いているそうな。
(私の住処が少し山の上にあるので、悔し紛れに秋田市の中心部を下界と呼んでいる)
庭には白モクレンがようやく満開となった。

securedownload.jpeg
 
これは去年新しく入れたヤツ。3年前に入れた白モクレンは今年も花を咲かせそうにないのだから呆れる。

securedownload-1.jpeg
 
まあ、業者の能力の違いは明らか。
花を咲かせない白モクレンの方は、他の3本の岩ツツジとのセットで10万円。
一方、咲いた白モクレンの方は、記憶も定かではないが1万5千円くらいだったか。
まあ、金額の問題じゃないって事で。
先日のゴルフの後、実家へ寄り、その後ブルーメッセとかいう草花が充実している道の駅に寄って、また色んな草花や木を見て回ったのだけど、見ていれば欲しくなってしまう。
「お〜、これは立派だな〜。樹齢100年以上だってよ」
「却下。もう置く所無いよ」
確かに。毎年色々と買い足していて、庭の形が壊れかかっている。

securedownload-3.jpeg
 
さてゴルフ。
一番ホールは自信に満ち満ちていて溢れかえるようであったが、2番の142ヤードのショートホールの失敗で、その自信は木っ端微塵に吹き飛んでしまった。
失敗すると、色々と考え込んでしまうのが私の欠陥。
元々運動神経0人間なのだから、失敗する理由なんかいくらでもあるだろうに、加えて、ここ数年は体力の衰退という老人特有の問題が出てきてしまった。
こうなると、運動神経の問題なのか、体力の問題なのか、はたまた頭の問題なのか、まあ、パズルのような難問になってしまう。
体は、最早筋肉痛で思うように動かない。
その状態のまま、3番ホール384ヤードのティグランドへ。
ん?ドライバーってどうやって振るんだっけ?
なんだか、体がいう事を聞きそうもない。
で、そのまま打つとボールは真っ直ぐ右へ!
これが余計なことにバカ当たり(笑)。
確かに芯を食った感触がある。
何で右だ?手を返さなかったからか?ローテーションってヤツを忘れたか?
単純な失敗なのに色々と難しく考えたがるのも悪いクセ。
右へ行ったボールは林の中へと入り、そこは出すだけとなり、ようやっと3オン。
そこから動揺があったのか、本日初の3パットで、本日初のダボ。
こうなるともういけない。
心の中は不安だらけ。
あんな確信的な自信が何であったのか意味が分からない。
今は、そんなもの木っ端微塵。
あるのは不安ばかり。
手を返す?いやいや、手じゃない。腕を返すんだ。
それも大っぴらに返すんじゃなくて、気持ちさわりと返してやるだけでこのフックフェイスは応えてくれるんだ。
この辺は確実に練習不足で、その「さわり」の程度が分からない(笑)。
4番のミドルで、今度は少し左目に行ってしまった。
まあ、そんなもんだ。
という事で苦しみつつ4番5番をボギー。
まあ、ボギーでいいのならなんとかなるわさ。
多くを望まず、慎ましく慎ましく。
と思いつつ頭の中は葛藤だらけ(笑)。
状況が一変したのは娘の一言。
「服脱ぐわ。暑い!汗かいてきた」
「あっ、そう言えばそうだな。俺も脱ごう」
と言ってウィンドブレーカーを脱いだ6番360ヤードのミドルホール。
ドライバーは久々の快打!…と言うよりも本日一の当たり!赤旗を越えた!
そうだったそうだった。
私はウィンドブレーカーを着てのゴルフはダメだったんだ。
何というか、グネグネしたウィンドブレーカーのラインが肩や腕の風景を見えなくしてしまうのだ。
上着を脱いだおかげで、左腕が後方にしなやかに伸び、肩口からボールがクッキリと見え、それらが見えることが私のフォームチェックになるのだった。
2打目、135ヤード。
アゲインストなのだがここは9番アイアン。
これもバッチリの当たりだったのだが、風に押された分、砲台グリーンに届かずグリーン手前に落ちた。
でもまあ、良い当たり。満足満足♪
ここは寄せ1で久々のパー。
7番ショートは165ヤード。
本日初の5番ウッドで打つと、これまた大当たりで、軽くグリーンオーバー。
まあ、グリーンからこぼれようとなんだろうと、当たりが良いのは気持ちいい♪
ボギー。
そして迎えた8番のロング493ヤード。
ドライバーは完全復活!
ドライバー快打!赤旗の横!3番ウッドも快打!
3打目は残り125ヤードをピッチングなのだが、ここも寸足らずで乗らず…なんだかなー、今日は本当に乗らない日だ。
4オン2パットボギー。
まあ、ゴルフがいいので気にもならない。
気分は上々なのだ。
最終9番は401ヤードのミドル。
「401ヤードは長いなー。えっ?ここ本当に401もあるの?」
「あそこの左ドックを越えたらすぐにグリーンが見えるよ」
いやいや、それは女子のティから打てばそうでしょうけど。
どこに打てば良いんだかイマイチ呑み込めない。
この最終ホール、完全に記憶を無くしている。…まあ、老人性ボケの始まり?
取り敢えず打って、2打目も快打でグリーンそばで寄せ1パー。
まあ、こんなもんでしょう。
ゴルフに確信が持てれりゃあ、何やったって上手くいくもんだ。
という事で、後半戦は途中失速で43のパット数15。
トータル83のパット数29。
そう言えば、今日はヤケにパットが入ったような。
上さんは、102のパット数36で立派。
娘が95のパット数31はイマイチ。
感想、とにかく疲れた。森岳はアップダウンが激しいのでとにかく疲れる。
特に、カートを降りて坂を下り、打ってまた坂を上ってカートに辿り着く。
この繰り返しが疲れる。
まあ、いい運動になると言えばいい運動なんだけどね。
とにかく、日曜日は上さんのためのゴルフ。頑張るのだ。
ちなみに、3日も経ったのに未だに筋肉痛で体がキツイ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


