2014年5月アーカイブ

住宅ローンがまだ随分と残っている。
そりゃあそうだ。
借りた金額が8千万円。
当時、住宅ローンの最高限度額が5千万円が上限で、8千万円となると私の銀行員生活時代でも経験がなかったし、聞いたこともなかった。
それだけに、大変な金額を借り入れたもんだなーと、自分でも恐怖を感じたのか、ここに引っ越してきて初めに買った本が、「破産の仕方」という本。
まあ、破産の仕方くらい知っているが、ああいう法律は時代と共にしょっちゅう変わっていくから、今一度勉強しておこうと思ったのだ。
あれから1年、住んでみれば案外気楽なもので、月50万円を超える返済もさして苦ではないことが分かり、楽々と生活をし贅沢を楽しんだ。




美術品を買いあさったのもこの頃。
まあ、美術品は完璧におまけ。「なんでも鑑定団」みたいにびっくりするような値段は付かないし、将来何かの足しになるものだという期待感もない。
だってなー、考えてみれば、例えば100万円の壺。
売値は100万円でも、デパートが2割儲けて。その前に仲介業者が2割儲けて…となると、まあ、5割の50万くらいしか価値がない。
つまり、投資と考えてしまえば、買った時点で5割の損をしていることになる。
それが元の100万円で売れるようになるには20年先になるのか50年先になるのか、もしかしたら永遠に来ないのかも知れない。




おっと、横道に逸れた(笑)。
そんな美術品は最早要らない。
飾る場所がもう無いのだ。飾る場所がないにもかかわらず、それでも買うというのであれば、それは蒐集家の世界。
私はただ、空間を埋めてくれる美術品が欲しかっただけ。
にも関わらず、デパートの人間は私に売りに来るもんだから、しょうがなく買っていたのだが、買ってそのまま箱を開けることもなく、そのまま箱に入ったまま一度も日の目を見ることなく埃を被っているという状態。
まあ、買う必要はないわね。
また横道に逸れてしまった。
何を言いたかったのかというと、住宅ローンの話(笑)。
何故だか知らないが、借りた住宅ローンのうちの一本が目出度く8月で終了する。
いや、これがね、ホント訳分からないのだが、本来はあと8年くらいは残っていたハズなんだけど、どうしたわけか、借り入れの返済予定表を見ると今年の8月で借入残高0!という事になっているのだ。
なんだか分からないけど、とても嬉しい。
だってなー、住宅ローンを定年退職をとっくに過ぎてまで返済し続けるなんて、そんなものできるわけもない。
70歳になっても住宅ローンを払い続けるなんて、そんな非現実的なことを。
銀行も本気で考えているのだろうかと。
まあ、目出度い。
後もう少しだ!頑張れ自分!
と、そんな風に思っていたら、また目出度い話が。




通帳に某社の配当金が7万円くらいも振り込まれている。
へぇー、あの会社、よくこんなに配当金払えたなー、と感心してたら、思いだした。
あれ?2月決算ならあの会社も確か配当があるハズ。
「おーい!○○社からの封筒届いてなかったか!?」
「えっ?○○社って何ですか?聞いたこともないんですけど」
そりゃあそうだ。○○社なんて上さんには縁もゆかりも無い会社名だ。知るはずもない。
「とにかく、証券会社っぽい封筒!」
という事で、そこから封筒の捜索が始まった(笑)。
冗談じゃない。その封筒には配当金という金券が入っているのだ。
という事でようやく見つかって、中身を見ると、こちらの配当金は約5万円ちょっと。
おー、危ない!ゴミクズになるところだった。
合わせると約13万円くらいの臨時収入。
「へぇー、ここもこんなに払えるようになったか」
本当にね、アベノミクスのおかげかどうか、景気が良くなった会社はそこかしこに出てきているようだ。
配当の金額が去年に比べてかなりでかくなってきている。
でもね、去年までは税金が10%だったのに、今年からは20%以上も取られているのだ。
いいよなー国は、そうやって簡単に国民からむしり取れるんだから。
まあ、金は天下の回り物で、頑張って生きてりゃあそのうちなんとかこっちにも回ってくるかも知れないって話。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


沖縄でのゴルフのために早々にゴルフバッグを送った。
現地で貸しクラブという手もあるのだろうが、生憎と弘法筆を選ぶのである(笑)。
使ったこともないクラブを使って不満タラタラなゴルフなどやる意味もない。
いつも、気にしたこともなかったのだが、上さんに送り賃の値段を聞いてみると、
「3人分、往復で18.000円くらい」というから随分と高い。
びっくりだ。
それだったら、クラブの二本くらい買えてしまうではないか。
沖縄でゴルフをするって結構大変だったのね。
そんな事を聞くまで何も言わない上さんに少し感謝の気持ちが芽生えた。
 




で、沖縄でゴルフをするに当たって、不安が一つ。
昨日の灼熱地獄で、またまた光線病が出てしまったのだ。
なんで?
薬止めたのに!
手の甲が赤く腫れてきて、なんとも痒い!
手の甲だけでなく腕もだ。




夜中、寝ている時に、余りの痒さに爪を立ててボリボリと掻いている自分がいた。
夢うつつの中で、「そんなに掻いちゃあいかんだろ!」と思いながらも、遠慮無くボリボリと掻いてしまっている。
幸い、爪を短く切っていたので傷にはなっていなかったのだが、なんとも心の始末が悪い。
朝の食事後、上さんが食後の薬を4錠用意してくれていたのだが、なんとも恨めしい薬だ。
その薬のどれかが、こんな光線病という副作用を生み出している。
1万人に一人と言うが、そんな珍しいモノでもないような気がする。
「飲まなきゃいけないのか?」
「どうしてもか?」




血圧の薬と血液をサラサラにする薬の2種類のハズだけど、なんで4種類もあるんだ?
こんなお天道様の下を普通に歩けなくなるくらいなら、いつ起こるかも知れない病気のために薬を飲んでいる必要もないと思うんだけど。
今度医者に行ったら、一旦全部止めてもらおうかな。
だってなー、何かを直すために何か他の病気が出るなんて、そんな治療って間違ってると思うんだけど。
だってなー、いつか何かが起こるか心配だからと言って、毎日苦労しろ!って、そんな論法おかしくないか?
辛すぎるぞバカヤロー。
 
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


消費税は5%から8%に上がったけど、その消費税が上がる前に自宅の外壁を補修する契約をした。
事前に契約しておけば、今年になってからの工事でも5%になるからなのであったが、その金額が高い!
なんと3.500.000円!
それでも20万円くらいは値引きしてもらっての金額なのだが、ちょっとうんざりな金額だったのである。
聞けば、その外壁の補修は大体10年に1度は必要と言うから「アホかー!」と叫びたくもなる。
なんだかね、自宅なんて持って良いものなのかどうか、今更だけど疑問に思ってしまう。
果たして、10年後のまた補修が必要になった時に自分は生きているのかどうか。
で、今その補修工事の真っ最中なのであるが、これが実に大変。
家を覆い隠すように青いシートで覆われ、足場を作り、その状態が約1ヶ月も続くんだと。
更に、その中では徹底的に目張りされ、窓も開けられず室内の換気は一切できないときている。
完全な密閉状態の中で1ヶ月過ごさねばいけないこととなってしまった。
なんだそれくらい…と思うかも知れないが、一日や二日ならともかく、これが1ヶ月も続くとなるとまともな生活をすると言うのは甚だ困難。




 
例えば、魚を焼くことも出来ない。
煙が出たら、その煙を追い出す術がないのである。
焼肉もしかり。
そんな生活がもう二週間ほど続いているのだが、更なる地獄が訪れたのは昨日の夜。
日中から気温がグングン上昇して、気温は今年の最高31度を記録!
当然、密閉状態の我が家の室内温度もグングン上昇して、なぜか夜になってからも上昇を続け、私の部屋の室温は37度を突破!




最早サウナ状態となってしまった。
そんな状態となってもエアコンはつけられず窓を開けることも出来ない。
地獄の沙汰とはまさにこの事。
耐えられず、上さんと二人、この5月に夕涼みにお散歩に出掛けるハメとなった。
「いやー、涼しい!生き返るわ!」
と言って家に帰り、風呂に入って、また夕涼みに出掛ける。
都合三回も夕涼みに出掛けた。




家に帰れば、また37度の灼熱地獄が待っている。
とっとと寝るに限るな。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


なんで日付を入れたかというと、それにはちょっと訳があって。
昨日、仕事が一段落して自宅に帰ると、どうにもこうにも庭の草木が伸びていて、美しくないというかウザイというか、まあ、前から気にはなっていたのだが、
「草むしりしよう!」
という事になった。
娘と二人でやるにはちょっと広すぎる庭。おまけに、自宅の領地の外側にある50坪くらいの緑地道路部分もボウボウと美しくない。
という事で、先ずは、その公共の道路部分から手をつけることになった。
ちなみに、私はちっとも立派な人間ではないので、そんな公共の土地のことなんかどうでもいいのだが、なんたって隣接の道路が草ボウボウでは、家までが草ボウボウな印象を受けてしまう。
で、50坪の草刈りが始まった訳なのであるが、これが実に大変。
この草刈りのために、我が家では去年、わざわざ家庭用の草刈り機とは別に最新の草刈り機を買ったくらいである。
ところが、今年になってその草刈り機はお店で売っておらず、つまりはそこに付属する消耗品のパーツも売ってないという非常事態。
消耗品の草を刈るパーツのビニールの紐状のものがなければ草刈りも出来ないのだが、去年の家に買いだめしておいたものが一つだけ残っていて、なんとか、その一つで間に合わせなければいけない。
「参ったなー。間に合うかなー」
「やるしかないでしょ」
「って言ってもなー、自宅150坪の庭。プラス草ボウボウの道路50坪で200坪だからなー」
まあ、大変なのである。
それを娘と二人4時頃から始めた。
約2時間、腕はなまくらになって動かない。特に左腕は顔を拭くことも出来なくなったくらい動かせない。
最後に上さんにも手伝ってもらってお掃除で終了〜!
やー疲れた!ご苦労様ご苦労様♪
と意気揚々我が家へと引き上げた。
部屋で着替えをしていると、リビングの方から何やら悲鳴のようなゴニョゴニョっとした物音が聞こえる。
「あー、とうとう逝ったか」
と察しが付いた。
チィー(文鳥のこと)が亡くなったのである。
「お父さん大変!」
そう言って、上さんは泣きながら走ってきたのだが、察しはついていた。
だって、自分の足で立つことも出来ないくらい衰えが激しかったのだ。
チィは転ぶと立とうとしてバタバタする。
手を差し伸べて立たせてあげても真っ直ぐに立つことは出来なくなっていた。
「長くはないと思っていたよ。寧ろ、死ぬんだったら今かなーと思っていた」
だってなー、6月に入ったら沖縄に行くし、もしその間に亡くなったら預かってもらう人に申し訳がないではないか。
チィは入ったこともない水洗い場の中で溺れて死んでいたのだ。
なんだって入ったこともない水洗い場の中に落ちてしまったんだか。
娘は、ティシュでお布団を作り、上さんもティッシュで掛け布団を作って寝かしてあげた。そして手を合わせ、埋葬は翌朝にすることになった。
まあ、それが2014.5.28。チィの命日となったのだ。
 




さて、夫婦二人でのゴルフも1ハーフ目となった。
まあ、よくも1ハーフ出来るだけの体力になったもんだと感心するが、既に上さんは左膝が痛むらしい。うん、年をとった証拠だね。
さて、最後はさつきコース。
我々の前にいるのは男二人組み。多分40代後半。見たところ典型的な日曜ゴルファー。
自信があったり無かったりが共存しているタイプ。…まあ、邪魔しないようにしましょ。
その前を行くのが女3人組み。
この3人組みが困ったチャンで多分月例の現役。
とにかくやたらとプレイが遅い。
残り170ヤードでも2オンを狙っていく。そして、グリーンに上がれば、人の10倍くらい時間をかけてパッティング。
でもね、あんた、そんな壊れたフォームで170ヤードは絶対に乗らないから(笑)。
 
さつきコースは2連続ボギーで始まった。
ドライバーを何とか修正したいと思ったのだが、多少横振りになっていることに気づいた。
まあ、このフックフェースの231.000円のドライバーは、多少は横振りのようにして打った方が打ちやすいのではあるし、メカニズムにも叶っているとは思うのだが、にしても横振りに過ぎるような…。
バックスウィングが横過ぎるから、インパクトからフォローにかけても横にスウィングしてしまっている。
で、なんとなく、昔のシングルさんの話を思いだした。
「いやあのね、最近ゴルフが分からなくなりまして、90台しか出なくなってしまって、酷い時には100を越えてしまうんですよ」
「えっ?あなたが?」
「いやあのね、急に、ボールを捉えるのに点で捉えるか線で捉えるのか迷い始めて、それからダメになりました」
「あはは、そんなもの点に決まってるでしょう」
と、私は「点」と言いきったのだが、その時は何を言ってるんだこの人は?とも思ったのだが、
残念ながら、「老い」は点で捉えるゴルフを許してはくれないようだ。




物理的に、肩が上がらなくなる。すぃーっと上がらなくなるのだ。
無理をすれば上がらないこともないが、あくまで無理をする必要がある。
無理をすれば、それまで出なかった色んな欠陥を導き出してしまう。
「成る程ねー」
と呟いた。
改善策は良かった時のフォームを思い出すこと。
スタンスの姿勢から直しに掛かった。立って、少し右斜めに構え、肩から上をスーッと上に持ち上げる。
まあ、「猫背にならないようにする」んだけど、これで3番のドライバーショットは目の覚める一撃となった。
ありゃま!
3番でようやく2オン2パットの王道パー。
4番ショートは寄せ1でパー。
続く5番はロング。
ドライバーはまあまあだったのだが、ドライバーが治ると3番ウッドがおかしくなるという相関関係。
なんだいな。




