全国の旅日記 出羽三山神社 その1


 
その2へ その3へ

山形県出羽三山神社

 

2009年は山形が大ブレイクした記念の年と言っていいでしょう。我々取材スタッフも何十年も訪れる事の無かった山形に何度か足を踏み入れました。そして、その都度驚きの発見をしたのです。
この出羽三山神社もその一つで、そこには山形の奥深く深遠な歴史を見る事ができます。
ではご案内しましょう。東北No.1のパワースポット・出羽三山神社です。

山形県出羽三山神社

羽黒山の頂上に到着しました。
開山1400年以上の歴史を誇る羽黒山は、古くから修験者の修行の地として知られ、日本屈指のパワースポットとして有名なのです。
有名な国宝の五重塔のある麓から山頂までは全2446段もの石段があって、これはもう軽く登山。 今回は、苦行を積みたいわけじゃないので、スタッフは楽なコースを選んで山頂までの有料道路を利用。
400円で山頂までスルッと到着!
山頂に着いてみると、意外にも駐車場は車でいっぱい! ちゃんと2446段の石段を登る人が多いんだろうな〜なんてちょっとやましい気分になっていたスタッフは、ホッと胸をなで下ろしたのでありました。 

山形県出羽三山神社

早速こんな風景が!
山伏が観光案内!のっけからぞくぞくするような雰囲気が漂う。

山形県出羽三山神社

駐車場から大社殿へと向かう参道は巨大な杉の並木。とっても厳かな雰囲気。杉の巨大さがそのまんま歴史そのものを表現!

山形県出羽三山神社

杉の木がどのくらい巨大かというとご覧の通り。あちらこちらの杉の木がこんな感じなのでいちいち感動もしていられないんだけど、でもやっぱり感動。でかい!

山形県出羽三山神社

参道を5〜6分歩くだけで赤い鳥居が見えてきました。その上の方の神社名に注目!
右から出羽神社、月山神社、湯殿山神社と3つの神社名が記されている。
そう、こちらは元々は、羽黒山、月山、湯殿山の3つを総称して出羽三山と呼び、日本三霊場の一つとされているのだ。
三本足の霊烏により導かれた蜂子皇子が開いた山で、羽黒山山頂には今も宮内庁が管理する蜂子皇子の御墓があるくらい由緒正しい御山なのだ。
右写真の上の方にある御紋に注目!実は、東北地方で唯一の皇族の御墓もあるのだ。

山形県出羽三山神社芭蕉像

鳥居に入る前に見えるのがこちらの松尾芭蕉像。背景の杉の木の緑と相まって趣のある佇まい。

山形県出羽三山神社

鳥居をくぐるとご覧の風景。左下写真の羽黒山大鐘は重要文化財。でかい!右下写真の鳥は、多分伝説の三本足の霊鳥。

山形県出羽三山神社

山形県出羽三山神社

境内にある霊祭殿。こちらの天井にはご覧のような天女と龍の見事な絵が!
これは油断していると見逃しがち。この日の取材でも、スタッフの一人が気がついて見事写真に納める事ができた。
さて、いよいよ次は3社の神を併せて祀る三神合祭殿!
ここにお参りするだけで3つの神社をお参りしたのと同じだけの御利益があるというありがたい神社が登場。

その2へ その3へ




大きな地図で見る
 








  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

bg_header_smal


北海道 感動の風景!
pek201004

【ご注文はこちらから】



あっぷるは
毎月23日発売!

秋田のタウン情報誌
あっぷる絶賛販売中!
あっぷる最新号
あっぷるの年間購読は
クリック!

スポンサーPR

イタリアの芸術!
アート時計!

【興味がある方はクリック!】