あのね安倍さん。
円安になって国力は増したと思うよ。でもね、地方の経済は大変なのよ。
構造が変わってしまって、個人の力じゃどう仕様もないくらい落ち込んでいるのよ。
昔の竹下登元首相がやった「ふるさと創生一億円事業」の時は活気があったなぁ。あの活気がまた欲しいね。
最も、あの頃は1988〜1989年の政策事業だから、バブル真っ盛りの頃。何をやっても活気があったか。
個人的に今年は節約モード。
月々のゴルフ代も家族3人となると大変だ。痛い!出来るだけ安いところが良い。
大体、今年はなんだか金のかかることばかり。
家の外壁を直すのに3百万円だと!ハア〜、そんなの聞いてないし。
外壁の補修は大体10年に一度くらいは必要だそうで、その度に3百万円もかかるのか?
結論。そうなんだって(笑)。
しかも、車の買い換え時期ときている。
消費税前に買い換えてしまおうかという魂胆で、珍しく車のディーラーへ足も運んだんだけど、先ずはレクサス店へ。
あれ?なんだか小さいぞ。コンパクトとも言うんだろうけど、いやいや、これは小さいだろう。
大体、うちはゴルフバッグが3つ入らなきゃいけないんだけど、まあ、入ることは入るだろうけど、こりゃあ余裕無いぞ。
今の車がそんなに余裕ある訳じゃないので、私のゴルフバッグは大きいのに買い換えできない事情があるのだ。
もっと大きい車が欲しい。
その車の選定ですったもんだがあって、まあ、えらく揉めたのだ。
娘が、「みんな高いね。今と同じ車で良いんじゃない」と言い出し、それに反応して私が、「じゃあ、車いらない。もういらない!」となって、すったもんだ。
で、結局は一番買いたくなかったクラウンに決定。
ホント、この車は好きじゃないんだけど、一番用途に叶っている。
で、大体6百万円ね。
で、娘もエコカーが良いよなーって話になって、そっちが約2百万円強。
何だって、こんな不景気なご時世に11百万円もの出費の話になるんだか。
アホだ。
それにプラスして、金のかかる話ならまだまだある。
母親の3回忌が終わったら、実家の家は片付けなきゃいけないだろう。そろそろ限界だ。
それって一体幾らくらいかかるんだ?…想像もつかない。
なんだいこれ?
アホだ!
やめだ止め!
みんな止め!車も止め!車なんて買うもんか!
という事で、231.000円のマジェスティ プレステジオ ジ・エイスドライバーになった訳なのだ。
まっ、車に比べたら安いもんだ(笑)。
このクラブのおかげでスッキリした。
車なんかもういらない。
それにもう一つ。これからのゴルフは老人ゴルフで結構だ。
 

 

 

さて、ゴルフはいよいよ後半戦。
森岳温泉コースのアウトに行くと、前に2組いる。
その一組目が4人なんだけど、なんだかコンペ風で妙によそよそしい。そして慎重。つまり、遅い。
まあ、それもしょうがない。なんたってスルーさせてもらえただけで2時間30分も時間を得しているのだから。
そうは思うのだが、その4人組みの3人目。ヤケに若い男性なのだが、その子が、先ずコースに一礼。そしてメンバーの方々に一礼。
…まあ、なんて礼儀正しいんでしょ。
そんな事より早く打って欲しいんだけど。
まあ、とにかくこの4人はゆったりとティグランドを後にしていった。
そして、我々の直前のメンバーが男子3人。
若いのが2人とおじいさんが一人。この3人もよそよそしいのだが、そのスウィングを見ると、3人とも明らかに素人。
見ているだけで病気がうつりそうなスウィングだ。
まっ、気にしない気にしない。
ようやく、我々がスタートできたのは、待つこと20分。
ティグランドで、何となく確信があった。
このドライバーは飛ぶ。しかも真っ直ぐだ。
その弾道がはっきりと想像できた。
打とうと思ったのだが、前の傾斜の所に前の組の頭が見えたので一旦仕切り直しをした。
頭でも直撃したらヤだもんね。
果たして、仕切り直し後の一打は快心の当たりとなった。
そして2打目の3番ウッド。なんだかロングホールだというのに届きそうな気がする。…まさかね。
ここでも、前の組がグリーン付近に集まるのを確認してからのショット。
これがまたまた快心の一撃!
残り80ヤード!
ここは楽々3オン2パットのパー。上さんも娘も良いゴルフで両者ボギースタート。
2番ホールへ行くと、前の前の組がまだパターをやっている。
そう言えば、前のホールでもパットが長くて、なかなか2打目が打てなかったんだ。
長いなー。
前の組も相変わらず下手くそだし。
「ありゃりゃ、あの人ティショットのクラブでそのままバンカーへ行ってるぞ」
「そんなに慌てないでもクラブくらい選べばいいのに」
「まあ、クラブを気にする腕でもないんでしょう」
なんて、腹も立たないのだが、それにしたって待たされすぎだ。
「コースに来ること自体が間違っている」
「昔はね、3人の合計ハンデが、70以下とか言う縛りもあったんだけどね」
まあ、でもね、そんな事言ってると若い人は誰もゴルフをやらなくなってしまう。