3番ウッドは林の中に入り、出すだけ。
やっとの思いで4オンするも、今度は3パットでダボ!
でも、6番は2オン2パットの王道パーで復活。
まあ、待たされ待たされ、やっているうちに筋肉痛が出てくる状態にしてはまともなゴルフだ。
で、結局、7番パー、8番ボギーの後、苦手なはずの9番でもドライバー復活で見事なパー!
結局、41のパット数16。
上さんは、ゼイゼイ言いながら57のパット数18。
まあ、1ハーフ出来る体力になっただけでも大したもんだと。
だから、昨日の庭の草むしりも娘と二人で出来たんだ♪
少し、体力が復活してきている実感が♪
 







にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


気分良くさくらコースへ。
「前に二組いますけど」
と言われたけど、まあ、日曜日なんだし、そんな贅沢を言う気はさらさらない。
まあ、我慢の忍耐ゴルフをするさね。
で、行くと…簡単に譲ってくれた。
まあ嬉しい♪
こっちも簡単に譲ってもらうことにした。
 




で、ティマーカーをみると、桜だけはいつもと同じくずーっと後ろ(笑)。
「ここはもう、永久に遠くするつもりなんだな(笑)」
と、苦笑いしながら打ったそのドライバーは…テンプラ…なんて恥ずかしい。
でも、そこから起死回生の3番ウッドでグリーン右のバンカーへ。
なんだかね、今日は3番ウッドが抜群に働いてくれるのだ。
思えば、3番ウッドが良くなってからドライバーが悪くなった気がする。
旦那が悪かった分は、上さんのドライバーが取り返してくれて、目の覚めるような一撃。
うん、良くやった。私は嬉しいぞ。
だってなー、二人とも大したことなかったら譲ってくれた人に申し訳が立たない(笑)。
ここは3オン2パットのボギー。
2番も気が遠くなるほど遠い。
そして、またしても力んで力んでドライバー失敗。
なんだけど、3番ウッドがまたしても起死回生の一撃で、グリーン手前まで!
うんうん、と臨んだサンドでの3打目を失敗…なんでだー!
なんだかねー、サンドだけは未だに始末が悪い。
あんなに相思相愛だったのに、まるで昔の女に振られっぱなしみたいな情けない感覚。
人一倍ムカツクのだからして、最早意地になってしまっている。
でもまあ、4オン1パットのボギー。
3番のロングもドライバーは相変わらず冴えない。
ここまでくると、ドライバーが悪いのにも慣れてくる(笑)。
フェアウェイにさえあれば、後は3番ウッドがなんとかしてくれる!
その3番ウッドが爆発して残り135ヤード。
上り坂なんだけど8番アイアンを選択してグリーン少し手前。
そこから寄せ1で、後半戦初のおまけをゲット!
ちなみに、ここから下手くそ4人組みが前にいて耐久レースになってしまった。
男2人に女二人組み。
4番ショートへ行くと、あり得ない光景に出くわした。
前進3打目の地点から目の前の池にポチャリと。
なんだか見てはならないものを見てしまったような感じがして、見ないように背を向けていたのだが、グリーン上から声が掛かった。
「おーい!打ってくれー!」
なんだかなー。
「どうぞお先にやって下さい」
「いや、打ってくれ−!」
「結構です。どうぞお先に」
「なんだ、先に行ってもらおうと思ったのに」
とぶつぶつ言うのだが、それはそちらの勝手。
こちらにはこちらの都合がある。
このショートはいつもと違って154ヤードもある。しかもピンは真ん中よりも前。
風はアゲインストときている。
結構難しいショットなのだ。お前らの都合になんか構っているヒマはない。
という事で4番ショートは154ヤードアゲインスト。
7番アイアンを選択。もしかしたら弱いかも知れないが、ボギーゴルフで良いなら7番がベストだ。
これがベストの選択で7番は抜群の当たり!ピン真っ直ぐに向かってピン下2.5メートル!
これを僅かに外して2パットパー。
5番に行くと、前の人達は待っていて先を譲ってくれたのだが、ここはするりと打ってするりと終えて2オン2パットパー。
で、いよいよ前には誰もいなくなって、結局、3番から7連続パー!
苦手の9番も、ドライバーは大したことなかったのだけど、やはり3番ウッドが抜群の働きをして、更にパターが、きっちり2メートルを1パットで沈めてのパー。
まあ、そんな感じだったのだけど、今日一日を通じてドライバーは情けない限り。
普通にドライバーが飛んでいてくれたのなら、2打めに3番ウッドなんてあり得ないし、なんとも嘆かわしい。
なのに、今日は何度も3番ウッドに助けられてしまった。嘆かわしい嘆かわしい。
でもまあ、嘆かわしくとも後半は38のパット数15。
トータル78のパット数30は我ながら立派(笑)。
上さんは103のパット数36。
 
うん、今期2度目の70台は嬉しい。しかも、今日のゴルフは楽しい。
で、
「1ハーフめ行くか!」
という事になった。
なんだかねー、御所野ゴルフで鍛えられたせいか、身体が丈夫になってきたみたいなのだ(笑)。
という事で、明日はおまけの1ハーフめに続きます。
「なんかねー、ドライバーがこの調子だとね。(ドライバー)なんとかしたいんだ」
もう、ドライバーだけに注目のラウンドなのだ。
 
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


日曜日、普通ならゴルフだが、御所野テルサでも良いような気がしてた。
今の自分には御所野テルサでの山岳コースで身体を鍛えるというか蘇させる方が先決かと思えるのだ。
そう思っていたのだが、娘が気を利かして椿CCの朝一の予約を取ってくれていた。
「私は明日出来ないけれど」
まあ、そう言う負い目があったから取ってくれたんだろうけど、という事は日曜のゴルフは上さんと二人のゴルフって事だ。
実は、上さんと二人のゴルフは結構気が重い。
なぜって、上さんは頭の悪いゴルフをする。気が利かないゴルフをする。下手なのはまあしょうがないが、マナーが悪いというかマナーそのものを知らない。同じ注意を何度もさせる。
まあ、女特有のゴルフと言ってしまえばそれまでなのだが。




 
という事で日曜日のゴルフは、上さんと二人、椿台CCのつばきコースから。
最近の御所野テルサのおかげで、身体の不調が随分と消えている。
準備のストレッチもスムーズに体が動く。どこかが痛むということも少ない。
すぐにティグランドに立った。
でもドライバーは失敗。
珍しく左に引っかけてしまった。
まあ、これで今日のドライバーは私の信用を無くしやがった(笑)。
何が悪いんだか、良い所も分からないし悪い所も分からない。
この時点で、今日はボギーゴルフで良いことにした。
まあ、日曜日の喧騒の中のゴルフ、のんびりやるさね。
ボギーで良いというならゴルフは簡単だ。
目の前に邪魔な大木があったってどうということもない。
木を避けて真っ直ぐグリーン近くに持って行けば良いだけのこと。
2オンを狙うからややこしくなる。
ハイ、4オン1パットのボギー。
まあ、トラブル続きだったけど、ボギーで良いのなら簡単なものだ。
続く2番…それにしても、さすが日曜日だけあってティマーカーはずーっと手前。つまり距離が相当短くなっている。まあ、楽で良いか。
2番のドライバーは、最短距離を狙って木の上を狙った。
するとこれが大成功して残り145ヤードとなった。でも、7番アイアンを引っかけて微妙に乗らずに3オン2パットボギー。
ボギーボギーで迎えた3番ショートは175ヤードという驚きの距離。
「なんだいな。ここでこの距離は珍しいな」
で、当然のように3連続のボギー。だってなー、175ヤードのクラブなんてないもんなー。
完全に想定外。
まあ、ボギーゴルフなら楽なもんだ、を見事に実戦している(笑)。
その内おまけのパーがやってくるんだろう。
おまけが3つも来ればもう42だ。そうすれば84だ。何の不足があるもんか。
もう、そんな負け犬の発想ばかりしている。
 
迎えた4番のロングホール。
珍しくドライバーは真っ直ぐフェアウェイに向かった。
といっても、そんなに飛んだわけではない。(フェースの)何処に当たっているんだか、今日は芯を食った当たりが来ない。
本当に、何処に当たっているんだろう?とフェースをしげしげと見るんだけど、いつもなら付くはずのボール痕すら付いてないという不思議。
ところがここで3番ウッドが爆発!残り120ヤードは私の距離だ。
先日の御所野テルサで復活の確信を持っている。
で、ようやく3オン2パットの王道パー。まあ、ようやっとおまけが一つ来た。
おまけだおまけ♪
おまけと思うと想外に嬉しいもんだ。
5番ミドルでは、当たっていなかったドライバーが炸裂!
まあ、たまに間違って当たる事もある。
全盛期以上に飛んでしまって、ここも2オン2パットのパー。
またおまけだ(笑)。
そしておまけはまだ続く。
6番はアゲインストに少し力んで少しスライス。
残り130ヤードはアゲインストを考えるとかなり微妙な距離なのだが、敢えて9番で打つとこれがバッチリでバーディチャンス!…なんだけど、優しい真っ直ぐのラインを外して2パットパー。
まあいいか、おまけの3つ目だ。
そして7番でもおまけがやってきた。
ドライバーはなぜか微妙にスライスし始め危うくバンカー手前。
スライスってイカンね。距離がでない。おまけに危険だ。
2打目地点に行くと、まあー、グリーン手前を大きな木々が邪魔している。
でもね、なんだか9番アイアンで高く打ったら、木を越えてそのままスットーンと乗りそうなのだ。
でも、木が高すぎるからPWで打つと、ものの見事に木を越えてそのままスットーンと。
えー、まるでプロみたい!(笑)
まあ、微妙にカラー部分だったけど、ここも難なくパー。
おまけの4つ目。
8番は155ヤードのショート。
「?155ヤードって、ここはいつも170ヤードくらいあるのに、155ヤードってどう打てば良いんだ?」
こんなに短いとかえって悩んでしまう。
アゲインストだし、7番アイアンでは明らかに短いだろうし、7番ウッドは練習してないし…結局7番アイアンで打ったらやっぱり短かった(笑)。
でもまあ、ようやくチップインを狙っていけるレベルが復活したので、ここは楽々の寄せ1でパー。
おまけが5つ!




 
ん…こうなるとおまけの30台なんていうモノを狙いたくもなる(全く図々しい)。
ラスト9番がパーなら30台だ。
折しも風はフォロー。
9番は578ヤードのロングホールながらフォローなら可能性がないわけではない。
ちょっと慎重に…いやいや、リラックスしてドライバー一閃!
んー!まあなんとかかんとかフェアウェイど真ん中!
曲がらなかった。真っ直ぐだ。完璧じゃないけど真っ直ぐ!
2打目3番ウッド。
これはバッチリ!
残り190ヤード。
3番ウッドでなら届く距離だ。
まだ期待している(笑)。
でもまあ、グリーン右隣のバンカーイン!
へえー、届くんだ…と届いたことに満足。
そこからバンカーは得意。
一応、プロ感覚で狙ってはみるけど、まあ無理!確実に無理。
という事で、最後はボギーで、結果は40のパット数15。
まあ、今日は悪いのはドライバーだけで、3番ウッドもよければ7、8、9、PW、AWのアイアン全てがいい。
特にパターは見違えるようで我ながら迫力のパターとなっている。
うん、こう言うゴルフは久々。
楽しいもんだ♪
明日へと続きます。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


な〜んにもやる事がない午後。
「お昼何を食べますか?」
と言われても、何にも思い浮かばない。なんだって良い。
「ラーメンで良いよ。カップラーメンで良いよ」
「あっ、それで良い♪」
簡単なもので上さんも嬉しそうだ。
そうそう、あなたの楽なものしか思い浮かばないんだよ。
そのカップラーメンを食って…いよいよ暇になった。
なーんもやる事がない。
縁側があったら縁側に座って恍惚とした顔をして座っていればさぞかし似合うことだろう。
そう言えば、先日の面接で女子大生に、「あなたのお父さんより年上だよ」と言ったら、目を丸くして驚かれた。
あげくに、「お若いですね!」と感激されてしまった。
いやいや、相手は褒めたつもりかも知れないが、少しムカッと、まあ、イラついたのだ。
なーんもやる事がないまま、1時を過ぎ、2時を過ぎ、3時を過ぎて株のマーケット時間が終わると…なんだか本当に暇になった。
一人ぽつねんと。
そうだよなー
同期の連中はもう皆引退してるんだよな。
何だ?この宙ぶらりんな立ち位置は。
幸なのか不幸なのかもよく分からない。
3時30分。暇をもてあましてゴルフへ行くことにした。
御所野テルサならまだ入れてくれるだろう。
勿論一人だ。こんなものに付き合ってくれる暇人はいない。
心臓病のこともあるので、一人で行くのは甚だ危険なのだが、まあ、危ない!と少しでも思うようなことがあればすぐに止めて木陰で休んでいよう。そうそう、携帯は忘れちゃあイカンな。




 
 
