50才からのgolfTOP 50才からのgolfTOP

秋田プレミアムあっぷる 秋田ポータルサイト



人気ランキングに参加しております。読む前にクリックお願いします!
↓↓↓


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


第1011話 ショートが下手になった。

なんだか今日は厄日で、会社外のあちらこちらから問題が降りかかってくる。
即断即決が私の信条なのだが、そのどれもこれもが簡単には決められない。
その一つが、先ず簡単な方なのだが、電話機が一台壊れてしまった。
壊れたのなら取り替えれば済む事のハズなのだが、その機種が今や廃番になってしまっていて、修理するためのパーツがないのだという。
つまり修理不可能。
じゃあ、その電話機だけ新しいものに交換すれば済むじゃないかと思うのだが、それでは全ての電話機との互換性が無くなるという。
はあ?それがどうした?
とも思うのだが、全ての電話機を取り替えるとなると…100万円以上の出費…。
やってられないよな。
難しい方の話は、あちらこちらに影響してしまう話なので、これは口外する訳にもいかない。
まあ、一日二日は頭を悩ませて決断する他無いのであろう。
全く、めんどくさい世の中だ。
 




日曜日、夕方から上さんと二人、ミニゴルフ場のテルサに行く事になった。
足腰を鍛える為なのだが、さすがに4時過ぎともなると、もうプレイする人の姿もなく、のんびりと二人きりでのゴルフを楽しむ事がで来た。
但し、自信満々で行った割にはゴルフは悲惨。
最初のショートホールのダボに始まって…
1:ダボ
2:ボギー
3:ボギー
4:バーディ
5:ボギー
6:バーディ
7:ボギー
8:ダボ
9:ダボ
ん…なんだこれ?
いくらのんびりやる気のないゴルフにしたって、こんな酷いスコア見た事もない(笑)。
なんて言ったって、上さんとどっこいの勝負なんだから呆れてしまう。
原因はハッキリしている。
70ヤード以下のショートがまるでダメ。
フルショットできる所はそんなにも苦労はしないのだが、身近いのがどうにもならない。
残り30ヤードとかなると全然ダメ!
かつては一番得意としていた距離なのだが、新しいクラブでの距離感が全く分からないしなってない(笑)。
これはダメだなーと。
とにかくやんわりと言うショットがまるで出来てない。
これはとことんダメだなーと。
 




で、翌日家族連れだって練習場へと向かった。
練習はPWとPAとサンドの3本のみ。
その時気になったのが左脇腹の痛み。
なんでこんなに痛むんだ?
また肋骨でも骨折したのか?
ゴルフで肋骨を骨折するのはよくある事らしいから、皆さんもお気をつけ遊ばせ♪
まあ、肋骨の骨折なんかどうでもいいのだが、問題は短い距離の内訳。
どうにも30ヤードとか50ヤードの打ち分けができない。
どうにも球にちゃんと当たってない。
そう言えば、先日の37を出したゴルフの時も、フェアウェイの芝が深くて球が沈んでいて打ちにくかったっけ。
芝に沈んだボールを打つにはキチンと打たなきゃならない。キチンと打てば、どうしたってある程度の距離は出てしまう。
あれでおかしくなったのだなーと。
という訳で、ひたすらサンドとPAで打ち続けたのだが…これが簡単に治らない。
そう言えば…30ヤードとかの距離は右手主導でコントロールしてたような気がするけど…正しいのか?
 
まあ、しばらく練習場通いしなきゃいけなそうだけど、あまりショートだけ練習していると、せっかく好調な他のクラブが使えなくなりそうで恐いなー。
既にその兆候も出てきているし…。
ヤな感じ。


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。





プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア








このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このブログ記事について

このページは2014年9月 2日 18:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第1010話 神も仏もどっかへ遊びに行った。」です。

次のブログ記事は「第1012話 100万ドルの夜景。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】