ようやく我々の番がやってきた。
体力のある若い時ならともかく、今は…待たされている間に筋肉が硬直して、筋肉痛が起こってしまって、体が思うように動かなくなってしまっている。
142ヤードのショートホール。
上半身と下半身の回転が合わなくなって…ボールはグリーン右のバンカー。
何とかボギーにはしたものの、スコア以上に痛かったのは、8番アイアンが使える自信がなくなってしまったこと。この森岳で8番アイアンが使えなくなるのは致命的に痛い。
上さんもボギー。1オンを果たした娘は、あっさりとバーディ。
体の回転が合わないというのは致命的な不安要素だ。
一気に不安が押し寄せてきた。
1番ホールでの確信的な自信は木っ端微塵に吹き飛んでしまった。
3番384ヤードのミドル。
一体どうやってドライバーを打てば良いのか?
迷いが始まった。
明日に続きます。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


アベノミクスで、世間は好景気に沸いているような話だけど、それは円安効果で潤っている輸出企業だけの話で、ここ秋田は一切関係ないようである。
それどころか、震災から3年経ってじわじわと厳しさが増してきたような。
私自身もここ数年は、老骨に鞭打ってよく働くようになった。
昨日はたまたま実家のある田舎に寄って、今は誰も住んでいない実家を見てきたけれど、実はもの凄く心配していた。
本当を言うと心配で心配でしょうがなかったのである。
冬の厳しさで水道管が破裂して家の中を水がジャバジャバしてるんじゃないかとか、家の中を獣たちが走り回っているんじゃないかとか(笑)。
まあ、実際はそれほど酷い状況でもなく少し安心したのだが、田舎の町は以前にも増してさびれていっているようだった。
人っ子一人歩いていない。いたとしても老人だけなのだが、その老人さえ見ることはなかった。
ん…秋田は厳しいなぁ。急激に過疎が侵食している。
そんな中、ゴルフ場は活況なのだから恐れ入る。
椿台CCの予約を入れると、カートが既に予約で埋まっているという。
この時期に?
という事で、急遽秋田森岳温泉36ゴルフ場に予約を取った。
まあ、やらなくても良いんだけどね。上さんの体調が…最近急激に老化が激しくなってきて、なんだかこのままでは私より先に逝ってしまいそうで不安なのだ。
いやいや、それは困る。
逝くなら私の方が先でなければ困る。
私は私の面倒を見る能力はない。

 

 

という事で、日曜日は上さんのための運動ゴルフ。
朝の7時40分の朝一スタート。
森岳温泉コースのインからのスタートとなった。
若干不安。
何が不安って、それはドライバーがどうなのかって事に尽きるんだけど、2日前に練習した時は、調子がよかった。
ますます良くなったと言うほどで、真っ直ぐにしか飛ばない(笑)。しかも、途中で見えなくなってしまうほどの飛距離。…これは、単に視力が悪くなっただけのことなのだけど。
但し、何でこんなにドライバーが良いのかが分からない。
理由を解明するのが恐いくらい調子がいいので、あっさりと止めてしまう。
それに、2日も経てば老人の体は、2日前とはまるで違う状況になっている。
だから、今日がどうなるのかはさっぱり分からない。
という事で、不安をい〜っぱい抱えながらのドライバーショットは、真っ直ぐ右!
あ〜あ、これで今日一日不安だらけのスタートとなってしまった。
大体、朝早くから筋肉がいう事を聞いてくれるはずもない。
ミドルホールだというのに、2打目は3番ウッドでグリーン近くまで運び、ヘロヘロで4オン1パットのボギースタート。
上さんは、「坂がきつい!坂で体力使い切ったわ〜」と、1ホール目でギブアップ状態。
まあ、年なのだ。昔のように走り回る事なんてもう出来やしない。
その上さんは、相変わらずドライバーが良くって、3オン!…でも、4パットのトリプル(笑)。
続く2番のショートは157ヤードの打ち下ろし。
絶好の7番アイアンなのだが、ここは打ち損なってグリーン手前。
あ〜あ、これで今日は7番アイアンも使えねぇ…。
上さんは見事1オン2パットのパー。私は2オン2パットのボギー。
3番ロングで、今度はドライバーショットは引っかけ気味の当たりで左バンカー手前。
なんだか、一体どうやって打っていたんだか。
2日前の自信なんか木っ端微塵に飛んで行ってしまった。
それでも2打目の3番ウッドがバッチリで、どうにかこうにか4オン2パットボギー。
どうにもならんな、またまた3連続ボギーかとガックリ。ちなみに、上さんはまたしても3パットで9!
あれ?トリプルの上はなんて言うんだ?