心臓病のことさえなければ、御所野テルサは、間違いなく健康を作ってくれる。
なんだか、最近は筋肉が出来た感じがするのだ。
気にもしてなかったのだが。先日風呂の前の鏡で自分の裸を見ると上半身がムキムキッと。
試しに胸筋をきゅんきゅん動かしてみると、随意筋のようにキュンキュンと。
おいおい、お前さん60歳だろう、と一人ほくそ笑んだ。
ちょっとね、あれは気分が良い(笑)。
まあ、ハーフで終わればちょうど良いか、と気楽な気分なのだが、思いの他身体がよく動く。
いつもだと動かすのにも辛いほどなのだが、今日は至ってスムーズ。
1番を軽くパー。
でも、2番で早速ボロが出た。
50ヤードのショートなのだが、ここ1年ばかり、練習もしてないもんだから、とにかくサンドが苦手。
そりゃあそうだ。1ミリの誤差もなくスウィングしなきゃいけないサンドなんて上手く行くはずもない。
当てよう、上手く当てようとすればするほど右手に力が入って1センチ以上も狂ってしまう。
50ヤード予定が30ヤードしか飛ばず、2打目もサンド。それも失敗してやって3オン。
まあ、これがね、昔じゃあ考えられない。結局、3オン1パットのボギー。
ここから、ティショットでティを使わないことにした。
一人ゴルフだとティはめんどくさいのだ。
ボールの行方を追って、ティの行方を追ってなんて芸当は最早無理!
3番はAWが良い働きをして高く真っ直ぐ!
おー、良いじゃないか!と思ったのだが、108ヤードのショートをオーバーしてしまった。
ん?AWで110ヤードも飛ぶようになったのか?と少し嬉しいのだが、まあ、飛んでくれたとしたら復活の兆しだ。
そのグリーン奥から、またまたサンドをザックリ…またしても3オン1パットボギー。
4番は200ヤードのミドル。…なんだけど、若干のフォローで3番ウッドで届いてしまいそうだ。
まあ、届くなら届け!と色気を出して思いっきり打つと、後15ヤード!
う〜ん、惜しい!
でもそこから、今度はAWでの寄せをザックリやっちまって、結局は3オン1パットのパー。
ん…なんだか、寄せの短い距離がとことん苦手になってしまったんだって事がよーっく分かった。




結局ね、自信がないとびびってる。疑心暗鬼で打っている。確信が持ててない。
こうなると素人よりまだ手が悪い。
5番は崖超えの161ヤードのショート。
風はアゲインストだし7番アイアンだし届くはずもない。
まあ、近くまで行けばいいかと、打つと、これが案外良い当たりでグリーン3メートル手前。
昔、こういうのはチップイン狙うのが当たり前だったよなー。
と思いつつ、「びびるな!きっちんと打つんだ!ピンなんか見なくて良い、目標を定めたならボールだけを見るんだ!」と念じ、きっちんと!打ったつもりが…芯を外して、「あっ!」と小さな悲鳴が上がる。
と、そのボールはコロコロとピンに向かって…軽くカーブを描いてスッコーン!と入りやがった。
まあ、これもゴルフだよなー。当たり損ないだけど(笑)。
ま、目出度くもないけど目出度い結果に。
そこから憑き物が落ちたようなゴルフになった。
6番ショートは86ヤード。
本来ならサンドだけど、試してみたいことがあって、AWを短く持ってスリークオーターのフルスウィング!
するとボールは真っ直ぐ!さすがに少し大きめでカラー部分まで行ってしまったけど、ここをパー。
圧巻は7番120ヤードのショート。
前にも書いたけど、このショートは少しおかしい。
ティグランドの右手は大きな木で塞がれていて、グリーンは左側1/3しか見えない。
その1/3を狙って行けと言うのだから相当無茶。
まあ、いつも失敗して大けがしているのだが、
「分かりましたよ。木のてっぺん左ギリギリ狙えって言うんでしょ。狙いますとも」
と一人呟いて、狙ったその一打は、ドンピシャ!木のてっぺんの左をスーッと抜けてピン1メートル弱にドッスン!
何だかねー、神がかっているのだ。
で、ここもバーディ。
ここまで全て1パットか0って言うのも凄い。
8番は208ヤードのミドルなんだけど、なんだかここも届いてしまいそうな気がしてしまう。
何だけど、実際は5メートル手前。そこからサンドで寄せて(これは上手く行った!)、2オン2パットパー。
あれあれー?
もしかしてもしかするとパープレイなのか!?
最後の120ヤードショートがパーならパープレイだ!とちょっとドキドキしてしまったのだけど、この私にそんな格好いい幕切れなんて似合うはずもなく、ボールはグリーンを前にしてなぜか失速。
カラー前に落ち、そこからチップインを狙うも…狙った分遠くへ転がり、3メートルのフックラインを残した。
もちろん下り。フックラインと言っても微妙で、ボール1個分か2個分。
これを決めたらパープレイ完成だ!というそのパット。
ボールは予想通りカップの右から左に緩やかに切れていき…カップの左ギリギリを通って外れていった。
「カップ4個分だったか…」
こういうのを入れるプロってどういう頭してんだろうね。私には一生無理だわ。
という事で、結果、1オーバーの30。パット数は過去最少の10。
まあ、何かが少し掴めたのかなって感じ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


のーんびり。
こんな(御所野テルサ)ミニコースで一生懸命走り回って、それこそ心筋梗塞で倒れでもしたら、それは世間の笑いものになってしまう。
疲れたら無理する必要はない。途中で止めれば良いだけのこと。
50歳でゴルフをやり始めた頃は、毎日のようにここに来てゴルフして…あの頃は別に辛いとも思わないで、今に比べれば、まるで猿のように駆け巡っていた。
今じゃひぃひぃハアハアだ。
まあ、何とも足が辛い。上り坂は特に辛く、ふくらはぎが悲鳴を上げる。
上さんも辛いらしく、珍しく「ふくらはぎが!」「腰が!」と弱音を吐く。
そうそう、昔は、弱音を吐くのは決まって私だったでしょ。
なのに、最近は君から弱音が出るようになってしまった。
もう少し運動しないとな。
食も減らさないとな。
食べ過ぎだろうあんたは。




 
まあ、スコアなんてどうでもいいのだが、前半は6オーバーの35。パット数は15。
上さんは10オーバーの39。パット数は16。上さんにしては良いゴルフだ。
私のはまあどうでもいい(笑)。
ただただ、アイアンの調子を確かめている。
相変わらずスウィングが安定せず、狙った所にフェースが降りていってない。
問題なのは、前後も違えば左右も違うと言うこと。
まあ、最悪って事だ。
つまりは、下半身の体幹がしっかりしてないからこうなる。
体幹がしっかりしてないって事は、私にはどうにもならない問題。
困ったもんだ。
走るのはダメ。重い物を持つのもダメ。
じっくりと散歩でもするしかない。
そう意味では、この御所野テルサは絶好の場所だ。
絶好には違いないのだが、ハーフを終わって疲れてきた。
でも、せっかく800円になったのだから、しっかりと楽しんでいきたいという気分になった。
この辺が面白い感覚で、定価の6.000円だったならハーフでとっとと終わって帰っている。
800円の格安料金を自分の手柄で勝ち取ったのだから「最後まで」という事になった。
まあ、その後半のハーフで二人の肉体は限界を超えひぃ〜〜〜〜〜!という事になった。
足は痛いわ腰は痛くなるわ、膝が痛むわ。
私は普段さほど痛めてもいない左膝が痛み、上さんは腰を痛めた。
夜の早々に、上さんは疲れきった顔でソファーの上で眠り始めた。
体を揺すっても容易に目覚めない。
まあ、弱くなったもんだ。
まあね、これが普通なのかも知れない。




ちなみに、後半は、8オーバーの37。パット数14。
上さんは、10オーバーの39。パット数19。
あれ?負けそうだったのね(笑)。
ん…もう少し御所野テルサでの回数を増やしたい。
健康への第一歩のような気がする。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


元大関の魁傑が急死したと聞いて驚いた。
享年66歳。
そうだよなー、まだそんな年だったよな。そう言えば、なんだか不健康そうな顔色をしていたけど…。
聞けば、ゴルフ場での練習中に虚血性心疾患で倒れ、と聞いて…そうかー、そりゃあ私の病気と一緒だ。
虚血性心疾患というと、何やら難しげな病気だけど、要は心筋梗塞とかそう言う病気の総称のこと。
何年か前、まだ心臓病だと分からなかった時に、ゴルフに行く度に心臓が痛んだことがある。
朝早くにゴルフ場に行って素振りをすると早速心臓が痛むので、
「ん…心臓が痛いなー」と言いながらゴルフをしていた。
3ホール目当たりからその痛みは徐々に和らいで
「おー、血が回ってきたのかなー。痛みがなくなってきた」
「えー、ホントに、よかったね♪」
まあ、無知って言うのは恐ろしいもんで、運が悪かったらゴルフ場であの世行きだった。
そんな状態がしばらく続いて、症状は更に悪化していった。
鰻を食べると更に症状は悪化して、鰻を食べた夜に、
「栄養摂りすぎだよね、散歩でも行くか」
と夜の散歩に行くと、散歩の途中で心臓が痛み出し、腹が痛くなり、背中が痛くなり蹲ってしまう。
これはどうしたことか?
まあ、尋常じゃないことが自分の身体に起こっていることぐらいは分かる。
それでも、運動が足りないんだと思い、更にゴルフに行き、更に散歩を懸命にやろうとする。
彼のことを知る由もないのだが、元大関の魁傑も恐らくそんな心境だったのではないのか。




私の場合、ゴルフで心臓が痛むのはともかくとして、たかが散歩ごときで痛むというのはいくらなんでもおかしい。なので、糖尿病の主治医に通常診察のついでに簡単に聞いてみた。
「以前からゴルフに行くと心臓が痛むんですが、それが最近では、夜のお散歩時にも痛んで蹲ってしまうほどなんですが。これは何なんでしょう?」
すると、医者の血相が変わった。
「そりゃあ心臓だ!」
「心臓って、心臓が悪いんですか?」
心臓の病気なんて自分の病気として想像もつかなかったのだが、糖尿病が進行し、長くなると普通に合併症としてあるものらしい。
脳天気なもので、
「でも、ゴルフ場で倒れてもすぐに救急車がきて助かるんでしょ?」
「いえ、心筋梗塞では殆どの人は亡くなります」
「えっ、でも心筋梗塞で助かった人大勢知ってますけど」
「それはかなり運のいい人です。若しくは、話を誇張して伝えているかですね。ゴルフ場なんて辺鄙な所で心筋梗塞を起こしたらほぼ確実に死ぬと思いますよ。それに痛いですよ。のたうち回るくらい。私はやったことないのでその痛みは分かりませんけど」
まあ、そんな会話があって、すぐに心臓病の先生の方に回され、検査検査であっという間の心臓手術。
まあ、生きた心地がしなかった。
心臓手術の時は遺書を書こうかと思ったくらいだ(笑)。
当時は田舎暮らしの母親がまだ生きている時で、
「母さん、あのな、来週からしばらく来れなくなると思うんで」
「なんで?」
「心臓の手術するから、もしかしたら母さんよりも早くあの世に行くかもな」
そう言うと母親らしく悲しげな顔になった。
で、玄関で再度、
「という事で来週来れないからね」
と言うと、また、
「なして?」と。
ん…これはかなり呆けているな(笑)。
まあ、その後手術も無事済み、復帰したのだが、心臓は人並みに動いてくれないようで。運動のために走ろうとしても、50メートルも走ると心臓がバクバクいって破裂しそうになるようになってしまった。
走るのダメ。雪かきもダメ。重い物を持つのもダメ。
どうすりゃあ良いの?と思っている内に、一昨年の夏、秋田CCでゴルフしている時に、トイレで倒れて救急車で運ばれる騒ぎになってしまった。
まあ、こんなんで体力に自信を持てと言われても無理というもの。大体、誰もそんな事は言わない。
でも、いくら何でも、それでは体力はドンドン落ちてきてしまう。
落ちて落ちて、今年の春先頃は、ゴルフの練習へ行っても、打つのはせいぜい20〜30球。それ以上打つと胸が苦しくなってきてしまう。
それこそゴルフ場で死んでしまう。
でも、それじゃあイカンでしょうと、徐々に練習量を増やし、夜のお散歩も積極的にこなし、最近では、どうにかこうにか100球近くは打てるようになってきている。
ただ、手術後の運動への恐怖感から、体力はごっそりと抜け落ち、筋肉もごっそりと抜け落ちた。
あるのは意味不明な体調不良だけ。
まあ、病人のお話。健康な人には興味も何もない話。
問題は、私が何もしなくなったことから上さんまで何もしなくなってしまって、最近は上さんの体力が目に見えて著しく衰えてしまっている。




で、週一日曜日のゴルフな訳なのだが、先日の日曜日は、生憎の雨。
午後からなら晴れるということだったので、午後になってから予定通り御所野のミニゴルフ場へと出掛けた。
受付を済ました上さんはルンルンした顔でやって来た。
「あのねー、スタンプカードで二人で800円になったのよ♪」
「えっ、スタンプ貯まるほど来てないだろ」
「去年のヤツとかかき集めてきたのよ」
「よく見つかったなー。大したもんだ」
うん、大したもん。女というのは、いつでも恥知らずになれる(笑)。
でもまあ、おかげで5.200円の儲けだ。
御所野テルサの良い所はとってもハードなこと。
そんじょそこらの普通のゴルフ場の1.5倍くらいはハードだ。
山あり谷ありの山岳コースを歩きでヒィヒィ言いながら進まねばならない。
とっても良い運動になる。
1ラウンドするだけで、血糖値が確実に80は下がる。
「まあ、のんびりやろう」
そう言って1番のティグランドに向かったのだが、まあ、えらく混んでいる。尋常な混みようじゃない。
ちょうど一人プレイの人が進み、その後ろには4人組みの爺さん達が控えている。
この4人組みの爺さん達はここへ来ればほぼ確実にいる人達で、まあ、やたらとプレイが遅い。
なので、我々は一気に5番ホールへと向かった。まあ、ショットガン方式みたいなもので、この辺の無礼講が許されるのもこの御所野の良い所。
さあー、運動だ運動だ。歩くぞー。
と始まったのであったが、つくづく体力が無くなったものである。
私も上さんも。
続きは明日。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


