50才からのgolfTOP 50才からのgolfTOP

秋田プレミアムあっぷる 秋田ポータルサイト



人気ランキングに参加しております。読む前にクリックお願いします!
↓↓↓


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


第1015話 コースが分からない。何でこうなるの!

テニスの錦織が負けた。
なんだかなー、「楽しかった」なんて言うなよ。
なんだか知らんけど、その記事は削除されていて今は見つからない。
あれだけの大チャンス、しかも相手は過去5勝2敗。
ランクは自分より下。
誰だって期待するし、もちろん錦織だって期待したでしょう。だったら、負けたら悔しいに決まっている。
じゃあ、あんたはどうなんだよ!って言われそうだけど、そんな性格してないから向いてないし目指してもいないのだ。
もっぱら自分との戦いに終始している。
 

 



さてゴルフの後半戦。
1時間半の長い休憩時間を経て、ようやく体調が落ち着いてきた。
途中で帰ろうかどうか迷っていたほどである。
まさか、同じ秋田CCで2度も倒れるなんて言う醜態は、どう考えても恥ずかしいし相手にも迷惑だ。
でも、体調は小康状態を保っている。
うん、これなら出来そうだ♪
この時考えたのだ。
スコアがどうのこうのじゃなく、ゴルフ自体をやる体力があるのかどうか疑問な人間がゴルフブログをやってて良いのか?
まあ、そりゃあ、私と同じく糖尿病を患っているとか、心臓病を抱えているとか言う人にとっては励みにもなるだろうし参考になる部分もあるのかも知れない。
でも、そもそも糖尿病はともかく、心臓病を抱えている人がゴルフなんてやるのか?
甚だ疑問。私は、ゴルフ場で死んでもしょうがないかーと覚悟してやっているけど、考えてみれば、それもゴルフ場にとっては迷惑な話。
何というか、私は自分の命はそんなに惜しくもない人間なのだ。
 
後半戦は、あまり馴染みのない太平山コース。
もしかしたら何回かはやった事あるのかもしれないけど、記憶は全くない。
それでも1番492ヤードのロングは、簡単に3オン2パットのパーとなった。
うん、ゴルフが簡単だ♪
後半になってからドライバーの修正がきいて、ほぼ狙った所にドライバーショットが飛ぶようになった。
まあ、前半の事を考えると、ドライバーがいう事をきかなくても、アイアンさえ良ければなんとかなるもんだと再認識したんだけどね。
ところが、ドライバーが良くなって使われるようになったのがPW。
このPWだけがいけない。
なぜか、PWだけが真っ直ぐ狙った方向に飛んでくれないのだ。
狙った所よりも左方向に向かっていってしまう。
この原因がよく分からない。
他のクラブは真っ直ぐ。PWだけがおかしい。
何でだ?
距離はピッタリなのに方向だけが微妙におかしい。
なので、2番391ヤードボギー。
3番141ヤードは、アゲインストだったので7番アイアンで打つと、真っ直ぐピンに向かってオーバー…。
風が止みやがった(笑)。
寄せもヘタでボギー。
4番353ヤード。
右ドックになっているみたいで左端に標識が立っている。
あそこを狙うの?
へぇー。
疑問だけど、初めてのようなコースだし、そのまま狙い撃つと、これがドンピシャ!フェアウェイ真ん中なのであった。
距離もよく出ていて230ヤード位も飛んだみたいで、残り距離は120ヤード強。
当然PWの出番なのだが、やっぱり左に行ってしまった。
かろうじてグリーン上には残ったのだが、一番の得意クラブだけに腑に落ちない。
何故だ?
取り敢えず、ここは2オン2パットのパー。
5番ロング486ヤード。
何とも短いロングだ。ここはバーディ狙いでしょう。そろそろバーディが欲しい頃だ。
ところが、ドライバーOK!3番ウッドOK!で迎えた3打目がPW。
やっぱり左に向かってグリーンの左端にどんと行って、そのまま傾斜のあるラフへと転がってしまった。
で、寄せきれずにボギー。
何だろうね。ゴルフは良い感じなのに、最後の最後でPWが全てをぶち壊してくれる。
6番345ヤード。ここでもやっぱりPWが邪魔してボギー。
あら〜!って感じ。
まあこの太平山コースって、ブラインドになっているコースが多くてやりにくいわ。
初めての人は大変。
問題が起こったのが次の7番315ヤード。
短いし、ここはパーは当然でしょうってコースなのだが、肝心のグリーンがどこにあるのか分からない。
あげくに、前を行く人達もいない。カートも見当たらない。
「まさかなー、あの人達がもういないって事はないよ」
「そりゃそうだよね。今までさんざんっぱら待たされて、ここでいないっておかしいよねー」
「うん、あり得ない」
探すと、右ドックの右端の木の影に隠れている。
はは〜ん、知らないでカートを前に出したもんだから、打ち込みを恐れて隠れてるんだな、と。
その通りで、この7番のティショットでは10分近くも待たされた。
まあ、後半戦は待たされ待たされ、世の中にはよくもこんなにバカゴルフをする人間がいるもんだと。
ちなみに、彼らの名誉のために言っておくと、遅いのは、そのまた前の3人組み。
なんだかねー、グリーンに上がってからが異様に長くて、命かけてゴルフをしてるような感じ。
前の二人組みは、我々に手を振って感謝の意を示して前に向かった。
うん、お利口さんだ(笑)。
うん、君たちの辛さはよく分かる。
で、問題はここから。