 

4番は310ヤードのミドル。
まあ、短い。
ここでようやくドライバーショットが快打!
と言っても、なんだか今日は微妙に芯を外している感じだ。
それでも残り100ヤードは私の距離だ。…のハズなんだけど、風のせいなのかどうか、微妙に距離が合わない。
「上空は風があるんだなー」と呟きながら、うん、そう言うことにしておこう!(笑)
取り敢えず、ここでようやく寄せ1でパー。
まあー、一つでもパーが来るとホッとする。
ところが、ここからドライバーが急に復活!
芯は微妙に外しているものの、ようやく真っ直ぐに飛ぶようになった。
何が違うのかって、基本諦めたのだ。
力まない。
アドレスをキチンと取る。微妙なフックフェイスだから難しかったのだが、キチンとフックフェイスに構える。
力まず、球に当てることに集中する。
そんな基本に帰るだけで、ボールは真っ直ぐに飛ぶようになった。
まあね、私が飛ばすんじゃない。クラブが飛ばしてくれるんだって思うようにしたのだ。
フックフェイスならフックフェイスなりに打ちましょうと。
で、そこから5連続パー!いやね、そんなに良いゴルフな訳じゃないんだけど、何故か5連続パー。最後のロングはボギーだったけど、これにしたって、ドライバーは飛んだし、3番ウッドは飛んだんだけど、最後の125ヤードがね、アゲインストで砲台グリーンなもんだから難しいのよ。
という事で、前半は40のパット数14。
いやー、パットが素晴らしかった。
パットだけはね、家で暇つぶしにたまに練習してたのだ。
上さんは51のパット数20。
娘が48のパット数16。
上さんは、前半の5ホールで14打もパットしたのだけど、見るに見かねてパット指導をした成果。
全くコイツは頭が悪いったらありゃしない。


 

で後半戦。
9時10分で前半を終わって、普通ならここで2時間30分くらいの長い休憩となる。
森岳は、これが嫌なのだが、キャディさんが困った顔をして、
「スルーしますか?」
えっ!?
「するするー」
となって、ラッキーにもそのままアウトコースへ。
いやー有り難い。
という事で続きは明日。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


後半戦はさくらコース。
そのまま、休憩も取らずに真っ直ぐに向かった。
1番のティグランドに着くと、
「アハハ、今日は徹底してるね。イジメだ」
まあ、イジメだね。上の段のティグランドの…更に最奥だ。
これじゃあ左のバンカーを越えるのは難しい。
新しいクラブがいくら飛ぶって言ったって、キャリーで飛んでいる感じじゃなくって、今まで自分の持ち球にはなかったランが出ているだけのような気もするし。だとするとバンカーに捕まりそうな気もするし。
迷った。
そして上さんのフォームを思い出した。
あのフォームなら、ひょっとしてより飛んでくれるのではなかろうか?
そんな迷いのいっぱい詰まったティショットは、当然上手くいくはずもなく、ボールはバンカーから逃げるように右へ右へと力なく上がって、ラフの中にぼとり。
う〜ん、あのくらいの距離だったら良く見えるわ(笑)。
今日一番の失敗ドライバーショットである。
1番は3オン2パットのボギー。
2番へ行くと、これまた凄い所にティマーカーがある。
「あぁ、今日は一日こんな所にあるんだなー」
「お父さん可哀想」
そしてまた力んだ。懲りもせずに。
そして、またまたバンカーに向かってバンカーイン。そこからボールが暴れてどこかへ行ってしまった。
ここは4オン1パットのボギー。
ん…前半と何にも変わらない。
という事は47−47の94か?
せっかく良かったはずのドライバーまでおかしくなってきてしまっている。
こりゃあ100超えもあるのかも。…いやいや、そりゃあアカンでしょう。
90超えはともかく、100超えなんてバカタレのするこった(笑)。
あれ?そう言えば、この間のプロの初日に101叩いた新人プロがいたなあ(笑)。
まあ、よほど興奮しちゃったんでしょうね。
3番は497ヤードのロングなのだが、ティマーカーはもう少し遠い所にある(笑)。
しかも、ここで前の組に追いついてしまった。
まあ、のんびり行きましょう♪