何年ぶりになるんだか、沖縄ゴルフ旅行に行くことになった。
毎年行っていたのだが、何年か前に行った時、私の身体が壊れて歩くこともままならなくなってしまって…コースに行く直前突然右足がおかしくなって、「あれ?足が痛い!動けない!」と歩くこともままならなくなって、ゴルフどころじゃなくなってしまった。
沖縄の暑い所で2日連続のゴルフは、この体では無理と悟って、あれ以来興味が薄れてしまった。
沖縄の一人勝ちの風景も気に入らなかった。
自分たちで何も稼いでもいないクセに、本土からの多額の補助金であれもこれもと贅沢三昧に建設しまくっている。
本土の方は、長い不況で苦しみ喘いでいるというのに、何なんだこの脳天気ぶりは…。
震災の痛みを少しでも分かち合おうという気はないのか?
本土の人間が、皆々、なけなしの金はたいて寄付金を出したというのに、こいつらは血税をかすめ取って生きている。
そんな想いが沸々と湧き上がってきてしまって、どうにも沖縄というものに魅力を感じなくなってしまっていたのだ。
かといって、今更海外旅行に行く気にもなれないし、一番楽なのはハワイなんだろうけど、ハワイは遠い。
しかも、あんなつまらん所に長い時間かけて行っても時間の無駄としか思えない。まあ、もっと近ければ行くんだろうが。
かといって東南アジアにしてもヨーロッパにしても食事が辛そうだ。
やっぱり沖縄しかないか。




沖縄は、沖縄の地元のものは食べられないけど、ゴルフ場の食事は大満足なのだ。
ゴルフ場のレストランを渡り歩けば、少なくとも食い物には困らない。立派な日本食が食える。
という事で沖縄だ。
上さんに旅行会社から沖縄のパンフレットをいっぱい持ってきてもらった。
いっぱいあり過ぎて何が何だかさっぱり分からない。
まあ、私はこういうの苦手。上さんは得意。しかも好き。
私は見るのもすぐに飽きたのだが、上さんは一生懸命研究する。
何が面倒って、旅行のパンフレットというのはとにかく分かり難い。
ABCDのアルファベットが振ってあって、そのアルファベットで値段がまるで違ってくる。
例えば週末なのか平日なのかでも大きく値段が違うのだが、時期によってもまるで異なる。
夏休みが近くなればなるほど値段は跳ね上がってくる。
いやホント、跳ね上がるという感じだ。
例えば同じ条件のコースなのに、6月の初旬が8万円位なのに、7月近くになると12万円、7月中旬になってしまうと15万円!
あー、アホくさ。
この他にも諸条件、例えばレンタカーをどうするとか、各施設のチケットをどうするとかで、更にまた金額が違ってくるらしい。
旅行会社ってバカじゃないのか?
大体、こんな面倒なものなら、旅行会社に行って
「一番安いの下さい」って言ったら教えてくれればいいのに、
「その旅行会社の人間も分からないし間違えるのよ」
なんだと。
よくそれで給料もらっていられるもんだ。
旅行会社の意味あるのか?




にしても8万円だの10万円だのバカ高過ぎるんじゃないの?そんな金出して行った覚えはないぞ。
大体、GW終わった直後なんだからスカスカだろう。今頃沖縄に行くヤツって頭おかしいだろ(私たちです)。
だったらもう少し安くて良いはずなのだが。
私も娘もパンフレット見るのに疲れてしまった。
上さんだけが熱心に見比べている。
「おい、今頃の沖縄旅行で9万円位って高くないか?旅行会社のヤツらさあ、多分ね、どうせ安くしたって客なんか来ないからって高く設定したんじゃないのか?」
「あり得るね」
まあ、この辺は商売人商売を知るって事で(笑)。
 
疲れたので一日おいた。
上さんは、全て抜き出して値段比較を終えていた。さすが!
で、結論は、一番お得で安いのが一人89千円。
6月の沖縄が?一人89千円だと?何だそのギリギリ9万円割れのわざとらしい設定は?
どうせゆとりが考えた発想だろう。
「おーい、ネットでもっと安いのあるんじゃないか!探してくれ〜!」
ネットとなれば娘の出番だ。
「チラッと昨日見てたら、今、バーゲンやっててその中にANAのバーゲンもあったのよ。だからもしかしてあるかも知れない」
ほどなく…
「あったよー!59千円!どう?」
「どうもこうも89千円と59千円と何が違うんだか検討して!」
ここから一気に事態が動いて、まあ、レンタカーが付いてないとか、水族館のチケットが付いてないとか色々細かなことがあったけど、沖縄素人じゃあるまいし、そんなチケットなんかいるかー!59千円の方が良い!
まあ、同じなら安い方が良いに決まっている。




「ちょっと待って!ホテルは?ブセナテラスじゃなきゃ嫌だよ!」
ブセナはサミットが開催されたホテル。
「大丈夫!ブセナだよ!」
ナニー、それでそんなに安いのか!?
一体どうなってんの?あの大量のパンフは何のためにあるんだ?
「もう、レンタカーもネットで予約しちゃった方が良いよね」
「ゴルフも予約しちゃおう!」
という事で、レンタカーもゴルフも予約。ゴルフは一人18.000円のところが13.000円。
細かいことを言えばゴルフパック付きツアーよりも1.000円高いだけ。
という事で結局、パンフよりもネット予約の方が一人30.000円位も安くなって、3人だと9万円も割安という結果に。
まあ、家族3人、沖縄旅行行って最高級のホテルに泊まってのんびり3泊4日過ごして20万円弱なら十分だろう。
ちなみに、ゴルフは沖縄に到着した翌日から2連チャン。
まあ、のんびりやるさ。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


全く世の中騒がしいもんだ。
煩悩小僧どもが、少し大人しく生きられんもんかね。
あれだな、中国って言うのは遅れてやってきた少年というか餓鬼と一緒なんだな。
ようやく世界に肩を並べてきて、ふと周囲を見てみると、アメリカというガキ大将が何から何まで決めてしまっている。おいおい、ちょっと待てよ。そこはおれんとこの庭だろう。何勝手な事決めてんだ?返せよ!
で、少しはったりかまして大きめに要求したらちょうど良い所に収まるんだろう、という田舎根性。
美しい街並みの穏やかな住宅地に狼藉者が棲みついたようなもんだ。
で、世間は荒れに荒れまくると。
中国に比べれば、ロシアなんてまだ理がある方だ。韓国はただの餓鬼だし。
そいつらで勝手にケンカしてなさいって。
ケンカしたい人を止めようって言っても無駄。勝手にケンカさせて疲れ切ったところで仲裁に入らないと火の粉が飛んでくる。
なんたって一番の親玉のアメリカの大統領がリーダーシップないしなー。要するに、アメリカの大統領に相応しくないんだ。
 

 



そんな事はどうでもよくて、こっちは大人しく人生を全うしたいだけ。
そろそろ、人生の終焉に近づいているんだから、出来るだけ静かに生きて残りの人生を楽しみたい。
ゴルフは楽しくやるもんだ。
という事で、今日のゴルフのテーマは楽しく。
私よりも、家族が楽しんでくれれば、という殊勝な気持ち。
まあ、なんと立派な心がけなんでしょう(笑)。
楽しく!という事であれば、とにかく褒めまくる!何かにつけて笑い転げる!
まあ、上さんのドライバーは素晴らしい。「ナイッショー!」の掛け声の連発。娘は、更にその上を行って
「出ました!ズルッ子ボール!」の連発。
いや、あのね、娘のボールは、私のボールの手前に落ちて、そこから遙か彼方100ヤード位も先に転がっていくのだ。
唖然としてしまうのだが、なんとも羨ましいボール。
何だろうね、順回転というか、回転が良いんだろうね。あの球質は羨ましい。
さて、急いでやっているわけでもないのに、3番ホールで男4人組みに追いついてしまった。
時間的に、この人達の後ろでやっていると雨に祟られてしまう。
明らかに遅い。のんびりやってはいるけど、それを遙かに上回る遅さ。
3番4番は我慢したけど、
「追い越すならここだね」
「うん、ここしかないな」
という事でスルー決定!
彼らの横を通ってカートを進めると、キャディさんが気がついてご挨拶。こちらもご挨拶。
暗黙の了解が出来て、「まあ、5番は全員パーって事で」と提案。
「えー、それはラッキー♪」と、それもまた喜びになってしまうようなゴルフ日和♪
6番のドライバーはまあまあいい感じだったのだけど、アイアンが飛び過ぎてグリーンオーバーのボギー。
ん…今日はなんだか変だ。体がいう事を聞かない。
7番ロングで、またしてもドライバーが…ひっかけ!…あー、珍しい。
まあ、今日のドライバーはどうにもならんね。いやいや、アイアンもどうにもならない。何しろ、狙った所にフェースが入っていかないし。
まあ、こんな日は諦めるしかない。下手に調整してしまうと、後で取り返しのつかないクセが出来てしまう。
まあ、今日は体調が悪いって事で。
7番ロングは悲惨を極めて、木の間から出してレイアップ。そこから3番ウッドで快打!う〜ん、今日は3番ウッドだけは頼りになる♪
でも、4打目120ヤードを打ち損なって、ぎっこんばったん6オン1パットのダボ。
8番ショート157ヤードは、いつも通り7番アイアンで打つと、これが今日一番の大当たりで…人生最大の当たりでグリーンオーバー。
…おい、お前はいつから170ヤードも飛ぶようになったんだ?
全く訳分からん状態(笑)。で、結局、2オン2パットボギー。
「どうしようもないなー」
と諦めた最終9番。椿台CCで一番苦手なコースなのだが、アゲインストの中、珍しくドライバーが当たり、2打目の3番ウッドが好調でグリーンエッジ。まんまと1パットパー。あはは。
結局、41のパット数14。
そう言えば、最後はパターまでおかしくなってきてた。
娘が45の16。上さんは52の20。
 

 



そのまま後半戦はさつきコース。
相変わらずドライバーの調子はアカンタレだけど、まあ、何とか我慢のゴルフで、ボギー、ボギーの後、3連続パー。
後半は、あの4人組みをスルーしたおかげで人影全くなし。どう言うわけか貸切状態。不思議だね、駐車場はあんなにいっぱいなのに。
結局、ゴルフの立て直しは出来ないまま、前半と同じく41のパット数16。
トータル82のパット数30。
上さんは、104の35。娘は、96の34。
 

 



やー、疲れた。でもまあ、楽しいゴルフが出来たじゃないか。
雨もポツリとやってきたし、この時間に終われて良かった。
と、清算してもらうと、13.000円ちょっと。
「えー、安いなー」
「えっ、今日レディースディとかですか?」
「いえ、さくらーさくらプランでは?」
「いえいえ、後半はさつきコースでしたよ」
「えっ!ちょっとお待ち下さい。あー、すいません!」
という事で、めでたく3人で23.000円位に大幅アップ(笑)。
まあ、ゴルフ場はよく間違えるのだ。

 



 
で、本日の会話。
「ねぇ、明日(日曜日)のゴルフどうする?天気調べたら雨の予報なのよ」
「雨かー。雨じゃあなー」
「夕方近くには晴れるみたいなんだけどね」
「だったらやらなくて良いな。もし、午後から晴れたら御所野のテルサでやれば良いんじゃないか」
「やっぱり♪うん、今は体を絞りたいって感じだから、その方が良いかも」
「まあ、運動になるって言ったら、御所野の方が運動になるからなー」
という事で、明日のゴルフは、晴れれば、という限定で御所野のミニゴルフに決定。
体力的には御所野の方が運動にはなる。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


日本の集団的自衛権の議論がいよいよ本格化しそうだけど、その事に関してまた韓国がごちゃごちゃとぬかおって、 歴史問題がどうとか…一言
じゃかましいわい!
国交断絶しているような国がごちゃごちゃぬかすな。
と言ってもまあ、集団的自衛権に諸手を挙げて賛成しているわけでもない。
そもそも憲法9条の問題だったはずなのに、なぜ、誤魔化しをかけて集団的自衛権にすりかえて憲法解釈の変更という話になってしまうのか。堂々と憲法9条の是非に関して議論を尽くせばいいのに。
まあ、ものの順番からして難しいのだという事は分かるけど、そもそも、敗戦国はいつまで敗戦国らしくしていかねばならないのか、もう十分に禊ぎは済ましたんじゃないのかという議論。国連での十二分な金銭的な負担という形での戦後補償、個別な国との国交回復に当たっての十二分な戦後補償。これらが、明らかな戦後補償という形を避けて通ったために、今頃になって図々しく個別保証しろという問題があちらこちらで勃発している。
その姿勢は、まるで戦後補償をしてもらってないと言わんばかりだ。そうなのか?
日本人は汗水垂らして働き、税金を一杯払って、その補償を政府にお任せして支払ってきたぞ。
補償をするって意識はなかったと思うけどね。無論、相手にも補償してもらったという意識はない。
全て補償という形を変えてあうんの呼吸にしてしまったからだ。
でも、補償は確かにしてきたのだ。韓国とはプラスマイナスの計算をして、きっちりと金額を出して、韓国国民への補償は韓国政府がキチンとすると約束して、誓約書を交わして合意したのだし、中国へは、国交回復後、長きに渡って日本の対中政府開発援助ODAという形で経済支援。円借款も含め総額3兆6000億円以上。この日本の経済支援がなければ今の中国の復興はあり得なかった。
勿論原資は日本人が汗水垂らして働いた税金だ。
十分なのか十分でないのかは知らないが、中国政府は自国民に日本に助けてもらった事は知らせずにいるもんだから、僅かな知識人だけがその事実を知っているという有様。
中国政府そのものは、戦争賠償の代替として認識しているとは指摘されているが、中国の国民にはほとんど認識されていない。しかも、政権が変わる度に解釈を変えてくるのは日本もかの国も一緒。
要するに、こう言った問題を何度でも歴史が続く限り持ち出してきては、いつまでも戦後があるようにしてしまう。
あちらにとっては、戦後はいつまでもあった方が得だからだ。あー、あほくさ。



