全国の旅日記 富良野 その2


 
その1へ その3へ

北海道富良野


少々長い話につきあって頂く事となる。
富良野を一躍有名にしたのがTVドラマ「北の国から」。
1981年から2002年まで、実に21年間に渡って富良野での生活を描いた名作!
五郎はお父さん。純は長男。蛍はその妹。
東京で暮らしていた3人が、五郎の故郷の富良野で一から生活する。
電気もない水道もない、寒さが外から直接入ってくるような掘っ建て小屋での生活に子供達は驚愕するが、五郎は周囲の暖かさに包まれて生き生きとした人生を取り戻す。
息子の純の反発は半端なものではなかった。ずーっと、東京生活に憧れ五郎に少なからず反発もする。しかし、周囲はあくまでも温かい。もちろん、五郎も温かい。
時に厳しく、時に失敗を繰り返し、21年の歳月が流れる。
ドラマに出演した人々は、皆時を同じくして成長していき、年を取っていく。
最後となった「遺言」では、蛍の本当の息子が息子役で出演をし、五郎は68才になり、純は30才になり、ドラマ上で結婚した内田有紀と、実生活に於いても本当に結婚してしまった。
上の大きな写真は、その「北の国から」で実際に使われた「五郎の石の家」。
五郎が最初に作った丸太の家は、ドラマ上で焼失してしまい、ドラマ後半は、この石の家が舞台となる事から、北の国からのファンにはとても馴染み深い家なのだ。
そして、場所を少し移すと「拾ってきた家」。
これはドラマを見ていない人からすると、人の住んでいない家を勝手に拾ったかの印象を受けるが、実は、五郎が廃材を利用してコツコツと作った家。
そういう意味での拾ってきた家。
この家が周囲から高い評価を受け、ついには、木材屋の親友一家までが、売り物の木材を使わないで「拾ってきた家」を建てようとする。
 
 
「五郎の石の家」のロケ地を訪れると、建物に向かう先々にロケにまつわるエピソードが説明されている。
それをゆっくりと見て歩くのは意外に楽しい。
そして、私は北海道旅行から帰って、大きな決断をしてしまった。
私は、「北の国から」全巻を見なければならない!
5年くらい前にこの地を訪れた時も確かにそう思った。だけどあの時は見なかった。
でも今回は、使命感のような天命のようなものを強く感じてしまった。
そしてチャレンジ!
これが本当に大チャレンジなのだ。だって、ドラマ「北の国から」は全24巻。
1巻見るのに約2時間半。それを3本見て7時間半。仕事が終わってすぐに見ても、3本見終われば夜中の2時頃になってしまう。
それを毎日見続けても1週間もかかってしまう計算だ。
時に深夜の3時を越えてしまうような事も間々あった。
当然寝不足の毎日。
物語は、淡々と日常的に進んでいく。
でも泣ける。
時に誰かが傷つき、誰かが死に、誰かが反省し誰かが苦しむ。
そんな事が日常的に無理なく起こるのだが、とにかく泣けてしまう。
自分ってこんなにも涙もろい人間だったのかと、自分という人間を再発見してしまう。
そんな壮大なTVドラマだ。
「北の国から」は世界中にファンがいるらしく、富良野を訪れると韓国や台湾の観光客が意外に多い。
少し誇りたい気分にもさせてくれる。
ちなみに、私は「北の国から」の最終巻を5回も観ては感動の涙を飽きもせずに流した。
今まで同じ映画を二度も観るなどという愚挙は断じて拒否していたのだが、この最終巻だけは観ずにはいられないほどの嬉しい感動だったのだ。
 
 

北海道富良野

できれば!北の国からのもう一度の最終回を観たい!と切に願う。
 

北海道富良野

五郎の石の家。広いようで案外狭くも感じる。北海道の大地がなせる業か。
 

北海道富良野

五郎の石の家の周辺にはドラマにまつわる逸話が豊富に展示されていて、読むほどに興味がわく。
 

北海道富良野

五郎の石の家のスケッチ。
 

北海道富良野

五郎の石の家には実際入ってみる事が出来る。案外狭い!ちょっと感動的なのは、当時使われていた懐かしい醤油瓶とかが置かれている。
 

北海道富良野

この人達も「北の国から」を観た人なのだろうか?
 

北海道富良野

五郎の石の家の露天風呂。テレビドラマではしょっちゅう出てくる露天風呂のシーンである。
 

北海道富良野

五郎の石の家の羊。遺言に出てくる羊。
 

北海道富良野

同じ敷地内には五郎の最初の家がある。見ての通りドラマの通りのボロ小屋。
 

北海道富良野

最初の家の中。
 

北海道富良野

五郎の石の家へとつながる道。日頃運動不足な人にとっては結構な道のり。最近熊が出たとかであちらこちらに「熊に注意」の立て看板が。
 

北海道富良野

五郎の石の家から車で数分。やなせたかしのアンパンマンショップが最近出来た。
 

北海道富良野

早くも観光名所となっていて、子供に大人気!
 

北海道富良野

1階がアンパンマンのグッズ販売、2階がアートミュージアム。
アンパンマンの色んな作品が展示されていて興味深い。残念ながら大物は販売はされていない。
 

その1へ その3へ




大きな地図で見る
 








  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

bg_header_smal


北海道 感動の風景!
pek201004

【ご注文はこちらから】



あっぷるは
毎月23日発売!

秋田のタウン情報誌
あっぷる絶賛販売中!
あっぷる最新号
あっぷるの年間購読は
クリック!

スポンサーPR

イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】