 
力まず力まず、余計なことを考えないで、そうそう、タコ踊りスウィングは止めたのだ。
左腕は地面に水平なくらいで、決してオーバースウィングにならないように、芯を食いますように!
と放ったそのティショットはようやくまともに飛んでくれた。
第2打の3番ウッドもまともに飛んでくれて、残り上りの140ヤード。ここは、またしても苦手な7番アイアン。
まったくねぇ、もう10ヤード飛んでくれていたなら得意の9番アイアンが使えるのに。
という事で3オンならず4オン2パットの3連続ボギー。
なんだか、ここまで前半と全く一緒で、いよいよ怪しくなってきた。
しかも、またドライバーイップス病の影がちらついてるし。
4番ショートは140ヤードの池越え。
いつもなら135ヤードくらいで9番アイアンピッタリの距離なのだが、ここも微妙に距離を長くしてある。
まあ、ご丁寧なことで。
ここは7番アイアンの次に苦手な8番アイアンで、ピン位置とは関係なくグリーンど真ん中を狙って1オン。
右端手前のピンなんか狙えないっつーの!
ここでようやくパー!
まあ、とにかく力まずに打つことにしたのだが、一度狂ってしまったドライバーはなかなか戻らない。
5番のドライバーショットも微妙に狂って左に引っかけ気味。
2打目は大きな木があってグリーンは狙えず、ここは大人しく3オン2パットボギー。
6番7番とボギーを続けて、8番ショートは157ヤードの打ち下ろし。
ここは7番アイアンでピタリとグリーンオン!2パットパー。
まあ、バーディなんてくるわけもない。
目がね、白内障だし乱視だし近視だし、眼鏡合ってないし。
いよいよラスト。380ヤードのパー4。
ここも最奥にボールマーカーがあるのだけど、しかもアゲインストなんだけど、力まず力まず、芯に当てるだけを考えて打ったその一打は、グングンと逆風を切り裂いてバンカー横まで飛んでくれた。
「さあー、最後だよ!」
「おう!」
なんだか我慢大会だ(笑)。
上さんのドライバーは最後まで崩れることなく絶好調。
そして、驚いたのが娘のドライバーショット。
最後の踏ん張りなのか、見事にしなやかに体がしなって放たれたその一打は、グングンと伸びて行き、見たこともない飛距離を実現した。
「飛んだわ〜」
「飛びすぎだろうあれは」
確かに飛び過ぎ。いくら、二木ゴルフの飛ぶボール(違反ボール)かもしれないが、それにしたって常識外の桁外れだ。但し、そのボールのおかげでパターで苦労してやがる(笑)。
さて第2打。若干微妙に爪先下がり。
ウッドを手にしたのだが、これが上手く当たるわけもなく、当人も唖然とする右!
右へ真っ直ぐに出たそのボールは、右の木にパッカーンと当たって、90度直角に跳ね返ってフェアウェイへと戻って来やがった。
まあね、これもゴルフなのかなーと。
そこから3オン2パットで最後までボギーゴルフ。
やれやれ、ようやく今年の初ゴルフ無事終了♪
まあ、無事終わったことを喜びましょう。
どうせ、今年のゴルフはこんなモンなんでしょう。
という事で後半は、43のパット数17。
トータル90のパット数35。
上さんが108の44。
娘は102の39。
去年の初ゴルフが93だったことを考えると、何とも微妙なスコアだけど、個人的には、よくも90で収まったもんだというのが正直なところ。
ゴルフはアイアンに自信を持っている方がスコアになりやすいなーと。
さて、明日の日曜日、ゴルフどうしようかなー。
混んでいたらヤだなー。
平日ゴルフが一番だね。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


400ヤードのミドルで、しかも強烈なアゲインストだ。
アホだ…。
うん、諦めた。
素直に打とう…と思って打ったそのドライバーショットは、真っ直ぐ真っ直ぐ。
まあ、今日のドライバーはどこまでも真っ直ぐだわ♪
落下地点に行って驚いた。
残り150ヤード。
という事は、ドライバーでアゲインストの中、風を切り裂いて250ヤードも飛んだことになる!?
はあ?そりゃあいくら何でも飛びすぎだろう?
231.000円のマジェスティ プレステジオ ジ・エイスドライバー。
このドライバーは魔法の杖か?
なんだか、もの凄いものを手に入れたような気がする。




 
 