 
 
まあ、この問題を考えると長くなるのでゴルフの話に行きましょう。
御所野のミニゴルフに行ったその夜。風呂に入った時に、自分の体が大きく筋肉質になっている事に気がついた。
あれ?胸筋が…ついてきた。
大して運動もしてないのに不思議であるが、自分の体は筋肉がつきやすくなっているみたいだ。
ちょっとゴルフを始めたくらいで、すぐに胸に筋肉がついてしまう。腕も太く逞しくなっている。
試しに胸筋をクイッと動かしてみるとクイクイッと動きやがる(笑)。
お前老人だろうが!と思うのだが、少し嬉しいではないか。




 
 
で、昨日は完全休養。ここ数日、かなり無理して働いたので会社そのものを休みにしてゆっくりと休養に充てる事にした。
普通ならゴルフに行ってバランスの壊れている体をきっちりと鍛え直したいとも思うのだが、何しろ、体がいう事を聞かないほど疲れ切っている。
なので、先ずは寝るだけ寝る。起きた時にゴルフに行く時間があったら行きましょうという事にした。
ところが起きたのは朝9時。意外に速い。
皆を起こさないようにと、そろりとトイレに行くと、上さんは既に起きていて猫のロビンと遊んでいた。
「なんだ起きてたのか?」
「体が痛くて寝てられない」
「そうだよな」
などと言いながら二度寝をしようと思ったのだが、やはりもう寝てはいられない。
でも娘は熟睡中だ。まあ、若いと何時間でも寝てられるもんだ。
その間天気予報を見ていると、今日の雨の確率は50%となっている。
「50%じゃあゴルフに行ってられないなー。午後から50%って言うんだから、これから降ってくるんじゃないの」
そんな話しをしながら見ていると、最近の天気予報って便利になったもんだ。
今後4時間の雨雲の動きの予想図なんてものがある。
それを見ると、初めはまるでなかった雨雲が…日本海側からズンズンと押し寄せ、午後4時頃には秋田県の沿岸に急接近!
「これだ!つまり、4時頃には大雨になるぞ!娘を起こせ!」
となって、急遽椿台CCに予約。
無事、11時30分スタートの予約が取れた。
さあー、行きましょう。リハビリゴルフだ。
うん、なんだかね、今日のゴルフは特別なのだ。
目的はゴルフのスコアじゃなくて体のメンテナンス。とにかくゴルフをして、体の色々と歪んだ所を真っ直ぐに直す事が目的。
1ヶ月に一度、これをやらなくっちゃあ体の歪みを抱えたまま1ヶ月過ごす事になってしまう。



 
 
スタートはさくらコースから。
もう、ティグランドが遠い事には諦めた。今後はずーっとそう言う設定なんでしょう。
ろくろく準備運動もしないまま放った第一打は、ちょっと右へ。
まあ、リハビリなんで下半身リードとかバックスウィングのトップの位置とかな〜んも気にせずに打った結果。
取り敢えず、スウィートスポットに当たらなかった事だけは分かる。
まあ、こんなもんでしょう。
とタカをくくったのだが、その後、ドライバーは、一度も真ん中のスウィートスポットを捉えることなく、グダグダゴルフとなってしまう。
そのくせ、上さんの練習スウィングの時に
「あー、ダメダメ。また悪いクセが出ているよ。打つ方向に体がスエーしている。腰を動かさないで、体の左に壁を作りつもりでドシッと構えて打って」
とアドバイスを送ると、上さんにはそれがすぐに出来て…
ドッカーンと一発。バンカーを大きく越えてフェアウェイど真ん中。
「ひぇ〜、あんなに飛んだの初めてじゃない!」と大歓声。
続く娘のドライバーも、その上さんをオーバードライブするビッグドライブ!
ところが、私は3番ウッドで打った2打目がグリーン横のバンカーまで届いて3オン1パットのパー。
上さんは何をやってたんだか、5オン2パットのトリプル。娘も、残り100ヤードから何をどうすればそうなるのか4オン2パットのダボ。
なんとも不思議なヤツらだ。
2番へ進んでも、相変わらず私のドライバーは始末に負えず、あんな軽いドライバーなのにダフリ!
上さんも娘も快打!フェアウェイど真ん中のずーっと向こう。
2打目はまたしても200ヤード近く残って3番ウッド。
これをグリーン近くまで運んで3オン2パットのボギー。
うん、今日は3番ウッドが良いな♪
上さんはボギーで、娘はパー。
ん…今日は娘に負けるかも知れない。3番ロングに行って、ようやくドライバーが芯を捉え、それなりに飛んでくれたものの、3打目の寄せのアイアンがどうにもならない。
なんだかねぇ、アイアンの軌道がおかしいって言うか、縦振りじゃなくって横振りって言うか、まあ、自信がない事に気づいた。
ここは4オン2パットのボギー。
4番ショートが珍しく136ヤードと短い。
「ヨッシャー!ホールインワンを狙うぞ」
まあ、今日は一日楽しくって言う気持ち。
狙ったその一打は、ピンそば1メートル!
まあ、普通はこうなのだ。で、楽々バーデイ。
娘もパー。上さんが当たりが良すぎてオーバーしてしまってボギー。
だけど、前の3番ホールで男4人組みに追いついてしまった。
参ったなー、このままだと雨に祟られてしまう。
急ぎたいけど、遅いし。明らかに遅いし。
で、続きは明日。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日は色々あって眠りに入ったのが朝方の4時頃。
そこから色んな夢を見て浅いんだか深いんだか分からない眠りを続け、途中で、その夢で起きてしまった。
私の特技のようなものだが、その夢の続きを見たくて私はまた深い眠りに入った。
そして朝の9時、朝食で起こされ、ボーッとして食事を摂り、そしてまた眠りに入った。
結局起きたのが昼の12時頃。
まあ珍しい。こんな時間まで寝ていたのは久しぶりだ。
最近は、真面目に生きよう働こうと思って、毎朝必ず9時には起きていたのだが…こんな時間まで眠るとは、おかげで体がスッキリしている。
あれ?どこも痛くないぞ。
なんというか、毎朝起きた時の身体の不調による不快感がないのである。
ボーとはしてるんだけどね。
それで気がついた。
最近、毎日毎日寝ても寝ても体のあちらこちらが痛むのは、睡眠不足だったんじゃないかと。




 
まあ、今日にしても睡眠不足には違いないのだが、私は老人のクセして今日中に寝るという事がない。
やる事やって、楽しむ事を楽しんで、寝るのは必ず午前2時とか3時になってしまう。
それで、毎朝必ず9時に起きるという事は、そりゃあ慢性的な睡眠不足だろう。
その睡眠不足の体に毎日睡眠不足を重ねているんだから体調も悪くはなるだろうさ。
まあ、今日はね、睡眠不足には違いないんだろうけど、それでもいつもよりはマシらしく、頭はボーとしつつも体はスッキリ。体のどこも痛まないというのは実に久しぶりな感覚。
昨日御所野のゴルフに行ったというのに、その後遺症もなく体の痛みはまるでない。
うん、なんだか今日は嬉しい発見だ。
毎日ちゃんと睡眠を取らないとダメなんだな。
老人なんだから、老人らしく生活習慣を改めなさいって事なんだな。
了解。
少し希望が湧いてきた(笑)。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


なんだか寝不足だ。
でも体が痛くてこれ以上は寝てられない。
そんな毎日が続く。
老人の体と理解するしかないのだろう。
連休前に引いた風邪がなかなか治らない。朝起きてからゴホゴホと咳き込む。
「う〜ん、天気もいいしなー、御所野のテルサにでも行って来るわ。ハーフで帰ってくるから」
そう言って御所野のミニコースへ出掛ける事にした。
なんだかのんびりとやりたい。かといって、ミニコースとは言え山岳コース。
1ラウンドもやってしまえば、心臓病がある身だからして心筋梗塞でも起こしかねない。
まあ、ハーフくらいがちょうど良いだろう。
何だってまあ、急に行く気になったのか。
それは昨日の夜、気に入っているゴルフブログを読んだからなんだろうなー。
なんて言ったっけ、タイトルは「ゆきさきはボールに聞いて」だったけっか?
その人がシニア選手権に出て、珍しく各ホール毎に詳細を書いていたので、ついつい感心してしまった。
何がって、その人は、8メートルだの13メートルだのをポンポンと入れてしまうのである。
そのくせ2メートルとか1メートルを外すのだが、それにしても8メートルだの13メートルなんて、私にはあり得ない。
まあ、いくらパットの名手と言ったって、そんなものが入るとすれば「運」以外の何者でもないと思うのだが、それも素人ゴルファーの及ばない考えかも知れない。
まあ、いっちょう狙ってみるか!という気になったのである(笑)。
ミニコースでまかり間違ってポンポン入ってしまえば、運を使い果たしてしまうような気もしないではないが。
という事で御所野テルサの1番。
あれまあ、風が変わっている。この間までアゲインストだったのに今日はフォロー。
ここは軽く1オン。
で、グリーンに行ってみると…ピンが立ってない!穴もない!
そう言えば、ピンが見えなかったもんなー。
ここはしょうがない。取り敢えず1オンしたんだから2パットのパーで良いだろう(笑)。
ちなみに、グリーン上には肥料がどっさりとまかれてました。
2番も1オン。
当初予定通り果敢に狙っていったのだけど、僅かに外れて2パットパー。
3番もショート108ヤード。
アゲインスト。困ったもんだ、打つクラブがない。
いくらアゲインストでも108ヤードをPWで打つわけにはいかないし、さりとてAWは100ヤードのクラブに成り下がっているしー…まあ、ここはオーバーしたら崖下なんで、ショート覚悟でAWで打つと、距離はちょうどピン横!但し、小さなグリーンで左にこぼれた。
そのこぼれた所から…まあ、パターで打った方が確実な感じはするのだけど、ここはプライドでAW。
何のプライドか知らないけどね、硬いグリーンを転がって2メートルオーバー。
狙った所に落としたのに…。
その2メートルが奇跡的に入って3連続パー。
私の場合は2メートルが入ればキセキ。
4番は208ヤードのミドル。
強烈なアゲインストを3番ウッドで振り抜くと…逆風をついてグングンと!
「あれ?今日は調子良いわ」
うん、何となくそうは思っていたけど、3番ウッドの出来を見て確信した。
成る程ねぇ、AWでさっきのが届くはずだわ♪
飛距離が伸びている?
さて、その30ヤード弱の第2打。
AWかサンドかで迷ったけど…だってなぁー、最近サンドが苦手なのよ。
でもサンドを選択すると、奥にコロコロと転がってオーバー。きゃん。
ここの奥は難しいのよ。
この短い距離をまたサンドで打たなければならないし、どう打った所でボールは転がり落ちていく。




のハズなんだけど、ボールはピンそば30センチでピタリと止まって4連続のパー。
ありゃまあ、この間の78はマグレだと思っていたけど、これは案外そうでもないぞ。
知らない間に、実力が回復してきている?
さて5番。谷越えの161ヤードはちょっと難しいショート。
風は変わってフォロー。
フォローだし7番で行ってみるか…と打つと、これがまたまた1オン!一体どうなってんの?
まあ、行ってみると大きすぎてカラー部分だったんだけどね。
ここもパー。
6番は82ヤードのショート。
そうなんだよねー、昔はサンドでちょうど良い距離だったのに、最近届かないんだよね。
でもまあ、フォローだし、サンドで打つと、何とまあ、ピン横1メートル!
で、これを沈めてバーディ!
いいのかこれ?
良すぎるだろう。
でまあ、バーディの後にボギーがくるのが私のパターン(笑)。
7番120ヤードは、本当に厄介なホールになったもんだ。
目の前が崖になっていて、右手正面に高く木がそびえていてコースを塞いでいる。
コースが半分しか見えない。
どう打てば良いんだか。
あの木の左横ギリギリを狙って、軽くドローをかけていくしかないな…と打つんだけど、そうすると、ボールは木の左側を抜け(狙いよりも2メートルくらい左)、小さくドローが掛かって左のグリーン横のバンカー。
まあ、バンカーを飛び越えてラフに行ってくれたんだけど、一体ここってどうやって打てば良いのよ。
正解は、木のど真ん中を狙って、そこからドローをかける…って、出来るかそんなもの!
じゃあ、スライス?PWで?
ヤだなー、そんな球打ちたくない。
で、AWで上手く打ったんだけど、ボールはホールをかすめて3メートルオーバー。
私にそんなもの入るわけもなく初ボギー。
8番200ヤードは3番ウッドが好調で、2オンに成功したけど、生憎とピン上3メートル。
なんだけどねー、ここのグリーンは極端な受けグリーンで、普通に打ってしまうと、どこまでも転がり落ちていってグリーンオーバーしやがる。
ヤな感じ。触るだけ。
で、これが功を奏して2パットパー。
うん、今日はパターも上手い!自画自賛。
最終9番に入って少し休んだ。
疲れた。汗に風が気持ちいい。
衰えたもんだ。
さて、風は横風120ヤード。
ここをパーで締め括ればパープレイだ。
真面目にやらないわけにはいかない。
いくらミニコースといえど、ここでパープレイというのは1回しかない。
PWでいいはずだった。
なのに、そのPWはグリーンオーバー!
まあね、素人ゴルファーには、何が幸いして何が災いとなるのか、神様だって分かりゃあしない。
休んで体力回復してしまったか、グリーンオーバーだと。
敢えなくボギーで(ここのオーバーは致命的で、全盛期でもどうにもならない)、トータル30のパット数13は1オーバー。立派!
いつの間にか上手くなってたんだねっと(笑)。




