株式会社システム・インベスト

株式会社システム・インベスト

当社の事業概要

平成2年7月、当社は秋田県内全域をマーケットエリアとするタウン情報誌を発行する為に資本金11百万円をもって設立されました。
正式名称は株式会社システム・インベストといい、情報誌の雑誌名は「あっぷる」といいます。そのため、現在では株式会社システム・インベストという会社名を知らなくても「あっぷる」を知らない人はいないほどになりました。 設立から25年ほどになりましたが、過去も現在もこのタウン情報誌の発行・販売業務が当社の主力業務である事には変わりありません。
「あっぷる」というタウン情報誌は、従来のタウン情報誌が、全国的に学生向けだったものを、少し年齢を引き上げ、大人向け(20代〜40代)のタウン情報誌として、今や秋田県内で確固たる地位を築いております。
さて、情報誌の業界というのは、いち早くデジタル化が要求された業界でもあります。つまり、昨今当たり前になっているネット社会というのは、当社でももちろんお手の物だったはずなのですが、当社の場合は、そのスタートを意図的に遅らせました。
秋田県内に於いて、どの程度のデジタル社会が普及するのか見守っていたのです。
そして、満を持して2009年10月に秋田のポータルサイト「秋田プレミアムあっぷる」をネット上にオープン。
これはいきなり秋田県内でトップクラスのアクセス数を記録し続ける人気サイトとなっております。
これにより、「あっぷる」は紙媒体とネット媒体の両方を手にした事になります。
株式会社システム・インベストの業務としては、もう一つ注目すべき事業があって、それは雑貨事業です。
2001年にはイオンモール秋田に雑貨店を出店。ネットサイトのショッピングモールの楽天・ヤフー・amazonに相次いで出店。現在は秋田駅前のフォンテAKITA2Fに出店。
当社に於ける注目すべき重要な事業の一つという捉え方をしております。

↑ PAGE TOP