今日の上さんは絶好調だ。
まあ、ドライバーだけなんだけど、スウィングが、腰からグイッと入って上半身が遅れてやって来る。うん、理想的なスウィングだな♪やろうと思ってもなかなか出来るもんじゃない。
上さんの問題は、あれを意識的にやってはいないという事。
たまたまだ、たまたま。
3番のミドルで、その上さんのボールはバンカーの横まで飛んだ。
「おい、それ俺のだろう。お前のはもっとあっち、あれだ」
「違うよ。これは私の。あっちのがお父さんのよ」
えっ、え〜!
「凄いねお父さん。全盛期でもそんなには飛んでないよ。あんな最奥だったし、アゲインストだよ!」
うん、確かにその通り。
バンカーをはるかに通り越して。残り150ヤードフェアウェイど真ん中だ。
にしても、感覚的にはバンカー付近に落ちたと思ったのだけど、ランしたって事か?
そう言えば、宣伝文句では「風に負けずランを稼ぐ力強い弾道」って書いてあったなぁ。
まあ、元々、私の弾道は高く上がってキャリーの落下地点が、そのまんま飛距離ってボールだったのだが、これは嬉しい。
さて、残り150ヤードはとっても苦手な距離。第2打は敢えなくバンカーインで3オン2パットの3連続ボギーとなった。
まあ、今日はパーは来ないような気がしてしまう。
3番から4番に向かう所で、体に異変が生じた。
フラフラとし始めて、手足がガクガクとし始めた。
まるで低血糖症のような症状である。
まさか!?まだ3ホールなのに?
構わずに4番ショート150ヤードを打つと、ボールは大きく右に逸れてラフの中へ。
そこで、体にもっと異変が起き始めた。
体の中で花火のようにパチパチと小さく破裂し始めた。
まあ、久々に体を動かしたことで体の中が驚いているのだろうけど、決して気持ちの良いものではない。
「えー、大丈夫?」
「もう止める?」
などと家族は心配してくれるのだが、その二人は揃ってパー。
私は一人2オン3パットのダボ…。
まあね、3連続ボギーの後にダボじゃ、止めても良いんだけど(笑)。
体の中で花火がパチパチいっている最中、5番ロングをティショット。
これがまたまたびっくりな当たりとなった。
今まで越えたことのない右のバンカーを越えていったのだ。しかも、明らかに打ち損じた当たりなのにもかかわらずだ。
風はフォローになっている。ただ、いくらフォローとはいっても、右のバンカーを越えたことはなかった。
3番ウッドで残り120ヤードにして、そこからグリーンを外してバンカーイン…今日は徹底的にアイアンがアカン。距離はまだしも方向性がまるでダメ。
ドライバーがいくら飛んでもアイアンが悪かったらどうにもスコアはまとまらないもんだ。
やっぱり、スコアをまとめたかったらアイアンなんだなと痛感。
スコアのまとまらない人のゴルフがよーっく分かった(笑)。
5番も4オン2パットのボギー。まあ、パーなんて来やしないね。
6番に入って、ようやく体の中から花火が消えた。
ん!?これは真面目にやらねば…という気になったのだが、6番のティショット位置も今まで見たことないくらいの最奥!アハハ。ここまでくるとイジメだな。
挙げ句にまたまたアゲインストに逆戻り。
力んでしまった。色気が出てしまったのである。ここで今日初のドライバーショット失敗。
それでも転がりがあって、残り150ヤード。まあー、このドライバーは良く転がってくれる。
そこから7番アイアンでグリーン手前まで運んで3オン1パットの、本日初のパー!
気分良く7番ショートに行くと…186ヤード。
風はフォローだし、一体何番で打てばいいのかさっぱり見当も付かない。
3番ウドを持って軽く当てると、ボールはあり得ない右方向に上がって木の上にコツンと当たったらしい。
そこから垂直落下で木の根元にポトリ。
2オンも無理で、結局3オン2パットのダボは、本日2度目。
えーっと、90切れないんじゃないだろうか。
最早、どんなスコアでも受け入れる用意は出来ているので、ゴルフは最後まで楽しくやりましょう♪
8番もボギーとし、最終9番。
ここも呆れるほど最奥だ。395ヤードのミドルとなっている。
諦めの境地に達すると人は冷静に素直になれるものらしい。
素直に打ったそのボールは真っ直ぐに真っ直ぐに
バンカー右横まで飛んでくれた。まあ、随分と飛んでくれたものだ。
当然、そこから2オン狙いなのであるが、グリーン左に外して、乗せれず乗せれずの4オン(笑)。
そして2パットで本日3度目のダボ!
もう笑って楽しむしかない。
という事で、前半のスコアは47のパット数18。
上さんは54の23。娘は49の19。
やばいなー、もう少しで娘に負けるところだった(笑)。
 
90越えてしまうのかどうか、結果は明日へと続きます。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 去年の秋田南CCでの悲惨な初ゴルフは、今でも鮮明に覚えている。

なんたって、ドライバーが全く当たらなかったのだ。練習場ではそれなりだったにもかかわらず、コースに出た途端に芯を食わなくなったのだ。
あれ?そう言えばあの時もヒールとかネックだったような気がする…という事は今の病気と原因は一緒か?
つまり、スウィング中に体軸がぶれてしまって、上半身に引っ張られて前のめりになっていたと。
ああ、さつきコースの1番ティに立った今になってそんな事を思いだしてもしょうがない。
それよりも、この新しく買ったグローブの何と履き心地の悪いこと。
硬いしゴワゴワ感あるし、パッツンパッツンだ。
取り替えようか?いや、今更そんな面倒な。
とにかく芯に当てよう。
今は芯に当てることだけを考えて打とう。
スタンスを取ると、231.000円のマジェスティ プレステジオ ジ・エイスドライバーはどうしようもないフックフェイスだ。…何だこのフックフェイスは?