 
 
午後からは、ジャックジャパンの招集発表があって、まあ、大久保のサプライズなんかあったけど、あんまり面白くもないメンバー。まあ、そんなものだ、そんなもの。
…なんだけど、どうにも腑に落ちない。
誰かがいないような…誰だっけ?
で、ようやく思いだした。
中村憲剛(33=川崎)がいないんだ。
まあ、渋いっちゃあ渋いんだけど。
彼は、香川の代わりになる男だよ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 日曜日はゴルフと決まっているのだが、今日は珍しくゴルフに行かなかった。

まあ、仕事が詰まっているというか、やる仕事がいっぱいあったんで、ゴルフに行くよりも仕事をしていた方が精神衛生上楽かなーと。
で、仕事に夢中になりすぎて、いつの間にか女子ゴルフのメジャーも終わっていて…なんだか、成田とかいう若いゴルファーが優勝していて、てっきりフォーシャンシャンとかの外国人が優勝すると思っていたもんだから、驚きはしたけど感動もなくやり過ごしてまた仕事に没頭して、まあ、私の悪いクセで、一旦仕事に入ってしまうと10時間でも20時間でも仕事をしてしまう。
もう少し若い頃は、3日間連続で徹夜した事もあったけど、まあ、この年になったら今はもう無理だわな。
ついでにあの頃は腹も減らなくて、よく従業員に「よくもまあ腹なんて減るもんだ。この煩悩坊主どもが」と毒づいていた。
まあ、腹は減らないけど旨いものは食いたい。




思いだした!
ダルビッシュ、惜しかったなー。またしても惜しかった。
女子ゴルフの事なんかよりも、そっちの方が残念だ。9回2アウトまできて、バカかお前はー!
今度、ノーヒットノーランなんて言わずに、完全試合を2〜3回続けてやってくれ。
そして、そんな大記録を打ち立てた男が、実は日本から海を渡ってやって来た男なんだって、アメリカのヤツらに思い知らせてやってくれ。
まあ、そうなりゃあ痛快だわな。
で、もう少しで12時、日付が変わる。
その前に、上さんに母の日プレゼントで通販の洋服を20着くらいも買ってあげた。
まあ、上さんの嬉しそうな顔を見られりゃあ、この私も大満足だ。
なぜ通販かって、若い頃と違って、高級な服はもう似合わないのだ。
まあ、しょうがないね、老いだ老い。
老いと言えば、今日NHKで徘徊老人の話をやっていた。
それを見て、
「お前危ないなー」
「私もそう思うのよ」
「今の内聞いとこう。お前、どこに行きたいんだ?」
「私は家が一番よ」
「じゃあ、家に戻ってくるんだな」
「でも、一応、住所とか名前書いた札を貼っておかないとねぇ」
「ロビン(飼い猫)みたいにか。それいいな♪格好良くペンダントとかじゃなくて、分かりやすく、小学生みたいに布切れに書いた名札が良いな」
「それそれ♪」
たわいもない会話。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


20140510.jpg
70台のゴルフなんて目指しちゃあいない。
そりゃあ出れば嬉しいだろうが、そもそも今は…何というか70台に相応しいゴルフじゃないのだ。
23万円のドライバーのおかげで、ドライバーは全盛期の飛距離に戻った感があるけど、アイアンが全盛期のそれとは比較にならない。
いや、まるで別人のゴルフだ。
あの頃のゴルフはビシバシとパーオンを重ねていった。パーオン率は70%を越えていたかと思う。
悪かったのはパターだけで、1メートルが入らなかっただけ。今のパターがあったら(バーディもそれなりに取れて)とっくにアンダーパーが出ていた。
それがねぇ、今は120ヤードが乗らないのよ。
80ヤードも70ヤードも苦労している。
何というか、方向性もかなり悪くなったけど、アイアンの飛距離も落ちた。
落ちたら落ちたでいいんだけど、たまに飛距離が復活してしまうから厄介なのだ(笑)。
体幹がしっかりしてないから、どうしてもスウィングが微妙にぶれてしまう。
まあ、こんな体幹で70台のゴルフなんて目指せるもんじゃない。
 
という事で後半戦。
早くも体が痛んで疲れてきた。
「またさくらコースか。もう、ここは距離が長いのは当たり前なんだね」
「ありゃまぁ、グリーン上に人がいるよ」
「あらあら、困ったもんだ。11時頃には終わりたかったんだけどね。まあ、12時前には終わるでしょうよ」
それにしても山桜がまだまだ咲いている。白の八重桜もここのは綺麗だ。
ん…今年は、何度でも桜が楽しめて良いな。

 



さて、コースが長いと思うと、どうしても力んでしまうようだ。
「力んじゃいけないよ」と思うとますます力むものらしい。
ドライバーはミスショット。何とまあ、ミドルなのに180ヤードも残ってしまった。
おかげで3オン2パットのボギースタート。
2番も3オン2パットの連続ボギー。
まあ、人生どっかで帳尻が合ってしまうもんだ。
3番のロングで強烈なアゲインスト。
こうなりゃあ諦める。力が抜けて綺麗なスウィングになった。
いつもより遠いティマーカーなのに、アゲインストなのに、いつもと同じくらいの所まで飛んでしまった。
おまけに、俄に自信の付いた3番ウッドが快心の一撃で、残り135ヤード。
風はアゲインスト。グリーンは上り。
7番アイアンを少し短めに持ってスウィングすると…これが、若干当たり損ない!
それが功を奏した。上ってグリーンを見るとピン1メートル!
これを楽々バーディ。
これで気が楽になった。
4番ショート137ヤードはホールインワンまがいのナイスショットでパー。
5番ミドルはドライバー完全復活でパー!
うん、絶好調♪
ところが、6番で見事2オン!なのに痛恨の3パットボギー。
はぁー、腰が痛い。
3パットすると腰が痛かったことを思いだしてしまう(笑)。
7番ロングでは、腰の痛みでドライバーが朦朧として失敗。でも、3番ウッドがバカ当たりで取り返し!
7番アイアンも絶好調で3オン!バーディを惜しくも逃してのパー。
さあー、行け行けドンドン!
8番ショートも見事な7番アイアンで1オン2パットでパー。
う〜ん、疲れた〜!
「にしてもあれだねぇ、前の組、一向に我々を待たせないって凄いねぇ」
「1時間30分ペースだもんね」
「という事はパープレイペースなんだな。大したもんだ」
「私たちも凄いって事じゃない?」
「いや、俺らはいい加減なだけだ(笑)」
うん、本当に待たせない人達だ。我々を待たせないなんて初めて見た。
何とも新鮮な驚きだ。
二人でのプレイだったらかくありたいもんだね♪
…なんだけど、実は、そのおかげで腰にきている。
なんたって休み無しのゴルフだ。これは徒競走でもしてるんじゃないかと思うほどのハイスピード。
老人には少し応えるぞ。

 



で、あっという間の最終9番。
ヘロヘロでドライバーは珍しくへなちょこで左バンカー…へなへな…。
「あのバンカーからは疲れるなー」
どうやったって2オン狙えない所から打つのは疲れる。
まあ、3オン2パットのボギーで終了。
「あれ?39だわ」
「私ねぇ、44なのよ」
「そりゃあそうだろう。お前なんて、殆ど俺をオーバードライブしてたじゃないか。真面目にやれよ」
「真面目にやってるよ〜」
娘のゴルフは、アイアンさえ磨けばいつでも30台になりそうなのに、何だって真面目にやらないんだか。
真面目にやる能力がないんだな。
結局、トータル78のパット数33。
まあ、パット数が悪いって言うのは、パーオン率が高かったって証拠でしょう。
娘は96の35。
終了時間は11時ちょうど。つまり、当初の目論見通り3時間で終了。
いやー、どこのどなたさんか存じ上げませんが、素晴らしく早くて素晴らしかったです。
またいつかお会いしたいものです。(顔は全然見えてない。年齢もさっぱり不明)
とにかくまあ、おかげさまで今年初の70台が早々に出てしまった。
正直、こんな体調で出るかね…って感じで、喜びもイマイチ。
もう少し、体が何とかなって欲しい。
そうそう、もう少ししたらアイアンはフォーティーンに全取っ替えの予定。
今、偶然にもドライバーもアイアンもマジェスティになっているんだけど、やっぱりフォーティーンのアイアンが恋しいのだ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 全く歩きの1ハーフなんてやるもんじゃない。
翌日は完全休養となったのだが、上さんを喜ばせるために象潟のねむの丘という温泉に行った。
まあ、上さんはどこか遊びに行くと言えば喜んで、頭が沸騰し、湯豆腐状態になって、必ず何か問題を起こす(笑)。
ねむの丘は秋田県でナンバー1の人気を誇る道の駅。

20140509001.jpg

高速道路を走っていると目の前に鳥海山の雄姿が!
車の右に出たり左に出たり、真ん中に出たり、まぁ何とも素晴らしい風景が続出。
高速を走って、いやこれは安全運転。高速を降りると、まもなく渋滞になっていて、ねむの丘の広い駐車場も満杯状態で臨時駐車場が用意されているほどの大盛況。なのだが、お土産売り場は大混雑でも、温泉の方は案外空いていてゆっくりと浸かれた。
何故この温泉かというと、海のすぐ目の前と言うこともあって強塩泉で腰痛やら神経痛に効くからである。
その目論見通りに腰痛はすぐになくなった。あちらこちらの体の痛みもスーッと消えてくれた。
おまけに、オカルト的なのだが、ここの温泉は風邪菌も退治してくれるのである…ハズだったのだが、その日は、いつもあった強烈な消毒液の匂いがしなくなっていた。
成る程ねー、そう言うことだったのか。おかげで風邪の方は治らなかった。
風呂上がりに「食事でもしていきましょう」とレストランに向かったのだが、ここが驚くほどの満席状態で、通路にまで人が溢れている。
まあ、そんな所で食事をする趣味はないので1階の食事処へと向かったのだが、そこも行列状態。
しょうがないので「いちじくソフト」というものを食べた。これが350円と結構なお値段なのだが、これが旨い!


20140509002.jpg
 
いやね、元々いちじくの甘露煮は大好物なのだが、このソフトは、その甘露煮そのものの味。いや、旨い!
という事で、帰りしなにもう一度そのいちじくソフトを買おうとしたら…今度はそこに行列ができていた。
これは意地でもその行列に並んで買い求めてしまったけどね(笑)。
それほど旨いってこと。
車に乗ってまた秋田市に向かう頃には、またまた腰が痛んできた。
そりゃあまあね、そんなに簡単に治ったらマッサージやさんはいらないか。
まあ、しばらく休養だな、と思っていたんだけどね、8日になって娘と二人ゴルフに行ってきた。
娘は「マジ!?」って顔して明らかに呆れていたけど、まあまあ、後そんなにゴルフできるような年でもないんだから、出来る時に付き合っておくれよな。親孝行になるぞー。
と言う事で朝の8時はトップスタート。椿台CC。
珍しくつばきコースから。
「あれ?今日はこっちがフォローだ」
「普通、こっちは午前中アゲインストと思ってたのにね」
「まあ、ラッキーだ♪」
ラッキーそのもので、ドライバーは風にも乗ってバカ当たりとなった。
240ヤード位も飛んで残り115ヤード。
「困った距離だなー。PWじゃ大きいし、AWじゃ小さいし」
結局、PWを短く持って、尚かつバックスウィングを小さくして対応。
フォローだしなー。
まあ難しいのだ(笑)。
結局グリーン手前30センチの所だったけど、これは難なく寄せ1のパー。
うんうん、草がちゃんと生えていたら寄せられるんだ。
 




それにしても、練習場であんなにシャンク連発なのに、どういう訳か本番ではシャンクしたことがないというこの不思議。何で?
 