 



コースは右ドックなのは分かった。
そして狙い所を示す標識が左端。
「あの標識を狙うんじゃないの?」
「だと思うんだけどね。どう見たって、標識通りに飛んで行ったら林の中か崖じゃないの?」
普通に考えてそんな感じなのだが、ここは見知らぬコース。歩測する訳にもいくまい。
で、その標識を狙って打つと、ドライバーショットは、寸分違わずその標識に向かって飛んだ。
まあ、快心の一打だった訳だけど、着いてみて驚いた。
標識はギリギリの所に立っていて、そこを越えたらOUT!
OUTにならないまでも、ペケ!
だってなー、そこはラフで目の前は林!グリーン狙えないんだものなー。
そのガックリ感!
5番アイアンで木の下を狙うしかない設定。しかも、それでもグリーンオンはしない。
前の人たちは、ギャラリーとなって、一体どう打つのか興味津々で見ている(笑)。
なんだよなー。快心の一打を打ってこのザマってアリ?
不愉快だ!で、抜けられずゴロ!
そこからが最悪!
不愉快だ!で、ゴリン!
もう訳分かんなくなってゴルラン!
まあ、日曜日の11番の池田勇太の気持ちがよく分かるわ。
何だかねー、冷静になりたくない!って感じ。
結局、5オン1パットのダボ!(笑)
一気にドドドッて疲れた。
もう疲れて疲れて、やる気も失って、8番117ヤードは軽くオーバーしてボギー。
最後の9番345ヤードもダボ!で、後半戦は45のパット数16。
トータル84のパット数32。
娘は98のパット数37。
あー疲れた。
このコースは、もう少し足繁く通ってコースを熟知しないとどうにもなりませんね。
ナイスショットがクソショットに簡単に転じてしまうなんて、コース設計面白すぎ!(笑)
いやー、大したもんだ。
で、へとへとになったんで、帰りにはかき氷を食べて帰りましたとさ。


20140905.jpg
まあ、すたこら逃げたって言われてもしょうがないなー。だって、前半1時間半で、後半2時間半だよ…。
今期最長時間だ。
まあ、秋田CCには、またバイキングディのある日に行きたいと思ってる。
だってなー、食事の美味しくない所には行きたくないのだ。
 
長い文章だ。
次回で最終回です。お目こぼしを。
 


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


↑↑↑
人気ランキングに参加しております。クリックお願いします。





プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア








このブログについて

このお話は、運動とは無縁の50才の糖尿病と肝臓病を患う一人の男が、五十肩をきっかけにゴルフを始め、独学で5年でゴルファーの憧れ・シングルに上り詰める物語である。

第1話から読む

このブログ記事について

このページは2014年9月 9日 18:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第1014話 あと3回で最終回です。」です。

次のブログ記事は「第1016話 最終回。ご愛読戴いた全ての皆様に感謝申し上げます。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちらまで
akitaapple@gmail.com

ehonbathad









イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】