 
これまでフックフェイスのクラブなんて使ったことがない。
まあ、ここは製作者の意図通り打ってやろうか。素直に打てばインパクトの瞬間コイツがスーッとボールに真っ直ぐに入っていくんだろう…そう願うしかない。
フックフェイスなんぞ気にしないことだ。
そう思って打った231.000円のマジェスティ プレステジオ ジ・エイスドライバーでの第一打。
少し芯を外した…2cmくらい?
それでもボールは真っ直ぐに!真っ直ぐに飛んでいってくれた。
ちなみに、上さんは快打!練習場で調子が良かった感じのそのまま。いつもより飛んでいる感じだ。
娘は練習もしてないのでボロボロ。二木ゴルフで打っているルール違反の飛ぶボールを使っているのだが、ゴン!という硬い音がして。これは非力な女性の力ではボールを上げること自体難しそうだ。
2打目地点に着いてみると、残り150ヤード弱。
あれ?という事は200ヤードちょっと飛んだんだ?へぇー。
それはいつもより飛んでいることになる。
ただ、そこからだと苦手な7番アイアン。
7番アイアンはねぇ、練習場でも殆ど練習しないし、芯を食うことすら珍しいクラブで、150ヤードだったり140ヤードだったり、風の影響なんてまるで計算も出来ないクラブだ。
という事であっさり3オン2パットのボギースタート。
パターなんて初めから諦めている。
なぜってね、老人なのだ。この1年で目がとにかく悪くなった。
多分白内障だし、乱視だし、近視だし、視力なんて昨日と今日でまるで違ってしまうという状態だ。
まあ、その辺はまた後日。
2番はロングホール。
着いてみると、ティグランドの最奥にボールマーカーがある…。
「随分と遠いなぁ。今の時期にここか?ここにボールマーカーがあるのって見た事ないぞ。という事は555ヤードちょいか」
「お父さん可哀想」
その可哀想な場所から、またしても231.000円のマジェスティ プレステジオ ジ・エイスドライバー。
今日は良くても悪くても、とことんこのクラブと付き合う決意だ。
じゃないと、早々にコイツを見限ってしまいそうで不安なのだ。
だってなぁー、練習場でも、元のレガシーの方が使い勝手が良かったし、距離もレガシーの方が良かったのだから。
そんな覚悟で打ったドライバーは、またしても真っ直ぐに真っ直ぐに。
「ひゃあー、飛んでるよ♪こんな遠くから打って、いつもより遠くまで行くって凄いんじゃない?」
まあ、娘の言う通り。
遠い場所から打ったにもかかわらず、ボールの落下地点はいつもより遠い所にある。
しかも、まだ慣れてないから、ほぼ手打ちに近い状態。
これで腰から先に行くスウィングになったら、もっと力強いボールになってくれそうな気がする。
ここも、4オン2パットのボギー。
なんだかねぇ、アイアンの精度が悪くてパーオンなんてする気も起こらない(笑)。
まっ、今日はボギーゴルフでいいや。
という事は、45ー45の90か。
3番ティに行ってビックリした。
ボールマーカーがあり得ない最奥にある。
「ここは見たこと無いなー。何の狼藉だ?」
「ここって、確か黒ティがあった場所だよね。そこよりも深い」
一体、このゴルフの開幕シーズンに何を考えてるんだか。
もう諦めるしかない(笑)。
しかもここからアゲインストだし。
400ヤードのミドルで、しかも強烈なアゲインストだ。
アホだ…。
うん、諦めた。
素直に打とう…と思って打ったそのドライバーショットは、真っ直ぐ真っ直ぐ。
まあ、今日のドライバーはどこまでも真っ直ぐだわ♪
落下地点に行って驚いた。
残り150ヤード。
という事は、ドライバーでアゲインストの中、風を切り裂いて250ヤードも飛んだことになる!?
はあ?そりゃあいくら何でも飛びすぎだろう?
231.000円のマジェスティ プレステジオ ジ・エイスドライバー。
このドライバーは魔法の杖か?
なんだか、もの凄いものを手に入れたような気がする。
 