2番もドライバーは快調!但し、第2打がグリーン右で3オン2パットのボギー。あ〜、これはもったいない。
まー、あれだね、やる気の問題だね。
気持ちがすっかりボギーに慣れてやがる(笑)。
3番ショートは…ティーマーカーが倒されていて、しかも補修地にある…まあ、急いでたのね(笑)。
しょうがないんで、表示通りの161ヤードから打って見事1オン2パットでパー。
まあ、バーディって来ないもんだね。
4番ロングはアゲインスト。ドライバーは若干当たり損ないだったけど、2打目の3番ウッドが目の覚めるような快打!
「すっごい〜!」
「凄いだろう。3番ウッドがダメになった理由が分かったんだよ」
そこで、聞かれてもいないのに(笑)ゴルフ理論を。
つまりね、ドライバーに合わせて3番ウッドも同じように打ってしまっていたんだ。
でも、ドライバーはフックフェイスで、3番ウッドはスクウェアというかフラット。
元々メカニズムが違うクラブなんだから、そりゃあ全部右に行くかスライス回転が掛かってしまう。




で、思いだしたんだよ。コイツ(3番ウッド)も、元々はフックフェイスだったのを、強引にフラットにして使ってたんだってことに。
実際、少しフックフェイスに構えることで、ボールは真っ直ぐ飛ぶようになり、飛距離も戻ってきた。
但し、3打目がグリーン横のバンカー。
そのバンカーから、直接ピンに向かってガッシーン!と…当たったんなら入れよなー!
そして、その1.5メートが入らない!ボギーね。
5番もボギー。
ドライバーが少し狂ってきた。
6番で少し慎重に打った。
どうも、力むと当たりが良くないというか、芯を外してしまう。
力まずに力まずに、丁寧に打つと、これが久々の快打。
残り110ヤード…嫌な距離なのだが、そう思った分当たり損なって…それが好都合で、ピンそば30センチ!
楽々バーディ!まあ、こういう事もあるわな。
ドライバーが復活したことで気分も上々。7番パーオン2パットのパー、8番ショートもパーオン2パットのパー。
あれ?これは?とスケベ根性も出てくるけど、9番は578ヤードの超ロングホール。しかも、強烈なアゲインスト。




「ダメだこりゃあ。ここはパー5じゃなくてパー6と思うことにするよ」
まあ、初めからパーオンは諦め。
無理無理!と思ったのだが、ドライバーまずまず。
2打目の3番ウッドもまずまず。そして3打目も3番ウッドで、これがグリーン横のバンカー。
あれ?この風でとどいちゃったの?
まあ、届いた方がビックリ(笑)。
今日はバンカーが得意で、しかも、なんだか新しい砂が入っていて打ちやすく、4オン2パットのボギーで終了。
という事で、前半は39のパット数16。
まあ、この時期にハーフとは言え30台が出るのは嬉しいね。
娘は相変わらずやる気無しの52の20。
何だろうね、娘のこのやる気のなさと成長のなさは。
ドライバーが、月例組み並に飛んで、なんでそこからいっぱい叩くかね。
さて、後半も30台だったら本物だ。って何が本物?
今更70台なんて目指しちゃいないんだけどね。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


本日はおまけの二話目。
 
で、結局1ハーフに突入することにした。
但し、待ち時間が1時間ほどあって、しょうがなくレストランでお食事。
最後は、残りのつばきコースという事になった。という事は、またしても月例のメンバーの後?かと思ったのだが、どういう訳か、その間に3人組みの男どもが入った。
そりゃあ助かる。その方がマシだ。
助からないのはその3人組み。
若いメンバーかと服装で思ったのだが、よく見ると案外年を食っている。40は越えている感じなのだが、3人が3人とも下手くそ。
40越えていて3人が3人とも下手くそって言うのも珍しいが、とにかく誰一人としてまともには飛ばない。
まっ、どうでもいいんだけどね。
月例メンバーのゴルフを見ているよりはよほど楽しそうだ。
3人の最初のドライバーショットを見て、またしてもスコアを気にするゴルフは諦めることにした。
で、1番から4番までキレイにボギーゴルフ。
ボギーゴルフで良しとすればゴルフは実に簡単なものである。
但し、今日はドライバーが殆ど芯に当たってくれていない。
何というか、このクラブはフェースのどの部分に当たっているのか実に分かりやすいのだ。
いくら何でもドライバーの芯に当たらないのは気に食わない。
どうしたことか?
なんだか、今日は打ちにくいのだ。




で、試しにティを少し高くしてみた。
高いといっても、ホンの2〜3ミリ。
すると、格段に打ちやすそうに感じる。
そうなのだ。このクラブになってから極端に打ち下ろす感じのダウンスウィングは止めて、すくい上げるような感じに近いスウィングに変えたのだ。
「この方が落ち着くな」と放ったその一打は、ようやく今日一の快心の一撃となった。
つばきコースの5番は前が見えない打ち下ろしのコース。
落下地点に行ってみると、斜面を転がり落ちて、向こう側の上り斜面の所まで飛んで、ちょうど娘のボールと並んでいた。
「おやおや、あなたと同じ所まで飛ぶって数年ぶりだなー」
ホント、ここで娘と並ぶところまで飛ぶって言うのはここ数年なかったことだ。
「23万円のクラブの威力は凄いね」
二人の前では出来るだけこのクラブを褒めることにしている。
だって、二人にプレゼントしてもらったものなのだから(笑)。
殆ど練習もしてないクラブなのだが、使う度にコツが分かってくる感じだ。
残り115ヤード。上りと言うことを考えてPWで打つと、久々の2メートル。
ようやく初のパーがやってきた。
6番もドライバーは芯を食って軽く2オン2パットの連続パー。
7番でもドライバーは絶好調。
「飛んでるー!」の歓声が上がった。
「今、危なかったんじゃない?キャディさんの近くに行ったよ!」
「ドキドキしたよ〜」
うん、確かにドキドキした。あそこまで飛ぶかね。
ここでも2オン2パットで3連続のパー。
この3ホールとも2メートルくらいの絶好のバーディパットだったんだけど、そのバーディが来やしない。
さて、8番は170ヤードのショート。
ここデパートかバーディなら結構なスコアになってしまう。
助平根性が出た。
いつもなら5番ウッドなのだが、打ちやすい3番ウッドを選択して、少し短く持って軽めに打つと…右!
ん…何だろ?最近3番ウッドの方向性がイマイチ悪い。
原因は多分、ドライバーと同じ打ち方をしてしまっているから。
クラブの性能が違うのに同じ打ち方じゃ、そりゃあ右へ行くわな。…多分。
敢えなくバンカーで、しかも、乗らない!
3オン2パットで、ここで痛恨のダボ!
終わったぁ…。
ちなみに、しばらく前から上さんはビッコを引くようになって限界点に達してしまっている。
そりゃあ、皆同じようなもんで、体のどこかが痛いのだが、我慢しているとまた違うところが痛んでくる。
まあ、限界なんかとっくに過ぎてしまった。
「まあ、体のあちらこちらが痛いけど、運動にはなってるね♪」
「運動を通り越している」
「明日は休みだからね♪そう思ったら頑張れる」
もう、明日は絶対にゴルフなんてやらないからね、と念を押されているようなもんだ。
大丈夫だー、これで明日もゴルフなんてやったら体が壊れてしまう。
「今日一日で10キロ以上は歩いてるよね」
「山の10キロだからね。大したもんだ」
で、いよいよ最後。578ヤードのロング。
「まだ早いよ。打っちゃダメ!当たる可能性あるんだから」
そんな事を言われて少し待つことにした。
確かにこのクラブ、当たればどこまで飛ぶんだか、まだよく分かってない。
待って待って、ようやく打つことになったんだけど、ティーを若干高めにしたのが大正解みたいで、なんとも打ちやすくて、待たしても快打!
2打目の3番ウッドは、相変わらず打ち方を忘れたみたいでスライスしてしまったが、それでも4オン1パットのパーで締め括り♪
後半は42のパット数17。
41ー43ー42でトータル126。
上さんは52ー53ー48でトータル153。
娘は55ー49ー51でトータル155。
あら、上さんが娘に勝っちゃった。
珍しいこともあるもんだ(笑)。
通りで、上さんニッコニコしてたもんなー(笑)。
まあ、明日は温泉にでも連れてってやろう。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


しかしあれだね、月例って言うのは大変だね。
この連休中にもこうやって競技に参加しなきゃいけないんだ。
私には無理。
休む時に休まないと身体も頭も持たない。
スポーツマンって言うのは、あれか、小学校の時から盆も正月もなくやるのが当たり前と染みついているのか。
なるほどねー。
いや、私には無理。
 
という事で、後半は月例の後を回るのんびりゴルフ。
いや、いつみても月例は遅い。
私らの前をやっているのは女性2人組みなんだけど、いやね、上手いんだけど、それでも遅い。
「おい、あれならあんたらもやったら、そこそこ対抗できるんじゃない」
「えー無理無理!」
「そんな事ないって、ホラ、あのドライバーの位置、あんたが調子良い時あのくらい飛ぶじゃないか」
「調子良い時はね」
「毎日練習してればいつもあのくらい行くだろう」
「それが嫌なの。だって、腕太くなるし真っ黒になるし、最近ようやくほっそりとしてきたんだから」
まあなー、今更腕太くして真っ黒になってやったところでプロになれるわけもないし、プロになったところでどうと言うこともないし。
プロだからってそんなに楽しそうでもないしなー。
あれ?じゃあ、あの人達は何が楽しくってやってるんだ?
まあ、どうでもいいか。とにかく邪魔しないようにやっていきましょう。




こっちは、とにかく楽しくやっていければ良いんだけど、途中ぺちゃくちゃと笑い転げればキャディさんに睨まれるし、
「シー!」
うん、楽しいのか?
楽しいわけはないけど、門外漢だけど、一生懸命やっている人の邪魔はしたくない。
で、ボギー、パー、パーと進んで、ダレた。
まあ、どうでもよくなった。
リズム感がまるでない。
はっきり言ってクラブの振り方を忘れてしまう。
よくもまあ、こんなダラダラしたゴルフが出来るもんだ。
で、ギャハハハと笑い転げながらのゴルフとなるのだが、
「シー!」
はい、お利口さん。
しかし何だなー。
競技やってるからって皆が皆上手い訳じゃないし、ショートホールで2人連続の池ポチャは見せられるし、後ろにもっと上手い素人に控えられるって気持ちの良いもんじゃないよなー。
まあ、騒げず笑えずグッと我慢のゴルフが続いた。
歩きのゴルフでこれは辛い。
特にさくらコースは山なので上り下りが容赦なく体をいじめてくる。
「辛いね」
「まあ、いい運動にはなっている」
「でも、今の時期だと、体がまだできてないからいい運動過ぎるよね♪」
「にも関わらず、今日回れているのって凄くない」
「うん、凄い凄い」
「最早、ゴルフのこと以外考えられない。これって凄いなー」
いやホント。
普通なら、ゴルフをやりながら色んなこと、仕事のこととか色々考えるのだが、こう疲れてくると、ゴルフのことしか考えられなくなってくる。
かといって、ゴルフに集中しているわけでもないのだが(笑)。
スコアは、綺麗にボギーが並んで43のパット数17。
上さんは53の19。娘は49の18。
まあ、何とも締まらないゴルフとなったものだ。




「お疲れ様ー!」
娘は9番を終わって元気よくそう言ったのだが、
「あのなー、もうハーフ回るって手もあるぞ」
「えー!?」
「いいか、このままで終わると多分明日もゴルフだ。でも、これからハーフ回ると、明日は確実にお休みだ。
その方が魅力的じゃないか?」
「その提案、乗った!明日の自由が欲しい!」
と、二人とも大賛成(笑)。
という事で、歩きの1ハーフに大突入〜!
できるのか?
まっ、ついででしょう。
明日もゴルフやるよりはマシそうだ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


バーディ、パーと絶好のスタートを切った。
そんな私に比べて、上さんも娘も綺麗に7が並ぶという最悪スタート。
まあ、ゴルフが悪い訳じゃないんだけど、そんなにスコアに執着してないというか。ゴルフを楽しんでいるというか。
3番に入って、いよいよアゲインストに立ち向かうこととなった。
よせばいいのに、少しティを低くするという工夫。
よせばいいのに、打ったこともないドローで攻めるという工夫。
まあ、打って打てないこともないだろうと、見事なドローボール!…は、フック気味となってグイーんと左に弧を描いて、左のラフへ…。
そこは最悪の場所。
だってなー、今までそんな所に打ったこともないんで気がつきにくかったんだけど、このコースは左ドッグになっていて、左のラフからは木がじゃまして直接グリーンを狙えなかったのだ。
しょうがなく右前へレイアップ。
そして、そこからご丁寧にグリーン右のバンカー。
バンカーからは綺麗に出したけど、2メートルが入らず2パットダボ!
4番ショートは7番アイアンが真っ直ぐピンに向かったけど、風で失速!グリーン手前にポトリ。
今はまだ、寄せ1の技術もなく2パットボギー。
いやね、芝が寝ていて上手く打てないのよ。寄せのピッチングってこんなに難しかったのかなーって感じ。
但し、ゴルフ自体は、ドライバーが良いために崩れない。
5番からは3連続パーで盛り返して、もしかしたらパープレイも狙えるんじゃないかって言うくらいトキメキのゴルフ。
で、迎えた8番345ヤードのミドルホール。
風はフォローだし、ここを上手くバーディで乗り切れば…というスケベ根性。
ドライバーはまあまあだったし、後は145ヤードの2打目の7番アイアン次第。
ここはグリーンの左右にバックリとバンカーが口を開けていて、花道は細く、直接グリーンを狙うしかない緊張の一打なのだが、145ヤードは少し長すぎる。せめてもう15ヤード飛んでいてくれたのなら、9番アイアンで打てたものを。
まあ、そんなタラレバのゴルフは大体失敗を呼ぶ。
第2打は敢えなく右バンカーに入り、今日はバンカーショットが絶好調で、ピン2メートルに寄せたのだがこれが入らない。
ボギーね。
それでも、最終9番をパーで収めれば39だ。
ガンバローと打ったその一打は、またしても当たり損ない。
「ナイショー!」の掛け声は上がったのだが、芯は食ってない。
それは打った当人が一番分かっている。
何というか、分かりやすいドライバーなのだ。
芯は食ってないけど、それなりには飛ぶ。そんなドライバーで、芯を食った時には、もっと、もう20〜30ヤードは軽く伸びていく。
ただ、今日は一度も芯を食った当たりが来ない。




最終9番は390ヤードを越えるミドルで、ドライバーが200ヤードしか飛ばないとなると、残り190ヤード以上も残ってしまう。
基本的には2オンは諦めるべき距離で、3番ウッドでどれだけ近づけられるかってゴルフ。
そのガッカリ感が出たのか、3オンはピンに遠く、ここで本日初の3パット…はぁ〜。
ハーフで2度もダボ出すかねぇ。
ガッカリの41のパット数16。
上さんは52のパット数18。
娘は、55のパット数20。
上さんは、久々に娘にかった事でえらくご満悦な表情。
娘は、ブスッとしている(笑)。
それにしても歩きのゴルフは疲れる。気持ちの良い疲れだーなんて言うスポーツマンのような気持ちはまるで無し。
「でもあれだなー。これからは歩きのゴルフの方が健康にいいのかもなー」
確かに、今日回っていて、歩きのゴルフで良いスコアを出すのは我々には無理そうだけど、普段の運動不足解消には良さそうではある。
で、問題は後半。
さくらコースへスルーで行けると言うことではあるが、前にいるのは月例組だという。
はあー、この連休中に月例とは、ご苦労なこった。
「のんびりだね」
「うん、のんびりだ」
せいぜい邪魔しないようにのんびり行きましょう。
という事で、後半は月例の後を回るのんびりゴルフ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


会社は3日の日から連休に入った。
いつもであれば、すぐに「ゴルフ!」という風になるのだが、生憎と家族全員が風邪を引いていて重篤な状態。
何となく連休初日くらいは「休んでいたい」という事になった。
私にしたって去年一昨年のような体力はない。一日くらいはゆっくりと休んで体力回復に努めたい。
娘は、「私は今日、一日中寝ていたい」と言い、朝ご飯の時に起きて、食べてまたすぐに眠りに入った。
昼には昼ご飯に起きて、そしてまたすぐに眠りに入った。
全くよく眠れるもんだ。
こんなに眠るとなると、やはりそれなりに体力も必要で、若さも才能も必要だ。
年寄りにそんな(眠る)体力もなく、元々そんな才能もなく、昼を過ぎると途端に手持ち無沙汰になってしまった。
「御所野のミニコースにでも行って風邪菌を追っ払うか?」
「そうね、簡単に行きましょうか」
という事になって近所のミニコースへ。
ミニコースと言っても御所野は山岳コースで肉体的にはかなりハード。
普通にカートで回れる本格コースよりも運動量は多いくらいだ。
ゴルフを始めた頃は随分とお世話になった所で、あの頃は、その激しい山岳コースを運動のためと走り回っていた。…まあ、今は無理。
夫婦二人で仲良くのんびり回るのにちょうど良い。
コースへ行くと、山桜がまだ咲いている。
「やー、今年は何度でもさくらが楽しめるね」
1番のティグランドの真っ正面に大きな桜の木があって、グリーンを見下ろしている。
「今年は弘前の花見に行きたいと思っていたけど、咲くのがちょっと早すぎたもんなー」
「一昨日のTVで角館も満開って言ってたけど、もうねー」
「まあ、無理だろうなー」
今年はいっぱい桜をみようと思っていたのだ。
おかげであちこちの桜を見られたのだけど、そう思って見ると、桜の木は、本当に意外な程溢れている。
街のあちらこちらに桜並木があるのだ。
そんなに桜並木があるのなら、そこで毎日のように宴会でもしてりゃあいいのにと思うのだが。
案外…というか殆ど宴会なんぞしてないし。じゃあ、何で桜並木にしたんだ?
まあ、世間にそんな余裕なんざあるわけもないか。
最初のショートホールは5オン2パットの7(笑)。
いや、結構難しいのだ。
淡々とやっていって最終9番はチップインを入れてバーディで締め括った。
カラーから下りのパットを見事に決めてしまったのだが、うん、今日はパターが良い♪
9番で止める気だったのだが、「祝日の高い料金を出してハーフで止めるのもなー」という事になって、1、2、3、4と回って、9番で帰ってくるかー。まあ、適当なコースなのである。
自由が利くというか。
9番を終えて帰って帰り支度をしていると、突然雨が降ってきた。
「やーラッキーだね♪」
「明日のゴルフ大丈夫かしら?」
「どうだかねー」
いやいや、今年は雨の日までゴルフはやりたくない。
楽しいゴルフ以外したくはないな。
帰って、天気予報を見ると、明日は晴れ♪
早速秋田CCに予約を入れると、明日は「満員となっております」。明後日は「そちらも満員となっております」。
…えっ!?ゴールデンウィークってそんなにゴルフ人気だった?
人気無いからゴルフ料金安くしてるんだろうに。
椿CCに電話すると、朝一は空いているけど、カートがないという。
まあ、困ったもんだ。
このジジイに歩きでやれと?
体力無いんだけどなー。こんな時期からカート無くなるのか?
ゴルフそんなに人気なのか?
世の中そんなに景気良いのか?ホントに?
まあしょうがない。贅沢言っているとゴルフをやる場所がなくなりそうだ。
カーと無しね、歩きのゴルフなのね!
ダメならダメで途中で帰ってくるしかないんだろう。
 

 



という事でGW最初のゴルフはまたしても椿台CC。さつきコースからのスタート。
まあ、この時期はつばきコースからじゃなくって良かったのだ。
何故かって、椿から回ると、風はしばらくアゲインスト。
その点、さつきコースからだとしばらくフォローが続く。
まあ、フォローの方が気分は良いのだ♪
しかも、今日の風はかなり強めだ。
新しく購入した231.000円のマジェスティ プレステジオ ジ・エイスドライバーはなかなか良い働きをしてくれる。
コイツのへそ曲がり的なフックフェイスにも慣れた。
慣れた…と言っても、毎度不安には違いないのだが、とにかく真面目に打つ!
真面目に打って真面目に当たりさえすれば、コイツが勝手に球を真っ直ぐに運んでくれる。
という事で、真っ直ぐ210ヤードフェアウェイ。
残り140ヤードちょっと。フォローとはいえ、自信ないので(だって練習してない!)7番アイアンで軽く打つと…これまた真っ直ぐにピン方向!
ピン上1メートルのバーディチャンスとなった。
まあ、普通ならこれを外すんだけど(笑)、
前日からパターの打ち方を変えていて、その打ち方をすると…ど真ん中からズドン!とバーディ。
まあね、こんなご褒美もあるさと。
なんのご褒美だ?
うん、家族へのご奉仕精神を神様が認めて下さったのかなと。


2014-05-04-10.jpg
 
2014-05-04-10_2.jpg

2番のロングホール。
またしてもドライバーは炸裂!
「凄いじゃないお父さん!飛ぶねー」
「確かに飛んでるけどね、今のは当たり損ない」
「えっ?当たり損ないであそこまで飛んでるの?」
「まあ、231.000円の威力だな。ガハハハハ」
ホントにね。このクラブは、芯に当たらなくても、それなりに真っ直ぐに、それなりに遠くへと飛ばしてくれる。
2打目の3番ウッドも好調で残り145ヤード。
これを7番アイアンで難なく乗せて2パットの楽々パー。
絶好の発進となった。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


昨日は奇跡的に体調が改善した。
今までの経験からすると、結構長引きそうな風邪ではあったのだが。
まあ、体調が良くなったのなら、体調のいい内に仕事でもしておこうかと、珍しくお仕事。
3日の日から連休に入るのだから、出来る内に少しでもやっておかないとバチが当たる。
そうやって仕事を始めて、ちょうど仕事が終わった頃、その電話はかかってきた。
携帯の番号を見ると、見たことのない携帯番号である。
相手から名乗られたのだが、ピンと来ない。
「えっ?誰だったっけ?」
それほど掛かってくるはずもない相手だったのだが、ようやく実家の向かいの弟さんだと分かったその後、
「実は、兄が亡くなりまして、今日お葬式を…」
「えっ、何言ってんだこの人は」
咄嗟に意味が分からない。
亡くなったと言われても、彼は私にとって又従兄弟だ。
つまり、従兄弟の息子。若い。
農業をやっているだけに身体は、私とは比べようもなく頑健だ…のハズだ。
まだまだ死ぬはずもない。
先日実家に寄った時も、挨拶しようと彼の家に寄って、まあ、その時は生憎と不在だったのだが。
それが死んだ?
大体、「葬式が今終わりまして」って、本家の私を差し置いて葬式を済ませたって何や?
弟さんは、何やら奥歯に挟まった物の言い方に終始する。
察した。
人間そんなにバカなものではない。
時刻は夕方の4時半過ぎ、こんな遅い時間のお葬式もなかろう。
という事は、彼はどうやって連絡しようか、数時間悩んだに違いない。
彼の苦悩を察して取り敢えず電話は切ったのであるが、居ても立ってもいられない。
亡くなった彼は、私にとって今や一番近い親戚になっていたからである。
人の住んでいない実家の面倒を何くれと面倒を見てもらっていた。
何かあれば、全て彼から連絡が来ていた。
若いのに、驚くほど仏事に詳しく、法要などの際には色々と教えてもらうことも多かった。
「何であんたはそんなに詳しいだ?」
と聞くと、
「毎日おばあちゃんに従ってやってたからなー、バカでも覚える」
と謙虚であった。
欲もなく、夢や希望も持たず、
「俺は毎日の飯が食えて、毎日酒が飲めれば良いんだ」
と、あっさりと言う。
何故か、そう言う彼は神々しくも見え、とても、
「若いんだから、夢も希望も欲も持て!」
とは言い難い雰囲気があった。
ある意味達観している男であった。
葬式に呼ばれなかったからといって、行かないわけには行かない。
この際、親戚の非礼なんぞどうでもいい。
行かなければ後悔する。
そう決断すると早かった。着替えをし準備するものを準備して高速道を走った。
途中涙が止まらなかった。
死ぬ順番が違うじゃないか。
玄関を開けると、そこに弔問客は誰もおらずひっそりとしている。
一人、弟さんだけが位牌を見守っていた。
そこから3時間、話慣れていない弟さんと思い出話やら色々と話し込んだのだが、改めてお兄さんの年齢を聞いてビックリした。
お兄さんは享年51才。弟さんにしたってもう49才だそうである。
「あと5年で定年なんですよ。だから、5年後にはここに戻ってこようかなーと思っています。
なんか、それが兄の意志のような気がして」
いや、それは勧めないけど。
だって、この辺はどんどん過疎が進んで、5年も経ったらもっともっと過疎になっていって、その頃はもう、あちらこちらの家が無くなっていって橋杭岩状態だ。
まあ、彼とは初めて普通に長い会話をしたけど…だって、彼は又従兄弟だ、ついこの間までガキだと思っていたくらいだ。それが49才と聞いてビックリしているくらいだ。そりゃあ大人だ。
「父親が亡くなったのも53才なんですよ。だから、近い年齢なんですよね」
なるほど、そういう考えもあるか。
「今日初めて喪主って言うのやりましたけど、大変だったですよ。緊張しました」
「長男って言うのは大変なんだ。全部自分に来るからな。兄貴がここから出て行けなかったのも、長男だからなんだろ。そう言う家というか家風だったじゃないか。お父さんだってそうだろう。そう言うのを頑固一徹守らせたおじいさんも凄いと思うけどな」
「いずれにしたって、今日からは、君が墓守だ。私は、この地に住んでいないにもかかわらず墓守という立場だから、それはそれできついけどな」
「君らは知らんだろうけど、お兄さんは、私にとって一番近い親戚だったんだよ」
まあ、手向けの言葉。
まあ、四方山話。
そしてその日の夜、また風邪がぶり返して寝込んでしまった。
まるで、このためだけに一瞬風邪が治ったかのようだった。
 



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


 きのうは風邪をひいている上さんとずーっと一緒に桜巡りをしていた。

上さんはワクワクしていちいちニコニコと頭が嬉しさで沸いている風なのだが…時折、車という密室の中でゴホゴホッと遠慮なく咳き込む。
その瞬間、パアーと車の中に風邪菌が広がる。
こりゃあたまらん!と慌てて車の窓を全開にするのだが、まあ、遠慮なく風邪菌は降りそそぐわな。
で、その日の夕方から喉が尋常じゃないくらい熱く痛くなってきた。
どの位痛いかって言うと、生の唐辛子をすり下ろして煎って喉の周辺に塗りたくった感じ。
しかも、咳をすると喉だけじゃなく気管支から胃から肺まで痛む有様だ。
「おい、お前の症状もこんなんなのか?」
「うん、そうだよ。凄いでしょう」
と嬉しそうだ。
「アホかお前。こんなに酷いと分かって人にうつすのか?」
全くこいつわ。
私であれば、この風邪は酷いからうつったら大変だ。近づくんじゃないぞ!と窘めるところなのだが…上さんは、この苦しみをあなたも理解してちょうだい♪ってなもんだ。
全くどう仕様もないおめでたい性格をしているもんだ。
あのね、私にとって風邪は生きるか死ぬかの大変な病気になる可能性があるの!しかも、気管支までやられるとなると、心臓のすぐ近くじゃないですか。




で、夜中の12時近く、もう一つ病気が出てきたことが判明。
両手の甲の部分と左腕の部分にパラパラーと湿疹が。
なんだか痒いなーと思って掻いていると…その内なんだか湿疹とケロイド状の症状になってきた。
あれ?これって光線病と似てるぞ。
そっ、以前心臓病の薬の副作用で出てしまった光線病である。
なんだか1万人に一人の珍しい副作用なんだとか(笑)。
え、あの薬は止めたはず、何故今頃?
こんな4月5月の陽気程度で光線病が出たんじゃ外を歩けないではないか。
ゴルフなんてとんでもないことになる。
思案。
そう言えば、心臓の先生、2ヶ月くらい前に小さな薬を1コ足しやがった。
あれだな!
最早確信である。それ以外考えられない。
あの時確か、先生に
「先生ね、薬増やすのは良いんだけど、副作用はないでしょうね。副作用ばっかりで恐いんですよ」
こっちからすれば、症状は安定しているんだから、何も薬を増やす必要はないと思うんだが。
「大丈夫ですよ。これは弱い薬だから」
と先生はあっさりしたもんだったけど、何だってそんな新薬を使いたがるんだか…製薬会社の回し者としか思えないな。
で、それから家中を探し回って、2年前の光線病の薬を見つけ患部に塗り塗り。
いや、こんな2年前の薬なんて効くのだろうか?
全く、好きで病気のデパートをやっている訳じゃないんだけど、これ以上は病気を増やしたくない。
先生、頼むから余計なことしないで頂戴。




それにしても、そのうつされた風邪菌は今日になって大暴れ…もう勘弁して欲しいなー。
咳する度に心臓が破裂しそう。マジで。
私のGWは5月の3・4・5だけど、それまでに治ってないとゴルフにも行けそうにない。



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。


このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】