次回に続きます。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 とうとう60才になった。

最早立派な老人なのだが、自分の頭の方が老人というものに慣れていない。
体の方は随分と前からあちこちにガタが来ていてどうにも不自由だ。
その頭と肉体との間にある溝を埋めようとすると、どうにも沈鬱な気分になってしまう。
まあね、なんだか間尺に合わないのだ。
そのな状態で去年の暮れから過ごし、ゴルフからも遠ざかり、何となく家族に還暦を祝ってもらい、これで堂々老人の仲間入りを果たしたようなものである。
嬉しいのって?
いや、別に何とも。嬉しいも哀しいも無い。
ただ、現実を迎え入れる他無いのだから。
大分前から、大学の同級の友人からはハガキが来ていて、「定年退職をしました。そのまま、会社に残してもらって頑張ることになりました」とか、「もうすぐ定年を迎えます。草むしりでもしながら、のんびりとこれからを考えます」なんてものが舞い込んでいたから、その覚悟はあったのだけど、まあ、定年退職をするヤツの方が羨ましいのかな?
最初のハガキのヤツは、ついこの間まで大手のデパートの店長をやっていたヤツだ。店長をやっていた人間が、定年退職だからと言ってどこの部署でどんな働きをするんだろう?ちょっと、聞くのも恐いので聞くに聞けないでいる。
還暦の赤いチャンチャコを着て赤い帽子を被って…いや、それはそれで何となく嬉しかった。人生一回り、なんとかかんとか立派に生き延びたのだから、それはそれで立派ではないか。
残りの人生はおまけだ。自由で良いんだ。
で、上さんと娘は、還暦のお祝い旅行とゴルフ旅行を企画していたようだけど、それはなんだかめんどくさい。
この雪の中?(2月)そこまでゴルフは好きでもなさそうだ。
そんな時、ふと二木ゴルフからのハガキが目に入った。
「消費税の上がる前の3月中にお届け。マジェスティ プレステジオ ジ・エイスドライバー231.000円」




 
231.000円、こりゃあいかにも老人クラブだ(笑)。旅行に行けばこれくらいはかかるし、こっちの方が良いな♪
という事で早速二木ゴルフの担当者に電話。
そして即断即決。秋田県初だと言うし、老人ゴルフをするにはちょうど良いかもしれない。
と、そんな事を言うと、今年もゴルフに夢中なんだろうなーとか思ってしまうだろうけど、実際は、どうにもその気が起こらない。
まあ、とにかく体力が根こそぎごっそりと落ちてしまっていて、練習なんてとんでもない。20球も打てば心臓が破裂しそうになってしまう。散歩もままならない状態で、かつての半分も歩けばゼイゼイいってしまう状態だ。
で、ゴルフ場がオープンしても、しばらくゴルフに行ける状態でもなかった。
まあ、とにかく体力が不安。行ったところで1ラウンドもつのかどうかと言う危うい状態。
少し体力作りしなきゃいけないだろうなーという事で、夜の散歩をし、ゴルフの練習にたまに行くようになった。庭先でのスウィング練習も始めるようにした。
ちなみに、新しく買った231.000円のマジェスティ プレステジオ ジ・エイスドライバーはどうかというと、これがてんでダメ。大体、フックフェイスが気に食わないんだけど、まるで飛びやしない。
前から使っているレガシーの方がよほど飛ぶし、何よりも振りやすい。
アイアンも全然ダメ。
驚くほど芯を食わない。それどころか、またまたシャンク病が出てしまってどうにもならない。
原因を探るとシャンクの殆どがシャフトのネック部分に当たってしまっている。
ドライバーが飛ばない、180ヤードも飛ばないのである(笑)。
アイアンはシャンク病。
こんなんでゴルフに行けるのか?
心配の種ばかりだけど、それでも4月の15日に今年の初ゴルフの予約をした。場所は一番安心してゴルフの出来るホームコ−スの椿台CC。まあ、初ゴルフだし、ダメゴルフを楽しもう♪と言う魂胆。
4月13日の日曜日に夫婦で練習場に行くと、練習場は満杯で驚いた。
「皆何してる!?」「コースに行けばいいじゃないか」と思うのだが、まあ、何とか練習できて、そこで何とかアイアンのシャンク病は治った。
これは簡単と言えば簡単で、スウィング中に体の軸が前倒し的に前方向にぶれてしまうことが原因。
そう言う原因ならば、元は、下半身が脆くなってしまっていて上半身を支え切れてないという事なのだから、かなり根本的な原因という事になるのだから、そうとうな重症と言うことなのであるが、まあ、付け焼き刃的に直すことくらいは出来る。
で、軸をぶれないようにとアイアンを治したら、どういう訳か、ドライバーも治ってしまった。
231.000円のマジェスティ プレステジオ ジ・エイスドライバーが真っ直ぐに飛ぶようになったのである。
まあ、距離は相変わらず180ヤードも行かないんだけどね(笑)。
まあね、明日はどう仕様もなくみっともないゴルフになりそうだ。
ちなみに、去年の初ゴルフは秋田南CCで、その時のスコアは悲惨な93!
あの時は酷かった。今でも鮮明に覚えている。
あれで去年のゴルフは1年間苦労したんだった。
でもなー、今年のゴルフはもっとダメな予感がする。
そのための231.000円のマジェスティ プレステジオ ジ・エイスドライバーなのだ。
そう、今年からは堂々の老人ゴルフなのだ。
出来れば、シルバーティで打ちたいくらいだ(笑)。
という事で、今年の初ゴルフ。椿台CCのさつきコース1番ティなのであります。
明日へ続く。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】